2019年10月22日 (火)

姫路市 (仮称)姫路市文化コンベンションセンター等新築工事 2019年10月21日の建設状況

Himejicasty171221
-姫路市文化コンベンションセンター-

 「キャスティ21」は、JR姫路駅の北東側にあったホーム・線路・操車場等跡地の再開発プロジェクトです。「キャスティ21イベントゾーン」は、JR姫路駅とJR東姫路駅の中間にある約6.6haの広大な街区です。

 「キャスティ21イベントゾーン」のエリアは、姫路駅に近い西側が「文化・コンベンションエリア(約3.6ha)」、東側が「高等教育・研究エリア(約3.0ha)」です。
 東側の「高等教育・研究エリア」には、「兵庫県立姫路循環器病センター」と「製鉄記念広畑病院」の統合病院「県立はりま姫路総合医療センター(仮称)」が移転する予定です。

 「文化・コンベンションエリア」には、播磨の連携中枢都市にふさわしい交流の拠点施設として、文化、芸術の拠点としての機能と、「ものづくり力の強化」「地域ブランドの育成」「交流人口の増加」を促進する機能をあわせた「姫路市文化コンベンションセンター」を整備します。

 引用資料 姫路市・公式HP(2017/12/11)
 (仮称)姫路市文化コンベンションセンターについて

 姫路市は、「(仮称)姫路市文化コンベンションセンター等新築工事」を一般競争入札し、229億8000万円(税別)で「竹中工務店、神崎組、平錦建設JV」に決定しています。2018年10月4日に着工し、10月19日に起工式が執り行われました。

姫路市文化コンベンションセンターの概要
◆ 計画名-(仮称)姫路市文化コンベンションセンター等新築工事
◆ 所在地-兵庫県姫路市神屋町字河原田143-2他
◆ 階数- 地上5階、塔屋1階、地下1階
◆ 敷地面積-約36,423㎡
◆ 延床面積-約29,515㎡
◆ 構造- 鉄骨造、一部(鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
◆ 用途-ホール、スタジオ、展示場、会議室ほか
◆ ホール-大ホール(約2,000席)、中ホール(約700席)、小ホール(約180席)
◆ 建築主-姫路市
◆ 設計者・監理者-日建設計
◆ 施工者-竹中・神崎・平錦特定建設工事共同企業体(竹中工務店、神崎組、平錦建設JV)
◆ 着工-2018年10月04日(着工)、2018年10月19日(起工式)
◆ 竣工-2021年02月26日予定
◆ オープン-2021年秋予定


Himejicasty171222
「新幹線から見た外観イメージ図」です。


Himejicasty171223
「大ホールのイメージ図」です。


Himejicasty171224
「配置図」です。文化ホールは、「大ホール(約2,000席)、中ホール(約700席)、小ホール(約180席)」が整備されます。


Himejicasty171225
「位置図」です。JR姫路駅の東約700mに位置します。姫路駅に近い西側が「文化・コンベンションエリア(約3.6ha)」、東側が「高等教育・研究エリア(約3.0ha)」です。

 JR姫路駅から「Aブロック-Bブロック-Cブロック-Dブロック」と接続する歩行者デッキを経由して、「外堀川」を橋で渡って、「JR播但線」をくぐって「1号公園」を経由すると、道路を一切横断することなく安全にアクセス出来るようになります。


Himejicasty191011
JR山陽本線の車窓から見た「(仮称)姫路市文化コンベンションセンター等新築工事」の建設現場です。


Himejicasty191012
かなり姿を現しました。


Himejicasty191013
南東側から見た様子です。手前(東側)は「高等教育・研究エリア(約3.0ha)」です。「兵庫県立姫路循環器病センター」と「製鉄記念広畑病院」の統合病院「県立はりま姫路総合医療センター(仮称)」の工事が行われています。


Himejicasty191014
「鉄骨建方」がどんどん進んでいます。


Himejicasty191015
あらかじめ鉄骨を「地組(じぐみ)」して吊り上げているようです。


Himejicasty191016
北東側のゲートから見た様子です。


Himejicasty191017
北側から見た様子です。


Himejicasty191018
北西側から見た「大ホール」の建設現場です。


Himejicasty191019
「大ホール」は、無柱空間が広いので壁面の「ブレース」の密度が凄いです。


Himejicasty191020
西側のゲートから見た様子です。


Himejicasty181223
仮囲いに掲示されていた「配置図」と「施設概要」です。



|

「京都リサーチパーク(KRP)」の隣接地 「五条通」の高さ規制の最高限度を20mから31mに緩和 オフィスや研究施設の集積を目指す!

Kyotokrp191011
-五条通の最高限度を20mから31mに-

 歴史的な景観を守るために厳格な高さ制限を設定している京都市は、下京区中堂寺南町のJR丹波口駅前で現在の最高限度20mを31mに緩和する方針です。

 高さ制限の緩和が打ち出されたのは、「五条通」のJR山陰線丹波口駅から西大路通までの東西約880mで、南北は五条通の道路端からそれぞれ30mです。「京都リサーチパーク」など現行で上限31mの区域は除きます。

 高さ制限を緩和できる建築物は敷地面積1,000㎡以上で、緑化などに貢献できることが条件です。使用目的はオフィスか研究施設に限定され、店舗や飲食店を併設することができます。それ以外の建築物は高さ20mが最高限度で変わりません。

 「五条通」が片側4車線に拡幅されたことから、京都市は都市活力をけん引する広域拠点エリアの1つに駅周辺を位置づけ、オフィスの集積を目指しています。京都市内は、外国人観光客の急増でホテルの建設が相次ぎ、オフィス不足が深刻な状況になっています。


Kyotokrp191012
高さ制限が一部緩和されるエリアです。「五条通」のJR山陰線丹波口駅から西大路通までの東西約880mで、南北は五条通の道路端からそれぞれ30mです。「京都リサーチパーク」など現行で上限31mの区域は除きます。

 引用資料 京都市・公式HP(PDF)
 新景観政策の更なる進化の方向性について

 
Kyotokrp191013
「五条通」です。私は「京都の高さ規制は絶対に守るべき!」という考え方ですが、「京都リサーチパーク(KRP)」は現在も最高限度が31mなので問題は無いと思います。


Kyotokrp191014
「京都リサーチパーク(KRP)」の北側です。


Kyotokrp190811 
京都リサーチパーク(KRP)

 1989年にオープンした「京都リサーチパーク(KRP)」は、京都府の産業の研究開発、ベンチャービジネス支援を目的とする施設です。大阪ガスグループの「京都リサーチパーク(株)」が運営しています。
 
 JR嵯峨野線の「丹波口駅」の西側にあった大阪ガス京都工場跡地に賃貸オフィスや研究開発スペースを建設し、管理・運営を行っています。

 「京都リサーチパーク(KRP)」には、現在は約480社が入居しています。京都市の研究開発やベンチャービジネス支援の一大拠点となっており、今回の規制緩和は更なる機能集積への追い風になると思われます。


Kyotokrp190821
「五条通」に面する京都リサーチパークの「9号館」です。高さは31mです。


Kyotokrp190815
京都リサーチパーク10号館新築工事
 「京都リサーチパーク」は、新たなオフィスビル「京都リサーチパーク10号館新築工事」を着工しました。延床面積約33,740㎡と、KRP内では最大規模の建物となります。建物は地上7階、地下1階で、実験研究用のスペースは設けず、オフィス用途のみとし、1階は商業施設とします。

 「京都リサーチパーク(KRP)」には、現在は約480社が入居しています。近年はオフィス需要の高まりや研究機関の都心回帰などを受け、入居率が高水準を維持しており、空き室不足のため、新棟の建設を決めました。

京都リサーチパーク10号館新築工事の概要
◆ 所在地-京都府京都市下京区中堂寺栗田町90、91、92
◆ 階数-地上7階、地下1階
◆ 高さ-31.00m
◆ 敷地面積-38,426.88㎡(施設全体)
◆ 建築面積-20,838.69㎡(施設全体)、4,580.00㎡(新棟)
◆ 延床面積-131,478.10㎡(施設全体)、33,740.00㎡(新棟)
◆ 用途-オフィス、商業(物販店舗、飲食店舗)、駐車場
◆ 建築主-大阪ガス都市開発
◆ 設計者・監理者-日建設計
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2019年4月10日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2021年2月26日(労災保険関係成立票より)
◆ 稼働-2021年春予定



| | コメント (0)

2019年10月21日 (月)

うめきた2期区域基盤整備 JR東海道線支線地下化・新駅設置工事 北3工区 2019年10月16日の建設状況

Kita19101651
-JR東海道線支線地下化・新駅設置工事-
 
大阪市とJR西日本がうめきた2期区域(北区)の基盤整備に合わせて行う東海道線支線の「JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(約2,400m)」が、2016年10月28日に全工区で着工しました。総事業費は約690億円で、新駅の開業は2023年3月を予定しています。


Kita1511053_3
区間別の構造概要と工事の進め方
 大阪市が事業主体となって行う地下化(連続立体交差事業)の工事延長は、北区豊崎六丁目から福島区福島七丁目に至る約2,400mで、途中、ボトルネック踏切1ヶ所(西梅田1番踏切)の除却や既設交差道路の改良(2ヶカ所)などにより、踏切事故の解消や道路交通の円滑化、市街地の分断解消をが図られます。

 引用資料 大阪市・公式ホームページ
 JR東海道線支線地下化事業


Kita171011
工区割図
 
「北1工区~南2工区」までの工区割図です。

各工区の施工者
◆ 北1工区-奥村組・鉄建建設JV
◆ 北2工区-錢高組・西松建設JV
◆ 北3工区-鴻池組・前田建設工業JV
◆ 駅部工区-大鉄工業・清水建設JV
◆ 南1工区-大林組・淺沼組JV
◆ 南2工区-大成建設・大鉄工業JV


Kita19101652
北3工区

 ノースゲートビルディング11階の「風の広場」から見た「北3工区」です。「北3工区」は、「鴻池組・前田建設工業JV」の施工により行われています。


Kita19101653
北3工区の未着工だった区間
 この部分は、地下道があったため「JR東海道線支線地下化・新駅設置工事」の工事が未着工でしたが、地下道が撤去されて工事が始まりました。


Kita19101654
東側から見た様子です。


Kita19101655
最終的には南側部分と接続されます。


Kita19101656
南側部分です。


Kita19101657
新しい「下水道」の上に作業用の通路が設置されています。


Kita19101658
「クラムシェル」で揚土して「ダンプトラック」に積んでいます。


Kita19101659
かなり深くなりました。「土留め壁」を支える上段のえび茶色の「切梁」と下段の青い「切梁」です。


Kita19101660
すでに北側部分と接続されています。



|

北大阪健康医療都市(愛称:健都) 竣工した「ディアクレスト国循健都(国循職員宿舎) & ドナルド・マクドナルド・ハウス おおさか健都」

Ncvc190816
-北大阪健康医療都市 愛称:健都(けんと)-
 旧国鉄吹田操車場跡地は、新たな都市拠点へ土地利用の転換を図るため、都市計画道路や公園・緑地、ライフラインの整備を土地区画整理事業により進めています。

 「国立循環器病研究センター」や「市立吹田市民病院」の移転建て替えを控え、「国立循環器病研究センター」を中心とする医療クラスターの形成に向け、基盤整備などに取り組んでいます。

 こうした経緯等を踏まえ、この地区の名称を日本語表記「北大阪健康医療都市」、英語表記「Northern Osaka Health and Biomedical Innovation Town(NohBIT)」、愛称「健都(けんと)」に決定しています。

● 国立循環器病研究センター
 「国立循環器病研究センター」は、名称のとおり循環器を専門とする日本最先端の医療機関です。医療技術は非常に高く、日本国内のみならず、海外からも患者が訪れます。

 「国立循環器病研究センター」は、建物の老朽化のほか、施設増設で敷地が手狭になったため移転しました。2016年8月9日に「安全祈願祭」が行われました。その後、8月20日に本体工事に着工しました。2019年4月3日に「竣工式と定礎式」が行われ、2019年7月1日に開院しました。


Ncvc191011
ディアクレスト国循健都
 「国立循環器病研究センター」の北東側の隣接地に、センターの移転にあわせて「(仮称)国立循環器病研究センター職員宿舎等建設工事」を建設しました。正式名称は「ディアクレスト国循健都」です。単身用と世帯用の居室があります。

ディアクレスト国循健都の概要
◆ 計画名-(仮称)国立循環器病研究センター職員宿舎等建設工事
◆ 所在地-大阪府摂津市千里丘新町5番39号
◆ 階数-地上8階、地下0階
◆ 高さ-23.38m
◆ 敷地面積-6,999.60㎡
◆ 建築面積-3,724.72㎡
◆ 延床面積-10,827.08㎡
◆ 構造-(住宅棟)鉄筋コンクリート造、(駐車場棟)鉄骨造
◆ 用途-共同住宅、寄宿舎、保育所、駐車場
◆ 総戸数-172戸+20室
◆ 建築主-三菱倉庫
◆ 設計者・監理者-大成ユーレック(大成建設グループ)
◆ 施工者-大成ユーレック(大成建設グループ)
◆ 着工-2018年02月16日
◆ 竣工-2019年03月15日


Ncvc191012
「摂津市道 千里丘中央線」沿いに「立体駐車場」が整備されています。


Ncvc191013
「ディアクレスト国循健都」を南西側から見た様子です。


Ncvc191014
「ディアクレスト国循健都」を南西側から引いて見た様子です。


Ncvc191015
ドナルド・マクドナルド・ハウス おおさか健都
 
街区の南側には、「(仮称)ドナルド・マクドナルド・ハウス おおさか・すいた新築工事」が建設されました。正式名称は「ドナルド・マクドナルド・ハウス おおさか健都」です。

 「ドナルド・マクドナルド・ハウス」は、「公益財団法人 ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ財団」により運営されています。病気の子どもと家族の滞在施設で、2019年10月21日現在で全国に11ヶ所にあります。寄付・募金により運営されています。

ドナルド・マクドナルド・ハウス おおさか健都の概要
◆ 計画名-(仮称)ドナルド・マクドナルド・ハウス おおさか・すいた新築工事、ドナルド・マクドナルド・ハウス おおさか(仮称)新築工事
◆ 所在地-大阪府摂津市千里丘新町5番30号
◆ 階数-地上1階(一部2階)、地下0階
◆ 高さ-最高部6.33m
◆ 敷地面積-3,000.01㎡
◆ 建築面積-1,279.65㎡
◆ 延床面積-1,246.37㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 用途-寄宿舎
◆ 部屋数-20部屋
◆ 建築主-公益財団法人 ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ財団
◆ 設計者・監理者-松村組
◆ 施工者-松村組
◆ 着工-2018年08月27日
◆ 竣工-2019年04月30日
◆ オープン-2019年06月13日(開所式)、2019年06月30日(運営開始)


Ncvc191016
「ドナルド・マクドナルド・ハウス おおさか健都」を南西側から見た様子です。


Ncvc191017
「ドナルド・マクドナルド・ハウス おおさか健都」を西側から見た様子です。


Ncvc191018
「ドナルド・マクドナルド・ハウス おおさか健都」を東側から見た様子です。



|

2019年10月20日 (日)

うめきた2期区域基盤整備 JR東海道線支線地下化・新駅設置工事 南1工区 2019/10/16 「日通ビル」の跡地の工事が本格化!

Kita19101611
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事-
 
大阪市とJR西日本がうめきた2期区域(北区)の基盤整備に合わせて行う東海道線支線の「JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(約2,400m)」が、2016年10月28日に全工区で着工しました。総事業費は約690億円で、新駅の開業は2023年3月を予定しています。


Kita1511053_3
区間別の構造概要と工事の進め方
 大阪市が事業主体となって行う地下化(連続立体交差事業)の工事延長は、北区豊崎六丁目から福島区福島七丁目に至る約2,400mで、途中、ボトルネック踏切1ヶ所(西梅田1番踏切)の除却や既設交差道路の改良(2ヶカ所)などにより、踏切事故の解消や道路交通の円滑化、市街地の分断解消をが図られます。

 引用資料 大阪市・公式ホームページ
 JR東海道線支線地下化事業


Kita171011
工区割図
 
「北1工区~南2工区」までの工区割図です。

各工区の施工者
◆ 北1工区-奥村組・鉄建建設JV
◆ 北2工区-錢高組・西松建設JV、
◆ 北3工区-鴻池組・前田建設工業JV
◆ 駅部工区-大鉄工業・清水建設JV
◆ 南1工区-大林組・淺沼組JV
◆ 南2工区-大成建設・大鉄工業JV


Kita171012
南1工区

 「南1工区」の範囲です。施工範囲417mで、「大林組・淺沼組JV」」の施工により行われています。「なにわ筋線」が北側に分岐する部分の施工も含まれている事が分かります。


Kita19101612
南1工区
 「グランフロント大阪 南館テラスガーデン」から見た「南1工区」です。「南1工区」は、「大林組・淺沼組JV」の施工により行われています。


Kita19101613
アップです。


Kita19101614
グランフロント大阪 南館テラスガーデンが再開!

 「グランフロント大阪」は、「北館」と「南館」に建物が別れていますが、南北それぞれのビルに屋上庭園が整備されています。南館には9階に屋上庭園があり、庭園からは西梅田エリアを中心に観賞できます。

 植栽も綺麗に行われており、ゆったりして雰囲気も良く、おまけに無料です。私は9階の「南館テラスガーデン」を定点観測の場所によく使っていました。

 しかし、諸事情により2019年5月中旬くらいから「北館、南館」共にテラスガーデンが閉鎖されて立入禁止になっていました。10月中旬くらいから約5ヶ月ぶりに「北館、南館」共に再開されました。


Kita19101615
先行して工事が行われている「大阪ステーションシティ駐車場」前の様子です。


Kita19101616
「三点式パイルドライバ」で、「土留め壁」を構築しています。


Kita19101617
「大阪ステーションシティ駐車場」前の工事を西側から見た様子です。


Kita19101618
「日通ビル(日本通運大阪支店)」の跡地の工事の様子です。


Kita19101619
「日通ビル(日本通運大阪支店)」の跡地でも本格的に工事が始まりました。


Kita19101620
「日通ビル(日本通運大阪支店)」の跡地の工事を北西側から見た様子です。


Kita19101621
「日通ビル(日本通運大阪支店)」の跡地の工事を南西側から見た様子です。



|

名古屋市 竣工した地上28階、高さ約101mのホテル型高級賃貸マンション「栄タワーヒルズ」

Nagoyasakae170111
-栄タワーヒルズー
 リーマンショック前に、「白川公園」の東側の映画館「ヘラルドシネプラザ」跡地に超高層タワーマンション「(仮称)栄タワーヒルズ」が計画されていました。

 その後、一向に着工される気配はなく、地上21階、地下1階、高さ80.395mと規模を縮小して、「建築計画の概要」まで掲示されましたが、2015年2月1日の着工予定日を過ぎても着工される事はありませんでした。

その後「建築計画の概要」が変更されて、地上28階、地下1階、高さ100.80m、延床面積26,866.69㎡と規模が大幅に拡大されました。2016年10月5日に「地鎮祭」が行われ着工しました。 計画名は「(仮称)新・栄タワーヒルズ」で、正式名は「栄タワーヒルズ」です。

 引用資料 公式ホームページ → 栄タワーヒルズ

● 2019年2月19日に竣工!
 2019年2月19日に竣工、2019年2月20日から入居が始まりました。2019年2月20日にはオフィス部分の「ホームメイトONE栄タワーヒルズ店」もオープンしています。

 高さですが、公式ホームページでは高さ100.80mとなっています。「東建ビル管理」の公式ホームページには、 ”愛知県名古屋市中区栄に28階(地上28階、地下1階)建て、高さ107メートルの「栄タワーヒルズ」が完成致しました。” と書いてあるので、最高部は約107mの可能性があります。

栄タワーヒルズの概要
◆ 計画名-(仮称)新・栄タワーヒルズ
◆ 所在地-愛知県名古屋市中区栄三丁目3517番地1
◆ 交通-名古屋市営地下鉄名城線「矢場町」駅徒歩8分、名古屋市営地下鉄鶴舞線「大須観音」駅徒歩9分、名古屋市営地下鉄東山線「伏見」駅徒歩12分
◆ 階数-地上28階、地下1階  
◆ 高さ-100.80m  *最高部は約107mの可能性あり
◆ 敷地面積-3,102.41㎡
◆ 建築面積-1,970.80㎡
◆ 延床面積-26,866.69㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、鉄骨造
◆ 基礎工法-既成コンクリート杭(73本)
◆ 地震対策-制振構造(制震ダンパー)
◆ 用途-共同住宅、ショールーム、オフィス、店舗
◆ 総戸数-156戸
◆ 建築主-(有限会社)東建大津通B
◆ 設計者-日本設計
◆ 施工者-東建コーポレーション、清水建設
◆ 着工-2016年10月05日(地鎮祭)
◆ 竣工-2019年02月19日
◆ 入居開始-2019年02月20日
◆ オープン-2019年02月20日(ホームメイトONE栄タワーヒルズ店)
◆ 総工費-約200億円(土地代含む)


Nagoyasakae170112
「階層概要」です。


Nagoyasakae191011
西側の「白川公園」から見た「栄タワーヒルズ」のです。


Nagoyasakae191012
アップです。


Nagoyasakae191013
最高部です。


Nagoyasakae191014
南西側から見た様子です。


Nagoyasakae191015
南西側から見た下層階の様子です。


Nagoyasakae191016
南東側から見た様子です。


Nagoyasakae191017
東側の「若宮八幡宮」から見た様子です。



|

2019年10月19日 (土)

路面電車の新駅ビル2階乗入れ 国土交通省が「広島電鉄からの軌道事業の特許申請(軌道延伸)」を認定 2025年度春開業に向けて大きく前進!

Hiroshimahiroden191011
-広島電鉄の延伸を認定-

 「国土交通省」は、「広島電鉄」からの軌道延伸に係る軌道事業の特許申請事案の取扱いについて、運輸審議会は、運輸審議会一般規則第12条第1項の規定に基づき、所管局から事業の概要、延伸を行う理由、延伸後の収支の見通し等について幅広く説明を聴取し検討を行いました。

 その結果、2019年10月17日に、国土交通省設置法第15条第3項の規定に該当する事案(運輸審議会に諮らないで処分等を行うことができる事案)と認定しました。

 国土交通省 公式ホームページ(2019/10/17)
 広島電鉄株式会社からの軌道事業の特許申請(軌道延伸)について

 引用資料 国土交通省・配付資料 (PDF:2019/10/17)
 広島電鉄株式会社からの軌道事業の特許申請(軌道延伸)事案

 この申請は、電車が広島市内中心部から「猿猴川(えんこうがわ)」に架かる「荒神橋(こうじんばし)」を通り広島駅停留場へ至る現ルートのうち、駅前を東に迂回する形となっている「的場町停留場-猿猴橋町停留場-広島駅停留場」間を廃止し、比治山下停留場付近から稲荷町停留場を経て広島駅南口広場へ一部高架で進入するルートを新設、合わせて、的場町停留場付近に稲荷町方面へ抜ける軌道を新設し、循環運行を行なうというものです。

 「国土交通省」により認定された事により、広島電鉄の延伸事業は大きく前進する見込みとなり、今後は2019年度中に特許を取得し、都市計画を決定、2020年度には工事施工認可と都市計画事業の認可を受け着工し、2025年度春の開業を目指します。


Hiroshimahiroden191012
「JR広島駅乗り入れイメージパース」です。


Hiroshimahiroden191013
乗換時間の短縮

 路面電車が新駅ビルに乗り入れることにより、JR広島駅との乗り換え移動時間が約74秒短縮します。


Hiroshimahiroden191014
「駅前大橋」の途中から高架となり、新しいJR広島駅ビルの2階レベルに乗り入れます。


Hiroshimahiroden191015
現状・整備後

 「現状」と「整備後」です。「新設区間、循環線用軌道の新設、廃止区間」に分かれます。

◆ 新設区間-「比治山下停留場付近-停留場新設-広島駅停留場」間を新設
◆ 循環線用軌道の新設-的場町停留場付近に稲荷町方面へ抜ける軌道を新設し、循環運行を行なう
◆ 廃止区間-「的場町停留場-猿猴橋町停留場-広島駅停留場」間は廃止


Hiroshimahiroden191016
広島市民の足となっている「広島電鉄」の路面電車です。「広電(ひろでん)」の愛称で親しまれています。

Hiroshimahiroden191017
ひろしま駅ビルASSE(アッセ)

 1965年開業の「ひろしま駅ビルASSE(アッセ)」は、2020年3月末に閉館します。全体事業費約600億円の「広島駅ビルの建替え計画」により、地上20階、高さ約100m、延床面積約111,000㎡の新広島駅ビルに建て替えられます。


Hiroshimahiroden191018
現在の広島電鉄の「広島駅停留場」です。


Hiroshimahiroden191019
駅前大橋

 「駅前大橋」の途中から高架となり、新しいJR広島駅ビルの2階レベルに乗り入れます。


Hiroshimahiroden191020
荒神橋(こうじんばし)
 現在は路面電車が走っている「荒神橋(こうじんばし)」ですが、「的場町停留場-猿猴橋町停留場-広島駅停留場」間は廃止されます。


Hiroshimahiroden191021
小倉ターミナルビル

 「モノレール」が乗り入れる北九州市の「小倉ターミナルビル」にちょっと雰囲気が似ていると思います。



|

名古屋市 地上20階、高さ約96m「(仮称)東桜一丁目1番地区建設事業」の建設予定地

Nagoyantt190311
-(仮称)東桜一丁目1番地区建設事業

 名古屋テレビ塔」の近くの「東桜一丁目1番地区」は、都市再生特別地区の指定を受け、地上20階、塔屋1階、地下1階、高さ約96mの高層複合ビルを建設します。

 計画地は、東区東桜1と中区錦3にまたがる約1.6haで、街区内には商業ビル「ブロッサ」とオフィスビル「アーバンネット名古屋ビル」、清水建設により解体工事が行われた旧住友商事名古屋ビルがありました。

 「NTT都市開発」が、都市再生特別措置法第37条の規定に基づき、名古屋市へ提案していた ”「(仮称)東桜一丁目1番地区建設事業」の計画提案に係る都市計画素案” について、都市計画決定の告示がされています。

 引用資料 NTT都市開発(2019/03/15)
 (仮称)東桜一丁目1番地区建設事業の都市計画決定について

(仮称)東桜一丁目1番地区建設事業の概要
◆ 所在地-愛知県名古屋市東桜一丁目1番
◆ 階数-地上20階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-約96m
◆ 地区面積-約16,000㎡
◆ 敷地面積-約1,934㎡
◆ 延床面積-約30,900㎡
◆ 構造-鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-オフィス、店舗
◆ 建築主-NTT都市開発
◆ 基本設計・コンサルタント業務-日建設計
◆ 解体工事-2017年12月01日~2019年02月28日
◆ 準備工事-2019年09月予定
◆ 竣工-2022年01月予定
◆ オープン-2022年02月予定

Nagoyantt181012
「計画図」です。

 引用資料 名古屋市・公式ホームページ リンク切れ
 計画提案に係る都市計画の素案の閲覧(都市再生特別地区/東桜一丁目1番地区)


Nagoyantt181013
「東桜一丁目1番地区」の拡大です。対象は、街区北西側の旧住友商事名古屋ビル跡地の敷地面積約1,934㎡の「高層棟A」です。


Nagoyantt191011
「(仮称)東桜一丁目1番地区建設事業」の建設予定地を北西側から見た様子です。高層棟Bは、「アーバンネット名古屋ビル」です。地上22階、塔屋2階、地下3階、高さ(最高部)99.58mで、2005年9月28日に竣工しています。

● トクサツガガのロケ地
 
NHKのドラマ「トクサツガガガ」は、名古屋市が主な舞台になっていましたが、主人公の特撮をこよなく愛する隠れヲタク「仲村叶(小芝風花)」が務める商社が、「アーバンネット名古屋ビル」となっていました。


Nagoyantt191012
旧住友商事名古屋ビルの解体工事は終わって更地になっています。


Nagoyantt191013
西側から見た様子です。


Nagoyantt191014
南西側から見た様子です。



|

2019年10月18日 (金)

地上38階、高さ約189mの「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」 Ⅱ期工事 2019年10月16日の建設状況

Hanshin18040911
-大阪梅田ツインタワーズ・サウス-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画を進めています。

 「新阪急ビル」の解体を進めていましたが、地上躯体の解体工事が完了して、2015年7月21日にⅠ期部分の新築工事に着手しました。

 ビルの正式名称は「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」です。Ⅰ期棟が2018年4月27日(金)に竣工し、「阪神百貨店」が2018年6月1日(金)に部分開業しました。

● Ⅱ期部分の新築工事に2019年6月1日に着手!
 「阪神電気鉄道」と「阪急電鉄(開発業務は阪急阪神不動産が担当)」は、2019年6月1日に、大阪梅田ツインタワーズ・サウスⅡ期部分の新築工事に着手しました。

 引用資料 阪急阪神ホールディングス(PDF:2019/05/27)
 梅田1丁目1番地計画 (大阪神ビルディング及び新阪急ビルの建替計画) 大阪梅田ツインタワーズ・サウスⅡ期部分の新築工事に6月1日から着手します ~オフィスゾーンとカンファレンスゾーンが2022年春に開業~

 オフィスゾーン(地上11階~38階)では、心と体が満たされるワークプレイスとなることを目指して、「つながる梅田の中心」「おもてなしサービスのあふれるビル」「ウェルビーイングを実感」の3つのコンセプトを掲げています。それを実現するため専用フロアを12階に設置することとします。

大阪梅田ツインタワーズ・サウスの概要
◆ 計画名-梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)
◆ 所在地-大阪府大阪市北区梅田一丁目1、1-2、1-3、8-1
◆ 階数-地上38階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-最高部188.9m
◆ 敷地面積-12,192.83㎡(重複利用区域含む)
◆ 建築面積-10,348.95㎡
◆ 延床面積-258,856.89㎡(容積対象床面積240,785.57㎡)
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 地震対策-制震構造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-百貨店、オフィス、集会所、駐車場
◆ 建築主-阪神電気鉄道、阪急電鉄
◆ 設計者-(基本設計)日本設計、(実施設計)竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2014年10月01日(新阪急ビル)
◆ 着工-2015年07月21日(Ⅰ期部分)
◆ 竣工-2022年03月下旬予定(全体竣工)


Hanshin18040912
工事施行計画の概要

スケジュール

① Ⅰ期工事(新阪急ビル解体工事着手)-2014年10月01日
② 大阪神ビルディング東側解体工事着手-2015年02月18日
③ 大阪梅田ツインタワーズ・サウスⅠ期部分新築工事着手-2015年07月21日
④ Ⅰ期工事竣工(新阪急ビル、大阪神ビルディング東側部分)-2018年04月27日 ※新百貨店の部分開業2018年06月01日
⑤ Ⅱ期工事(大阪神ビルディング西側解体工事着手)-2018年06月01日
⑥ 大阪梅田ツインタワーズ・サウスⅡ期部分新築工事着手-2019年06月01日
⑦ Ⅱ期工事竣工(新百貨店部分)※新百貨店の全面開業-2021年秋予定
⑧ 全体竣工※オフィス部分の開業-2022年春予定


Hanshin19052711
「WELLCO」のイメージパース 「カフェ」です。


Hanshin19052712
「WELLCO」のイメージパース 「ラウンジ&ワークスペース」です。


Hanshin19052713
「WELLCO」のイメージパース 「ウェルネスゾーン」です。


Hanshin19101611
撮影日2019年10月16日 「サウスゲートビルディング」から見た様子です。


Hanshin19101612
撮影日2019年10月16日 引き続き「オールケーシング掘削機」×4台(4基)で、「地中障害物」の撤去を行っています。


Hanshin19101613
撮影日2019年10月16日 1台目の「オールケーシング掘削機」です。


Hanshin19101614
撮影日2019年10月16日 「オールケーシング掘削機」の本体です。「地中障害物」の撤去を行っています。


Hanshin19101615
撮影日2019年10月16日 「ハンマークラブ」です。「ハンマーグラブ」で挟み込んで「地中障害物」を回収します。


Hanshin19101616 
撮影日2019年10月16日 2台目の「オールケーシング掘削機」です。


Hanshin19101617
撮影日2019年10月16日 3台目の「オールケーシング掘削機」です。


Hanshin19101618
撮影日2019年10月16日 4台目の「オールケーシング掘削機」です。


Hanshin19101619
撮影日2019年10月16日 「オールケーシング掘削機」の本体です。「地中障害物」の撤去を行っています。


Hanshin19101620
撮影日2019年10月16日 撤去された「地中障害物」です。「オールケーシング掘削機」で、円筒形に打ち抜かた様子が良く分かります。



|

世界遺産「清水寺」近く (仮称)元立清水小学校跡地活用計画 ラグジュアリーホテル「The Hotel Seiryu Kyoto Kiyomizu」 2020年3月開業!

Kyotontt191011
-(仮称)元清水小学校跡地活用計画-

 京都市は、市民の貴重な財産である学校跡地の活用について、「京都市資産有効活用基本方針」の理念の下、「学校跡地の長期・全面的な活用に関する提案の募集要領」を策定し、民間等事業者の活力を生かした提案を広く募集しています。

 「元清水小学校跡地」については,校舎を改修し外観及び主たる機能を保存したうえで,ホテル又はブライダルを主たる事業として活用を進めるため、公募型プロポーザル方式による契約候補事業者の選定を行い、「NTT都市開発」に決定しています。

 「NTT都市開発」は、京都市東山区清水において開発を進めている「(仮称)元清水小学校跡地活用計画」について、2018年10月に新築着工しました。

● The Hotel Seiryu Kyoto Kiyomizu
 「NTT都市開発」と、その子会社「UDホスピタリティマネジメント」、「プリンスホテル」は、ホテル名称を「The Hotel Seiryu Kyoto Kiyomizu (日本語表記: ザ・ホテル青龍 京都清水)」とし、開業時期を2020年3月に決定しました。

 引用資料 NTT都市開発(2019/08/30)
 NTT都市開発・プリンスホテル 元京都市立清水小学校跡地活用計画におけるホテル事業 ホテル名称「The Hotel Seiryu Kyoto Kiyomizu」に決定

 引用資料 公式ホームページ
 The Hotel Seiryu Kyoto Kiyomizu

 「NTT都市開発」および「プリンスホテル」は、この建物の風格や歴史の重みを尊重し、世界中から訪れる顧客を迎え入れるラグジュアリーホテルとして贅沢な滞在時間を演出し、唯一無二のホテルをめざします。

The Hotel Seiryu Kyoto Kiyomizuの概要
◆ 計画名-(仮称)元清水小学校跡地活用計画
◆ 所在地-京都府京都市東山区清水二丁目204番2他
◆ 交通-(市営バス)京都駅より約15分、「清水道」バス停徒歩約5分、「五条坂」バス停徒歩約10分、京阪電車「清水五条」駅徒歩約20分
◆ 階数-地上4階、地下0階
◆ 階数-最高部18.2m、軒高13.4m
◆ 敷地面積-7,120.67㎡
◆ 建築面積-3,198.19㎡
◆ 延床面積-6,823.96㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、鉄骨造
◆ 用途-ホテル、レストラン
◆ 客室数-48室(キングルーム30室、ツインルーム18室) 
◆ 付帯施設-朝食レストラン(屋内42席・屋外テラス22席)、ゲストラウンジ、プライベートバス、 フィットネスジム等
◆ 建築主-エヌ・ティ・ティ都市開発(ホテル経営 UDホスピタリティマネジメント、ホテル運営 プリンスホテル)
◆ 基本設計-東急設計コンサルタント
◆ デザイン監修-工藝社A.N.D.
◆ 設計者・監理者-大林組
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2018年10月
◆ 開業-2020年03月予定


Kyotontt191012
「鳥瞰全景イメージ」です。小学校が素晴らしいホテルに生まれ変わります。


Kyotontt191013
「敷地全体イメージ」です。


Kyotontt191014
「客室イメージ」です。


Kyotontt191015
「レストランイメージ」です。


Kyotontt190113
「元清水小学校跡地」の所在地は、「清水寺」の参道である「松原通」の北側の好立地です。


Kyotontt190115
南側の「松原通」に面して「ゲスト動線」が設けられます。



|

«ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田 ヨドバシ梅田タワー ペデストリアンデッキの躯体工事 2019年10月16日の建設状況