124 東京都・新宿区

2019年9月13日 (金)

新宿グランドターミナルへの再編に向けたまちづくり 「新宿駅西口広場(地上広場・地下広場)」が歩行者中心の広場に大きく変わります!

Tokyoshinjuku190921
-新宿グランドターミナルへの再編-
 
新宿駅直近地区においては、東西の移動がしにくいことや人の滞留空間が不足していること、駅・駅ビルが老朽化していることなどの課題があります。東京都と新宿区が策定した「新宿の拠点再整備方針」では、線路上空にデッキを新設することや駅前広場を人中心に再構成すること、駅の改良や駅ビルの機能更新を進めていきます。

 引用資料 東京都・公式HP
 新宿駅直近地区に係る都市計画(素案・原案)の説明会について(※説明会は終了しました)


Tokyoshinjuku190551
「新宿の拠点再整備方針」を踏まえ、東京都が施行者となり土地区画整理事業により、駅の改良や駅ビルの機能更新と連携しながら、東西連絡デッキや駅前広場などの公共施設の整備を実施します。これにより、新宿グランドターミナルへの一体的な再編を推進します。


Tokyoodakyu15111
現在の「新宿駅西口」です。「新宿駅西口」は大きく変わります。


Tokyoshinjuku190922
「西口 地上広場」の現状と将来イメージです。新宿西口の象徴とも言えるループ車路が撤去されて「ボイド(大穴)」となります。解体された「新宿スバルビル」あたりに駐車場出入口が設けられます。


Tokyoshinjuku190923
「西口 地下広場」の現状と将来イメージです。ループ車路を撤去して歩行者空間を拡大します。地上と地下をつなく「ターミナルシャフト(バリアフリーの縦動線)」を複数ヶ所設けます。



|

2019年9月10日 (火)

新宿副都心が西側にどんどん拡大! 地上35階の超高層ツインタワー「(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業施設建築物」の詳細

Tokyoshinjuku190911
-西新宿五丁目北地区防災街区整備事業-
 「(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業施設建築物」の予定地は、十二社通り及び青梅街道沿いは中高層建築物が多いが老朽化した建物も多く、また、地区内部は狭隘な道路や木造建物も多く、地区全体として住環境、商環境、防災等に多くの課題がある地区です。 

 当初は、「A地区」が地上43階、高さ約160m、「B地区」が地上39階、高さ約147mでした。 両地区とも地上35階に変更になり、高さは「A地区」が158.85m、「B地区」が高さ131.49mになりました。それに伴いデザインも大幅に変更されています。

● 新宿区景観まちづくり審議会
 「新宿区景観まちづくり審議会」は、1年に2回くらい開催されます。2019年5月22日に「第67回新宿区景観まちづくり審議会」が開催されました。「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」の資料が公開されていたのですが、その時は「ふーん」という感じで真面目に見ていませんでした。今回改めて見ると非常に詳細な概要が公開されていたのでUPしたいと思います。資料はちゃんと最後まで見ないといけないと改めて思いました。

 引用資料 新宿区・公式HP(2019/05/22)
 新宿区景観まちづくり審議会:第67回新宿区景観まちづくり審議会

西新宿五丁目北地区防災街区整備事業の概要
◆ 計画名-(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業施設建築物 A棟・B棟
◆ 所在地-東京都新宿区西新宿五丁目1番地、2番地
◆ 階数-(A地区)地上35階、地下2階、(B地区)地上35階、地下2階
◆ 高さ-(A地区)158.85m、(B地区)最高部131.49m、軒高124.51m
◆ 敷地面積-(A地区)7,980.01㎡ 、(B地区)4,267.15㎡
◆ 建築面積-(A地区)4,121.14㎡ 、(B地区)2,072.25㎡
◆ 延床面積-(A地区)90,823.78㎡ 、(B地区)44,064.33㎡
◆ 構造-(A地区)鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造、(B地区)鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-(A地区、B地区)マットスラブ工法(直接基礎)
◆ 用途-(A地区)共同住宅、オフィス、店舗、駐車場、駐輪場、(B地区)共同住宅、オフィス、店舗、保育所、駐車場、駐輪場
◆ 総戸数-(A地区)不明、(B地区)不明
◆ 建築主-西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合(参加組合員 住友不動産)
◆ 設計者-アール・アイ・エー、E・D・L一級建築士事務所JV
◆ 施工者-大成建設・五洋建設JV(特定業務代行者)
◆ 着工-(A地区)2019年05月下旬予定、(B地区)2019年06月下旬予定
◆ 竣工-(A地区)2022年10月下旬予定、(B地区)2022年10月下旬予定

(備考) 基礎工法の「マットスラブ工法」は、「耐圧盤(たいあつばん)、底盤(ていばん)、マットスラブ」が同じ意味なので、「耐圧盤」でビルの重量を支える「直接基礎」の事だと思われます。


Tokyoshinjuku190912
「広域パース(拡大)」です。地上60階、地下2階、高さ208.97mの超高層タワーマンション「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」の北側に「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」、南側に「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」に描かれていますが、新宿副都心が西側(中野坂上方面)にどんどん拡大しています。


Tokyoshinjuku190913
「外観パース」です。先月の8月19日に「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合」から公開されている同じ外観パースを載せましたが、再度載せます。

 「A地区(A棟)」は、住宅機能からオフィス機能への変更に合わせて、外壁をほぼ全面ガラスの「アルミカーテンウォール」に変更しています。周辺オフィスビルとの調和も意識しつつ、空の映り込みによる圧迫感の低減を意図しています。


Tokyoshinjuku190914
変更前です。


Tokyoshinjuku190915
「断面図」です。「A地区(A棟)」は、上層部が「SOHO住宅」、中層部が「オフィス」、低層部が「商業」の超高層オフィスビルに変更されました。


Tokyoshinjuku190916
「配置図」です。


Tokyoshinjuku190816
「(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業施設建築物 A棟」の建築計画のお知らせです。施設建築物の施工などを担う特定業務代行者が「大成建設・五洋建設JV」に決定しています。


Tokyoshinjuku190817
「(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業施設建築物 B棟」の建築計画のお知らせです。施設建築物の施工などを担う特定業務代行者が「大成建設・五洋建設JV」に決定しています。



|

2019年8月18日 (日)

新宿区 地上35階の超高層ツインタワー「(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業施設建築物」 全く別のビルにデザインが変更! 

Tokyoshinjuku190811
-西新宿五丁目北地区防災街区整備事業-
 「(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業施設建築物」の予定地は、十二社通り及び青梅街道沿いは中高層建築物が多いが老朽化した建物も多く、また、地区内部は狭隘な道路や木造建物も多く、地区全体として住環境、商環境、防災等に多くの課題がある地区です。 

 引用資料 公式ホームページ
 西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合 

 当初は、「A地区」が地上43階、高さ約160m、「B地区」が地上39階、高さ約147mでした。 両地区とも地上35階に変更になり、高さは「A地区」が158.85m、「B地区」が高さ131.49mになりました。それに伴いデザインも大幅に変更されています。 

 特に「A地区」は全く別のデザインになっています。外壁がほぼ全面ガラスの「アルミカーテンウォール」となっており、超高層オフィスビルのような外観なので、「A地区」はオフィス中心に変更になったのかも知れません。

西新宿五丁目北地区防災街区整備事業の概要
◆ 計画名-(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業施設建築物 A棟・B棟
◆ 所在地-東京都新宿区西新宿五丁目1番地、2番地
◆ 階数-(A地区)地上35階、地下2階、(B地区)地上35階、地下2階
◆ 高さ-(A地区)158.85m、(B地区)最高部131.49m、軒高124.51m
◆ 敷地面積-(A地区)7,980.01㎡ 、(B地区)4,267.15㎡
◆ 建築面積-(A地区)4,121.14㎡ 、(B地区)2,072.25㎡
◆ 延床面積-(A地区)90,823.78㎡ 、(B地区)44,064.33㎡
◆ 構造-(A地区)鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造、(B地区)鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-(A地区、B地区)マットスラブ工法(直接基礎)
◆ 用途-(A地区)共同住宅、オフィス、店舗、駐車場、駐輪場、(B地区)共同住宅、オフィス、店舗、保育所、駐車場、駐輪場
◆ 総戸数-(A地区)不明、(B地区)不明
◆ 建築主-西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合(参加組合員 住友不動産)
◆ 設計者-アール・アイ・エー、E・D・L一級建築士事務所JV
◆ 施工者-大成建設・五洋建設JV(特定業務代行者)
◆ 着工-(A地区)2019年05月下旬予定、(B地区)2019年06月下旬予定
◆ 竣工-(A地区)2022年10月下旬予定、(B地区)2022年10月下旬予定

(備考) 基礎工法の「マットスラブ工法」は、「耐圧盤(たいあつばん)、底盤(ていばん)、マットスラブ」が同じ意味なので、「耐圧盤」でビルの重量を支える「直接基礎」の事だと思われます。


Tokyoshinjuku190813
配置図です。「A地区、B地区、C地区、D地区」の4地区に分けて再開発が行われる予定です。


Tokyoshinjuku190812
変更前の完成イメージです。特に「A地区」は全く別のデザインになりました。

変更前の概要
◆ 所在地-東京都新宿区西新宿五丁目及び西新宿六丁目各地内
◆ 階数-(A地区)地上43階、地下2階、(B地区)地上39階、地下2階
◆ 高さ-(A地区)約160m、(B地区)約147m
◆ 区域面積-約24,000㎡(施設全体)
◆ 敷地面積-約7,980㎡(A地区)、約4,300㎡(B地区)
◆ 延床面積-約99,920㎡(A地区)、約44,720㎡(B地区)
◆ 用途-(A地区)共同住宅、オフィス、店舗、(B地区)共同住宅、保育所、店舗
◆ 総戸数-(A地区)約650戸、(B地区)約350戸
◆ 建築主-西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合(参加組合員 住友不動産)
◆ 基本設計-E・D・L一級建築士事務所、アール・アイ・エーJV
◆ 権利変換計画認可-2017年12月予定
◆ 着工-2018年08月予定
◆ 竣工-2020年11月予定


Tokyoshinjuku190814
「(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業施設建築物」の予定地を北東側から見た様子です。


Tokyoshinjuku190815
解体工事が一部で行われています。


Tokyoshinjuku190816
「(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業施設建築物 A棟」の建築計画のお知らせです。施設建築物の施工などを担う特定業務代行者が「大成建設・五洋建設JV」に決定しています。


Tokyoshinjuku190817
「(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業施設建築物 B棟」の建築計画のお知らせです。施設建築物の施工などを担う特定業務代行者が「大成建設・五洋建設JV」に決定しています。



|

2019年8月 6日 (火)

新宿TOKYU MILANO再開発計画 地上48階、高さ約225mの「(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画」 2019年8月5日に着工!

Tokyokabukicho180112
-新宿TOKYU MILANO再開発計画-
 2014年12月31日に閉館した新宿・歌舞伎町の映画館「新宿TOKYU MILANO(新宿ミラノ座)」の跡地活用に向けた再開発事業が動き出しています。「東急建設」の施工で既存施設の解体工事「新宿TOKYU MILANO(本館・新館)解体工事」が行われました。

 当初は同じ街区の北西側に立地する「グリーンプラザ新宿」は再開発に参加しない見通しと伝えられていましたが、再開発に加わる事になり、街区の一体的な再開発が可能になりました。

 地上48階、塔屋1階、地下5階 、高さ約225m、延床面積約88,000㎡の超高層複合ビルが建設されます。敷地面積4,603.74㎡で、高さ200m超は日本では最小敷地面積です。

 引用資料 第64回新宿区景観まちづくり審議会(2018/04/13)
 (PDF)新宿TOKYU MILANO再開発計画 

● 2019年8月5日に着工!
 「東京急行電鉄」と「東急レクリエーション」は2019年8月5日に、「歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)」の建設工事に着手ししました。2022年8月31日の完成を予定しています。

 引用資料 東急レクリエーション(PDF:2019/08/05)
 歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)」本格着工について

 偶然ですが、同じ日の2019年8月5日に、夢物語と思っていた超巨大プロジェクト「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業」も起工式を執り行い、着工しました。

新宿TOKYU MILANO再開発計画の概要
◆ 計画名-(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画
◆ 所在地-東京都新宿区歌舞伎町一丁目29番1、同番番3
◆ 階数-地上48階、塔屋1階、地下5階  
◆ 高さ-最高部約225m
◆ 敷地面積-4,603.74㎡
◆ 建築面積-約3,600㎡  
◆ 延床面積-約88,000㎡
◆ 構造-鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 用途-ホテル、劇場、映画館、店舗、駐車場等
◆ 客室数-未定(運営:東急ホテルズ)
◆ 建築主-東急レクリエーション、東京急行電鉄
◆ 設計者-久米設計・東急設計コンサルタント設計共同企業体
◆ 外装デザイン-永山祐子建築設計
◆ 企画・プロデュース-POD
◆ 施工者-清水・東急建設共同企業体(清水建設、東急建設JV)
◆ 着工-2019年08月05日 
◆ 竣工-2022年08月31日予定


Tokyokabukicho180411
「立面図(東側・北側・西側・南側)」です。


Tokyokabukicho190811
「建築計画概要」です。約1,500人を収容する「ライブホール」、約850席の劇場、約8スクリーンの「映画館」、宿泊施設(運営:東急ホテルズ)を立体的に配置します。


Tokyokabukicho180414
「配置図」です。


Tokyokabukicho190411
「(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画」の建設予定地を北西側から見た様子です。



|

2019年7月 9日 (火)

新宿副都心 地上43階、高さ約160mの「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」 市街地再開発組合の設立を認可!

Tokyoshinjuku1907100
-西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業

 2017年2月に友人に「さいたまスーパーアリーナ」に無理矢理に「乃木坂46」のライブに連れて行かれました。その頃はまだファンでは無かったので、メンバーの顔と名前が数人くらいしか分かりませんでした。

 予備知識がほとんど無い中で、パッと見て「この子美人だなあ!」と見とれてしまったメンバーがいました。それがキャプテンの「桜井玲香」でした。「桜井玲香」が昨日、「乃木坂46」からの卒業を発表しました。なんかメチャメチャ寂しいです。

 本題に戻って、西新宿五丁目では、北側から「西新宿五丁目北地区」、「西新宿五丁目中央北地区」、「西新宿五丁目中央南地区」の再開発計画があります。

 第一弾の「西新宿五丁目中央北地区第一種市街地再開発事業」は、地上60階、地下2階、高さ208.97mの超高層タワーマンション「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」として、2017年10月31日に竣工しました。

 「西新宿五丁目中央南地区」には、地上43階、地下1階、高さ約160m、総戸数471戸の「住宅棟」と、地上3階の「施設棟」の一体型を想定しています。「施設棟」は区域内の事務所、店舗に加え、保育所で構成する予定です。

 引用資料 第58回新宿区景観まちづくり審議会(PDF)
 西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業 

● 市街地再開発組合の設立!
 東京都は、都市再開発法第11条第1項の規定に基づき、2019年7月4日に「西新宿五丁目中央南地区市街地再開発組合」の設立を認可しました。不燃化推進特定整備地区である「西新宿五丁目地区」のコア事業として、建物の不燃化や地区施設の整備により地域の防災性・安全性を向上させるとともに、複合市街地を形成し、土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を図ります。

 東京都  都市整備局(2019/07/03)
 西新宿五丁目中央南地区市街地再開発組合の設立を認可します

西新宿五丁目中央南地区の概要
◆ 計画名-西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業
◆ 所在地-東京都新宿区西新宿五丁目5、13他
◆ 階数-地上43階、地下1階
◆ 高さ-約160m
◆ 施行区域面積-約8,000㎡
◆ 敷地面積-約5,930㎡
◆ 建築面積-約3,500㎡
◆ 延床面積-約58,140㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 用途-共同住宅、オフィス、店舗、保育所、駐車場
◆ 総戸数-471戸
◆ 建築主-西新宿五丁目中央南地区市街地再開発組合(参加組合員 三井不動産レジデンシャル)
◆ 設計者-(基本設計)INA新建築研究所、(実施設計)熊谷組
◆ 施工者-熊谷組
◆ 着工-2020年度予定
◆ 竣工-2023年度予定
◆ 総事業費-約273億円


Tokyoshinjuku160722
「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」の位置図です。


Tokyoshinjuku160723_2
「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」の配置図です。超高層の「住宅棟」と低層の「施設棟」で構成されます。


Tokyoshinjuku160724
「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」の断面図です。「住宅棟」は、地上43階、地下1階ですが、塔屋が2層あるようです。「施設棟」は、地上3階、地下1階となっています。


Tokyoshinjuku160725
「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」の予定地を北東側から見た様子です。手前の通りは「十二社通り」です。


Tokyoshinjuku160726
「十二社通り」沿いは、グレーのマンション手前までが範囲のようです。



|

2019年5月22日 (水)

地上20階、高さ約91mの「学校法人東京医科大学新大学病院棟その他 新築工事」 2019年7月1日に新病院が開院!

Tokyotokyomed190511
-東京医科大学西新宿キャンパス-
 
「東京医科大学病院」は、西新宿にある病床数1000床を超える総合病院です。東京メトロ丸ノ内線西新宿駅前にあり、北側で青梅街道に面しています。

 1986年に完成した地上19階、地下2階の「大学病院本館」がメインとなっていますが、本階以外の各施設の大半は1957年~1961年にかけて建設されており、かなり老朽化していました。そのため「東京医科大学」は、2016年に迎える創立100周年を見据え西新宿キャンパスの大規模な再開発を行っています。

 2016年4月27日に、創立100周年記念事業の中核をなす「新大学病院建設」に向け、大学病院敷地内にて「起工式」が執り行われ、2016年5月1日に本体着工しました。新病院の開院は2019年7月1日の予定で、新病院での外来診療は7月4日より開始予定です。

学校法人東京医科大学新大学病院棟その他 新築工事の概要
◆ 所在地-東京都新宿区西新宿六丁目55-1 他
◆ 階数-地上20階、塔屋1階、地下2階(新大学病院棟)、地上3階、塔屋1階(新立体駐車場棟)
◆ 高さ-最高部91.70m、軒高88.30m(新大学病院棟)、最高部15.90m、軒高14.38m(新立体駐車場棟)
◆ 敷地面積-22,325.65㎡(病院全体)
◆ 建築面積-10,674.95㎡(新大学病院棟+新立体駐車場棟)
◆ 延床面積-109,252.36㎡(新大学病院棟+新立体駐車場棟)、約98,546㎡(新大学病院棟)
◆ 構造-<新大学病院棟>鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)、<新立体駐車場棟>鉄骨造
◆ 基礎工法-(新大学病院棟)杭基礎、(新立体駐車場棟)直接基礎
◆ 地震対策-免震構造(新大学病院棟)
◆ 用途-病院、駐車場
◆ 病床数-約900床(現行病院1,015床)
◆ 建築主-(学校法人)東京医科大学
◆ 設計者-大林組
◆ 設計監修・工事監理-アイテック
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2016年04月27日(起工式)、2016年05月01日(本体着工)
◆ 竣工-2019年03月末(新大学病院棟)、2020年09月末日予定(全体竣工)
◆ 開院-2019年07月01日予定(開院)、2019年07月04日予定(外来診療開始) 


Tokyotokyomed16053
「現状」と「計画」の比較図です。「大学病院本館」跡地には、一部にテナントや保育園なども入る地上3階の「新立体駐車場棟」を新設します。敷地の南西側は、「平面駐車場(将来計画スペース)」として残しておきます。

 引用資料 東京医科大学
 新大学病院建設計画


Tokyotokyomed16054
「断面構成図」です。 地下2階と地下1階の間に「免震層」を設けた「免震構造」となっています。


Tokyotokyomed190512
北東側から見た下層階の様子です。


Tokyotokyomed190513
北西側から見た下層階の様子です。


Tokyotokyomed190514
南東側から見た下層階の様子です。


Tokyotokyomed190515
南東側から見た様子です。


Tokyotokyomed190516
東京都庁の展望室から見た様子です。


Tokyotokyomed190517
新病院開院後に、南側の「大学病院本館」は解体されます。跡地には、一部にテナントや保育園なども入る地上3階の「新立体駐車場棟」を新設します。敷地の南西側は、「平面駐車場(将来計画スペース)」として残しておきます。



|

2019年5月20日 (月)

新宿グランドターミナルへの再編に向けたまちづくりの着手! 東西駅前広場再編整備 & 線路上空に東西連絡デッキ新設

Tokyoshinjuku180251
-新宿グランドターミナルへの再編-
 
新宿駅直近地区においては、東西の移動がしにくいことや人の滞留空間が不足していること、駅・駅ビルが老朽化していることなどの課題があります。東京都と新宿区が策定した「新宿の拠点再整備方針」では、線路上空にデッキを新設することや駅前広場を人中心に再構成すること、駅の改良や駅ビルの機能更新を進めることなどとしています。こうした状況を踏まえ、このたび、新宿グランドターミナルへの再編に向けたまちづくりに着手することとしました。

 引用資料 東京都・報道発表資料(2019/05/17)
 新宿グランドターミナルへの再編に向けたまちづくりの着手について


Tokyoshinjuku190551
「新宿の拠点再整備方針」を踏まえ、東京都が施行者となり土地区画整理事業により、駅の改良や駅ビルの機能更新と連携しながら、東西連絡デッキや駅前広場などの公共施設の整備を実施します。これにより、新宿グランドターミナルへの一体的な再編を推進します。


Tokyoshinjuku190552
「ルミネエストから小田急百貨店方面を望む」です。線路上空にデッキができることで、東西のまちをスムーズに行き来できるようになります。


Tokyoshinjuku190553
新宿駅西口より西新宿高層ビル街方面を望む」です。西口の駅前広場は、快適に待ち合わせできる空間や憩える空間になります。


Tokyoshinjuku190554
「新宿駅東口より歌舞伎町方面を望む」です。東口の駅前広場は、快適に待ち合わせできる空間や憩える空間になります。 



Tokyoodakyu15111
新宿駅西口は大きく変わります。


Tokyoshinjuku190555
新宿駅東口も大きく変わります。



|

2019年5月 9日 (木)

(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業 「神宮球場」と「秩父宮ラグビー場」を入れ替えて整備 総延床面積約53万㎡、高さ約190mと高さ約185mの超高層ビル!

Tokyojingu13111
-(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業-
 「三井不動産」は、「神宮球場」と「秩父宮ラグビー場」を入れ替えて整備する「(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業」の環境影響評価調査計画書をまとめました。事業区域面積約19.8haのうち計画地面積約17.4haに、スポーツ施設、オフィス、商業、宿泊施設など7施設、総延床面積約531,000㎡を建設するビッグプロジェクトになります。

 引用資料 建設通信新聞(2019/05/09)
 解体着手は21年度/球場棟にホテル併設/三井不動産の神宮外苑地区再開発

 引用資料 日刊建設工業新聞(2019/05/09)
 三井不ら4者/神宮外苑地区再開発(東京都新宿区ほか)/環境アセス手続き開始

 事業区域には「神宮球場、神宮第二球場、秩父宮ラグビー場、テニスコート、伊藤忠商事東京本社ビル」などがあります。解体を含めた工事は2021年度からに進め、段階的に供用・使用を開始する予定です。工事期間は2021年度~2030年度の予定です。

 「伊藤忠商事東京本社ビル」の解体工事は、2021年から始まるようです。「森トラスト」が建設している2020年3月に竣工予定の「東京ワールドゲート 神谷町トラストタワー」に「伊藤忠商事」が入るのは建て替えのためだと思われます。

(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業の概要
◆ ラグビー場棟-地上6階、地下1階、延床面積約31,000㎡、構造(鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
◆ 複合棟A-地上40階、塔屋1階、地下2階、高さ約185m、延床面積約132,000㎡、構造(鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
◆ 複合棟B-地上16階、塔屋1階、延床面積約26,000㎡
◆ ホテル棟-地上7階、延床面積約13,000㎡
◆ 野球場棟および球場併設ホテル棟-地上15階、地下1階、延床面積約116,000㎡、構造(鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
◆ 事務所棟-地上38階、地下4階、高さ約190m、延床面積約209,000㎡、構造(鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
◆ 並木東棟-地上2階、延床面積約4,000㎡


Tokyojingu190511
「開発後の施設配置イメージ」です(引用・日刊建設工業新聞)。


Tokyojingu190512
「神宮外苑地区の連鎖建て替えイメージ」です(引用・建設通信新聞)。 


Tokyomeijijingu16021
宮球場
 「神宮球場」の正式名称は「明治神宮野球場」で、1926年10月に開場しました。東京六大学野球の開催球場として生まれ、1964年からはヤクルトが本拠球場として使用しています。幾度も改修工事が行われていますが、施設の老朽化が深刻です。


Tokyomeijijingu16023
秩父宮ラグビー場
 「秩父宮ラグビー場」は1947年11月に東京ラグビー場として完成して、1953年から現在の名称になっています。大学ラグビーやトップリーグが行われ、東大阪市の「近鉄花園ラグビー場」と共に日本ラグビー界の聖地となっています。



|

2019年4月12日 (金)

新国立競技場が目の前 客室数362室の「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア」 2019年11月22日に開業!

Tokyojingugaien190411
-三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア-

 「三井不動産」および「三井不動産ホテルマネジメント」は、2019年11月22日(金)に「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア」を開業することを決定しました。予約の受付は、4月9日より開始しています。

 引用資料 三井不動産(2019/04/09)
 新国立競技場至近の立地に「三井ガーデンホテルズ」のプレミアシリーズが誕生 「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア」(362室) 2019年11月22日開業 ~ 2019年4月9日 予約受付開始 ~ 

 「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア」は、都営大江戸線「国立競技場」駅から徒歩1分、JR中央・総武線「千駄ヶ谷」駅から徒歩5分、JR中央・総武線「信濃町」駅から徒歩6分という交通利便性に優れた立地です。

 周辺には、現在建設中の「新国立競技場」や東京体育館等のスポーツ施設が複数あり、さらに聖徳記念絵画館や青山通りから続くいちょう並木、新宿御苑にも近く、歴史や文化、自然を満喫できる貴重なエリアに位置します。

三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミアの概要
◆ 計画名-(仮称)神宮外苑ホテル計画
◆ 所在地-東京都新宿区霞ヶ丘町11番3号
◆ 交通-都営大江戸線「国立競技場」駅から徒歩1分、JR中央・総武線「千駄ヶ谷」駅から徒歩5分、JR中央・総武線「信濃町」駅から徒歩6分
◆ 階数-地上13階、地下0階
◆ 高さ-約50m
◆ 敷地面積-約4,330㎡
◆ 建築面積-約1,730㎡
◆ 延床面積-約15,800㎡
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-杭基礎
◆ 用途-ホテル、飲食店、駐車場 
◆ 付帯施設-レストラン・ベーカリーショップ(1階)、大浴場・フィットネスジム・ラウンジ(2階)、ダイアログ・イン・ザ・ダーク(2階)、屋上テラス(13階)
◆ 客室数-362室
◆ 建築主-三井不動産
◆ 設計者・監理者-清水建設
◆ 施工者-清水建設
◆ 解体工事-2017年08月21日~2019年05月31日(Ⅰ期、Ⅱ期)予定
◆ 着工-2018年03月上旬
◆ 竣工-2019年08月31日予定(労災保険関係成立票より)
◆ 開業-2019年11月22日予定


Tokyojingugaien190412
「バルコニー付き客室と眺望」です。


Tokyojingugaien190413
「位置図(詳細)」です。


Tokyojingugaien190414
「位置図(広域)」です。


Tokyojingugaien190415
「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア」の建設現場を南西側から見た様子です。「明治神宮外苑アイススケート場フットサル棟」の跡地に建設されています。


Tokyojingugaien190416
撮影時には気が付かなかったのですが、「外観(完成予想パース)」のように直線では無く、中央が少し窪んだ弧を描いています。


Tokyojingugaien190417
南東側から見た様子です。


Tokyojingugaien190418
「JR千駄ヶ谷駅」のホームから見た様子です。


Tokyojingugaien190419
「(仮称)神宮外苑ホテル計画」の建築計画のお知らせです。



|

2019年4月11日 (木)

新宿TOKYU MILANO再開発計画 地上48階、高さ約225mの「(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画」 施工者が清水建設・東急建設JVに決定!

Tokyokabukicho180112
-新宿TOKYU MILANO再開発計画-
 2014年12月31日に閉館した新宿・歌舞伎町の映画館「新宿TOKYU MILANO(新宿ミラノ座)」の跡地活用に向けた再開発事業が動き出しています。「東急建設」の施工で既存施設の解体工事「新宿TOKYU MILANO(本館・新館)解体工事」が行われました。

 当初は同じ街区の北西側に立地する「グリーンプラザ新宿」は再開発に参加しない見通しと伝えられていましたが、再開発に加わる事になり、街区の一体的な再開発が可能になりました。

 地上48階、塔屋1階、地下5階 、高さ約225m、延床面積約89,600㎡の超高層複合ビルが建設されます。敷地面積4,603.74㎡で、高さ200m超は日本では最小敷地面積です。 

 東京急行電鉄 ニュースリリース(PDF:2018/06/22)
 「歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)」 都市計画変更の決定

  引用資料 第64回新宿区景観まちづくり審議会(2018/04/13)
 (PDF)新宿TOKYU MILANO再開発計画 

● 施工者が清水建設・東急建設JVに決定!
 「東急レクリエーション」と「東急電鉄」は、新宿ミラノ座跡地に計画している「歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)」の施工者を「清水建設・東急建設JV」に決定しました。

 建設通信新聞(2019/04/11)
 清水・東急JVで8月着工/約9万㎡複合施設/東急レクと東急電鉄の歌舞伎町1開発

 当初は、地上40階・地下5階、高さ約225m、延床面積約85,800㎡でしたが、「建築計画のお知らせ」では、 地上48階、地下5階、高さ約225m、延床面積約89,600㎡に変更になっています。そのため外観デザインが少し変更されるかも知れません。

新宿TOKYU MILANO再開発計画の概要
◆ 計画名-(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画
◆ 所在地-東京都新宿区歌舞伎町一丁目29番1、同番番3
◆ 階数-地上48階、塔屋1階、地下5階  
◆ 高さ-最高部約225m
◆ 敷地面積-4,603.74㎡
◆ 建築面積-約3,600.00㎡  
◆ 延床面積-約89,600.00㎡
◆ 構造-鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 用途-ホテル、劇場、映画館、店舗、駐車場等
◆ 建築主-東急レクリエーション、東京急行電鉄
◆ 設計者-久米設計・東急設計コンサルタント設計共同企業体
◆ 施工者-清水・東急建設共同企業体(清水建設、東急建設JV)
◆ 着工-2019年08月01日予定 
◆ 竣工-2022年08月31日予定 


Tokyokabukicho180411
「立面図(東側・北側・西側・南側)」です。


Tokyokabukicho180412
「ファサードデザイン」です。最高部の高さが約225mです。


Tokyokabukicho180413
「都市観光拠点整備(施設構成)概要」です。約1,500人を収容する「ライブホール」、約850席の劇場、8スクリーンの「映画館」を立体的に配置します。


Tokyokabukicho180414
「配置図」です。


Tokyokabukicho190411
「(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画」の建設予定地を北西側から見た様子です。街区の北西側には「グリーンプラザ新宿」がありました。当初は再開発に参加しないと伝えられていましたが、再開発に加わる事になり一体開発が可能になりました。


Tokyokabukicho190412
北東側から見た様子です。


Tokyokabukicho190413
VR ZONE SHINJUKUが閉館

 東側の「歌舞伎町シネシティ広場」から見た様子です。「新宿TOKYU MILANO(新宿ミラノ座)」の跡地には、暫定施設として、仮想現実(VR)などの最先端技術を活用した体験型エンターテインメント施設「VR ZONE SHINJUKU」が営業していましたが、2019年3月31日で営業を終了しました。


Tokyokabukicho190414
南東側から見た様子です。


Tokyokabukicho190415
南西側から見た様子です。


Tokyokabukicho190416
「(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画」の建築計画のお知らせです。撮影時は施工者の欄が「未定」になっていましたが、「清水・東急建設共同企業体(清水建設、東急建設JV)」に決定したようです。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

101 テレビドラマ・映画ロケ地めぐり 102 経済ニュース 103 いろいろなランキング 104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他) 105 大学キャンパスめぐり 106 巨大工場めぐり 107 巨大スタジアム・ホール・展示場めぐり 108 大規模商業施設めぐり 121 東京都・千代田区① 121 東京都・千代田区② 122 東京都・港区① 122 東京都・港区② 123 東京都・中央区 124 東京都・新宿区 125 東京都・渋谷区 126 東京都・豊島区 127 東京都・江東区 128 東京都・品川区 129 東京都・目黒区 130 東京都・文京区 131 東京都・台東区 132 東京都・荒川区 133 東京都・墨田区(東京スカイツリー) 134 東京都・中野区 135 東京都・世田谷区 136 東京都・大田区 137 東京都・練馬区 143 東京都・23区内その他 151 東京都・ 23区以外 201 神奈川県・横浜市 202 神奈川県・川崎市 203 神奈川県・その他 231 千葉県・千葉市 232 千葉県・浦安市 233 千葉県・成田市(成田空港) 234 千葉県・湾岸部 235 千葉県・内陸部 251 埼玉県・さいたま市 252 埼玉県・川口市 253 埼玉県・所沢市 254 埼玉県・その他 271 茨城県 281 栃木県 282 群馬県 311 大阪市・北部 312 大阪市・中部 313 大阪市・南部 314 大阪市・湾岸部 321 大阪府・堺市 325 大阪府・その他 351 兵庫県・神戸市 355 兵庫県・尼崎市 356 兵庫県・西宮市 357 兵庫県・芦屋市 359 兵庫県・その他 401 空撮じゃないけれど 札幌市編 411 空撮じゃないけれど 仙台市編 501 空撮じゃないけれど 香港(ホンコン)編 511 空撮じゃないけれど 澳門(マカオ)編 601 ちょっとひと休み