2024年7月22日 (月)

渋谷区 「アベマタワーズ」の近く バンダイナムコホールディングスのコンサートホール「渋谷プロジェクト」 2024年6月下旬の建設状況

Tokyobandainamco240311
-バンダイナムコホールディングス-

 「バンダイナムコホールディングス」が、渋谷に収容人数約2,000人規模のコンサートホールを建設し、2026年春に開業します。施設の開業に先立ち、運営を担う新会社「バンダイナムコベース」を設立します。新会社は、音楽事業・ライブ事業を担うバンダイナムコミュージックライブの100%子会社として、2024年4月1日に設立されます。

 引用資料 バンダイナムコホールディングス(PDF:2024/03/05)
 人と社会と世界とつながるバンダイナムコの情報発信基地が渋谷に誕生!収容客数2,000人規模のコンサートホールを渋谷に2026年春開業 運営会社「バンダイナムコベース」を2024年4月1日設立

 コンサートホールの開業により、多種多様な音楽・ライブイベントを通じ、「人と、社会と、そして世界とつながる場を提供していきたい」とし、グループの新たなIPの創出、アーティストの育成の場としてさまざまな挑戦をしていきます。

 コンサートホールは、バンダイナムコグループ内の利用だけでなく、さまざまな主催者のコンサート、ライブ、舞台、イベントなどにオープンに活用され、音楽やライブイベントを軸に多彩な情報を発信する情報発信基地を目指します。

渋谷プロジェクトの概要
◆ 所在地-東京都渋谷区宇田川町31番1他(地名地番)
◆ 交通-JR「渋谷」駅より徒歩約10分
◆ 階数-地上4階、地下1階
◆ 高さ-約22m
◆ 敷地面積-3,419.47㎡
◆ 建設面積-2,733.59㎡
◆ 延床面積-8,231.58㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部(鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 用途-劇場(興行場)
◆ 収容客数-約2,000人
◆ 建築主-バンダイナムコホールディングス
◆ 設計者・監理者-佐藤工業、とお一級建築士事務所
◆ 施工者-佐藤工業
◆ 着工-2024年03月15日
◆ 竣工-2026年02月15日予定
◆ 開業-2026年春予定


Tokyobandainamco240312
「建設予定地」です。南側は「Abema Towers(アベマタワーズ)」、北側は「日本アムウェイ本社ビル」です。


Tokyobandainamco240711
「渋谷プロジェクト」の2024年6月下旬の建設状況です(写真提供読者さん)。


Tokyobandainamco240712
内部の様子です(写真提供読者さん)。


Tokyobandainamco240713
内部の様子です(写真提供読者さん)。


Tokyobandainamco240714
「三点式パイルドライバ」です。「柱状地盤改良工事」を行っています(写真提供読者さん)。


Tokyobandainamco240715
「渋谷プロジェクト」の建築計画のお知らせです(写真提供読者さん)。


Tokyobandainamco240314
着工前は「駐車場」でした。



|

2024年7月21日 (日)

渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期(中央棟・西棟) JR渋谷駅の橋上駅舎化工事 2024年6月下旬の建設状況

Tokyoshibuya210266
-渋谷スクランブルスクエア-
 「渋谷駅地区 駅街区開発計画」は、JR渋谷駅の東側に地上47階、地下7階、高さ229.706mの「東棟」、西側に地上13階、地下5階、高さ約76mの「西棟」、東棟と西棟の間に、山手線・埼京線の線路とホームを覆う形で、地上10階、地下2階、高さ約61mの「中央棟」を建設します。施設の正式名称は「渋谷スクランブルスクエア」です。

 「渋谷スクランブルスクエア、東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄」は、「渋谷スクランブルスクエア第Ⅰ期(東棟)」を2019年11月1日に開業しました。「渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期(中央棟・西棟)」は、既存建物の解体完了後に本体工事に着手し、2027年度の完成を目指します。

● 東急東横店(西館・南館)の解体工事
 「東急東横店」は、2020年3月31日をもって営業を終了しました。この部分は「渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期(中央棟・西棟)」及び「渋谷駅橋上駅舎」の建設予定地となります。
 
 現在、「東急百貨店東横店西・南館解体工事」が行われています。「労災保険関係成立票」によると解体工事の工期は、2020年10月1日~2024年12月31日(予定)となっています。

● JR渋谷駅の橋上駅舎化!
 JR渋谷駅においては、南側にあった埼京線ホームの移設(山手線ホームとの並列化)、山手線の1面2線化、駅コンコースの拡充およびバリアフリー設備の整備等を行い、人々が利用しやすい駅を目指します。2014年4月より駅改良の準備工事に着手し、2015年9月より本体工事に着手しています。

 「渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期(中央棟・西棟)」の建設に合わせて、JR渋谷駅が橋上駅舎化されます。新たにJR渋谷駅の3階に「改札口」が新設されます。


Tokyoshibuya210271
「全体完成時イメージ」です(引用:JR東日本)。


Tokyoshibuya210274
先行してJR渋谷駅直上の北側に飛び出した部分が建設されています(引用:JR東日本)。


Tokyoshibuya240751
「橋上駅舎化工事」の2024年6月下旬の建設状況です(写真提供読者さん)。


Tokyoshibuya240752
北側の「クレーン」です(写真提供読者さん)。


Tokyoshibuya240753
角度を変えて見た様子です(写真提供読者さん)。


Tokyoshibuya240754
角度を変えて見た様子です(写真提供読者さん)。


Tokyoshibuya240755
ホームから見た「橋上駅舎化工事」の鉄骨です(写真提供読者さん)。


Tokyoshibuya240756
ホームから見た「橋上駅舎化工事」の鉄骨です(写真提供読者さん)。


Tokyoshibuya240757
ホームから見た「橋上駅舎化工事」の鉄骨です(写真提供読者さん)。


Tokyoshibuya240758
まだ供用開始されていませんが、東京メトロ銀座線「渋谷駅」の屋根の上部には自由通路「スカイデッキ」も整備されています(写真提供読者さん)。


Tokyoshibuya240759
南側の「クレーン」です(写真提供読者さん)。



|

2024年7月20日 (土)

都心最大級総延床約110万㎡ 地上48階、高さ約234mの「(仮称)内幸町一丁目街区中地区 セントラルタワー」 2024年6月下旬の状況

Tokyouchisaiwai231251
-内幸町一丁目街区南地区第一種市街地再開発事業-
 東京都千代田区の「内幸町一丁目街区」で、関係権利者が「まちづくり方針」を固めました。約6.5haの敷地を「北地区、中地区、南地区」の3地区に分けて、大規模再開発を行います。

 延床面積は、「北地区、中地区、南地区」を合わせると総延床面積1,100,000㎡となります。総延床面積約110万㎡は、単独のプロジェクトとしては、過去と現時点判明しているものも含めても日本最大の総延床面積となります。

● (仮称)内幸町一丁目街区中地区 セントラルタワー
 「中地区」には、地上48階、高さ234.5mの「(仮称)内幸町一丁目街区中地区 セントラルタワー」が建設されます。「中地区」は、主に「日比谷U-1ビル」と「NTT日比谷ビル」の跡地です。

中地区の概要
◆ 計画名-(仮称)内幸町一丁目街区中地区 セントラルタワー
◆ 所在地-東京都千代田区内幸町一丁目1番 他
◆ 交通-東京メトロ日比谷線・千代田線「日比谷」駅、都営地下鉄三田線「日比谷」駅、都営地下鉄三田線「内幸町」駅
◆ 階数-地上48階、塔屋2階、地下6階
◆ 高さ-最高部234.5m、軒高約230m
◆ 敷地面積-(施設全体)21,656.36㎡
◆ 建築面積-(施設全体)約20,600㎡、(セントラルタワー)約12,300㎡
◆ 延床面積-(施設全体)約376,000㎡、(セントラルタワー)約361,000㎡
◆ 構造-鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-直接基礎(パイルド・ラフト基礎)
◆ 用途-オフィス、商業、ホテル 他
◆ 建築主-NTT都市開発、公共建物(株)、三井不動産、東京電力パワーグリッド
◆ 設計者-竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-2024年07月15日予定
◆ 竣工-2029年02月28日予定(セントラルタワー)、2038年03月頃予定(街区全体)


Tokyouchisaiwai210617 
「(仮称)内幸町一丁目街区中地区 セントラルタワー」の断面図です。
 

Tokyouchisaiwai210616
「(仮称)内幸町一丁目街区中地区 セントラルタワー」の配置図です。


Tokyouchisaiwai240721
「(仮称)内幸町一丁目街区中地区 セントラルタワー」の建設予定地の2024年6月下旬の状況です(写真提供読者さん)。


Tokyouchisaiwai240722
西側から見た様子です(写真提供読者さん)。


Tokyouchisaiwai240723
「帝国ホテル東京」のすぐ南側です(写真提供読者さん)。


Tokyouchisaiwai240724
少し南側です(写真提供読者さん)。


Tokyouchisaiwai240725
アップです(写真提供読者さん)。


Tokyouchisaiwai240726
内部の様子です。「帝国ホテル東京」のすぐ南側です(写真提供読者さん)。


Tokyouchisaiwai240727
内部の様子です。少し南側です(写真提供読者さん)。


Tokyouchisaiwai240728
内部の様子です(写真提供読者さん)。


Tokyouchisaiwai240729
「(仮称)内幸町一丁目街区中地区 セントラルタワー」の建築計画のお知らせです(写真提供読者さん)。


Tokyouchisaiwai190714
(解体前)日比谷U-1ビル

 南側に隣接して「日比谷U-1ビル」があります。「NBF日比谷ビル」という名称でしたが、「三井不動産」が、2018年3月30日に取得して改称されました。この場所には、明治時代に「鹿鳴館」がありました。

 概要は、地上26階、塔屋2階、地下4階、高さ109.30m、敷地面積5,065.35㎡、延床面積51,941.13㎡です。1984年6月30日に竣工しました。竣工時の名称は「大和生命ビル」です。


Tokyouchisaiwai190715
(解体前)NTT日比谷ビル

 更に南側には、「NTT日比谷ビル」があります。概要は、地上9階、塔屋2階、地下4階、敷地面積13,041.13㎡、建築面積5,957.36㎡、延床面積79,753.72㎡です。1961年1月1日に「日比谷電々総合建物」として竣工しました。1962年に「BCS賞」を受賞しています。



|

2024年7月19日 (金)

都心最大級総延床約110万㎡ 地上45階、高さ約232mの「内幸町一丁目街区南地区第一種市街地再開発事業 A棟」 2024年6月下旬の状況

Tokyouchisaiwai231251
-内幸町一丁目街区南地区第一種市街地再開発事業A棟-
 東京都千代田区の「内幸町一丁目街区」で、関係権利者が「まちづくり方針」を固めました。約6.5haの敷地を「北地区、中地区、南地区」の3地区に分けて、大規模再開発を行います。

 延床面積は、「北地区、中地区、南地区」を合わせると総延床面積1,100,000㎡となります。総延床面積約110万㎡は、単独のプロジェクトとしては、過去と現時点判明しているものも含めても日本最大の総延床面積となります。

● 変更届の縦覧!
 「内幸町一丁目街区南地区第一種市街地再開発事業」変更届の縦覧が2023年12月21日から行われました。「A棟」が、地上43階、地下5階、延床面積約310,000㎡から地上45階、地下3階、延床面積約300,000㎡に変更されています。「建築計画のお知らせ」は、地上45階、地下3階となっているので、変更が反映されていると思われます。

 引用資料 東京都環境局(2023/12/21) リンク切れ
 「内幸町一丁目街区南地区第一種市街地再開発事業」変更届 

南地区の概要
◆ 計画名-内幸町一丁目街区南地区第一種市街地再開発事業A棟
◆ 所在地-東京都千代田区内幸町一丁目1000番
◆ 交通-東京メトロ日比谷線・千代田線「日比谷」駅、都営地下鉄三田線「日比谷」駅、都営地下鉄三田線「内幸町」駅
◆ 階数-地上45階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-最高部232.52m、軒高230.23m
◆ 敷地面積-(施設全体)18,617.95㎡
◆ 建築面積-(施設全体)約15,300㎡、(A棟)約11,100㎡
◆ 延床面積-(施設全体)約297,400㎡、(A棟)約287,000㎡
◆ 構造-(地上)鉄骨造、(地下)鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 用途-オフィス、商業、ホテル、ウェルネス促進施設、駐車場
◆ 建築主-中央日本土地建物、東京電力パワーグリッド、TF内幸町特定目的会社、第一生命保険、東京センチュリー、みずほ信託銀行
◆ 設計者-清水建設
◆ 施工者-(未定)
◆ 解体工事-2022年09月12日~2024年03月31日予定
◆ 着工-2024年03月下旬
◆ 竣工-2027年03月下旬予定(A棟竣工)、2039年04月頃予定(街区全体)


Tokyouchisaiwai231252
(変更前)
「外観イメージ」です。大きな変更は無いようですが、下層階のデザインが変更になっているように見えます。


Tokyouchisaiwai231253
(変更後)
「建物断面図」です。地上階が2階増えて、地下階が2階減っています。


Tokyouchisaiwai231254
(変更前)
「建物断面図」です。


Tokyouchisaiwai231255
(変更後)
「緑化計画図」です。


Tokyouchisaiwai231256
(変更前)
「緑化計画図」です。


Tokyouchisaiwai220814
南地区の「位置図」です(引用:東京都)。


Tokyouchisaiwai240711
西側から見た「内幸町一丁目街区南地区第一種市街地再開発事業A棟」の建設予定地の2024年6月下旬の状況です(写真提供読者さん)。


Tokyouchisaiwai240712
内部を西側から見た様子です(写真提供読者さん)。


Tokyouchisaiwai240713
内部の様子です(写真提供読者さん)。


Tokyouchisaiwai240714
内部の様子です(写真提供読者さん)。


Tokyouchisaiwai240715
内部を南側から見た様子です(写真提供読者さん)。


Tokyouchisaiwai240716
南面です(写真提供読者さん)。


Tokyouchisaiwai240717
「東京電力本社ビル」を南東側から見た様子です。このビルも解体されます(写真提供読者さん)。


Tokyouchisaiwai231019
「内幸町一丁目街区南地区第一種市街地再開発事業A棟」の建築計画のお知らせです。「建築計画のお知らせ」は、地上45階、地下3階となっているので。変更が反映されていると思われます(写真提供読者さん)。


Tokyouchisaiwai190716
(解体前)みずほ銀行内幸町本部ビル)

 街区の南端には「みずほ銀行内幸町本部ビル」があります。概要は、地上32階、塔屋2階、地下4階、高さ約140m、敷地面積13,500㎡、建築面積7,300㎡、延床面積135,000㎡です。「第一勧業銀行本店」として1980年9月に竣工しました。1982年「BCS賞」を受賞しています。



|

2024年7月18日 (木)

JR大崎駅 大崎駅東口第4地区再開発 「西地区」は、地上38階、高さ約140m 「東地区」は、地上35階、高さ約140m 完成イメージ公開!

Tokyoosaki240711
-大崎駅東口第4地区再開発-

 JR大崎駅周辺では怒涛の勢いで再開発が行われています。更に複数の地区で再開発構想が進められていますが、「大崎駅東口第4地区再開発」もその一つです。

 「ゲートシティ大崎」の南東側に位置する「大崎駅東口第4地区」の区域面積約19,000㎡を対象に再開発を検討してきた地権者らが、2015年9月25日に「大崎駅東口第4地区市街地再開発準備組合」を設立しました。

 再開発の検討対象区域は大崎一丁目で、北側は「環状6号(山手通り)」、東側は「目黒川」、南側は「JR山手線・横須賀線」に囲まれています。

 引用資料 品川区・公式HP
 大崎駅東口第4地区

● 2025年度に再開発組合を設立
 東京都品川区の「大崎駅東口第4地区」で、東西2地区で計画が進む再開発事業の規模やスケジュールが判明しました。「西地区」は三つの敷地に総延床面積約107,520㎡の再開発ビル、「東地区」は約133,000㎡の複合施設を想定します。

 建物の最高高さは東西両地区で約140mを見込みます。2025年春に都市計画決定を受け、再開発を計画する二つの準備組合は2025年度、2026年度の本組合設立を目指します。

 引用資料 日刊建設工業新聞(2024/07/17)
 大崎駅東口第4地区再開発(東京都品川区)、25年春に都計決定へ/準備組合

大崎駅東口第4地区再開発の概要
◆ 所在地-品川区大崎一丁目15~20の一部
◆ 施行面積-約41,000㎡
◆ 交通-JR「大崎」駅

西地区の概要
◆ A地区-地上19階、敷地面積約5,230㎡、延床面積約43,930㎡、用途は事務所、店舗など
◆ B地区-地上38階、高さ約140m、敷地面積約6,000㎡、延床面積約56,480㎡、用途は共同住宅や店舗など
◆ C地区-地上7階、敷地面積約2,640㎡、延床面積約7,110㎡、用途は事務所
◆ 建築主-大崎駅東口第4西地区市街地再開発準備組合
◆ 事業協力者-フジタ、
◆ コンサルタント-アール・アイ・エー
◆ 着工-2030年度予定
◆ 竣工-(A地区)2032年度予定、(B地区)2033年度予定、(C地区)2035年度予定

東地区の概要
◆ 住宅棟-地上35階、高さ約140m
◆ 事務所棟-地上21階
◆ 敷地面積-約13,740㎡
◆ 延床面積-約133,000㎡
◆ 建築主-大崎駅東口第4東地区市街地再開発準備組合
◆ 事業協力者-東京建物、旭化成不動産レジデンス、住友商事
◆ コンサルタント-日本設計
◆ 着工-2027年度予定、2028年度予定
◆ 竣工-2030年度予定、2031年度予定


Tokyoosaki240712
「東地区の再開発の完成イメージ」です。一番上は「西地区の再開発の完成イメージ」です。


Tokyoosaki240713
「街区図」です。


Tokyoosaki230712
「大崎駅東口第4地区再開発」の予定地です。


Tokyoosaki230713
「大崎駅東口第4地区再開発」の予定地は、東側で「目黒川」に面しています。


Tokyoosaki230714
「環状6号(山手通り)」沿いの街区北東側のにある「光村印刷」の本社などが入っている「光村ビル」も再開発の対象となっています。


Tokyoosaki230715
「千代田グラビヤ」の本社ビルです。再開発予定地の中で「千代田グラビヤ」の敷地が最も広いです。「千代田グラビヤ」はJR大崎駅周辺の大家さんで、「千代田グラビヤ」の土地に複数のビルが建設されています。


Tokyoosaki230716
「環状6号(山手通り)」沿いの街区北西側にあるマンションも再開発の対象となっています。写真右側の2007年12月竣工の「ブリリアタワー大崎」は再開発には参画しません。



|

2024年7月17日 (水)

南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業 地上47階、 高さ約182mの「プラウドタワー池袋」 2024年6月下旬の建設状況

Tokyoikebukuro240721
-南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業-

 「東京都」は、「南池袋二丁目C地区市街地再開発組合」の設立を認可しています。市街地再開発事業の施行により、地上及び地下の回遊性を高める安全・快適な歩行者ネットワークを形成するとともに、土地の合理的かつ健全な高度利用と多様な都市機能の集積による、賑わいのあるまちの形成を図ります。

 「南池袋二丁目C地区市街地再開発組合」は、東京都豊島区南池袋二丁目他で事業を推進する「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」にて、2022年9月30日に「北棟」の起工式を実施し、2022年10月1日に着工しました。参加組合員として「住友不動産、野村不動産、独立行政法人都市再生機構」が参画しています。

 引用資料 住友不動産(PDF:2022/10/14)
 「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」着工

 「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」は「東池袋」駅に隣接、東京の副都心である「池袋」駅から東南約750mに位置する約1.7haの敷地に、豊島区最大級となる総戸数1,498戸の超高層ツインタワーマンションを整備します。

● プラウドタワー池袋
 「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業 施設建築物(北街区)」正式名称は「グランドシティタワー池袋」、「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業 施設建築物(南街区)」正式名称は「プラウドタワー池袋」となっています。

 引用資料 公式ホームページ
 グランドシティタワー池袋

 引用資料 公式ホームページ
 プラウドタワー池袋

グランドシティタワー池袋の概要
◆ 計画名-南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業 施設建築物(北街区)
◆ 所在地-東京都豊島区南池袋二丁目23番他(地番)
◆ 交通-東京メトロ有楽町線「東池袋」駅まで徒歩1分、東京メトロ有楽町線「池袋」駅まで徒歩8分、東京メトロ副都心線「池袋」駅まで徒歩8分、東京メトロ丸ノ内線「池袋」駅まで徒歩8分、JR山手線「池袋」駅まで徒歩9分、JR湘南新宿ライン(高崎線・東海道線)「池袋」駅まで徒歩9分、JR埼京線「池袋」駅まで徒歩9分、東武鉄道東上線「池袋」駅まで徒歩9分、西武池袋・豊島線「池袋」駅まで徒歩9分
◆ 階数-地上52階、地下2階
◆ 高さ-最高部189.88m
◆ 敷地面積-8,761.09㎡
◆ 建築面積-5,255.35㎡
◆ 延床面積-111,881.65㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭(93本)
◆ 地震対策-制震構造(壁型粘弾性方式の制震装置、TRCダンパーを採用)
◆ 用途-共同住宅、公共公益施設、店舗、事務所
◆ 総戸数-878戸(非分譲住戸105戸・広告対象外30戸含む)、その他店舗2区画、事務所2区画
◆ 建築主-南池袋二丁目C地区市街地再開発組合(参加組合員 住友不動産、野村不動産、独立行政法人都市再生機構)
◆ 売主-住友不動産、三井住友信託銀行
◆ コンサルタント-ポリテック・エイディディ・INA新建築研究所共同企業体
◆ 設計者-INA・清水・前田設計共同企業(INA新建築研究所、清水建設、前田建設工業JV)
◆ 施工者-清水・前田建設共同企業体(清水建設、前田建設工業JV)
◆ 着工-2022年09月30日(起工式)、2022年10月01日(着工)
◆ 竣工-2026年11月中旬予定
◆ 入居開始-2026年09月下旬予定(仮使用認定をもって引渡しとなるため竣工より早くなる)

プラウドタワー池袋の概要
◆ 計画名-南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業 施設建築物(南街区)
◆ 所在地-東京都豊島区南池袋二丁目101(地番)
◆ 交通-JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン、東京メトロ丸ノ内線・有楽町線・副都心線、東武東上線、西武池袋・豊島線「池袋」駅徒歩10分、東京メトロ有楽町線「東池袋」駅徒歩3分
◆ 階数-地上47階、地下2階
◆ 高さ-最高部約182m
◆ 敷地面積-6,305.98㎡
◆ 建築面積-3,085.57㎡
◆ 延床面積-75,198.21㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-中間免震構造(基壇部と高層部の主要構造を凹型の免震ピットで切り分けて 地震の激しい揺れを抑える「デュアルレイヤーコア免震システム」を採用)
◆ 用途-共同住宅、子育て支援施設、高齢者支援施設、店舗、学校
◆ 総戸数- 620戸(うち非分譲住戸82戸)
◆ 建築主-南池袋二丁目C地区市街地再開発組合(参加組合員 住友不動産、野村不動産、独立行政法人都市再生機構)
◆ 売主-野村不動産、三井住友信託銀行
◆ 設計者-INA・清水・前田設計共同企業(INA新建築研究所、清水建設、前田建設工業JV)
◆ 施工者-清水・前田建設共同企業体(清水建設、前田建設工業JV)
◆ 着工-2023年05月
◆ 竣工-2026年11月中旬予定
◆ 入居開始- 2027年02月下旬予定


Tokyoikebukuro240722
南街区の「プラウドタワー池袋」の「現地西側上空より臨む外観完成予想CG」です。


Tokyoikebukuro240723
プラウドタワー池袋の「メインエントランス完成予想CG」です。


Tokyoikebukuro240724
プラウドタワー池袋の「2階エントランス完成予想CG」です。


Tokyoikebukuro240725
プラウドタワー池袋の「EAタイプ(16階)室内完成予想CG」です。


Tokyoikebukuro240726
デュアルレイヤーコア免震システム

 「プラウドタワー池袋」は、基壇部と高層部の主要構造を凹型の免震ピットで切り分けて地震の激しい揺れを抑える「デュアルレイヤーコア免震システム」を採用します。「中間免震構造」のため建物外周部にクリアランスを設ける必要がなく敷地の有効活用にもつながります。


Tokyoikebukuro210812
全体の「外観イメージパース」です。


Tokyoikebukuro210816
「断⾯イメージ」です。


3Tokyoikebukuro210817
「計画敷地内の緑化のイメージ」です。


Tokyoikebukuro240727
「位置図」です。


Tokyoikebukuro240728
「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」の2024年6月下旬の建設状況です。北街区の「グランドシティタワー池袋」と南街区の「プラウドタワー池袋」で構成されています(写真提供読者さん)。


Tokyoikebukuro240729
南街区の「プラウドタワー池袋」の建設現場です(写真提供読者さん)。


Tokyoikebukuro240730
アップです(写真提供読者さん)。


Tokyoikebukuro240731
地下躯体を構築中です(写真提供読者さん)。


Tokyoikebukuro240732
「乗入れ構台」です(写真提供読者さん)。


Tokyoikebukuro230119
「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業 施設建築物(南街区)」の建築計画のお知らせです(写真提供読者さん)。



|

2024年7月16日 (火)

JR北海道 「北海道ボールパークFビレッジ」の新駅 ホームは、相対式2面4線(6両対応) 2024年秋に着工、2028年夏頃開業予定!

Kitahiroshima240711
-北海道ボールパークFビレッジの新駅-

 「JR北海道」は2019年12月11日に、プロ野球「日本ハムファイターズ」の新球場を含む北広島市の「ボールパーク」近くに建設する新駅の計画案を公表しました。「請願駅」のため80億~90億円と見積もる建設コストは地元負担を強調しました。2021年度から着手しても開業は2027年度末になります。

 2023年2月には、「北海道ボールパークFビレッジ」の隣接地に整備する新駅の総工費が当初試算より4割前後多い115億~125億円になるとの概算額を北広島市に伝えました。

 北海道日本ハムファイターズの新球場「エスコンフィールド北海道」に近接する新駅について、JR北海道は2023年9月13日に、当初計画より総工費を約3割抑えて85億~90億円とする新たな計画を発表しました。

 場所を従来の計画より北広島駅側に約200mずらし、一部工事を省略します。費用を負担する北広島市から工事費を抑えるよう計画の見直しを求められていました。

● 2024年秋にも着工!
 「JR北海道」と「北広島市」2024年7月11日に、北広島市の「北海道ボールパークFビレッジ」の最寄り駅として新設する駅舎のデザインを公表しました。Fビレッジの中核「エスコンフィールド北海道」のエントランスに使われている赤レンガを駅舎の内壁にも活用し、Fビレッジとの一体感を強調するなどの趣向を凝らしています。

 引用資料 JR北海道(PDF:2024/07/11)
 千歳線新駅設置工事の着手について

 新駅は千歳線の上野幌駅と北広島駅の間に置かれ、2028年夏の開業を目指して2024年秋にも着工予定です。現在の最寄りの北広島駅と球場までは約2kmありますが、新駅が開業すれば約300mに短縮されます。

 北広島市が負担する工事費約80億円のうち、国の補助金などを除いた実質的な負担額は約32億円と見込まれています。北広島市の市長は記者会見で「大きな財政支出にはなるが、将来を見据えながらまちづくりを進めていきたい」と述べています。

北海道ボールパークFビレッジの新駅の概要
◆ 工事位置-千歳線上野幌駅・北広島駅間(北広島市共栄)
◆ 新駅位置-札幌駅から約20km、北広島駅から約2km、エスコンフィールドHOKKAIDOまで約300m(徒歩約4分)
◆ 新駅構造等-(ホーム)相対式2面4線<6両対応>、(駅舎)地上3階<改札は3階>
◆ 協定工事費-約80億円(総工事費約90億円) ※総工事費は、協定工事費の他、北広島駅構内線路新設(JR北海道施策)、設計費(実施中)、用地取得費等を含んだ費用
◆ 工事期間-2028年度まで
◆ 開業-2028年夏頃を目途


Kitahiroshima230911
2023年9月13日に公開された「新駅イメージ」です。一番上の最新の「新駅イメージ」は、2023年9月13日時点と比べるとデザインがかなり変更されています。


Kitahiroshima240712
完成イメージです。


Kitahiroshima240713
完成イメージです。


Kitahiroshima240714
「新駅位置図」です。



|

2024年7月15日 (月)

国家戦略特区 地上40階、高さ約207mと地上18階、高さ100mの「赤坂エンタテインメント・シティ計画」 2024月6下旬の建設状況

Tokyoakasaka240311
-赤坂二・六丁目地区開発計画-
 「三菱地所」と「東京放送ホールディングス」は2019年1月30日に、東京・赤坂にある「国際新赤坂ビル(東館、西館、アネックス)」などの建て替えに関する事業協定を締結した事を発表しています。

 「東京都環境局」は、2021年4月9日に「(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画」に係る環境影響評価書案の縦覧を行いました。「環境影響評価書案」により、「東館」は、地上44階、塔屋1階、地下4階、最高高さ約240m、延床面積約179,000㎡、「西館」は、地上23階、塔屋1階、地下2階、最高高さ約120m、延床面積約42,000㎡と判明しました。

 その後、「東館」は、地上40階、塔屋1階、地下4階、最高高さ約220m、延床面積約169,500㎡、「西館」は、地上19階、塔屋1階、地下3階、最高高さ約110m、延床面積約38,500㎡に規模が縮小されました。

 更に、「東館」は、地上40階、塔屋1階、地下4階、最高高さ207.30m、延床面積約167,642.59㎡、「西館」は、地上18階、塔屋2階、地下3階、最高高さ99.87m、延床面積約38,143.02㎡に規模が縮小されました。

● 起工式を2024年3月13日に実施!
 「三菱地所」と「TBSホールディングス」は、共同で推進し2021年11月に国家戦略特別区域の認定を受けた「赤坂二・六丁目地区開発計画」の起工式を2024年3月13日に実施し、新築工事に着手しました。

 引用資料 三菱地所(2024/03/13)
 赤坂エリアの新たなランドマークとなる2棟の建物が2028年に誕生 赤坂二・六丁目地区開発計画 新築工事着手/民間都市再生事業計画に認定

 「赤坂二・六丁目地区開発計画」は、総合コンテンツ企業であるTBSが赤坂でコンテンツを発信し続けてきた街の系譜を承継・昇華させる"赤坂エンタテインメント・シティ"をビジョンに掲げ、計画地内に劇場・ホールを新たに整備し、エンタテインメント関連企業・スタートアップ企業やクリエイターが集う施設を設けるなど、世界に向け最高のコンテンツを届ける拠点を目指しています。

 赤坂エンタテインメント・シティ計画の概要
◆ 計画名-赤坂二・六丁目地区開発計画(A工区・B工区)
◆ 所在地-東京都港区赤坂二丁目1433番地1他(A工区)、六丁目101番地1他(B工区)
◆ 交通-東京メトロ千代田線「赤坂」駅直結、東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅徒歩5分、東京メトロ銀座線・丸ノ内線「赤坂見附」駅 徒歩6分
◆ 階数-(東街区)地上40階、塔屋1階、地下4階、(西街区)地上18階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-(東街区)最高部207.30m、(西街区)最高部99.87m
◆ 敷地面積-(東街区)8,761.70㎡、(西街区)5,415.06㎡
◆ 建築面積-(東街区)5,289.98㎡、(西街区)4,015.11㎡
◆ 延床面積-(東街区)167,642.59㎡、(西街区)38,143.02㎡
◆ 構造-(東街区)鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、(西街区)鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-(東街区)直接基礎、(西街区)直接基礎
◆ 用途-(東街区)オフィス、自動車車庫、飲食店、物販店舗、自転車駐車場、(西街区)劇場、ホテル、飲食店、自動車車庫、自転車駐車場、駅舎
◆ 建築主-三菱地所、TBSホールディングス
◆ 設計者-(東街区)三菱地所設計、(西街区)三菱地所設計
◆ 施工者-(東街区)鹿島建設、(西街区)大林組
◆ 解体工事-2022年07月1日~2023年10月31日
◆ 着工-(東街区)2024年01月12日、(西街区)2024年02月23日
◆ 竣工-(東街区)2028年03月末予定、(西街区)2028年03月末予定
◆ 全体竣工-(東街区)2028年10月末予定


Tokyoakasaka240312
「赤坂サカス方面より計画地側を見る」です。


Tokyoakasaka240313
「東京メトロ「赤坂駅」改札内より計画地側を見る(地下2階)」です。


Tokyoakasaka240314
「地上から地下につながる重層的広場を見る」です。


Tokyoakasaka240315
「劇場・ホールのイメージ(参考:TBS 赤坂 ACT シアター)」です。


Tokyoakasaka240316
「建物用途構成イメージ」です。


Tokyoakasaka240317
「赤坂エリアでのエンタテインメント創出イメージ」です。


Tokyoakasaka240318
「周辺地図」です。


Tokyoakasaka240711
「赤坂エンタテインメント・シティ計画」の2024月6下旬の建設状況です。写真左側が「東街区」、写真右側が「西街区」の建設現場です(写真提供読者さん)。


Tokyoakasaka240712
「東街区」の建設現場です(写真提供読者さん)。


Tokyoakasaka240713
手前が「BG掘削機」 、奥が「三点式パイルドライバ」です(写真提供読者さん)。


Tokyoakasaka240714
「BG掘削機」で「地中障害物」の撤去を行っているようです(写真提供読者さん)。


Tokyoakasaka240715
「東街区」を角度を変えて見た様子です(写真提供読者さん)。


Tokyoakasaka240716
内部の様子です(写真提供読者さん)。


Tokyoakasaka240717
「東街区」の「赤坂二・六丁目地区開発計画(A工区)」の建築計画のお知らせです(写真提供読者さん)。


Tokyoakasaka240718
「西街区」の建設現場です(写真提供読者さん)。


Tokyoakasaka240719
「西街区」の内部です(写真提供読者さん)。


Tokyoakasaka240720
「三点式パイルドライバ」で、「SMW工法(ソイルセメント柱列壁工法)」により「山留め壁」の構築を行っています(写真提供読者さん)。


Tokyoakasaka240721
「山留め壁」の「芯材」となる「H形鋼」です(写真提供読者さん)。


Tokyoakasaka240722
「西街区」の「赤坂二・六丁目地区開発計画(B工区)」の建築計画のお知らせです(写真提供読者さん)。



|

2024年7月14日 (日)

南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業 地上52階、 高さ約190mの「グランドシティタワー池袋」 2024年6月下旬の建設状況

Tokyoikebukuro230111
-南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業-

 「東京都」は、「南池袋二丁目C地区市街地再開発組合」の設立を認可しています。市街地再開発事業の施行により、地上及び地下の回遊性を高める安全・快適な歩行者ネットワークを形成するとともに、土地の合理的かつ健全な高度利用と多様な都市機能の集積による、賑わいのあるまちの形成を図ります。

 「南池袋二丁目C地区市街地再開発組合」は、東京都豊島区南池袋二丁目他で事業を推進する「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」にて、2022年9月30日に「北棟」の起工式を実施し、2022年10月1日に着工しました。参加組合員として「住友不動産、野村不動産、独立行政法人都市再生機構」が参画しています。

 引用資料 住友不動産(PDF:2022/10/14)
 「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」着工

 「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」は「東池袋」駅に隣接、東京の副都心である「池袋」駅から東南約750mに位置する約1.7haの敷地に、豊島区最大級となる総戸数1,498戸の超高層ツインタワーマンションを整備します。

● グランドシティタワー池袋
 「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業 施設建築物(北街区)」正式名称は「グランドシティタワー池袋」、「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業 施設建築物(南街区)」正式名称は「プラウドタワー池袋」となっています。

 引用資料 公式ホームページ
 グランドシティタワー池袋

 引用資料 公式ホームページ
 プラウドタワー池袋

グランドシティタワー池袋の概要
◆ 計画名-南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業 施設建築物(北街区)
◆ 所在地-東京都豊島区南池袋二丁目23番他(地番)
◆ 交通-東京メトロ有楽町線「東池袋」駅まで徒歩1分、東京メトロ有楽町線「池袋」駅まで徒歩8分、東京メトロ副都心線「池袋」駅まで徒歩8分、東京メトロ丸ノ内線「池袋」駅まで徒歩8分、JR山手線「池袋」駅まで徒歩9分、JR湘南新宿ライン(高崎線・東海道線)「池袋」駅まで徒歩9分、JR埼京線「池袋」駅まで徒歩9分、東武鉄道東上線「池袋」駅まで徒歩9分、西武池袋・豊島線「池袋」駅まで徒歩9分
◆ 階数-地上52階、地下2階
◆ 高さ-最高部189.88m
◆ 敷地面積-8,761.09㎡
◆ 建築面積-5,255.35㎡
◆ 延床面積-111,881.65㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭(93本)
◆ 地震対策-制震構造(壁型粘弾性方式の制震装置、TRCダンパーを採用)
◆ 用途-共同住宅、公共公益施設、店舗、事務所
◆ 総戸数-878戸(非分譲住戸105戸・広告対象外30戸含む)、その他店舗2区画、事務所2区画
◆ 建築主-南池袋二丁目C地区市街地再開発組合(参加組合員 住友不動産、野村不動産、独立行政法人都市再生機構)
◆ 売主-住友不動産、三井住友信託銀行
◆ コンサルタント-ポリテック・エイディディ・INA新建築研究所共同企業体
◆ 設計者-INA・清水・前田設計共同企業(INA新建築研究所、清水建設、前田建設工業JV)
◆ 施工者-清水・前田建設共同企業体(清水建設、前田建設工業JV)
◆ 着工-2022年09月30日(起工式)、2022年10月01日(着工)
◆ 竣工-2026年11月中旬予定
◆ 入居開始-2026年09月下旬予定(仮使用認定をもって引渡しとなるため竣工より早くなる)

プラウドタワー池袋の概要
◆ 計画名-南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業 施設建築物(南街区)
◆ 所在地-東京都豊島区南池袋二丁目101(地番)
◆ 交通-JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン、東京メトロ丸ノ内線・有楽町線・副都心線、東武東上線、西武池袋・豊島線「池袋」駅徒歩10分、東京メトロ有楽町線「東池袋」駅徒歩3分
◆ 階数-地上47階、地下2階
◆ 高さ-最高部約182m
◆ 敷地面積-6,305.98㎡
◆ 建築面積-3,085.57㎡
◆ 延床面積-75,198.21㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-中間免震構造(基壇部と高層部の主要構造を凹型の免震ピットで切り分けて 地震の激しい揺れを抑える「デュアルレイヤーコア免震システム」を採用)
◆ 用途-共同住宅、子育て支援施設、高齢者支援施設、店舗、学校
◆ 総戸数- 620戸(うち非分譲住戸82戸)
◆ 建築主-南池袋二丁目C地区市街地再開発組合(参加組合員 住友不動産、野村不動産、独立行政法人都市再生機構)
◆ 売主-野村不動産、三井住友信託銀行
◆ 設計者-INA・清水・前田設計共同企業(INA新建築研究所、清水建設、前田建設工業JV)
◆ 施工者-清水・前田建設共同企業体(清水建設、前田建設工業JV)
◆ 着工-2023年05月
◆ 竣工-2026年11月中旬予定
◆ 入居開始- 2027年02月下旬予定


Tokyoikebukuro231017
北街区の「グランドシティタワー池袋」の完成イメージです。


Tokyoikebukuro230112
北街区の「グランドシティタワー池袋」の完成イメージです。南街区の「プラウドタワー池袋」は描かれていません。


Tokyoikebukuro210812
全体の「外観イメージパース」です。


Tokyoikebukuro231018
下層階のイメージです。


Tokyoikebukuro231019
下層階のイメージです。


Tokyoikebukuro210816
「断⾯イメージ」です。


3Tokyoikebukuro210817
「計画敷地内の緑化のイメージ」です。


Tokyoikebukuro230113
「位置図」です。


Tokyoikebukuro240711
「北街区」の「グランドシティタワー池袋」の2024年6月下旬の建設状況です(写真提供読者さん)。


Tokyoikebukuro240713
躯体が地上に姿を現しています(写真提供読者さん)。


Tokyoikebukuro240714
床面です(写真提供読者さん)。


Tokyoikebukuro240712
躯体北側部分です(写真提供読者さん)。


Tokyoikebukuro240715
敷地北側部分です(写真提供読者さん)。


Tokyoikebukuro240716
敷地北西側部分です(写真提供読者さん)。


Tokyoikebukuro240717
南側のタワークレーンです(写真提供読者さん)。


Tokyoikebukuro230118
「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業 施設建築物(北街区)」の建築計画のお知らせです(写真提供読者さん)。



|

2024年7月13日 (土)

「渋谷マルイ」が生まれ変わる 日本初の本格的な木造商業施設「(仮称)渋谷マルイ建替計画」 2026年に開業!

Tokyomarui240721
-(仮称)渋谷マルイ建替計画-

 「丸井グループ」は、1971年の開店以来、約50年営業を続けてきた「渋谷マルイ」を2022年8月28日で一時休業し、日本初の本格的な木造商業施設として2026年開業に向けて、建替え工事を行います。

 引用資料 丸井(PDF:2022/05/27)
 日本初の本格的な木造商業施設 誕生へ -2026年、渋谷マルイが生まれ変わります

 「渋谷マルイ」は、技術革新が著しい耐火木材など構造の約60%に木材を使用した、日本初の、サステナブルな本格的木造商業施設として生まれ変わります。

 建物のデザインは、日本の伝統的な建築技術に着目し、天然素材の使用、太陽光の活用など、自然由来のエネルギーを効率的に利用します。開店後も再生可能エネルギー由来の電力を使用するなど、最高水準の持続可能技術を採用し、環境負荷軽減を促進する、よりサステナブルな施設をめざします。

(仮称)渋谷マルイ建替計画の概要
◆ 所在地-東京都渋谷区神南一丁目8番3外(地名地番)
◆ 交通-JR山手線・埼京線、東急東横線・田園都市線、京王井の頭線、東京メトロ銀座線・半蔵門線「渋谷」駅
◆ 階数-地上9階、塔屋1階、地下2階
◆ 高さ-最高部50.64m、軒高43.14m
◆ 敷地面積-839.33㎡
◆ 建設面積-704.85㎡
◆ 延床面積-6,850.16㎡(売場面積約2,800㎡)
◆ 構造-(地上)木造、鉄骨造、(地下)鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
◆ 用途-物販店舗、飲食店舗
◆ 建築主-丸井
◆ 設計者・監理者-三菱地所設計
◆ 施工者-戸田建設・住友林業共同企業体
◆ 着工-2023年10月02日
◆ 竣工-2026年02月末日予定
◆ 開業-2026年予定


Tokyomarui240722
「建替え後イメージ(店頭)」です。


Tokyomarui240723
「建替え後イメージ(屋上)」です。


Tokyomarui240724
「建替え後イメージ(店内)」です。


Tokyomarui240725
「(仮称)渋谷マルイ建替計画」の2024年6月下旬の建設状況です(写真提供読者さん)。 


Tokyomarui240726
「(仮称)渋谷マルイ建替計画」の建築計画のお知らせです(写真提供読者さん)。



|

«渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期(中央棟・西棟) 東急百貨店東横店西・南館解体工事 2024年6月下旬の状況