121 東京都・千代田区②

(2009年~更新分)

2022年11月11日 (金)

地上62階、 高さ約390mの「Torch Tower(トーチタワー)」 ウルトララグジュアリーホテル「Dorchester Collection(ドーチェスター・コレクション)」を誘致!

Tokyotokiwabashi221111
-TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)-

 「三菱地所」は、東京駅日本橋口前で関係権利者と共に開発を進めている「TOKYO TORCH(トウキョウトーチ)」街区において、「日本を明るく、元気にする」をプロジェクトビジョンに掲げ、まちづくりを進めていますが、2021年6月末に竣工した「常盤橋タワー(A棟)」に続き、2022年3月末に「下水道局棟(D棟)」が竣工し、東京都下水道局への引渡しを完了しました。

 また、「下水道局棟(D棟)」の正式名称は「銭瓶町ビルディング」に決定しました。ちなみに「銭瓶町」は「ぜにがめちょう」と読みます。なお、建物は東京都下水道局の所有となり、地上階は主に下水道局の事務所となる予定です。

 「三菱地所」は東京駅前で進める複合開発「TOKYO TORCH(トウキョウトーチ)」で、国内最高となる地上62階、高さ約390mの超高層ビル「Torch Tower(トーチタワー)」の新築工事の優先交渉権者を「清水建設」に決定しました。

● Dorchester Collectionが出店決定!
 「三菱地所」と「東京センチュリー」は、関係権利者と共に開発を進めている東京駅日本橋口前「TOKYO TORCH(トウキョウトーチ)」街区において、日本一の高さとなる「Torch Tower」高層部のホテルにウルトララグジュアリーホテル「Dorchester Collection(ドーチェスター・コレクション)」を誘致することを決定しました。ホテルの開業は2028年度を予定しています。

 引用資料 三菱地所(PDF:2022/11/08)
 ~世界に誇る日本の新たなランドマーク「TOKYO TORCH」~ 日本一の高さとなる「Torch Tower」のホテルにアジア初進出のウルトララグジュアリーホテル「Dorchester Collection」が出店決定

 「Dorchester Collection」は、世界5つの都市(ロンドン、パリ、ミラノ、ローマ、ロサンゼルス)で9つの象徴的なホテルをコレクションに有する世界有数のウルトララグジュアリーホテルブランドであり、2023年には中東エリア初のホテル「The Lana, Dubai」がオープンします。

TOKYO TORCH(トウキョウトーチ)
の概要
◆ 計画名-大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 新築工事(A棟・B棟・C棟・D棟)
◆ 所在地-東京都千代田区大手町二丁目8番1他、中央区八重洲一丁目2番1他
◆ 階数-地上62階、地下4階(B棟)
◆ 高さ-最高部約390m(B棟)
◆ 敷地面積-約31,400㎡(施設全体)
◆ 建築面積-約20,400㎡(施設全体)
◆ 延床面積-約740,000㎡(施設全体)
◆ 容積対象面積-約584,000㎡(施設全体)
◆ 用途-オフィス、ホテル、 ホール、店舗、変電所、下水ポンプ場、駐車場等
◆ 客室数-110室(Dorchester Collection)
◆ 総戸数-約50戸(70㎡~400㎡)
◆ 建築主-事業権利者(三菱地所、東京都下水道局、大和証券グループ本社、三越伊勢丹、東京電力パワーグリッド、有限会社大手町開発、独立行政法人都市再生機構、他)
◆ 着工-2017年04月末
◆ 竣工-2027年末予定


Tokyotokiwabashi200911
「TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)」の完成イメージです。


Tokyotokiwabashi221112
「事業概要」です。


Tokyotokiwabashi221113
「Torch Tower 用途概要」です。


Tokyotokiwabashi221114
「SKY HILL イメージ」です。

ホテル概要
◆ ホテル階数-53階~58階(予定)
◆ ホテル延床面積-約21,400㎡
◆ 客室数-110室(予定)
◆ 共用施設-ロビーラウンジ、オールデイダイニング、スペシャリティレストラン、バンケット、フィットネスジム、スパ、プール
◆ 着工-2023年10月予定
◆ 竣工-2027年度予定
◆ 開業-2028年度予定


Tokyotokiwabashi221115
「SKY HILL イメージ」です。


Tokyotokiwabashi221116
「SKY HILL イメージ」です。


Tokyotokiwabashi221117
「メインロビーイメージ、客室イメージ、エントランスイメージ」です。


Tokyotokiwabashi220416
「TOKYO TORCH 開発ステップ図」です。


Tokyotokiwabashi200912
「計画配置図」です。「A棟・B棟・C棟・D棟」の4棟で構成されます。


Tokyotokiwabashi220417
「案内図及び配置図」です。



|

2022年10月26日 (水)

高さ約200mと高さ約160mの「Otemachi One」が完成 エリア最大級の緑地空間「Otemachi One Garden」が2022年12月16日にオープン!

Tokyooh221011
-Otemachi One-

 「三井物産」と「三井不動産」は、大手町一丁目2番地区の開発事業を進めています。「三井物産ビル、大手町パルビル、大手町一丁目三井ビルディング」の3棟が解体され、一体的に再開発されました。

 大手町一丁目2番地区で推進中の一体開発事業である「(仮称)OH-1計画」は、2016年5月18日に着工し、6月8日に起工式を行いました。「三井物産、三井不動産」は、街区名称として、様々な人や才能が集まり融合し、大手町「一丁目」から世界に向けて新しい価値を発信し続ける「オンリーワン」の街としていく想いを込めて、「Otemachi One」に決定しました。

 皇居の「大手濠」側の「三井物産ビル」跡地に、地上31階、地下5階、高さ約160mの「三井物産ビル」が、「日比谷通」側の「大手町一丁目三井ビルディング、大手町パルビル」の跡地に、地上40階、地下5階、高さ約200mの「Otemachi One タワー」が建設されました。

 2020年2月23日に竣工し、2020年5月7日に「三井物産」は、「日本生命丸の内ガーデンタワー」及び「JAビル」から、Otemachi One街区内の「三井物産ビル」へ本社を移転しました。

 商業施設エリア「Otemachi One Avenue」は2020年5月12日にグランドオープン予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、6月17日より順次開業に変更になりました。「フォーシーズンズホテル東京大手町」は、2020年7月1日の開業予定を延期し、2020年9月1日に開業しました。

● Otemachi One Gardenが2022年12月16日オープン!
 「三井物産」と「三井不動産」は、「Otemachi One」にエリア最大級の緑地空間「Otemachi One Garden」を2022年12月9日に竣工、2022年12月16日にオープンします。「Otemachi One Garden」のオープンをもって、三井物産と三井不動産による複合開発「Otemachi One」は完成を迎えます。

 引用資料 三井不動産・ニュースリリース(2022/10/25)
 大手町・丸の内・有楽町エリア最大級約6,000m2の緑地空間 「Otemachi One Garden」2022年12月16日オープン決定 12月16日~25日オープニングイベント開催

 「Otemachi One Garden」は、日本を代表するオフィスエリアである大手町に位置し、かつ皇居が目の前という場所に誕生します。皇居の広大な緑との連続性により、大手町における緑のネットワーク形成と豊かな緑地空間の創出に貢献します。

 また、都心におけるクールスポットの形成やカーボンニュートラル、生物多様性など環境への貢献も期待されます。 緑地空間6,000㎡のうち、芝生広場を中心とした約3,000㎡がイベントスペースとなり、大手町エリアでは希少なイベント対応型の広場空間を提供します。

Otemachi Oneの概要
◆ 計画名-(仮称)OH-1計画
◆ 所在地-東京都千代田区大手町一丁目2番1号
◆ 交通-東京メトロ丸ノ内線・東西線・千代田線・半蔵門線「大手町駅」、 都営三田線「大手町駅」直結、東京メトロ東西線「竹橋」駅より徒歩5分、JR「東京」駅より徒歩14分、JR「神田」駅より徒歩12分
◆ 階数-(B棟)地上40階、地下5階、(A棟)地上31階、地下5階
◆ 高さ-(B棟)最高部約200m、軒高約200m、(A棟)最高部約160m、軒高約150m
◆ 敷地面積-20,864.32㎡(施設全体)
◆ 建築面積-11,852.27㎡(施設全体)
◆ 延床面積-358,687.93㎡(施設全体)
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-杭基礎+直接基礎
◆ 地震対策-制振構造(新世代制震オイルダンパー HiDAX-R 等)
◆ 用途-オフィス、店舗、多目的ホール、ホテル、駐車場、地域冷暖房施設
◆ 客室数-193室(フォーシーズンズホテル東京大手町)
◆ 建築主-三井物産、三井不動産
◆ 設計者・監理者-日建設計・鹿島建設 設計共同企業体(日建設計、鹿島建設)
◆ デザインアーキテクト-Skidmore, Owings & Merrill LLP(SOM)
◆ 施工者-鹿島建設
◆ 解体工事-2015年01月05日~2016年09月30日(地下躯体含む)
◆ 着工-2016年05月18日(着工)、2016年06月08日(起工式)
◆ 竣工-2020年02月23日
◆ 全体竣工-2022年12月09日(Otemachi One Garden完成)
◆ オープン-2020年05月07日(三井物産の本社が稼働)、2020年06月17日(Otemachi One Avenueが順次開業)、2020年09月01日(フォーシーズンズホテル東京大手町)、2022年12月16日(Otemachi One Garden)


Tokyooh221012
「Otemachi One(三井物産ビル、Otemachi One タワー)」のフロア構成です。


Tokyooh221013
「Otemachi One Garden」の7つのゾーンです。


Tokyooh221014
「多楷層な森づくり」と「地域固有の在来種の選定」です。



|

2022年10月23日 (日)

都心最大級延床約110万㎡ 第一弾の「内幸町一丁目街区南地区第一種市街地再開発事業」 国土交通省が優良な民間都市再生事業計画として認定!

Tokyouchisaiwai220811
-内幸町一丁目街区南地区第一種市街地再開発事業-

 東京都は、都市再開発法第7条の9第1項の規定に基づき、「内幸町一丁目街区南地区第一種市街地再開発事業」の個人施行を2022年8月10日に認可しました。

 引用資料 東京都・公式HP(2022/08/09)
 内幸町一丁目街区南地区第一種市街地再開発事業の施行を認可します

 市街地再開発事業の施行により、土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を行うとともに、内幸町一丁目街区の各地区と連携し、地域の回遊性や防災性の向上及び環境負荷の低減を図ります。

● 優良な民間都市再生事業計画として認定
 国土交通大臣は、「内幸町一丁目街区南地区第一種市街地再開発事業」を優良な民間都市再生事業計画として認定しました。これにより、認定を受けた事業者は、金融支援や税制上の特例措置の支援を受けることができます。

 引用資料 国土交通省(2022/10/21)
 まちと公園を結び、緑・潤い溢れる都市空間を形成 ~内幸町一丁目街区南地区第一種市街地再開発事業を国土交通大臣が認定~

 本事業計画は、「内幸町一丁目街区」の南地区にあたり、街区内で先行してオフィスや商業施設、ホテル等の多様な都市機能の一体的な整備を進め、都心拠点を形成します。「国土交通省」の資料により、正確な概要が判明しました。

南地区の概要
◆ 計画名-内幸町一丁目街区南地区第一種市街地再開発事業
◆ 所在地-東京都千代田区内幸町一丁目1番6、2番1、2番2、2番3、2番4、特別区道千第140号線の一部
◆ 交通-東京メトロ日比谷線・千代田線「日比谷」駅、都営地下鉄三田線「日比谷」駅、都営地下鉄三田線「内幸町」駅
◆ 階数-(A棟)地上46階、地下3階、(B棟)地上1階、地下4階、(C棟)地上2階、地下0階
◆ 高さ-最高部約230m
◆ 敷地面積-(施設全体)18,617.95㎡
◆ 建築面積-(施設全体)15,070.00㎡、(A棟)9,614.00㎡、(B棟)2,350.00㎡、(C棟)3,106.00㎡
◆ 延床面積-(施設全体)290,287.02㎡、(A棟)280,175.46㎡、(B棟)8,850.12㎡、(C棟)1,261.44㎡
◆ 容積対象面積-(施設全体)249,228.42㎡、(A棟)240,983.86㎡、(B棟)7,712.00㎡、(C棟)532.56㎡
◆ 構造-(A棟)鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、(B棟)鉄骨鉄筋コンクリート造、(C棟)鉄骨造
◆ 用途-(A棟)オフィス、商業、ホテル、ウェルネス施設、駐車場、(B棟)オフィス、(C棟)商業
◆ 建築主-中央日本土地建物、東京電力パワーグリッド、TF内幸町特定目的会社、第一生命保険、東京センチュリー、みずほ信託銀行
◆ 設計者(基本設計)-日建設計
◆ 着工-2024年02月01日予定(A棟・B棟着工)
◆ 竣工-2039年04月30日予定(C棟竣工)


Tokyouchisaiwai220812
南地区の「断面イメージ図」です(引用:東京都)。


Tokyouchisaiwai220813
南地区の「配置図」です(引用:東京都)。


Tokyouchisaiwai220814
南地区の「位置図」です(引用:東京都)。


Tokyouchisaiwai221011
「事業スケジュール(予定)」です。着工は2024年2月1日予定、竣工は2039年4月30日予定です(引用:国土交通省)。


Tokyouchisaiwai220311
(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画
 東京都千代田区の「内幸町一丁目街区」で、関係権利者が「まちづくり方針」を固めました。約6.5haの敷地を「北地区、中地区、南地区」の3地区に分けて、大規模再開発を行います。

 延床面積は、「北地区、中地区、南地区」を合わせると総延床面積1,100,000㎡となります。総延床面積約110万㎡は、単独のプロジェクトとしては、過去と現時点判明しているものも含めても日本最大の総延床面積となります。

 引用資料 三井不動産(2022/03/24)
 都心最大級延床約110万m2、日比谷公園と一体となった比類なき街づくり「TOKYO CROSS PARK構想」を発表 内幸町一丁目街区における次世代スマートシティプロジェクト

北地区の概要
◆ 計画名-(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(北地区)
◆ 所在地-東京都千代田区内幸町一丁目1番1号 他
◆ 階数-(Ⅰ期・ノースタワー)地上46階、地下4階、(Ⅱ期・新本館)地上29階、地下4階)
◆ 高さ-(Ⅰ期・ノースタワー)最高部約230m、(Ⅱ期・新本館)最高部約145m
◆ 敷地面積-約24,000㎡
◆ 延床面積-(Ⅰ期・ノースタワー)約270,000㎡、(Ⅱ期・新本館)約150,000㎡
◆ 容積対象床面積-(Ⅰ期・ノースタワー)約220,000㎡、(Ⅱ期・新本館)約100,000㎡
◆ 構造-(地下)鉄骨鉄筋コンクリート造、(地上)鉄骨造)
◆ 用途-(Ⅰ期・ノースタワー)オフィス、商業、サービスアパートメント、住宅等、(Ⅱ期・新本館)ホテル、宴会場等
◆ 建築主-帝国ホテル、三井不動産(代表事業者)
◆ 設計者(基本計画)-(ノースタワー)日建設計・山下設計JV、(新本館)山下設計・日建設計JV
◆ 着工(解体工事含む)-(Ⅰ期・ノースタワー)2024年度予定、(Ⅱ期・新本館)2031年度予定
◆ 竣工-(Ⅰ期・ノースタワー)2031年度予定、(Ⅱ期・新本館)2036年度予定
◆ 供用開始-2037年度予定(最終共用分)

中地区の概要
◆ 計画名-(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(中地区)
◆ 所在地-東京都千代田区内幸町一丁目1番6号 他
◆ 階数-地上46階、地下6階
◆ 高さ-最高部約230m
◆ 敷地面積-約22,000㎡
◆ 延床面積-約370,000㎡
◆ 容積対象床面積-約290,000㎡
◆ 構造-鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-オフィス、商業、ホテル、音楽ホール、宴会場、産業支援施設等
◆ 建築主-エヌ・ティ・ティ都市開発(代表事業者)、公共建物、東京電力パワーグリッド、三井不動産
◆ 設計者(基本設計)-NTTファシリティーズ
◆ 着工(解体工事含む)-2022年度予定
◆ 竣工-2029年度予定(2037年度以降に工事完了予定)
◆ 供用開始-2037年度予定(最終共用分)


Tokyouchisaiwai210311 
「(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(北地区、中地区、南地区)」の予定地です。


Tokyouchisaiwai190711
西側の日比谷公園から見た「(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(北地区、中地区、南地区)」の予定地です。



|

2022年10月12日 (水)

飯田橋駅周辺 地上26階、高さ約130mの「飯田橋駅東地区第一種市街地再開発事業」 市街地再開発組合の設立を2022年10月12日に認可!

Tokyoidabashi221019
-飯田橋駅東地区第一種市街地再開発事業-

 「飯田橋駅」は、JR総武線・中央線、東京メトロ東西線、東京メトロ有楽町線、東京メトロ南北線、都営地下鉄大江戸線とJR線、地下鉄×4線が集まる鉄道交通の要衝でもあります。

 JR飯田橋駅周辺は、2000年代前半まで拠点となる施設がほとんどありませんでしたが、「飯田橋プラーノ」に続き、「飯田橋サクラパーク」と再開発が続き、都心の北西側の玄関口として急速に整備が進んでします。

● 市街地再開発組合の設立を認可!
 「東京都」は、都市再開発法第11条第1項の規定に基づき、「飯田橋駅東地区市街地再開発組合」の設立を2022年10月12日(水)に認可します。市街地再開発事業の施行により、土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を行うとともに、駅前広場の創出や歩行者ネットワークの整備、防災機能の確保及び環境負荷低減に資する市街地整備を行います。

 引用資料 東京都・報道発表資料(2022/10/11)
 飯田橋駅東地区市街地再開発組合の設立を認可

 概要は、地上26階、塔屋2階、地下2階、高さ約130m、延床面積約46,565㎡です。参加組合員には「三菱地所、三菱地所レジデンス、大和ハウス工業、清水建設」が参画する予定、事業コンサルタントは「タカハ都市科学研究所」が担当します。

飯田橋駅東地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-東京都千代田区飯田橋三丁目地区内
◆ 交通-JR総武線・中央線「飯田橋」駅、東京メトロ東西線・有楽町線・南北線「飯田橋」駅、都営大江戸線「飯田橋」駅
◆ 階数-地上26階、塔屋2階、地下2階
◆ 高さ-最高部約130m
◆ 地区面積-約7,000㎡
◆ 延床面積-約46,565㎡
◆ 用途-オフィス、店舗、公益施設、共同住宅、駐車場
◆ 建築主-飯田橋駅東地区市街地再開発組合(参加組合員 三菱地所、三菱地所レジデンス、大和ハウス工業、清水建設)
◆ 事業コンサルタント-タカハ都市科学研究所
◆ 設計者-(実施設計者)三菱地所設計
◆ 施工者-(未定)
◆ 着工-2023年度予定
◆ 竣工-2026年度予定
◆ 総事業費-約367億円


Tokyoidabashi221011
「イメージパース」です。


Tokyoidabashi221012
下層階のイメージパースです。建物内に「貫通通路」を設けます。敷地周辺には歩道状空地を整備し、オープンスペースとなる広場も整備します。


Tokyoidabashi221013
「断面イメージ」です。


Tokyoidabashi221014
「配置図」です。


Tokyoidabashi221015
「位置図」です。


Tokyoidabashi221016
「飯田橋駅東地区第一種市街地再開発事業」の予定地を西側から見た様子です。


Tokyoidabashi221017
街区の中央を「タワー飯田橋通り」が東西に走っています。街区が南北に分断されているため、この部分に「貫通通路」を設けます。


Tokyoidabashi221018
南東側から見た様子です。



|

2022年9月28日 (水)

活気づく有楽町エリア 「国際ビル・帝劇ビル(帝国劇場、出光美術館)」の共同で一体的な建替が決定 高さは約150mか?

Tokyoteikoku220911
-国際ビル・帝劇ビルの共同建替計画着手-
 「三菱地所、東宝」及び「公益財団法人出光美術館」は、東京都千代田区丸の内三丁目に位置する三菱地所所有の「国際ビル」と、東宝及び出光美術館所有の「帝劇ビル」について、共同で一体的に建替えることを決定しました。建替え後の建物内において、「帝国劇場・出光美術館」の再開を予定しています。

 引用資料 三菱地所(PDF:2022/09/27)
 「国際ビル」・「帝劇ビル」共同建替計画着手 ~帝国劇場・出光美術館の歴史と伝統を継承し、未来へ~

 帝劇ビルにある「帝国劇場」は、1911年に近代日本の文化芸術のフラッグシップとして開設された後、1966年に建替え竣工した2代目であり、日本を代表する演劇・ミュージカルの聖地として、長年の間、多くの観劇ファン・俳優から愛されてきました。

 帝劇ビルにある「出光美術館」は、出光興産の創業者である出光佐三氏が70余年の歳月をかけて蒐集した美術品を展示・公開するため開館され、現在では国宝2件・重要文化財57件を含む約1万件のコレクションを有する美術館として、国内外に知られています。

 国際ビル・帝劇ビルの竣工から約56年が経過し、防災対応機能の強化、ポストコロナ時代の新しい働き方をはじめとするテナントニーズの高度化や脱炭素社会の実現に向けた社会的要請への対応強化等、機能更新をはかると共に、有楽町エリアの上位計画で定められている魅力あるまちづくりに貢献すべく、三菱地所・東宝・出光美術館の3者で共同し一体的に建替えることを決定しました。


Tokyoteikoku220912
「国際ビル・帝劇ビル」です。2棟のビルですが、境目が無いので一体的に建設されている事が分かります。

国際ビルの概要
◆ 所在地-東京都千代田区丸の内三丁目1番1号他
◆ 階数-地上9階、塔屋3階、地下6階
◆ 敷地面積-5,623.30㎡
◆ 延床面積-76,918.25㎡
◆ 構造-鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 所有者-三菱地所、一般社団法人日本倶楽部
◆ 竣工-1966年09月

帝劇ビルの概要
◆ 所在地-東京都千代田区丸の内三丁目1番1号
◆ 階数-地上9階、塔屋3階、地下6階
◆ 敷地面積-3,825.05㎡
◆ 延床面積-39,419.80㎡
◆ 構造-鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 所有者-東宝、公益財団法人出光美術館
◆ 竣工-1966年09月


Tokyoteikoku220913
丸の内二重橋ビル

 「丸の内二重橋ビル」は、地上30階、塔屋2階、地下4階、高さ150.00m、延床面積174,054.18㎡で、2018年10月15日に竣工(2018年10月21日に竣工式)しました。「丸の内二重橋ビル」の南側が「国際ビル・帝劇ビル」です。

● 高さ制限は150m
 「国際ビル・帝劇ビル」の航空法での高さ制限は、「羽田空港高さ制限回答システム」によると制限高(標高)約250m~約247m「建築等可能高=制限高-照会地の地盤の高さ(標高)」となっています。

 しかし、この場所は「大手町・丸の内・有楽町地区まちづくりガイドライン」の対象区域です。「江戸城」のお堀から1列目の高さ制限が150mとなっています。

 新しいビルは、お堀側の基壇部が100尺(約31m)、丸の内仲通り側が高さ約150mになると思われます。「丸の内 MY PLAZA(明治安田生命ビル)」や「丸の内二重橋ビル」と同じような外観になる事が予想されます。


Tokyoteikoku220914
北側の「丸の内二重橋ビル」と南側の「国際ビル」の間の道路です。


Tokyoteikoku220915
「丸の内仲通り」です。奥の西側が「国際ビル」です。


Tokyoteikoku220916
「計画地周辺」です。


Tokyoyurakucho210714
有楽町ビル・新有楽町ビルも建替
 有楽町エリアでは、「三菱地所」が、南東側の「有楽町ビル」と「新有楽町ビル」も建て替えを決定しています。「有楽町ビル」の敷地面積は3,551.46㎡、「新有楽町ビル」の敷地面積は7,233.26㎡です。3,551.46㎡+7,233.26㎡=合計10,784.72㎡です。間に道路がありますが、道路は廃道もしくはビル内貫通の歩道を確保して2区画を一体的に再開発すると思われます。


Tokyoteikoku220917
「広域図」です。



|

2022年8月21日 (日)

隠れた超優良企業「SMC」 空気圧機器の国内シェア65%、世界シェア37%でトップシェア 本社は「秋葉原UDXビル」

Tokyosmc220811
-SMC-
 「SMC」の本社は、東京都千代田区外神田四丁目14-1の「秋葉原UDXビル」にあります。1956年に「焼結金属工業」として設立、1986年に「SMC」に社名変更しました。社名のSMCは、「焼結金属」の英文名「Sintered Metal」に「Company」の頭字語です。

 「SMC」の主力製品は「空気圧機器」です。工場の生産ラインや検査装置の自動化に欠かせない機械要素部品、駆動機器や方向制御機器、圧縮空気の浄化機器など多岐にわたる機器で構成されています。

 「空気圧機器」は、空気を圧縮させることにより生じる力を利用した機器のことです。大気をコンプレッサーにより加圧・圧縮し、得られた圧力によって仕事をする機械の総称です。
 空気圧機器と同じような用途に油圧機器があります。空圧は油圧と比べて低い圧力で使用されます。油圧が高負荷・高圧・重装備であるのに対し、空圧は低負荷・低圧・簡便な設備でかつ火災の心配が少ない安全な方式です。

 「SMC」は、空気圧機器の国内シェア65%、世界シェア37%でトップシェアを誇ります。ユーザーニーズに合わせ、空気圧機器だけでなく電動機器など多種多様な製品を組み合わせてシステム構築する提案力と技術力が強みです。

● 隠れた超優良企業のSMC
 超優良企業でも最終製品(消費者に販売可能な製品)を販売していない会社は意外と一般に知られていない会社が多いです。取引の形態が、BtoB(Business to Business)主体の「SMC」もその一つです。 

 一般にはあまり知られていない「SMC」ですが、株取引を行っている方なら誰もが知っている超優良企業です。2022年8月19日終値時点での時価総額は4,544,063百万円と4兆円を超えています。日本企業では34位に位置します。


Tokyosmc220812
SMCの連結決算
 「SMC」は、2022年8月10日に「2023年3月期第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)」を発表しました。2023年3月期第1四半期(2022年4月1日~2022年6月30日)の連結決算では、売上高211,359百万円(前年同期比15.6%増)、営業利益67,975百万円(前年同期18.5%増)となりました。

 SMC 決算短信(PDF:2022/08/10)
 2023年3月期第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

● 2023年3月期の連結業績予想
 2023年3月期の連結業績予想(2022年4月1日~2023年3月31日)は、売上高805,000百万円(前年同期比10.7%増)、営業利益255,000百万円(前年同期比11.9%増)と、売上高は過去最高の業績予想をしています。

SMCの連結決算(売上高/営業利益)
-----------------------------------------
1998年3月   197,380百万円     40,666百万円
1999年3月   165,072百万円     29,119百万円
2000年3月   194,229百万円     35,454百万円
-----------------------------------------
2001年3月   252,043百万円     60,522百万円
2002年3月   184,422百万円     22,522百万円
2003年3月   206,795百万円     31,008百万円
2004年3月   247,183百万円     56,174百万円
2005年3月   280,144百万円     71,872百万円
2006年3月   307,827百万円     75,524百万円
2007年3月   339,689百万円     88,964百万円
2008年3月   357,919百万円     87,645百万円
2009年3月   283,436百万円     49,725百万円
2010年3月   220,906百万円     25,567百万円
-----------------------------------------
2011年3月   325,116百万円     81,970百万円
2012年3月   341,864百万円     88,069百万円
2013年3月   323,135百万円     78,027百万円
2014年3月   395,304百万円   105,153百万円
2015年3月   458,081百万円   127,686百万円
2016年3月   475,608百万円   134,233百万円
2017年3月   487,625百万円   141,107百万円
2018年3月   591,035百万円   192,428百万円
2019年3月   576,948百万円   180,203百万円
2020年3月   526,600百万円   146,254百万円
-----------------------------------------
2021年3月   552,178百万円   153,355百万円
2022年3月   727,397百万円   227,857百万円

2023年3月期予想
2023年3月   805,000百万円   255,000百万円(会)
2023年3月   813,958百万円   262,754百万円(コ)

(備考) (会)は会社予想、(コ)はアナリスト予想(コンセンサス)です。コンセンサスは頻繁に変更されます。上記のコンセンサスは2022年8月21日時点の数値です。



|

2022年8月20日 (土)

丸ビル開業20周年・新丸ビル開業15周年 丸の内はより多彩な色のまちへ 丸ビル・新丸ビルで2023年春にかけて順次リニューアル!

Tokyomaru220811
-丸ビル開業20周年・新丸ビル開業15周年-

 「三菱地所」と「三菱地所プロパティマネジメント」は、丸ビル開業20周年・新丸ビル開業15周年のアニバーサリーイヤーを記念して、「Your Palette ―明日を彩る、わたしを選ぼう。―」をコンセプトに丸ビル開業日である2022年9月6日(火)から2023年春にかけて段階的なリニューアルを実施、併せて様々なイベントや企画も展開していきます。

 引用資料 三菱地所(PDF:2022/08/18)
 ~丸ビル開業20周年・新丸ビル開業15周年、丸の内はより多彩な色のまちへ~ 丸ビル・新丸ビルで2023年春にかけて順次リニューアル 第1弾リリース/新業態店舗オープン、ゾーンリニューアル、周年限定コンテンツなど続々登場

 リニューアルの幕開けとなる9月6日(火)には、丸ビル1階に利用時間や利用シーンを問わない「Timeless& Borderless」なカフェ「THE FRONT ROOM」がオープンします。

 今冬には、丸ビル3・4階に本を中心として多様なライフスタイルを提案する複合型書店「TSUTAYA BOOKSTORE MARUNOUCHI」など新店舗が順次オープンするほか、多様化するニーズに応え、共用部の美装化や丸ビル地下1階フードゾーン「マルチカ」、新丸ビル7階「丸の内ハウス」といった飲食ゾーンもリニューアル予定です。


Tokyomaru220812
「丸ビル1階:仲通り側入口改修後イメージ」です。


Tokyomaru220813
「丸ビル1階:店装イメージ」です。


Tokyomaru220814
「丸ビル 3・4 階:店装イメージ」です。


Tokyomaru220815
「新丸ビル1階:仲通り側外構部改修後イメージ」です。


Tokyomaru220816
新丸ビル7階の「丸の内ハウス」テラス席:改装後イメージです。



|

2022年8月12日 (金)

住友林業 2022年12月期の連結業績 住宅需要が旺盛なアメリカでの好調により、売上高・営業利益共に過去最高を予想!

Tokyosumitomo220811
-住友林業-
 戸建て住宅大手の「住友林業」の本社は、東京都千代田区大手町一丁目3番2号の「経団連会館」にあります。「住友林業」の業績はずっと低迷していましたが、直近では売上高や営業利益が急増しています。

 日本の戸建て住宅の市場は、日本の少子高齢化により毎年縮小しています。その中で売上高を伸ばすには、M&Aや多角化や海外への進出しかありません。M&Aや多角化で企業規模を拡大しているのが「大和ハウス工業」、海外への進出にで企業規模を拡大しているのが「住友林業」です。

● 桁違いに巨大なアメリカ市場
 スーパーマーケットの「ウォルマート」、ホームセンターの「ホーム・デポ」、ドラッグストアの「ウォルグリーン」と日本の同業1位の売上高を比べるとアメリカ企業は日本企業の5倍~10倍くらいの売上高があります。人口差やGDP差以上にアメリカ市場は桁違いに巨大である事が分かります。

 「信越化学工業、セブン&アイ・ホールディングス、ダイキン工業、リクルートホールディングス」は、直近で売上高・営業利益が急増しています。「信越化学工業」は塩化ビニール樹脂、「セブン&アイ・ホールディングス」は米スピードウェイの買収、「ダイキン工業」はエアコン販売、「リクルートホールディングス」は米「Indeed(インディード)」の成長が加速など、いずれもアメリカ市場での成功が大きいです。

 海外で活躍するイメージがあまり無い「住友林業」ですが、実は海外進出が最も成功している企業の1つです。売上高の多くと利益のほとんどをアメリカから得ています。アメリカ市場での成功で「住友林業」は。今後ますます成長する事が予想されます。


Tokyosumitomo220812
住友林業の連結決算

 「住友林業」は、2022年8月9日に2022年12月期第2四半期(2022年1月1日~2022年6月30日)の連結決算を発表しました。売上高782,784百万円(前年同期比23.7%増)、営業利益72,955百万円(前年同期比51.4%増)となりました。

 住友林業 決算短信(PDF:2022/08/09)
 2022年12月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

● 2022年12月期の連結業績予想
 2022年12月期の連結業績予想(2022年1月1日~2022年12月31日)は、売上高1,613,000百万円(前年同期比16.4%増)、営業利益142,000百万円(前年同期比24.9%増)と、売上高・営業利益共に過去最高の業績予想をしています。

住友林業の連結決算(売上高/営業利益)
-----------------------------------------
1998年3月        713,728百万円    5,805百万円
1999年3月        620,615百万円    6,210百万円
2000年3月        699,594百万円   13,549百万円
-----------------------------------------
2001年3月        682,375百万円   15,999百万円
2002年3月        644,730百万円    3,040百万円
2003年3月        645,100百万円    8,772百万円
2004年3月        673,776百万円   17,576百万円
2005年3月        723,193百万円   18,466百万円
2006年3月        791,128百万円   15,446百万円
2007年3月        911,674百万円   20,405百万円
2008年3月        861,357百万円     7,235百万円
2009年3月        823,810百万円     6,837百万円
2010年3月        723,923百万円     9,747百万円
-----------------------------------------
2011年3月        797,493百万円    14,238百万円
2012年3月        831,870百万円    19,191百万円
2013年3月        845,184百万円    25,330百万円
2014年3月        972,968百万円    33,415百万円
2015年3月        997,256百万円    33,994百万円
2016年3月     1,040,524百万円    33,093百万円
2017年3月     1,113,364百万円    53,989百万円
2018年3月     1,221,998百万円    53,021百万円
2019年3月     1,308,893百万円    49,247百万円
2020年3月     1,104,094百万円    51,377百万円
-----------------------------------------
2020年12月      839,881百万円    47,462百万円(9ヶ月決算)
2021年12月   1,385,930百万円   113,651百万円

202212月予想
2022年12月   1,613,000百万円   142,000百万円


Tokyosumitomo220813
セグメント売上高及び経常利益

 2022年12月期の売上高予想が1兆6130億円ですが、そのうち海外住宅・不動産が8,290億円を予想しています。海外住宅・不動産の比率が51.4%と5割を突破する予想です。海外住宅は、「アメリカ」と「オーストラリア」に注力していますが、「アメリカ」の比率が圧倒的に高いです。

 引用資料 住友林業(PDF:2022/08/10)
 2022年12月期決算 ~第2四半期実績及び通期予想~

経常利益の88.5%が海外住宅・不動産
 2022年12月期の経常利益予想が1,750億円ですが、その内海外住宅・不動産が1,550億円を予想しています。海外住宅・不動産の比率が88.5%となっています。日本国内ではほとんど利益を生み出していない事が分かります。


Tokyosumitomo220814
海外戸建住宅事業の状況

 アメリカでの販売戸数は、2021年12月期が11,230戸、2022年12月期が10,850戸(予想)です。販売単価は、2021年12月期が4,540万円(換算レート 1$=109.85円)、2022年12月期が6,260万円(換算レート 1$=123.08円)を予想しています。アメリカは販売戸数が桁違いに多く、販売単価も桁違いに高いので、アメリカで成功すると成長が加速します。



|

2022年8月10日 (水)

内幸町一丁目街区 都心最大級延床約110万㎡ 第一弾として「内幸町一丁目街区南地区第一種市街地再開発事業」の施行を認可!

Tokyouchisaiwai220811
-内幸町一丁目街区南地区第一種市街地再開発事業-

 私が生きてきた中で一番カッコイイと思ったテレビCMは、ファッションデザイナー「三宅一生氏」が出演した「サントリー ウィスキー 角瓶」のCMです。ヘリコプターから「三宅一生氏」が目を見開いてこちらをにらみつけ、バックにはロック・バンド「ウルトラヴォックス」の「ニュー・ヨーロピアンズ」が流れていました。

 カッティングギターがメチャメチャカッコ良くて、レコードを買いに行ったのを思い出します。レコードジャケットはCMに使われた黄色いヘリコプターの写真でした。「レイダース/失われたアーク」を映画館で観た後にレコードを買ったので、1981年末~1982年春頃のテレビCMだったと思います。

 テレビCM YouTube
 Kazumi Kurigami - Suntory Whiskey - Helicopter

 ラストの「日本の女性が綺麗になりましたね。」というフレーズは強烈に印象に残っていたので、40年以上経過した今でもはっきり覚えています。三宅一生氏が亡くなりました。ご冥福をお祈りします。

 本題に戻って、東京都は、都市再開発法第7条の9第1項の規定に基づき、「内幸町一丁目街区南地区第一種市街地再開発事業」の個人施行を2022年8月10日に認可します。

 市街地再開発事業の施行により、土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を行うとともに、内幸町一丁目街区の各地区と連携し、地域の回遊性や防災性の向上及び環境負荷の低減を図ります。

 引用資料 東京都・公式HP(2022/08/09)
 内幸町一丁目街区南地区第一種市街地再開発事業の施行を認可します

 「A棟」が、地上46階、地下3階、高さ約230m、「B棟」が、地上1階、地下4階、「C棟」が、 地上2階、地下0階となります。延床面積約290,970㎡です。地上43階、地下5階、高さ約230m、 延床面積約310,000㎡から変更になっています。

南地区の概要
◆ 計画名-内幸町一丁目街区南地区第一種市街地再開発事業
◆ 所在地-東京都千代田区内幸町一丁目1番3号 他
◆ 階数-(A棟)地上46階、地下3階、(B棟)地上1階、地下4階、(C棟)地上2階、地下0階
◆ 高さ-最高部約230m
◆ 敷地面積-約19,000㎡
◆ 延床面積-約290,970㎡
◆ 構造-鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-(A棟)オフィス、宿泊施設、ウェルネス施設、店舗、(B棟)機械室、オフィス、(C棟)店舗
◆ 建築主-中央日本土地建物、東京電力パワーグリッド、 TF内幸町特定目的会社
◆ 設計者(基本設計)-日建設計
◆ 着工-2023年度予定
◆ 竣工-2038年度予定(最終共用分)


Tokyouchisaiwai220812
南地区の「断面イメージ図」です。


Tokyouchisaiwai220813
南地区の「配置図」です。


Tokyouchisaiwai220814
南地区の「位置図」です。


Tokyouchisaiwai220311
(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画
 東京都千代田区の「内幸町一丁目街区」で、関係権利者が「まちづくり方針」を固めました。約6.5haの敷地を「北地区、中地区、南地区」の3地区に分けて、大規模再開発を行います。

 延床面積は、「北地区、中地区、南地区」を合わせると総延床面積1,100,000㎡となります。総延床面積約110万㎡は、単独のプロジェクトとしては、過去と現時点判明しているものも含めても日本最大の総延床面積となります。

 引用資料 三井不動産(2022/03/24)
 都心最大級延床約110万m2、日比谷公園と一体となった比類なき街づくり「TOKYO CROSS PARK構想」を発表 内幸町一丁目街区における次世代スマートシティプロジェクト

北地区の概要
◆ 計画名-(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(北地区)
◆ 所在地-東京都千代田区内幸町一丁目1番1号 他
◆ 階数-(Ⅰ期・ノースタワー)地上46階、地下4階、(Ⅱ期・新本館)地上29階、地下4階)
◆ 高さ-(Ⅰ期・ノースタワー)最高部約230m、(Ⅱ期・新本館)最高部約145m
◆ 敷地面積-約24,000㎡
◆ 延床面積-(Ⅰ期・ノースタワー)約270,000㎡、(Ⅱ期・新本館)約150,000㎡
◆ 容積対象床面積-(Ⅰ期・ノースタワー)約220,000㎡、(Ⅱ期・新本館)約100,000㎡
◆ 構造-(地下)鉄骨鉄筋コンクリート造、(地上)鉄骨造)
◆ 用途-(Ⅰ期・ノースタワー)オフィス、商業、サービスアパートメント、住宅等、(Ⅱ期・新本館)ホテル、宴会場等
◆ 建築主-帝国ホテル、三井不動産(代表事業者)
◆ 設計者(基本計画)-(ノースタワー)日建設計・山下設計JV、(新本館)山下設計・日建設計JV
◆ 着工(解体工事含む)-(Ⅰ期・ノースタワー)2024年度予定、(Ⅱ期・新本館)2031年度予定
◆ 竣工-(Ⅰ期・ノースタワー)2031年度予定、(Ⅱ期・新本館)2036年度予定
◆ 供用開始-2037年度予定(最終共用分)

中地区の概要
◆ 計画名-(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(中地区)
◆ 所在地-東京都千代田区内幸町一丁目1番6号 他
◆ 階数-地上46階、地下6階
◆ 高さ-最高部約230m
◆ 敷地面積-約22,000㎡
◆ 延床面積-約370,000㎡
◆ 容積対象床面積-約290,000㎡
◆ 構造-鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-オフィス、商業、ホテル、音楽ホール、宴会場、産業支援施設等
◆ 建築主-エヌ・ティ・ティ都市開発(代表事業者)、公共建物、東京電力パワーグリッド、三井不動産
◆ 設計者(基本設計)-NTTファシリティーズ
◆ 着工(解体工事含む)-2022年度予定
◆ 竣工-2029年度予定(2037年度以降に工事完了予定)
◆ 供用開始-2037年度予定(最終共用分)


Tokyouchisaiwai210311 
「(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(北地区、中地区、南地区)」の予定地です。


Tokyouchisaiwai190711
西側の日比谷公園から見た「(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(北地区、中地区、南地区)」の予定地です。


Tokyouchisaiwai190716
みずほ銀行内幸町本部ビル(南地区)

 街区の南端には「みずほ銀行内幸町本部ビル」があります。概要は、地上32階、塔屋2階、地下4階、高さ約140m、敷地面積13,500㎡、建築面積7,300㎡、延床面積135,000㎡です。「第一勧業銀行本店」として1980年9月に竣工しました。1982年「BCS賞」を受賞しています。



|

2022年8月 4日 (木)

三菱商事 2023年3月期の連結業績 第1四半期(4月~6月)で純利益が5,339億円 通期では総合商社初の純利益が1兆円突破の可能性大!

Tokyotrading211113
-三菱商事-
 「三菱商事」は、2022年8月2日に「2023年3月期第1四半期連結業績(2022年4月1日~2022年6月30日)」を発表しました。純利益(
親会社の所有者に帰属する当期利益)は、5,339億円(533,951百万円)でした。前年同期比で2.8倍となり、四半期ベースで過去最高となりました。原料炭価格の上昇などで金属資源事業の利益が拡大しました。

 三菱商事(PDF:2022/08/02)
 2023年3月期 第1四半期決算短信〔IFRS〕(連結)

 4月~6月の純利益は、2023年3月期通期の見通し8,500億円(850,000百万円)に対して62.8%に達しました。三菱商事は通期見通しを「上方修正していく可能性が高い」とした上で、「世界経済の減速や資源価格の下落、ロシア・ウクライナ情勢、世界的な金融引き締めなどもあり、経済の不確実性が高まっている。精査の上で見定めていきたい」と述べました。

● 総合商社初の純利益が1兆円突破の可能性大!
 「三菱商事」の2022年3月期(2021年4月1日~2022年3月31日)の純利益は、9,375億円(937,529百万円)で過去最高を記録しました。2023年3月期(2022年4月1日~2023年3月31日)の純利益は、8,500億円(850,000百万円)と対前年比9.3%減を予想しています。

 しかし、実際は第1四半期(4月~6月)で、5,339億円(533,951百万円)と62.8%に達しています。単純計算で5,339億円×4期=2兆1356億円となります。世界情勢が不安定な中で、単純に4倍とはならないと思いますが、1兆円超えはほぼ確実で、仮に1兆円超えとなると総合商社初です。私は、世界情勢に余程の激変が起きない限り1兆5000億円も夢では無いと思っています。


Tokyomitsubishi220811
三菱商事ビルディング

 「三菱商事ビル」の本店は、東京都千代田区丸の内二丁目3番1号の「三菱商事ビル」および東京都千代田区丸の内二丁目6番1号「丸の内パークビルディング」内にあります。登記上の本店は、「三菱商事ビル」です。

三菱商事ビルディングの本店部門
◇ 監査部
◇ コーポレートスタッフ部門
◇ 天然ガスグループ
◇ 総合素材グループ
◇ 金属資源グループ


Tokyomitsubishi220812
丸の内パークビルディング

 「三菱商事ビル」の本店は、東京都千代田区丸の内二丁目3番1号の「三菱商事ビル」および東京都千代田区丸の内二丁目6番1号「丸の内パークビルディング」内にあります。

三菱商事ビルディングの本店部門
◇ 産業DX部門
◇ 石油・化学ソリューショングループ
◇ 産業インフラグループ
◇ 自動車・モビリティグループ
◇ 食品産業グループ
◇ コンシューマー産業グループ
◇ 電力ソリューショングループ
◇ 複合都市開発グループ



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

101 テレビドラマ・映画ロケ地めぐり 102 経済ニュース 103 いろいろなランキング 104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他) 105 大学キャンパスめぐり 106 巨大工場めぐり 107 巨大スタジアム・ホール・展示場めぐり 108 大規模商業施設めぐり 121 東京都・千代田区① 121 東京都・千代田区② 122 東京都・港区① 122 東京都・港区② 123 東京都・中央区 124 東京都・新宿区 125 東京都・渋谷区 126 東京都・豊島区 127 東京都・江東区 128 東京都・品川区 129 東京都・目黒区 130 東京都・文京区 131 東京都・台東区 132 東京都・荒川区 133 東京都・墨田区(東京スカイツリー) 134 東京都・中野区 135 東京都・世田谷区 136 東京都・大田区 137 東京都・練馬区 143 東京都・23区内その他 151 東京都・ 23区以外 201 神奈川県・横浜市 202 神奈川県・川崎市 203 神奈川県・その他 231 千葉県・千葉市 232 千葉県・浦安市 233 千葉県・成田市(成田空港) 234 千葉県・湾岸部 235 千葉県・内陸部 251 埼玉県・さいたま市 252 埼玉県・川口市 253 埼玉県・所沢市 254 埼玉県・その他 271 茨城県 281 栃木県 282 群馬県 311 大阪市・北部 312 大阪市・中部 313 大阪市・南部 314 大阪市・湾岸部 321 大阪府・堺市 325 大阪府・その他 351 兵庫県・神戸市 355 兵庫県・尼崎市 356 兵庫県・西宮市 357 兵庫県・芦屋市 359 兵庫県・その他 401 北海道 411 宮城県 412 福島県 415 青森県 501 香港(ホンコン) 511 海外 601 ちょっとひと休み