2019年7月15日 (月)

リニア中央新幹線プロジェクト JR品川駅の東側 大規模に行われている「中央新幹線品川駅新設(北工区・南工区)」

Tokyojrshinagawa190711
リニア中央新幹線プロジェクト-
 「JR東海(東海旅客鉄道)」は、東京(品川)~名古屋間で2027年開業を目指す「リニア中央新幹線プロジェクト」で、2016年1月27日に安全祈願と起工式を現地で行い、駅舎整備の初弾となる「品川駅」を着工しました。

 
Tokyojrcentral16011
工事位置

 「工事位置」です。工事は、「中央新幹線品川駅新設(北工区)」と「中央新幹線品川駅新設(南工区)」に分かれています。

引用資料 JR東海・ニュースリリース(2016/01/20)
 中央新幹線品川駅新設(北工区・南工区)工事における環境保全について

 リニア中央新幹線の「品川駅」は、施工延長約450mです。このうち、東京方の北工区は施工延長約150m、名古屋方の南工区は施工延長約300mとなっています。
 北工区は「清水建設・名工建設・三井住友建設JV」が担当、南工区は「大林組・東亜建設工業・熊谷組JV」が担当します。


Tokyojrcentral16012
土留め壁構築
 
最初に「土留め壁」の構築を行います。大規模な「連続地中壁」が構築されます。


Tokyojrcentral16013
品川駅の施工手順

 起点となる「品川駅」の施工手順です。「品川駅」の工事は開削工法で行われますが、東海道新幹線の通常運行を続けながらの工事となるので、超難工事になります。

 東海道新幹線の「品川駅」の真下の地下約40mに設置します。新幹線のホームに並行する形で、最大幅約60mの巨大な地下空間に島式2年4線ホームを建設します。各ホームには2編成ずつ計4編成のリニアが停車出来ます。


Tokyojrshinagawa161015
土留め壁の施工手順

 「土留め壁」は、「H形鋼」を建込む一般的な「ソイルセメント柱列壁」ではなく、「鉄筋かご」を建込む「RC地中連続壁」となります。


Tokyojrshinagawa190712
このあたりが「北工区」の北端になります。


Tokyojrshinagawa190713
北端から南側を見た様子です。


Tokyojrshinagawa190714
「良液槽」が2基設置されています。


Tokyojrshinagawa190715
北側に振り返った様子です。


Tokyojrshinagawa190716
用途も型名も分かりませんが、形状から「鉄筋かご建込機」だと思われます


Tokyojrshinagawa190717
更に南側です。


Tokyojrshinagawa190718
名称は分かりませんが、低空頭型の「水平多軸式地中連続壁掘削機」です。ビニールシートで覆われているる部分が「回転水平多軸カッター」です。

● CMX-SE?
 ボーリング用機器・掘削機械の製造・販売を手掛ける「東亜利根ボーリング」が、品川駅や名古屋駅での大深度工事を想定し、狭い地下空間での施工や移動の自由度を高めた「CMX-SE」を開発しています。多くの部分が目隠しされていて良く分かりませんが、「CMX-SE」のように見えます。

 東亜利根ボーリング 公式ホームページ(PDF)
 回転水平多軸式連続壁機 CMX-SE


Tokyojrshinagawa190719
「JR品川イーストビル」の下を北側から見た様子です。


Tokyojrshinagawa190720
「JR品川イーストビル」の下でも「土留め壁(地中連続壁)」を構築します。


Tokyojrshinagawa190721
「JR品川イーストビル」の南側です。


Tokyojrshinagawa190722
このあたりが「中央新幹線品川駅新設(南工区)」の南端になります。更に南側は別工区「中央新幹線品川駅新設(非開削工区)」になります。



|

2019年7月14日 (日)

港区 竣工した地上26階、高さ約114mの「Shinagawa HEART(品川ハート)・品川ハートビュータワー」

Tokyokonan190711
-Shinagawa HEART(品川ハート)-

 JR品川駅港南口(東口)の港南二丁目に「品川フロントビル」がありますが、道路を隔てた北側の港南一丁目に「港南一丁目市街地住宅」がありました。

 「港南一丁目市街地住宅」は建て替えられました。建て替えの理由は、老朽化と一般居住部分が耐震基準を満たしていないためです。ビルを所有していたのは、「はとバスの東京バスツアー」で有名な「はとバス」と「UR都市機構」です。

 計画名は「(仮称)はとバス港南ビル・港南一丁目市街地住宅の共同建替事業」と非常に長く、地上26階、塔屋1階、地下2階、高さ114.36mの「オフィス、共同住宅、店舗、保育所、自動車車庫」で構成される超高層複合ビルが建設されました。

 正式名称は「Shinagawa HEART(品川ハート)」です。1階が「エントランス、店舗」、2階が「防災センター、保育施設」、3階~14階が「オフィス」、15階が「小区画オフィス、住宅共用部、機械室等」、16階~25階が139戸の賃貸住宅「品川ハートビュータワー」です。 2019年2月7日に竣工しました。

Shinagawa HEART(品川ハート)の概要
◆ 計画名-(仮称)はとバス港南ビル・港南一丁目市街地住宅の共同建替事業
◆ 所在地-東京都港区港南一丁目6番5号外(地名地番)
◆ 交通-JR線(東海道本線・京浜東北線・山手線・横須賀線・上野東京ライン)、JR東海道新幹線、京急本線「品川」駅港南口より徒歩5分
◆ 階数-地上26階、塔屋1階、地下2階
◆ 高さ-最高部114.36m、軒高108.95m
◆ 敷地面積-3,969.84㎡
◆ 建築面積-1,758.23㎡
◆ 延床面積-36,529.07㎡
◆ 構造-鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 地震対策-中間階免震構造(2階と3階の間に免震層を設置:天然ゴム系積層ゴム、オイルダンパー、ロック機構付きオイルダンパー)
◆ 用途-オフィス、共同住宅、店舗、保育所、自動車車庫
◆ 総戸数-139戸(品川ハートビュータワー)
◆ 建築主-はとバス、UR都市機構(都市再生機構)
◆ 設計者-大成建設
◆ 監理者-日東設計事務所
◆ 施工者-大成建設
◆ 着工-2016年07月15日
◆ 竣工-2019年01月23日(工事完了)、2019年02月07日(竣工)
◆ 入居開始-2019年03月上旬(品川ハートビュータワー)


Tokyokonan190712
南東側から見た下層階の様子です。


Tokyokonan190713
中間階免震構造

 「Shinagawa HEART(品川ハート)」は、地震対策として「中間階免震構造」を採用しています。2階と3階の間の窓の無い部分が「免震層(天然ゴム系積層ゴム、オイルダンパー、ロック機構付きオイルダンパー)」です。


Tokyokonan190714
南東角です。


Tokyokonan190715
「エントランス」です。


Tokyokonan190716
敷地南側の「公開空地」です。


Tokyokonan190717
敷地東側の「植栽」です。


Tokyokonan190718
南西側から見た様子です。


Tokyokonan190719
南西側から見た下層階の様子です。


Tokyokonan190720
南西側から引いて見た様子です。


Tokyokonan190721
北東側から見た様子です。この角度から見るとビルが「長方形」では無い事が分かります。


Tokyokonan190722
北東側から見た下層階の様子です。



|

2019年7月13日 (土)

マリオット・インターナショナルの最高級グレードのホテルブランド 「東京エディション銀座」の地鎮祭を2019年7月11日に挙行!

Tokyoginza190711
-東京エディション銀座-

 「森トラスト」は、銀座二丁目で計画を進めている「東京エディション銀座」について、2019年7月11日に地鎮祭を執り行いました。マリオット・インターナショナルにおける最高級グレードのホテルブランド「EDITION(エディション)」は、マリオット・インターナショナルと世界的なホテリエであるイアン・シュレーガー氏とのコラボレーションによって生まれた、上質なラグジュアリースタイルとライフスタイル型のホテルを融合させた、世界が注目する最先端のホテルブランドです。

 引用資料 森トラスト(PDF:2019/07/11)
 ハイブランドショップが集積する「銀座二丁目交差点」近接 銀座初となる最高級ラグジュアリーライフスタイルホテルブランド「東京エディション銀座」 2021年開業に向けて着工

 「東京エディション銀座」は、東京ワールドゲート内に2020年開業予定の「東京エディション虎ノ門」に続き、2021年の開業を予定しています。虎ノ門と銀座に誕生する2つの「EDITION」のデザイナーには、日本を代表する建築家である隈研吾氏を起用しています。

東京エディション銀座の概要
◆ 計画名-(仮称)銀座二丁目計画新築工事 
◆ 所在地-東京都中央区銀座二丁目3番13号他
◆ 階数-地上14階、地下1階
◆ 高さ-47.95m
◆ 敷地面積-663.91㎡
◆ 建築面積-550.35㎡
◆ 延床面積-7,350.43㎡
◆ 構造- 鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 用途- ホテル、駐車場 
◆ 客室数-約80室(Suite Room 含む)
◆ 建築主-森トラスト
◆ 設計者-隈研吾建築都市設計事務所・安藤ハザマ設計共同企業体
◆ 施工者-安藤・間
◆ 着工-2019年06月28日(着工)、2019年07月11日(地鎮祭)
◆ 竣工-2021年02月28日予定 
◆ 開業-2021年春~夏予定


Tokyoginza190712
「ルーフトップバー」です。


Tokyoginza190713
「The New York EDITION」です。


Tokyoginza190714
「The New York EDITION」です。


Tokyoginza190715
「The London EDITION」です。ニューヨークやロンドンのイメージを見るとメチャメチャ豪華なホテルですね。



|

2019年7月12日 (金)

マンション建替組合による建て替え 地上35階、高さ約135mの「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」

Tokyoshirokane190711
(仮称)高輪一丁目共同建替計画-
 
「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」は、「白金アエルシティ」から道路を挟んだ東側で、複数棟のマンションや雑居ビルを一体的に建て替えるプロジェクトです。

 設計者の「HOU一級建築士事務所」はあまり聞かない名称ですが、「プラウドタワー白金台」を設計した建築事務所です。「プラウドタワー白金台」と同じような手法で再開発が行われると思われます。

 だだし、「東京都環境局」の資料では、設計者が「西松建設株式会社・株式会社東急設計コンサルタント設計共同体」となっています。どちらが正しいのかよく分かりません・・・

 既存建物の解体工事がすでに終わっています。現在は「西松建設」の施工により、「地下障害物の撤去」が行われています。「労災保険関係成立票」によると工期は、2019年2月1日~2019年7月31日(予定)となっています。

(仮称)高輪一丁目共同建替計画の概要
◆ 所在地-東京都港区高輪一丁目107-1、107-11 外
◆ 階数-地上35階、地下3階
◆ 高さ-最高部135.64m、軒高135.64m
◆ 敷地面積-2,047.66㎡
◆ 建築面積-829.44㎡
◆ 延床面積-29,823.698㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-杭基礎
◆ 用途-共同住宅、店舗
◆ 建築主-高輪一丁目共同建替計画マンション建替組合
◆ 設計者-HOU一級建築士事務所
◆ 施工者-西松建設
◆ 解体工事-2018年05月16日~2019年07月31日予定
◆ 着工-2019年02月20日予定(当初計画)
◆ 竣工-2022年11月30日予定


Tokyoshirokane190712
「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」の建設予定地を南東側から見た様子です。合計で6棟のビルが解体されました。


Tokyoshirokane190713
南西側から見た様子です。


Tokyoshirokane190714
南西側の歩道橋から見た様子です。


Tokyoshirokane190715
「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」の建築計画のお知らせです。



|

2019年7月11日 (木)

JR東日本 「京浜東北線」で10番目にホームドアが使用開始された「品川駅」の南行

Tokyoshinagawa190711
 -京浜東北線のホームドア-

 JR東日本は、ホームドアの整備を進めています。「山手線」の整備にはほぼメドが立ったため、「京浜東北線」での整備が本格化しています。

 2017年3月25日の初電から、「JR赤羽駅」に「京浜東北線」では初めてのホームドアが使用開始されました。2018年12月15日から「JR品川駅」の南行で、京浜東北線・根岸線の中で10番目にホームドアが使用開始されました。

● 京浜東北線ホームドア整備のスケジュール
(01) 赤羽駅(2017年03月25日使用開始)
(02) さいたま新都心駅(2017年09月23日使用開始)
(03) 浦和駅(2017年10月21日使用開始)
(04) 上野駅(2017年12月20日使用開始)
(05) 大井町駅(2018年02月14日使用開始)
(06) 鶴見駅(2018年03月03日使用開始)
(07) 桜木町駅(2018年08月10日使用開始)
(08) 有楽町駅(2018年09月26日使用開始)
(09) 御徒町駅(2018年12月12日使用開始)
(10) 品川駅南行(2018年12月15日使用開始)
(11) 東神奈川駅(2018年12月27日使用開始)
(12) 秋葉原駅(2019年02月13日使用開始)
(13) 王子駅(2019年02月20日使用開始)
(14) 南浦和駅南行(2019年02月23日使用開始)
(15) 西日暮里駅(2019年04月12日使用開始)
(16) 川口駅(2019年06月15日使用開始)


Tokyoshinagawa190255
山手線・京浜東北線のホーム改良ステップ図
 2019年秋頃に京浜東北線の線路の切換工事を実施し、京浜東北線(大宮方面)の停車番線を3番線から4番線に変更を行います。2022年頃に3・4番線のホームの拡幅(9m→13m)を行い、京浜東北線(大宮方面)と山手線外回り(渋谷・新宿方面)が同じホーム上で乗り換え出来るようになります。1番線のホームを山手線内回り(東京・上野方面)の専用ホームとします。

 引用資料 JR東日本(PDF:2019/02/26)
 品川駅のお乗り換え利便性向上と混雑緩和及びバリアフリールートの拡充に取り組みます 

 JR東日本は、「品川駅」の乗り換え利便性向上と混雑緩和及びバリアフリールートの拡充に取り組みます。「品川駅」は、JR東日本管内で乗車人員が5番目のターミナル駅で、通勤・通学時間帯には北側コンコース・自由通路が混雑しており、また山手線外回り(渋谷・新宿方面)と京浜東北線(大宮方面)を乗り換える際はホームが別のため、階段・コンコースを経由する必要があります。

 今後、品川駅周辺の開発や乗降客の増加が見込まれることから、乗り換えの利便性の向上やコンコース・自由通路の混雑緩和などの取り組みを実施し、より快適で安心して利用出来る駅づくりを目指します。


Tokyoshinagawa190256
「5番線ホーム(京浜東北線南行)」と「6番線ホーム(東海道線上り)」です。


Tokyoshinagawa190257
5番線ホーム(京浜東北線南行)

 2018年6月17日から供用開始された「5番線ホーム(京浜東北線南行)」です。2018年12月15日からは「ホームドア」が稼働しています。


Tokyoshinagawa190712
今までの9駅は、南行と北行の同時稼働でしたが、初めて別々の稼働になりました。


Tokyoshinagawa190713
電車が停車した状態です。


Tokyoshinagawa190714
ドアが開いた状態です。


Tokyoshinagawa190258
新4番線ホーム(京浜東北線北行)

 かつて「4番線ホーム(京浜東北線南行)」だったホームは、閉鎖されて改良工事が行われています。「新4番線ホーム(京浜東北線北行)」に生まれ変わり、2019年秋頃に供用開始される予定です。



|

2019年7月10日 (水)

「渋谷ヒカリエ」の隣接地 地上23階、高さ約120mの「渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業」 事業計画の縦覧を開始!

Tokyoshibuya180911
-渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業-
 
渋谷ヒカリエの隣接地に「渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業」の計画があります。想定している概要は、地上23階、地下2階、高さ約120m、延床面積約44,560㎡の超高層オフィスビルです。

 引用資料 渋谷区・公式ホームページ
 渋谷駅東口地区まちづくり

 再開発予定地は渋谷駅東側に位置し、西側から「シオノギ渋谷ビル、渋谷アイビスビル、渋谷東宝ビル、太陽生命渋谷ビル」の4棟のビルが建っています。
 北側に「渋谷ヒカリエ」、南東側に「青山通り」が隣接しています。急勾配の坂があり、歩行者空間やにぎわい空間の不足が課題となっています。

● 事業計画の縦覧を開始!
 渋谷区は7月9日に、「渋谷二丁目17地区市街地再開発準備組合」が計画する「渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業」の事業計画の縦覧を開始しました。縦覧期間は2019年7月9日~7月22日まで、縦覧場所は「区役所本庁舎11階都市計画課都市計画係」です。

 建設通信新聞(2019/07/10)
 20年10月に着工/総事業費は約301億円/渋谷2-17再開発準備組合

 日刊建建設工業新聞(2019/07/10)
 渋谷二丁目17地区再開発(東京都渋谷区)/延べ4万平米複合ビルを建設/準備組合  

 2020年10月の着工、2024年5月の竣工を予定しています。総事業費は約301億4300万円とする概算も示しました。建物北側の「渋谷ヒカリエ」、南東側の「渋谷クロスタワー」に至る歩道橋と2階デッキで接続し、歩行者ネットワークを充実させます。青山通り沿いと区道沿いには歩道状の空き地を設けます。

渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-東京都渋谷区渋谷二丁目17番地
◆ 階数-地上23階、地下2階
◆ 高さ-約120m
◆ 敷地面積-約3,460㎡
◆ 建築面積-約2,450㎡
◆ 延床面積-約44,560㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-オフィス(地上5階~地上23階)、店舗(地上1階~地上4階)、駐車場(地下1階)
◆ 建築主-渋谷二丁目17地区市街地再開発準備組合(シオノギ渋谷ビル、渋谷アイビスビル、渋谷東宝ビル、太陽生命渋谷ビルの4棟)
◆ 着工-2020年10月予定
◆ 竣工-2024年05月予定
◆ 総事業費-約301億4300万円(概算)


Tokyoshibuya180913
「建物配置の考え方」です。


Tokyoshibuya180914
「歩行者ネットワークの強化について」です。


Tokyoshibuya180915
「再開発が検討されている計画地」です。敷地北側に「渋谷ヒカリエ」が隣接しています。西側から「シオノギ渋谷ビル、渋谷アイビスビル、渋谷東宝ビル、太陽生命渋谷ビル」の4棟が建っています。


Tokyoshibuya190715
「渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業」の予定地です。全景を撮影出来るいいポイントがありません。


Tokyoshibuya190711
「渋谷クロスタワー」前の広場です。ここから歩道橋デッキで接続されます。正面の「シオノギ渋谷ビル」が再開発区域の西端になります。


Tokyoshibuya190713
「渋谷ヒカリエ」から見た様子です。


Tokyoshibuya190714
「渋谷ヒカリエ」とは歩道橋デッキで接続されます。



|

2019年7月 9日 (火)

新宿副都心 地上43階、高さ約160mの「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」 市街地再開発組合の設立を認可!

Tokyoshinjuku1907100
-西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業

 2017年2月に友人に「さいたまスーパーアリーナ」に無理矢理に「乃木坂46」のライブに連れて行かれました。その頃はまだファンでは無かったので、メンバーの顔と名前が数人くらいしか分かりませんでした。

 予備知識がほとんど無い中で、パッと見て「この子美人だなあ!」と見とれてしまったメンバーがいました。それがキャプテンの「桜井玲香」でした。「桜井玲香」が昨日、「乃木坂46」からの卒業を発表しました。なんかメチャメチャ寂しいです。

 本題に戻って、西新宿五丁目では、北側から「西新宿五丁目北地区」、「西新宿五丁目中央北地区」、「西新宿五丁目中央南地区」の再開発計画があります。

 第一弾の「西新宿五丁目中央北地区第一種市街地再開発事業」は、地上60階、地下2階、高さ208.97mの超高層タワーマンション「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」として、2017年10月31日に竣工しました。

 「西新宿五丁目中央南地区」には、地上43階、地下1階、高さ約160m、総戸数471戸の「住宅棟」と、地上3階の「施設棟」の一体型を想定しています。「施設棟」は区域内の事務所、店舗に加え、保育所で構成する予定です。

 引用資料 第58回新宿区景観まちづくり審議会(PDF)
 西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業 

● 市街地再開発組合の設立!
 東京都は、都市再開発法第11条第1項の規定に基づき、2019年7月4日に「西新宿五丁目中央南地区市街地再開発組合」の設立を認可しました。不燃化推進特定整備地区である「西新宿五丁目地区」のコア事業として、建物の不燃化や地区施設の整備により地域の防災性・安全性を向上させるとともに、複合市街地を形成し、土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を図ります。

 東京都  都市整備局(2019/07/03)
 西新宿五丁目中央南地区市街地再開発組合の設立を認可します

西新宿五丁目中央南地区の概要
◆ 計画名-西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業
◆ 所在地-東京都新宿区西新宿五丁目5、13他
◆ 階数-地上43階、地下1階
◆ 高さ-約160m
◆ 施行区域面積-約8,000㎡
◆ 敷地面積-約5,930㎡
◆ 建築面積-約3,500㎡
◆ 延床面積-約58,140㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 用途-共同住宅、オフィス、店舗、保育所、駐車場
◆ 総戸数-471戸
◆ 建築主-西新宿五丁目中央南地区市街地再開発組合(参加組合員 三井不動産レジデンシャル)
◆ 設計者-(基本設計)INA新建築研究所、(実施設計)熊谷組
◆ 施工者-熊谷組
◆ 着工-2020年度予定
◆ 竣工-2023年度予定
◆ 総事業費-約273億円


Tokyoshinjuku160722
「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」の位置図です。


Tokyoshinjuku160723_2
「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」の配置図です。超高層の「住宅棟」と低層の「施設棟」で構成されます。


Tokyoshinjuku160724
「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」の断面図です。「住宅棟」は、地上43階、地下1階ですが、塔屋が2層あるようです。「施設棟」は、地上3階、地下1階となっています。


Tokyoshinjuku160725
「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」の予定地を北東側から見た様子です。手前の通りは「十二社通り」です。


Tokyoshinjuku160726
「十二社通り」沿いは、グレーのマンション手前までが範囲のようです。



|

2019年7月 8日 (月)

ビックリ! 児童数の急増により「みなとパーク芝浦」内に小学校を建設 プール・体育館・トラックを立体的に配置する「(仮称)芝浦第二小学校等施設整備」

Tokyoshibaura190711
-(仮称)芝浦第二小学校等施設整備-

 「港区立芝浦小学校」通学区域内の児童数は年々増えており、2019年度(令和元年度)以降、芝浦小学校の教室数は不足することが想定されます。そのため、「みなとパーク芝浦」の芝生広場(旧文化芸術ホール計画地)に新設校を設置することとしました。

 引用資料 港区・公式ホームページ
 芝浦地域の新設校((仮称)芝浦第二小学校)の設置について

 「みなとパーク芝浦」は、港区スポーツセンター、芝浦港南地区総合支所、港区立消費者センター、港区立介護予防総合センター「ラクっちゃ」、港区立男女平等参画センター「リーブラ」等の複合施設です。

 新設校は、2022年度(令和4年度)の開校を目指し、普通教室24教室、特別教室、屋上校庭、屋内体育館及び屋内プール等を整備します。また、体育授業での港区スポーツセンターや昼休み(午後1時から2時)に区立芝浦公園の利用等も予定しています。

(仮称)芝浦第二小学校等施設整備の概要
◆ 所在地-東京都港区芝浦一丁目117番1ほか 
◆ 階数-地上9階、地下1階
◆ 高さ-最高部54.9m、軒高48.545m
◆ 敷地面積-24,679.51㎡(施設全体)
◆ 建築面積-1,683.68㎡
◆ 延床面積-12,204.95㎡
◆ 構造-プレキャストプレストレストコンクリート造、一部(コンクリート造、鉄骨造)
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭 
◆ 用途-小学校
◆ 建築主-港区長(東京都)
◆ 設計者-NTTファシリティーズ
◆ 施工者-(未定)
◆ 着工-2019年07月上旬予定
◆ 竣工-2022年01月下旬予定
◆ 開校-2022年04月予定


Tokyoshibaura190712
「小学校新設校舎 配置・平面計画案」です。


Tokyoshibaura190713
「小学校新設校舎 断面計画案」です。プール・体育館・トラックを立体的に配置するなんとも凄い校舎です。


Tokyoshibaura190714
「(仮称)芝浦第二小学校等施設整備」の予定地です。当初は「文化芸術ホール」を建設する予定でしたが、「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」に整備されことになりました。


Tokyoshibaura190715
角度を変えて見た様子です。


Tokyoshibaura190716
現地に掲示されている「敷地図」です。


Tokyoshibaura190717
アップです。


Tokyoshibaura190718
「(仮称)芝浦第二小学校等施設整備」の建築計画のお知らせです。



|

2019年7月 7日 (日)

札の辻交差点 三田警察署と東京都港都税事務所の跡地 港区が建設中の「芝五丁目複合施設新築工事」

Tokyomita190731
-芝五丁目複合施設新築工事-

 「札の辻(ふだのつじ)交差点」の東側には、かつて警視庁の「三田警察署」と「東京都港都税事務所」がありました。2つの建物は解体されて港区の施設「芝五丁目複合施設新築工事」が建設されています。

 港区は、新たな産業振興の拠点となる「(仮称)港区立産業振興センター」と利用者からの新たなニーズに対応するため移転・改築する「港区立三田図書館」、その他、区民の豊かな暮らしやまちの魅力を高める機能も備えた複合施設の整備を進めています。

 引用資料 港区・公式ホームページ
 芝五丁目複合施設整備基本計画を策定しました

芝五丁目複合施設新築工事の概要
◆ 所在地-東京都港区芝五丁目606番1、606番5(地番)
◆ 階数-地上12階、地下1階
◆ 高さ-最高部67.03m、軒高58.00m
◆ 敷地面積-2,291.85㎡
◆ 建築面積-1,882.88㎡
◆ 延床面積-18,323.80㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 用途-オフィス、集会所、図書館、物品販売業含む店舗、飲食店、駐車場、駐輪場
◆ 建築主-港区長(東京都)
◆ 設計者・監理者-アール・アイ・エー
◆ 施工者-イチケン・徳倉・田中建設共同企業体
◆ 着工-2018年11月上旬
◆ 竣工-2021年11月下旬予定


Tokyomita190732
「フロア構成のイメージ」です。高層階には「(仮称)港区立産業振興センター 」、中層階には「新三田図書館」、低層階には「活用可能床、エントランスホールなど」を配置します。


Tokyomita190733
「位置図」です。地上33階・高さ163.95mの「三田ベルジュビル」のすぐ西側です。一体的に再開発されたらお互いの敷地形状がもっと理想的な配置になっていたと思うので残念です。


Tokyomita190734
「芝五丁目複合施設新築工事」の建設現場です。


Tokyomita190735
角度を変えて見た様子です。


Tokyomita190736
「芝五丁目複合施設新築工事」の建築計画のお知らせです。


Tokyomita190737
産業安全会館の解体工事

 更に北側では、「産業安全会館」の解体工事が行われています。「芝五丁目複合施設新築工事」との間には、「三田ベルジュビル」の敷地があるので、一体的な開発は無理です。


Tokyomita190738
地上躯体のみの解体工事を行う「産業安全会館(17)構内整備工事」が、2018年7月9日~2019年7月15日(予定)の工期で行われています。



|

2019年7月 6日 (土)

「住友不動産三田ツインビル西館」とデザインや色調がそっくり! 地上42階、高さ約215mの「東京三田再開発プロジェクト」

Tokyomita190711
-三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業-

 国家戦略特区「三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業」は、「札の辻(ふだのつじ)交差点」の西側に広がる広大な敷地です。区域面積は約40,000㎡とかなり広いです。

 広大な敷地を「Ⅰ街区、Ⅱ街区Ⅲ街区」の3街区に分けて整備します。総事業費は約1,620億円です。「Ⅰ街区」の「複合棟1」は、地上42階、塔屋1階、地下4階、高さ約215mと田町・三田エリアで最高の高さになります。高さ約215mは「航空法」での高さ制限を大幅に上回っています。

● 東京三田再開発プロジェクト
 すでに「東京三田再開発プロジェクト」として公式ホームページがオープンしています。今まで公開されていた完成イメージでは「住友不動産三田ツインビル西館」とデザインや色調が似ているとは思いませんでしたが、公式ホームページで公開されてる完成イメージでは「住友不動産三田ツインビル西館」とデザインや色調がそっくりです。

 引用資料 住友不動産
 東京三田再開発プロジェクト

三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 計画名-(仮称)三田三・四丁目地区第一種市街地再発事業 複合棟-1 新築工事
◆ 所在地-東京都港区三田三丁目11番2他
◆ 所在地-都営浅草線・三田線「三田」駅より徒歩3分、JR線「田町」駅より徒歩5分
◆ 階数-(Ⅰ街区)地上42階、塔屋1階、地下4階、(Ⅱ街区)地上6階、地下1階、(Ⅲ街区)地上9階、地下1階および地上4階、地下2階
◆ 高さ-(Ⅰ街区)最高部約215m、(Ⅱ街区)最高部22.5m、(Ⅲ街区)最高部31.5mおよび12.5m
◆ 区域面積-約40,000㎡(施設全体)
◆ 敷地面積-約19,170㎡(Ⅰ街区)
◆ 建築面積-約8,140㎡(Ⅰ街区)
◆ 延床面積-約200,540㎡(Ⅰ街区) *公式HPでは約196,700㎡
◆ 構造-鉄骨鉄筋コンクリート造(Ⅰ街区)
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 用途-オフィス、貸会議室等、店舗、駐車場(Ⅰ街区)
◆ 建築主-三田三・四丁目地区市街地再開発組合(地権者な らびに参加組合員 住友不動産)
◆ 設計者-久米設計
◆ 施工者-(未定)
◆ 着工-2019年04月下旬予定
◆ 竣工-2023年10月下旬予定
◆ 総事業費-約1,620億円


Tokyomita180611
「断面図」です。

 引用資料 東京都・報道発表資料(2018/06/21)
 三田三・四丁目地区市街地再開発組合の設立を認可



Tokyomita180612
「敷地配置イメージ」です。広大な敷地に「複合棟1、複合棟2、住宅棟1、住宅棟2」の4棟が建設されます。大規模な緑地を整え、「三田エリア」と「芝浦エリア」を連絡する歩行者デッキが整備されます。


Tokyomita151236
住友不動産三田ツインビル西館
 「住友不動産三田ツインビル西館」です。地上43階、地下2階 高さ179.30m(敷地面積15,206.20㎡、延床面積98,338.13㎡)で、1階~31階がオフィス、32階~43階が共同住宅(ラ・トゥール三田)となっています。

 「東京三田再開発プロジェクト」は、既存の「住友不動産三田ツインビル西館」と一体的に整備されます。「東京三田再開発プロジェクト」は、「住友不動産三田ツインビル西館」にデザインや色調を合わせた超高層ビルになります。


Tokyomita190712
「東京三田再開発プロジェクト」の建設予定地です。


Tokyomita190713
第一京浜沿いのこれらの建物も解体されます。


Tokyomita190714
再開発区域西側の「聖坂(ひじりざか)」です。結構急な坂道です。


Tokyomita190715
このあたりが再開発区域の北端です。奥の建物は「メゾンド聖坂」です。再開発区域内なので解体されます。

Tokyomita190716
三田のガウディ

 聖坂沿いには「三田のガウディ」と呼ばれている建物がありますが、この部分も再開発区域に含まれます。撮影している方が結構いました。


Tokyomita190717
「三田東急アパートメント(本館)」です。再開発区域内なので解体されます。


Tokyomita190718
このあたりが再開発区域の南端です(塀のある敷地は墓地なので含みません)。奥の建物は「三田東急アパートメント(アネックス)」です。再開発区域内なので解体されます。


Tokyomita190719
聖坂側から見た「住友不動産三田ツインビル西館」です。このビルの裏側を初めて見ました。


Tokyomita190720
「(仮称)三田三・四丁目地区第一種市街地再発事業 複合棟-1 新築工事」の建築計画のお知らせです。



|

«横浜駅が大きく変わる! 大規模に改良される「中央西口駅前広場」と「きた西口駅前広場」の完成イメージを公開!