2018年7月23日 (月)

地下鉄御堂筋線「中津駅」の直上 地上50階、高さ約168mの「ブランズタワー梅田 North 2018年7月20日の建設状況

Osakanakatsu170121
ブランズタワー梅田 North-
 大阪市営地下鉄御堂筋線中津駅の直上にあった「ラマダホテル大阪」の前身である「旧東洋ホテル」は、大阪万博の前年の1969年に「三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)」が中心となって開業しました。

 競争が激化および建物の老朽化が進み、2013年12月31日に閉館しました。跡地には、地上50階、塔屋2階、地下1階、高さ168.44m、総戸数653戸の超高層タワーマンションが建設されます。正式名称が「ブランズタワー梅田 North」に決定しています。

 引用資料 公式ホームページ
 ブランズタワー梅田 North 

 中津駅直上には、地上37階(屋上機械室2層分を含む)、地下1階、高さ122.5mの「ザ・セントラルマークタワー」、地上45階、塔屋2階、地下1階、高さ151.6mの「ザ・ファインタワー 梅田豊崎」の3棟が林立する事になります。

ブランズタワー梅田 Northの概要
◆ 計画名-(仮称)大阪市北区豊崎三丁目新築工事計画
◆ 所在地-大阪府大阪市北区豊崎三丁目21番1、21番3、21番4、21番5、21番6(地番)
◆ 交通- 大阪市営地下鉄御堂筋線「中津」駅徒歩1分(駅直結)、阪急電鉄「梅田」駅徒歩7分、JR「大阪」駅徒歩12分
◆ 階数-地上50階、塔屋2階、地下1階
◆ 高さ-最高部168.44m
◆ 敷地面積-5,154.69㎡
◆ 建築面積-2,390.82㎡
◆ 延床面積-68,778.31㎡(容積率対象面積47,081.82㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-連結制振デュアル・フレーム・システム(建物の心柱のフリーウォールと外側の住棟部をダンパーで連結)
◆ 用途-共同住宅(分譲)
◆ 総戸数-653戸
◆ 建築主-東急不動産、住友商事、住友不動産
◆ 設計者・監理者-大林組
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2016年08月15日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2019年11月下旬予定
◆ 入居開始-2020年02月下旬予定 


Osakanakatsu170421
「立面図」です。


Osakanakatsu16082
地震対策として、大林組独自の制震テクノロジーである「DFS(デュアル・フレーム・システム)」を採用します。1つの建物の中に独立して存在する心棒および高層住宅棟の2つの構造体を制振装置で連結する制振構造システムです。

 引用資料 東急不動産(2016/08/24)
 旧東洋ホテル跡地に地上50階建・総戸数653戸の大規模プロジェクト 『(仮称)ブランズタワー梅田北プロジェクト』 着工  ~さらなる発展が見込まれる"大阪駅北地区"の居住区として開発~ 


Osakanakatsu180721
南西側から見た様子です。


Osakanakatsu180722
タワークレーン2基で建設しています。


Osakanakatsu180723
北西側から見た様子です。


Osakanakatsu180724
外壁が姿を現しています。


Osakanakatsu180725
外壁のアップです。


Osakanakatsu180726
北西側から見た下層階の様子です。


Osakanakatsu180727
北東側から見た下層階の様子です。



|

地下鉄御堂筋線「中津駅」の直上 地上45階、高さ約152mの「ザ・ファインタワー 梅田豊崎」 2018年7月20日の建設状況

Osakanakatsu180711
-ザ・ファインタワー 梅田豊崎-

 「大阪市北区豊崎3丁目計画」は、大阪市営地下鉄御堂筋線中津駅の直上にあった「三井生命ビルディング」跡地の再開発プロジェクトです。

 地上45階、塔屋2階、地下1階、高さ151.6m、延床面積34,929.31㎡、総戸数312戸の超高層タワーマンションが建設中です。正式名称は「ザ・ファインタワー 梅田豊崎」となっています。すでに全戸完売しています。

ザ・ファインタワー 梅田豊崎の概要
◆ 計画名-(仮称)大阪市北区豊崎3丁目計画
◆ 所在地-大阪府大阪市北区豊崎三丁目23番1(地番)
◆ 交通-大阪市営地下鉄御堂筋線「中津」駅直結徒歩1分、阪急「梅田」駅徒歩6分
◆ 階数-地上45階、塔屋2階、地下1階
◆ 高さ-151.6m  (注)建築物もしくは軒高の可能性があります。
◆ 敷地面積-2,499.72㎡
◆ 建築面積-982.37㎡
◆ 延床面積-34,929.31㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-免震構造(天然ゴム系積層ゴム、高減衰ゴム系積層ゴム支承、弾性すべり支承、オイルダンパー)
◆ 用途-共同住宅(分譲)
◆ 総戸数-312戸
◆ 建築主-京阪電鉄不動産、サンキョウホーム
◆ 設計者・監理者-竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 地下解体工事-2015年10月14日~2016年05月02日
◆ 着工-2016年04月25日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2019年02月下旬予定
◆ 入居開始-2019年03月下旬予定


Osakanakatsu180712
南西側から見た下層階の様子です。


Osakanakatsu180713
北西側から見た様子です。竣工前ですが、すでに全戸完売しています。


Osakanakatsu180714
北西側から見た下層階の様子です。


Osakanakatsu180715
北側から見た様子です。現在は塔屋を構築中です。


Osakanakatsu180716
北東側から見た下層階の様子です。


Osakanakatsu180717
南東側から見た様子です。


Osakanakatsu180718
南東側から見た下層階の様子です。



|

2018年7月22日 (日)

ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田 (仮称)ヨドバシ梅田タワー 2018/07/20 5階・6階部分の鉄骨建方が始まる!

Osakayodobashi171011
-(仮称)ヨドバシ梅田タワー-
 
「ヨドバシカメラ」は、マルチメディア梅田北側の駐車場跡地に「ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田2期棟」である「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」を計画しています。2017年9月13日に、「地鎮祭」が行われ本格着工しました。2019年12月末日の竣工予定です。

 「国土交通省」は、都市再生特別措置法の規定に基づき、「ヨドバシホールディングス、ヨドバシカメラ」から申請のあった民間都市再生事業計画(ヨドバシ梅田タワー計画整備事業)について認定しました。

 引用資料 国土交通省(PDF:2017/09/29)
 株式会社ヨドバシホールディングス、株式会社ヨドバシカメラの民間都市再生事業計画(ヨドバシ梅田タワー計画整備事業)を認定

(仮称)ヨドバシ梅田タワーの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区大深町4番8
◆ 階数-地上35階、塔屋2階、地下4階
◆ 高さ-最高部149.900m
◆ 敷地面積-17,256.22㎡(施設全体)
◆ 建築面積-14,275.68㎡(施設全体)、6.371.70㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 延床面積-220,352.60㎡(施設全体)、111,527.16㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 容積率対象面積-170,225.45㎡(施設全体)、92,287.68㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-百貨店、飲食店、ホテル、駐車場
◆ 客室数-1000室
◆ 建築主-ヨドバシカメラ
◆ 設計者-五洋建設
◆ 施工者-五洋建設
◆ 着工-2017年09月13日(地鎮祭)
◆ 竣工-2019年12月末日予定

(注意) 上記の概要は「建築計画のお知らせ」の数値です。「国土交通省」の資料では、延床面積219,857.71㎡(施設全体)、110,820.64㎡(ヨドバシ梅田タワー)となっています。


Osakayodobashi171012
「概要図」です。


Osakayodobashi18072021
「グランフロント大阪 北館」から見た「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」の建設現場です。


Osakayodobashi18072022
「タワークレーン」3基で建設しています。


Osakayodobashi18072023
急ピッチで「鉄骨建方」が行われています。


Osakayodobashi18072024
5階・6階部分の鉄骨建方が始まりました。


Osakayodobashi18072025
3階床の北側をタワークレーンで部材を吊り上げる「揚重ヤード」として使用しています。


Osakayodobashi18072026
3階床の揚重ヤードに「クローラークレーン」で部材を吊り上げて、ここから「タワークレーン」で吊り上げているようです。


Osakayodobashi18072027
北西側から見た様子です。


Osakayodobashi18072028
南西側から見た様子です。


Osakayodobashi18072029
この部分はまだ工事が始まっていません。完成予想図では既存建物とほぼ接続されているので、「後施工」となるようです。


Osakayodobashi18072030
北東側から見た様子です。


Osakayodobashi18072031
アール状の部分です。


Osakayodobashi18072032
養生シートに「五洋建設」のマスコットキャラクター「Mr.PENTA」が描かれていました。長い胴と短い足が愛らしい「バセットハウンド」がモデルとなっています。



|

ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田 (仮称)ヨドバシ梅田ペデストリアンデッキ工事のうち西側Ⅱ期デッキ躯体工事 2018年7月20日の建設状況 

Osakayodobashi171011
-(仮称)ヨドバシ梅田タワー-
 
「ヨドバシカメラ」は、マルチメディア梅田北側の駐車場跡地に「ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田2期棟」である「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」を計画しています。2017年9月13日に、「地鎮祭」が行われ本格着工しました。2019年12月末日の竣工予定です。

 「国土交通省」は、都市再生特別措置法の規定に基づき、「ヨドバシホールディングス、ヨドバシカメラ」から申請のあった民間都市再生事業計画(ヨドバシ梅田タワー計画整備事業)について認定しました。

 引用資料 国土交通省(PDF:2017/09/29)
 株式会社ヨドバシホールディングス、株式会社ヨドバシカメラの民間都市再生事業計画(ヨドバシ梅田タワー計画整備事業)を認定

(仮称)ヨドバシ梅田タワーの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区大深町4番8
◆ 階数-地上35階、塔屋2階、地下4階
◆ 高さ-最高部149.900m
◆ 敷地面積-17,256.22㎡(施設全体)
◆ 建築面積-14,275.68㎡(施設全体)、6.371.70㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 延床面積-220,352.60㎡(施設全体)、111,527.16㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 容積率対象面積-170,225.45㎡(施設全体)、92,287.68㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-百貨店、飲食店、ホテル、駐車場
◆ 客室数-1000室
◆ 建築主-ヨドバシカメラ
◆ 設計者-五洋建設
◆ 施工者-五洋建設
◆ 着工-2017年09月13日(地鎮祭)
◆ 竣工-2019年12月末日予定

(注意) 上記の概要は「建築計画のお知らせ」の数値です。「国土交通省」の資料では、延床面積219,857.71㎡(施設全体)、110,820.64㎡(ヨドバシ梅田タワー)となっています。


Osakayodobashi171012
「概要図」です。


Osakayodobashi17070312
Bデッキ周辺
 「Bデッキ」周辺の完成イメージです。


Osakayodobashi18072011
「回遊デッキ」の西側では、「(仮称)ヨドバシ梅田ペデストリアンデッキ工事のうち西側Ⅱ期デッキ躯体工事」が再開されています。


Osakayodobashi18072012
「養生シート」で目隠しされて内部が見えなくなりました。


Osakayodobashi18072013
駐車場出口まで北側に伸びています。


Osakayodobashi18072014
「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」方向に伸びていきます。



|

2018年7月21日 (土)

地上38階、高さ約189mの「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」 2018/07/20 Ⅱ期工事(大阪神ビルディング西側)に解体用のタワークレーン登場!

Hanshin18040911
-大阪梅田ツインタワーズ・サウス-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画を進めています。

 「新阪急ビル」の解体を進めていましたが、地上躯体の解体工事が完了して、2015年7月21日にⅠ期部分の新築工事に着手しました。

 ビルの正式名称は「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」です。Ⅰ期棟が2018年4月27日(金)に竣工し、「阪神百貨店」が2018年6月1日(金)に部分開業しました。

 引用資料 阪急阪神ホールディングス(PDF:2018/04/09)
 梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画) 2018年4月27日(金)にⅠ期棟が竣工、6月1日(金)には阪神百貨店が部分開業 ~ビル名称を「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」に決定

大阪梅田ツインタワーズ・サウスの概要
◆ 計画名-梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)
◆ 所在地-大阪府大阪市北区梅田一丁目1、1-2、1-3、8-1
◆ 階数-地上38階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-最高部188.9m
◆ 敷地面積-12,192.83㎡(重複利用区域含む)
◆ 建築面積-10,348.95㎡
◆ 延床面積-258,856.89㎡(容積対象床面積240,785.57㎡)
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 地震対策-制震構造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-百貨店、オフィス、集会所、駐車場
◆ 建築主-阪神電気鉄道、阪急電鉄
◆ 設計者-(基本設計)日本設計、(実施設計)竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2014年10月01日(新阪急ビル)
◆ 着工-2015年07月21日(Ⅰ期部分)
◆ 竣工-2022年03月下旬予定(全体竣工)


Hanshin18040912
工事施行計画の概要

スケジュール

① Ⅰ期工事(新阪急ビル解体工事着手)-2014年10月01日
② 大阪神ビルディング東側解体工事着手-2015年02月18日
③ 大阪梅田ツインタワーズ・サウスⅠ期部分新築工事着手-2015年07月21日
④ Ⅰ期工事竣工(新阪急ビル、大阪神ビルディング東側部分)-2018年04月27日 ※新百貨店の部分開業2018年06月01日
⑤ Ⅱ期工事(大阪神ビルディング西側解体工事着手)-2018年06月予定
⑥ 大阪梅田ツインタワーズ・サウスⅡ期部分新築工事着手-2019年春予定
⑦ Ⅱ期工事竣工(新百貨店部分)※新百貨店の全面開業-2021年秋予定
⑧ 全体竣工※オフィス部分の開業-2022年春予定


Hanshin18040913
大阪梅田ツインタワーズ
 
名称が「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」に決定しました。全体竣工を迎える2022年春に、阪急百貨店(阪急うめだ本店)が入居する「梅田阪急ビル」を「大阪梅田ツインタワーズ・ノース」に改称し、近接する両ビルを「大阪梅田ツインタワーズ」と総称する予定です。

 「阪急阪神ホールディングスグループ」の最重要拠点である大阪梅田の中心に位置し、グループを象徴する2棟の高層タワーを、大阪以外の地域や海外の方々からの分かりやすさを考えて命名したものです。


Hanshin18072011
撮影日2018年6月8日 部分開業1週間後の日2018年6月8日の「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」の全景です。


Hanshin18072012
撮影日2018年7月20日 大きな変化がありました。


Hanshin18072013
撮影日2018年7月20日 屋上部分です。


Hanshin18072014
撮影日2018年7月20日
 解体用の「タワークレーン」が設置されました。Ⅰ期部分と同じように重機を使用せずに、「コンクリートカッター」で躯体を切断しながら、ブロックごとに分割して、タワークレーンで「開口部」から地上に降ろすと思われます。


Hanshin18072015
撮影日2018年7月20日 奥に「レール式」の移動クレーンも設置されています。


Hanshin18072016
撮影日2018年7月20日 「梅田阪急ビル」から見た様子です。


Hanshin18072017
撮影日2018年7月20日 塔屋に「足場」の設置が行われています。


Hanshin18072018
撮影日2018年7月20日 歩道にはまだ「仮囲い」が設置されていません。


Hanshin18072019
撮影日2018年7月20日 東側壁面にも「足場」が設置されました。



|

新大阪駅近く 地上32階、高さ約105mの「WBF新大阪ホテル」 2018/07/20 タワークレーンが登場!

Osakawbf180711
-WBF新大阪ホテルー

 新大阪駅周辺は空前のホテル建設ラッシュになっています。旅行事業、ホテル事業、レンタカー事業など観光に関するあらゆる事業をワンストップで展開する「ホワイト・ベアーファミリー」が超高層ホテルを建設しています。

 建設現場は、新大阪駅の南西側です。地上32階、塔屋1階、高さ105.55mです。それだけなら驚きませんが、なんと敷地面積911.82㎡、延床面積8,173.83㎡です。

WBF新大阪ホテルの概要
◆ 計画名-WBF新大阪ホテル新築工事
◆ 所在地-大阪府大阪市淀川区西中島七丁目4番2他(地名地番)
◆ 階数-地上32階、塔屋1階、地下0階
◆ 高さ-最高部105.55m、軒高99.60m
◆ 敷地面積-911.82㎡
◆ 建築面積-521.14㎡
◆ 延床面積-8,173.83㎡(容積率対象面積7,291.55㎡)
◆ 構造-鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-ホテル
◆ 建築主-ホワイト・ベアーファミリー
◆ 設計者・監理者-日企設計
◆ 施工者-日本国土開発
◆ 着工-2017年09月中旬
◆ 竣工-2019年06月下旬予定


Osakawbf180712
「タワークレーン」が登場していました。週間の「作業工程」によると、先週末から今週初めにかけて組み立てたようです。


Osakawbf180713
「鉄骨建方」が本格的に行われています。


Osakawbf180714
新御堂筋側から見た様子です。新大阪駅に近いこちら側にエントランスが設けられると思われます。


Osakawbf180217
「WBF新大阪ホテル」の建築計画のお知らせです。



|

2018年7月20日 (金)

福岡市 青果市場跡地活用の事業者公募 九州初の「ららぽーと」を核とする大型複合施設に決定!

Fukuokalalaport180711
-青果市場跡地-
 
「福岡市」は2018年7月19日に、博多区那珂の青果市場跡地の再開発事業者に、「三井不動産(代表)、九州電力、西日本鉄道」で構成する企業グループを選定する方針を固めました。

 福岡空港や博多駅に近い立地を生かし、三井不動産が展開する商業施設「ららぽーと」を核とする大型複合施設を2021年度末ごろに全面開業します。「ららぽーと」は九州初進出で、核テナントとして子ども向け職業体験テーマパーク「キッザニア」を誘致します。

 引用資料 福岡市・公式HP( 2018/07/19)
 青果市場跡地活用の事業者公募の実施について

 青果市場跡地は、1968年9月に開場した青果市場が2016年2月に「アイランドシティ」に移転したことに伴い、福岡市が民間への売却を決定しました。

 福岡空港から約2km、博多駅から約3kmの好立地にある約8.8haの広大な敷地として注目を集め、売却先の公募には、4つの企業グループ(イオンモールを代表企業とするグループ、イズミを代表企業とするグループ、JR九州を代表企業とするグループ、三井不動産を代表企業とするグループ)が応募していました。


Fukuokalalaport180712
建設予定地です。面積は約88,316㎡(青果市場跡地約81,660㎡、駐車場跡地約1,939㎡、青果物流センター約4,717㎡)です。


Fukuokalalaport180713
「全体配置イメージ」です。


Fukuokalalaport180714
「花のエントランス」です。


Fukuokalalaport180715
「森のエントランス」です。



|

USJのオフィシャルホテル 2018年7月15日にオープンした「ホテル ユニバーサル ポート ヴィータ(HOTEL UNIVERSAL PORT VITA)」

Osakausj180711
-ホテル ユニバーサル ポート ヴィータ-

 「オリックス」は、特別目的会社を通じて、「オリックス不動産」が運営する「ホテル ユニバーサル ポート」の隣接地で、ホテル開発用地を取得しました。

 「オリックス不動産」と「ユー・エス・ジェイ」は、大阪市此花区で建設中のホテルについてオフィシャルホテル契約を締結しました。ホテルの名称は「ホテル ユニバーサル ポート ヴィータ(HOTEL UNIVERSAL PORT VITA)」に決定しています。

● 2018年7月15日(日)にオープン!
 「ホテル ユニバーサル ポート ヴィータ(HOTEL UNIVERSAL PORT VITA)」は、2018年7月15日(日)にオープンしました。女優でモデルの「河北麻友子」が、15日に開業テープカットを行い、一日支配人を務めました。人気キャラクターの「ミニオン」も祝福に駆けつけました。

 オリックス プレスリリース(PDF:2018/07/17)
 ヴィータホテルマネージメント、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのオフィシャルホテル「ホテル ユニバーサル ポート ヴィータ」7月15日開業

 「ホテル ユニバーサル ポート ヴィータ」は、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」の7棟目のオフィシャルホテルとなります。た。全428室の客室と直営のレストランを備えています。

ホテル ユニバーサル ポート ヴィータの概要
◆ 計画名-(仮称)島屋6丁目計画
◆ 所在地-大阪府大阪市此花区島屋六丁目1番16号
◆ 交通-JRゆめ咲線「ユニバーサルシティ」駅徒歩2分
◆ 階数-地上15階、地下2階(運用)、地上16階、地下1階(建築基準法)
◆ 高さ-74,55m
◆ 敷地面積-4,547.17㎡
◆ 延床面積-31,600.14㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
◆ 用途-ホテル、結婚式場
◆ 客室数-全428室
◆ 建築主-HUP2特定目的会社
◆ 設計者・監理者-竹中工務店
◆ コンストラクションマネジメント-山下ピー・エム・コンサルタンツ
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2016年01月12日~2016年05月31日
◆ 着工-2016年06月22日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2018年04月
◆ 開業-2018年07月15日


Osakausj180712
「ホテル ユニバーサル ポート ヴィータ(HOTEL UNIVERSAL PORT VITA)」を南西側から見た様子です。


Osakausj180713
メインエントランスは南西側にあります。


Osakausj180714
メインエントランスの両側には「水景」があります。


Osakausj180715
街路樹は南国リゾート風に「シュロの木」となっています。


Osakausj180716
「ユニバーサルシティ駅」の改札外コンコース前から見た様子です。


Osakausj180717
下層階の様子です。


Osakausj180718
北側から見た様子です。


Osakausj180719
南西側から見た様子です。こちら側が「安治川」が望める部屋になります。


Osakausj180720
ホテル ユニバーサル ポート
 
「オリックス不動産」が運営する「ホテル ユニバーサル ポート」です。「ホテル ユニバーサル ポート」と「ホテル ユニバーサル ポート ヴィータ(HOTEL UNIVERSAL PORT VITA)」は、相互にとってメリットのある効率的な連携を行います。

ホテル ユニバーサル ポートの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市此花区桜島一丁目1-111
◆ 交通-JR「ユニバーサルシティ」駅より徒歩3分
◆ 階数-地上15階、塔屋1階、地下1階
◆ 敷地面積-約8,000㎡
◆ 建築面積-4,800,960㎡
◆ 延床面積-40,782,604㎡
◆ 構造-鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-ホテル
◆ 客室数-600室(3階~14階)
◆ 建築主-ユニバーサルリゾーツ
◆ 設計者・監理者-清水建設
◆ 施工者-清水建設
◆ 竣工-2005年06月
◆ 開業-2005年07月15日



|

2018年7月19日 (木)

福岡空港民営化 優先交渉権者の提案概要及び審査講評を公表 100路線、旅客3500万人目標!

Fukuokaairport180711
-福岡空港-

 国土交通省は、2018年5月16日に実施した「福岡空港」の運営委託に係る優先交渉権者の選定について、客観的評価結果、優先交渉権者の提案概要及び審査講評を、7月18日に公表しました。

 引用資料 国土交通省(2018/07/18)
 福岡空港特定運営事業等の優先交渉権者選定に係る客観的評価結果等の公表について

 「福岡空港」は、2019年4月に民営化します。「西日本鉄道」や「九州電力」などが設立した「福岡エアポートホールディングス」、三菱商事、シンガポールの空港運営会社などで構成しています。

 提案概要によると、運営期間である30年間で、路線数を現在の2倍以上の100路線、旅客数を約1.5割倍の年3,500万人(国内1,900万人+国際1,600万人)に増やす計画です。


Fukuokaairport180712
航空ネットワークの将来像

 30年後に、路線数100路線(国際67路線+国内33路線)を目指します。


Fukuokaairport180713
2本目の滑走路

 2025年に予定されている2本目の滑走路の供用開始に合わせ、着陸時の滑走路への進入経路の変更も検討します。


Fukuokaairport180714
国内線地区(イメージ)

 国内線地区には、「複合施設(商業施設、ホテル、バスターミナル)」や「立体駐車場」を整備します。


Fukuokaairport180715
内際連絡バス移動ルートの短縮

 内際連絡バスの専用道化等により旅客ビル施設間の移動時間を5分以内に短縮します。


Fukuokaairport180716
空港アクセスの強化

 国際線地区にバスターミナルを新設し、九州全域及び広島以西とのダイレクトアクセスを強化します。路線数はを14路線から26路線に拡充します。



|

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ) 大阪府北部の地震や平成30年7月豪雨の影響は?

Osakausj180731
-ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)-
 
「日本政府観光局(JNTO)」は7月18日に、2018年6月の訪日外客数の推計値を発表しました。6月は、前年同月比15.3%増の270万5千人、上半期(1月~6月)は、前年同期比15.6%増の1,589万9千人でした。

 私は、2018年6月18日に起こった大阪府北部の地震の風評被害で前年同月比マイナスになるのでは? と心配していましたが、前年同月比15.3%増となりました。

 JNTOは、「訪日旅行市場における大阪府北部の地震や平成30年7月豪雨の影響については引き続き注視していく。」としています。

● 大阪は?
 大阪はどうでしょうか? 大阪府北部の地震や平成30年7月豪雨は、全世界で報道されたので風評被害は避けられないと思います。

 大阪駅を歩くと「外国人観光客がちょっと減ったかな?」という感じですが、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」に行ってみるとやはり減っていました。


Osakausj180732
JRユニバーサルシティ駅

 「ユニバーサルシティ駅」です。撮影日は2018年7月17日午後2時頃です。夏休みでこの状態なので、やはり風評被害の影響は大きいようです。


Osakausj180733
ユニバーサル・シティウォーク大阪

 「ユニバーサル・シティウォーク大阪」です。いつもは歩けないくらい人が歩いているので、ちょっとショックでした・・・


Osakausj180734
「ユニバーサル・シティウォーク大阪」を反対側から見た様子です。


Osakausj180735
「ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の前です。


Osakausj180736
メインゲート前です。USJの園内はいつもと同じように賑わっていました。


Osakausj180737
スーパー・ニンテンドー・ワールド

 うれしいニュースもあります。「スーパー・ニンテンドー・ワールド(SUPER NINTENDO WORLD)」の建設は、「鉄骨建方」も始まり順調に進んでいました。ただ残念ながら「撮影禁止」のためUP出来ません・・・



|

«客室数760室のUSJのオフィシャルホテル リーベルホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 2018/07/17 「鉄骨建方」が早くも最高部に到達!