122 東京都・港区②

(2009年~更新分)

2017年10月17日 (火)

港区 地上27階、高さ約150mの「(仮称)新橋田村町地区開発計画」 2018年4月の着工に備え、既存建物の解体工事が本格化!

Tokyoshinbashi1171011
-(仮称)新橋田村町地区開発計画-

 「三井物産株」が100%出資する連結子会社である「三井物産都市開発」は、東京都港区西新橋一丁目にて、一部周辺地権者と共同で、超高層複合オフィスビルの開発を推進しています。

 「新橋田村町地区市街地再開発準備組合」は、2017年4月初旬に「(仮称)新橋田村町地区開発計画」に着手します。設計者は清「水建設・日建設計JV」、施工者は「未定」です。

 引用資料 日刊建設工業新聞(2017/10/17)
 新橋田村町地区再開発(東京都港区)/18年4月着工めざす/準備組合

 再開発ビルの規模は、地上27階、塔屋1階、地下2階、最高高さ約150m、延床面積約106,000㎡です。街区再編や建物の更新に合わせて区画道路や歩行者通路、緑化空間などを整備し、回遊性の高い街づくりを推進する方針です。

(仮称)新橋田村町地区開発計画の概要
◆ 所在地-東京都港区西新橋一丁目
◆ 階数-地上27階、塔屋1階、地下2階
◆ 高さ-最高部約150m
◆ 区域面積-約12,000㎡
◆ 敷地面積-約7,700㎡
◆ 延床面積-約106,000㎡
◆ 用途-オフィス、商業、業務支援、文化・交流、生活支援など
◆ 事業主体-新橋田村町地区市街地再開発準備組合(三井物産都市開発、当該地周辺地権者)
◆ 設計者-清水建設・日建設計JV
◆ 施工者-(未定)
◆ 着工-2018年04月初旬予定
◆ 竣工-2021年03月末予定
◆ 投資規模-約450億円


Tokyoshinbashi170112
「(仮称)新橋田村町地区開発計画」の位置図です。

 引用資料 港区・公式ホームページ(2017/01/12) リンク切れ
 港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査計画書の縦覧


Tokyoshinbashi170113
「(仮称)新橋田村町地区開発計画」の範囲です。


Tokyoshinbashi1171012
西側の幹線道路「愛宕通り」から見た様子です。解体工事が本格化しています。


Tokyoshinbashi1171013
仮囲い掲示されていた「工区図」です。図の下が北側です。「B工区~G工区」に分けて解体工事が行われています。


Tokyoshinbashi1171014
街区中央の道路を東側から見た様子です。


Tokyoshinbashi1171015
E工区の「日本酒造会館(写真手前)」、D工区の「東京桜田ビル(写真奥)」の解体工事の様子です。


Tokyoshinbashi1171016
更に東側から見た様子です。


Tokyoshinbashi1171017
G工区の「三井物産都市開発」の本社が入っていた「物産ビル別館」の解体工事を南西側から見た様子です。


Tokyoshinbashi1171018
「物産ビル別館」の南側です。


Tokyoshinbashi1171019
街区中央の道路を東端から見た様子です。


Tokyoshinbashi1171020
先行して解体工事が行われ、暫定的に駐車場となっていた「C工区」は仮囲いで閉鎖されています。「オールケーシング掘削機」が見えるので、地中障害物の撤去を行っているようです。


Tokyoshinbashi1171021
B街区?

 「西新橋スクエア」西側の「物産ビル」を含む複数のビル群が再開発の対象に含まれません。「日刊建設工業新聞」の記事を読むと、この部分は「B街区」になるようにも読めますが、詳しい事は分かりません。


|

2017年10月13日 (金)

ホテルオークラ東京本館建替計画 地上38階、高さ約188mの「(仮称)虎ノ門2-10計画」 2017年9月末の建設状況

Tokyohotelokura16061
-ホテルオークラ東京本館建替計画-
 53年間の歴史を刻んだ「ホテルオークラ東京本館」は、建替え工事のために2015年8月31日(月)を持って閉館しました。2015年9月から既存建物の解体工事が行われました。

 
ホテルオークラ東京本館建替計画である「(仮称)虎ノ門2-10計画」は、当初計画通り2016年6月1日に本体工事に着手しました。

 引用資料 新日鉄興和不動産(2016/06/01)
 「ホテルオークラ東京本館建替計画」 オフィス事業の取り組みについて ~2019年の完成を目指し、2016年6月1日着工~  

 主要用途はホテルですが、「高層棟」の地上5階~22階(運用呼称は地上8階~25階)は、延床面積約64,000㎡のオフィスフロアとなります。

ホテルオークラ東京本館建替計画の概要
◆ 計画名-(仮称)虎ノ門2-10計画
◆ 所在地-東京都港区虎ノ門二丁目10番4号
◆ 階数-<高層棟>地上38階、地下4階(運用呼称 地上41階、地下1階)、<中層棟>地上13階、地下4階
◆ 高さ-建物高さ188.65m(高層棟)、最高部約85m(中層棟)
◆ 敷地面積-20,442.44㎡(本館全体)
◆ 建築面積-13,262.54㎡(本館全体)
◆ 延床面積-180,096.52㎡(本館全体)
◆ 構造-(地上)鉄骨造、(地下)鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-直接基礎及び杭基礎
◆ 用途-ホテル、オフィス、飲食店舗、駐車場
◆ 客室数-約550室(高層棟約400室+中層棟約150室)
◆ 建築主-ホテルオークラ
◆ 設計者-(仮称)虎ノ門2-10計画設計共同体(大成建設、谷口建築設計研究所、観光企画設計、日本設計、森村設計、NTTファシリティーズ)
◆ 施工者-大成建設
◆ 本館閉館-2015年08月31日
◆ 解体工事-2015年09月01日
◆ 着工-2016年06月01日
◆ 竣工-2019年06月末予定


Tokyohotelokura16062
「施設構成図」です。「高層棟」と「中層棟」は、地下で一体化します。「高層棟」の地上5階~22階(運用呼称は地上8階~25階)は、延床面積約64,000㎡のオフィスフロアとなります。

 引用資料 大成建設(2016/06/01)
 
「ホテルオークラ東京本館建替計画」オフィス事業の取り組みについて 


Tokyohotelokura16063
「秋の芝生広場イメージ」です。


Tokyohotelokura171016
「(仮称)虎ノ門2-10計画」の建設現場を北側の「汐見坂」から見た様子です。東側の「高層棟」は地上に姿を現していますが、西側の「中層棟」はまだ地上に姿を現していません。


Tokyohotelokura171017
「高層棟」の地上部分の「鉄骨建方」の様子です。


Tokyohotelokura171011
南西側から見た様子です。


Tokyohotelokura171012
「高層棟」は、地上部分の「鉄骨建方」が始まり、タワークレーンが登場しています。


Tokyohotelokura171013
南側から見た様子です。



Tokyohotelokura171015
南東側の「江戸見坂」は、歩くのも辛いくらいの急な坂道です。


Tokyohotelokura171014
敷地南西側の「大倉集古館」です。改修工事のため2014年4月1日から休館しています。



|

2017年10月11日 (水)

日本橋二丁目 2018年秋に売場面積約66,000㎡の新・都市型ショッピングセンター「日本橋髙島屋S.C.(日本橋髙島屋ショッピングセター)」が誕生!

Tokyonihonbashi171051
-日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業-

 日本橋二丁目地区では大規模な再開発が進行中です。一番北側には住友不動産の「東京日本橋タワー」が竣工し、続いて「日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業」のA街区~D街区の市街地再開発が行われています。

 A街区~D街区の計4街区に、総延床面積約282,000㎡(髙島屋日本橋店含む)の再開発施設を建設します。「C街区」には、「三井不動産」などが地上32階、塔屋1階、地下5階、高さ174.666mの超高層ビルを建設中です。低層階には「髙島屋日本橋店」の新店舗が入居します。

● 日本橋髙島屋S.C.
 「髙島屋」は、日本橋二丁目地区市街地再開発組合の一員として、「日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業」を推進しています。

 「髙島屋日本橋店」に隣接して専門店エリアを新設・増床し、東京の中心に百貨店を核とした、売場面積約66,000㎡の新・都市型ショッピングセンター「日本橋髙島屋S.C..(日本橋髙島屋ショッピングセター)」が誕生します。

 引用資料 高島屋・公式HP(PDF:2017/10/10)
 2018年秋 「日本橋髙島屋S.C.」誕生

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(C街区)の概要 
◆ 所在地-東京都中央区日本橋二丁目17番3
◆ 階数-地上32階、塔屋1階、地下5階
◆ 高さ-174.666m
◆ 敷地面積-6,023.84㎡
◆ 建築面積-5,300.72㎡
◆ 延床面積-147,762.17㎡
◆ 構造-鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-杭基礎、直接基礎
◆ 地震対策-制振構造(新世代制震オイルダンパー HiDAX-R 等)
◆ 用途-百貨店、オフィス、店舗
◆ 建築主-日本橋二丁目地区市街地再開発組合
◆ 設計者-日本橋二丁目再開発事業 日本設計・プランテック設計共同体(日本設計、プランテック)
◆ 施工者-鹿島建設
◆ 着工-2014年12月22日
◆ 竣工-2018年12月下旬予定
◆ オープン-2018年09月予定(新館開業時期)


Tokyonihonbashi171052
重要文化財 日本橋店を含む4館体制

 「日本橋髙島屋S.C.」は、重要文化財である「本館(日本橋髙島屋)」を残しながら、中央通り側の開発地区(C街区)の低層部「新館(地下1階~7階)」、2018年春に先行開業する昭和通り側の開発街区(A街区)の低層部「東館(4階、5階)」に2015年に開業した「ウオッチメゾン」を加えた4館で構成されます。


Tokyonihonbashi171053
「施設概要」です。売場面積約65,800㎡(本館約46,000㎡+新館約17,000㎡+東館2,000㎡+ウオッチメゾン約800㎡)と大幅に増床されます。


Tokyonihonbashi171054
「日本橋髙島屋S.C.外観 イメージ 中央通り側ファサード」です。


Tokyonihonbashi171055
日本橋ガレリア(仮称)

 「本館」と「新館」の間にある区道284号線は地域のにぎわい核の創出に向けた取り組みとして都市計画により歩行者専用道路となります。
 道路上空には地域の象徴にもなる「大屋根」が設置され、ガレリア空間が誕生します。区道沿線を路面店舗化して界隈性を高めます。

 地上だけでなく、「本館」と「新館」の間にある区道284号線の地下空間には新たに地下区道を設置し、地下歩行者ネットワークを整備します。


Tokyonihonbashi171056
「C街区」を南西側から見上げた様子です。


Tokyonihonbashi171057
「C街区」の下層階を南西側から見た様子です。低層階(地下1階~7階)には「髙島屋日本橋店」の「新館」が入ります。新館開業時期は、2018年9月の予定です。


Tokyonihonbashi171058
「本館」と「新館」の間の「日本橋ガレリア(仮称)」を西側から見た様子です。


Tokyonihonbashi171059
「C街区」を北西側から見上げた様子です。


Tokyonihonbashi171060
「C街区」の下層階を北西側から見た様子です。


Tokyonihonbashi171061
「C街区」を北東側から見上げた様子です。


Tokyonihonbashi171062
「C街区」の下層階を北東側から見た様子です。


Tokyonihonbashi171063
「C街区」の下層階を南東側から見た様子です。


Tokyonihonbashi171064
「本館」と「新館」の間の「日本橋ガレリア(仮称)」を東側から見た様子です。


Tokyonihonbashi171065
JPタワーの屋上庭園「KITTEガーデン」から見た様子です。


Tokyonihonbashi171066
タワークレーン2基で鉄骨建方を行っていましたが、ひと回り小さいタワークレーンに入れ替えていました。北側の「東京日本橋タワー」は高さ180.04mです。目の錯覚かも知れませんが、高さ174.666mの「C街区」とほぼ同じ高さに見えます。



|

2017年10月10日 (火)

浜離宮に舞い降りた丹頂鶴をイメージ 地上37階、高さ約140mの「パークコート浜離宮ザ タワー」 2017年9月末の建設状況

Tokyohamamatsu160911
-パークコート浜離宮ザ タワー-

 「浜松町一丁目地区第一種市街地再開発事業」の予定地は、JR浜松町駅からも近く交通至便な場所ですが、狭い敷地に建築された多数の木造建築物が残され、低層建築物、非耐火建築物、昭和40年代以前建設の旧耐震基準の建築物が存在し、土地利用の更新が図られていませんでした。

 道路で囲まれた区域面積約7,000㎡を、災害に強い、周辺地区とつながる街づくりを進め、地域全体を牽引していくことを目指し再開発が行われます。敷地の西側に「住宅棟」、東側に「事務所棟」が建設されます。

 「浜松町一丁目地区第一種市街地再開発事業」の超高層タワーマンション部分の正式名称は、「パークコート浜離宮ザ タワー」に決定しいます。

 完成予想図引用 公式ホームページ
 パークコート浜離宮ザ タワー

パークコート浜離宮ザ タワーの概要
◆ 計画名-浜松町一丁目地区第一種市街地再開発事業に伴う施設建築物
◆ 所在地-東京都港区浜松町一丁目3、4、5番地(地番)
◆ 交通-JR山手線「浜松町」駅徒歩5分、都営地下鉄大江戸線「大門」駅徒歩5分、都営地下鉄三田線「御成門」駅徒歩8分、都営地下鉄大江戸線「汐留」駅徒歩6分、JR山手線 「新橋」駅徒歩12分
◆ 階数-地上37階、塔屋2階、地下1階
◆ 高さ-(住宅棟)最高部139.90m、軒高132.67m、(事務所棟)最高部約55m
◆ 敷地面積-5,162.36㎡
◆ 建築面積-3,142.33㎡
◆ 延床面積-65,716.86㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部(鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-中間免震構造(2階と3階の間に免振層を設置)
◆ 用途-共同住宅、オフィス、店舗、保育所
◆ 総戸数-563戸(販売総戸数335戸、事業協力者戸数228戸含む、他に 店舗3戸、事務所6戸) 
◆ 建築主-浜松町一丁目地区市街地再開発組合(売主 三井不動産レジデンシャル)
◆ 設計者-アール・アイ・エー
◆ 施工者-清水建設
◆ 着工-2015年10月以降
◆ 竣工-2019年07月下旬予定
◆ 入居開始-2019年09月下旬予定


Tokyohamamatsu160912_2
外観デザインは、「浜離宮に舞い降りた丹頂鶴」をイメージしています。地震対策として、「中間免振構造」を採用し、2階と3階の間に「免振層」を設置しています。


Tokyohamamatsu171011
世界貿易センタービルの展望台「シーサイド・トップ」から見た「パークコート浜離宮ザ タワー」の建設現場です。


Tokyohamamatsu171012
アップです。


Tokyohamamatsu171013
北西側から見た様子です。


Tokyohamamatsu171014
北東側から見た様子です。


Tokyohamamatsu171015
南東側から見た様子です。


Tokyohamamatsu171016
南西側から見た様子です。



|

2017年10月 9日 (月)

港区 地上26階、高さ約114mの「(仮称)はとバス港南ビル・港南一丁目市街地住宅の共同建替事業 2017年9月末の建設状況

Tokyokonan171011
-港南一丁目地区基盤整備・建設工事-

 JR品川駅港南口(東口)の港南二丁目に「品川フロントビル」がありますが、道路を隔てた北側の港南一丁目に「港南一丁目市街地住宅」がありました。

 「港南一丁目市街地住宅」は建て替えられます。建て替えの理由は、老朽化と一般居住部分が耐震基準を満たしていないためです。ビルを所有していたのは、「はとバスの東京バスツアー」で有名な「はとバス」と「UR都市機構」です。

 計画名は「(仮称)はとバス港南ビル・港南一丁目市街地住宅の共同建替事業」と非常に長く、地上26階、地下2階、高さ114.36mの「オフィス、集合住宅、店舗、保育所」で構成される超高層複合ビルが建設中です。

港南一丁目地区基盤整備・建設工事の概要
◆ 計画名-(仮称)はとバス港南ビル・港南一丁目市街地住宅の共同建替事業
◆ 所在地-東京都港区港南一丁目6番5号 外
◆ 階数-地上26階、地下2階
◆ 高さ-最高部114.36m
◆ 敷地面積-3,969.84㎡
◆ 建築面積-1,758.23㎡
◆ 延床面積-36,529.07㎡
◆ 構造-鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 地震対策-中間階免震構造
◆ 用途-オフィス、集合住宅、店舗、保育所
◆ 総戸数-139戸
◆ 建築主-はとバス、UR都市機構(都市再生機構)
◆ 設計者-大成建設
◆ 監理者-日東設計事務所(建築基準法による確認済の標識より)
◆ 施工者-大成建設
◆ 着工-2016年10月31日
◆ 竣工-2019年02月上旬予定


Tokyokonan171012
建設現場は、JR品川駅港南口(東口)の近くです。2016年10月31日に本体工事に着工したようです。


Tokyokonan171013
南東側から見た様子です。地上部分の「鉄骨建方」が始まっています。


Tokyokonan171014
地震対策として「中間階免震構造」を採用します。どの部分が「免震層」かよく分かりませんが、現地に掲示している完成イメージを見ると2階と3階の間の窓の無い部分が「免震層」のように見えます。


Tokyokonan171015
間隔の狭い、2階天井の梁とその上の梁の間が「免震層」のように見えます。


Tokyokonan171016
北東側から見た様子です。


Tokyokonan171017
南西側から見た様子です。



|

2017年10月 5日 (木)

港区 地上22階、高さ約129mの「(仮称)芝公園1丁目ビル計画」 2017年9月末の建設状況

Tokyoshiba15111
(仮称)芝公園1丁目ビル計画-
 「パナソニック」は、2013年3月期に巨額赤字を計上する見込みとなったため、財務体質改善のために地下鉄御成門駅前にあった「東京パナソニックビル1号館、東京パナソニックビル2号館、東京パナソニックビル3号館」を売却しました。

 東京タワー東側の日比谷通りの「御成門交差点」の南東側に「東京パナソニックビル1号館」がありました。
 「東京パナソニックビル1号館」は解体され、跡地には「住友不動産」により、地上22階、塔屋2階、地下2階、高さ129.00mの超高層オフィスビル「(仮称)芝公園1丁目ビル計画」が建設中です。

 引用資料 国土交通省・記者発表資料(2015/11/20)
 都市再生特別措置法に基づく民間都市再生事業計画の認定について((仮称)芝公園1丁目ビル計画) 

(仮称)芝公園1丁目ビル計画の概要
◆ 所在地-東京都港区芝公園一丁目2番2他
◆ 階数-地上22階、塔屋2階、地下2階
◆ 高さ-最高部129.00m
◆ 事業区域面積-10,521.57㎡
◆ 敷地面積-3,710.24㎡
◆ 建築面積-1,770.86㎡
◆ 延床面積-32,695.44㎡(容積対象面積27,978.16㎡)
◆ 構造-鉄造骨、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-場所打ち鋼管コンクリート杭
◆ 用途-オフィス、集会所、駐車場
◆ 建築主-住友不動産
◆ 設計者・監理者-日建設計
◆ 施工者-三井住友建設
◆ 着工-2015年06月01日(地下解体も含む)、2015年10月10日(新築工事開始)
◆ 竣工-2018年02月28日予定(工事完了)


Tokyoshiba15112_3
「概要図」です。下層階が「エントランス、カンファレンス」、上層階が「オフィス」となります。


Tokyoshiba171011
北西側から見た様子です。


Tokyoshiba171012
北西側から見た下層階の様子です。


Tokyoshiba171013
北東側から見た様子です。


Tokyoshiba171014
北東側から見た下層階の様子です。


Tokyoshiba171015
南西側から見た様子です。フロア形状が、長方形のビルかと思っていましたが、南西側が凹んでいます。


Tokyoshiba171016
南西側から引いて見た様子です。


Tokyoshiba171017
横アングルです。



|

2017年10月 2日 (月)

地上38階、高さ約180mの「東京ワールドゲート 虎ノ門トラストタワー」 4基目のタワークレーンが登場!

Tokyomoritrust161111
東京ワールドゲート 虎ノ門トラストタワー-
 「森トラスト」は、国家戦略特別区域の特定事業として計画を進めている「虎ノ門パストラル」跡地の大規模再開発「虎ノ門トラストシティ ワールドゲート」の街区名を「東京ワールドゲート」に決定しています。

 また、「東京ワールドゲート」の中心となる高さ約180mの超高層複合ビルの名称を「虎ノ門トラストタワー」に決定しています。

 引用資料 森トラスト(PDF:2016/11/01)
 国家戦略特別区域特定事業 (計画名称)「虎ノ門トラストシティ ワールドゲート」 「世界と東京・世界と日本をつなげるゲート」機能を目指し街区名称を 『東京ワールドゲート』 に決定 

● 東京エディション虎ノ門
 「森トラスト」は、「マリオット・インターナショナル」の最高級グレードに位置づけられるラグジュアリーライフスタイルホテルブランド「EDITION(エディション)」を、東京の虎ノ門と銀座の2ヶ所において、日本で初めて誘致することに合意しました。

 「The Tokyo EDITION, Toranomon(東京エディション虎ノ門)」と「The Tokyo EDITION, Ginza(東京エディション銀座)」は、2020年の開業を目指しています。

 森トラスト プレスリリース(PDF:2017/07/12)
 世界が注目するラグジュアリーライフスタイルホテルブランド『エディション』日本初進出 2020年 東京 虎ノ門・銀座にデビュー

 「東京エディション虎ノ門」は、「東京ワールドゲート 虎ノ門トラストタワー」の31階~36階に出店します。客室数約200室(Suite Room含む)、付帯施設として「レストラン、バー、フィットネス、プール、スパ」、開業時期は2020年春~夏を予定しています。

東京ワールドゲート 虎ノ門トラストタワーの概要
◆ 計画名-虎ノ門トラストシティ ワールドゲート、(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクト
◆ 所在地-東京都港区虎ノ門四丁目24-6他(地番)
◆ 階数-地上38階、塔屋2階、地下3階(建築基準法上は、地上37階、塔屋2階、地下4階)
◆ 高さ-179.95m
◆ 敷地面積-16,210.61㎡(施設全体)
◆ 建築面積-6,851.64㎡(本体棟)、52.88㎡(神社棟)
◆ 延床面積-195,621.64㎡(本体棟))、31.28㎡(神社棟)
◆ 構造-(本体棟)鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、一部鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-(本体棟)直接基礎及び杭基礎
◆ 地震対策-(本体棟)制震ブレースやダンパーなどの制震装置を導入
◆ 用途-オフィス、 ホテル・サービスアパトメント、共同住宅、店舗、カンファレス、生活支援施設、産業育成施設、神社等
◆ 客室数-約200室(Suite Room含む)
◆ 建築主-森トラスト
◆ 設計者・監理者-安井建築設計事務所(基本設計・実施設計監修・工事監理監修)、清水建設(実施設計・工事監理)、建築設備設計研究所(基本設計・実施設計・工事監理)
◆ 施工者-清水建設
◆ 着工-2016年10月17日
◆ 竣工-2020年03月16日予定
◆ オープン-2020年春~夏予定(東京エディション虎ノ門)


Tokyomoritrust170711
「外構イメージ」です。


Tokyomoritrust161112
「施設構成図」です。階数は、地上38階、地下3階(建築基準法上は、地上37階、地下4階)です。ビルの運上場は地上38階となります。

 1階が「ショップ&レストラン」、2階が「医療施設・ラウンジ・カンファレンス」、3階~30階が「オフィス」、31階~36階が「ホテル&サービスアパートメント」、37階・38階が「レジデンス」となります。


Tokyomoritrust161113
「配置図」です。東京メトロ日比谷線「神谷町駅」から地下歩行者通路で直結します。敷地の南側には、敷地内にあった「葺城稲荷神社」が再整備されます。「葺城」は「ふきしろ」と読みます。


Tokyomoritrust171011
絶好の定点観測ポイントである東京タワーの「特別展望台(250m)」が、2016年10月3日からリニューアル工事に入っています。「大展望台(高さ150m)」からはほとんど見えません。そのため今回も地上からのみの撮影です。


Tokyomoritrust171012
幸いにも東側の中央のゲートが開いていました。


Tokyomoritrust171013
大規模に工事が行われています。


Tokyomoritrust171014
地下躯体を構築中です。奥に「山留め壁」が見えます。


Tokyomoritrust171015
撮影時(2017年9月30日)、4基目のタワークレーンの組立てが行われていました。


Tokyomoritrust171016
東側の南側のゲートも開いていました。


Tokyomoritrust171017
北側寄りに見た様子です。


Tokyomoritrust171018
「コンクリートポンプ車」の長く伸びたブームが見えます。地下躯体にコンクリートを打設しています。


Tokyomoritrust171019
江戸見坂側

 「ホテルオークラ東京」側の「江戸見坂」に接するゲートです。この部分には道路が整備されて、「江戸見坂~桜田通り」間が車で抜けられるようになります。


Tokyomoritrust171020
「虎ノ門トラストシティ ワールドゲート」の建築計画のお知らせです。計画名が「(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクト」から変更になっています。塔屋の項目が追加され、塔屋2階と判明しました。建築面積と延床面積も少し変更されています。



|

2017年10月 1日 (日)

地上40階、高さ約209mの「(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(業務棟)新築工事」 地上部分の「鉄骨建方」が始まる!

Tokyotakeshiba171011
-竹芝地区開発計画-
 
東京(首都圏)に撮影に行っていて更新を休んでいました。「安室ちゃん」の引退ショックいわゆる「アムロス」で休んでいた訳ではありません(涙)。
 9月下旬に行ったのは、「カナやん(西野カナ)」の「東京ドーム」のライブに合わせたためです。今日から本格的に更新を再開しますのでよろしくお願いします。

 「都市再生ステップアップ・プロジェクト(竹芝地区)」の事業予定者は2013年5月29日に決定し、2013年9月に東京都と基本協定を締結しました。
 その後、事業計画の検討を進めていましたが、規模を大幅に拡大して2014年10月29日に正式発表されました。

 更に、2015年3月19日には、国家戦略特別区域計画の特定事業(都市計画法等の特例)として内閣総理大臣認定を受けました。

 「A街区」の「(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(業務棟)新築工事」」は、2016年5月16日に本体工事に着工しました。

 引用資料 東急不動産(PDF:2016/05/26)
 (仮称)竹芝地区開発計画本格始動 2020年の竣工に向けA街区(業務棟)が着工 

(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(業務棟)新築工事の概要
◆ 所在地-東京都港区海岸一丁目20番9号、11号
◆ 階数-地上40階、地下2階
◆ 高さ-最高部208.83m
◆ 敷地面積-12,156.65㎡
◆ 建築面積-9,558.24㎡
◆ 延床面積-180.682.51㎡
◆ 構造-鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-オフィス、展示場、集会場、飲食店、物販店舗、駐車場、自転車駐車場
◆ 建築主-アルベログランデ(東急不動産と鹿島建設が設立した事業会社)
◆ 設計者・監理者-鹿島・久米設計 工事監理業務共同企業体(鹿島建設、久米設計)
◆ 施工者-鹿島建設
◆ 着工-2016年05月16日
◆ 竣工-2020年05月31日予定

B街区(住宅棟)概要
◆ 階数-地上21階
◆ 高さ-約100m
◆ 敷地面積-約3,400㎡
◆ 延床面積-約20,000㎡
◆ 用途-共同住宅、サービスアパートメント、子育て支援施設等
◆ 竣工-2020年05月予定


Tokyotakeshiba160512
「A街区(業務棟)外観イメージ」です。


Tokyotakeshiba160513
スキップテラスでは「竹芝新八景」として水と緑を取り入れた8つの生物多様性の取組を実施(イメージ)します。


Tokyotakeshiba171012
(おまけ)
 「ハロウィン」バージョンです(笑)。


Tokyotakeshiba171013
A街区(業務棟)

 世界貿易センタービルの展望台「シーサイド・トップ」から見た「A街区(業務棟)」の建設現場です。


Tokyotakeshiba171014
敷地西側の「東京都計量検定所跡地」跡地で、先行して地上部分の「鉄骨建方」が始まっています。


Tokyotakeshiba171015
この現場は「逆打ち工法」が採用されています。「逆打ち工法」では、最初に1階床を構築します。


Tokyotakeshiba171016
「A街区(業務棟)」を北西側から見た様子です。


Tokyotakeshiba171017
「A街区(業務棟)」の建築計画のお知らせです。地上39階、地下2階、高さ約210m、延床面積179,937.29㎡から地上40階、地下2階、高さ208.83m、延床面積180.682.51㎡に変更されています。


Tokyotakeshiba171018
歩行者デッキ

 「旧芝離宮恩賜庭園」のすぐ北側に「歩行者デッキ」が整備されます。歩行者デッキは、「旧芝離宮恩賜庭園」の先に見える首都高速道路「都心環状線」をオーバーパスする予定です。

 「業務棟」へ直結する歩行者デッキは、「住宅棟」を経由して「竹芝ふ頭、ゆりかもめ竹芝駅」へ接続します。バリアフリーな動線により、地区の歩行者ネットワーク強化を図ります。


Tokyotakeshiba171019
「歩行者デッキ」の橋脚の基礎です。


Tokyotakeshiba171020
B街区(住宅棟)
 
「B街区」の「東京都公文書館跡地」です。


Tokyotakeshiba171021
着工が先になるので、「A街区(業務棟)」の作業ヤードとして使用していましたが、完了しています。


Tokyotakeshiba171022
「竹芝ふ頭」と結ぶ「歩行者デッキ」が先行して工事が行われていました。


Tokyotakeshiba171023
鈴与竹芝ビル
 街区北東側の「鈴与竹芝ビル」の解体工事が行われていました。このビルは街区に入っていませんでしたが、新たに「B街区」に入るのでしょうか?



|

2017年9月21日 (木)

京浜急行電鉄湘南線(泉岳寺駅~新馬場駅間)の連続立体交差化計画 2面4線化と地平化が行われる「京急品川駅」をじっくり見てみました!

Tokyoshinagawa170951
-京浜急行電鉄湘南線(泉岳寺駅から新馬場駅間)-
 
まさか「安室ちゃん」の話題を2日続けて書くことになるとは夢にも思いませんでした。昨夜、「安室ちゃん」の引退発表が全国を駆け巡りました。大ファンの私は、ショック過ぎて昨夜はほとんど眠れませんでした・・・

 本題に戻って、「東京都、港区、品川区、京浜急行電鉄」の4者は、京浜急行電鉄湘南線(京急本線)の泉岳寺駅~新馬場駅間で連続立体交差化を計画しています。東京都が事業主体となり、完成は、リニア中央新幹線が開業する2027年度を目安にしています。

 「京浜本線品川駅」のホームを現在の2面3線(単式ホーム+島式ホーム)から島式2面4線に拡張して、地平化及び輸送力向上を行う予定です。


Tokyoshinagawa170952
京浜急行本線品川駅が2面4線化
 
「品川駅部」です。ホームを現在の2面3線(単式ホーム+島式ホーム)から島式2面4線に拡張します。幅は約28m~39mと大幅に広くなります。図面を図ってみると約1.5倍くらいに拡幅されるようです。

 地平化する事によって、コンコースが2階となりJR品川駅のコンコースと同じ高さになります。品川駅の「東西自由通路」との連絡も格段に良くなります。

 引用資料 東京都・公式ホームページ(PDF)
 京浜急行電鉄湘南線(京急本線)泉岳寺駅~新馬場駅間の連続立体交差化計画について


Tokyoshinagawa170953
ホーム北端から北側(泉岳寺方面)を見た様子です。


Tokyoshinagawa170954
アップです。


Tokyoshinagawa170955
中央に「引上線」が2本あります。「引上線」の両側から地下に潜っています。


Tokyoshinagawa170956
ホーム北端から南側(京急川崎・横浜方面)を見た様子です。


Tokyoshinagawa170957
「京急品川駅」のホームは、2面3線(単式ホーム+島式ホーム)となっています。


Tokyoshinagawa170958
東側の「1番線(下り)」は単式ホームとなっています。


Tokyoshinagawa170959
西側の「2番線(上り)」と「3番線(下り)」は島式ホームとなっています。


Tokyoshinagawa170960
3番線(下り)です。


Tokyoshinagawa170961
3番線は泉岳寺方が行き止まりとなっています。このようなホームを「頭端式ホーム(とうたんしきホーム)」と言います。


Tokyoshinagawa170962
ホーム南端から南側(京急川崎・横浜方面)を見た様子です。


|

2017年9月14日 (木)

港区 地上32階、高さ約120mの「(仮称)芝浦二丁目計画」 環境影響調査書案の縦覧を開始!

Tokyoshibaura170921
(仮称)芝浦二丁目計画-
 
昨日、「大坂城ホールで」で行われた「Perfume FES!!2017(Perfume×星野源)」に行ってきたのですが、帰ってきたのが午前様になりました。

 昨日UPした「(仮称)芝浦二丁目計画」ですが、 ”港区から「港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査書案の縦覧」が2017年9月11日から行われていますよ!” と読者の方からメールを頂きました。

 チェックしていませんでした。「(仮称)浜松町二丁目4地区A街区」に続いて、またやっちまったという感じですが、今回も再度UPします。

● 環境影響調査書案の縦覧
 港区から「港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査書案の縦覧」が2017年9月11日から行われています。2017年9月11日~2017年10月10日までまで縦覧が行われており、下記の電子縦覧で詳細を見る事が出来ます。

 縦覧期間を過ぎると見られなくなるので、興味のある方はPDFデータをパソコンに保存しておく事をお勧めします。

 引用資料 港区・公式ホームページ(2017/09/11)
 港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査書案の縦覧【(仮称)芝浦二丁目計画】

 「長谷工コーポレーション」が計画している「(仮称)芝浦二丁目計画」は、地上32階、地下1階、高さ約120m、延床面積約 53,100㎡、総戸数532戸の超高層タワーマンションになります。

(仮称)芝浦二丁目計画の概要
◆ 所在地-東京都港区芝浦二丁目1番1他
◆ 階数-地上32階、地下1階
◆ 高さ-最高部約120m
◆ 敷地面積-約4,500㎡
◆ 建築面積-約2,100㎡
◆ 延床面積-約53,100㎡
◆ 用途-共同住宅、保育施設等
◆ 総戸数-532戸
◆ 建築主-長谷工コーポレーション
◆ 着工-2019年度予定
◆ 竣工-2021年度予定


Tokyoshibaura170922
「東側立面図」です。


Tokyoshibaura170923
「断面図」です。建物コア部分は吹き抜け状にして「エレベーターパーキング」を設けます。


Tokyoshibaura170924
「位置図」です。南北に長い敷地の中央に建物を配置し、南北側それぞれにまとまった規模の公開空地を確保する計画です。積極的に緑化を進める方針で、芝浦運河沿緑地など既存緑地と連携して広域的な緑のネットワークを形成したい考えです。



Tokyoshibaura170911
「(仮称)芝浦二丁目計画」の予定地を南西側から見た様子です。超高層ツインタワーマンション「パークタワー芝浦ベイワード」の南側に建設されます。西側の「アーバンウィング」の南側です.。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

101 テレビドラマ・映画ロケ地めぐり | 102 経済ニュース | 103 いろいろなランキング | 104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他) | 105 大学キャンパスめぐり | 106 巨大工場めぐり | 107 巨大スタジアム・ホール・展示場めぐり | 108 大規模商業施設めぐり | 121 東京都・千代田区① | 121 東京都・千代田区② | 122 東京都・港区① | 122 東京都・港区② | 123 東京都・中央区 | 124 東京都・新宿区 | 125 東京都・渋谷区 | 126 東京都・豊島区 | 127 東京都・江東区 | 128 東京都・品川区 | 129 東京都・目黒区 | 130 東京都・文京区 | 131 東京都・台東区 | 132 東京都・荒川区 | 133 東京都・墨田区(東京スカイツリー) | 134 東京都・中野区 | 135 東京都・世田谷区 | 136 東京都・大田区 | 137 東京都・練馬区 | 143 東京都・23区内その他 | 151 東京都・ 23区以外 | 201 神奈川県・横浜市 | 202 神奈川県・川崎市 | 203 神奈川県・その他 | 231 千葉県・千葉市 | 232 千葉県・浦安市 | 233 千葉県・成田市(成田空港) | 234 千葉県・湾岸部 | 235 千葉県・内陸部 | 251 埼玉県・さいたま市 | 252 埼玉県・川口市 | 253 埼玉県・所沢市 | 254 埼玉県・その他 | 271 茨城県 | 281 栃木県 | 282 群馬県 | 311 大阪市・北部 | 312 大阪市・中部 | 313 大阪市・南部 | 314 大阪市・湾岸部 | 321 大阪府・堺市 | 325 大阪府・その他 | 351 兵庫県・神戸市 | 355 兵庫県・尼崎市 | 356 兵庫県・西宮市 | 357 兵庫県・芦屋市 | 359 兵庫県・その他 | 401 空撮じゃないけれど 札幌市編 | 411 空撮じゃないけれど 仙台市編 | 501 空撮じゃないけれど 香港(ホンコン)編 | 511 空撮じゃないけれど 澳門(マカオ)編 | 601 ちょっとひと休み