121 東京都・千代田区②

(2009年~更新分)

2021年1月17日 (日)

JR東日本 中央線「飯田橋駅」のホームを新宿方に200m移設して直線化 供用開始された新西口駅舎!

Tokyoidabashi200611
-JR飯田橋駅-

 JR東日本は、中央線飯田橋駅のホームを西側(新宿方)に約200m移設しました。移設前の「飯田橋駅」の中央線ホームは、急曲線区間(曲線半径R=300m)にあり、列車とホームの隙間が大きくなっていました。列車とホームの隙間が最大で33cmもありました。

 飯田橋駅では、ホームの抜本的な安全対策として、新宿寄りにホームを約200m移設し、列車とホームの隙間を狭小化する工事と、これに合わせて西口駅舎の改良等工事を行っていましたが、2020年7月12日 初電から新ホーム、新西口駅舎および歩行者空間が供用開始されました。

 引用資料 JR東日本(PDF:2020/06/16)
 飯田橋駅がより安全に、より便利になります~新ホーム、新西口駅舎および歩行者空間の供用開始について~

 旧ホームは、曲線半径が300mでしたが、新ホームは、曲線半径が900mとなります。「新西口駅舎」は、鉄骨造の地上2階で、延床面積約2,200㎡です。 多機能トイレ(1か所)、エレベーター(15人乗り×1基)、店舗は5店舗(1階に3店舗、2階に2店舗)となっています。

JR飯田橋駅の概要
◆ 所在地-東京都千代田区飯田橋四丁目17番27他
◆ 階数-地上2階、地下0階
◆ 高さ-12.18m
◆ 敷地面積-2,392.71㎡
◆ 建築面積-1,389.21㎡
◆ 延床面積-2,226.48㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部CFT造
◆ 基礎工法-杭基礎
◆ 用途-駅舎、店舗
◆ 建築主-JR東日本
◆ 設計者-JR東日本
◆ 施工者-飯田橋駅改良共同企業体(構成員代表者 鉄建建設)
◆ 着工-2017年05月01日
◆ 竣工-2021年08月末予定
◆ 供用開始-2020年07月12日


Tokyoidabashi170511
「西口駅舎・駅前広場イメージ図」です。


Tokyoidabashi200612
「工事着手前(2014年7月)」です。


Tokyoidabashi200613
「仮西口駅舎」の使用時です。


Tokyoidabashi200614
「供用開始後」です。


Tokyoidabashi200615
「飯田橋駅新西口駅舎1階平面図」です。


Tokyoidabashi210111
「飯田橋駅新西口駅舎」です。2020年7月12日 初電から新ホーム、新西口駅舎および歩行者空間の供用開始されましたが、まだ工事は続いています。「建築計画のお知らせ」によると竣工は、2021年8月末予定となっています(写真提供読者さん)。


Tokyoidabashi210112
「飯田橋駅新西口駅舎」は、既存の線路とホームの上に人工地盤を構築して設置しています。解体された旧西口駅舎の柱が一部残っています(写真提供読者さん)。


Tokyoidabashi210113
役目を終えて閉鎖された「仮西口駅舎」です(写真提供読者さん)。



|

2021年1月13日 (水)

「東京ミッドタウン日比谷」のすぐ北側 (仮称)東宝ツインタワービル再開発計画 新築工事 2021年1月上旬の状況

Tokyotoho190811
-東宝ツインタワービルの建て替え-
 「東宝」は、取締役会において、 千代田区有楽町一丁目の 「東宝ツインタワービル」 の 閉館及び建て替え について決議しています。「東宝ツインタワービル」は、東宝創業の地である日比谷に、屋上の二つの塔をシンボルマークとして1969年5月に開業しました。

 引用資料 東宝(PDF:2019/06/25)
 東宝ツインタワービル 再開発計画の概要

 「東宝ツインタワービル」は、2019年12月末に閉館しました。閉館後の新ビルについては、低層部に商業店舗を配置したオフィスビルを計画し、映画・演劇を中心とした上質なエンタテイ ンメントの街「日比谷ブロードウェイ」の玄関口に相応しいビルの再生を目指します。2023年春に新ビル開業を予定しています。

● (仮称)東宝ツインタワービル再開発計画 新築工事
 現在は、「東宝ツインタワービル解体工事」が行われています。施工者は「竹中工務店」、解体工事の工期は、2020年1月15日~2021年4月30日(予定)となっています。「(仮称)東宝ツインタワービル再開発計画 新築工事」は、2021年4月1日着工予定です。

東宝ツインタワービル再開発計画の概要
◆ 計画名-(仮称)東宝ツインタワービル再開発計画 新築工事
◆ 所在地-東京都千代田区有楽町一丁目2-3
◆ 交通-東京メトロ日比谷線・東京メトロ千代田線「日比谷」駅直結、東京メトロ有楽町線「有楽町」駅徒歩4分、都営三田線「日比谷」駅徒歩3分、JR線「有楽町」駅徒歩3分
◆ 階数-地上11階、塔屋1階、地下2階
◆ 高さ-54.55m
◆ 敷地面積-1,491.83㎡
◆ 建築面積-1,313.65㎡
◆ 延床面積-16,696.96㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 用途-オフィス、店舗、駐車場
◆ 建築主-東宝
◆ 設計者-竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2020年01月15日~2021年04月30日予定
◆ 着工-2021年04月01日予定
◆ 竣工-2023年03月15日予定
◆ 開業-2023年春予定
◆ 所要資金-約90億円予定


Tokyotoho210111
「東宝ツインタワービル解体工事」を北東側から見た様子です。地上躯体は姿を消しています。解体工事の工期は、2020年1月15日~2021年4月30日(予定)となっています(写真提供読者さん)。


Tokyotoho210112
「(仮称)東宝ツインタワービル再開発計画 新築工事」の建築計画のお知らせです(写真提供読者さん)。


Tokyotoho190812
すぐ南側に「東京ミッドタウン日比谷」があります。



|

2021年1月 9日 (土)

登録有形文化財 歴史的建造物「旧九段会館」の建て替え事業 「(仮称)九段南一丁目プロジェクト」 2021年1月上旬の建設状況

Tokyokudan190911
-九段会館-

 「九段会館」は、1934年3月に竣工しました。しかし、2011年3月11日に発生した「東日本大震災」で、天井が崩落して、休館に追い込まれていました。

 「財務省関東財務局」は、「九段会館」の土地の貸し付け先を決める一般競争入札の落札者を「東急不動産」に決定しています。定期借地権方式で土地を貸し付け、建物の一部を保存しつつ、残りの部分を解体して高度利用を図る事業です。

 「東急不動産」と「鹿島建設」が出資する「合同会社ノーヴェグランデ」は、「(仮称)九段南一丁目プロジェクト」の新築工事に着手しました。2022年7月竣工予定です。
 
 引用資料 東急不動産(2019/09/17)
 登録有形文化財の歴史的建造物「旧九段会館」建て替え事業 (仮称)九段南一丁目プロジェクトが新築着工 「水辺に咲くレトロモダン」をコンセプトに2022年7月竣工予定

 コンクリート造の建物に瓦葺きの勾配屋根を塔屋とパラペットに冠する「帝冠様式」。その特徴をよく表す建物北側と東側部分をL字状に保存して活用します。

 保存部分は「免震レトロフィット工法」の採用、中性化により劣化したコンクリートの補修対策の実施、外壁のスクラッチタイルの落下防止対策の実施等により、創建時の姿を復原・保存します。

九段会館建て替えの概要
◆ 計画名-(仮称)九段南一丁目プロジェクト
◆ 所在地-東京都千代田区九段南一丁目5番1外
◆ 交通-東京メトロ半蔵門線・東西線、都営新宿線「九段下」駅徒歩1分
◆ 階数-地上17階、地下3階
◆ 高さ-最高部85.0m、軒高74.97m
◆ 敷地面積-8,765.85㎡
◆ 建築面積-5,106.90㎡
◆ 延床面積-67,738.20㎡(既存建物保存部分含む)
◆ 構造-鉄骨造(CFT造)、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 地震対策-免震レトロフィット(既存の建物の基礎などに免震装置を設置)
◆ 用途-オフィス、店舗、集会場、駐車場等
◆ 建築主-合同会社ノーヴェグランデ(東急不動産と鹿島建設が出資)
◆ 設計者・監理者- 鹿島・梓 設計・工事監理業務共同企業体
◆ 施工者-鹿島建設
◆ 着工-2018年03月01日(解体工事含む)
◆ 竣工-2022年07月15日予定
◆ 土地の貸付期間-2018年03月01日から70年間(定期借地権方式)


Tokyokudan190912
「メインエントランス イメージ」です。


Tokyokudan190913
「お濠沿い テラス イメージ」です。


Tokyokudan190914
「屋上庭園 イメージ」です。


Tokyokudan210111
北西側からお濠(牛ヶ淵)越しに見た「(仮称)九段南一丁目プロジェクト」の2021年1月上旬の建設状況です。タワークレーンが2基建っています(写真提供読者さん)。


Tokyokudan210112
「鉄骨建方」が本格化しています(写真提供読者さん)。


Tokyokudan210113
北東側から見た「(仮称)九段南一丁目プロジェクト」の建設状況です。「養生シート」が外されて、外観がかなり見えるようになりました(写真提供読者さん)。 


Tokyokudan180214
工事着工前の「九段会館」です。既存建物北東側をL字状に保存します。保存部分は、「免震レトロフィット」を適用し耐震性を確保します。


Tokyokudan210114
「(仮称)九段南一丁目プロジェクト」の建築計画のお知らせです(写真提供読者さん)。



|

2020年12月18日 (金)

TOKYO TORCH(トウキョウトーチ) 地上38階、高さ約212mの「常盤橋タワー」 高い所から見た2020年12月中旬の建設状況

Tokyotokiwabashi200911
TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)-
 「三菱地所」は、東京駅日本橋口前に位置する常盤橋街区において開発を進めています。「東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業)」の街区名称を「TOKYO TORCH(トウキョウトーチ)」に決定しています。

 合わせて街区内に建設・計画中の2棟のタワーについて、A棟の名称を「常盤橋タワー」に、B棟の名称を「Torch Tower(トーチタワー)」に決定しています。

 引用資料 首相官邸(PDF:2020/09/04)
 都市再生特別地区 大手町地区(D-1街区)都市計画(素案)の概要

 引用資料 三菱地所(PDF:2020/09/17)
 世界に誇る日本の新たなシンボルが「日本を明るく、元気にする」東京駅前常盤橋プロジェクトの街区名称を「TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)」に決定 2027年度、東京駅前にニューノーマルを見据えた約2.0haの屋外空間を整備した新たな街が誕生

 プロジェクトビジョンである「日本を明るく、元気にする」に、「Torch」のもつ「灯り」のイメージを重ね合わせ、常盤橋街区が、日本を明るく照らす希望の灯りのような存在でありたいという想いを込めました。街区全体の総事業費は約5,000億円(うち三菱地所の事業費は約3,500億円)となっています。

TOKYO TORCH(トウキョウトーチ)の概要
◆ 計画名-大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 新築工事(A棟・B棟・C棟・D棟)
◆ 所在地-東京都千代田区大手町二丁目8番1他、中央区八重洲一丁目2番1他
◆ 階数-地上63階、地下4階(B棟)
◆ 高さ-最高部約390m(B棟)
◆ 敷地面積-約31,400㎡(施設全体)
◆ 延床面積-約740,000㎡(施設全体)
◆ 容積対象面積-約584,000㎡(施設全体)
◆ 用途-オフィス、ホテル、 ホール、店舗、変電所、下水ポンプ場、駐車場等
◆ 建築主-事業権利者(三菱地所、東京都下水道局、大和証券グループ本社、三越伊勢丹、東京電力パワーグリッド、有限会社大手町開発、独立行政法人都市再生機構、他)
◆ 着工-2017年04月末
◆ 竣工-2027年09月下旬予定
◆ 総事業費-約5,000億円(街区全体)、約3,500億円(うち三菱地所の事業費)


Tokyotokiwabashi200951
「TOKYO TORCH 全体開業時外観イメージ/JR 東京駅丸の内側より」です。A棟の名称が「常盤橋タワー」、B棟の名称が「Torch Tower(トーチタワー)」に決定しています。


Tokyotokiwabashi200954
用途構成

 高さ350m超の「Torch Tower(B棟)」の62階・RFには、都心を眼下に、遠く富士山を臨むことができる、屋外空間併設の展望施設を整備します。57階~61階には、圧巻の眺望と世界水準のホスピタリティが約束された国際級ホテル(約100室)を誘致します。


Tokyotokiwabashi200958
「TOKYO TORCH 開発ステップ図」です。10年超の事業期間をかけて段階的に4棟のビル開発を進める計画です。


Tokyotokiwabashi200912
「計画配置図」です。「A棟・B棟・C棟・D棟」の4棟で構成されます。


Tokyotokiwabashi200952
「事業概要」です。


Tokyotokiwabashi180212
常盤橋タワー
 「三菱地所」は、2018年2月20日に「A棟新築工事」の起工式(安全祈願祭)を執り行いました。竣工は2021年6月末を予定しています。 「A棟」は、呉服橋交差点に面した街区南東に位置し、地上40階、高さ212m、延床面積約146,000㎡のオフィス・店舗からなる複合ビルとなり、東京メトロ東西線大手町駅コンコースと直結予定です。「A棟」の正式名称は「常盤橋タワー」に決定しています。

 引用資料 三菱地所(2018/02/20)
 大手町・丸の内・八重洲・日本橋の結節点における敷地面積3.1haの大規模再開発 「東京駅前常盤橋プロジェクト」A棟新築工事着工 -「働く」ことは「人が動き、交わる」こと。これからの「働く」を発信するシンボルタワーへ- 

常盤橋タワーの概要
◆ 計画名-大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 A棟新築工事
◆ 階数-地上38階、地下5階 *建築基準法上40階
◆ 高さ-最高部約212m *東京都環境局のHPでは215.77m
◆ 敷地面積-5,455.97㎡
◆ 建築面積-3,965.01㎡
◆ 延床面積-146,440.68㎡
◆ 構造―鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-直接基礎、杭基礎(一部併用)
◆ 地震対策-制振構造
◆ 用途-オフィス、店舗、駐車場等
◆ 建築主-三菱地所
◆ 設計者・監理者-三菱地所設計
◆ 施工者-戸田建設
◆ 着工-2018年02月20日(起工式)  
◆ 竣工-2021年06月末予定


Tokyotokiwabashi180213
「A棟外装イメージパース/東京駅方面より」です。


Tokyotokiwabashi201211
「常盤橋タワー」の2020年12月中旬の建設状況を「ROY氏」に送って頂きました。丸の内の某超高層ビルからのめったに見る事の出来ない貴重なアングルです(写真提供ROY氏)。


Tokyotokiwabashi201212
東京駅周辺の超高層ビルの密度が凄い事になって来ました。「常盤橋タワー」は1棟だけ色が違うのでよく目立ちます(写真提供ROY氏)。


Tokyotokiwabashi201213
「常盤橋タワー」です(写真提供ROY氏)。


Tokyotokiwabashi201214
斜めにスパッと切ったような特徴的な塔屋です。残るは一回り小型のタワークレーン1基のみになりました(写真提供ROY氏)。



|

2020年12月11日 (金)

東京都 「都立日比谷公園の再生整備計画(中間のまとめ)」の公表 開園130周年を迎える2033年の「日比谷公園」の将来イメージを公開!

Tokyohibiya201211
-都立日比谷公園の再生整備計画-

 俳優の「松坂桃李(32)」と女優の「戸田恵梨香(32)」が結婚したことを発表しました。おめでとうございます! 予想もしていなかった組み合わせなのでビックリしました。コロナ禍の中でこのような明るいニュースは本当にうれしいですね。

 本題に戻って、「日比谷公園」は、1903年(明治36年)6月1日、日本の近代洋風公園の先駆けとして開園して以来、各時代の東京の「今」を映し、数々のエピソードを生んできました。その文化的価値は唯一無地のものであり、東京、日本を代表する世界に誇る公園です。

 「都立日比谷公園の再生整備計画」は、100年余りの時代を経て日比谷公園に蓄積した魅力に更に磨きをかけ、これまでも、そしてこれからも、東京の「今」を映すこれからの新しい公園像を目指すものです。

 東京都公園審議会は、2019年10月8日に知事から諮問を受け、「都立日比谷公園の再生整備計画」について検討を進めてきました。この度、公園審議会は「都立日比谷公園の再生整備計画(中間のまとめ)」を公表し、広く都民からの意見を募集します。

 引用資料 東京都・報道発表(2020/12/08)
 日比谷公園の再生整備計画(中間のまとめ)意見募集


Tokyohibiya201212
2033年の夜間イメージです。


Tokyohibiya201213
2033年の「噴水広場・芝庭広場」イメージです。


Tokyohibiya201214
2033年の「芝丘広場」イメージです。


Tokyohibiya201215
2033年の「大芝生広場」イメージです。


Tokyohibiya201216
2033年の「日比谷公園の将来イメージ(施設計画)」です。 「日比谷通り」上空の2本の「歩行者デッキ」も描かれています。


Tokyohibiya201217
「日比谷公園」です。


Tokyohibiya201218
「日比谷公園」の樹木は歳月を経て大きく育っています。



|

2020年11月29日 (日)

神田川沿いの水辺をいかした親水広場や船着場の整備 東京都は、「外神田一丁目南部地区」を街並み再生地区に指定!

Tokyosotokanda201111
-外神田一丁目南部地区-

 東京都心部の開発事業で、船着場の整備が新たな潮流として台頭しています。首都高速道路の地下化が計画中の日本橋川沿いエリアの再開発などが代表格ですが、それ以外の地区でも川沿いに親水空間と船着場をセットで検討する動きが増えました。

 千代田区で再開発事業を検討している「外神田一丁目1・2・3番地区再開発準備組合」は、対象地南部を流れる神田川沿いに親水広場や船着場、親水歩行者空間などを整備する方向で検討しています。

 東京都は、東京のしゃれた街並みづくり推進条例の街区再編まちづくり制度に基づき、「外神田一丁目南部地区」を街並み再生地区に指定しました。あわせて、「外神田一丁目南部地区」のまちづくりのガイドラインである街並み再生方針を定めました。

 引用資料 東京都・報道発表(2020/11/24)
 外神田一丁目南部地区を街並み再生地区に指定

 建設通信新聞(2020/11/17)
 水辺活用へ船着場/親水空間とセットで検討/都心開発で相次ぐ

 計画概要案によると、神田川沿いにはホテル・住宅棟、既存施設を改築する万世会館棟を建設し、国道17号を挟んだ敷地北側にはオフィス・商業棟として大型施設を建設します。オフィス・商業棟の低層部には貫通道路を設けた上で、さらに国道上空にデッキを整備して南側のホテル・住宅棟と接続する計画です。

 再開発には野村不動産グループや日建設計などが参画し、都市計画手続きを経て2022年度にも本組合を設立する見通しです。2023年度の着工、2028年度の竣工を想定しています。


Tokyosotokanda201112
「神田川や船着場が十分見通せる開放性を有するおおむね800㎡以上の親水広場(イメージ)」です。


Tokyosotokanda201113
「親水広場につながる地区内南北動線(イメージ)」です。


Tokyosotokanda201114
「外神田一丁目南部地区 街並み再生地区 区域図」です。「外神田一丁目1・2・3番地区」と同じ範囲です。



|

2020年11月25日 (水)

飯田橋駅東地区 「飯田橋駅東地区市街地再開発準備組合」は、地上24階、延床面積約45,700㎡の再開発施設を想定!

Tokyoidabashi201111
-飯田橋駅東地区市街地再開発-

 「飯田橋駅」は、JR総武線・中央線、東京メトロ東西線、東京メトロ有楽町線、東京メトロ南北線、都営地下鉄大江戸線とJR線、地下鉄×4線が集まる鉄道交通の要衝でもあります。

 JR飯田橋駅周辺は、2000年代前半まで拠点となる施設がほとんどありませんでしたが、「飯田橋プラーノ」に続き、「飯田橋サクラパーク」と再開発が続き、都心の北西側の玄関口として急速に整備が進んでします。

 2019年12月20日には、日刊建設工業新聞がブログで、「飯田橋駅東地区市街地再開発」は、はおおむね地上30階、高さ約130m、延床面積50,000㎡程度の規模になる見通しと伝えました。

● 地上24階、延床面積約45,700㎡を想定!
 「飯田橋駅東地区市街地再開発準備組合」は、再開発施設の計画概要をまとめました。地上24階、地下2階、延床面積約45,700㎡の規模で、オフィスを中心とした施設を計画しています。想定規模が少し縮小されたようです。

 建設通信新聞(2020/11/25)
 24階建て延べ4.6万㎡規模/建物内に貫通通路も/飯田橋駅東地区再開発準備組合

 再開発施設は1棟で、低層部に商業施設や子育て支援施設、中高層部を基準階面積1,300㎡前後のオフィスとし、最上部には計15戸の権利者住戸が入ります。低層部の建物内に「貫通通路」を設け、エリア全体で東西方向の歩行者ネットワークを強化します。


Tokyoidabashi191212
飯田橋・富士見地域のまちづくりについて
 「飯田橋駅東地区」の予定地です。飯田橋駅周辺には複数の再開発計画があります。

 引用資料 千代田区・公式HP(PDF)
 企画総務委員会 - 千代田区議会


Tokyoidabashi170821
「飯田橋駅東地区」の予定地を西側から見た様子です。


Tokyoidabashi170822
「飯田橋駅東地区」の街区の中央を「タワー飯田橋通り」が東西に走っています。街区が南北に分断されているため、この部分に「貫通通路」を設けると思われます。


Tokyoidabashi170823
街区の北側をJR中央本線が走っています。


Tokyoidabashi170824
「飯田橋駅東地区」の予定地を北東側から見た様子です。


Tokyoidabashi170825
街区東側の道路です。



|

2020年9月18日 (金)

東京駅前常盤橋プロジェクトの街区名称が「TOKYO TORCH(トウキョウトーチ)」に決定! A棟は「常盤橋タワー」、B棟は「Torch Tower(トーチタワー)」

Tokyotokiwabashi200911
-東京駅前常盤橋プロジェクト-
 国家戦略特区の「第18回 東京都都市再生分科会 配布資料」が、2020年9月4日に公開されました。その時に「東京駅前常盤橋プロジェクト」の概要が変更になった「B棟」の「イメージパース」が公開されて大変話題になりました。

 引用資料 首相官邸(PDF:2020/09/04)
 都市再生特別地区 大手町地区(D-1街区)都市計画(素案)の概要

TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ) 
 「三菱地所」は、東京駅日本橋口前に位置する常盤橋街区において開発を進めています。「東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業)」の街区名称を「TOKYO TORCH(トウキョウトーチ)」に決定しました。

 合わせて街区内に建設・計画中の2棟のタワーについて、A棟の名称を「常盤橋タワー」に、B棟の名称を「Torch Tower(トーチタワー)」に決定しました。

 引用資料 三菱地所(PDF:2020/09/17)
 世界に誇る日本の新たなシンボルが「日本を明るく、元気にする」東京駅前常盤橋プロジェクトの街区名称を「TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)」に決定 2027年度、東京駅前にニューノーマルを見据えた約2.0haの屋外空間を整備した新たな街が誕生

 公式ホームページ
 TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)

 プロジェクトビジョンである「日本を明るく、元気にする」に、「Torch」のもつ「灯り」のイメージを重ね合わせ、常盤橋街区が、日本を明るく照らす希望の灯りのような存在でありたいという想いを込めました。街区全体の総事業費は約5,000億円(うち三菱地所の事業費は約3,500億円)となっています。

TOKYO TORCH(トウキョウトーチ)の概要
◆ 計画名-大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 新築工事(A棟・B棟・C棟・D棟)
◆ 所在地-東京都千代田区大手町二丁目8番1他、中央区八重洲一丁目2番1他
◆ 階数-地上63階、地下4階(B棟)
◆ 高さ-最高部約390m(B棟)
◆ 敷地面積-約31,400㎡(施設全体)
◆ 延床面積-約740,000㎡(施設全体)
◆ 容積対象面積-約584,000㎡(施設全体)
◆ 用途-オフィス、ホテル、 ホール、店舗、変電所、下水ポンプ場、駐車場等
◆ 建築主-事業権利者(三菱地所、東京都下水道局、大和証券グループ本社、三越伊勢丹、東京電力パワーグリッド、有限会社大手町開発、独立行政法人都市再生機構、他)
◆ 着工-2017年04月末
◆ 竣工-2027年09月下旬予定
◆ 総事業費-約5,000億円(街区全体)、約3,500億円(うち三菱地所の事業費)


Tokyotokiwabashi200951
「TOKYO TORCH 全体開業時外観イメージ/JR 東京駅丸の内側より」です。A棟の名称が「常盤橋タワー」、B棟の名称が「Torch Tower(トーチタワー)」に決定しました。


Tokyotokiwabashi200912
「計画配置図」です。「A棟・B棟・C棟・D棟」の4棟で構成されます。


Tokyotokiwabashi200952
「事業概要」です。


Tokyotokiwabashi200953
「Torch Tower(B棟) JR東京駅丸の内側より」です。


Tokyotokiwabashi200914
「Torch Tower(B棟) 北東側より」です。


Tokyotokiwabashi200954
用途構成

 高さ350m超の「Torch Tower(B棟)」の62階・RFには、都心を眼下に、遠く富士山を臨むことができる、屋外空間併設の展望施設を整備します。57階~61階には、圧巻の眺望と世界水準のホスピタリティが約束された国際級ホテル(約100室)を誘致します。


Tokyotokiwabashi200955
57F ホテルロビー
 
57階のホテルロビー階は、外気を取り入れるデザインとし、300m超の高さでありながら、緑と風に包まれる希少な空間が、特別感を演出します。


Tokyotokiwabashi200956
「Torch Tower(B 棟)1F-8F 空中散歩道」です。 


Tokyotokiwabashi200957
完成イメージです。


Tokyotokiwabashi200958
「TOKYO TORCH 開発ステップ図」です。10年超の事業期間をかけて段階的に4棟のビル開発を進める計画です。以前公開されたステップ図とは外観が大幅に変更になりましたが、工程に変更はありません。


Pasona200911
「B棟」の建設予定地です。解体される予定の「日本ビル」には、パソナグループ本部ビル「JOB HUB SQUARE」がありますが、「パソナグループ」は2020年9月から段階的に、本社の主要機能を兵庫県の淡路島に移転する事を発表しています。



|

2020年9月10日 (木)

東京駅前常盤橋プロジェクト 地上63階、高さ約390mの「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 B棟」 新しいイメージパースが遂に公開!

Tokyotokiwabashi200911
-東京駅前常盤橋プロジェクト-
 昨日は、コロナ禍を吹き飛ばすかのようにいろいろなプロジェクトのニュースがありました。うれしい悲鳴ですが、同時にブログに載せる事は出来ないので、毎日1プロジェクトずつ紹介しようと思っています。

 「建設通信新聞」が、2020年6月10日に、 ”「東京駅前常盤橋プロジェクト」の高さ約390mの「B棟」の建築計画を一部変更、地上61階、地下5階、延床面積約490,000㎡から地上63階、地下4階、延床面積約545,000㎡に規模を拡大、高さ約390mは変更無し。” と伝えました。

 概要が変更になった「B棟」の「イメージパース」が遂に公開されました」。あまりの変わりように驚きました。全く別のビルと言ってもいいくらい外観イメージが変更になっています。

 引用資料 首相官邸(PDF:2020/09/04)
 都市再生特別地区 大手町地区(D-1街区)都市計画(素案)の概要

 上記の国家戦略特区の「第18回 東京都都市再生分科会 配布資料」は、2020年9月4日(金)に公開されていました。ほぼ毎日チェックしているのに気が付きませんでした。ネットで大騒ぎになって初めて気が付きました。痛恨のミスです・・・

東京駅前常盤橋プロジェクトの概要(変更後)
◆ 計画名-大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 新築工事(A棟・B棟・C棟・D棟)
◆ 所在地-東京都千代田区大手町二丁目8番1他、中央区八重洲一丁目2番1他
◆ 階数-地上63階、地下4階(B棟)
◆ 高さ-最高部約390m(B棟)
◆ 敷地面積-約31,400㎡(施設全体)
◆ 延床面積-約740,000㎡(施設全体)
◆ 容積対象面積-約584,000㎡(施設全体)
◆ 用途-オフィス、ホテル、 ホール、店舗、変電所、下水ポンプ場、駐車場等
◆ 建築主-事業権利者(三菱地所、東京都下水道局、大和証券グループ本社、三越伊勢丹、東京電力パワーグリッド、有限会社大手町開発、独立行政法人都市再生機構、他)
◆ 着工-2017年04月末
◆ 竣工-2027年09月下旬予定


Tokyotokiwabashi200912
「計画配置図」です。「A棟・B棟・C棟・D棟」の4棟で構成されます。


Tokyotokiwabashi200913
「計画概要」です。


Tokyotokiwabashi200914
変更後の「B棟」のイメージパースです。全く別のビルと言ってもいいくらい外観イメージが変更になっています。


Tokyotokiwabashi200411
変更前の「B棟」のイメージパースです。


Tokyotokiwabashi200915
「断面図」です。


Tokyotokiwabashi200917
小規模な揚水発電?

 「超高層建物の持つエネルギーポテンシャルを活用した発電システムの構築(太陽光・水力・風力)」と書いてあります。ビルで「太陽光発電・風力発電」は聞いたことありますが、「水力発電」はほとんど聞いたことありません。図面を見ると高さ約390mの高低差を利用した小規模な「揚水発電」のように見えます。

● 揚水発電
 「揚水発電」は、通常の水力発電と同じように水の力で水車を回して電気を作るのですが、異なることは発電のために使う水を汲み上げる(揚水する)ことです。電気は貯めることが出来ないので水の形で電気を貯える「蓄電池」のような役割を担っています。

 発電所をはさんで上部と下部のダムを築き、水を貯えるための調整池を作り、上部調整池から下部調整池に水を流下させて発電します。電力の使用量が少ない時間に水車を逆回転させて上部調整池に水をくみ上げ、必要な時に水を流下させて電気を作ります。

 最近では、昼間の太陽光で発電した電気を利用して、揚水を行い、夜(点灯帯)に発電する機会が増えており、「再エネの導入拡大」にも貢献しています。


Tokyotokiwabashi200916
「大規模広場と建物の両方からにぎわいがにじみ出す立体的な空間を創出」です。


Tokyotokiwabashi180216
「本プロジェクト段階開発ステップ図」です。10年超の事業期間をかけて段階的に4棟のビル開発を進める計画です。以前公開されたステップ図のため「B棟」の外観は変更前ですが、工程に変更はありません。


Pasona200911
「B棟」の建設予定地です。解体される予定の「日本ビル」には、パソナグループ本部ビル「JOB HUB SQUARE」がありますが、「パソナグループ」は2020年9月から段階的に、本社の主要機能を兵庫県の淡路島に移転する事を発表しています。



|

2020年9月 5日 (土)

大規模再開発が見込まれている「内幸町一丁目街区」 「日比谷通り」の上空に緑化した人工地盤を整備 「日比谷公園」と一体化するかも?

Tokyouchisaiwai190711
-内幸町一丁目街区-
 「三井不動産、NTT都市開発、東京電力」などが、「内幸町一丁目街区」の敷地面積約65,000㎡を再開発します。街区内には、「帝国ホテル、日比谷U-1ビル、NTT日比谷ビル、みずほ銀行内幸町本部ビル、東京電力ホールディングス本社ビル」などが立地しています。

 「NTT日比谷ビル」が建っているあたりには、地上46階のオフィスや店舗が入る超高層複合ビルが計画されており2025年の開業を目指します。「みずほ銀行内幸町本部ビル」が建っているあたりには、地上45階のオフィスやホテルが入る超高層複合ビルが計画されており2027年の開業を目指します。

● 日比谷通りの上空に緑化した人工地盤を整備!
 「日比谷通り」の道路上空に緑化した人工地盤を整備し、「日比谷公園」との連続性・回遊性を高めるなど、新たなまちづくり手法も視野に入れています。「建設通信新聞」によると、 ”具体的な整備位置などは固まっていないものの、関係者によると帝国ホテル本館の南側を想定している模様だ。一方、北側に隣接する「有楽町一丁目街区」でも、東京ミッドタウン日比谷の南側にデッキを整備する構想がある。” と報じています。

 引用資料 建設通信新聞(2020/09/04)
 帝国ホテル南にデッキ/日比谷公園と街区接続/千代田区の内幸町一丁目街区


Tokyohibiya200911
「日比谷通り上空デッキのイメージ」です。具体的な整備位置などは固まっていないものの2ヶ所整備されるようです。


Tokyouchisaiwai190714
日比谷U-1ビル(旧NBF日比谷ビル)
 
「帝国ホテル本館」の南側に隣接して「日比谷U-1ビル」があります。「NBF日比谷ビル」という名称でしたが、「三井不動産」が、2018年3月30日に取得して改称されました。この場所には、明治時代に「鹿鳴館」がありました。

 概要は、地上26階、塔屋2階、地下4階、高さ109.30m、敷地面積5,065.35㎡、延床面積51,941.13㎡です。1984年6月30日に竣工しました。竣工時の名称は「大和生命ビル」です。


Tokyohibiya200921
南側の日比谷通り上空デッキの整備場所

 「日比谷通り上空デッキのイメージ」を見ると南側のデッキは、「日比谷U-1ビル」の前に整備されるようです。


Tokyohibiya200922
「日比谷通り」の上空に緑化した人工地盤が整備されると、このあたりで「日比谷公園」と「内幸町一丁目街区」が一体化します。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

101 テレビドラマ・映画ロケ地めぐり 102 経済ニュース 103 いろいろなランキング 104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他) 105 大学キャンパスめぐり 106 巨大工場めぐり 107 巨大スタジアム・ホール・展示場めぐり 108 大規模商業施設めぐり 121 東京都・千代田区① 121 東京都・千代田区② 122 東京都・港区① 122 東京都・港区② 123 東京都・中央区 124 東京都・新宿区 125 東京都・渋谷区 126 東京都・豊島区 127 東京都・江東区 128 東京都・品川区 129 東京都・目黒区 130 東京都・文京区 131 東京都・台東区 132 東京都・荒川区 133 東京都・墨田区(東京スカイツリー) 134 東京都・中野区 135 東京都・世田谷区 136 東京都・大田区 137 東京都・練馬区 143 東京都・23区内その他 151 東京都・ 23区以外 201 神奈川県・横浜市 202 神奈川県・川崎市 203 神奈川県・その他 231 千葉県・千葉市 232 千葉県・浦安市 233 千葉県・成田市(成田空港) 234 千葉県・湾岸部 235 千葉県・内陸部 251 埼玉県・さいたま市 252 埼玉県・川口市 253 埼玉県・所沢市 254 埼玉県・その他 271 茨城県 281 栃木県 282 群馬県 311 大阪市・北部 312 大阪市・中部 313 大阪市・南部 314 大阪市・湾岸部 321 大阪府・堺市 325 大阪府・その他 351 兵庫県・神戸市 355 兵庫県・尼崎市 356 兵庫県・西宮市 357 兵庫県・芦屋市 359 兵庫県・その他 401 北海道 411 宮城県 501 香港(ホンコン) 511 海外 601 ちょっとひと休み