トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月30日 (月)

芝浦アイランド(1)

Shibaura1











 芝浦アイランドの全景です。建設中のA3棟を除き3棟が竣工しました。

 左端が賃貸の<エアタワー>です。地上48階、地下1階、高さ169.9mです。
 左から2番目は分譲のグローヴタワーです。地上49階、地下1階、 高さ168.8mです。

 タワークレーンの見える建設中の棟は、賃貸の「芝浦アイランドA3街区プロジェクト」です。完成すれば地上48階(地下なし)、高さ167.415mになる予定です。
 右端は分譲のケープタワーです。地上48階、地下1階、高さ161.00mです。芝浦アイランドで一番最初に完成しました。



Shibaura2











 芝浦アイランドの<エアタワー>とグローヴタワーのアップです。写真でも分かるように、運河沿いに親水公園が整備されています。
 開発前からウォッチングしていますが、変われば変わるものですね。ずっと成長の様子を見ていたタワーマンションが完成するのは卒業生を送り出すような気分でうれしいです。



Shibaura3











 これは地上からの写真ですが、大丸ピーコック前からグローヴタワーを眺めたらこんな感じです。すでに入居が開始されていて街が動き出しています。素敵な街になりましたね!

 東京からの帰りは飛行機で帰ったのですが、羽田空港までは「東京モノレール」を使いました。芝浦アイランドのすぐ横を通るのですが「どひゃー」という景観でした。
 「ゆりかもめ」ばかり注目されますが、東京モノレールからの景観も素晴らしいです。

 直接関係ありませんが、東京を離陸したときは雲だらけで地上の夜景が見えなかったのですが、名古屋手前あたりから抜群の透明度になり、名古屋駅前やセントレアの夜景もはっきり見えました。
 滋賀県上空では立命館大学のびわこくさつキャンパスが分かる程で、大阪も地図を見ているようにはっきり分かりました。神戸空港には神戸市街地の北側を大回りして明石海峡大橋側から着陸するので神戸の夜景を堪能しました。
 中でも感動したのが明石海峡大橋の上を飛んだときです。ライトアップされた明石海峡大橋は素晴らしく感動の一言です。名古屋あたりから窓にずっとへばりついていました。 

|

2007年4月28日 (土)

東京駅周辺(1)

Tokyo1












 東京駅周辺の写真です。JR東日本が開発中の「東京ステーションシティ(Tokyo Sutation City)」は外観がほぼ完成しています。

 2007年3月8日、一足先にサピアタワー(写真右側)が竣工しました。サピアタワーは、地上35階、地下4階、高さ166.1mです。
 サピアタワーには関西の5大学(立命館大学、関西学院大学、関西大学、甲南大学、流通科学大学)を含む13大学が東京キャンパスおよび駅前キャンパスを構えています。

 その左側にそびえるツインタワーが、グラントウキョウ・ノースタワーとサウスタワーです。ノースタワーが、地上43階、地下4階、高さ204.9mで、サウスタワーが、地上42階、地下4階、高さ205.0mです。すでに外観は完成しており、今年の10月末に竣工予定です。

 サピアタワーとノースタワーの間に見えるタワークレーンが、森トラストが建設している「丸の内トラストタワー本館」です。地上37階、地下4階、高さ178.0mの超高層ビルになる予定です。
 ただこのビルは右隣の「丸の内トラストタワーN館」と共に、米保険大手のAIGグループに4000億円で売却されることが決まっています。

 4月27日にグランドオープンを迎えた「新丸ビル」も少し見えます。丸の内・大手町地区は今後も連鎖的に建替えが続いて行くので、タワークレーンがどこかに見える状態がかなり先まで続きます。



Tokyo2












 2006年11月4日撮影した写真です。サピアタワーは外観が完成しています。
 ノースタワーとサウスタワーは、この約7ヶ月間で猛烈に伸びています。建設スピードが異様に速いのが、S造(鉄骨造)の特徴です。

 

Tokyo3











 2006年3月30日に撮影した写真です。サピアタワーが半分くらい完成しています。
 ノースタワーとサウスタワーは、やっと基礎工事が終わって、タワークレーンが建った段階です。

|

2007年4月27日 (金)

THE TOKYO TOWERS

Katidoki1











 中央区勝どきに建設中の「THE TOKYO TOWERS」です。何度見てもその大きさに圧倒されます。
 それもそのはず、UR都市機構の賃貸部分も合わせると、2棟で総戸数2799戸という空前の規模になるからです。

 写真右側(朝潮運河沿い)の「SEA TOWER」の方が、左側の「MID TOWER」より延床面積で、約15,000㎡くらい広いです。
 これは「SEA TOWER」側に別館の「シーサイドアネックス(スポーツ棟)」を含んでいるからだと思われます。

 高さは現地にある「建築計画のお知らせ」によると地上58階、地下2階、高さ192.29mになっています。東京都のホームページではS棟の「SEA TOWER」が188.92m、N棟の「MID TOWER」が188.73mになっています。
 これは軒高と思われますが、軒高に19cmくらい差があるので、両棟とも最高部の高さが192.29mなのか、片方だけなのかよく分かりません。



Katidoki2











 2006年11月4日に撮影したものです。比較的建築スピードがゆっくりしているRC造(鉄筋コンクリート造)の建築物にしては、異例の速さで伸びていることが分かります。

|

2007年4月26日 (木)

豊洲周辺(2)

Toyosu3











 昨日の続きですが、「豊洲三丁目9-2街区計画」はやはりツインタワーだったようです。

 「(仮称)住友不動産豊洲プロジェクト」として物件ホームページもすでにオープンしているようで、1063戸の巨大マンションです。

 別方向から撮影した写真を拡大してみました。同規模のタワーマンションの間に何か建築物を建設しています。「THE TOWERS DAIBA(ザ・タワーズ台場)」のように低層階で一体化するような構造になるのでしょうか?



Toyosu4











 2006年10月5日にオープンした「アーバンドック ららぽーと豊洲」です。

 晴海運河沿いは、IHI(石川島播磨重工業)の造船所ドック跡を上手に利用した親水公園になっています。ちなみに2007年7月1日から石川島播磨重工業は「IHI」に社名変更されます。

 「アーバンドック ららぽーと豊洲」前の公園は東京にいながら、横浜にいるような感覚を味わえます。
 また公園から見る晴海や勝どきの超高層ビ群はなかなかの景色で絶好の撮影ポイントです。ビル群が西側にあるので午前中の早い時間ならバッチリです。午後は逆光になるのでキツイです。
 

|

2007年4月25日 (水)

豊洲周辺(1)

Toyosu1











 豊洲地区の再開発の様子です。いくつものタワークレーンが林立しています。

 写真下部の一番左は、「豊洲三丁目9-2街区計画」です。地上48階、地下1階ですが、高さは現地にある「建築計画のお知らせ」が行くたびに変更になっています。
 現在の表記は163.173mですが、東京都のホームページでは171.20mになっています。正確には分かりませんが、最高部171.20m、軒高163.173mでしょうか?
 正式な完成予想図を見たことがありませんが、前からうわさがあったように建築現場を上空から見る限りツインタワーのようです。延床面積も127,717.48㎡と広いことから1棟とは考えにくいです。

 豊洲北小学校をはさんで、その右側が、「THE TOYOSU TOWER」です。かなり地上に姿を現しています。地上43階、地下1階、高さは155.00mです。

 更に右側の緑地は、「(仮称)三丁目8-4街区計画」で、地上45階、地下1階、高さは155.0mです。建築主は住友不動産で今年の6月からの工事の開始が予定されています。



Toyosu2











 こうやってみると湾岸部の超高層ビル群の厚みがすごいですね。

 左側奥に見えるタワークレーンが「パークシティ豊洲」です。タワークレーンのあるA棟は、地上52階、地下1階、高さ179.96mです。
 その左側に見えるのがB棟で、地上32階、地下1階、高さ114.83mです。すでに最高部まで達しています。

|

2007年4月24日 (火)

武蔵小杉周辺(1)

Musashikosugi1











 東急武蔵小杉駅前に建設中の「パークシティ武蔵小杉」です。左側が「ミッドスカイタワー」で、地上59階、地下3階、高さ203.5m、右側が「ステーションフォレストタワー」で、地上47階、地下3階、高さ162.8mです。



Musashikosugi2











 武蔵小杉駅前には現在5棟の高さが160mを超えるタワーマンションが建設中です。
 駅前に降りるとあまりの壮観さに「ポカーン」となります。同時に160m超タワーマンションがこれほど多く建設されるのは日本で初めてです。

 左側から前述のステーションフォレストタワー、ミッドスカイタワー、その右が「中丸子Ⅰ街区ツインタワー新築工事東工区」で、地上47階、地下2階、高さ161.14m、その右側の少しだけ見えるのが「THE KOSUGI TOWER」で、地上49階、地下2階、高さ約160m、一番右端が「中丸子Ⅰ街区ツインタワー新築工事西工区」で、地上47階、地下2階、高さ161.77mです。

 更に東急武蔵小杉駅をはさんで両側にそれぞれ140mタワーマンションが計画(西側は工事中)されています。
 それ以外にも東京機械製作所の工場(青い屋根)が東京建物と共同で再開発を検討していますし、手前の新日本石油の社宅、日本医科大学病院、大西学園の合計7.3haも再開発される方向で動いています。

|

東京ディズニーリゾート

Tdr1











 北西側から見るとこのような感じです。上空からの東京ディズニーリゾートの撮影は何の問題もないと思っていました。しかし日本の空は地上と同じで規制だらけです。

 まず東京ディズニーシーの300mくらいに「浦安ヘリポート」があるため低空には許可がないと入ることは出来ません。それなら上空は?しかしここは羽田空港の進入経路のため高い高度は飛行できません。 
 ということで東京ディズニーリゾートを大回りしてかなり遠くから望遠レンズで撮影しました。浦安へリポートから飛行すれば絶景が見られそうです。



Tdr2











 南西から見るとこのような感じです。東京ディズニーシーが真正面に見えます。もっと拡大写真もたくさんあるのですが、ディズニーは肖像権に厳しいらしいのでこれくらいにしておきます。

|

トップページ | 2007年5月 »