136 東京都・大田区

2020年4月24日 (金)

大田区 「羽田空港跡地第1ゾーン都市計画公園予定地等整備・運営事業の基本計画策定等に係る業務委託」の公募型プロポーザル!

Tokyohaneda200411
-羽田空港跡地第1ゾーン都市計画公園-

 東京都大田区は、「羽田空港跡地第1ゾーン都市計画公園予定地等整備・運営事業の基本計画策定等に係る業務委託」の公募型プロポーザルを公告しました。

 建設通信新聞(2020/04/23)
 参加申込4月28日まで/大田区の羽田空港跡地公園基本計画

 大田区 公式HP(2020/04/17)
 羽田空港跡地第1ゾーン都市計画公園予定地等整備・運営事業の基本計画策定事業

 引用資料 国土交通省(PDF)
 官民連携による羽田空港跡地拠点形成に向けた基本計画等検討業務

 2020年度内のまちびらきを目指す「HANEDA INNOVATION CITY」「ソラムナード羽田緑地」に近接する都市計画公園予定地が業務の対象となります。大田区は公園の整備、運営事業者を2021年度にも公募、選定し、契約を取り交わす計画です。


Tokyohaneda200412
「多目的広場の機能検討図」です。


Tokyohaneda200413
「計画概要図」です。


Tokyohaneda200414
「交通広場計画平面図」です。


Tokyohaneda200415
「調査対象地」です。



|

2020年2月 7日 (金)

羽田空港跡地第1ゾーン整備事業(第一期事業) HANEDA INNOVATION CITY(羽田イノベーションシティ) 2020年7月初旬まち開き!

Tokyohaneda200211
-「HANEDA INNOVATION CITY-
 「羽田みらい開発(出資企業9社)」は、羽田空港跡地第1ゾーン整備事業(第一期事業)において開発を進めている「HANEDA INNOVATION CITY(略称:HICity(エイチ・アイ・シティ)」のまちの概要と、2020年7月初旬にまち開き(先行開業)することを決定しました。

 引用資料 鹿島建設(2020/02/06)
 「HANEDA INNOVATION CITY(羽田イノベーションシティ) 」 2020年7月初旬 まち開き(先行開業)

 引用資料 公式ホームページ
 HANEDA INNOVATION CITY(羽田イノベーションシティ)

 「HANEDA INNOVATION CITY(羽田イノベーションシティ)」は、羽田空港の第3ターミナル(現:国際線ターミナル)から1駅の「天空橋駅」に直結する延床面積約131,000㎡の大規模複合施設です。

HANEDA INNOVATION CITYの概要
◆ 計画名-羽田空港跡地第1ゾーン整備事業(第一期事業) 
◆ 所在地-東京都大田区羽田空港一丁目1番4号
◆ 交通-京浜急行電鉄空港線・東京モノレール「天空橋駅」 直結
◆ 階数-地上11階、地下1階
◆ 敷地面積-約59,000㎡(羽田空港跡地第1ゾーン全体では約165,000㎡)
◆ 延床面積-約131,000㎡
◆ 構造-鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、一部鉄筋コンクリート造
◆ 用途-研究開発施設(ラボ・大規模オフィス)、先端医療研究センター、会議場、イベントホール、日本文化体験施設、飲食施設、研究・研修滞在施設、水素ステーション等
◆ 事業主体-羽田みらい開発株式会社 (出資企業9社 鹿島建設、大和ハウス工業、京浜急行電鉄、日本空港ビルデング、空港施設、東日本旅客鉄道、東京モノレール、野村不動産パートナーズ、富士フイルム)
◆ 設計者-鹿島建設、大和ハウス工業
◆ 施工者-鹿島建設、大和ハウス工業
◆ 着工-2018年12月01日
◆ 先行施設開業-2020年07月初旬予定
◆ グランドオープン-2022年予定


Tokyohaneda200212
「施設概要」です。


Tokyohaneda200213
「周辺エリアマップ」です。


Tokyohaneda200214
「イメージ」です。


Tokyohaneda200215
Zepp Haneda(TOKYO)

 「HANEDA INNOVATION CITY」内に、国内最大級の約3,000人(スタンディング時)収容可能なライブホール「Zepp Haned(TOKYO)を開設します。東京では3館目の開業となります。



|

2020年1月20日 (月)

2020年3月29日からの「東京国際空港(羽田空港)」の新飛行経路 2020年1月30日~3月11日の期間内に実機飛行による確認を実施!

Tokyohaneda191011
-東京国際空港(羽田空港)-
 
アメリカ軍横田基地が管制権を持つ「横田空域」について、日本政府とアメリカ軍が、空域を通る一部旅客機の管制を日本側が行うことで合意しました。これにより、「羽田空港」に着陸する新ルート運用の目途が立ちました。

 「横田空域」は、アメリカ軍が管制権を掌握しており、旅客機を自由に飛ばせません。日本側にとっては、東京オリンピックに向けて羽田空港の国際線発着枠を広げるうえで、「横田空域」が障害となっていました。

 新たな飛行ルートは東京都心の上空を通過します。すべて東京都心の上空を通過する新ルートに変更されるようなイメージがありますが、都心上空を飛行するのは、「南風好天時」の国際線の発着が集中する夕方の約4時間(15時~19時)のみです。

● 2020年3月29日からの羽田空港の新飛行経路
 2020年3月29日からの羽田空港の新飛行経路の運用開始・国際線の増便に向け、1月30日~3月11日の期間内に、北風・南風それぞれ7日間程度において、管制官が新飛行経路の運用の手順等を確認するほか、新たに設置した航空機騒音測定局の調整を行うための実機飛行による確認(実際の航空機による新飛行経路についての確認)を行うこととしています。

 引用資料 国土交通省(2020/01/17)
 羽田空港の新飛行経路の実機飛行による確認を行います


Tokyohaneda200131
「実機飛行確認」の飛行コースです。


Tokyohaneda200132
「実機飛行確認の実施期間」です。2020年1月30日~3月11日の期間内に、北風・南風それぞれ7日間程度、実際の航空機による新飛行経路についての確認を行います。期間中、南風悪天時の新飛行経路(ILS)の実機飛行確認も行うこととしており、実施状況により好天時でも行う場合があります。


Tokyohaneda200135
ILS(Instrument Landing System)

 「ILS」とは「計器着陸装置(Instrument Landing System)」の事で、着陸進入する航空機に対して、空港・飛行場付近の地上施設から指向性誘導電波を発射し、視界不良時にも安全に滑走路上まで誘導する計器進入システムです。

 引用資料 国土交通省 → ILSの概要

 「ローカライザー(進入方向)×「グライドスロープ(縦位置あるいは高さ)」×「マーカービーコン(距離)」及び「T-DME(距離)」で、視界不良時にも安全に滑走路上まで誘導する事が出来ます。


Tokyohaneda200133
ローカライザー(飛行場側のILS施設)

 写真は「関西国際空港」の「ローカライザー」です。進入方向(横位置)を示します。 


Tokyohaneda200134
グライドスロープ・T-DME(飛行場側のILS施設)

 「関西国際空港」の「グライドスロープ(グライドパス)」と「T-DME」です。写真右側の高い塔の装置が「グライドスロープ」で、写真左側の1本の棒状の装置が「T-DME」です。「グライドスロープ」は降下経路(縦位置あるいは高さ)を示し、「T-DME」は滑走路までの距離を示します。



|

2019年12月18日 (水)

世界第5位の年間旅客数を誇る「東京国際空港(羽田空港)」 国際線の増便に伴い2020年3月14日から国際線ターミナルや駅などの名称を変更!

Tokyohaneda191211_20191218094101
-東京国際空港(羽田空港)-

 2020年3月14日から、東京国際空港(羽田空港)の「国際線ターミナル」の名称が、「第3ターミナル」に変更されます。国際線の増便に伴い、「第2ターミナル」でも国際線対応が始まるための名称変更です。

 羽田空港では、2020年3月29日から、国際線が1日当たり50便増便されます。そのため国際線の一部を「第2ターミナル」でも受け入れます。これにあわせて、3月14日から、現行の国際線駐車場は「第5駐車場」に変わるほか、京浜急行電鉄と東京モノレールも駅名を変更します。

 京浜急行の「羽田空港国内線ターミナル駅」は、「羽田空港第1・第2ターミナル駅」に、「羽田空港国際線ターミナル駅」は、「羽田空港第3ターミナル駅」に変わります。

 東京モノレールの「羽田空港第2ビル駅」は、「羽田空港第2ターミナル駅」に、「羽田空港第1ビル駅」は、「羽田空港第1ターミナル駅」に、「羽田空港国際線ビル駅」は、「羽田空港第3ターミナル駅」に、それぞれ変わります。


Tokyohaneda191212_20191218094101
「羽田空港国際線ターミナル等の名称変更(2020年3月14日)」です。

 引用資料 国土交通省(2019/12/16)
 2020年3月14日から、羽田空港の国際線ターミナルは、「第3ターミナル」に名称が変わります~駅名も変わります~


Tokyohaneda191213_20191218094101
「発着枠の国別配分数」です。

● 国際線が1日当たり50便増便!
 2020年夏期ダイヤ(2020年3月29日~)から拡大される羽田空港の昼間時間帯の国際線発着枠(年間約3.9万回)について、1日50便分の国別配分数が決定しています。

 引用資料 国土交通省(2019/09/02)
 羽田空港国際線発着枠の配分について


Tokyohaneda191214_20191218094201
「本邦航空会社への配分の企業別配分数」です。


Tokyohaneda191215_20191218094201
世界の空港旅客数ランキング(2018 年)

 「羽田空港」は、東京と日本各地を繋ぐ年間旅客数が約8,569万人と国内で最も多い空港であり、世界でもアトランタ、北京、ドバイ、ロサンゼルスに次ぎ、第5位の旅客数を誇ります。

 引用資料 住友不動産(PDF:2019/12/10)
 2020年春開業 国家戦略特区 羽田空港直結“オールインワン・ホテル”「羽田エアポートガーデン」プロジェクト発表


Tokyohaneda191216
羽田空港国際線旅客数の推移

 「羽田空港」の国際線旅客数は急激に伸びています。2009年は約276万人だったのが、2020年には2,200万人に達する見込みです。



|

2019年12月15日 (日)

国家戦略特区 羽田空港直結の「羽田エアポートガーデン(日本最大1,717室のエアポートホテル)」 2020年春開業!

Tokyohaneda191211
羽田空港跡地第2ゾーン計画
 「羽田エアポート都市開発」の実施する国家戦略民間都市再生事業(羽田空港跡地第2ゾーン計画)に係る計画は、都市再生特別措置法に基づく認定を受けています。

 羽田空港の隣接地において、羽田空港の有するポテンシャルを最大限活用しつつ、24時間国際拠点空港化に伴って求められる多様な宿泊機能、国際交流機能や都市観光に資する機能を整備します。あわせて、国際線ターミナルに接続するプロムナード、バスターミナル等を整備することで、交通結節機能の強化を図ります。

● 羽田エアポートガーデン
 「住友不動産」及び「羽田エアポート都市開発」は、羽田空港第2ゾーン地区約4.3haで開発を進めている羽田空港直結複合開発プロジェクトの街区名称を「羽田エアポートガーデン」とし、その計画概要を決定しました。

 引用資料 住友不動産(PDF:2019/12/10)
 2020年春開業 国家戦略特区 羽田空港直結“オールインワン・ホテル”「羽田エアポートガーデン」プロジェクト発表

 概要は、日本最大1,717室(ラグジュアリー160室、ハイグレード1,557室)のエアポートホテルを核とし、国際交流機能強化のための羽田空港最大MICE対応の約2,400㎡イベントホール・会議室、都市観光に資する富士山・飛行機を望む約2,000㎡の展望天然温泉、これまでになかった地方都市・観光地へのルートも確保した15停留所のバスターミナル、空港利用者の利便性を提供する約90店舗の商業施設を備えた複合開発となります。

羽田エアポートガーデンの概要
◆ 計画名-羽田空港直結複合開発プロジェクト
◆ 所在地-東京都大田区羽田空港二丁目2番他
◆ 交通-京急線「羽田空港国際線ターミナル」駅直結徒歩1分、東京モノレール「羽田空港国際線ビル」駅直結徒歩1分
◆ 階数-地上12階、塔屋1階
◆ 高さ-49.00m
◆ 事業区域-43,764.06㎡(施設全体)
◆ 建築面積-17,518.70㎡(施設全体)
◆ 延床面積-91,685.60㎡(施設全体)
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-ホテル、温泉、商業施設、イベントホール、会議室・バンケット、バスターミナル
◆ 客室数-1,717室(ラグジュアリーホテル160室、ハイグレードホテル1,557室)
◆ 建築主-羽田エアポート都市開発(住友不動産100%子会社)
◆ 設計者-日建設計
◆ 施工者-西松建設、前田建設工業
◆ 着工-2018年04月01日
◆ 竣工-2020年04月30日予定
◆ 開業-2020年春予定


Tokyohaneda191212
羽田空港複合開発プロジェクト「羽田エアポートガーデン」の詳細です。


Tokyohaneda191213
「羽田エアポートガーデン」構成施設概要です。


Tokyohaneda191214
「配置図」です。


Tokyohaneda191215
「計画地周辺立地概念図」です。



|

2019年10月13日 (日)

羽田空港 2020年3月29日から新飛行経路の運用開始 羽田空港の制限表面が変更 「新宿区」や「中野区」などで高さを規制が強化

Tokyohaneda191011
-羽田空港の制限表面の変更-

 「国土交通省」は、東京都心上空を通過して羽田空港に着陸する新飛行ルートの運用が2020年3月29日から始まるのを前に、東京都内の計15区市で航空法に基づく建物の高さを制限する区域を新たに設けると発表しました。2019年10月末に住民らから意見を聞く公聴会を開催します。

 引用資料 国土交通省(2019/09/30)
 羽田空港の制限表面の変更に関する公聴会を開催します

 この新飛行経路は、「南風好天時」の15時~19時までの4時間の東京都心上空が飛行経路になります。そのため、「国土交通省」は、新宿区や中野区など都内15区市について、海面からの高さが約200m~310m以上の建築物の建設を禁じる区域を新たに設定します。


Tokyohaneda191012
「航空法に基づく東京国際空港の円錐表面及び外側水平表面の変更に関する告示」です。


Tokyohaneda191013
「新しく設定を予定している制限表面拡大図」です。現在の「制限表面(円錐表面)」の外側に、新たに「制限表面(円錐表面)」と「制限表面(外側水平表面)」が設定されます。


Tokyohaneda191014
新宿副都心は制限表面(外側水平表面)

 今まで航空法での高さ制限の無かった渋谷駅の北側から「制限表面(円錐表面)」が設定されます。今まで航空法での高さ制限の無かった新宿副都心は「制限表面(外側水平表面)」が設定されます。


Tokyohaneda191015
NTTドコモ代々木ビル

 新区域内では、海面からの高さが約310mの「NTTドコモ代々木ビル(ビルの高さはクレーン込み約272m)」だけが高さ制限を超過しているとみられていますが、飛行への影響はないそうです。

 「国家戦略特区」の特例で、「虎ノ門・麻布台プロジェクト」は「東京タワー」とほぼ同じ高さが認められています。新宿副都心でも「NTTドコモ代々木ビル」と同じ高さ(海抜)までは特例が認められる可能性があります。

● 新宿副都心の海抜
 「新宿副都心」の海抜はかなり高いです。低い部分の神田川沿いが約25m、高い部分は40mを超えています。多くの部分が35m以上40m未満の範囲に入っています。



|

2019年8月17日 (土)

JR東日本 羽田空港アクセス線(仮称)整備事業 終点の「羽田空港新駅(仮称)」は島式1面2線の地下駅

Tokyojr71
-羽田空港アクセス線(仮称)整備事業-

 JR東日本は、羽田空港と東京駅、新宿駅、新木場駅の3つの駅を結ぶ「羽田空港アクセス線構想」を発表しています。実現すれば、東京駅まで最短18分(現在は最短28分)、新宿駅まで最短23分(現在は最短41分)、臨海部の新木場駅まで最短20分(現在は最短41分)でいずれも乗り換えなしで結ばれ、空港へのアクセス時間が大幅に短縮されます。

(1) 東山手ルート(東京駅ルート)
 
最短18分(現在は最短28分):羽田空港(新設)→羽田空港新線(新設)→東京貨物ターミナル→大汐線(改修)→大汐短絡線(新設)→田町駅付近で東海道本線に合流→東海道本線→東京駅

(2) 西山手ルート(新宿駅ルート)
 
最短23分(現在は最短41分):羽田空港(新設)→羽田空港新線(新設)→東京貨物ターミナル→東品川短絡線(新設)→大井町駅~品川シーサイド駅間でりんかい線に合流→りんかい線→埼京線→新宿駅

(3) 臨海部ルート(新木場駅ルート)
 
最短20分(現在は最短41分):羽田空港(新設)→羽田空港新線(新設)→東京貨物ターミナル→りんかい線の引込線(複線化)→品川埠頭分岐部信号場→りんかい線→新木場駅

● 羽田空港新駅は島式1面2線 
 「JR東日本」は、東京都心部と羽田空港を結ぶ鉄道新線「羽田空港アクセス線(仮称)整備事業」に係る環境影響評価調査計画書を公開しています。計画ルートのうち「東山手ルート」と「アクセス新線」を対象とした環境アセスメント手続きで、全区間12.4km大きく4区間に分けて整備する計画を示しています。

 引用資料 東京都環境局(2019/05/30)
 「羽田空港アクセス線(仮称)整備事業」環境影響評価調査計画書

 終点の「羽田空港新駅(仮称)」は、「第1ターミナル」と「第2ターミナル」の間に設けられ、島式1面2線の地下駅となります。ホーム長311m×ホーム幅8~12mで、15両編成(1両の長さ約20m)に対応します。2層構造になっており、ホームは上層階で、下層階はコンコースとなっています。

 「羽田空港アクセス線」の運転本数は1時間8本(上下線) 、1日144本(上下線)とされています。 15分間隔での運転を想定しているので、島式1面2線でも対応出来ると思います。


Tokyojr190811
「平面図及び断面図」です。


Tokyojr190812
「アクセス新線区間」です。


Tokyojr190813
「羽田空港新駅(仮称)」です。島式1面2線の地下駅となります。



|

2019年4月15日 (月)

羽田空港と川崎市を結ぶ連絡橋 羽田空港跡地地区とキングスカイフロントが直結する「(仮称)羽田連絡道路」 

Kawasakikingskyfront190411
-(仮称)羽田連絡道路-

 国、東京都、大田区、川崎市等で構成する「羽田空港周辺・京浜臨海部連携強化推進委員会」では、我が国の国際競争力の強化に向けて、国家戦略特別区域の目標を達成するプロジェクトの一環として、羽田空港周辺地域及び京浜臨海部の連携を強化し、成長戦略拠点の形成を図るため、必要な都市・交通インフラ整備等に取り組むこととしています。

 「(仮称)羽田連絡道路」は、川崎市川崎区殿町三丁目の殿町地区と大田区羽田空港二丁目の羽田空港跡地地区を結ぶ都市計画道路です。東京都、川崎市及び国土交通省航空局が事業の施行者となり、川崎市が工事施工者として整備を実施します。

 引用資料 川崎市・公式ホームページ
 羽田連絡道路整備事業について

 川崎市と東京都は、2017年9月30日に起工式を開催しました。総事業費は約300億円で、東京オリンピックが開かれる2020年度の完成を目指しています。施工者は、設計・施工一括で受注した「五洋建設・日立造船・不動テトラ・横河ブリッジ・本間組・高田機工JV」となっています。

 「(仮称)羽田連絡道路」は延長871mで、川崎市川崎区の殿町地区の国道409号と東京都大田区の羽田空港跡地地区の環状8号を結びます。多摩川上の橋には幅員7.5mの2車線の車道のほか、その両側に4.9m幅の歩道・自転車道をそれぞれ設けます。

● 羽田空港跡地地区とキングスカイフロントが直結!
 川崎市にとっては、世界的な成長が見込まれるライフサイエンス・環境分野を中心に、世界最高水準の研究開発から新産業を創出するオープンイノベーション拠点「殿町国際戦略拠点 キング スカイフロント」と羽田空港が直結する事になり非常に大きな意味があります。


Kawasakikingskyfront190412
「平面図」です。


Kawasakikingskyfront190413
「横断図」です。


Kawasakikingskyfront190414
川崎市側の「多摩川」の堤防から見た様子です。


Kawasakikingskyfront190415
「(仮称)羽田連絡道路」の建設現場です。


Kawasakikingskyfront190416
川崎市側の「橋脚」の建設現場です。


Kawasakikingskyfront190417
羽田空港側(東京都側)の「橋脚」の建設現場です。


Kawasakikingskyfront190418
少し角度を変えて見た様子です。


Kawasakikingskyfront190419
「殿町国際戦略拠点 キング スカイフロント」の敷地内の「ヨドバシカメラアッセンブリーセンター」の西側でも工事が行われています。


Kawasakikingskyfront190421
「殿町国際戦略拠点 キング スカイフロント」と「羽田空港」が直結します。


Kawasakikingskyfront190420
施工者は「五洋建設・日立造船・不動テトラ・横河ブリッジ・本間組・高田機工JV」となっています。



|

2019年4月14日 (日)

羽田空港 羽田空港跡地第1ゾーン整備事業(第一期事業) 大規模な建設現場を対岸の川崎市側から撮影!

Tokyohaneda181211
-羽田空港跡地第1ゾーン整備事業(第一期事業)-
 「国土交通省」は、都市再生特別措置法の規定に基づき、「羽田みらい特定目的会社」から申請のあった民間都市再生事業計画(羽田空港跡地第1ゾーン整備事業(第一期事業))について認定しています。

 引用資料 国土交通省(PDF:2018/12/25)
 民間都市再生事業計画(羽田空港跡地第1ゾーン整備事業(第一期事業))を認定 ~先端産業拠点・クールジャパン発信拠点を形成~

 本事業では、自動運転技術の開発などに取り組む先端産業拠点の形成に向けた「先端産業事業」、日本の伝統文化や食などの魅力を伝えるクールジャパン発信拠点の形成に向けた「文化産業事業」、カーシェアリングなど様々な移動手段を整備して交通結節機能強化を図る「共通事業」の3事業を展開することで、人・モノ・情報の活発な交流を促進し、世界とつながる魅力的なまちを実現します。また、隣接する公共歩道及び交通広場を補完する歩行空間や広場を整備し、地区の更なる賑わい促進に貢献します。

羽田空港跡地第1 ゾーン整備事業(第一期事業)の概要
◆ 所在地-東京都大田区羽田空港一丁目10-2 他
◆ 交通-京浜急行電鉄空港線・東京モノレール「天空橋駅」 直結
◆ 敷地面積-57,845.72㎡(施設全体)
◆ 建築面積-20,824.51㎡(施設全体)
◆ 延床面積-57,410.29㎡(施設全体)
◆ 構造-鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、一部鉄筋コンクリート造
◆ 用途-オフィス、サービス店舗、飲食店、物品販売業を営む店舗、劇場、集会場、滞在施設、保育所、自動車修理工場、自動車車庫
◆ 事業主体-羽田みらい特定目的会社(出資企業9社 鹿島建設、大和ハウス工業、京浜急行電鉄、日本空港ビルデング、空港施設、東日本旅客鉄道、東京モノレール、野村不動産パートナーズ、富士フイルム)
◆ 設計者-鹿島建設、大和ハウス工業
◆ 施工者-鹿島建設、大和ハウス工業
◆ 着工-2018年12月01日
◆ 竣工-2020年05月31日予定


Tokyohaneda181212
「イメージ」です。


Tokyohaneda181213
「概要図」です。


Tokyohaneda181214
「周辺状況」です。


Tokyohaneda170611
羽田空港跡地第1ゾーン整備事業
 「羽田空港跡地第1ゾーン整備事業」は、グランドオープン(2022年予定)時には、総延床面積約125,400㎡規模になる予定です。

 引用資料 京浜急行電鉄(PDF:2018/05/10)
 「羽田空港跡地第1ゾーン整備事業(第一期事業)」における先端産業拠点・クールジャパン発信拠点の整備・運営事業を推進

羽田空港跡地第1ゾーン整備事業の概要
◆ 所在地-東京都大田区羽田空港一丁目10-2 他
◆ 交通-京浜急行電鉄空港線・東京モノレール「天空橋駅」 直結
◆ 敷地面積-約59,000㎡(施設全体)
◆ 延床面積-約125,400㎡(施設全体)
◆ 構造-鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、一部鉄筋コンクリート造
◆ 用途-研究開発施設(ラボ・大規模オフィス)、先端医療研究センター、会議場、イベントホール、日本文化体験施設、飲食施設、研究・研修滞在施設、水素ステーション等
◆ 事業主体-羽田みらい特定目的会社(出資企業9社 鹿島建設、大和ハウス工業、京浜急行電鉄、日本空港ビルデング、空港施設、東日本旅客鉄道、東京モノレール、野村不動産パートナーズ、富士フイルム)
◆ 設計者-鹿島建設、大和ハウス工業
◆ 施工者-鹿島建設、大和ハウス工業
◆ 着工-2018年12月01日
◆ 先行施設開業-2020年予定
◆ グランドオープン-2022年予定
◆ 総事業費-約540億円


Tokyohaneda190421
対岸の川崎市から見た「羽田空港」です。


Tokyohaneda190422
「羽田空港跡地第2ゾーン計画」の建設現場です。


Tokyohaneda190423
「三点式パイルドライバ」などが稼働しています。



|

2019年4月13日 (土)

羽田空港 総客室数1700室以上の「羽田空港跡地第2ゾーン計画」 大規模な建設現場を対岸の川崎市側から撮影!

Tokyohanedaairport180311
羽田空港跡地第2ゾーン計画
 「羽田エアポート都市開発」の実施する国家戦略民間都市再生事業(羽田空港跡地第2ゾーン計画)に係る計画は、都市再生特別措置法に基づく認定を受けています。

 羽田空港の隣接地において、羽田空港の有するポテンシャルを最大限活用しつつ、24時間国際拠点空港化に伴って求められる多様な宿泊機能、国際交流機能や都市観光に資する機能を整備します。あわせて、国際線ターミナルに接続するプロムナード、バスターミナル等を整備することで、交通結節機能の強化を図ります。

 引用資料 国土交通省(2018/03/15)
 羽田エアポート都市開発株式会社の民間都市再生事業計画(羽田空港跡地第2ゾーン計画)を認定 ~羽田に「日本のおもてなし空間」が誕生します~

 「羽田エアポート都市開発」は、「住友不動産・東京国際空港プロジェクトチーム」が設立した「SPC(特別目的会社)」です。
 代表企業が「住友不動産」で、構成員が「住友不動産ヴィラフォンテーヌ、日建設計、西松建設、前田建設」となっています。

羽田空港跡地第2ゾーン計画の概要
◆ 所在地-東京都大田区羽田空港二丁目2番他
◆ 交通-東京モノレール羽田空港線「羽田空港国際線ビル」駅すぐ、京浜急行電鉄空港線「羽田空港国際線ターミナル」駅すぐ
◆ 階数-地上12階、塔屋1階
◆ 高さ-49.00m
◆ 事業区域-43,764.06㎡(施設全体)
◆ 建築面積-17,518.70㎡(施設全体)
◆ 延床面積-91,685.60㎡(施設全体)
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-ホテル、物販店舗、飲食店舗、集会場、駐車場、駐輪場
◆ 客室数-総客室数1,700室以上
◆ 事業者-羽田エアポート都市開発(代表企業:住友不動産、構成員:住友不動産ヴィラフォンテーヌ、日建設計、西松建設、前田建設工業)
◆ 設計者-日建設計
◆ 施工者-西松建設、前田建設工業
◆ 着工-2018年04月01日
◆ 竣工-2020年04月30日予定


Tokyohanedaairport180312
「配置図」です。


Tokyohanedaairport180313
「概要図」です。


Tokyohanedaairport180314
「周辺状況」です。


Tokyohaneda190411
対岸の川崎市から見た「羽田空港」です。対岸から「羽田空港」を見るのは生まれて初めてでした。川崎市の世界的な成長が見込まれるライフサイエンス・環境分野を中心に、世界最高水準の研究開発から新産業を創出するオープンイノベーション拠点「殿町国際戦略拠点 キング スカイフロント」を取材した時に撮影しました。


Tokyohaneda190412
「羽田空港跡地第2ゾーン計画」の建設現場です。当初は現地にも取材に行く予定だったのですが、時間と気力と体力がありませんでした・・・


Tokyohaneda190413
「クローラークレーン」が林立しています。クレーンも「航空法」の高さ制限の対象になります。「B滑走路」のすぐ近くですが、こんなに高さの高い「ブーム+ジブ」を立てる事が出来るんですね。

● (仮称)羽田連絡道路
 多摩川の河川内で工事が行われていますが、「(仮称)羽田連絡道路」の建設現場です。川崎市川崎区殿町三丁目の殿町地区と大田区羽田空港二丁目の羽田空港跡地地区を結ぶ都市計画道路です。東京都、川崎市及び国土交通省航空局が事業の施行者となり、川崎市が工事施工者として整備をしています。


Tokyohaneda190414
西側部分です。


Tokyohaneda190415
中央部分です。


Tokyohaneda190416
東側部分です。奥の建物は既存の楕円形の立体駐車場です。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

101 テレビドラマ・映画ロケ地めぐり 102 経済ニュース 103 いろいろなランキング 104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他) 105 大学キャンパスめぐり 106 巨大工場めぐり 107 巨大スタジアム・ホール・展示場めぐり 108 大規模商業施設めぐり 121 東京都・千代田区① 121 東京都・千代田区② 122 東京都・港区① 122 東京都・港区② 123 東京都・中央区 124 東京都・新宿区 125 東京都・渋谷区 126 東京都・豊島区 127 東京都・江東区 128 東京都・品川区 129 東京都・目黒区 130 東京都・文京区 131 東京都・台東区 132 東京都・荒川区 133 東京都・墨田区(東京スカイツリー) 134 東京都・中野区 135 東京都・世田谷区 136 東京都・大田区 137 東京都・練馬区 143 東京都・23区内その他 151 東京都・ 23区以外 201 神奈川県・横浜市 202 神奈川県・川崎市 203 神奈川県・その他 231 千葉県・千葉市 232 千葉県・浦安市 233 千葉県・成田市(成田空港) 234 千葉県・湾岸部 235 千葉県・内陸部 251 埼玉県・さいたま市 252 埼玉県・川口市 253 埼玉県・所沢市 254 埼玉県・その他 271 茨城県 281 栃木県 282 群馬県 311 大阪市・北部 312 大阪市・中部 313 大阪市・南部 314 大阪市・湾岸部 321 大阪府・堺市 325 大阪府・その他 351 兵庫県・神戸市 355 兵庫県・尼崎市 356 兵庫県・西宮市 357 兵庫県・芦屋市 359 兵庫県・その他 401 空撮じゃないけれど 札幌市編 411 空撮じゃないけれど 仙台市編 501 空撮じゃないけれど 香港(ホンコン)編 511 空撮じゃないけれど 澳門(マカオ)編 601 ちょっとひと休み