2021年7月27日 (火)

「UD御堂筋ビル」と「UD御堂筋アネックスビル」を一体的に再開発 地上21階、高さ約100mの「アーバンネット御堂筋ビル」 新築工事着工!

Osakapasona210711
-(仮称)御堂筋淡路町ビル新築工事-

 「御堂筋高さ制限解除 第一号プロジェクト(新しい街並み誘導のルールに基づき、高さ・容積緩和・にぎわい創出等を地区計画で適用する第一号)」として、「オービック御堂筋ビル」が2020年1月に竣工しました。

 竣工した「オービック御堂筋ビル」の南側に、「パソナグループビル(大阪本社)」がありましたが、パソナは2019年2月12日より、道修町の「武田御堂筋ビル」に移転しました。

 パソナの移転に伴って「UD御堂筋ビル」は閉鎖されました。西隣の「UD御堂筋アネックスビル」も閉鎖され、2020年3月~2021年6月末の工期で、「御堂筋淡路町計画解体工事」が行われました。

● アーバンネット御堂筋ビル
 「NTT都市開発」は、御堂筋淡路町敷地において開発中の計画建物の新築工事に着手し、建物名称を「アーバンネット御堂筋ビル」に決定しました。竣工は 2023年12月予定です。

 引用資料 NTT都市開発(PDF:2021/07/26)
 御堂筋淡路町敷地における新築工事着工および計画建物名称「アーバンネット御堂筋ビル」決定のお知らせ

 「アーバンネット御堂筋ビル」は、ビジネス集積地である淀屋橋-本町エリアの中心に位置しており、大阪のメインストリートである御堂筋に面しています。

 建物規模は、地上21階、地下2 階、延床面積約42,362㎡を予定しており、低層部には御堂筋将来ビジョン等の上位計画を踏まえた御堂筋の上質なにぎわいに貢献する店舗・多目的ホールを、中・高層部にはテナント専用ラウンジや屋上テラス等の充実した共用スペースを備えた賃貸オフィス(基準階面積400坪超)を計画しています。

アーバンネット御堂筋ビルの概要
◆ 計画名-(仮称)御堂筋淡路町ビル新築工事
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区淡路町四丁⽬30番2(地番)
◆ 交通-Osaka Metro 御堂筋線「淀屋橋」駅から徒歩4分、「本町」駅から徒歩3分
◆ 階数-地上21階、塔屋1階、地下2階
◆ 高さ-100.0m
◆ 敷地面積-2,770.88㎡
◆ 延床面積-約42,362㎡(賃貸オフィス面積約23,238㎡)
◆ 構造-鉄骨造(CFT構造)、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 用途-オフィス、店舗、集会場、駐車場
◆ 建築主-NTT都市開発
◆ 設計者-(基本設計)NTTファシリティーズ、(実施設計)鹿島建設
◆ 施工者-鹿島建設
◆ 解体工事-2020年03月~2021年06月末
◆ 着工-2021年07月01日
◆ 竣工-2023年12月31日予定


Osakapasona210712
「計画建物外観パース」です。50mラインでセットバックするだけではなく、50mラインで「カーテンウォール」のデザインと色を変えています。


Osakapasona210713
「所在地 」です。


Osakapasona200411
2020年1月に竣工した「オービック御堂筋ビル」の南側が「アーバンネット御堂筋ビル」の建設予定地です。


Osakapasona200511
解体前の「UD御堂筋ビル」を北東側から見た様子です。



|

2021年7月26日 (月)

「ESR」が九州初進出 マルチテナント型物流施設「ESR福岡甘木ディストリビューションセンター(福岡甘木DC)」を開発!

Fukuokaesr210711
-ESR福岡甘木ディストリビューションセンター-

 「ESR」は2021年7月19日に、福岡県朝倉市に「ESR」としては九州地方初進出となる「ESR福岡甘木ディストリビューションセンター(福岡甘木DC)」を開発すると発表しました。

 「福岡甘木DC」は、 敷地面積約40,000㎡、延床面積約70,000㎡、地上3階のマルチテナント型物流施設で、2021年11月の着工、2022年12月の竣工を予定しています。総投資額は約125億円です。

 引用資料 ESR(PDF:2021/07/19)
 【ESR福岡甘木ディストリビューションセンター】開発のお知らせ

 建物は地上3階の「耐震構造」です。スロープで2階までアクセスでき、最小賃貸区画は約1,500坪、最大8テナントに分割が可能です。1階は建物両面に、2階は中央車路を挟んで両側にトラックバースを配置します。
 トラックバースには大型車は最大88台、4tトラックは最大128台の接車が可能です。また、敷地内に大型車の待機スペースを十分に確保することで、安全性に配慮した効率的な入出庫オペレーションを実現します。

 県道33号線・県道8号線経由で大分自動車道の「甘木IC」から約1.7km(車で約4分)、大分自動車道と九州縦貫自動車道(九州自動車道)、長崎自動車道や国道3号など、九州の東西南北を結ぶ交通結節点で九州の物流の要所である「鳥栖JCT」から約14km(車で約14分)に位置しており、九州全域への配送を網羅できます。

ESR福岡甘木ディストリビューションセンターの概要
◆ 所在地-福岡県朝倉市一木59-4
◆ 交通-(車)大分自動車道「甘木IC」1.7km/大分自動車道・九州自動車道・長崎自動車道「鳥栖JCT」14km、(電車)甘木鉄道・西日本鉄道「甘木駅」2.3km
◆ 階数-地上3階、地下0階
◆ 敷地面積-約40,000㎡
◆ 延床面積-約70,000㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 地震対策-耐震構造
◆ 用途-マルチテナント型物流施設
◆ 建築主-ESR
◆ 着工-2021年11月01日予定
◆ 竣工-2022年12月31日予定
◆ 総投資額-約125億円


Fukuokaesr210712
「ESR福岡甘木ディストリビューションセンター(福岡甘木DC)」の完成イメージ図です。


Fukuokaesr210713
「周辺図」です。


Fukuokaesr210714
「広域図」です。



|

2021年7月25日 (日)

愛知県スタートアップ支援拠点「ステーションAi」の整備・運営を担う事業者 落札者を「ソフトバンク」に決定!

Nagoyaai210711
-ステーションAi-

 「愛知県」は、スタートアップの創出・育成・展開を図るための拠点施設となる「ステーションAi」を整備することとし、その事業者選定の手続を進めてきました。

 「ステーションAi」の整備・運営を担う事業者の募集については、2020年11月17日に総合評価一般競争入札方式による入札公告を行い、PFI法第8条第1項に基づき、選定手続を進めてきた結果、2021年7月19日にPFI事業者選定委員会から最優秀提案の報告があり、落札者を「ソフトバンク」に決定しました。

 引用資料 愛知県・公式HP(2021/07/21)
 【知事会見】愛知県スタートアップ支援拠点「ステーションAi」の整備・運営を担う事業者を決定しました!

 「ステーションAi」は、名古屋市昭和区の県勤労会館跡地に建設し、国内外のスタートアップ千社の集積を想定しています。オフィスや研究の場に加え、愛知県が海外の支援機関や大学のプログラムを提供し、事業や技術の創出を後押します。

 概要は、地上7階、延床面積約23,000㎡です。吹き抜けや全フロアをつなぐスロープを設け、ロボットやドローンが自由に移動する空間をつくる。施設全体を最新の技術やものづくりの実証実験の場と位置付けます。

 「愛知県」は、ソフトバンクに対して、国内外の拠点を通じてスタートアップを誘致し、育成を支援した後、事業展開もサポートする役割を期待しています。この地域で自動車や航空機に次ぐ新たな産業の芽を育てる狙いがあります。


Nagoyaai210712
「鳥瞰図」です。概要は、地上7階、延床面積約23,000㎡です。


Nagoyaai210713
「鳥瞰図」です。


Nagoyaai210714
「内観図」です。


Nagoyaai210715
「事業計画地」です。



|

2021年7月24日 (土)

「三井アウトレットパーク マリンピア神戸」の隣接地 「マリンピア神戸土地活用事業」の事業者募集!

Kobemarinepia210711
-マリンピア神戸土地活用事業-

 マリンピア神戸は、「人と海と魚のふれあいの場」をテーマに、市街地に接した美しいウォーターフロントを形成して、快適な都市環境と都市活力を創出し、新しい都市型漁業を展開して、市民に新鮮で美味しい魚を供給するとともに、海の香り高い、憩いと安らぎの場を提供することを目的として整備されました。

 マリンピア神戸のさらなる充実を図るため、「マリンピア神戸土地活用事業」として、未利用地約2ha(正確には20,957.31㎡)の活用事業を実施します。

 引用資料 神戸市・公式HP(2021/07/16)
 マリンピア神戸土地活用事業 事業者募集

基本的な考え方
◆ マリンピア神戸及び周辺地域の活力創出に寄与する事業とすること。
◆ 豊かな海や明石海峡大橋が至近にあるという立地や、ラグーンなどの景観的特徴を活かし、マリンピア神戸にふさわしい魅力ある景観の創出に寄与する事業とすること。
◆ ラグーン法面等を活用した親水空間や回遊性の創造など、多様なコミュニティの交流に寄与する事業とすること。
◆ すべての人に利用しやすい、ユニバーサルデザインに配慮した事業とすること。
◆ マリンピア神戸及び周辺道路の交通対策に最大限配慮するとともに、周辺地域の生活環境に配慮した事業とすること。


Kobemarinepia210712
「マリンピア神戸土地活用事業」の位置図です。賃貸面積20,957.31㎡です。


Kobemarinepia210713
「マリンピア神戸土地活用事業」の予定地を北西側から見た様子です。ラグーンの奥に見えるのは「三井アウトレットパーク マリンピア神戸」です。


Kobemarinepia210714
「ラグーン」の景観的特徴を活かす事などが条件となっています。


Kobemarinepia210715
三井アウトレットパーク マリンピア神戸

 隣接地には、「三井アウトレットパーク マリンピア神戸」があります。「マリンピア神戸土地活用事業」は、「三井アウトレットパーク マリンピア神戸」との相乗効果が期待出来ます。

 「三井アウトレットパーク マリンピア神戸」は、「明石海峡大橋」が西側に一望できる垂水区の埋め立て地に「マリンピア神戸ポルトバザール」として1999年7月30日にオープンしました。

 2006年4月には「アネックス(ANNEX)」がオープン、2008年4月には名称を「三井アウトレットパーク マリンピア神戸」に変更、2009年3月には「Factory Outlets Central(ファクトリー アウトレッツ セントラル)」がオープンしました。


Kobemarinepia210716
「マリンピア神戸土地活用事業」の予定地の西側からは「明石海峡大橋」よく見えます。



|

2021年7月23日 (金)

神戸市営地下鉄 名谷駅美装化・リニューアル事業 「JR西日本アーバン開発」を代表企業とする企業連合体を選定!

Kobejr210711
-神戸市営地下鉄 名谷駅美装化・リニューアル事業-

 「JR西日本アーバン開発」を代表企業とする企業連合体(構成企業 JR西日本アーバン開発、交建設計、大鉄工業」は、神戸市交通局が実施した「神戸市営地下鉄 名谷駅美装化・リニューアル事業」において、事業計画提案を行い、事業者に選定されました。

 引用資料 JR西日本(PDF:2021/07/15)
 神戸市営地下鉄 名谷駅美装化・リニューアル事業落札のお知らせ

 「神戸市営地下鉄 名谷駅美装化・リニューアル事業」は、神戸市が都市ブランドの向上と人口誘引につなげるプロジェクトとして「リノベーション・神戸」を掲げ、その一環として名谷エリアを「躍動する多世代共生のまち」として活性化させていく「名谷活性化プラン」のひとつです。

 具体的な内容は、神戸市交通局が駅利用者の利便性向上および駅周辺エリア活性化のために進める名谷駅の駅ビルリニューアルおよび北館新設工事にあたり、リニューアル後の施設運営を予定する事業者が自ら民間事業者のノウハウや技術を活かし、事業の全体計画から設計・施工・工事監理まで一括して行う事業スキームで実施するものです。


Kobejr210712
「駅ビル・駅ビル北館 外観夜間イメージ」です(引用:JR西日本)。

 

Kobejr210713
「駅ビル(リニューアル)2F イメージ」です(引用:JR西日本)。


Kobejr210714
「位置図」です(引用:神戸市交通局)。



|

2021年7月22日 (木)

北九州市のスペースワールド跡地 イオンモールの「(仮称)八幡東田プロジェクト」 体験型英語教育施設「(仮称)Kitakyushu Global Gateway)」の出店が決定!

Kitakyuaeon210711
-(仮称)八幡東田プロジェクト-

 「イオンモール」は、福岡県北九州市八幡東区のスペースワールド跡地に出店する「(仮称)八幡東田プロジェクト」において、計画概要および、コンセプトを2020年2月19日に発表しました。

 計画地のスペースワールド跡地は、北九州都市高速「枝光IC」、JR鹿児島本線「スペースワールド駅」に隣接し、車、電車、バスなど全ての交通アクセスが良好な立地です。また、計画地周辺は世界遺産である「官営八幡製鐵所」、北九州市が運営する博物館等が立地しており、北九州市の観光拠点の一つのエリアとなっています。

 出店業態は、既存の「イオンモール八幡東」との相乗効果も図れる業態として、「地域創生型商業施設 THE OUTLETS」で、2022年春オープンを目標に計画を進めています。

● (仮称)Kitakyushu Global Gateway)の出店!
 「イオンモール」は2021年7月21日に、福岡県北九州市八幡東区において開発中の「(仮称)八幡東田プロジェクト)」に、西日本エリア初の体験型英語教育施設「(仮称)Kitakyushu Global Gateway)」の出店が決定したと発表しました。

  引用資料 イオンモール(2021/07/21)
 「(仮称)八幡東田プロジェクト」の新たな取り組みについて

 「(仮称)Kitakyushu Global Gateway)」は、日常から離れ、海外をイメージして作られたアトラクションでいつもと違う環境の中で、グローバルな世界を存分に体験しながら自然に英語を学習することができます。

 KGGの出店により、新科学館、博物館群とあわせ八幡東田地区における「学び」を通じた拠点性(エデュケーションツーリズム拠点)の確立に繋がり、国内外からの誘客をさらに強化できるものと考えています。

(仮称)八幡東田プロジェクト の概要
◆ 所在地-福岡県北九州市八幡東区東田四丁目1番101外
◆ 敷地面積-約270,000㎡(プロジェクト全体面積)
◆ 延床面積-約57,000㎡(約75,000㎡から変更)
◆ 総賃貸面積-約48,000㎡(約58,500㎡から変更)
◆ 駐車台数-約4,500台(敷地外駐車場含む) *約4,000台(敷地外駐車場含む)から変更
◆ オープン-2022年春予定

イオンモール八幡東との合計概要
◆ 敷地面積- 約336,000㎡
◆ 延床面積-約140,600㎡(約158,600㎡から変更)
◆ 総賃貸面積-約96,000㎡(約106,500㎡から変更)
◆ 駐車台数-約6,500台(敷地外駐車場含む) *約6,000台(敷地外駐車場含む)から変更

(備考) 赤字は、2020年2月19日に発表された概要です。


Kitakyuaeon210712
「アウトレットゾーン(センターストリート)」です。


Kitakyuaeon210713
「アウトレットゾーン(ヒルサイドストリート)」です。


Kitakyuaeon210714
「アウトレットゾーン(パークサイドストリート)」です。


Kitakyuaeon210715
「アウトレットゾーン(レイクプラザ)」です。


Kitakyuaeon210719
「ゾーニング計画」です。



|

2021年7月21日 (水)

大阪ステーションシティ 「エキマルシェ大阪」 開業以来初の大規模リニューアル 第Ⅰ期は2021年10月26日(火)オープン!

Osakajr210721
-エキマルシェ大阪-

 JR大阪駅桜橋口すぐの駅ナカ商業施設「エキマルシェ大阪」は、2012年10月31日に開業しました。2021年春から2022年秋にかけて、開業以来初となる大規模リニューアル工事を実施しています。

 第Ⅰ期リニューアルオープンにおいては、駅ナカ初出店となるナチュラルスーパーマーケット「BIO-RAL」の出店をはじめ、新業態店舗5店、関西初出店3店、大阪初出店1店を含む15店が新規開業します。

 また、リニューアル工事のため2021年3月に閉店した店舗のうち11店舗が装いを新たに出店します。「食品」に関する品揃えをこれまで以上に充実させることで、最寄り駅には無い店舗や商品を揃えた26店舗が開業し、新しいゾーンを構成します。

 引用資料 JR西日本(PDF:2021/07/19)
 ~毎日の通勤をもっと楽しく。おいしさそろう、食のバラエティパークへと生まれ変わります~ 「エキマルシェ大阪」 リニューアル第1期 10月26日(火)オープン!!

 さらに、2022年秋には、第Ⅱ期エリアがオープンする予定です。第Ⅰ期リニューアルの詳細にいては2021年10月中旬、第Ⅱ期リニューアルの詳細については2022年春に改めて発表します。


Osakajr210721
スーパーマーケット「BIO-RAL(ビオラル)」です。


Osakajr210723
「スイーツエリアイメージ」です。


Osakajr210724
「お惣菜・デリカエリアイメージ」です。


Osakajr210725
「エキマルシェ大阪 マップ (2021年10月26日時点予定)」です。



|

2021年7月20日 (火)

「北九州空港」の滑走路長を2,500mから3,000mに延長 施設計画段階のパブリック・インボルブメントの実施計画書をとりまとめ!

Kitakyuair21071011
-北九州空港滑走路延長計画-

 「国(大阪航空局、九州地方整備局)」は、「北九州空港」における大型貨物機の長距離運航を可能とするため、現行の滑走路長2,500mを3,000mに延長整備する計画を検討しています。

 この計画の透明性を確保しつつ幅広い合意形成を図るため、関係者の連絡調整を図り、円滑かつ効率的な推進に資するため、関係地方公共団体(福岡県、北九州市、苅田町)と、国(大阪航空局、九州地方整備局)は、北九州空港施設計画検討協議会を設置しました。

 北九州空港施設計画検討協議会は、北九州空港の滑走路延長にともなう施設計画段階のパブリック・インボルブメント(略名:PI)の実施計画書をとりまとめ、2021年7月15日(木)~8月16日(月)にかけて、パブリック・インボルブメントを実施しています。

 引用資料 国土交通省
 北九州空港滑走路延長計画

 引用資料 国土交通省(PDF:2021/07/15)
 北九州空港滑走路延長計画について(PIレポート )

● 滑走路延長の必要性
 「北九州空港」は深夜・早朝時間帯も利用できる海上空港であることから、これまでも貨物専用機に利用されてきましたが、滑走路長が2,500mであるため、利用する際に制約が生じています。 航空会社は、この制約のために北九州空港では離着陸できないと判断し、別の空港を利用することがあります。

 代表的な貨物専用機「B747-8F型機」は、北米・欧州まで商用運航として成立する貨物量を搭載すると、滑走路長が2,500mでは重量オーバーとなり離陸することができません。


Kitakyuair21071012
滑走路延長に伴う施設配置計画

 滑走路延長計画では、滑走路・誘導路などの基本施設、航空灯火、ILS施設などを整備します。


Kitakyuair21071013
滑走路を南側へ延長する理由

 滑走路を北側へ延長する場合には、滑走路延長用地の確保に新たな埋め立てや人工地盤の整備が必要になります。また、海上部に設置してある既存の標準式進入灯火も移設になります。そのため、潮流の変化による水質や海生動物の生息環境への影響などが生じる可能性があります。

 一方、滑走路を南側へ延長した場合は空港島の未利用地を活用し、空港用地造成に着手することができます。環境への影響については、新たに海を埋め立てる必要がなく、水質や動物の生育環境への影響も少ないため、北側へ延長した場合より優位となります。


Kitakyuair21071014
空港周辺の航空機騒音の変化
 滑走路延長後の航空機騒音について、「航空機騒音に係る環境基準(環境省告示)」の住宅地域における基準値(Lden57デシベル)は、概略の検討により、海上に収まることを確認しています。



|

2021年7月19日 (月)

「大阪三菱ビル」の跡地 地上32階、高さ約147mの「(仮称)大阪三菱ビル建替え計画」 2021年7月14日の解体状況

Osakaufj210111
-大阪三菱ビル-
 「大阪三菱ビル」は、大阪のメーンストリート「御堂筋」に面する「三菱東京UFJ銀行大阪ビル(旧三和銀行本店ビル)」の建て替えプロジェクトの受け皿として使用されていましたが、「三菱UFJ銀行大阪ビル」の竣工により、三菱UFJ銀行の「大阪営業部、大阪中央支店」が、2018年8月27日に移転したため建て替えが可能になりました。

 御堂筋に面して建つオフィスビル「大阪三菱ビル」の再開発が動き出します。大阪市は2020年1月30日に、都市計画都市再生特別地区に「堂島浜1丁目地区」の約0.5haを追加するため、都市計画案を公告しました。容積率の最高限度は800%程度から1,600%に引き上げます。建物高さの最高限度は高層部が147mとなります。

 現在は、(仮称)大阪三菱ビル開発計画 既存建物解体工事(障害撤去工事を含む)」が「竹中工務店」の施工により行われています。労災保険関係成立票によると、注文者は「オーエム4特定目的会社」、工期は2020年2月15日~2021年10月14日(予定)となっています。

(仮称)大阪三菱ビル建替え計画
 「三菱地所、三菱商事都市開発、積水ハウス、三菱UFJリース」の4社は、大阪市北区堂島浜一丁目において、「(仮称)大阪三菱ビル建替え計画」を推進します。新築工事着工は2021年10月、竣工は2024年4月の予定です。

 引用資料 三菱地所(PDF:2021/01/25)
  「(仮称)大阪三菱ビル建替え計画」について ~2024年、水都大阪の新たなランドマークとなる複合ビルが誕生~ 

 長らく地域のシンボルであった「大阪三菱ビル」を、その地域性、歴史性を踏まえ、周辺の水辺空間と一体となった水都大阪の新たなランドマークを目指し、地上32階、延床面積約67,000㎡のオフィス・ホテル主体の複合ビルへ建て替えるものです。

 ホテルゾーンには、唯一無二の4つ星ホテルを掲げる「カンデオ・ホスピタリティ・マネジメント」のフラッグシップホテル「カンデオホテルズ大阪堂島浜(仮称)」が出店します。

(仮称)大阪三菱ビル建替え計画の概要
◆ 計画名-(仮称)OM計画
◆ 所在地-大阪府大阪市北区堂島浜一丁目 1-5(住居表示)
◆ 交通-京阪中之島線「大江橋」駅徒歩2分、京阪本線「淀屋橋」駅徒歩4分、Osaka Metro御堂筋線「淀屋橋」駅徒歩4分
◆ 階数-地上32階、塔屋1階、地下2階
◆ 高さ-最高部147.00m
◆ 敷地面積-3,571.88㎡
◆ 建築面積-2,550.00㎡
◆ 延床面積-67,000.00㎡  
◆ 構造-鉄骨造、地下一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-オフィス(3階~15階)、ホテル(17階~31階)
店舗(1階・2階)駐車場(地下2階)
◆ 客室数-548室
◆ 建築主-オーエム4特定目的会社(三菱地所、三菱商事都市開発、積水ハウス、MULリアルティインベストメント(三菱UFJリースの100%子会社))
◆ 設計者・監理者-三菱地所設計・竹中工務店設計監理共同体
◆ 施工者-(未定) 
◆ 解体工事-2020年02月15日~2021年10月14日予定
◆ 着工-2021年10月15日予定
◆ 竣工-2024年04月14日予定
◆ 開業-2024年夏予定(ホテル)


Osakaufj210112
「建物イメージ(南東から)」です。


Osakaufj210113
カンデオホテルズ大阪堂島浜(仮称)

 最上階に大阪が一望できるスカイスパを備えた、カンデオホテルズのフラッグシップホテル「カンデオホテルズ大阪堂島浜(仮称)」が出店します。「4つ星ホテル」というコンセプトを掲げます。客室数は548室です。


Osakaufj210114
(仮称)御堂筋プレゼンテーションギャラリー(16階)

 中間階(16階)に大阪の街並みが一望できる「(仮称)御堂筋プレゼンテーションギャラリー」を設置し、計画地南側には水都大阪の新たな水辺拠点となる観光船着き場の整備を含む堂島公園の再整備を実施します。


Osakaufj210115
「1階オフィスロビー イメージ」です。


Osakaufj210116
「オフィスフロア イメージ」です。


Osakaufj210117
「17階ホテルロビー イメージ」です。


Osakaufj210118
「客室 イメージ」です。


Osakaufj200112
「都市再生特別地区の区域」です(引用:大阪市)。


Osakaufj200113
「高さの最高限度」です。最高限度は147mです(引用:大阪市)。


Osakaufj210711
(仮称)大阪三菱ビル建替え計画である「(仮称)OM計画」の建設予定地です。地上躯体の解体工事は終わっています。


Osakaufj210712
「大阪ビジネスカレッジ専門学校」の壁面が見えるのがなんとも斬新です。


Osakaufj200318
解体工事の工事名は「(仮称)大阪三菱ビル開発計画 既存建物解体工事(障害撤去工事を含む)」と非常に長いです。「竹中工務店」の施工により行われています。労災保険関係成立票によると、注文者は「オーエム4特定目的会社」、工期は2020年2月15日~2021年10月14日(予定)となっています。


Osakaufj210713
「(仮称)OM計画」の建築計画のお知らせです。


Osakaufj200312
解体前の「大阪三菱ビル」を南東側から見た様子です。



|

2021年7月18日 (日)

淀屋橋駅直結のランドマークビル 地上28階、高さ約150mの「淀屋橋駅東地区都市再生事業」 2021年7月14日の解体状況

Osakayodoyabashi190711
-淀屋橋駅東地区都市再生事業-
 リーマンショック前のプチバブルの頃の2007年3月に、「日経新聞」が御堂筋を挟んで、高さ約140mの超高層ツインタワーを建設すると報道しました。

 御堂筋東側は、「日土地淀屋橋ビル」と「東京建物大阪ビル(現在の京阪御堂筋ビル)」、御堂筋西側は、「ミズノ」や「三菱東京UFJ銀行(現在の三菱UFJ銀行)」など11社の地権者が共同再開発を目指すというものでした。しかし、東西共に実現する事はありませんでした。

 都市伝説化していたプロジェクトが遂に動き出します。大阪市は、淀屋橋駅の「東地区」と「西地区」について都市計画案を公表しました。容積率の最高限度を1,600%に引き上げます。

 「日本土地建物」と「京阪ホールディングス」は、淀屋橋駅東地区都市再生事業の都市計画案が、大阪市の都市計画審議会で、都市再生特別地区として可決されたことを発表しました。

 引用資料 日本土地建物(PDF:2019/07/23)
 淀屋橋駅直結 高さ 約 150m のランドマークビル 「淀屋橋駅東地区都市再生事業」について

 日本土地建物が所有する「日土地淀屋橋ビル」と京阪ホールディングスが所有する「京阪御堂筋ビル」を共同で、地上28階、地下4階、高さ約150mの超高層ビルに建て替え、新たなランドマーク形成を目指します。

● 日土地淀屋橋ビル・京阪御堂筋ビル解体工事
 現在は既存建物の解体工事が行われています。解体工事の工事名は「日土地淀屋橋ビル・京阪御堂筋ビル解体工事」で、「竹中工務店」の施工で行われています。解体工事の工期は、2020年10月10日~2022年4月30日(予定)となっています。

淀屋橋駅東地区都市再生事業の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区北浜三丁目1番1他
◆ 交通-京阪電車・Osaka Metro御堂筋線「淀屋橋」駅直結
◆ 階数-地上28階、地下4階
◆ 高さ-最高部約150m
◆ 敷地面積-約3,940㎡
◆ 延床面積-約73,600㎡
◆ 容積対象面積-容積率約1,600%
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造)
◆ 地震対策-制振構造
◆ 用途-オフィス、店舗
◆ 建築主-日本土地建物、京阪ホールディングス
◆ 解体工事-2020年10月10日~2022年04月30日予定
◆ 着工-2022年予定
◆ 竣工-2025年予定


Osakayodoyabashi190712
4層吹き抜けの多目的広場(淀屋橋広場)です(引用:日本土地建物)。


Osakayodoyabashi190556
「説明図1」です(引用:大阪市)。


Osakayodoyabashi190558
「説明図2」です。間に道路がありますが、一体的に再開発されます。高さの最高限度は150mです(引用:大阪市)。


Osakayodoyabashi210711
「日土地淀屋橋ビル・京阪御堂筋ビル解体工事」を北西側から見た2021年7月14日の状況です。北側の「日土地淀屋橋ビル」と南側の「京阪御堂筋ビル」を一体的に解体しています。


Osakayodoyabashi210712
「日土地淀屋橋ビル・京阪御堂筋ビル解体工事」を南西側から見た様子です。解体工事の工期は、2020年10月10日~2022年4月30日(予定)となっています。


Osakayodoyabashi210713
「日土地淀屋橋ビル・京阪御堂筋ビル解体工事」を南東側から見た様子です。


Osakayodoyabashi210714
「日土地淀屋橋ビル・京阪御堂筋ビル解体工事」を北東側から見た様子です。


Osakayodoyabashi210715
稼働していた頃の「日土地淀屋橋ビル」です。

日土地淀屋橋ビルの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区北浜三丁目6-13
◆ 階数-地上9階、地下4階
◆ 敷地面積-約2,297㎡
◆ 延床面積-約26,228㎡
◆ 構造-鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 竣工-1961年07月


Osakayodoyabashi210716
稼働していた頃の「京阪御堂筋ビル」です。

京阪御堂筋ビル(旧:東京建物大阪ビル)の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区北浜三丁目7-12
◆ 階数-地上10階、地下1階
◆ 延床面積-16,765.51㎡
◆ 構造-鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 竣工-1985年04月30日



|

«日本命淀屋橋ビル建替計画 地上25階、高さ約123m「(仮称)新淀屋橋ビル新築計画」 2021年7月14日の建設状況