2021年9月23日 (木)

JR南船橋駅周辺が「三井不動産村」に! 「JR南船橋駅南口市有地活用事業」の準備工事が始まる 2021年9月下旬の状況 

Chibafunabashi210511
-JR南船橋駅南口-
 JR南船橋駅南口は、長い間開発から取り残されていました。目立った開発は、「ららぽーとスキードームSSAWS」の跡地に2006年4月24日に「IKEA船橋(現:IKEATokyo-Bay)」がオープン、総戸数1,211戸の 大規模マンション「ワンダーベイシティSAZAN」が2007年1月に竣工したくらいでした。

 「三井不動産」が、「船橋オートレース場」跡地に、大規模物流施設「三井不動産ロジスティクスパーク船橋」を整備中ですが、それに触発されるように動きが出てきました。

 「IKEATokyo-Bay」のすぐ北側に、三井不動産レジデンシャルが「(仮称)船橋市浜町2丁目計画 新築工事」を建設中です。正式名称は「パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア」です。

 JR南船橋駅周辺は、「三井ショッピングパーク ららぽーと TOKYO-BAY、三井不動産ロジスティクスパーク船橋、パークホームズLaLa南船橋ステーションプレミア」と「三井不動産村」の様相を呈してきました。

JR南船橋駅南口市有地活用事業
 「南船橋駅南口地区」は、JR京葉線南船橋駅南口の駅前に位置し、官民連携事業等の実施によって、臨海部における賑わいの創出と回遊性の向上に寄与する魅力的なまちづくりを進めていく地区です。

 緑豊かな広場空間を駅前に配置することにより憩いと賑わいを提供し、周辺環境と調和を図りつつ、新たな回遊拠点を創出することをテーマにまちづくりを進めていきます。広場を中心としたまちづくりを行うことにより、地域が一体となる臨海部の玄関口を形成していきます。

 「船橋市」は、JR南船橋駅南口市有地活用事業の事業者募集で、「三井不動産グループ」を優先交渉権者に選定しています。大規模な広場空間を中心に商業施設、居住施設等を配置することで憩いと賑わいを提供し、新たな回遊拠点を創出することを提案しています。住む人、働く人、訪れる人が自分の居場所(庭)と思える広場、「まちの庭」を開発コンセプトとしています。

 引用資料 船橋市・公式ホームページ
 令和2年度第140回船橋市都市計画審議会の会議概要


Chibafunabashi210512
「地区整備計画」です。


Chibafunabashi210911
「JR南船橋駅南口市有地活用事業」の予定地の2021年9月下旬の状況です(写真提供読者さん)。


Chibafunabashi210912
敷地の一部を閉鎖して準備工事が行われています(写真提供読者さん)。


Chibafunabashi210913
ゲート部分です(写真提供読者さん)。


Chibafunabashi210914
準備工事の様子です(写真提供読者さん)。


Chibafunabashi210915
「油圧ショベル」が稼働しています(写真提供読者さん)。


Chibafunabashi210916
「公共下水道管」を埋設しています(写真提供読者さん)。



|

2021年9月22日 (水)

幕張新都心 幕張ベイパークの第三弾 地上43階、高さ約155mの 「幕張ベイパーク ミッドスクエアタワー」 2021年9月中旬の建設状況

Chibamakuhari210921
-幕張ベイパーク-

 「千葉県企業庁」は、千葉市美浜区若葉三丁目の「幕張新都心若葉住宅地区」の総面積17.5ha(正確には175,808.59㎡)に共同住宅などを建設する事業予定者を総合評価方式で選定した結果、「三井不動産レジデンシャル」を代表企業とする「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区街づくり検討グループ」を特定しています。

 最終的には、「A区画、B-1街区、B-2街区、B-3街区、B-4街区、B-5街区、B-6街区、B-7街区」の8区画が開発され、約4,500戸の住宅機能を整備し、約1万人が暮らす街が整備される予定です。

 第一弾の「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」と第二弾の「幕張ベイパーク スカイグランドタワー」は竣工済です。現在は、第三弾の 「幕張ベイパーク ミッドスクエアタワー」と第四弾として超高層シニアレジデンス「(仮称)パークウェルステイト幕張計画」が建設中です。

● 幕張ベイパーク ミッドスクエアタワー
 
第三弾として「幕張新都心若葉住宅地区計画(B-3街区)」が建設中です。地上43階、高さ155.64m、延床面積85,469.98㎡、総戸数749戸の大規模な超高層タワーマンションです。正式名称が「幕張ベイパーク ミッドスクエアタワー」に決定して公式ホームページがオープンしています。

 引用資料 公式ホームページ
 幕張ベイパーク ミッドスクエアタワー

幕張ベイパーク ミッドスクエアタワーの概要
◆ 計画名-幕張新都心若葉住宅地区計画(B-3街区)
◆ 所在地-千葉県千葉市美浜区若葉三丁目1-11(地番)
◆ 交通-JR京葉線「海浜幕張」駅徒歩13分
◆ 階数-地上43階、地下0階
◆ 高さ-最高部155.64m
◆ 敷地面積-21,417.98㎡(B-3街区全体)、16,441.15㎡(ミッドスクエアタワー)
◆ 建築面積-7,266.17㎡(ミッドスクエアタワー)
◆ 延床面積-85,469.98㎡(ミッドスクエアタワー)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭、既製コンクリート杭
◆ 地震対策-中間免震構造(1階と2階の間に積層ゴム等を設置)
◆ 用途-共同住宅、駐車場、店舗、児童福祉施設
◆ 総戸数-749戸
◆ 建築主-三井不動産レジデンシャル、野村不動産、三菱地所レジデンス、伊藤忠都市開発、東方地所、富士見地所、袖ヶ浦興業
◆ 設計者・監理者-熊谷組
◆ 施工者-熊谷組
◆ 着工-2020年08月24日
◆ 竣工-2023年10月下旬予定
◆ 入居開始-2024年03月下旬予定


Chibamakuhari210922
「外観完成予想CG」です。


Chibamakuhari210923
「外観完成予想CG」です。


Chibamakuhari210924
「グランドエントランス完成予想CG」です。


Chibamakuhari210925
「免震構造概念CG」です。地震対策として、「中間免震構造(1階と2階の間に積層ゴム等を設置)」を採用します。第一弾の「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」と第二弾の「幕張ベイパーク スカイグランドタワー」も「中間免震構造」を採用しています。


Chibamakuhari210926
「位置図」です。


Chibamakuhari210961
「幕張ベイパーク ミッドスクエアタワー」の2021年9月中旬の建設状況です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari210962
内部の様子です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari210963
躯体が地上に姿を現しています(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari210964
1階の躯体の構築が終わった段階のようです。地震対策として「中間免震構造」を採用します。1階と2階の間に積層ゴム等の「免震装置」を設置します(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari210965
「鉄筋」の配筋を行っています(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari201215_20201216075801
「幕張ベイパーク ミッドスクエアタワー」となる「幕張新都心若葉住宅地区計画(B-3街区)」の建築計画のお知らせです(写真提供読者さん)。



|

2021年9月21日 (火)

「クレヨンしんちゃん」が誕生した街 本格着工した「春日部駅付近連続立体交差事業」 「春日部駅」は島式4面8線の私鉄有数の大規模な駅に!

Kasukabe210911
-春日部駅付近連続立体交差事業-
 週明け9月20日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均が急落しました。中国の不動産大手「中国恒大集団」の経営悪化への懸念が強まったのが原因です。
 
 「中国恒大集団」の昨年の売上高は7,232億元(約12兆3000億円)です。売上高で比較すると、日本最大の「三井不動産」の約6.5倍というとてつもない巨大企業です。中国は日本のバブル崩壊を徹底的に研究していると言われていますが、「中国恒大集団」は日本のバブル期の失敗と同じ轍を踏んでいます。

 本題に戻って、春日部駅周辺は、鉄道交通の要衝として発展してきました。しかし、中心市街地が鉄道で分断されているまちの構造は、人や物の往来が妨げられるだけでなく、商業などの活性化の妨げともなっています。

 そこで、「春日部市」では、これらの問題を解決し、埼玉県東部地域の拠点として発展していくために、鉄道の高架化による「春日部駅付近連続立体交差事業」を「埼玉県」および「東武鉄道」とともに計画しました。

 引用資料 春日部市・公式HP
 春日部駅付近連続立体交差事業の概要

 高架化区間は約2.9kmです。「東武伊勢崎線(スカイツリーライン)」の 内谷陸橋~古隅田川の約1.4km、「東武野田線(アーバンパークライン)」の内谷陸橋~八木崎駅手前の約1.5kmを高架化します。除却踏切数は10カ所です。春日部駅は、現在の3面5線から4面8線に拡充されます。2路線上下線で追い越しができる複線を設け、輸送力の増強を見込みます。

● 2021年3月30日に着工記念式典を開催!
 2021年3月30日に、「春日部駅付近連続立体交差事業」の着工記念式典を開催しました。事業は2031年の完成を目指します。全体の事業費約650億円のうち「埼玉県(国・春日部市の負担を含む)」が約510億円、「東武鉄道」が約140億円を負担します。


Kasukabe210912
春日部駅の「駅舎イメージ」です。春日部市は「クレヨンしんちゃん」が誕生した街です。



Kasukabe210913
「春日部駅部 概略図」です。春日部駅は、現在の3面5線から4面8線に拡充されます。私鉄でこんなにホームと線路の数が多い駅は極めて珍しいです。


Kasukabe210914
「春日部駅付近連続立体交差事業の概要」です。


Kasukabe210915
「縦断図」です。



|

2021年9月20日 (月)

地上56階、高さ約189m、総戸数2,150戸の超高層ツインタワーマンション「豊海地区第一種市街地再開発事業」 事後調査計画書の縦覧!

Tokyotoyomi210911
-豊海地区第一種市街地再開発事業-
 東京の湾岸部は、巨大マンションの建設ラッシュになっています。中央区豊海町でも巨大な超高層ツインタワーマンションが計画されています。

 計画地は、清澄通り東側に位置する「豊海町(とよみちょう)2番」と「勝どき六丁目7番」の区域面積約19,820㎡を想定しています。再開発予定地には、集合住宅、豊海区民館、警視庁勝どき庁舎などが立地しています。

 東京都は、「豊海地区市街地再開発組合」の設立をに認可しています。市街地再開発事業の施行により、防災性・安全性と利便性向上に寄与する地区施設を整備するとともに、まちのにぎわいに資する土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を図ります。

● 事後調査計画書の縦覧!
 東京都環境局は、「豊海地区第一種市街地再開発事業」事後調査計画書の縦覧を行っています。閲覧には、Windows7~10、Internet Explorer及びAdobe Acrobat Reader DCが必要です。

 引用資料 東京都環境局(2021/09/14)
 「豊海地区第一種市街地再開発事業」事後調査計画書

 当初計画では、地上56階、地下1階、高さ約189m、延床面積約221,000㎡、総戸数約2,150戸でした。その後、地上54階、地下1階、高さ約189m、延床面積約225,877㎡、総戸数2,097戸 → 地上53階、地下1階、高さ約189m、延床面積約226,100㎡、総戸数2,077戸と変更になりました。今回の事後調査計画書の縦覧では、当初計画の地上56階、地下1階、高さ約189m、延床面積約221,000㎡に戻っています。

豊海地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-東京都中央区豊海町2番、勝どき六丁目7番の一部
◆ 交通-都営大江戸線「勝どき」駅より徒歩9分
◆ 階数-地上56階、地下1階(西棟、東棟)
◆ 高さ-最高部約189m(西棟、東棟)
◆ 敷地面積-約15,870㎡(施設全体)
◆ 建築面積-約8,800㎡(施設全体)
◆ 延床面積-約221,000㎡(施設全体)、約110,000㎡(西棟)、約111,000㎡(東棟)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部PC造
◆ 用途-共同住宅、店舗、区民館、保育所
◆ 総戸数-2,150戸(西棟1,075戸、東棟1,075戸)
◆ 建築主-豊海地区市街地再開発組合(参加組合員 三井不動産レジデンシャル、東急不動産、東京建物、野村不動産、三菱地所レジデンス、清水建設)
◆ 事業コンサルタント-都市ぷろ計画事務所
◆ 基本設計-安井建築設計事務所
◆ 特定業務代行者-清水建設
◆ 着工-2021年度予定(既存建築物解体工事含む)
◆ 竣工-2026年度予定
◆ 供用開始-2027年度予定


Tokyotoyomi210912
「断面図」です。「西棟、東棟」の超高層ツインタワーマンションになります。


Tokyotoyomi210913
「配置図」です。


Tokyotoyomi210914
「現況図」です。


Tokyotoyomi210915
「位置図」です。都営大江戸線「勝どき」駅より徒歩9分の立地です。


Tokyotoyomi170911
「豊海地区第一種市街地再開発事業」の予定地を北東側から見た様子です。「豊海地区」ですが、「勝どき六丁目7番」も含みます。角に見えるのは、地上7階、搭屋2階の旧月島警察署です。

 勝どき六丁目にありましたが、「月島警察署」という名称でした。元々は月島にあったためです。「月島警察署」は晴海三丁目に移転しました。現在は「警視庁勝どき庁舎」として使用されています。


Tokyotoyomi170912
旧月島警察署の先には高潮対策・津波対策の「防潮堤」があります。


Tokyotoyomi170913
再開発の中心となる「東卸豊海住宅」です。「東卸豊海住宅1号棟、東卸豊海住宅2号棟、東卸豊海住宅3号棟」の3棟あります。東卸豊海住宅は「防潮堤」の外側に立地しています。再開発の際には、防潮堤の整備も行い、防災性の向上を図ります。建築物の基盤整備では地盤のかさ上げも実施します。


Tokyotoyomi170915
「豊海地区第一種市街地再開発事業」の予定地を西側から見た様子です。


Tokyotoyomi170916
「豊海地区第一種市街地再開発事業」の予定地を東側から見た様子です。



|

2021年9月19日 (日)

幕張新都心 超高層シニアレジデンス 地上28階、高さ約105mの「(仮称)パークウェルステイト幕張計画」 2021年9月中旬の建設状況

Chibamakuhari210911
-幕張ベイパーク-
 「千葉県企業庁」は、千葉市美浜区若葉三丁目の「幕張新都心若葉住宅地区」の総面積17.5ha(正確には175,808.59㎡)に共同住宅などを建設する事業予定者を総合評価方式で選定した結果、「三井不動産レジデンシャル」を代表企業とする「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区街づくり検討グループ」を特定しています。

 最終的には、「A区画、B-1街区、B-2街区、B-3街区、B-4街区、B-5街区、B-6街区、B-7街区」の8区画が開発され、約4,500戸の住宅機能を整備し、約1万人が暮らす街が整備される予定です。

 第一弾の「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」と第二弾の「幕張ベイパーク スカイグランドタワー」は竣工済です。現在は、第三弾の 「幕張ベイパーク  ミッドスクエアタワー」が建設中です。

 第四弾として超高層シニアレジデンス「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-5街区)」が建設予定です。「B-5街区」は、当初計画では、2029年の竣工予定で、地上46階、総戸数703戸の超高層タワーマンションが建設予定でしたが、超高層シニアレジデンスに計画変更されました。

● (仮称)パークウェルステイト幕張計画
 「三井不動産レジデンシャル」は、千葉県千葉市美浜区において、首都圏最大級となるシニアレジデンス「(仮称)パークウェルステイト 幕張 計画」を2021年8月31日に着工しました。2024年秋の開業を予定しています。

 引用資料 三井不動産レジデンシャル(PDF:2021/09/02)
 ~大規模複合開発 が進行する幕張ベイパーク に「三井のシニアサービスレジデンス」~ 「(仮称)パークウェルステイト幕張 計画」着工 首都圏最大級 地上 28階、 617 室 2024年 秋 開業予定

(仮称)パークウェルステイト幕張計画の概要
◆ 計画名-(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-5街区)
◆ 所在地-千葉県千葉市美浜区若葉三丁目1番23(地番)
◆ 交通-JR京葉線「海浜幕張」駅
◆ 階数-地上28階、地下0階
◆ 高さ-最高部105.60m
◆ 敷地面積-24,589.34㎡
◆ 建築面積-6,955.81㎡
◆ 延床面積-49,596.39㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭、既製コンクリート杭
◆ 地震対策-免震構造
◆ 用途-住宅型有料老人ホーム、飲食店、クリニック、事務所
◆ 総戸数-617室(一般居室534室、介護居室83室)
◆ 建築主-三井不動産レジデンシャル
◆ 設計者・監理者-熊谷組
◆ 施工者-熊谷組
◆ 着工-2021年08月31日
◆ 竣工-2024年07月下旬予定
◆ 開業-2024年秋予定


Chibamakuhari210912
「タワー棟外観完成イメージ」です。


Chibamakuhari210913
「ランドスケープ鳥瞰イメージ」です。


Chibamakuhari210914
「完成予想イメージ」です。


Chibamakuhari210915
「幕張ベイパーク全体敷地図」です。


Chibamakuhari210916
「計画地案内図」です。


Chibamakuhari210951
2021年9月中旬の「(仮称)パークウェルステイト幕張計画」の建設状況です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari210952
内部の様子です。本格的に工事が始まっています(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari210953
「アンギラス杭打機(ラフテレーンクレーンベースのリーダーレス杭打機)」です(写真提供読者さん)。 


Chibamakuhari210954
「山留め壁」となる「シートパイル(鋼矢板)」を建込んでいます(写真提供読者さん)。 


Chibamakuhar210413
「(仮称)パークウェルステイト幕張計画」となる「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-5街区)」の建築計画のお知らせです(写真提供読者さん)。



|

2021年9月18日 (土)

国家戦略特区 地上40階、高さ約240mと地上52階、高さ約225mの「日本橋一丁目東地区第一種市街地再開発事業」 環境影響評価書案の閲覧!

Tokyonihonbash210911
-日本橋一丁目東地区第一種市街地再開発事業-
 「日本橋一丁目東地区」では、「日本橋一丁目東地区市街地再開発準備組合」が再開発を検討しています。事業協力者として「三井不動産、東急不動産、日鉄興和不動産、清水建設」が参画しています。

 概要は、「A街区」は、地上40階、地下4階、高さ 約240m、延床面積 約274,000㎡、「B街区」は、地上52階、地下3階、高さ約225m、延床面積約120,000㎡です。

 引用資料 内閣府(PDF:2021/08/16)
 都市再生特別地区(日本橋一丁目東地区)都市計画(素案)の概要

● 環境影響評価書案の閲覧!
 東京都環境局では、「日本橋一丁目東地区第一種市街地再開発事業」環境影響評価書案の縦覧を行っています。閲覧期間は2021年9月15日~10月14日です。閲覧には、Windows7~10、Internet Explorer及びAdobe Acrobat Reader DCが必要です。

 引用資料 東京都環境局(2021/09/15)
 「日本橋一丁目東地区第一種市街地再開発事業」環境影響評価書案

日本橋一丁目東地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-東京都中央区日本橋一丁目、日本橋本町一丁目、日本橋小網町
◆ 区域面積-約36,000㎡(街区全体)
◆ 延床面積-約19,210㎡(街区全体)
◆ 建築面積-約13,100㎡(街区全体)
◆ 延床面積-約394,650㎡ (街区全体)
◆ 容積対象面積-約296,560㎡ (街区全体)
◆ 建築主-日本橋一丁目東地区市街地再開発準備組合
◆ 事業協力者-三井不動産、東急不動産、日鉄興和不動産、清水建設
◆ コンサルタント-日本設計
◆ 解体工事-2024年度予定
◆ 着工-2026年度予定
◆ 竣工-2037年度予定

A街区の概要(日本橋一丁目内の南側)
◆ 階数-地上40階、地下4階
◆ 高さ- 約240m
◆ 敷地面積-約10,620㎡
◆ 建築面積-約9,000㎡
◆ 延床面積-約274,000㎡
◆ 容積対象面積-約221,900㎡ 
◆ 用途-オフィス、店舗、集会施設(カンファレンス)、駐車場等
◆ 解体工事-2024年度予定
◆ 着工-2026年度予定
◆ 竣工-2030年度予定

B街区の概要(日本橋郵便局のエリア)
◆ 階数-地上52階、地下3階
◆ 高さ-約225m
◆ 敷地面積-約5,450㎡
◆ 建築面積-約3,800㎡
◆ 延床面積-約120,000㎡
◆ 容積対象面積-約74,100㎡ 
◆ 用途-共同住宅、サービスアパートメント、生活支援施設、店舗、駐車場等
◆ 総戸数-約670戸
◆ 解体工事-2030年度予定
◆ 着工-2031年度予定
◆ 竣工-2034年度予定


Tokyonihonbashi210812
「計画概要」です(引用:内閣府)。


Tokyonihonbashi210815
「日本橋川周辺のオープンスペース」です(引用:内閣府)。


Tokyonihonbash210912
「断面図」です。「A街区」は塔屋がメチャメチャ高い事が分かります(引用:東京都環境局)。


Tokyonihonbash210913
「断面図」です(引用:東京都環境局)。


Tokyonihonbashi210817
「配置図」です(引用:内閣府)。


Tokyonihonbashi210818
「位置図」です。日本橋川沿いには5地区の再開発計画があります(引用:内閣府)。


Tokyonihonbashi1908102_20190831100001
「日本橋一丁目東地区」の予定地を南西側から見た様子です。


Tokyonihonbashi1908103_20190831100101
南側から見た様子です。


Tokyonihonbashi1908104_20190831100101
北側から見た様子です。


Tokyonihonbashi1908105_20190831100101 
編入を視野に検討中だった北西角の「日本橋郵便局」の参画が決定しています。


Tokyonihonbashi1908106_20190831100101
「日本橋郵便局」を北東側から見た様子です。


Tokyonihonbashi1908107_20190831100201
北東側から見た様子です。含まれます。



|

2021年9月17日 (金)

JR京葉線 2023年春に開業予定 海浜幕張駅~新習志野駅間の新駅 「桁式ホーム」が姿を現す 2021年9月中旬の建設状況

Chibamakuhari201031
-JR京葉線 海浜幕張駅~新習志野駅間の新駅-

 「JR京葉線」の海浜幕張駅と新習志野駅の間に新駅を設置します。新駅の位置は、千葉市美浜区浜田二丁目で、海浜幕張駅と新習志野駅のほぼ中間点を予定しています。駅舎は線路南側(海側)に置き、「イオンモール幕張新都心・ファミリーモール」の向かいになります。

 新駅の予定地は、高架橋が上下線で独立しており、上り線が2階付近、下り線が地上を走っているため、線路間に高さが違うホームを置く予定です。また、新駅の北側には京葉線や武蔵野線の電車基地「京葉車両センター」があるため、その上をまたぐ自由通路(約150m)も設置する予定です。

 「JR東日本(東日本旅客鉄道)」と「千葉県、イオンモール、千葉市」の3者を構成員とする幕張新都心拡大地区新駅設置協議会では、幕張新都心全体における都市機能の強化や交通機能の分散化を図るため、京葉線新駅について2018年4月20日に基本協定を締結し、2020年7月下旬から本格着工して事業を進めています。開業時期は2023年春予定です。

 引用資料 JR東日本千葉支社(PDF:2020/10/30)
 幕張新都心拡大地区新駅の事業進捗について

幕張新都心拡大地区新駅の概要
◆ 位置-千葉県千葉市美浜区浜田二丁目(海浜幕張駅と新習志野駅のほぼ中間点、海浜幕張駅から約1.7㎞、新習志野駅から約1.7㎞)
◆ 駅舎-線路南側(海側)に設置、駅本屋は地上1階(鉄骨造)
◆ ホーム-全長約210m(10両対応)、線路間に2階層(下りホーム1階、上りホーム2階)、エスカレーター(2基)、エレベーター(1基)
◆ 自由通路-駅舎とは分離し、新駅東側(蘇我方面)に設置、全長約150m×幅員約4m(屋根及び壁付き)、エレベーター(2基)
◆ 着工-2020年07月下旬
◆ 開業-2023年春予定


Chibamakuhari201032
【上り(東京方面)ホームイメージ図】です。「上り(東京方面)」は高架となります。


Chibamakuhari201033
【改札内コンコースイメージ図】です。


Chibamakuhari201034
【中央部断面図】です。高架橋が上下線で独立し、上り線が2階付近、下り線が地上を走っているため、上り線を高架2階、下り線を地上1階に設置します。


Chibamakuhari201035
【新駅設置位置】です。千葉市美浜区浜田二丁目で、JR新習志野駅から約1.7km、JR海浜幕張駅から約1.7kmの位置です。超巨大な商業施設「イオンモール幕張新都心」の玄関口になります。


Chibamakuhari210931_20210916150701
新駅の2021年9月中旬の建設状況です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari210932
上り線側の工事の様子です。駅舎が姿を現しています(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari210933
上り線側の桁式ホームの「PC板」が見えます(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari210934
更に南東側です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari210935
更に南東側です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari210936
更に南東側です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari210937
高架橋の奥の下り線側でも本格的に工事が行われています(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari210938
下り線側の桁式ホームの「PC板」が見えます(写真提供読者さん)。



|

2021年9月16日 (木)

地上46階、高さ約250m、延床面積約395,000㎡の「(仮称)札幌駅交流拠点北5西1・西2地区第一種市街地再開発事業」 施設イメージ公開!

Sapporojr210911
-札幌駅交流拠点北5西1・西2地区-
 
「JR北海道」は2019年11月11日に、JR札幌駅南口の「北5西1・西2地区」に一体的に整備する新ビルのうち、「西1街区」の高層棟は地上47階、高さ約230mを目指すことを明らかにしました。

 高層棟について2019年11月1日に東京・渋谷に開業した渋谷駅直結の超高層ビル「渋谷スクランブルスクエア」をモデルに、新ビルを新幹線と各交通機関との結節点としたい考えを示しました。

 2020年8月4日には、「(仮称)札幌駅交流拠点北5西1・西2地区第一種市街地再開発事業 計画段階環境配慮書」の縦覧が開始されました。延床面積約417,000㎡、最大高さ約255mの「A案」、約200m、約150mの2棟構成となる「B案」が公開されました。札幌市は、2021年3月12日に、高さ約255mの高層ビル建設を軸とした案に絞り込んだと明らかにしました。

● マスターアーキテクトの選定!
 「JR北海道」は9月15日に、札幌駅に隣接する北5西1・西2地区で進められる再開発ビルのマスターアーキテクトに、建築家の「内藤廣氏」を招聘したことも発表しました。施設の各箇所のデザイン体制を構築し、マスターアーキテクト、デザイナー、建築設計者の協業で、建物デザインを具体化していきます。

 引用資料 JR北海道(PDF:2021/09/15)
 札幌駅交流拠点北5西1・西2地区市街地再開発のマスターアーキテクトの選定について

 概要は、地上46階、地下4階、高さ約250m、延床面積約395,000㎡です。用途は「商業施設、オフィス、ホテル、バスターミナル、駐車場、DHC・GCS」です。開業は2029年秋を予定しています。

 最大高さ約255m、延床面積約417,000㎡から高さ約250m、延床面積約395,000㎡と少し規模が縮小されました。それでも札幌市ではダントツに高い超高層ビルになります。


Sapporojr210912
「配置図」です。


Sapporojr210913
「施設構成」です。


Sapporojr210914
改修工事エリア
 「JR北海道」は9月15日に、北海道新幹線札幌延伸に伴う、新幹線高架橋工事に2022年度から着手することを発表し、工事に伴う2022年度までの施設変更概要を発表しました。

 引用資料 JR北海道(2021/09/15)
 北海道新幹線札幌延伸に向けた工事のお知らせ


Sapporojr191115
札幌駅交流拠点北5西1・西2地区市街地再開発
 「(仮称)札幌駅交流拠点北5西1・西2地区第一種市街地再開発事業」の予定地です。写真手前の駐車場と左側の「ビックカメラ札幌店」入っている「エスタ」が再開発予定地となります。「エスタ」は解体されます。



|

2021年9月15日 (水)

東武野田線(野田市)連続立体交差事業 島式2面4線+留置線1線の「野田市駅」は、2023年度の使用開始予定!

Chibanoda210911
-東武野田線(野田市)の連続立体交差事業葉-
 「千葉県」と「東武鉄道」は、東武野田線の「清水公園駅」~「梅郷駅間」の連続立体交差事業を行っています。東武アーバンパークラインの清水公園駅南側から都市計画道路中根山崎線北側にかけて2,905mを高架化し、間の「愛宕駅、野田駅」の2駅が高架化され、11ヶ所の踏切が除去されます。

 引用資料 東武鉄道(PDF:2021/02/23)
 3月28日(日)から東武アーバンパークライン 清水公園~梅郷間 高架区間の使用を開始します

 工事の進捗に伴って、2021年3月28日初列車より、清水公園~梅郷間の高架区間の使用を開始しました。愛宕駅については3月28日より新駅舎の使用を開始しました。

 「野田市駅」は、2023年度の使用開始を予定しており、「『温故知新』~歴史に寄り添い発展する街~」をデザインコンセプトに、興風会館や千秋社など野田市にある近代化産業遺産を象徴するようなファサードデザインで生まれ変わります。

東武野田線(野田市)連続立体交差事業の概要
◆ 事業区間-東武野田線 清水公園~梅郷間延長2,905m
◆ 高架化される駅-愛宕駅、野田市駅
◆ 解消される踏切数-11ヶ所
◆ 事業種別-単純連続立体交差事業
◆ 事業主体-千葉県、東武鉄道
◆ 事業期間-2008年度~2023年度予定
◆ 事業費-約353億円(負担割合:千葉県約324億円、東武鉄道約29億円)


Chibanoda210912
「野田市駅完成イメージ」です。使用開始は2023年度を予定しています。

● 野田市駅のデザインコンセプト
「温 故 知 新」 ~歴史に寄添い発展する街~近代化産業遺産との調和
◇ 昭和初期に建築された旧野田町駅の雰囲気を継承。
◇ 興風会館や千秋社など近代化産業遺産が数多く存在し、この貴重な街の遺産を象徴するようなファサードを形成。
◇ 高架下部分は、旧野田市駅の魅力であるレンガ要素を施し、ノスタルジック(遠い懐かしさ)に表現。
◇ 街の歴史遺産をイメージした駅にすることで、利用者が地域に興味を持ち、街に親しみを感じる玄関口を演出。


Chibanoda210913
「野田市駅部横断図(完成イメージ)」です。島式2面4線+保守車両の留置線1線となります。


Chibanoda210914
「東武野田線(野田市)連続立体交差事業の概要」です。



|

2021年9月14日 (火)

幕張新都心 「幕張ベイパーク」の北側 千葉市の新拠点病院「千葉市立病院再整備基本構想」 新病院の概要が判明!

Chibamakuhari210931
-千葉市立病院再整備基本構想-

 「千葉市」は、「海浜病院」に代わる新病院の建設に向け、「千葉市立病院再整備基本構想」を進めています。病床数は一般380~430床、2022年度の実施設計、2023年度・2024年度の建設を経て、2025年度早期のオープンを目指します。

 整備規模は、近年整備された病院の事例を参考に、新病院では1床あたり面積を約100㎡として、必要な機能を備えることとし、具体的な施設内容は基本計画以降で検討します。400床×100㎡(1床当たり)=約40,000㎡を想定しています。

 建設予定地は、早期の着工が可能で、新病院の建設に必要な広さが確保でき、移転の影響も少なく、千葉市西部の医療ニーズに対応できる場所に建設することが望ましいと考えられるため、幕張新都心若葉住宅地区小学校・公益施設用地内を建設予定地とします。

● 延床面積約33,000㎡、病床数333床程度
 「千葉市病院局」は9月10日に、新病院整備事業の進ちょく状況を明らかにしました。幕張新都心若葉住宅地区に333床程度を備える新病院を建設する計画です。工事費は約220億円を概算しています。

 日刊建設新聞(2021/09/11)
 事事費220億円概算 ECI方式 延べ3.3万平方mの新病院(千葉市)

 新病院の建設予定地は美浜区若葉三丁目1番26に位置する幕張新都心若葉住宅地区の小学校・公益施設用地のうち約35,000㎡を活用します。施設の構造・規模は、鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)、地上5階、高さは31m以下、延床面積約33,000㎡を想定しています。屋上にヘリポートや機械室を設置します。

 本体や外構、造成などの概算工事費は約220億円、用地費や医療機器などの購入費、移転経費などを含めた総事業費については精査中です。2022年度から造成工事を進め、2023年度の本体着工、2025年度のできるかぎり早期の開院を目指しています。


Chibamakuhari200412
「新病院建設予定地」です。「幕張ベイパーク」の北側で、「千葉県立幕張総合高等学校」の東隣に位置します。

 引用資料 千葉市・公式HP
 千葉市病院事業のあり方検討委員会


Chibamakuhari200411
「新病院建設予定地」です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari200414
敷地は更地になっています。新病院開院後は、現在の海浜病院施設は除却し、用地は、所有者である千葉県に返還する予定です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari200415
敷地の三方向が道路に面しておりアクセスには問題はありません(写真提供読者さん)。



|

«幕張新都心 幕張ベイパークの第三弾 地上43階、高さ約155mの 「幕張ベイパーク ミッドスクエアタワー」 公式ホームページがオープン!