124 東京都・新宿区

2021年9月10日 (金)

巨大プロジェクト 神宮外苑地区地区計画の変更(原案)について 「B-1地区」が追加された新たな完成イメージが公開!

Tokyojingu210911
-東京都市計画神宮外苑地区地区計画-

 「東京都」は、神宮外苑地区における国立競技場の建替計画の具体化を契機に、同地区一帯の再整備を進めるための「東京都市計画神宮外苑地区地区計画」を決定しています。

 2015年4月1日の東京都の報道発表では、「神宮球場」と「秩父宮ラグビー場」の土地を交換した上で、「秩父宮ラグビー場」を先に取り壊し、2020年の東京オリンピック期間中は「新国立競技場」の駐車場などとして利用を予定していました。

 2020年の東京オリンピック翌年以降跡地に新しい球場を建設、完成は2022年度を想定、新球場が完成するまでは、現在の球場を利用、「秩父宮ラグビー場」は、球場を取り壊したあとで整備し、完成は2025年度を想定していました。

● 建設常任委員会
 2021年9月3日に港区議会の「建設常任委員会」が開かれて、「神宮外苑地区地区計画の変更(原案)について」が公開されて、新たな概要が判明しました。

 引用資料 港区議会(2021/09/03)
 建設常任委員会

 2021年8月16日の「(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業」環境影響評価書案の縦覧と比べると、新たに「B-1地区」の完成イメージが更新されました。

 「(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業」は、「三井不動産、宗教法人明治神宮、独立法人日本スポーツ振興センター、伊藤忠商事」による再開発プロジェクトです。

(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業の概要
◆ ラグビー場棟-地上7階、地下1階、高さ約55m、延床面積約76,700㎡
◆ 複合棟A-地上40階、塔屋1階、地下2階、高さ約185m、延床面積約127,300㎡
◆ 複合棟B-地上18階、塔屋1階、地下1階、高さ約80m、延床面積約30,300㎡
◆ 文化交流施設棟-地上1階、地下0階、高さ約6m、延床面積約2,000㎡
◆ 野球場及び球場併設ホテル棟-地上14階、塔屋1階、地下1階、高さ約60m、延床面積約115,700㎡
◆ 事務所棟-地上38階、地下5階、高さ約190m、延床面積約213,000㎡


Tokyojingu210811
2021年8月16日公表の「完成イメージ」です(引用:東京都環境局)。

● 環境影響評価書案の縦覧

 「(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業」環境影響評価書案の縦覧が行われています。縦覧期間は、2021年8月16日(月)~9月14日(火)までです。閲覧には、Windows7~10、Internet Explorer及びAdobe Acrobat Reader DCが必要です。

 引用資料 東京都環境局(2021/08/16)
(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業」環境影響評価書案


Tokyojingu210912
「B-1地区」の完成イメージです。上記の2021年8月16日公表の完成イメージと比べると書き換えられています。以前はこの場所には「明治神宮外苑軟式グラウンド」がありました(引用:港区議会)。


Tokyojingu210913
「配置図」です(引用:港区議会)。


Tokyojingu210914
「B-1地区」の配置図です。中央の「絵画館前広場」を挟んで、西側に「テニス場」、東側に「絵画館テニス場棟」が整備されます(引用:港区議会)。


Tokyojingu210915
「施設建築物等の概要」です(引用:港区議会)。


Tokyojingu210815
「複合棟A」と「野球場及び球場併設ホテル棟」の断面図です(引用:東京都環境局)。


Tokyojingu210816
「複合棟B」の断面図です(引用:東京都環境局)。


Tokyojingu210817
「ラグビー場棟」の断面図です(引用:東京都環境局)。


Tokyojingu210818
「事務所棟」の断面図です(引用:東京都環境局)。


Tokyojingu210819
段階建て替えイメージ図

 2015年4月1日の東京都の報道発表時点では、「野球場」を先に整備する予定でしたが、何度か計画が見直されて「ラグビー場」を先に整備する予定に変更になっています(引用:東京都環境局)。

完成までの作業工程
(1) 「神宮第二球場」を解体
(2) 神宮第二球場の跡地に「ラグビー場棟Ⅰ期」を建設
(3) 「秩父宮ラグビー場」を解体
(4) 秩父宮ラグビー場の跡地に「野球場及び球場併設ホテル棟」を建設
(5) 「神宮球場」を解体
(6) 神宮球場の跡地に「ラグビー場棟Ⅱ期」を建設、残りの敷地には「広場」を整備


Tokyojingu210820
「工事工程表」です(引用:東京都環境局)。



|

2021年8月22日 (日)

新宿副都心 地上40階の超高層タワーマンション「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」 2021年12月に着工!

Tokyoshinjuku210811
-西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業

 西新宿五丁目では、北側から「西新宿五丁目北地区」、「西新宿五丁目中央北地区」、「西新宿五丁目中央南地区」の再開発計画があります。第一弾の「西新宿五丁目中央北地区第一種市街地再開発事業」は、地上60階、地下2階、高さ208.97mの超高層タワーマンション「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」として、2017年10月31日に竣工しました。現在は、第二弾の「西新宿五丁目北地区」が建設中です。

 東京都は、都市再開発法第11条第1項の規定に基づき、2019年7月4日に「西新宿五丁目中央南地区市街地再開発組合」の設立を認可しました。不燃化推進特定整備地区である「西新宿五丁目地区」のコア事業として、建物の不燃化や地区施設の整備により地域の防災性・安全性を向上させるとともに、複合市街地を形成し、土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を図ります。

 「三井不動産レジデンシャル」は、東京都新宿区にて推進している「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」が、2021年6月16日に権利変換計画について東京都の認可を受けました。

 引用資料 三井不動産レジデンシャル(PDF:2021/06/17)
 「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」権利変換計画認可のお知らせ ~約0.8ha、住宅・商業・業務・子育て支援施設のミクストユースプロジェクト~

● 熊谷組の施工で2021年12月に着工!
 「西新宿五丁目中央南地区市街地再開発組合」は、「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」を2021年12月1日に着工します。このような報道が出るという事は、現地に「建築計画のお知らせ」が掲示された可能性があります。

 建設通信新聞(2021/08/17)
 熊谷で12月着工/西新宿五丁目中央南再開発

西新宿五丁目中央南地区の概要
◆ 計画名-西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業
◆ 所在地-東京都新宿区西新宿五丁目5、13他
◆ 階数-地上40階、地下1階
◆ 高さ-160m(建築物の高さの限度)
◆ 施行区域面積-約8,000㎡
◆ 敷地面積-約5,922㎡
◆ 延床面積-約53,742㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 地震対策-中間免震構造
◆ 用途-共同住宅、商業・業務、駐車場、保育所
◆ 総戸数-470戸予定
◆ 建築主-西新宿五丁目中央南地区市街地再開発組合(参加組合員 三井不動産レジデンシャル)
◆ 事業推進コンサルタント-INA新建築研究所
◆ 設計者-(基本設計)INA新建築研究所、(実施設計)熊谷組
◆ 施工者-熊谷組
◆ 着工-2021年12月1日予定
◆ 竣工-2024年度予定 


Tokyoshinjuku210652
「完成予想 CG」です(引用:三井不動産レジデンシャル)。


Tokyoshinjuku210653
「断面イメージ図」です。地震対策として、「免震構造(中間免震)」を採用する予定です(引用:三井不動産レジデンシャル)。


Tokyoshinjuku210654
「配置図」です(引用:三井不動産レジデンシャル)。


Tokyoshinjuku210812
正確な高さは発表されていませんが、「建築物の高さの限度160m」となっています。

 引用資料 新宿区・公式ホームページ
 西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業(事業中)


Tokyoshinjuku210655
「位置図」です(引用:三井不動産レジデンシャル)。


Tokyoshinjuku210656 
「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」の予定地です。



|

2021年8月17日 (火)

総延床面積約565,000㎡ 「(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業」環境影響評価書案の縦覧 完成イメージや断面図などが公開!

Tokyojingu210811
-東京都市計画神宮外苑地区地区計画-

 「東京都」は、神宮外苑地区における国立競技場の建替計画の具体化を契機に、同地区一帯の再整備を進めるための「東京都市計画神宮外苑地区地区計画」を決定しています。

 2015年4月1日の東京都の報道発表では、「神宮球場」と「秩父宮ラグビー場」の土地を交換した上で、「秩父宮ラグビー場」を先に取り壊し、2020年の東京オリンピック期間中は「新国立競技場」の駐車場などとして利用を予定していました。

 2020年の東京オリンピック翌年以降跡地に新しい球場を建設、完成は2022年度を想定、新球場が完成するまでは、現在の球場を利用、「秩父宮ラグビー場」は、球場を取り壊したあとで整備し、完成は2025年度を想定していました。

● 環境影響評価書案の縦覧!
 「(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業」環境影響評価書案の縦覧が行われています。縦覧期間は、2021年8月16日(月)~9月14日(火)までです。閲覧には、Windows7~10、Internet Explorer及びAdobe Acrobat Reader DCが必要です。

 引用資料 東京都環境局(2021/08/16)
 (仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業」環境影響評価書案

 「(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業」は、「三井不動産、宗教法人明治神宮、独立法人日本スポーツ振興センター、伊藤忠商事」による再開発プロジェクトです。

 計画地面積約174,700㎡に総延床面積約565,000㎡の施設群を整備するビッグプロジェクトになります。2022年度に解体工事に着手する見通しで、全体工事の完了は2035年度を予定しています。

(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業の概要
◆ ラグビー場棟-地上7階、地下1階、高さ約55m、延床面積約76,700㎡
◆ 複合棟A-地上40階、塔屋1階、地下2階、高さ約185m、延床面積約127,300㎡
◆ 複合棟B-地上18階、塔屋1階、地下1階、高さ約80m、延床面積約30,300㎡
◆ 文化交流施設棟-地上1階、地下0階、高さ約6m、延床面積約2,000㎡
◆ 野球場及び球場併設ホテル棟-地上14階、塔屋1階、地下1階、高さ約60m、延床面積約115,700㎡
◆ 事務所棟-地上38階、地下5階、高さ約190m、延床面積約213,000㎡


Tokyojingu210812
「緑化のイメージ(広場)」です。


Tokyojingu210813
「配置計画図」です。


Tokyojingu210814
「建築計画の概要」です。


Tokyojingu210815
「複合棟A」と「野球場及び球場併設ホテル棟」の断面図です。


Tokyojingu210816
「複合棟B」の断面図です。


Tokyojingu210817
「ラグビー場棟」の断面図です。


Tokyojingu210818
「事務所棟」の断面図です。


Tokyojingu210819
段階建て替えイメージ図

 2015年4月1日の東京都の報道発表時点では、「野球場」を先に整備する予定でしたが、何度か計画が見直されて「ラグビー場」を先に整備する予定に変更になっています。

完成までの作業工程
(1) 「神宮第二球場」を解体
(2) 神宮第二球場の跡地に「ラグビー場棟Ⅰ期」を建設
(3) 「秩父宮ラグビー場」を解体
(4) 秩父宮ラグビー場の跡地に「野球場及び球場併設ホテル棟」を建設
(5) 「神宮球場」を解体
(6) 神宮球場の跡地に「ラグビー場棟Ⅱ期」を建設、残りの敷地には「広場」を整備


Tokyojingu210820
「工事工程表」です。


Tokyojingu210715
秩父宮ラグビー場

 「秩父宮ラグビー場」は1947年11月に東京ラグビー場として完成して、1953年から現在の名称になっています。収容人数は24,871人で、大学ラグビーやトップリーグが行われ、東大阪市の「近鉄花園ラグビー場」と共に日本ラグビー界の聖地となっています。


Tokyojingu210716
「秩父宮ラグビー場」を角度を変えて見た様子です。



|

2021年8月 9日 (月)

「明治安田生命新宿ビル」他の跡地 地上23階、高さ約129mの「(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクト」 2021年8月1日に着工!

Tokyomeijiyasuda210811
-(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクト-
 「明治安田生命」は、新宿駅西口に近接する「明治安田生命新宿ビル」などの解体工事に2020年4月1日に着手しました。「明治安田生命新宿ビル」と隣接する6棟を一体的に解体します。

 解体区域の敷地面積は約6,300㎡とかなり広いです。解体工事の施工は「大成建設」が担当します。解体工事の工期は2022年8月31日までを予定しています。

 解体されるビルは、「(1)明治安田生命新宿ビル、(2)明治安田生命新宿ビル別館、(3)第一スカイビル、(4)高倉第二ビル、(5)明治安田生命新宿第三ビル跡地、(6)永和ビル跡地」の合計6棟です。「(7)KSビル跡地」の解体工事は、鉄道弘済会が発注しました。

 跡地に建設される「(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクト」の概要は、地上23階、地下4階、高さ(最高部128.71m(設備突出部)、建築部125.71m)、延床面積96,901.94㎡です。オフィス、商業、ホール、駐車場などで構成する予定です。

 引用資料 新宿区景観まちづくり審議会(2020/07/17)
 第69回新宿区景観まちづくり審議会

● 2021年8月1日に着工!
 「明治安田生命保険」は、「(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクト」の施工者を「大成・竹中建設共同企業体(大成建設、竹中工務店JV)」に決定しました。「大成建設」は既存建物の解体工事も施工しています。

 日刊建設工業新聞(2021/07/27)
 明治安田生命/明治安田生命新宿ビルなど建替(東京都新宿区)/施工は大成建設JVに

 「明治安田生命保険」が推進し、「森ビル」がプロジェクトマネジメントに参画する「(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクト」が、2021年8月1日に着工しました。

 「森ビル」は、開発段階からプロジェクトマネジメントに参画するほか、竣工・開業後のプロパティマネジメント業務を受託し、事務所および店舗のテナントリーシング、ビルの管理・運営業務支援を行う予定です。

 森ビル(2021/08/02)
 「(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクト」に参画 明治安田生命新宿ビル建て替え計画 プロジェクトマネジメントや開業後のリーシングを受託

(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクト
◆ 所在地-東京都新宿区西新宿一丁目9番1~12
◆ 交通-JR「新宿」駅徒歩2分、東京メトロ丸の内線「新宿」駅徒歩4分、小田急線「新宿」駅徒歩4分、京王線「新宿」駅徒歩4分、京王新線(都営新宿線)「新宿」駅徒歩5分、都営大江戸線「新宿」駅徒歩5分
◆ 階数-地上23階、地下4階
◆ 高さ-最高部128.71m(設備突出部)、建築部125.71m
◆ 敷地面積-6,294.72㎡
◆ 建築面積-3,819.26㎡
◆ 延床面積-96,901.94㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 用途-オフィス、店舗、ホール、子育て支援施設、駐車場
◆ 建築主-明治安田生命保険
◆ プロジェクトマネジメント-森ビル
◆ 設計者・監理者-日建設計
◆ 施工者-大成・竹中建設共同企業体(大成建設、竹中工務店JV)
◆ 解体工事-2020年04月01日~2022年08月31日予定
◆ 着工-2021年08月01日
◆ 竣工-2025年11月30日予定


Tokyomeijiyasuda200722
「駅前広場を取り囲む光の演出」です。低層部の柱や壁面をライトアップして、駅前広場を取り囲むような夜間景観を演出する計画です。


Tokyomeijiyasuda200723
「(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクト」のイメージパースです。建物は暖色系の「PCカーテンウォール」を外装に使い、駅前のランドマークを形成する外観を目指します。

Tokyomeijiyasuda200724
「断面図」です。


Tokyomeijiyasuda200725
「配置図」です。


Tokyomeijiyasuda200726
「位置図」です。


Tokyomeijiyasuda210615 
「(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクト」の建築計画のお知らせです(写真提供読者さん)。



|

2021年7月26日 (月)

神宮外苑地区 「神宮球場」と「秩父宮ラグビー場」の場所を入れ替えて建て替え 「新秩父宮ラグビー場(仮称)」の施設規模が固まる!

Tokyojingu210711
-東京都市計画神宮外苑地区地区計画-

 「東京都」は、神宮外苑地区における国立競技場の建替計画の具体化を契機に、同地区一帯の再整備を進めるための「東京都市計画神宮外苑地区地区計画」を決定しています。

 2015年4月1日の東京都の報道発表では、「神宮球場」と「秩父宮ラグビー場」の土地を交換した上で、「秩父宮ラグビー場」を先に取り壊し、2020年の東京オリンピック期間中は「新国立競技場」の駐車場などとして利用を予定していました。

 2020年の東京オリンピック翌年以降跡地に新しい球場を建設、完成は2022年度を想定、新球場が完成するまでは、現在の球場を利用、「秩父宮ラグビー場」は、球場を取り壊したあとで整備し、完成は2025年度を想定していました。

● 新秩父宮ラグビー場(仮称)の施設規模が固まる!
 「日本スポーツ振興センター(JSC)」が神宮外苑で計画している「新秩父宮ラグビー場」を含む「ラグビー場棟」の施設規模が固まりました。2020年1月時点で延床面積約43,900㎡としていましたが、店舗や控え室などを付帯施設を含めた延床面積が約76,700㎡となります。

 地上6階だった階数は地上7階に増えます。工事は2期に分けて実施し、2024年度~2027年度を「I期工事期間」とし、2033年度から「Ⅱ期工事」に着手する計画です。

 引用資料 日刊建設工業新聞(2021/07/26)
 JSC/新秩父宮ラグビー場整備/ラグビー場棟の規模、延べ7・7万平米に

 引用資料 独立行政法人 日本スポーツ振興センター(2021/06/25)
 「新秩父宮ラグビー場(仮称)基本計画」の策定について

 140m×87mの「人工芝のフィールド」を整備し、座席数は20,000席程を想定しています。ラグビーの魅力を伝えるミュージアム、飲食店や物販といった機能を併設します。

 「新秩父宮ラグビー場(仮称)」の整備は、三井不動産らが港区・新宿区の2区にまたがる「神宮外苑地区」で計画する個人施行の再開発事業と一体的に進めます。総延床面積58万㎡(約580,300㎡)の施設群を整備します。2022年度にも施行認可を取得し工事に着手する見通しで、全体工事の完了は2036年度を見込みます。

東京都市計画神宮外苑地区地区計画の概要
◆ 複合棟A-地上40階、地下2階、延床面積約127,300㎡
◆ 複合棟B-地上18階、地下1階、延床面積約30,300㎡
◆ 事務所棟-地上38階、地下5階、延床面積約213,000㎡
◆ 野球場/球場併設ホテル棟・文化交流施設棟-地上14階、地下1階、延床面積約117,700㎡
◆ ラグビー場棟-地上7階、延床面積約76,700㎡
◆ 絵画館前テニス場棟-地上2階、延床面積約15,300㎡


Tokyojingu210712
整備イメージ
 2015年4月1日の東京都の報道発表時点では、「野球場」を先に整備する予定でしたが、何度か計画が見直されて「ラグビー場」を先に整備する予定に変更になっています。

完成までの作業工程
(1) 「神宮第二球場」を解体
(2) 神宮第二球場の跡地に「ラグビー場棟Ⅰ期」を建設
(3) 「秩父宮ラグビー場」を解体
(4) 秩父宮ラグビー場の跡地に「野球場/球場併設ホテル棟」を建設
(5) 「神宮球場」を解体
(6) 神宮球場の跡地に「ラグビー場棟Ⅱ期」を建設、残りの敷地には「広場」を整備


Tokyojingu210713
「新秩父宮ラグビー場(仮称)」は、「A-7地区」に整備します。「神宮第二球場」のすべての敷地と「神宮球場」の敷地一部を使用します。


Tokyojingu210714
東京都市計画神宮外苑地区地区計画「b区域」の範囲です。


Tokyojingu210715
秩父宮ラグビー場

 「秩父宮ラグビー場」は1947年11月に東京ラグビー場として完成して、1953年から現在の名称になっています。収容人数は24,871人で、大学ラグビーやトップリーグが行われ、東大阪市の「近鉄花園ラグビー場」と共に日本ラグビー界の聖地となっています。


Tokyojingu210716
「秩父宮ラグビー場」を角度を変えて見た様子です。



|

2021年7月19日 (月)

地上48階、高さ約260mの「(仮称)新宿駅西口地区開発事業」 「小田急新宿店本館」は2022年9月末に営業終了、新宿店は「新宿西口ハルク」で営業継続!

Tokyoodakyu200911
-(仮称)新宿駅西口地区開発事業-

 「小田急電鉄」は2015年4月30日に ”「長期ビジョン2020」および「グループ中期経営計画(2015~2017年度)」の策定について” を発表しています。

 「小田急電鉄」は、新宿駅西口周辺の「小田急百貨店・本館(賃貸面積約61,000㎡)、小田急ハルク(賃貸面積約26,000㎡)、新宿ミロード(賃貸面積約約8,600㎡)、新宿スバルビル(賃貸面積約12,000㎡)」などの再開発計画の検討に入りました。

 「小田急電鉄」および「東京地下鉄」が事業主体となる新宿駅西口地区の開発計画について、国家戦略特別区域会議の下に設置された東京都都市再生分科会が開催され、計画が内閣府のHPに公表されたことを踏まえて、計画概要が発表されています。

 引用資料 内閣府(2020/09/04)
 国家戦略特区 第18回 東京都都市再生分科会 配布資料

 小田急電鉄 ニュースリリース(PDF:2020/09/09)
 新宿駅西口地区の開発計画について

● 小田急新宿店本館は2022年9月末に営業終了!
 小田急グループの流通業の中核企業である「小田急百貨店」は、「小田急電鉄」が「東京地下鉄」と共同して推進する、国家戦略特別区域の都市再生プロジェクトである新宿駅西口地区開発計画の進捗に伴い、2022年9 月末(予定)をもって、新宿店本館での営業を終了し、以降、新宿店は「新宿西口ハルク」にて営業を継続します。

 引用資料 小田急電鉄(PDF:2021/07/16)
 小田急百貨店は新宿駅西口再開発工事に伴い2022年9月末(予定)をもって新宿店本館での営業を終了し、以降、新宿店は新宿西口ハルクを改装して営業を継続します。

 2022年10月にも「小田急新宿店本館」の解体工事に着手します。これに伴い「新宿店」は、2022年10月(予定)以降の工事期間中、「新宿西口ハルク」での営業となり、それに向けた改装工事に2022年春頃より着手します。改装後は、「食品、化粧品、インターナショナルブティック」中心の構成となる予定です。

(仮称)新宿駅西口地区開発事業の概要
◆ 所在地-東京都新宿区西新宿一丁目1番の一部
◆ 階数-地上48階、塔屋1階、地下5階
◆ 高さ-最高部約260m
◆ 敷地面積-約15,720㎡
◆ 延床面積-約281,700㎡
◆ 容積対象面積-約251,500㎡(容積率1,600%)
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造(管理人の推測)
◆ 基礎工法-直接基礎と杭基礎を併用
◆ 用途-商業施設、オフィス、駅施設 等
◆ 建築主-小田急電鉄、東京地下鉄(東京メトロ)
◆ 閉館-2022年09月末予定
◆ 解体工事-2022年10月予定
◆ 着工-2022年10月以降予定
◆ 竣工-2029年度予定
◆ 供用開始-2029年度予定


Tokyoodakyu200912
「駅前広場北西から計画地を望む」です(引用:内閣府)。


Tokyoodakyu200914
「西武新宿駅側より計画地を望む」です(引用:内閣府)。


Tokyoodakyu200915
「ダイナミックなスケールのスカイコリドー」です(引用:内閣府)。


Tokyoodakyu200916
「西側(西口駅前広場側)から東側を望む」です(引用:内閣府)。


Tokyoodakyu200812
断面図(南北断面)
 最高部の高さは、「G.L.(平均地盤)」+約260mとなっています。建設予定地の、「G.L.(平均地盤)」は、「T.P.(東京湾平均海面:Tokyo Peil)+40mです(引用:東京都環境局)

● 高さ約260mは航空法の高さ制限ギリギリ!
 「小田急百貨店・本館」の航空法での高さ制限を「羽田空港高さ制限回答システム」で調べると、制限表面の種類が外側水平表面、制限高(標高)が約301mとなっています。建設予定地の平均地盤面は、T.P.+40mなので、301-40=261mで、高さ約261mのビルまで建設可能です。


Tokyoodakyu200917
「配置図」です。南北に細長い敷地で、「小田急百貨店・本館、モザイク通り、新宿ミロード」が再開発の対象になります(引用:内閣府)。


Tokyoodakyu200713
小田急百貨店・本館

 小田急百貨店の本丸である「小田急百貨店・本館」です。地上14階、地下2階、高さ約60mです。1966年9月に「新館」として一部開店し、1967年11月に「本館」として全面開業しました。

● 1期工事と2期工事に分けずに建て替え!
 大阪の「阪急うめだ本店」や「阪神梅田本店」は、1期工事と2期工事に分けて全面的な建て替えを行いました。一気に建て替えると店舗での売上げが無くなってしまうためです。

 そのため、私は「小田急百貨店・本館」の建て替えも1期工事と2期工事に分けて行う事を予想していましたが、工事期間中は「新宿西口ハルク」での営業となりました。

 この方法だと工事期間中は、売場面積が激減するので、売上高も激減します。親会社の「小田急電鉄」の全面支援が欠かせません。ただし、工期が大幅に短縮されるという大きなメリットもあります。


Tokyoodakyu200714
「京王百貨店新宿店」の奥にある「モザイク通り」や「新宿ミロード」も再開発の対象です。


Tokyoodakyu210711
工事期間中は新宿西口ハルクでの営業
 工事期間中は「新宿西口ハルク」での営業とります。それに向けた改装工事に2022年春頃より着手します。改装後は、「食品、化粧品、インターナショナルブティック」中心の構成となる予定です。

● 小田急西口ハルク
 
 「小田急西口ハルク」は、地上8階、地下3階、延床面積44,078.3㎡(賃貸面積約26,000㎡)、です。1962年11月の開業時にはこの建物が「小田急百貨店」の本館でした。当初「東京建物」が所有していましたが、2000年に「小田急電鉄」が買収しています。

 2002年に大規模な改修工事「小田急ハルク・リニューアル計画」が行われ、テナントとして「ビックカメラ」を導入し、百貨店の売場は縮小しています。



|

2021年6月18日 (金)

新宿副都心 地上40階の超高層タワーマンション「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」 東京都が権利変換計画を認可 !

Tokyoshinjuku210651
-西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業

 西新宿五丁目では、北側から「西新宿五丁目北地区」、「西新宿五丁目中央北地区」、「西新宿五丁目中央南地区」の再開発計画があります。第一弾の「西新宿五丁目中央北地区第一種市街地再開発事業」は、地上60階、地下2階、高さ208.97mの超高層タワーマンション「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」として、2017年10月31日に竣工しました。現在は、第二弾の「西新宿五丁目北地区」が建設中です。

 東京都は、都市再開発法第11条第1項の規定に基づき、2019年7月4日に「西新宿五丁目中央南地区市街地再開発組合」の設立を認可しました。不燃化推進特定整備地区である「西新宿五丁目地区」のコア事業として、建物の不燃化や地区施設の整備により地域の防災性・安全性を向上させるとともに、複合市街地を形成し、土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を図ります。

● 東京都が権利変換計画を認可 !
 「三井不動産レジデンシャル」は、東京都新宿区にて推進している「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」が、2021年6月16日に権利変換計画について東京都の認可を受けました。

 引用資料 三井不動産レジデンシャル(PDF:2021/06/17)
 「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」権利変換計画認可のお知らせ ~約0.8ha、住宅・商業・業務・子育て支援施設のミクストユースプロジェクト~ 

 2019年7月4日に市街地再開発組合の設立が認可された時点での概要は、地上43階、地下1階、高さ約160m、総戸数471戸の「住宅棟」と、地上3階の「施設棟」の一体型を想定していました。

 今回の資料では、地上40階、地下1階、高さ(未発表)、総戸数470戸の「住宅棟」と、地上4階の「施設棟」に変更されています。高さは未発表ですが、150mを少し切るくらいに変更になっていると思われます。

西新宿五丁目中央南地区の概要
◆ 計画名-西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業
◆ 所在地-東京都新宿区西新宿五丁目5、13他
◆ 階数-地上40階、地下1階(地上43階、地下1階から変更)
◆ 高さ-未発表(組合設立認可時は約160m)
◆ 施行区域面積-約8,000㎡
◆ 敷地面積-約5,922㎡
◆ 延床面積-約53,742㎡(約58,140㎡から変更)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 地震対策-中間免震構造
◆ 用途-共同住宅、商業・業務、駐車場、保育所
◆ 総戸数-470戸予定(471戸予定から変更)
◆ 建築主-西新宿五丁目中央南地区市街地再開発組合(参加組合員 三井不動産レジデンシャル)
◆ 事業推進コンサルタント-INA新建築研究所
◆ 設計者-(基本設計)INA新建築研究所、(実施設計)熊谷組
◆ 施工者-熊谷組
◆ 着工-2021年度予定(2020年度予定から変更)
◆ 竣工-2024年度予定(2023年度予定から変更) 


Tokyoshinjuku210652
「完成予想 CG」です。


Tokyoshinjuku210653
「断面イメージ図」です。地震対策として、「免震構造(中間免震)」を採用する予定ですが、、断面イメージ図を見てもどこが「免震層」なのかイマイチ分かりません。


Tokyoshinjuku210654
「配置図」です。


Tokyoshinjuku210655
「位置図」です。


Tokyoshinjuku210656 
「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」の予定地です。



|

2021年6月 5日 (土)

「新宿御苑」の北東側 地上35階、高さ約132mの超高層タワーマンション「(仮称)新宿区四谷四丁目計画」 2021年5月の状況

Tokyoyotsuya210411
-(仮称)新宿区四谷四丁目計画-
 「新宿御苑」の北東側にソフトバンクグループ子会社のIDCフロンティアの「IDCフロンティア新宿ソリューションセンター」がありましたが、既存建物の解体工事が終わっています。

 跡地には、「住友商事、三菱地所レジデンス」が、地上35階、地下1階、高さ132.35mの超高層タワーマンション「(仮称)新宿区四谷四丁目計画」を建設します。2021年12月上旬の着工、2025年2月下旬の竣工予定です。

 引用資料 第69回新宿区景観まちづくり審議会(PDF:2020/07/17)
 (仮称)新宿区四谷4丁目計画

(仮称)新宿区四谷四丁目計画の概要

◆ 所在地-東京都新宿区四谷四丁目29-3
◆ 交通-東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」駅、東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅
◆ 階数-地上35階、地下1階
◆ 高さ-最高部132.35m
◆ 敷地面積-2,249.70㎡
◆ 建築面積-1,350.00㎡
◆ 延床面積-32,400.00㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-直接基礎(管理人の推測)
◆ 用途-共同住宅、保育所、駐車場
◆ 総戸数-286戸
◆ 建築主-住友商事、三菱地所レジデンス
◆ 設計者-鹿島建設
◆ 施工者-(未定)
◆ 着工-2021年12月上旬予定
◆ 竣工-2025年02月下旬予定


Tokyoyotsuya200712
「西側立面図」と「南側立面図」です(引用:第69回新宿区景観まちづくり審議会) 。


Tokyoyotsuya200713
「断面図」です。地上36階、地下1階、高さ135.120mとなっていますが、地上35階、地下1階、高さ132.35mに変更になったようです(引用:第69回新宿区景観まちづくり審議会)。


Tokyoyotsuya200714
「配置図」です(引用:第69回新宿区景観まちづくり審議会)。


Tokyoyotsuya200715
「位置図」です。「新宿御苑」の北東側です(引用:第69回新宿区景観まちづくり審議会)。


Tokyoyotsuya210611
「(仮称)新宿区四谷四丁目計画」の2021年5月上旬の状況です(写真提供読者さん)。


Tokyoyotsuya210612
内部の様子です。既存建物の解体工事が終わっています(写真提供読者さん)。


Tokyoyotsuya210613
「(仮称)新宿区四谷四丁目計画」の建築計画のお知らせです(写真提供読者さん)。



|

2021年6月 4日 (金)

「明治安田生命新宿ビル」他の跡地 地上23階、高さ約129mの「(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクト」 2021年5月の状況

Tokyomeijiyasuda200721
-(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクト-
 「明治安田生命」は、新宿駅西口に近接する「明治安田生命新宿ビル」などの解体工事に2020年4月1日に着手しました。「明治安田生命新宿ビル」と隣接する6棟を一体的に解体します。

 解体区域の敷地面積は約6,300㎡とかなり広いです。解体工事の施工は「大成建設」が担当します。解体工事の工期は2022年8月31日までを予定しています。

 解体されるビルは、「(1)明治安田生命新宿ビル、(2)明治安田生命新宿ビル別館、(3)第一スカイビル、(4)高倉第二ビル、(5)明治安田生命新宿第三ビル跡地、(6)永和ビル跡地」の合計6棟です。「(7)KSビル跡地」の解体工事は、鉄道弘済会が発注しました。

 「明治安田生命保険」は、「明治安田生命新宿ビル」や周辺のビルを一体的に建て替えます。計画称は「(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクト」で、概要は、地上23階、地下4階、高さ(最高部128.71m(設備突出部)、建築部125.71m)、延床面積96,901.94㎡です。オフィス、商業、ホール、駐車場などで構成する予定です。

 引用資料 新宿区景観まちづくり審議会(2020/07/17)
 第69回新宿区景観まちづくり審議会

(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクト
◆ 所在地-東京都新宿区西新宿一丁目9番1~12
◆ 交通-JR「新宿」駅徒歩2分、東京メトロ丸の内線「新宿」駅徒歩4分、小田急線「新宿」駅徒歩4分、京王線「新宿」駅徒歩4分、京王新線(都営新宿線)「新宿」駅徒歩5分、都営大江戸線「新宿」駅徒歩5分
◆ 階数-地上23階、地下4階
◆ 高さ-最高部128.71m(設備突出部)、建築部125.71m
◆ 敷地面積-6,294.72㎡
◆ 建築面積-3,819.26㎡
◆ 延床面積-96,901.94㎡
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 用途-オフィス、店舗、ホール、子育て支援施設、駐車場
◆ 建築主-明治安田生命保険
◆ 設計者-日建設計
◆ 施工者-(未定)
◆ 解体工事-2020年04月01日~2022年08月31日予定
◆ 着工-2021年08月01日予定(2021年04月01日から変更)
◆ 竣工-2025年11月30日予定(2025年07月31日から変更)


Tokyomeijiyasuda200722
「駅前広場を取り囲む光の演出」です。低層部の柱や壁面をライトアップして、駅前広場を取り囲むような夜間景観を演出する計画です。


Tokyomeijiyasuda200723
「(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクト」のイメージパースです。建物は暖色系の「PCカーテンウォール」を外装に使い、駅前のランドマークを形成する外観を目指します。

Tokyomeijiyasuda200724
「断面図」です。


Tokyomeijiyasuda200725
「配置図」です。


Tokyomeijiyasuda200726
「位置図」です。


Tokyomeijiyasuda210611
「(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクト」の2021年5月上旬の状況です。「明治安田生命新宿ビル」の解体工事が行われています(写真提供読者さん)。


Tokyomeijiyasuda210612
敷地西側です(写真提供読者さん)。


Tokyomeijiyasuda210613
「三点式パイルドライバ」です。「地中障害物」の撤去が行われています(写真提供読者さん)。


Tokyomeijiyasuda210614 
角度を変えて見た様子です(写真提供読者さん)。


Tokyomeijiyasuda210115
「解体工事のお知らせ」です(写真提供読者さん)。


Tokyomeijiyasuda210615 
「(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクト」の建築計画のお知らせです。「高さ、建築面積、延床面積」が正確な数値に変更されています。着工が、2021年4月1日から2021年8月1日(予定)に変更、竣工が、2025年7月31日から2025年11月30日(予定)に変更されています(写真提供読者さん)。



|

2021年5月19日 (水)

新宿TOKYU MILANO再開発計画 地上48階、高さ約225mの「(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 新築工事」 2021年5月上旬の建設状況

Tokyokabukicho210111
-新宿TOKYU MILANO再開発計画-
 浜松町の「世界貿易センタービル」の建て替え計画の「A-1棟」が、高さ約200mから約235mに変更されるようです。近隣住民向けに説明会があったようで、これはビッグサプライズですね! 外観デザインも大幅に変更されています。

 イメージパース等の詳細
 浜松町二丁目4地区 計画変更説明会

 本題に戻って、2014年12月31日に閉館した新宿・歌舞伎町の映画館「新宿TOKYU MILANO(新宿ミラノ座)」の跡地活用に向けた再開発事業が動き出しています。「東急建設」の施工で既存施設の解体工事「新宿TOKYU MILANO(本館・新館)解体工事」が行われました。

 当初は同じ街区の北西側に立地する「グリーンプラザ新宿」は再開発に参加しない見通しと伝えられていましたが、再開発に加わる事になり、街区の一体的な再開発が可能になりました。

 地上48階、塔屋1階、地下5階 、高さ約225m、延床面積87,871.50㎡の超高層複合ビルが建設されます。敷地面積4,603.74㎡で、高さ200m超は日本では最小敷地面積です。

 「東京急行電鉄」と「東急レクリエーション」は2019年8月5日に、「歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)」の建設工事に着手しました。2022年8月31日の完成を予定しています。

 引用資料 東急レクリエーション(PDF:2019/08/05)
 歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)」本格着工について

 引用資料 第64回新宿区景観まちづくり審議会(2018/04/13)
 (PDF)新宿TOKYU MILANO再開発計画

新宿TOKYU MILANO再開発計画の概要
◆ 計画名-(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 新築工事
◆ 所在地-東京都新宿区歌舞伎町一丁目29番1、同番番3
◆ 交通- 西武「西武新宿」駅徒歩2分、JR「新宿」駅東口徒歩7分
◆ 階数-地上48階、塔屋1階、地下5階  
◆ 高さ-最高部225.00m
◆ 敷地面積-4,603.74㎡
◆ 建築面積-3,171.05㎡  
◆ 延床面積-87,949.98㎡
◆ 構造-鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 地震対策-制震構造
◆ 用途-ホテル、劇場、映画館、店舗、駐車場等
◆ 客室数-未定(運営:東急ホテルズ)
◆ 建築主-東急レクリエーション、東京急行電鉄
◆ 設計者・監理者-久米設計・東急設計コンサルタント設計共同企業体
◆ 外装デザイン-永山祐子建築設計
◆ 企画・プロデュース-POD
◆ 施工者-清水・東急建設共同企業体(清水建設、東急建設JV)
◆ 着工-2019年08月05日 
◆ 竣工-2022年08月31日予定


Tokyokabukicho180411
「立面図(東側・北側・西側・南側)」です。


Tokyokabukicho190811
「建築計画概要」です。約1,500人を収容する「ライブホール」、約850席の劇場、約8スクリーンの「映画館」、宿泊施設(運営:東急ホテルズ)を立体的に配置します。


Tokyokabukicho180414
「配置図」です。

 
Tokyokabukicho210511
「(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 新築工事」の2021年5月上旬の建設状況です(写真提供読者さん)。


Tokyokabukicho210512
「基壇部」の鉄骨建方が終わって、「高層部」の鉄骨建方が急ピッチで行われています(写真提供読者さん)。


Tokyokabukicho210513
「基壇部」と「高層部」の階高が全く違う事が分かります(写真提供読者さん)。


Tokyokabukicho210514
タワークレーン2基で、鉄骨建方が行われています(写真提供読者さん)。


Tokyokabukicho210515
南西側から見上げた様子です(写真提供読者さん)。


Tokyokabukicho210516
北東側から見上げた様子です(写真提供読者さん)。


Tokyokabukicho210116
「(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 新築工事」の建築計画のお知らせです(写真提供読者さん)。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

101 テレビドラマ・映画ロケ地めぐり 102 経済ニュース 103 いろいろなランキング 104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他) 105 大学キャンパスめぐり 106 巨大工場めぐり 107 巨大スタジアム・ホール・展示場めぐり 108 大規模商業施設めぐり 121 東京都・千代田区① 121 東京都・千代田区② 122 東京都・港区① 122 東京都・港区② 123 東京都・中央区 124 東京都・新宿区 125 東京都・渋谷区 126 東京都・豊島区 127 東京都・江東区 128 東京都・品川区 129 東京都・目黒区 130 東京都・文京区 131 東京都・台東区 132 東京都・荒川区 133 東京都・墨田区(東京スカイツリー) 134 東京都・中野区 135 東京都・世田谷区 136 東京都・大田区 137 東京都・練馬区 143 東京都・23区内その他 151 東京都・ 23区以外 201 神奈川県・横浜市 202 神奈川県・川崎市 203 神奈川県・その他 231 千葉県・千葉市 232 千葉県・浦安市 233 千葉県・成田市(成田空港) 234 千葉県・湾岸部 235 千葉県・内陸部 251 埼玉県・さいたま市 252 埼玉県・川口市 253 埼玉県・所沢市 254 埼玉県・その他 271 茨城県 281 栃木県 282 群馬県 311 大阪市・北部 312 大阪市・中部 313 大阪市・南部 314 大阪市・湾岸部 321 大阪府・堺市 325 大阪府・その他 351 兵庫県・神戸市 355 兵庫県・尼崎市 356 兵庫県・西宮市 357 兵庫県・芦屋市 359 兵庫県・その他 401 北海道 411 宮城県 412 福島県 415 青森県 501 香港(ホンコン) 511 海外 601 ちょっとひと休み