2018年9月22日 (土)

つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス駅」北側高架下の屋台風飲食店舗街 「柏の葉かけだし横丁」が、2018年9月20日に第1期グランドオープン!

Chibakashiwanoha180911
-柏の葉かけだし横丁-

 つくばエクスプレスを運営する「首都圏新都市鉄道」と「三井不動産」は、つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス駅」の北側高架下において開発した商業施設「柏の葉かけだし横丁」の第1期・10店舗を、2018年9月20日にグランドオープンしました。

 引用資料 三井不動産(2018/09/18)
 つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」駅北側高架下の屋台風飲食店舗街 9月20日「柏の葉かけだし横丁」第1期グランドオープン

 「柏の葉かけだし横丁」は、つくばエクスプレス高架下の「TXアベニュー柏の葉」北側に「屋台」をモチーフとした19の小型飲食店舗とランナーズステーションの計20店舗で構成する商業施設です。

 今回の第1期グランドオープンに続き、今後も順次店舗のオープンが予定され、全体オープンは2019年春頃を見込んでいます。柏の葉エリアの居住者や就労者、大学関係者、来街者などが集いう地域コミュニティの醸成と活性化を目指しています。


Chibakashiwanoha180912
「駅側店舗正面」です。


Chibakashiwanoha180913
「位置図」です。


Chibakashiwanoha180914
建設中の「柏の葉かけだし横丁」を南西側から見た様子です。


Chibakashiwanoha180915
南東側から見た様子です。


Chibakashiwanoha180916
歩道沿いに建設されています。


Chibakashiwanoha180917
北東側から見た様子です。


Chibakashiwanoha180918
設計・施工は大和ハウス工業

 設計・施工は「大和ハウス工業」です。「大和ハウス工業」は、かつては設計・施工を発注する側でしたが、自ら設計・施工を受注する物件が増えています。

 企業規模は急拡大しており、2018年3月期の連結決算の売上高3,795,992百万円と4兆円目前になっています。営業利益も347,141百万円と3000億円を大幅に超えています。売上高、営業利益、時価総額共に「スーパーゼネコン」を圧倒しています。


Chibakashiwanoha180919
TXアベニュー柏の葉

 つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス駅」のすぐ北側の高架下にある「TXアベニュー柏の葉」です。



|

2018年9月21日 (金)

港区 竣工した地上22階、高さ約128mの「住友不動産御成門タワー」

Tokyoonarimon180911
-住友不動産御成門タワー-
 「パナソニック」は、2013年3月期に巨額赤字を計上する見込みとなったため、財務体質改善のために地下鉄御成門駅前にあった「東京パナソニックビル1号館、東京パナソニックビル2号館、東京パナソニックビル3号館」を売却しました。

 東京タワー東側の日比谷通りの「御成門交差点」の南東側に1975年に竣工した「東京パナソニックビル1号館」がありました。
 「東京パナソニックビル1号館」は解体され、跡地には「住友不動産」により、地上22階、塔屋2階、地下2階、高さ128.07mの超高層オフィスビル「(仮称)芝公園1丁目ビル計画」が建設されました。

 正式名称は「住友不動産御成門タワー」で、2018年5月8日に工事完了、2018年5月16日に竣工しました。地震対策として、「中間免震構造」を採用しています。 

 引用資料 住友不動産(PDF:2018/05/16)
 「住友不動産御成門タワー」竣工 昭和50年竣工の旧ナショナルビルを建替え再開発で規模拡大 延床面積約1万坪のビルが満室稼働

住友不動産御成門タワーの概要
◆ 計画名-(仮称)芝公園1丁目ビル計画
◆ 所在地-東京都港区芝公園一丁目2番2他
◆ 交通-都営三田線「御成門」駅直上、都営大江戸線・浅草線「大門」駅より徒歩6分、JR線・東京モノレール「浜松町」駅より徒歩11分、JR線・銀座線・浅草線「新橋」駅より徒歩13分
◆ 階数-地上22階、塔屋2階、地下2階
◆ 高さ-最高部128.07m
◆ 敷地面積-3,710.24㎡
◆ 建築面積-1,770.86㎡
◆ 延床面積-32,631.26㎡
◆ 構造-鉄造骨、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-場所打ち鋼管コンクリート杭
◆ 地震対策-中間免震構造(4階と5階の間に免震層を設置)
◆ 用途-オフィス、集会所、駐車場
◆ 建築主-住友不動産
◆ 設計者・監理者-日建設計
◆ 施工者-三井住友建設
◆ 着工-2015年06月01日(地下解体も含む)、2015年10月10日(新築工事)
◆ 竣工-2018年05月08日(工事完了)、2018年05月16日(竣工)

(注意) 上記の数値は、「住友不動産」のニュースリリースを参照しています。「東京都環境局」のホームページ(竣工後)では、高さ128.15m、延床面積32,692.84㎡となっています。


Tokyoonarimon180912
「概要図」です。地震対策として、4階と5階の間に「免震層」を設置する「中間免震構造」を採用しています。


Tokyoonarimon180910
「敷地配置図」です。都営三田線「御成門」駅直上の好立地です。


Tokyoonarimon180914
北西側から見た下層階の様子です。4階と5階の間に「免震層」を設置していますが、ほぼ全面ガラスの「アルミカーテンウォール」となっているので、パッと見は分かりません。


Tokyoonarimon180915
西側から見た様子です。


Tokyoonarimon180916
「芝公園」から見た様子です。


Tokyoonarimon180917
南西側から見た様子です。


Tokyoonarimon180918
街区を南西側から見た様子です。


Tokyoonarimon180919
南西側から見た下層階の様子です。


Tokyoonarimon180920
敷地西側の「公開空地」です。


Tokyoonarimon180921
敷地北側の「公開空地」です。


Tokyoonarimon180922
北東側から見た下層階の様子です。


Tokyoonarimon180923
東側から引いて見た様子です。



|

2018年9月20日 (木)

「京浜東北線」でも採用が決定! JR町田駅で実証実験中の「スマートホームドア」

Tokyomachida180911
-スマートホームドア-

 新型ホームドアの技術開発は、各メーカーや鉄道会社が入り乱れて百花繚乱状態です。JR東日本はJR横浜線「町田駅」で、2016年12月17日から新型ホームドア「スマートホームドア」の実証実験を開始しました。

 「スマートホームドア」は、従来品に比べて部品の点数を減らすなどして機器本体のコストを約半分に抑えました。重量も約3割軽くなり、機器を据え付けるホームの補強工事を減らせます。

 当初は、4番線ホームの東神奈川方の1両分の試行導入でしたが、2017年7月29日から実証実験が開始された改良型は、八王子方2扉除く1編成分を試行開始されています。

● 京浜東北線でも採用
 計画を進めている「京浜東北線」においては、「新子安駅、鶯谷駅、上中里駅、東十条駅、蕨駅、与野駅、大宮駅」に「スマートホームドア」を整備します。

 引用資料 JR東日本(PDF:2018/03/06)
 東京圏におけるホームドアの整備促進について


Tokyomachida180912
JR横浜線「町田駅」で、実証実験が行われている「スマートホームドア」です。


Tokyomachida180913
「バー」が閉じます。


Tokyomachida180914
「バー」が完全に閉じた状態です。


Tokyomachida180915
改良型「スマートホームドア」のバー部分です。


Tokyomachida170815
2017年7月29日から実証実験が行われている改良型は、「(1)上部バーを⻩⾊に変更、(2)下部バーの追加、(3)バーが出入りする部分にカバーの追加」が行われました。

 引用資料 JR東日本横浜支社(PDF:2017/05/25)
 町田駅スマートホームドア新たな試行開始日について


Tokyomachida170813
改良型前のスマートホームドア
 
2016年12月17日から実証実験が開始された改良前の「スマートホームドア」です。


Tokyomachida180916
JR大宮駅の京浜東北線のホーム
 JR大宮駅の京浜東北線のホームです。他の駅はいいとして、巨大ターミナルの「大宮駅」は、従来型のホームドアを設置して欲しいです・・・



|

2018年9月19日 (水)

JR東日本 「京浜東北線」で5番目にホームドアが使用開始された「大井町駅」

Tokyoooi180911
-京浜東北線のホームドア-

 JR東日本は、ホームドアの整備を進めています。「山手線」の整備にはほぼメドが立ったため、「京浜東北線」での整備が本格化しています。

 2017年3月25日の初電から、「JR赤羽駅」に「京浜東北線」では初めてのホームドアが使用開始されました。2018年2月14日から「JR大井町駅」で5番目にホームドアが使用開始されました。

 2018年9月19日現在、「赤羽駅、さいたま新都心駅、浦和駅、上野駅、大井町駅、鶴見駅、桜木町駅」の7駅でホームドアが運用されています。他にもたくさんの駅で工事が進行中です。

● 京浜東北線ホームドア整備のスケジュール
(01) 赤羽駅(2017年03月25日使用開始)
(02) さいたま新都心駅(2017年09月23日使用開始)
(03) 浦和駅(2017年10月21日使用開始)
(04) 上野駅(2017年12月20日使用開始)
(05) 大井町駅(2018年02月14日使用開始)
(06) 鶴見駅(2018年03月03日使用開始)
(07) 桜木町駅(2018年08月10日使用開始)
(08) 有楽町駅(2018年09月26日使用開始予定)


Tokyoooi180912
「JR大井町駅」の1番線・2番線ホームです。


Tokyoooi180913
1番線ホームのホームドア(京浜東北線・北行)
 
1番線ホームのホームドアです。1番線は「京浜東北線・北行(東京・上野・大宮方面)」のホームとなっています。2018年2月14日から使用開始しました。


Tokyoooi180914
電車が到着しました。


Tokyoooi180915
ドアが開きました。


Tokyoooi180916
2番線ホームのホームドア(京浜東北線・南行)

 2番線ホームのホームドアです。2番線は「京浜東北線・南行(蒲田・横浜・大船方面 )」のホームとなっています。2018年2月14日から使用開始しました。


Tokyoooi180917
電車が到着しました。


Tokyoooi180918
2番線の東側には、京浜東北線に並行して「東海道線」の線路がありますが、ホームはありません。



|

2018年9月18日 (火)

国道15号・品川駅西口駅前広場 事業計画「中間とりまとめ」 実現したら「品川駅」は、物凄い次世代型交通ターミナルに変貌!

Tokyoshinagawa180910
-国道15号・品川駅西口駅前広場の整備-

 大規模な再開発が計画されている品川駅周辺では、「西口駅前広場」の再整備、「東西自由通路」の西側延伸、「国道15号(第一京浜)」の拡幅等が計画されています。

 品川駅の西口には現在、「国道15号(第一京浜)」を挟んでホテルや映画館といった商業施設が隣接していて、1日約10万人が国道を横断しています。
 今後、駅周辺の再開発が進むと横断者は1日25万人近くまで増える見込みで、国土交通省は、「国道15号(第一京浜)」の上の空間に、大規模な人工地盤を構築して広場を整備します。

 「国土交通省」は、品川駅西口駅前広場を国道15号の上空を活用して整備するプロジェクトの実現に向け、事業協力者として「京浜急行電鉄、西武プロパティーズ、JR東日本」の3者を選定しています。

● 「中間とりまとめ」を策定
 国道15号・品川駅西口駅前広場については、2017年2月に道路上空を活用した未来型の駅前空間に関する整備方針をとりまとめ、有識者や民間事業協力者(京急電鉄・西武プロパティーズ・JR東日本)等とともに、事業計画の検討を進めてきたところです。

 今般、次世代型交通ターミナルの整備を含む事業計画の「中間とりまとめ」を策定しました。今後は、事業計画の深化を図るための検討会を設立し、産学官連携の下で今年度内のとりまとめに向けて検討を進めます。

 引用資料 国土交通省(2018/09/14)
 次世代型交通ターミナルの実現に向けて ~国道15号・品川駅西口駅前広場 事業計画「中間とりまとめ」~

 イメージ図を見ているだけでワクワクするような内容です。実現したら「品川駅」は、物凄い次世代型交通ターミナルに変貌します。 

中間とりまとめのポイント
(1) 次世代の交通ターミナル
  
常に最先端のモビリティへ接続が可能な、次世代型交通ターミナルを配置
(2) 開発計画と連携した複合(交通・防災)ターミナル
  
民間の開発計画と連携し、交通と防災を融合させた複合ターミナルを配置
  タクシー、ツアー系高速バス、次世代モビリティ等の乗り換えを可能に
(3) 人々が集う賑わい広場
  センターコアの南側には人々が集い、憩う賑わい広場空間、商業施設を配置し、防災拠点としても活用
(4) シンボリックなセンターコア
  利用者動線の交差部には連携の拠点となるセンターコアを配置
  交通結節の各空間を結ぶシンボリックな空間を形成
(5) 利便性の高い路線バス乗降場
  分かりやすさ、運行効率に配慮し国道15 号を挟み、対になるようバス停を配置
(6) 北品川方面への溜まり空間
  周辺地域資源へアクセスする玄関口として機能する溜まり空間を配置
(7) 新駅方面への歩行空間
  新駅方面への人・モビリティの往来が可能となるよう十分な通行空間を確保


Tokyoshinagawa180912
「横浜側から見た品川駅西口駅前広場の機能のイメージ」です。将来必要となる機能をイメージしたものであり、整備内容を決定したものではありませんが、ワクワクするような内容です。


Tokyoshinagawa180913
「事業の具体イメージ~シームレスな動線ネットワーク~」です。以前と比べ各動線か、かなり具体化されてきました。鉄道により東西に分断されていましたが、東西の連絡が大幅に改善されます。


Tokyoshinagawa170613
立体道路制度
 規制緩和により可能となった「立体道路制度(道路と一体構造の建物を建築することを可能とする制度)」を活用して、この上に巨大な人工地盤を構築して広場を整備します。


Tokyoshinagawa170614
国道15号(第一京浜)

 歩道橋から「国道15号(第一京浜)」を南側に見た様子です。この上に「歩行者デッキ」ではなく巨大な「人工地盤」を構築します。


Tokyoshinagawa170616
品川駅西口駅前広場

 「品川駅西口駅前広場」は非常に狭いです。更にJR品川駅の改札口や京浜急行品川駅の改札口には上下移動が必要です。全体に人工地盤を構築することでこれらの問題を一気に解決します。



|

2018年9月17日 (月)

竣工した「COPRE(コプレ)二俣川」 地上29階、高さ約99mの「グレーシアタワー二俣川」 & 「JOINUS TERRACE(ジョイナス テラス)二俣川」

Yokohamafutamatagawa171211
-COPRE(コプレ)二俣川-

 相模鉄道「二俣川駅(ふたまたがわえき)」南口では、「(仮称)二俣川駅南口地区第一種市街地再開発事業」が行われ、2018年3月30日に竣工し、2018年4月7日に完成記念式典が開かれました。

 引用資料 公式ホームページ
 二俣川駅南口地区第一種市街地再開発事業

 施設全体の名称は「COPRE(コプレ)二俣川」で、地上29階、高さ99.30m、総戸数421戸(事業協力者住戸21戸含む)の超高層タワーマンション「グレーシアタワー二俣川」、地上11階の商業業務棟、5層6段の駐車場棟などからなる複合施設です。

 「商業業務棟」は、相鉄グループが運営する商業施設「JOINUS TERRACE(ジョイナス テラス)二俣川」、認可保育園、公益施設(地域ケアプラザ)、クリニックモール、オフィス等からなります。 「ジョイナステラス二俣川」は、2018年4月27日にグランドオープンしました。

COPRE(コプレ)二俣川の概要
◆ 計画名-(仮称)二俣川駅南口地区第一種市街地再開発事業施設建築物
◆ 所在地-神奈川県横浜市旭区二俣川二丁目50番1(地番)
◆ 交通-相模鉄道本線「二俣川」駅徒歩2分
◆ 階数-(住宅棟)地上29階、地下0階、(交通広場棟)地上3階、地下0階、(商業棟・業務棟)地上11階、地下0階
◆ 高さ-(住宅棟)99.30m、(商業棟・業務棟)約50m
◆ 敷地面積-17,414.40㎡(施設全体)
◆ 建築面積-13,487.97㎡(施設全体)
◆ 延床面積-98,632.65㎡(施設全体)
◆ 構造-(住宅棟)鉄筋コンクリート造、(交通広場棟)鉄筋コンクリート造+鉄骨造、(商業・業務棟)鉄骨造、一部CFT
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 地震対策-免震構造(積層ゴム支承、弾性すべり支承、オイルダンパー)
◆ 用途-共同住宅、保育所(認可)、物販店舗、飲食店、オフィス、診療所、自動車車庫、(商業・業務棟銀行支店、自転車駐車場、地域ケアプラザ
◆ 総戸数-421戸(事業協力者住戸21戸含む)
◆ 建築主-二俣川駅南口地区市街地再開発組合(売主 相鉄不動産、三井不動産レジデンシャル、野村不動産)
◆ 設計者-大成建設、アール・アイ・エー
◆ 監理者-アール・アイ・エー
◆ 施工者-大成建設
◆ 着工-2015年03月23日(起工式)
◆ 竣工-2018年03月30日、2018年04月07日(完成記念式典)
◆ オープン-2018年04月27日(JOINUS TERRACE二俣川)
◆ 入居開始-2018年06月下旬(グレーシアタワー二俣川)
◆ 総事業費-約405億円


Yokohamafutamatagawa171212
「COPRE(コプレ)二俣川」の施設計画です。


Yokohamafutamatagawa180951
グレーシアタワー二俣川

 「グレーシアタワー二俣川」を西側から見た様子です。地上29階、地下0階、高さ99.30m、総戸数421戸(事業協力者住戸21戸含む)の超高層タワーマンションです。


Yokohamafutamatagawa180952
「グレーシアタワー二俣川」の下層階を西側から見た様子です。この部分が1階になります。


Yokohamafutamatagawa180953
「グレーシアタワー二俣川」を北東側から見た様子です。交通広場に面するこの部分は3階になります。


Yokohamafutamatagawa180954
「グレーシアタワー二俣川」を東側から見た様子です。


Yokohamafutamatagawa180955
二俣川駅南口交通広場(交通広場棟)

 「二俣川駅南口交通広場」は、先行して2016年12月17日より供用開始されました。一般車は進入禁止です。


Yokohamafutamatagawa180956
「二俣川駅南口交通広場」を別角度から見た様子です。「二俣川駅南口交通広場」は、1階のように見えますが、3階となります。


Yokohamafutamatagawa180957
「交通広場棟」を横から見るとこのような構造をしています。1階が「駐車場」、2階が 「そうてつローゼンジョイナステラス二俣川店」、3階が「二俣川駅南口交通広場」となっています。


Yokohamafutamatagawa180958
2階は「そうてつローゼンジョイナステラス二俣川店」となっています。12時過ぎだったので、食料品を買い込みました。


Yokohamafutamatagawa180959
商業業務棟

 「商業業務棟」は、相鉄グループが運営する商業施設「JOINUS TERRACE(ジョイナス テラス)二俣川」、認可保育園、公益施設(地域ケアプラザ)、クリニックモール、オフィス等からなります。


Yokohamafutamatagawa180960
JOINUS TERRACE(ジョイナス テラス)二俣川

 「JOINUS TERRACE(ジョイナス テラス)二俣川」は、2018年4月27日にグランドオープンしました。二俣川駅南口地区第一種市街地再開発事業により整備する「COPRE(コプレ)二俣川」の商業棟と、併せて二俣川駅上部に増築する商業エリアの2つの建物で構成されています。


Yokohamafutamatagawa180961
「JOINUS TERRACE(ジョイナス テラス)二俣川」のこの部分は3階となります。


Yokohamafutamatagawa180962
「商業業務棟」を南東側から見た様子です。北東側が低いかなりの急傾斜地に建設された事が分かります。


Yokohamafutamatagawa180963
「商業業務棟」は竣工していますが、すぐ横で「都市計画道路鴨居上飯田線(本宿・二俣川地区)」の工事が行われているので、パッと見は完成しているように見えません。


Yokohamafutamatagawa180964
駐車場棟
 「商業業務棟」を東側から見た様子です。北東側の「駐車場棟」は、5層6段の「立体駐車場棟」となっています。


Yokohamafutamatagawa180965
「商業業務棟」を北側から見た様子です。



|

2018年9月16日 (日)

今日(9月16日)で「安室奈美恵」が引退 「安室ちゃん」25年間、本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました!

Tokyoamuro180911
-安室奈美恵-

 今日(9月16日)で、「安室ちゃん(安室奈美恵)」が引退します。25年間、本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

 私がファンになったのは、2013年3月なのでファン歴約5年半と短いですが、「安室ちゃん」のファンになれて本当に幸せでした。

 2013年3月に「安室ちゃん」のファンになるまで洋楽しか聞きませんでした。2012年の5大ドームツアー「namie amuro 5 Major Domes Tour 2012 ~20th Anniversary Best~」のブルーレイを見て、あまりの素晴らしさに衝撃を受けて一気にファンになりました。

 今後も「安室ちゃん」以上に好きになるアーティストは現れないと思います。贅沢を言えば、もっと前の第二黄金期の2008年頃からファンになりたかったです・・・


Tokyoamuro180912
namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~

 引退を表明した「安室ちゃん(安室奈美恵)」は、2018年2月17日から5大ドームツアー「namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~」を行いました。

 17公演、約75万人を動員して、ソロアーティスト史上ツアー最多動員数の記録しました。また、アジアツアー6公演では約5万人を動員し、国内ドームツアーとアジアツアーを合わせると約80万人を動員しました。

 チケットは凄まじい争奪戦でしたが、私は
4月26日の「京セラドーム大阪」と5月6日の「東京ドーム」をなんとかゲットしました。


Tokyoamuro180913
東京ドーム公演(6公演)

(1) 2018/05/02(水)   
(2) 2018/05/03(木・祝)
(3) 2018/05/05(土・祝)
(4) 2018/05/06(日)
(5) 2018/06/02(土)
(6) 2018/06/03(日)


Tokyoamuro180914
2018年5月6日(日)の「東京ドーム」です。私にとって「安室ちゃん」のライブ12回目、そして最後のライブでした。


Tokyoamuro180915
グッズ売場です。


Tokyoamuro180916
「安室ちゃん」のライブは、ミュージックビデオやライブの衣装のコスプレをした女性が多いのも特徴です。この光景ももう見られなくなります。

 両側の女性が「Do It For Love」のミュージックビデオの衣装、真ん中の女性が「namie amuro LIVE STYLE 2016-2017」のライブの衣装のコスプレだと思います。


Tokyoamuro180917
私は「23ゲート」が入口でした。


Tokyoamuro180918
ライブは、全30曲で、午後6時22分に始まって、9時7分に終わりました。「安室ちゃん」のライブ12回目が、私にとって最終公演となりました。


Osakaamuro180912
namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~
 
2018年8月29日に発売されたラストツアーを収録したライブDVD&Blu-ray Disc「namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~」が、音楽映像作品によるDVD、BDの売上合計が100万枚を大幅に突破しています。

 私は、ライブに行った写真左側の「5月東京ドーム公演」と写真右側の「京セラドーム大阪公演」の2パターン買いました。5パターンすべてコンプリートしたかったのですが、さすがにお金がありませんでした・・・



|

2018年9月15日 (土)

相模鉄道・二俣川駅 「二俣川駅改良工事」の完成により劇的に奇麗になった改札外コンコース!

Yokohamafutamatagawa180921
相模鉄道・二俣川駅-
 相模鉄道「二俣川駅(ふたまたがわえき)」南口では、「(仮称)二俣川駅南口地区第一種市街地再開発事業」が行われ、2018年3月30日に竣工し、2018年4月7日に完成記念式典が開かれました。

 施設全体の名称は「COPRE(コプレ)二俣川」で、地上29階、高さ99.30m、総戸数421戸(事業協力者住戸21戸含む)の超高層タワーマンション「グレーシアタワー二俣川」、地上11階の商業業務棟、5層6段の駐車場棟などからなる複合施設です。

 商業業務棟は、相鉄グループが運営する商業施設「JOINUS TERRACE(ジョイナス テラス)二俣川」、認可保育園、公益施設(地域ケアプラザ)、クリニックモール、オフィス等からなります。 「ジョイナステラス二俣川」は、2018年4月27日にグランドオープンしました。

● 二俣川駅改良工事
 「(仮称)二俣川駅南口地区第一種市街地再開発事業」に合わせて、「二俣川駅改良工事」も行われました。「商業エリアの新設、南北連絡通路の整備、改札口周辺のリニューアル、ユニバーサルデザインの採用」等が行われました。


Yokohamafutamatagawa171218
JOINUS TERRACE(ジョイナス テラス)二俣川
 「JOINUS TERRACE(ジョイナス テラス)二俣川」は、二俣川駅南口地区第一種市街地再開発事業により整備する「COPRE(コプレ)二俣川」の商業棟と、併せて二俣川駅上部に増築する商業エリアの2つの建物で構成されています。

 引用資料 相模鉄道(PDF:2017/09/19)
 JOINUS TERRACE(ジョイナス テラス)二俣川」をオープン


Yokohamafutamatagawa180922
二俣川駅の南口側の改札外コンコース
 2階の「二俣川駅」の南口側の改札外コンコースです。3階・4階が吹き抜けになっており、膜素材の「大屋根」で覆われています。

 完成した再開発現場をを見るとあまりの変わりように感動する事が多いですが、「二俣川駅」もメチャメチャ感動しました。以前の面影が全くありません。


Yokohamafutamatagawa180923
2階から見た様子です。


Yokohamafutamatagawa180924
3階と4階には「連絡通路」が設けられています。


Yokohamafutamatagawa180925
2階の「JOINUS TERRACE(ジョイナス テラス)二俣川」の入口です。


Yokohamafutamatagawa180926
3階と結ぶ「階段」と「エスカレーター」です。


Yokohamafutamatagawa180927
3階部分です。


Yokohamafutamatagawa180928
写真の手前が「二俣川駅南口交通広場」になります。非常に高低差のある場所が再開発されたので、「二俣川駅南口交通広場」は3階にあります。


Yokohamafutamatagawa180929
「二俣川駅」を南西側から見た様子です。


Yokohamafutamatagawa180930
「二俣川駅」を北東側から見た様子です。「二俣川駅」は全面リニューアル工事が行われました。新駅舎は、既存駅舎の上部に2階層増築して4階建てとし、商業エリアが整備されました。



|

2018年9月14日 (金)

「渋谷ヒカリエ」の隣接地 地上23階、高さ約120mの「渋谷二丁目17地区市街地再開発」 2020年東京オリンピック後の解体着手!

Tokyoshibuya180911
-渋谷二丁目17地区市街地再開発-
 
渋谷ヒカリエの隣接地に「渋谷二丁目17地区市街地再開発」の計画があります。想定している概要は、地上23階、地下2階、高さ約120m、延床面積約45,000㎡の超高層オフィスビルです。

 「渋谷二丁目17地区市街地再開発準備組合」は、2020年東京オリンピック後の解体着手、2021年の再開発施設着工、2024年に竣工を予定しています。

 引用資料 渋谷区・公式ホームページ
 渋谷二丁目17地区の再開発に関する都市計画(原案)について

 建設通信新聞(2018/09/14)
 五輪後解体着手、24年竣工/1月以降に都計決定/渋谷2-17再開発準備組合

 再開発予定地は渋谷駅東側に位置し、西側から「シオノギ渋谷ビル、渋谷アイビスビル、渋谷東宝ビル、太陽生命渋谷ビル」の4棟のビルが建っています。
 北側に「渋谷ヒカリエ」、南東側に「青山通り」が隣接しています。急勾配の坂があり、歩行者空間やにぎわい空間の不足が課題となっています。

 低層階部分に屋内立体広場を設け、「渋谷駅方面、宮益坂方面、渋谷二・三丁目方面、表参道・青山方面」の各方面への歩行者動線を確保します。「谷ヒカリエが」と結ぶ歩行者デッキも整備する予定です。

渋谷二丁目17地区市街地再開発の概要
◆ 所在地-東京都渋谷区渋谷二丁目17番地
◆ 階数-地上23階、地下2階
◆ 高さ-約120m
◆ 敷地面積-約3,460㎡
◆ 建築面積-約2,450㎡
◆ 延床面積-約45,000㎡
◆ 用途-オフィス(高層階)、店舗(低層部)、駐車場(地下部分)
◆ 建築主-渋谷二丁目17地区市街地再開発準備組合(シオノギ渋谷ビル、渋谷アイビスビル、渋谷東宝ビル、太陽生命渋谷ビルの4棟)
◆ 解体工事-2020年予定(東京オリンピック後)
◆ 着工-2021年予定
◆ 竣工-2024年予定


Tokyoshibuya180912
「計画建物の概要用途構成イメージ」です。


Tokyoshibuya180913
「建物配置の考え方」です。


Tokyoshibuya180914
「歩行者ネットワークの強化について」です。


Tokyoshibuya180915
「再開発が検討されている計画地」です。敷地北側に「渋谷ヒカリエ」が隣接しています。西側から「シオノギ渋谷ビル、渋谷アイビスビル、渋谷東宝ビル、太陽生命渋谷ビル」の4棟が建っています。



|

2018年9月13日 (木)

相模鉄道「二俣川駅」の南口 道路事情が劇的に改善される「都市計画道路鴨居上飯田線(本宿・二俣川地区)」の整備

Yokohamafutamatagawa180911
相模鉄道・二俣川駅-
 相模鉄道「二俣川駅(ふたまたがわえき)」南口では、「(仮称)二俣川駅南口地区第一種市街地再開発事業」が行われ、2018年3月30日に竣工し、2018年4月7日に完成記念式典が開かれました。

 施設全体の名称は「COPRE(コプレ)二俣川」で、地上29階、高さ99.30m、総戸数421戸(事業協力者住戸21戸含む)の超高層タワーマンション「グレーシアタワー二俣川」、地上11階の商業業務棟、5層6段の駐車場棟などからなる複合施設です。

 商業業務棟は、相鉄グループが運営する商業施設「JOINUS TERRACE(ジョイナス テラス)二俣川」、認可保育園、公益施設(地域ケアプラザ)、クリニックモール、オフィス等からなります。 「ジョイナステラス二俣川」は、2018年4月27日にグランドオープンしました。

● 都市計画道路鴨居上飯田線(本宿・二俣川地区)
 しかし、現場に行くと工事が続いており、パッと見は完成しているように見えません。「都市計画道路鴨居上飯田線(本宿・二俣川地区)」の工事が行われているためです。

 引用資料 横浜市・公式ホームページ(PDF)
 都市計画道路鴨居上飯田線(本宿・二俣川地区)工事説明会


Yokohamafutamatagawa180912
「都市計画道路鴨居上飯田線(本宿・二俣川地区)」の整備イメージです。


Yokohamafutamatagawa180913
「都市計画道路鴨居上飯田線(本宿・二俣川地区)」の工事箇所図です。


Yokohamafutamatagawa180914
「現況と計画の比較図」です。道路が大幅に拡幅された上に、立体交差となり道路事情が劇的に改善されます。


Yokohamafutamatagawa180915
「COPRE(コプレ)二俣川」の前は、約190mが「トンネル区間」となります。


Yokohamafutamatagawa180916
トンネル工事の「開口部」を東側から見た様子です。


Yokohamafutamatagawa180917
相鉄グループが運営する商業施設「JOINUS TERRACE(ジョイナス テラス)二俣川」は、2018年4月27日にグランドオープンしました。


Yokohamafutamatagawa180918
「JOINUS TERRACE(ジョイナス テラス)二俣川」はオープンしていますが、すぐ前の道路で工事が続いているため、パッと見は完成しているように見えません。



|

«地下方式に決定した「相模鉄道本線(鶴ヶ峰駅付近)連続立体交差事業」 地下駅となる「鶴ヶ峰駅」