105 大学キャンパスめぐり

2020年7月 9日 (木)

中央大学の「法学部」が45年ぶりに都心回帰 中央大学(仮称)茗荷谷キャンパス新築計画 2023年に法学部が文京区の新キャンパスに移転!

Tokyochuor200721
-中央大学法学部-

 中央大学は、中長期事業計画「Chuo Vision 2025」に、八王子市の「多摩キャンパス」にある法学部を文京区にある「後楽園キャンパス」に移転させる計画が盛り込みました。看板学部である「法学部」を都心に戻すことで志願者増を狙います。 

 1970年代~1990年代に郊外へ相次いで移転した大学の都心回帰が猛烈な勢いで進んでいます。少子化の影響で経営課題を抱える大学にとって、利便性が向上する都心回帰は学生獲得競争の「勝利の方程式」となっています。

● 茗荷谷新キャンパス計画
 「東京都交通局」は、2018年12月に 文京区の東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅近くの都営バスの車庫として利用していた都有地7,255.56㎡を対象に公募した「茗荷谷駅前都有地開発」の事業用定期借地権者の予定者に、「学校法人中央大学」を選定しました。文京区が進める駅周辺街づくりの一環として、地域コミュニティー施設や保育所、郵便局などの入居を条件に新キャンパスを建設します。

 当初は、法学部を文京区にある「後楽園キャンパス」に移転させる計画でしたが、「茗荷谷駅前都有地開発」の事業用定期借地権者の予定者に決定したため、「茗荷谷駅前都有地開発」の用地に法学部を移転する計画に変更したようです。 

 引用資料 中央大学(PDF)
 中央大学学員時報 2020年1月号 

 茗荷谷新キャンパス計画の概要
◆ 計画名-中央大学(仮称)茗荷谷キャンパス新築計画
◆ 所在地-東京都文京区大塚一丁目58-33ほか(地名地番)
◆ 交通-東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷」駅近く
◆ 階数-地上8階、地下3階
◆ 高さ-35.00m
◆ 敷地面積-7,255.56㎡
◆ 建築面積-5,140.00㎡
◆ 延床面積-34,310.00㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 用途-大学、店舗、福祉施設
◆ 建築主-学校法人中央大学
◆ 設計者-日建設計
◆ 施工者-(未定)
◆ 着工-2020年06月上旬予定(当初計画)
◆ 竣工-2023年02月下旬予定


Tokyochuor200722
「中央大学(仮称)茗荷谷キャンパス新築計画」の予定地です。 敷地北側が「春日通り」に面し、東側は「アトラスタワー茗荷谷」、西側に「跡見学園」が隣接します。


Tokyochuor200723
法学部の移転スケジュールです。看板学部である「法学部」が「多摩キャンパス」に移転したのは1978年です。2023年に45年ぶりに都心に帰って来ます。

 引用資料 中央大学(PDF)
 2023年、法学部が文京区の新キャンパスに移転します。


Tokyochuor200724
中央大学・後楽園キャンパス

 「文京シビックセンター」の展望台から見た中央大学の「後楽園キャンパス」です。「後楽園キャンパス」は、小石川台地の東端にあります。東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅」にも近く、周辺には「礫川公園、小石川後楽園、東京ドーム、文京シビックセンター」などがあります。

● 法学部の1年次が使用
 2024年以降は、八王子市の「多摩キャンパス」から、法学部の1年次が「後楽園キャンパス」に移転します。2年次~4年次は「茗荷谷新キャンパス」となります。



|

2020年7月 8日 (水)

中央大学 地上18階、高さ約96mの「中央大学 (仮称)駿河台記念館建替計画」 白門の聖地に「ロースクール(法科大学院)」が移転!

Tokyochuor200711
-中央大学 (仮称)駿河台記念館建替計画-

 「学校法人中央大学」は、創立130周年にあたる2015年にその後の10年間を見すえた中長期事業計画「Chuo Vision 2025」を策定しています。その1つとして「駿河台記念館(創立100周年記念館)」の建て替えを行います。

 「駿河台記念館」については、2023年度までに建て替えを行い、専門職大学院法務研究科及び戦略経営研究科を移転させ、教育研究施設として展開するほか、全学的な利用にも供するとともに、学員会本部機能、その他現在収容されている諸機関の利用に供することにします。

 「中央大学 (仮称)駿河台記念館建替計画」の概要は、地上18階、塔屋1階、地下1階、高さ96.00m、延床面積16,000.00㎡です。2023年3月下旬竣工予定です。

● 白門の聖地にロースクールが移転!
 東京大学の「赤門(あかもん)」に対して、中央大学を「白門(はくもん)」と呼称されることがあります。中央大学と言えば「法学部」ですが、司法試験の合格者数は、1951年~1970年にかけて20年の間、「中央大学」がトップでした。1970年代や1980年代は、トップが赤門の「東京大学」、2位が白門の「中央大学」というパターンが多かったです。

1982年は1位(全体で457人が合格)
1位 中央大学(90人)
2位 東京大学(78人)
3位 早稲田大学(72人)
4位 慶應義塾大学(31人)
5位 京都大学(29人)

 ここ最近の司法試験の合格者数は毎年1,500人くらいですが、1970年代や1980年代の司法試験の合格者数は毎年500人を少し切るくらいで、文字通り日本で一番難しい超超難関試験でした。

 現在の中央大学の「ロースクール(法科大学院)」は、「市ヶ谷キャンパス(新宿区市谷本村町42-8)」にありますが、2023年に中央大学創設の地である白門の聖地「駿河台」に移転します。

 引用資料 中央大学(PDF)
 中央大学学員時報 2020年1月号

中央大学 (仮称)駿河台記念館建替計画の概要

◆ 所在地-東京都千代田区神田駿河台三丁目11番地5号
◆ 交通-JR中央・総武線「御茶ノ水」駅徒歩約3分、東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水」駅徒歩約6分、東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅徒歩約3分、都営地下鉄新宿線「小川町」駅徒歩約5分
◆ 階数-地上18階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-最高部96.00m
◆ 敷地面積-1,943.77㎡
◆ 建築面積-1,000.00㎡
◆ 延床面積-16,000.00㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-学校
◆ 建築主-学校法人 中央大学
◆ 設計者-日建設計
◆ 施工者-(未定)
◆ 着工-2020年11月上旬予定
◆ 竣工-2023年03月下旬予定

 
Tokyochuor200712
「新施設完成夜イメージ図」です。


Tokyochuor200413
建築計画のお知らせの「配置図」です。「日本大学理工学部駿河台校舎 タワー・スコラ」の西隣に建設されます。


Tokyochuor200417
「中央大学 (仮称)駿河台記念館建替計画」の建築計画のお知らせです(読者の方がらの写真提供)。



|

2020年5月 4日 (月)

足立区民悲願の大学病院 東京女子医科大学の新たな拠点病院となる「東京女子医科大学東医療センター移転事業」

Tokyoadachi200511
-東京女子医科大学東医療センター移転事業-

 「東医療センター」は、1934年より東京都荒川区西尾久において、大学附属病院として高度な医療を提供しながら地域医療にも貢献し、地域住民とともに病院運営を行ってきました。

 この間、建物の増改築や新築などを経て現在の東医療センターの形に至ります。敷地条件等については、敷地の約3分の2を東京電力などからの借地に頼り、また敷地内の1号館などの建物の老朽化が問題となっていました。

 これらの課題を解決するため、より良い高度な医療を提供するため代替地の検討を進めていたところ、足立区から病院誘致を受け、移転計画がまとまりました。建設地は、日暮里舎人ライナー江北駅西側の都有地です。

 引用資料 学校法人東京女子医科大学
 2021年移転予定 (仮称)東医療センター

  敷地面積27,644.94㎡に、地上10階、地下1階の「病院棟」と看護専門学校、看護師寮の地上8階の「学校・寮棟」が建設されます。2019年3月10日に新病院の計画地において、「起工式」を執り行いました。

 足立区民の悲願の大学病院で、「三次救急医療、地域災害拠点中核病院、周産期母子医療センター、地域がん診療病院、高度急性期医療、臨床研修・教育・臨床研究機能、地域医療連携機能、がんゲノム医療連携病院」の機能を持ち、屋上ヘリポートを有する災害拠点病院となります。

東京女子医科大学東医療センター移転事業の概要
◆ 計画名-(仮称)東京女子医科大学東医療センター
◆ 所在地-東京都足立区江北四丁目22番、23番
◆ 交通-日暮里・舎人ライナー「江北」駅徒歩で約4分
◆ 階数-(病院棟)地上10階、地下1階、(学校・寮棟)地上8階、地下0棟
◆ 高さ-47.90m
◆ 敷地面積-27,644.94㎡(施設全体)
◆ 建築面積-9,253.90㎡(施設全体)
◆ 延床面積-60,197.47㎡(施設全体)
◆ 構造-鉄骨鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭(合計133本)
◆ 地震対策-(病院棟)免震構造、(学校・寮棟)耐震構造
◆ 用途-病院、文教施設(学校)、寄宿舎
◆ 病棟数-450床(一般病床は359床、集中治療室や新生児集中治療室などのユニット系病床91床)
◆ 総戸数-112戸(寄宿舎)
◆ 建築主-学校法人東京女子医科大学
◆ 設計者-梓設計
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2019年03月01日(着工)、2019年03月10日(起工式)
◆ 竣工-2021年07月31日予定


Tokyoadachi200512
「南東側から見た外観イメージ」です。 


Tokyoadachi200513
「配置図」です。


Tokyoadachi200514
「位置図」です。



|

2020年4月 5日 (日)

中央大学 地上18階、高さ約96mの「中央大学 (仮称)駿河台記念館建替計画」 建築計画のお知らせ掲示!

Tokyochuor200411
-中央大学 (仮称)駿河台記念館建替計画-

 「学校法人中央大学」は、創立130周年にあたる2015年にその後の10年間を見すえた中長期事業計画「Chuo Vision 2025」を策定しています。その1つとして「駿河台記念館(創立100周年記念館)」の建て替えを行います。

 「駿河台記念館」については、2023年度までに建て替えを行い、専門職大学院法務研究科及び戦略経営研究科を移転させ、教育研究施設として展開するほか、全学的な利用にも供するとともに、学員会本部機能、その他現在収容されている諸機関の利用に供することにします。

 「中央大学 (仮称)駿河台記念館建替計画」に建築計画のお知らせが掲示されました。読者の方に写真を送って頂きました。ありがとうございました。概要は、地上18階、塔屋1階、地下1階、高さ96.00m、延床面積16,000.00㎡です。

中央大学 (仮称)駿河台記念館建替計画の概要
◆ 所在地-東京都千代田区神田駿河台三丁目11番地5号
◆ 交通-JR中央・総武線「御茶ノ水」駅徒歩約3分、東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水」駅徒歩約6分、東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅徒歩約3分、都営地下鉄新宿線「小川町」駅徒歩約5分
◆ 階数-地上18階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-最高部96.00m 
◆ 敷地面積-1,943.77㎡
◆ 建築面積-1,000.00㎡
◆ 延床面積-16,000.00㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-学校
◆ 建築主-学校法人 中央大学
◆ 設計者-日建設計
◆ 施工者-(未定)
◆ 着工-2020年11月上旬予定
◆ 竣工-2023年03月下旬予定


Tokyochuor200412
建築計画のお知らせの「南側立面図」です。


Tokyochuor200413
建築計画のお知らせの「配置図」です。「日本大学理工学部駿河台校舎 タワー・スコラ」の西隣に建設されます。


Tokyochuor200414
「駿河台記念館(創立100周年記念館)」の西面です。「仮囲い」で閉鎖されています。


Tokyochuor200415
「駿河台記念館(創立100周年記念館)」の北面です。「足場」と「防音壁」の設置が行われています。


Tokyochuor200416
解体工事が始まる前の「駿河台記念館(創立100周年記念館)」です。東隣は地上19階、地下3階、高さ82.90mの「日本大学理工学部駿河台校舎 タワー・スコラ」」です。


Tokyochuor200417
「中央大学 (仮称)駿河台記念館建替計画」の建築計画のお知らせです。2020年3月27日に掲示されたようです。



|

2019年12月20日 (金)

東北大学青葉山新キャンパス 巨大な顕微鏡と呼ばれる「次世代放射光施設」 2020年3月着工へ!

Sendaitohoku191211
-次世代放射光施設-

 仙台市青葉区の「東北大学青葉山新キャンパス」に計画している「次世代放射光施設」の建設に向け、産学官連携組織「光科学イノベーションセンター」は12月18日に、12月下旬に「基本建屋建築工事」の入札手続きを始めると発表しました。2020年3月下旬までに施工者を選定し、2020年3月内の着工を目指します。竣工は2022年度末、2023年度内の供用を予定しています。

 引用資料 日刊建設工業新聞(2019/12/19)
 光科学イノベセンター/次世代放射光施設建設(仙台市)/近く基本建屋建築入札公告

 河北新報(2019/12/19)
 放射光施設の基本建屋、19年度内に着工 東北大青葉山キャンパス

 公式ホームページ
 光科学イノベーションセンター - SLIT-J

 放射光施設は「巨大な顕微鏡」と呼ばれ、素材開発や創薬など幅広い分野への産業応用が見込まれます。計画では、「青葉山新キャンパス」の約54,600㎡を造成し、1周約350mのリング状の高輝度加速器を備えた蓄積リング棟と実験施設などを収容するライナック棟を整備します。

 建屋は地上2階、地下1階、延床面積約25,000㎡です。建屋内には10本のビームラインなど主要機器の設置スペースをはじめ、事務室や施設利用者の交流スペース、実験準備室などを設けます。

 敷地造成を含めた総事業費は約360億円です。このうち、国が190億円を負担し、3本のビームラインや輸送系設備、制御設備などを整備します。「光科学イノベーションセンター」や宮城県、仙台市、経済界など地域側が170億円で基本建屋やビームラインなどを整備します。


Sendaitohoku191212
「次世代放射光施設と東北大学サイエンスパーク等の周辺環境」です。

 引用資料 文部科学省(PDF)
 リサーチコンプレックス形成を加速する次世代放射光施設


Sendaitohoku191213
「次世代放射光施設の直近周辺の研究・教育施設」です。


Sendaitohoku191214
仙台駅から地下鉄で直行

 施設の徒歩圏内に仙台市営地下鉄東西線「青葉山駅」があり、地下鉄仙台駅から青葉山駅までの所要時間はわずか9分(5駅)と、アクセス至便です。



|

2019年11月20日 (水)

芝浦工業大学 「芝浦工業大学 豊洲第二校舎新築工事」の起工式を2019年11月18日に挙行  オーバーハングした外観デザインが非常に斬新!

Tokyoshibaurait191111
-芝浦工業大学 豊洲第二校舎新築工事-

 「学校法人芝浦工業大学」は2022年4月の開校を目指し、豊洲キャンパス敷地内に「豊洲第二校舎(仮称)」の工事を着工しました。それに伴い、2019年11月18日に起工式を執り行いました。

  2027年の創立100周年に向けて「アジア工科系大学トップ10」を目指し、英語で学部教育を行う先進国際課程の研究室設置、研究室の区切りをなくし研究意見交換が自由に行えるオープンラボの開設などにより、さらなるグローバル教育・大学院教育充実・研究力強化する計画です。

 引用資料 芝浦工業大学(2019/11/18)
 2022年4月開設予定 「豊洲第二校舎(仮称)」着工

 「豊洲第二校舎(仮称)」の規模は、地上14階、地下1階、 高さ67.5m、延床面積約44,800㎡です。外観デザインが非常に斬新で上層階程広くなっています。斜めにオーバーハングした外壁は非常にインパクトがあります。斜めにオーバーハングした部分は、「外装ルーバー」となっています。

豊洲第二校舎(仮称)の概要
◆ 計画名-芝浦工業大学 豊洲第二校舎新築工事
◆ 所在地-東京都江東区豊洲三丁目1番35号(地番)
◆ 階数-地上14階、地下1階
◆ 高さ-最高部67.5m
◆ 敷地面積-30,000.26㎡(施設全体)
◆ 建築面積-4,430.00㎡
◆ 延床面積-44,800.00㎡
◆ 構造-(地下)鉄骨鉄筋コンクリート造、(地上)鉄骨造
◆ 基礎工法-鋼管杭
◆ 用途-文教施設(大学)
◆ 施設-5階~14階(研究室・実験室、グローバルラウンジ、ファカルティラウンジ、レンタルラボラトリー)、3階~4階(教室、学生ラウンジ)、地下1階~2階(体育館、フィットネスジム、事務室、受付)
◆ 建築主-学校法人芝浦工業大学
◆ 設計者・監理者-日建設計
◆ 施工者-鹿島建設
◆ 着工-2019年11月18日(起工式)
◆ 竣工-2022年03月下旬予定
◆ 開校-2022年04月予定


Tokyoshibaurait191112
「オープンラボイメージ図」です。


Tokyoshibaurait191113
「豊洲キャンパス第二校舎」の配置図です。

 引用資料 芝浦工業大学(PDF2019/11/18)
 芝浦工業大学は2027年に100周年を迎えます ご支援のお願い創立100周年に向けて


Tokyoshibaurait191114
かなり前の写真ですが、芝浦工業大学の「豊洲キャンパス」の空撮です。敷地南側の開いている部分に「豊洲キャンパス第二校舎」を建設します。



|

2019年8月 9日 (金)

木造建築はここまで進化した! 柱・梁・筋交が全て木造の純木造 「玉川学園」が国内最大規模の地上9階の木造学生寮を建設!

Tokyotamagawa190811
-玉川学園・学生寮建設工事-

 東京都町田市の「玉川学園」は、キャンパス内に地上9階の木造学生寮を建設します。木造学生寮としては国内最大の規模です。2021年3月の着工、2022年12月の竣工を目指します。

 引用資料 玉川大学・玉川学園(2019/08/06)
 教育施設では日本初!国内最大級 中高層純木造耐火建築の学生寮建設に着手!2022年竣功予定

 構造体(柱・梁・筋交)がすべて木造の純木造耐火建築物となるほか、内装材に学内の間伐材を一部活用するなど、環境に優しく寮生が過ごしやすい温かみのある居住空間を目指します。

 基礎は「免震構造」を採用、木造部分への地震力の入力を低減し、安全性と経済性を兼ね備えた計画とします。構造材には国産カラマツを使った高強度LVL材(木材の薄い板を、繊維方向をそろえて積層・接着した木質材料)を開発しました。
 接合部は鋼板とドリフトピン(柱や梁、筋交を接合する際に用いる棒状の金具)を用い、新しいピンの配置を実験で検証することで、コスト削減と施工性の向上を目指します。

 1階~5階は2時間耐火構造、6階~9階は1時間耐火構造となります。柱、梁には国土交通大臣認定を取得した燃え止まり型の木質耐火部材を採用します。木造軸組床の2時間耐火仕様の採用は日本初です。柱、梁の表面材には国産のスギを使用し、木のぬくもりのある空間とします。

 木造建築は火に弱いというイメージがあります。また日本は非常に地震が多いです。そういうこともあり、日本人は大規模な木造建築にはどうしても否定的になってしまいます。しかし、技術の進歩により、日本でも地上9階の木造建築が建設可能になりました。建設ヲタとして、ちょっと感動しました!

玉川学園・学生寮建設工事の概要
◆ 所在地-東京都町田市玉川学園
◆ 階数- 地上9階、地下0階
◆ 高さ-最高部約31m
◆ 敷地面積-約332,317㎡(施設全体)
◆ 建築面積-約850㎡
◆ 延床面積-約6,150㎡
◆ 構造-木造(柱・梁・筋交が全て木造の純木造)
◆ 地震対策-基礎免震構造
◆ 建築主-学校法人玉川学園
◆ 設計者-久米設計
◆ 設計協力-株式会社シェルター(燃え止まり型の木質耐火部材 COOL WOOD)
◆ 施工者-(未定)
◆ 2021年03月予定
◆ 2022年12月予定


Tokyotamagawa190812
「内観イメージ」です。


Tokyotamagawa190813
「構造概要」です。 地震対策として「基礎免震構造」を採用します。地上階は「木造軸組工法」を採用します。木造軸組工法は、柱や梁、筋交などの軸組で建物を支える、日本で古くから発達してきた伝統工法です。


Tokyotamagawa190814
COOL WOOD(クールウッド)

 燃え止まり型の木質耐火部材には、株式会社シェルターが開発した「COOL WOOD(クールウッド)」を採用します。「COOL WOOD」は、燃え止まり層に石こうボードを使用した木質耐火部材です。

 株式会社シェルター・公式ホームぺージ
 COOL WOOD

 加工しやすく、デザインやコストに合わせて様々な木材で製造可能です。柱や梁の外観は木質のため、木の温もりを活かした建物に仕上げることができます。「日本、カナダ、スイス」で特許取得しています。



|

2019年7月 2日 (火)

JR田町駅前 「東京工業大学」の大規模複合開発 「田町キャンパス土地活用事業」の実施方針を取りまとめ!

Tokyotitech181011
-東京工業大学・田町キャンパス-

 「東京工業大学(Tokyo Institute of Technology)」は、日本屈指の超難関大学です。文部科学省が実施している「スーパーグローバル大学事業」のトップ型指定校でもあります。

 キャンパスは3ヶ所に分かれており、メインの「大岡山キャンパス(目黒区大岡山)、「すずかけ台キャンパス(横浜市緑区)、「田町キャンパス(港区芝浦)」の3ヶ所です。

 JR田町駅より徒歩1分の「田町キャンパス」は、大学院イノベーションマネジメント研究科の一部、キャンパス・イノベーションセンター、東京工業大学附属科学技術高等学校があります。

 
「東京工業大学」は、「田町キャンパス」の再開発を検討しています。PPP・PFI手法を活用する方針です。PPP・PFIの導入は財政負担の軽減が狙いで、土地資産の有効活用を進めたい考えです。

 引用資料 東京工業大学(PDF)
 東京工業大学キャンパス・マスタープラン 2016 

● 田町キャンパス土地活用事業の実施方針を取りまとめ
 
「東京工業大学」は、PPPを導入する「田町キャンパス土地活用事業」の実施方針をまとめました。75年の定期借地権を設定して高度利用し、民間事業者が大学関連施設のほか、オフィスなどの収益施設を整備・運営する大規模複合開発となります。

 引用資料 建設通信新聞(2019/07/02)
 10月にも募集要項/75年定借で高度利用/東工大の田町キャンパスPPP

 当初は、「CIC(キャンパス・イノベーションセンター)」は残す方針でしたが、CICも解体して開発用地に含めることにしました。今後の想定スケジュールは、2019年10月に募集要項を公表、2020年7月の事業者選定、2025年夏に「大岡山キャンパス」に付属高校が移転完了した後、事業者と定期借地契約を結びます。


Tokyotitech190711
「施設構成イメージ」です。


Tokyotitech181012
「東京工業大学・田町キャンパス」を東側から見た様子です。開発対象地は、敷地面積約22,678㎡(敷地A)が中心で、75年の定期借地権を設定します。


Tokyotitech181015
地上9階、延床面積約9,169㎡の、「CIC(キャンパス・イノベーションセンター)」です。当初は、「CIC」は残す計画でしたが、「CIC」も解体して開発用地に含めることにしました。



|

2019年1月 6日 (日)

横浜みなとみらい21地区 神奈川大学みなとみらいキャンパス新築工事 2018年12月中旬の建設状況

Yokohamamm21180811
神奈川大学みなとみらいキャンパス
 開発ラッシュに沸く横浜みなとみらい21地区に「神奈川大学」が進出します。横浜市が「中央地区43街区」の発事業者の公募を実施し、「学校法人神奈川大学」からキャンパス新設の提案があり、事業予定者に決定しています。売却価額は88億6,074万円です。

 「神奈川大学」は、横浜神奈川区六角橋に本部を置く私立大学です。大学の略称は神大(じんだい)で、学部は「法学部、経済学部、経営学部、外国語学部、人間科学部、理学部、工学部」の7学部ある総合大学です。2018年5月1日現在の学生数は18,431人です。

 2018年7月30日、「神奈川大学みなとみらいキャンパス新築工事」の起工式が行われ、工事の無事安全を祈願しました。

 引用資料 神奈川大学(2018/07/30) 
 無事安全を祈願。「みなとみらいキャンパス新築工事起工式」が執り行われました 

 当初の発表では、高さは最高部105.35m、軒高98.85mとなっていましたが、高さ99.99mとなりました。横浜市は基本的に「建築物」の高さで発表するので、最高部は100mを超えていると思われます。
 
神奈川大学みなとみらいキャンパスの概要
◆ 計画名-神奈川大学みなとみらいキャンパス新築工事
◆ 所在地-神奈川県横浜市西区みなとみらい四丁目5番1、5番2、5番5
◆ 階数-地上22階、地下1階   *公式HPでは、地上21階、地下1階 
◆ 高さ-建築物99.99m
◆ 敷地面積-7,848.31㎡
◆ 建築面積-約5,496㎡
◆ 延床面積-約49,821㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
◆ 用途-大学、店舗、駐車場
◆ 主要施設-地上1階~3階(図書館、ラーニングコモンズ、多目的ホール、ワールドビュッフェ、各種ラウンジ等)、4階~21階(大学施設、研究施設、レセプションルーム等)
◆ 建築主-学校法人神奈川大学
◆ 設計者-(基本設計・実施設計)三菱地所設計、(コンストラクション・マネジメント)日建設計コンストラクション・マネジメント
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-2018年07月30日(起工式)、2018年10月01日(着工)
◆ 竣工-2020年11月30日予定
◆ 開校-2021年04月予定
◆ 総投資額-約350億円(土地88億6,074万円)


Yokohamamm21190151
学部や学科を再編

 「みなとみらいキャンパス」には、日本の文化と歴史に深い理解をもって国際交流をすすめるグローバルな人材を養成する国際日本学部(2020年4月設置を構想中)、外国語学部、経営学部(国際経営学部に名称変更を構想中)のグローバル系学部を集約する予定です。


Yokohamamm21190152
横浜ランドマークタワー」69階の展望フロア「スカイガーデン」から見た様子です。


Yokohamamm21190153
「神奈川大学みなとみらいキャンパス新築工事」の建設現場です。


Yokohamamm21190154
掘削工事が行われています。突き出しているたくさんの鉄骨は「乗入れ構台」を支える柱です。


Yokohamamm21190155
「神奈川大学みなとみらいキャンパス新築工事」の建設現場を西側から見た様子です。


Yokohamamm21190156
開いたゲートから見た様子です。


Yokohamamm21190157
「神奈川大学みなとみらいキャンパス」の建築計画のお知らせです。



|

2018年10月25日 (木)

JR田町駅前 超高層ビル2棟、総延床面積約180,000㎡を想定 東京工業大学「田町キャンパス」の再開発予定地

Tokyotitech181011
-東京工業大学・田町キャンパス-

 「東京工業大学(Tokyo Institute of Technology)」は、日本屈指の超難関大学です。文部科学省が実施している「スーパーグローバル大学事業」のトップ型指定校でもあります。

 キャンパスは3ヶ所に分かれており、メインの「大岡山キャンパス(目黒区大岡山)、「すずかけ台キャンパス(横浜市緑区)、「田町キャンパス(港区芝浦)」の3ヶ所です。

 JR田町駅より徒歩1分の「田町キャンパス」は、大学院イノベーションマネジメント研究科の一部、キャンパス・イノベーションセンター、東京工業大学附属科学技術高等学校があります。

田町キャンパスの再開発
 
「東京工業大学」は、「田町キャンパス」の再開発を検討しています。PPP・PFI手法を活用する方針で、今後はアドバイザリー会社を交えて事業化の検討を進めていく予定です。PPP・PFIの導入は財政負担の軽減が狙いで、土地資産の有効活用を進めたい考えです。

 引用資料 東京工業大学(PDF)
 東京工業大学キャンパス・マスタープラン 2016 

 段階的な開発ではなく敷地全体を一体的に開発する見通しです。既存の建物は「キャンパス・イノベーションセンター」のみ残して、それ以外は再開発する方針です。

 地上32階、延床面積約142,000㎡の「A棟」、地上24階、延床面積約30,000の「B棟」、地上9階、延床面積約8,000の「C棟」など3棟総延床面積約180,000㎡の施設を建設する構想を検討しています。

 敷地の高度利用を進めて教育研究スペースを拡充する一方、JR田町駅前という立地を生かす方針です。大学間や産学官、国際連携に活用する社会連携・国際化の拠点としての整備も視野に入れています。


Tokyotitech181012
「東京工業大学・田町キャンパス」を東側から見た様子です。


Tokyotitech181013
JR田町駅東口のペデストリアンデッキと直結する好立地です。


Tokyotitech181014
キャンパス北側にグラウンドがあります。この部分に地上32階、延床面積約142,000㎡の「A棟」が建設される予定です。


Tokyotitech181015
地上9階、延床面積約9,169㎡の「キャンパス・イノベーションセンター」は、再開発の対象外になる予定です。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

101 テレビドラマ・映画ロケ地めぐり 102 経済ニュース 103 いろいろなランキング 104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他) 105 大学キャンパスめぐり 106 巨大工場めぐり 107 巨大スタジアム・ホール・展示場めぐり 108 大規模商業施設めぐり 121 東京都・千代田区① 121 東京都・千代田区② 122 東京都・港区① 122 東京都・港区② 123 東京都・中央区 124 東京都・新宿区 125 東京都・渋谷区 126 東京都・豊島区 127 東京都・江東区 128 東京都・品川区 129 東京都・目黒区 130 東京都・文京区 131 東京都・台東区 132 東京都・荒川区 133 東京都・墨田区(東京スカイツリー) 134 東京都・中野区 135 東京都・世田谷区 136 東京都・大田区 137 東京都・練馬区 143 東京都・23区内その他 151 東京都・ 23区以外 201 神奈川県・横浜市 202 神奈川県・川崎市 203 神奈川県・その他 231 千葉県・千葉市 232 千葉県・浦安市 233 千葉県・成田市(成田空港) 234 千葉県・湾岸部 235 千葉県・内陸部 251 埼玉県・さいたま市 252 埼玉県・川口市 253 埼玉県・所沢市 254 埼玉県・その他 271 茨城県 281 栃木県 282 群馬県 311 大阪市・北部 312 大阪市・中部 313 大阪市・南部 314 大阪市・湾岸部 321 大阪府・堺市 325 大阪府・その他 351 兵庫県・神戸市 355 兵庫県・尼崎市 356 兵庫県・西宮市 357 兵庫県・芦屋市 359 兵庫県・その他 401 空撮じゃないけれど 札幌市編 411 空撮じゃないけれど 仙台市編 501 空撮じゃないけれど 香港(ホンコン)編 511 空撮じゃないけれど 澳門(マカオ)編 601 ちょっとひと休み