124 東京都・新宿区

2017年12月 4日 (月)

新宿区 地上31階、高さ約145mの「(仮称)四谷駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物 2017年11月から地下躯体工事!

Tokyoyotsuya160911
-四谷駅前地区第一種市街地再開発事業-
 
「(仮称)四谷駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物」は、JR・東京メトロ四ツ谷駅の北西側一帯で計画されている大規模な再開発プロジェクトです。

 地区面積約24,000㎡で、廃止になった「財務省公務員宿舎」や「旧四谷第三小学校」跡地などを中心に多数の雑居ビルや病院等で構成されていた区画です。

 施行者である「独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)」は、「四谷駅前地区第一種市街地再開発事業」の起工式を2016年9月6日に執り行いました。

 引用資料 UR都市機構 → 四谷駅前地再開発事業

四谷駅前地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 計画名-(仮称)四谷駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物
◆ 所在地-東京都新宿区四谷一丁目50番地
◆ 交通-JR中央本線・総武線「四ツ谷」駅から徒歩1分、東京メトロ丸ノ 内線・南北線「四ツ谷」駅から徒歩1分
◆ 階数-地上31階、塔屋1階、地下3階
◆ 高さ-最高部144.68m
◆ 敷地面積-17,931.82㎡
◆ 建築面積-10,329.95㎡
◆ 延床面積-139,612.03㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-直接基礎、一部杭基礎
用途-オフィス、物販店舗、飲食店、共同住宅、大学、集会場、語学学校、付属自動車車庫
総戸数-60戸
◆ 建築主-独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)
◆ 特定事業参加者-三菱地所、第5メック都市開発特定目的会社(三菱地所、阪急電鉄、太陽生命保険が出資するSPC)
◆ 実施設計-大成建設
◆ 基本設計・総合監理-日本設計・三菱地所設計共同企業体(日本設計、三菱地所設計)
◆ 施工者-大成建設
◆ 着工-2016年09月06日(起工式)、2016年09月10日(着工)
◆ 竣工-2019年10月下旬予定
◆ 総事業費-約840億円


Tokyoyotsuya160912
「四ツ谷駅から見た外観」です。


Tokyoyotsuya160913
「配置図」です。



Tokyoyotsuya171211
南東側から見た様子です。手前の道路は「外堀通り」です。

● 工事進捗
 公式ホームページの「工事進捗」によると ”総量約20万m3の土砂を搬出した掘削工事が10月をもって終了しました。11月からは地下躯体工事(建物本体の地下)の工事に入りました。” となっています。

 工事進捗(空撮) → 現在の工事状況


Tokyoyotsuya171212
北東側から見た様子です。手前の道路は「外堀通り」です。


Tokyoyotsuya171213
北側の道路が拡幅されています。


Tokyoyotsuya171214
北西側から見た様子です。北西角には仮設店舗が設けられています。


Tokyoyotsuya171215
南西側から見た様子です。



|

2017年11月21日 (火)

新宿・歌舞伎町に地上40階、高さ約225mの超高層ビル! 「東急レクリエーション」と「東京急行電鉄」が、新宿ミラノ座跡地を再開発!

Tokyokabukicho171111
-新宿TOKYU MILANO跡地-

 2014年12月31日に閉館した新宿・歌舞伎町の映画館「新宿TOKYU MILANO(新宿ミラノ座)」の跡地活用に向けた再開発事業が動き出しています。「東急建設」の施工で既存施設の解体工事「新宿TOKYU MILANO(本館・新館)解体工事」が行われました。

 同じ街区の北西側に立地する「グリーンプラザ新宿」は再開発に参加しないため、「新宿TOKYU MILANO本館・新館」の単独再開発事業となる見通しと伝えられていましたが、再開発に加わる事になりました。

● 地上40階、高さ約225mの超高層複合ビル!
 朝からビックリするニュースが飛び込んできました。なんと跡地に建設されるビルは、地上40階、地下5階、高さ約225m、延床面積約85,800㎡でした。

 引用資料 日刊建設工業新聞(2017/11/21)
 東急レク、東急電鉄/新宿ミラノ座跡地に複合ビル、19年度着工/延べ8・5万平米超   

 合わせても区域面積約6,000㎡くらいなので高さ100mを少し超えるくらいかな? と予想していたのでビックリ仰天です! 地震の少ない海外では、これくらいの敷地でも高さ200m超は珍しくありませんが、日本では最小敷地面積です。

 「国家戦略特別区域制度」による都市計画手続きの迅速化と都市再生特別地区による容積率や高さの規制緩和を受けることを想定しています。

 地下1階~地上4階に約1,500人を収容する「ライブホール」、地上1階に「空港連絡バス」の乗降場、地上1階・地上2階に「東西貫通道路」、地上6階~8階に約850席の劇場、地上9階~12階に8スクリーンの「映画館」、地上13階~40階はグローバルな旅行者の多様な滞在ニーズに対応する「ホテル」、地上13階、地上40階にはそれぞれ「レストラン」も設けます。

新宿ミラノ座跡地の超高層複合ビルの概要
◆ 所在地-東京都新宿区歌舞伎町一丁目29
◆ 階数-地上40階、地下5階 
◆ 高さ-最高部約225m
◆ 区域面積-約6,000㎡
◆ 延床面積-約85,800㎡
◆ 用途-ライブホール(地下1階~地上4階)、空港連絡バスの乗降場(地上1階)、東西貫通道路(地上1階・地上2階)、劇場(地上6階~地上8階)、映画館(地上9階~地上12階)、ホテル(地上13階~地上40階)、レストランも(地上13階、地上40階)
◆ 建築主-東急レクリエーション、東京急行電鉄
◆ 設計者-久米設計、東急設計コンサルタント
◆ 施工者-(未定)
◆ 着工-2019年度予定 
◆ 竣工-2022年度予定


Tokyokabukicho171112
VR ZONE SHINJUKU

 「新宿TOKYU MILANO(新宿ミラノ座)」の跡地には、暫定施設として、仮想現実(VR)などの最先端技術を活用した体験型エンターテインメント施設「VR ZONE SHINJUKU」が営業中です。


Tokyokabukicho171113
再開発予定地を北東側から見た様子です。北東角は駐車場になっています。


Tokyokabukicho171114
再開発予定地を南東側から見た様子です。


Tokyokabukicho171115
再開発予定地を南西側から見た様子です。


Tokyokabukicho171116
グリーンプラザ新宿跡地
 街区の北西側に立地していた「グリーンプラザ新宿」です。当初は再開発に参加しないと伝えられていましたが、再開発に加わる事になりました。

 2016年12月25日に閉館しました。現在は解体工事が行われています。解体工事の工事名は「ホテルグリーンプラザ新宿解体工事」で、工期は2016年12月26日~2018年2月28日(予定)となっています。


Tokyokabukicho171117
「ホテルグリーンプラザ新宿解体工事」の標識です。



|

2017年10月23日 (月)

クレーンが20本以上林立する壮観な建設現場 新国立競技場(仮称) 2017年9月末の建設状況

Tokyojpnsport16081
-新国立競技場(仮称)整備事業-

 すったもんだの末に、2020年東京オリンピックのメーン会場となる「新国立競技場」の根本的な見直しが行われ、「大成建設・梓設計・隈研吾建築都市設計事務所共同企業体」の案に決定し、「大成建設」の施工で、2016年12月1日に本格着工しました。

 引用資料 新宿区・公式ホームページ(PDF:2016/07/21)
 第60回新宿区景観まちづくり審議会 新国立競技場(仮称)整備事業  

新国立競技場の概要
◆ 計画名-新国立競技場(仮称)
◆ 所在地-東京都新宿区霞ヶ丘町10番1ほか、渋谷区千駄ヶ谷一丁目15番1ほか
◆ 階数-地上5階 地下2階
◆ 高さ-47.35m
◆ 敷地面積-113,039.62㎡
◆ 建築面積-72,388.86㎡
◆ 延床面積-193,573.03㎡
◆ 構造- 鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 用途-観覧場、附属自動車車庫、自転車駐車場
◆ 建築主-(独立行政法人)日本スポーツ振興センター
◆ 設計者・監理者-新国立競技場整備事業 大成建設・梓設計・隈研吾建築都市設計事務所共同企業体
◆ 施工者-大成建設
◆ 着工-2016年12月01日
◆ 竣工-2019年11月30日予定


Tokyojpnsport16082
「施設計画」です。規模を縮小したと言っても約325m×約250mもある巨大スタジアムになります。


Tokyojpnsport16083
「外構図」です。北西側に「歩行者デッキ1号」、南西側に「歩行者デッキ2号」が整備されます。


Tokyojpnsport171011
「東京体育館」から見た「新国立競技場(仮称)」の壮観な建設現場です。目視で数えると20本以上のクレーンが林立していました。単一の建築物でこれだけの大規模な工事はめったに見る事が出来ません。正に「国家プロジェクト!」という感じです。


Tokyojpnsport171012
素人目には、これくらいの高さなら「クローラークレーン」の方が効率的なように思いますが、「タワークレーン」も稼働していました。


Tokyojpnsport171013
敷地北側寄りです。このあたりに東京体育館と接続する「歩行者デッキ1号」が整備されます。


Tokyojpnsport171014
湾曲していてなんとなく形状が分かります。


Tokyojpnsport171015
「山留め壁」が見えます。グラウンド部分はかなり掘り下げている事が分かります。


Tokyojpnsport171016
スタンド部分は、ほとんどが「鉄骨造(S造)」となっています。


Tokyojpnsport171017
敷地南側寄りです。


Tokyojpnsport171018
南西側のゲートが開いていました。


Tokyojpnsport171019
スタンド部分のアップです。スタンドの斜めの梁は、「鉄筋コンクリート造(RC造)」のように見えます。「鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)」かも知れません。


Tokyojpnsport171020
南側の道路の上を「歩行者デッキ2号」がオーバーパスします。


Tokyojpnsport171021
道路の南側の都営団地「霞ケ丘アパート」は解体されました。跡地は「明治公園」になる予定です。


Tokyojpnsport171022
「東京都庁展望室」から見た「新国立競技場(仮称)」の建設現場です。



|

2017年8月19日 (土)

「新宿住友ビル」の大規模改修計画 日本最大級の「全天候型屋内アトリウム広場」を整備 デザインを大幅に変更して、2017年9月30日着工!

Tokyoshinjuku170831
-西新宿二丁目(8号地)特定街区

 「新宿住友ビル」は、新宿副都心の超高層ビルの第2号として「京王プラザホテル」の次に建設されました。竣工は1974年3月で、新宿副都心の超高層ビル群の草分けとなるビルです。

 地上52階、塔屋2階、地下4階、高さ210.3mと日本の超高層ビルでは初めて高さ200mを超えました。形状がプリズムのような三角柱なので「住友三角ビル」とも呼ばれています。

 「住友不動産」が、2019年7月末の完成を目指し開発を進めている、新宿住友ビル改修計画(西新宿二丁目8号地)が、2017年8月18日、国土交通省より「民間都市再生事業計画」の認定を受けました。

 引用資料 住友不動産(PDF:2017/08/18)
 「新宿住友ビル 大規模改修計画」 国土交通大臣の民間都市再生事業計画の認定を受けました

 既存の「新宿住友ビル」の機能更新・設備リニューアルに合せて、「国際会議場施設」と日本最大級の「全天候型屋内アトリウム広場」を新たに整備します。

 新宿駅周辺地区に新たなビジネス交流、ビジネスネットワークの場と、大規模な国際催事の場を創出することで、国際商業都市としての東京の魅力底上げに貢献します。

 「全天候型屋内アトリウム広場」のデザインが大幅に変更になりました。当初は、曲線を多用したデザインになっていましが、直線的なデザインに変更されました。工期は、2017年9月30日~2019年7月31日(予定)となっています。


Tokyoshinjuku16061
変更前のデザインです。曲線を多用したデザインになっていました。私的にはこちらの方が好きだったのですが、建設費が予定額に収まらなかったのでしょうか?

 引用資料 第59回新宿区景観まちづくり審議会(PDF)
 新宿住友ビル改修計画 


Tokyoshinjuku170832
「外観イメージ」です。直線的なデザインに変更されました。


Tokyoshinjuku170833
「概念図」です。


Tokyoshinjuku170834
「配置図」です。


Tokyoshinjuku170521
準備工事が本格化して「新宿住友ビル」の敷地が「仮囲い」で閉鎖されています。


|

2017年7月 4日 (火)

新宿副都心 大和ハウス工業の大型オフィスプロジェクト 地上29階、高さ約132mの「Dタワー西新宿」 2017年7月6日着工!

Tokyoshinjuku170711
-西新宿6丁目計画(仮称)-

 新宿副都心の「住友不動産新宿グランドタワー」から青梅街道を挟んですぐ南側一帯の雑居ビル群を集約した敷地面積4,430.20㎡に「レオパレス21」が超高層ビルの建設を計画していました。

 その後、事業主が「レオパレス21」から「大和ハウス工業」に変更になりました。敷地内の小規模な雑居ビル群を解体すると共に、敷地内の北西側にあった「丸山学園」運営する「東京栄養専門学校」の新築移転が行われました。

 「東京栄養専門学校」は、敷地内の南西側に新校舎を建設しました。2013年9月に新校舎が完成して移転しました。移転後に旧校舎を解体しました。

 跡地には、地上29階、塔屋2階、地下2階、高さ132.30mm、 延床面積39,460.97㎡の「西新宿6丁目計画(仮称)」が建設されます。

Dタワー西新宿
 「大和ハウス工業」は、2017年7月6日(木)、大型オフィスプロジェクト「Dタワー」の第一弾となる「Dタワー西新宿」を着工します。

 引用資料 大和ハウス工業(2017/07/03)
 地上29階建「Dタワー西新宿」着工

 オフィス最大30テナント、サービスアパートメント126戸、商業施設、保育所を併設した大型複合施設です。オフィスだけではなく、住居(サービスアパートメント)や保育所を併設し、職住近接の環境を提供することで、海外企業の入居にも積極的に対応します。

Dタワー西新宿の概要
◆ 計画名-西新宿6丁目計画(仮称)
◆ 所在地-東京都新宿区西新宿六丁目78番8
◆ 交通-JR「新宿」駅より徒歩12分、東京メトロ丸の内線「西新宿」駅より徒歩4分、都営大江戸線「都庁前」駅より徒歩5分
◆ 階数-地上29階、塔屋2階、地下2階
◆ 高さ-最高部132.30m
◆ 敷地面積-3,886.10㎡
◆ 建築面積-1,379.19㎡
◆ 延床面積-39,460.97㎡
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 地震対策-免震構造(地下1階と地上1階の間に免震層を設置)
◆ 用途-サービスアパートメント(20階~29階)、オフィス(3階~18階)、商業施設(1階・2階)・保育所(2階)、駐車場(地下1階・地下2階)
◆ サービスアパートメント-126戸
◆ 建築主-大和ハウス工業
◆ 設計者-日本設計・大成建設設計共同企業体
◆ 施工者-大成建設
◆ 着工-2017年07月06日
◆ 竣工-2020年03月下旬予定
◆ 入居開始-2020年04月予定
◆ 総事業費-約400億円   


Tokyoshinjuku62
「配置図」です。ビルは正方形です。敷地の南西側に「丸山学園」運営する「東京栄養専門学校」の新築移転しています。

 引用資料 新宿区・公式ホームページ(2016/07/21)
 新宿区景観まちづくり審議会:第60回新宿区景観まちづくり審議会


Tokyoshinjuku63_2
「フロア構成図」です。地下2階・地下1階が「 駐車場、機械室」、1階・2階が「店舗、オフィス、ロビー」、2階が「保育所」、3階~18階が「オフィス」、19階が「設備フロアー」、20階が「サービスアパートメントのロビー」、21階~29階が「サービスアパートメント」となっています。地下1階と地上1階の間に「免震層」を設置しています。


Tokyoshinjuku170561
「Dタワー西新宿」の建設予定地を北東側から見た様子です。


Tokyoshinjuku170564
「西新宿6丁目計画(仮称)」の建築計画のお知らせです。


Tokyoshinjuku170566
ダイワロイネットホテル西新宿
 南側には大和ハウスグループの「フジタ」が設計・施工を行い、ダイワロイヤルが運営するビジネスホテル「ダイワロイネットホテル西新宿(288室)」が、2018年11月竣工予定となっています。


Tokyoshinjuku170712
企業規模を急拡大する大和ハウス工業

 「大和ハウス工業」の本社は、大阪府大阪市北区梅田三丁目3番5号にあります。積極的なM&Aや新規事業進出により、ここ最近企業規模を急拡大しています。「Dタワー」の着工により大型オフィスビルにも進出します。

 2017年3月期の連結決算の売上高3,512,909百万円、営業利益310,092百万円です。売上高3兆5000億円、 営業利益3000億円を超える巨大優良企業に成長しました。

 かつては、ライバルの「積水ハウス」に、売上高・営業利益共に後塵を拝していましたが、今では、売上高・営業利益・時価総額共に圧倒しています。



|

2017年5月29日 (月)

新宿副都心に新たな超高層複合ビル 青梅街道沿い 地上29階、高さ約132m「西新宿6丁目計画(仮称)」

Tokyoshinjuku61
-西新宿6丁目計画(仮称)-
 「佐藤琢磨」が日本人初となるインディ500を制覇しました。インディアナポリス・モータースピードウェイで開催される「インディアナポリス500マイルレース」は、「F1モナコGP、ル・マン24時間耐久レース」と並んで世界3大レースと言われています。私が生きている間にインディ500で優勝する日本人が誕生するとは夢にも思っていませんでした。

 本題に戻って、新宿副都心の「住友不動産新宿グランドタワー」から青梅街道を挟んですぐ南側一帯の雑居ビル群を集約した敷地面積4,430.20㎡に「レオパレス21」が超高層ビルの建設を計画していました。

 その後、事業主が「レオパレス21」から「大和ハウス工業」に変更になりました。敷地内の小規模な雑居ビル群を解体すると共に、敷地内の北西側にあった「丸山学園」運営する「東京栄養専門学校」の新築移転が行われました。

 「東京栄養専門学校」は、敷地内の南西側に新校舎を建設しました。2013年9月に新校舎が完成して移転しました。移転後に旧校舎を解体しました。

 跡地には、地上29階、塔屋2階、地下2階、高さ132.30mm、 延床面積39,460.97㎡の「西新宿6丁目計画(仮称)」が建設されます。

 引用資料 新宿区・公式ホームページ(2016/07/21)
 新宿区景観まちづくり審議会:第60回新宿区景観まちづくり審議会

西新宿6丁目計画(仮称)の概要
◆ 所在地-東京都新宿区西新宿六丁目78番8他 11筆
◆ 階数-地上29階、塔屋2階、地下2階
◆ 高さ-最高部132.30m
◆ 敷地面積-3,886.10㎡
◆ 建築面積-1,379.19㎡
◆ 延床面積-39,460.97㎡
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 地震対策-免震構造(地下1階と地上1階の間に免震層を設置)
◆ 用途-オフィス、共同住宅、飲食店、保育所、自動車車庫
◆ 建築主-大和ハウス工業
◆ 設計者-日本設計
◆ 施工者-大成建設
◆ 着工-2017年06月上旬予定
◆ 竣工-2020年03月下旬予定


Tokyoshinjuku62
「配置図」です。ビルは正方形です。敷地の南西側に「丸山学園」運営する「東京栄養専門学校」の新築移転しています。


Tokyoshinjuku63_2
「フロア構成図」です。地下2階・地下1階が「 駐車場、機械室」、1階・2階が「店舗、オフィス、ロビー」、3階~18階が「オフィス」、19階が「設備フロアー」、20階が「住宅ロビー」、21階~29階が「共同住宅」となっています。地下1階と地上1階の間に「免震層」を設置しています。


Tokyoshinjuku170561
「西新宿6丁目計画(仮称)」の建設予定地を北東側から見た様子です。


Tokyoshinjuku170562
北西側から見た様子です。


Tokyoshinjuku170563
南西側から見た様子です。


Tokyoshinjuku170564
「西新宿6丁目計画(仮称)」の建築計画のお知らせです。


Tokyoshinjuku170565
「東京栄養専門学校」の新校舎です。敷地内の南西側に新校舎を建設し、2013年9月に移転しました。


Tokyoshinjuku170566
「東京栄養専門学校」の新校舎の南側でも再開発が計画されています。以前「建築計画のお知らせ」が掲示されていましたが、撤去されていました。



|

2017年5月28日 (日)

新宿副都心 損保ジャパン日本興亜本社ビルの敷地内にゴッホの「ひまわり」に出会える「(仮称)損保ジャパン日本興亜 新美術館計画新築工事」を建設!


Tokyosonpo170511

-(仮称)損保ジャパン日本興亜 新美術館計画新築工事-

 「SOMPOホールディングス」の子会社である「損害保険ジャパン日本興亜」は、新宿副都心にある「損保ジャパン日本興亜本社ビル」の敷地内に新美術館を建設します。

 新美術館は、オランダの巨匠「フィンセント・ファン・ゴッホ」の代表作「ひまわり」に出会えるアジアで唯一の美術館として、新宿の「アートランドマーク」を目指します。

 SOMPOホールディングス(PDF:2017/03/30)
 新美術館の建設について

 引用資料 第61回新宿区景観まちづくり審議会(PDF)
 損害保険ジャパン日本興亜本社ビル新美術館計画

 「損保ジャパン日本興亜本社ビル」の42階には、1976年に開設した「東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館」があります。バブル期初期の1987年に約58億円で購入して当時大ニュースとなったゴッホの「ひまわり」も展示されています。

 新美術館の竣工後に、「郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館」が移転します。新美術館は2020年春に本格オープンする予定で、開館時に現在の美術館名称を変更する予定です。

(仮称)損保ジャパン日本興亜 新美術館計画新築工事の概要
◆ 所在地-東京都新宿西新宿一丁目26番1
◆ 階数-地上6階、地下1階
◆ 高さ-約40m
◆ 敷地面積-9,299.28㎡(施設全体)
◆ 建築面積-約600㎡
◆ 延床面積-約4,000㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-杭基礎
◆ 用途-美術館
◆ 建築主-損害保険ジャパン日本興亜
◆ 設計者-大成建設
◆ 施工者-大成・清水・鴻池建設共同企業体(大成建設、清水建設、鴻池組JV)
◆ 着工-2017年08月01日予定
◆ 竣工-2019年09月30日予定
◆ オープン-2020年春予定(本格オープン)


Tokyosonpo170512
配置図です。


Tokyosonpo170513
位置図です。


Tokyosonpo170514
損保ジャパン日本興亜本社ビル

 「損保ジャパン日本興亜本社ビル」を南東側から見た様子です。「損保ジャパン日本興亜本社ビル」は、1976年4月に「安田火災海上本社ビル」として竣工しました。富士山のように下の方が広がったデザインとなっています。

 旧安田火災海上保険は、 三井・三菱・住友と共に日本の四大財閥の一であった安田財閥を再編した旧富士銀行を中心とする芙蓉グループの一員でした。「芙蓉」は富士山の異名(別の名)です。そのため富士山に外観を似せたとも言われています。

 日本国内の損害保険業界は、大手3グループに再編されましたが、それに伴い「安田火災海上本社ビル」も、損害保険ジャパン本社ビル→損保ジャパン日本興亜本社ビルと名称を変更しています。

 新宿副都心の超高層ビル群は、ビル所有者が独自の決断により「長周期地震動対策」を実施すようになりました。「損保ジャパン日本興亜本社ビル」も事業継続計画(BCP)の一環として、9階~41階に348台の「制振ダンパー」を設置しました。大成建設などが共同開発した制震技術「T-RESPO構法」を採用しています。


Tokyosonpo170515
「損保ジャパン日本興亜本社ビル」の敷地東側です。この部分に「(仮称)損保ジャパン日本興亜 新美術館計画新築工事」を建設します。


Tokyosonpo170516
「(仮称)損保ジャパン日本興亜 新美術館計画新築工事」の建設予定地を南側から見た様子です。撮影時は「建築計画のお知らせ」が掲示されていませんでしたが、現在は掲示されています。

 建築計画のお知らせ 建設データバンク
 (仮称)損保ジャパン日本興亜 新美術館計画新築工事 


Tokyosonpo170517
「(仮称)損保ジャパン日本興亜 新美術館計画新築工事」の建設予定地を北側から見た様子です。


Tokyosonpo170518
「損保ジャパン日本興亜本社ビル」の下層階を北東側から見た様子です。



|

2017年5月15日 (月)

新宿副都心に新たな超高層複合ビル 地上34階、高さ約160mの「(仮称)住友不動産 西新宿六丁目計画」

Tokyoshinjuku51
-(仮称)住友不動産 西新宿六丁目計画-
 新宿副都心に新たな超高層複合ビル「(仮称)住友不動産 西新宿六丁目計画」が建設されます。計画通りなら2017年5月末日の着工予定です。

 引用資料 新宿区・公式ホームページ(PDF:2016/07/21)
 第60回新宿区景観まちづくり審議会 (仮称)西新宿六丁目計画 

 建設予定地は、「セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿」と「コンシェリア西新宿TOWER’S WEST」に挟まれた場所です。かつては「西新宿六丁目西第5ブロック東地区」と呼ばれていました。

 地権者任意による「西新宿六丁目西第5ブロック東地区土地基盤整備準備組合」は、共同建て替え、再開発事業、区画整理事業など、さまざまな事業手法を視野に入れ、まちづくりについての検討を進めていましたが、土地基盤整備準備組合は、2015年末に組織を解散しました。「住友不動産」が単独で再開発を行います。

(仮称)住友不動産 西新宿六丁目計画の概要
◆ 所在地-東京都新宿区西新宿六丁目666-1番地 外
◆ 階数-地上34階、塔屋2階、地下2階
◆ 高さ-最高部約160m
◆ 敷地面積-5,615.68㎡
◆ 建築面積-2,272.74㎡
◆ 延床面積-62,111.82㎡
◆ 構造-鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 地震対策-中間免震構造(9階と10階の間に免震層を設置)
◆ 用途-オフィス、共同住宅
◆ 総戸数-(不明)
◆ 建築主-住友不動産
◆ 設計者-日建設計
◆ 施工者-(未定)
◆ 着工-2017年05月末日予定
◆ 竣工-2019年06月末日予定 


Tokyoshinjuku52
北西側(十二社通り側)から見た完成予想図です。


Tokyoshinjuku53_2
配置図です。街区の完全な集約化は出来なかったようで、北東側が1区画欠けています。当初は超高層タワーマンションが建設されると言われていましたが、「セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿」と「コンシェリア西新宿TOWER’S WEST」に挟まれた眺望が期待出来ない難しい立地なのでオフィス主体になります。


Tokyoshinjuku170551
「(仮称)住友不動産 西新宿六丁目計画」の予定地を南側がら見た様子です。敷地の形状は、南側を頂点とした三角形です。


Tokyoshinjuku170552
撮影時は、大成建設により「西新宿六丁目西第5ブロック東地区計画解体工事」が行われていました。


Tokyoshinjuku170553
北東側から見た様子です。


Tokyoshinjuku170554
街区図を見るとこの建物は再開発には参加しないようです。地権者全員の合意形成は本当に難しいですね・・・


Tokyoshinjuku170555
北西側から見た様子です。


Tokyoshinjuku170556
「(仮称)住友不動産 西新宿六丁目計画」の建築計画のお知らせです。



|

2017年5月13日 (土)

国家戦略特区 西新宿二丁目(8号地)特定街区 「新宿住友ビル」の低層部を囲む形でウェーブ状の巨大なアトリウムを整備 工事が本格化!

Tokyoshinjuku16061
-西新宿二丁目(8号地)特定街区

 「新宿住友ビル」は、新宿副都心の超高層ビルの第2号として「京王プラザホテル」の次に建設されました。竣工は1974年3月で、新宿副都心の超高層ビル群の草分けとなるビルです。

 地上52階、塔屋2階、地下4階、高さ210.3mと日本の超高層ビルでは初めて高さ200mを超えました。形状がプリズムのような三角柱なので「住友三角ビル」とも呼ばれています。

 「新宿住友ビル」は、大規模改修を行います。既存ビルの更新や「長周期地震動対策」を中心とした耐震性能の強化に加え、低層部を囲む形でウェーブ状の巨大なアトリウムを整備します。公開空地一体にガラス素材の大屋根を整備し、全天候型の広場を創出します。

 2017年春の本格着工、2019年度完成を目指します。アトリウムだけでも工事費は100億円を超えるなど、「住友不動産」が手掛ける過去最大規模のビル改修プロジェクトになります。このプロジェクトは「国家戦略特区」に指定されています。

 引用資料 第59回新宿区景観まちづくり審議会(PDF)
 新宿住友ビル改修計画 


Tokyoshinjuku16062
低層部を囲む形で巨大なアトリウムを整備

 全天候型スペース「アトリウム広場」は、約6,700㎡です。大屋根は高さは約30mで、高層部とメリハリをつけた曲線のデザインが特徴です。設計は「日建設計」が担当しています。


Tokyoshinjuku16063
「現況」と「改修後」の比較です。


Tokyoshinjuku161231
「アトリウム広場(1Fレベル)と11号線(2Fレベル)をつなぐ縦動線のイメージ」です。

 引用資料 首相官邸(PDF)
 西新宿二丁目(8号地)特定街区都市計画(素案)の概要


Tokyoshinjuku170521
工事が本格化して「新宿住友ビル」の敷地が「仮囲い」で閉鎖されました。


Tokyoshinjuku170522
ほぼ敷地全体が「工事エリア」となっています。


Tokyoshinjuku170523
「新宿住友ビル」そのものは営業しているので「入口」があります。


Tokyoshinjuku170524
南西側から見た様子です。


Tokyoshinjuku170525
アップです。


Tokyoshinjuku170526
南東側から見た様子です。


Tokyoshinjuku170527
少し角度を変えた様子です。


Tokyoshinjuku170528
敷地の北側も閉鎖されています。


Tokyoshinjuku170529
「仮囲い」に掲示されていた1955年の新宿です。新宿副都心が「淀橋浄水場」跡に建設された事を知っている人は、ビルヲタ以外はもうあまりいないと思います。


Tokyoshinjuku170530
「仮囲い」に掲示されていた1972年の「新宿住友ビル」の建設現場です。写真を拡大すると「タワークレーン」が現在のタワークレーンとほとんど構造が同じなので驚きました。この時点でタワークレーンの技術は確立していたんですね。

● 私がビルヲタになった原点の風景
 
私がビルヲタになったのは、「新宿住友ビル」建設のNHKニュースです。日本で初めて高さ200mを超える超高層ビルということで、当時NHKニュースでよく報道していました。

 高知県の田舎の小学生だった私はこのニュースに異常な程に興味を持ちました。まさに私がビルヲタになった原点の風景です。



|

2017年5月 9日 (火)

新宿区 地上31階、高さ約145mの「(仮称)四谷駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物」

Tokyoyotsuya160911
-四谷駅前地区第一種市街地再開発事業-
 
「(仮称)四谷駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物」は、JR・東京メトロ四ツ谷駅の北西側一帯で計画されている大規模な再開発プロジェクトです。

 地区面積約24,000㎡で、廃止になった「財務省公務員宿舎」や「旧四谷第三小学校」跡地などを中心に多数の雑居ビルや病院等で構成されていた区画です。

 施行者である「独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)」は、「四谷駅前地区第一種市街地再開発事業」の起工式を2016年9月6日に執り行いました。

 引用資料 UR都市機構(PDF:2016/09/06)
 「四谷駅前再開発事業」着工 ~四谷のランドマークとなる駅前大規模・多機能開発~ 

四谷駅前地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 計画名-(仮称)四谷駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物
◆ 所在地-東京都新宿区四谷一丁目50番地
◆ 交通-JR中央本線・総武線「四ツ谷」駅から徒歩1分、東京メトロ丸ノ 内線・南北線「四ツ谷」駅から徒歩1分
◆ 階数-地上31階、塔屋1階、地下3階
◆ 高さ-最高部144.68m
◆ 地区面積-約24,000㎡
◆ 敷地面積-17,931.82㎡
◆ 建築面積-10,329.95㎡
◆ 延床面積-139,641.08㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-直接基礎、一部杭基礎
用途-オフィス、物販店舗、飲食店、共同住宅、大学、集会場、語学学校、付属自動車車庫
総戸数-60戸
◆ 建築主-独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)
◆ 特定事業参加者-三菱地所、第5メック都市開発特定目的会社(三菱地所、阪急電鉄、太陽生命保険が出資するSPC)
◆ 実施設計-大成建設
◆ 基本設計・総合監理-日本設計・三菱地所設計共同企業体(日本設計、三菱地所設計)
◆ 施工者-大成建設
◆ 着工-2016年09月06日(起工式)、2016年09月10日(着工)
◆ 竣工-2019年10月下旬予定
◆ 総事業費-約840億円


Tokyoyotsuya160912
「四ツ谷駅から見た外観」です。


Tokyoyotsuya160913
「配置図」です。


Tokyoyotsuya170511
南東側から見た様子です。手前の道路は「外堀通り」です。


Tokyoyotsuya170512
北東側から見た様子です。手前の道路は「外堀通り」です。


Tokyoyotsuya170513
撮影時は「山留め壁」の構築が行われていました。


Tokyoyotsuya170514
北西側から見た様子です。北西角には仮設店舗が設けられています。


Tokyoyotsuya170515
南西側から見た様子です。


Tokyoyotsuya170516
「(仮称)四谷駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物」の建築計画のお知らせです。正確な数値に修正されていました。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

101 テレビドラマ・映画ロケ地めぐり | 102 経済ニュース | 103 いろいろなランキング | 104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他) | 105 大学キャンパスめぐり | 106 巨大工場めぐり | 107 巨大スタジアム・ホール・展示場めぐり | 108 大規模商業施設めぐり | 121 東京都・千代田区① | 121 東京都・千代田区② | 122 東京都・港区① | 122 東京都・港区② | 123 東京都・中央区 | 124 東京都・新宿区 | 125 東京都・渋谷区 | 126 東京都・豊島区 | 127 東京都・江東区 | 128 東京都・品川区 | 129 東京都・目黒区 | 130 東京都・文京区 | 131 東京都・台東区 | 132 東京都・荒川区 | 133 東京都・墨田区(東京スカイツリー) | 134 東京都・中野区 | 135 東京都・世田谷区 | 136 東京都・大田区 | 137 東京都・練馬区 | 143 東京都・23区内その他 | 151 東京都・ 23区以外 | 201 神奈川県・横浜市 | 202 神奈川県・川崎市 | 203 神奈川県・その他 | 231 千葉県・千葉市 | 232 千葉県・浦安市 | 233 千葉県・成田市(成田空港) | 234 千葉県・湾岸部 | 235 千葉県・内陸部 | 251 埼玉県・さいたま市 | 252 埼玉県・川口市 | 253 埼玉県・所沢市 | 254 埼玉県・その他 | 271 茨城県 | 281 栃木県 | 282 群馬県 | 311 大阪市・北部 | 312 大阪市・中部 | 313 大阪市・南部 | 314 大阪市・湾岸部 | 321 大阪府・堺市 | 325 大阪府・その他 | 351 兵庫県・神戸市 | 355 兵庫県・尼崎市 | 356 兵庫県・西宮市 | 357 兵庫県・芦屋市 | 359 兵庫県・その他 | 401 空撮じゃないけれど 札幌市編 | 411 空撮じゃないけれど 仙台市編 | 501 空撮じゃないけれど 香港(ホンコン)編 | 511 空撮じゃないけれど 澳門(マカオ)編 | 601 ちょっとひと休み