2021年1月19日 (火)

岡山市 新市役所は「岡山城」をイメージした新たなランドマーク 地上17階、高さ約87mの 「新庁舎基本設計(素案)」を公表!

Okayamacity210111
-岡山市本庁舎等整備基本計画-

 「岡山市」の新庁舎は、「岡山城」をモチーフにしており、各階にひさしを設けて天守閣の屋根の重なり合いを表現しました。建物北側は城郭のような段々状の広場とし、イベントを開いて中心市街地のにぎわい創出にも活用します。建物内は危機管理部門や消防局などを集約するフロアを設け、災害時の連携を強化します。

● 新庁舎基本設計(素案)を公表!
 岡山市は、「新庁舎基本設計(素案)」を2021年1月14日公表しました。YouTubeでも新庁舎空間イメージ3D動画配信しています。202年2月中旬~3月中旬にかけてパブリックコメントを実施します。

 引用資料 岡山市・公式HP(2021/01/14)
 岡山市新庁舎基本設計について

 YouTube(2021/01/13)
 岡山市役所は生まれ変わります!新庁舎の3D空間イメージ動画

 2022年度着工、2025年度竣工、2026年度供用開始予定です。概算事業費約302億円を見込んでいましたが、デジタル化を見据え書庫や倉庫面積を見直し、約289億円に削減しました。

岡山市本庁舎等整備の概要
◆ 所在地-岡山県岡山市北区大供一丁目1番1号 他
◆ 階数-地上17階(中2階を含む)、地下2階
◆ 高さ-最高部約87m
◆ 敷地面積-約14,000㎡
◆ 建築面積-約5,000㎡
◆ 延床面積-約56,300㎡(容積対象面積約50,000㎡)
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-杭基礎(GL-16m付近から出現する「粘土混じり砂礫層」を支持層とした杭基礎)
◆ 地震対策-ハイブリッド中間層免震構造(5階床下に免震層を設置)+制振構造
◆ 用途-市庁舎
◆ 建築主-岡山市
◆ 設計者-山下設計・丸川建築設計共同企業体
◆ 着工-2022年度予定
◆ 竣工-2025年度予定
◆ 供用開始-2026年度予定
◆ 概算事業費-約289億円(302億円から削減)


Okayamacity210112
「まちのシンボルとなる庁舎のイメージ(北方面から)」です。


Okayamacity210113
「庁舎イメージ(北西側から)」です。15階には「展望テラス」、6階には「屋上テラス」が設けられます。


Okayamacity210114
「外装計画」です。


Okayamacity210115
免震構造+制振構造
 大地震時に主要機械室や防災対策関係諸室の機能確保を図るため、「免震構造」を採用します。 多くの市⺠が利用する2階大屋根ひろばの周りに可動寸法が大きい免震用エキスパンションジョイント金物が 設置されることを回避し、大地震時の市⺠の安全を確保するため、免震層位置は「中間層」とします。

 5階床下に「免震層」を設け、免震層下部には制振ダンパーを配置した「ハイブリッド中間層免震構造」とし、免震層の上部・下部ともに地震時の安全性および建物の機能確保に配慮した計画とします。


Okayamacity210116
「防災計画断面イメージ」です。5階床下に「免震層」を設置します。 屋上には「ヘリポート」を設置します。


Okayamacity210117
「1階アプローチイメージ」です。


Okayamacity200516
「整備手順」です。


Okayamacity200911
「岡山市役所」の現在の本庁舎を北側から見た様子です(写真提供ヤマさん)。


Okayamacity200912
南側の「新庁舎」の建設予定地です。「市営鹿田町駐車場」と「大供公園」で構成されています。「市営鹿田町駐車場」は解体されます(写真提供ヤマさん)。


Okayamacity200913
「大供公園」です(写真提供ヤマさん)。


Okayamacity200914
「大供公園」を南西側から見た様子です(写真提供ヤマさん)。



|

2021年1月18日 (月)

センターポイント・ディベロップメント 延床面積約82,000㎡のマルチテナント型物流施設「(仮称)CPD 枚方」 2021年5月末竣工!

Hirakatacpd210111
-(仮称)CPD 枚方-

 「センターポイント・ディベロップメント(CPD)」は、海外大手不動産投資顧問会社において豊富な業務経験を積んだメンバーにより設立された、物流不動産セクターに特化した投資助言・資産運用会社です。社名から外資系のようなイメージを受けますが、日系の会社です。

 「センターポイント・ディベロップメント、三菱UFJリース、東急不動産」は、CPDがアセットマネジメント業務を受託し、3社が共同出資する「枚方ロジステックス特定目的会社」を建築主とする物流施設「(仮称)CPD 枚方」を、2020年2月1日に着工しました。竣工は、2021年5月末の予定です。

 引用資料 センターポイント・ディベロップメント(PDF:2021/01/15)
 「CPD西宮北」着工および「CPD大阪南港」取得のお知らせ

 引用資料 センターポイント・ディベロップメント(PDF:2020/01/31)
 枚方市でマルチテナント型物流施設「(仮称)CPD枚方」を着工

 「(仮称)CPD 枚方」は、延床面積約82,000㎡のマルチテナント型物流施設です。京都・大阪間を縦断する国道1号(京阪国道)に面し、また、新名神高速道路「八幡京田辺」ICから約3km、第二京阪道路「京田辺松井」ICへ約5kmの距離にあり、京都および大阪エリアを包含する配送拠点として優れたアクセスを有します。

 また、当該エリアは丘陵地の安定した地盤であるため、周辺に比べて自然災害に強い立地です。加えて、背後には豊富な人口を抱える住宅エリアが広がっているほか、JR学研都市線・京阪本線の中間に位置し、両鉄道を結ぶバス路線に近接しており、労働力の確保に恵まれた立地条件を有しています。

(仮称)CPD 枚方の概要
◆ 所在地-大阪府枚方市長尾峠町
◆ 階数-地上4階、地下0階
◆ 敷地面積-約38,000㎡
◆ 延床面積-約82,000㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、鉄骨造
◆ 用途-マルチテナント型物流施設
◆ 建築主-枚方ロジステックス特定目的会社
◆ 監理監修-日立建設設計
◆ 設計者-東亜建設工業
◆ 施工者-東亜建設工業
◆ 着工-2020年02月01日
◆ 竣工-2021年05月末予定


Hirakatacpd210112
「(仮称)CPD 枚方」の外観完成イメージです。


Hirakatacpd210113
「休憩室」のイメージです。


Hirakatacpd210114
「(仮称)CPD 枚方」 詳細図です。


Hirakatacpd210115
「(仮称)CPD 枚方」 広域図です。 



|

2021年1月17日 (日)

CPD 神戸市北区に2棟のマルチテナント型物流施設 総延床面積約300,000㎡の「CPD 西宮北Ⅰ・CPD 西宮北Ⅱ」を着工!

Kobecpd210111
-CPD 西宮北Ⅰ・CPD 西宮北Ⅱ-

 「センターポイント・ディベロップメント(CPD)」は、海外大手不動産投資顧問会社において豊富な業務経験を積んだメンバーにより設立された、物流不動産セクターに特化した投資助言・資産運用会社です。社名から外資系のようなイメージを受けますが、日系の会社です。

 「センターポイント・ディベロップメント」は、アセットマネジメント業務を受託する特別目的会社を通じ、兵庫県神戸市において「CPD 西宮北」を着工しました。

 「CPD 西宮北」は、兵庫県神戸市北区において、マルチテナント型物流施設2棟、総延床面積約300,000㎡の建設を計画しているもので、2020年12月に土地の造成工事に着手し、2025年の竣工を予定しています。

 引用資料 センターポイント・ディベロップメント(PDF:2021/01/15)
 「CPD西宮北」着工および「CPD大阪南港」取得のお知らせ

 物流拠点として広く認知されている阪神流通センターに近接して位置し、中国自動車道「西宮北」ICより約2kmと新名神高速道路を含む主要な高速道路へのアクセスに優れています。また、神戸電鉄三田線「岡場」駅より徒歩約5分という好立地に位置するため、雇用確保に優位性が期待できます。

 2棟のマルチテナント型物流施設のいずれもランプウェイによる上階への接車を可能とし、物流効率の優れた施設の開発を計画しています。また、従業員用のカフェテリアなどのアメニティ施設を設けることで、働く方の快適性にも配慮しています。

CPD 西宮北Ⅰの概要
◆ 所在地-兵庫県神戸市北区有野町有野字岡場
◆ 交通-神戸電鉄三田線「岡場」駅より徒歩約5分
◆ 階数-地上6階、地下0階
◆ 土地面積-約126,000㎡(施設全体)
◆ 延床面積-約238,000㎡
◆ 造成工事着工-2020年12月
◆ 建築工事着工-2023年春予定
◆ 竣工-2025年春予定

CPD 西宮北Ⅱの概要
◆ 所在地-兵庫県神戸市北区有野町有野字岡場
◆ 交通-神戸電鉄三田線「岡場」駅より徒歩約5分
◆ 階数-地上4階、地下0階
◆ 土地面積-約126,000㎡(施設全体)
◆ 延床面積-約62,000㎡
◆ 造成工事着工-2020年12月
◆ 建築工事着工-2023年春予定
◆ 竣工-2025年春予定


Kobecpd210112
CPD 西宮北Ⅰ
 「CPD 西宮北Ⅰ」の完成イメージです。概要は、地上6階、延床面積約238,000㎡です。


Kobecpd210113
CPD 西北Ⅱ
 「CPD 西北Ⅱ」の完成イメージです。概要は、地上4階、延床面積約62,000㎡です。



|

2021年1月16日 (土)

三井不動産レジデンシャル 全548戸の北摂地域最大級となる高齢者向け住宅 「(仮称)パークウェルステイト豊中計画」着工! 

Toyonaka210111
-(仮称)パークウェルステイト豊中計画-

 「三井不動産レジデンシャル」は、大阪府豊中市において、北摂地域最大級となるシニアレジデンス「(仮称)パークウェルステイト豊中計画」を2020年12月25日に着工しました。

 引用資料 三井不動産レジデンシャル(PDF:2021/01/13)
 ~ 三井不動産グループが提供する「シニアのためのサービスレジデンス」 ~「(仮称)パークウェルステイト豊中計画」着工 北摂地域最大級のシニアレジデンス(総戸数548戸)2023年春 開業予定

 「(仮称)パークウェルステイト豊中計画」は、「三井不動産レジデンシャル」が建物を開発したのち、「三井不動産レジデンシャルウェルネス」に建物を賃貸し老人福祉法に基づく有料老人ホームとして運営するもので、2023年春の開業を予定しています。

 北摂地域最大級となる高齢者向け住宅(一般居室470戸、介護居室78戸、全548戸)であり、一般居室は1LDK 46.05㎡から2LDK 77.60㎡まで全7タイプを設けており、一般居室の半数以上(248戸)が南向きとなっています。

(仮称)パークウェルステイト豊中計画の概要
◆ 所在地-大阪府豊中市北緑丘一丁目150番10及び150番11
◆ 交通-北大阪急行線「千里中央」駅まで専用シャトルバスで約10分
◆ 階数-地上12階、地下1階
◆ 敷地面積-17,909.32㎡
◆ 延床面積-45,120.16㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 用途-共同住宅(高齢者向け住宅)
◆ 居室数-548戸(一般居室470戸、介護居室78戸)
◆ 建築主-三井不動産レジデンシャル
◆ 設計者-長谷工コーポレーション
◆ 施工者-長谷工コーポレーション
◆ 着工-2020年12月25日
◆ 竣工-2023年01月予定
◆ 開業-2023年春予定


Toyonaka210112
「エントランスホール完成予想イメージ」です。


Toyonaka210113
「完成予想イメージ」です。


Toyonaka210114
「計画地案内図(狭域図)」です。


Toyonaka210115
「計画地案内図(広域図)」です。



|

2021年1月15日 (金)

JR西日本が鉄道事業法に基づく事業基本計画の変更認可申請 山陽本線の姫路駅-英賀保駅間に新駅設置 2026春開業予定!

Himejitegarayama210111
-JR姫路・英賀保間新駅整備-

 「姫路市」と「JR西日本」は、山陽本線の姫路駅-英賀保(あがほ)駅間に新駅を設置することで合意し、覚書を交わしています。姫路市の「手柄山中央公園」の北西部付近に設ける方向で、具体的な場所や開業時期、費用負担などについて協議しています。

● 鉄道事業法に基づく事業基本計画の変更認可申請!
 2021年1月14日に、「JR西日本(西日本旅客鉄道)」は、姫路・英賀保間の新駅設置について、近畿運輸局長に対し、鉄道事業法に基づく事業基本計画の変更認可申請を行ないました。

 引用資料 JR西日本(PDF:2021/01/14)
 山陽本線 姫路・英賀保間新駅設置について

姫路・英賀保間の新駅の概要
◆ 設置位置-兵庫県姫路市西延末(英賀保約2.8km、姫路約1.8km)
◆ 駅設備-橋上駅舎、相対式ホーム2面(12両対応)、旅客上家(6両対応)、エレベーター×2基
◆ 開業-2026春予定


Himejitegarayama210112
「設置位置」です。「英賀保駅-約2.8km-(新駅)-約1.8km-姫路駅」の位置になります。


Himejitegarayama200711
姫路駅-英賀保駅間の新駅予定地です。

 引用資料 兵庫県(2020/07/14)
 都市計画案の縦覧について(中播都市計画)


Himejitegarayama200712 
アップです。線路の両側に上下線のホームを少しずらして配置するようです。


Himejitegarayama190617
手柄山中央公園
 姫路駅-英賀保駅間の新駅は、「手柄山中央公園」の玄関口になります。姫路市の「手柄山中央公園」は、中心市街地の南西部に位置し、年間170万人以上の利用者が訪れる姫路市を代表する総合公園です。姫路市は、「手柄山中央公園整備基本計画」を策定し、手柄山中央公園の再整備に取り組んでいます。

 「手柄山中央公園整備基本計画」において、関連するスポーツ施設のうち、「陸上競技場、姫路球場、中央体育館、県立武道館」については存続します。「市民プール」は新規整備・全面改修とし、公園外に位置する「総合スポーツ会館」を廃止して公園内に新体育館の整備を行うこととしています。


Himejitegarayama190612
ペデストリアンデッキや駅前広場を整備
 
「手柄山中央公園整備基本計画」の北側に、JR新駅が整備される予定です。新駅は「手柄山中央公園」の玄関口になります。「市道幹第22号線(都市計画道路延末線)」をオーバーパスするペデストリアンデッキや駅前広場も整備する予定です。

 引用資料 姫路市・公式ホームページ
 手柄山中央公園の再整備について


Himejitegarayama190616
「新駅から各施設への動線」です。


Himejitegarayama190655
このあたりに、姫路駅-英賀保駅間の新駅を設置する予定です。線路の両側にホームを配置する相対式2面2線の地上駅になります。改札口は「新駅自由通路(跨線橋)」に設置すると思われます。



|

2021年1月14日 (木)

大和ハウス工業 沖縄県豊見城市において沖縄県最大のマルチテナント型物流施設 「DPL沖縄豊見城、DPL沖縄豊見城Ⅱ」を着工!

Okinawadlp210111
-DPL沖縄豊見城・DPL沖縄豊見城Ⅱ-

 「大和ハウス工業」は、沖縄県豊見城市において沖縄県最大の物流施設「DPL沖縄豊見城」ならびに「DPL沖縄豊見城Ⅱ」を開発します。「DPL沖縄豊見城」は2021年2月1日に、「DPL沖縄豊見城Ⅱ」は2021年4月1日に着工します。

 引用資料 大和ハウス工業(2021/01/12)
 「DPL沖縄豊見城」「DPL沖縄豊見城Ⅱ」着工

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響下においても、巣ごもり消費拡大によるEC関連の物流量は増加しており、各製造会社の材料・商品の在庫量の積み増しによるサプライチェーンの再構築が進んでいます。沖縄県でも2013年から2019年にかけて那覇港での貨物取扱量が30%以上増加しており、今後も物流倉庫の根強い需要が見込まれます。

 こうした状況を踏まえ、「大和ハウス工業」では沖縄県豊見城市において、2棟で構成されるマルチテナント型物流施設を開発することとしました。

DPL沖縄豊見城の概要
◆ 所在地-沖縄県豊見城市字与根西原50番110
◆ 交通-那覇空港へ10分、浦添ふ頭へ20分
◆ 階数-地上2階、地下0階
◆ 敷地面積-29,762.76㎡
◆ 延床面積-39,970.60㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 建築主-大和ハウス工業
◆ 設計者・監理者-浅井謙建築研究所・MPデベロップメント設計共同企業体
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2021年02月01日予定
◆ 竣工-2022年03月14日予定
◆ 総事業費-約72億円

DPL沖縄豊見城Ⅱの概要
◆ 所在地-縄県豊見城市字与根西原50番114
◆ 交通-那覇空港へ10分、浦添ふ頭へ20分
◆ 階数-地上3階、地下0階
◆ 敷地面積-53,273.43㎡
◆ 延床面積-83,201.64㎡
◆ 構造-鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造
◆ 建築主-大和ハウス工業
◆ 設計者・監理者-浅井謙建築研究所・MPデベロップメント設計共同企業体
◆ 施工者-(未定)
◆ 着工-2021年04月01日予定
◆ 竣工-2022年08月31日予定
◆ 総事業費-約147億円


Okinawadlp210112
イメージ図です。奥が「DPL沖縄豊見城」、手前が「DPL沖縄豊見城Ⅱ」です。


Okinawadlp210113
「位置図」です。「那覇空港」のすぐ南側の好立地です。



|

2021年1月13日 (水)

マリオット・インターナショナル 新ホテルブランド「アロフト」 関西初となる「アロフト大阪堂島(Aloft Osaka Dojima)」 2021年春に開業!

Osakadojima210111
-(仮称)
堂島ホテル建替計画-
 
大阪・キタの社交場として親しまれた「堂島ホテル」は、老朽化もあって2016年12月27日夜の宴会利用と館内レストランのディナー営業をもって閉館を迎え、32年の歴史に幕を閉じました。

 「堂島ホテル」は、1984年に開業し、1994年には高級ホテルを目指して大幅に改装されました。客室の内装も豪華で、「いつかは泊まりたい憧れのホテル」として定着していました。「堂島ホテル」は解体され、跡地には「(仮称)堂島ホテル建替計画」が建設されています。

● アロフト大阪堂島が2021年春に開業!
 「ウェルス・マネジメント」および、世界最大のホテルチェーン「マリオット・インターナショナル」は、マリオットの次世代型ライフス
タイルブランド「アロフト」より、関西初進出かつ国内では2軒目となる「アロフト大阪堂島(Aloft Osaka Dojima)」を2021年春に開業します。

 引用資料 ウェルス・マネジメント(PDF:2021/01/08)
 次世代型ライフスタイルホテルブランド「アロフト」 『アロフト大阪堂島』2021 年春に開業 ~関西初進出!音楽や最先端テクノロジー溢れる空間を提供~

 公式ホームページ
 アロフト大阪堂島(Aloft Osaka Dojima)

 客室は、全305室(キング146室、ツイン150室、スイート6室、ユニバーサル3室)となっています。全客室に高速Wi-FiやUSBポート、55インチのフルHDテレビやレインフォールシャワーヘッド付きウォークインシャワーなど、最先端のテクノロジーを用いています。

アロフト大阪堂島(Aloft Osaka Dojima)の概要
◆ 計画名-(仮称)堂島ホテル建替計画
◆ 所在地-大阪府大阪市北区堂島浜二丁目1番31
◆ 交通-JR東西線「北新地」駅より徒歩5分
◆ 階数-地上14階、塔屋1階、地下0階
◆ 高さ-55.30m
◆ 敷地面積-1,607.68㎡
◆ 建築面積-1,178.30㎡
◆ 延床面積-14,310.29㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-ホテル
◆ 客室数-305室(キング146室、ツイン150室、スイート6室、ユニバーサル3室)
◆ 建築主-合同会社アール・アンド・ケイ
◆ 設計者-梓設計、戸田建設
◆ 監理者-戸田建設
◆ 施工者-戸田建設
◆ 解体工事-2017年10月02日~2018年10月31日
◆ 着工-2019年01月05日
◆ 竣工-2020年12月20日予定
◆ 開業-2021年春予定


Osakadojima210112
レストラン「The WAREHOUSE」完成イメージです。


Osakadojima210113
「レセプション完成イメージ」です。


Osakadojima210114
「ロビー完成イメージ」です。


Osakadojima210115
「客室完成イメージ」です。


Osakadojima210116
「客室完成イメージ」です。



|

2021年1月12日 (火)

ロームグループ SiCパワーデバイスの生産能力強化 ローム・アポロ 筑後工場(福岡県)に環境配慮型の新棟竣工 2022年に稼働予定!

Fukuokarohm210111
-ローム-
 「ローム」は、京都府京都市右京区西院溝崎町21に本社を置く電子部品メーカーです。カスタムLSI首位、ダイオードなど半導体素子や抵抗器などが有力です。

 「ローム」は、SiCパワーデバイスの生産能力強化のため、2019年2月より「ローム・アポロ(本社:福岡県)」の筑後工場に新棟を建設していましたが、完成し、竣工式を執り行いました。

 引用資料 ローム(2021/01/07)
 SiCパワーデバイスの生産能力強化に向け、ローム・アポロ 筑後工場に環境配慮型の新棟 竣工

 新棟は、さまざまな省エネルギー技術を用いた生産設備を導入するとともに、使用する電力を100%再生可能エネルギーでまかなう環境配慮型の最新工場となります。2021年1月より順次、製造装置を設置し、SiCパワーデバイスの中長期的な需要増加に対応できる生産体制を構築していきます。

 「ローム」は、2010年にSiCパワーデバイス(SiC SBD、SiC MOSFET)の量産を開始して以来、世界で初めてフルSiCパワーモジュールやトレンチ構造を採用したSiC MOSFETの量産を開始するなど、業界をリードする技術開発を進めています。

 一方で、製造面においてもロームグループが誇る一貫生産体制を構築し、ウエハの大口径化や最新設備による生産効率向上に取り組むとともに、モノづくりにおける環境負荷軽減に取り組んできました。

ローム・アポロ 新棟の概要
◆ 所在地-福岡県筑後市大字上北島883
◆ 階数-地上5階
◆ 延床面積-約11,000㎡
◆ 地震対策-免震構造
◆ 着工-2019年02月
◆ 竣工-2020年12月
◆ 稼動-2022年予定
◆ 投資額-200億円


Fukuokarohm210112
「新棟の特長」です。


Kyotokyoto201119 
「ローム」の本社は、京都市右京区西院溝崎町21にあります。

● ローム・アポロ株式会社
 「ローム・アポロ」の本社は、福岡県八女郡広川町大字日吉1164番地の2にあります。1969年に「アポロ電子工業」として設立され、2000年に「ローム・アポロ」に社名変更しています。

 「アポロ電子工業」が設立された1969年は、「アポロ11号」が、人類が初めて月面に着陸した年です。社名の由来は、アポロ計画の成功とギリシア神話の太陽神アポロンにちなんだものです。

 「ローム・アポロ」の取扱品目は、「トランジスタ、ダイオード、抵抗器、タンタルコンデンサ、サーマルプリントヘッド、コンタクトイメージセンサヘッド、パワーモジュール、フォトリンクモジュール、光センサ、LSI」と多岐に及びます。



|

2021年1月11日 (月)

愛知県海部郡蟹江町 JR関西本線の蟹江駅(かにええき) 橋上駅舎及び自由通路を2021年1月31日(日)始発列車より供用開始!

Aichijr210111
-JR蟹江駅(かにええき)-

 「JR東海(東海旅客鉄道)」は、愛知県海部郡蟹江町が整備を進めている関西本線蟹江駅(かにええき)  の橋上駅舎と自由通路を、2021年1月31日に供用開始することを発表しています。

 引用資料 JR東海(PDF:2020/12/11)
 関西本線 蟹江駅 橋上駅舎及び自由通路の供用開始について

 旧駅舎は南北それぞれに改札口があり、構内の跨線歩道橋で往来する形状となっていましたが、2019年2月3日からは仮駅舎で営業、2021年1月31日に橋上駅舎の利用を開始するとともに、改札外の自由通路で南北を往来できるようになります。

 橋上駅舎は面積約590㎡で、改札内に多機能トイレを装備します。自由通路と駅外、駅舎と上下各ホームを結ぶ車いす対応エレベータも設置します。

橋上駅舎及び自由通路の概要
◆ 橋上駅舎-面積約590㎡(主な設備 車いす対応エレベーター2基(上下ホーム各1基)、多機能トイレ(改札内))
◆ 自由通路-延長約83m、幅員4m(主な設備 車いす対応エレベーター2基(北口、南口各1基))
◆ 供用開始時期-2021年01月31日(日)始発列車より


Aichijr210112
完成イメージ(自由通路北口)です。


Aichijr210113
完成イメージ(改札付近)です。


Aichijr210114
「概要図」です。



|

2021年1月10日 (日)

超高層ZEH-M(ゼッチ・マンション)実証事業 地上36階、高さ約128mの「プレミストタワー靱本町」 概要が決定!

 Osakaibm210111
-プレミストタワー靱本町-

 「日本IBM」の大阪事業所が入っていた大阪市西区の「四つ橋筋」」沿いのビルを2017年8月末に「大和ハウス工業」が取得していました。「長谷工コーポレーション」により、「(仮称)西区靭本町1丁目計画解体工事」が行われました。

 跡地には、「大和ハウス工業」により、地上36階、地下1階、高さ122.8mの超高層タワーマンション「(仮称)西区靭本町計画」が建設されています。南側立面図を見ると高さ122.8mは建築物の高さで、最高部は南側立面図より推定すると128.7mくらいあります。正式名称は「プレミストタワー靱本町」に決定しています。

 引用資料 公式ホームページ
 プレミストタワー靱本町

プレミストタワー靱本町の概要決定!
 「大和ハウス工業」は、大阪市西区において分譲マンション「プレミストタワー靱本町」を建設中ですが、概要が決定しました。不明だった正確な「建築面積、延床面積」が判明しました。2021年1月9日にモデルルームをオープンし、2021年2月下旬より販売を開始します。

 大和ハウス工業(2021/01/08)
 ZEH×IoTマンション「プレミストタワー靱本町」概要決定

 大和ハウスグループは環境長期ビジョンに基づき、2050年までに温室効果ガス排出量「ネットゼロ」の実現を目指しています。「プレミストタワー靱本町」は、経済産業省が実施する「超高層ZEH-M(ゼッチ・マンション)実証事業」に採択されたZEHマンションです。

プレミストタワー靱本町の概要
◆ 計画名-(仮称)西区靭本町計画
◆ 所在地-大阪府大阪市西区靱本町一丁目60番3(地番)
◆ 交通-Osaka Metro四つ橋線「本町」駅から徒歩1分、Osaka Metro御堂筋線「本町」駅から徒歩1分、Osaka Metro中央線「本町」駅から徒歩1分
◆ 階数-地上36階、塔屋あり、地下1階
◆ 高さ-最高部約128m(南側立面図より推定)、建築物122.80m(塔屋を除く)
◆ 敷地面積-2,397.50㎡
◆ 建築面積-1,432.15㎡
◆ 延床面積-39,337.87㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-共同住宅(分譲)
◆ 総戸数-353戸(別途管理事務室1戸、ゲストルーム2戸、スカイラウンジ1戸)
◆ 建築主-大和ハウス工業
◆ 設計者-長谷工コーポレーション
◆ 施工者-長谷工コーポレーション
◆ 解体工事-2018年04月10日~2019年12月31日
◆ 着工-2019年11月30日
◆ 竣工-2023年02月予定
◆ 入居開始-2023年03月予定


Osakaibm210112
「エントランスアプローチ完成予想」です。


Osakaibm210113
「ラウンジ完成予想図」です。


Osakaibm210114
「ラウンジ完成予想図」です。


Osakaibm200612
「プレミストタワー靱本町」は、日本IBMの大阪事業所跡地に建設中です。「靱公園」徒歩1分(約70m)の好立地です。


Osakaibm200613
「位置図」です。


Osakaibm190218
建築計画のお知らせの「南側立面図」です。高さ122.80mは建築物の高さで、最高部は128.7mくらいあります。


Osakaibm190219
建築計画のお知らせの「配置図」です。



|

«「出島メッセ長崎」に近接 「長崎放送(NBC)」が社屋の移転・建設 「長崎放送新社屋」から2021年11月1日に放送開始!