« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

シティタワー西梅田のヘリポート

Osakacitytower1_1











-大阪のタワーマンションはヘリポートが大きい-

 空から見て初めて気がついたのですが、大阪のタワーマンションのヘリポートはものすごく立派なのが多いです。

 東京のタワーマンションは屋上の一部しか使ってないのですが、大阪のタワーマンションは、かなりの面積を割いていてオフィスビル並です。

 東京のタワーマンションは規模が大きいので相対的にヘリポートが小さく見えるというのもありますが、いろいろタワーマンションを見比べてみましたが明らかに違います。

 「ヘリポートの設置基準」が地方自治体により違うのでしょうか?それともたまたまの偶然でしょうか?超高層ビルに関してまだまだ知らないことが多く(私個人の事です)、奥が深いですね。 
 
 
 
Osakacitytower2











 同じ住友不動産のタワーマンション「WORLD CITY TOWERS」で比べてみました。

|

2007年6月29日 (金)

梅田・中之島周辺

Osakakita1











 メインのホームページの「超高層ビルとパソコンの歴史」のTOPページに載せている「写真の場所が分からない?」というメールを数通いただきました。

 確かに一部分を切り取った小さな写真なので分かりにくいかも知れません。

 「外国ですか?」というのもありましたが、大阪です。大阪市の梅田・中之島周辺を南西上空から見たらこんな感じになります。

 改めてみると超高層ビルの数がここ数年で一気に増えたのがわかります。まだ数十棟の新規計画・立替計画があるのでますます増えていくと思います。ただ完成しているビルがすべて200m以下なのは残念です。高さ制限さえなければ・・・

 現在コンペが行われている「江之子島地区」がはっきり見えます。面積が17,024㎡と広く、地下鉄中央線と千日前線の「阿波座駅」と直結している交通至便な場所なので、凄まじい争奪戦が予想されます。

|

2007年6月27日 (水)

大川端リバーシティ21

Tokyoriver211











-日本のタワーマンション群の先がけ-
 大川端リバーシティ21は、IHI(石川島播磨重工業)の工場跡の誕生しました。
 一番最初に完成したのは、リバーポイントタワーで、1989年3月です。

 一番高いセンチュリーパークタワーを中心として両端が低くなる山のようスカイラインで非常に美しいです。

 センチュリーパークタワーは高さが約180mとは分かっていましたが、4月に行った時に思いがけず正確な概要がわかりました。

 センチュリーパークタワー周辺では現在「大川端リバーシティ21開発事業 北ブロック 建築計画」が行われています。新たなタワーマンションの建設ではなく、O棟(地上8階、オフィス・店舗)、P棟(地上4階、研修所・展示場)の増築工事ですが、「建築計画のお知らせ」に街区全体の概要とセンチュリーパークタワーの高さが載っていました。

-概要-
◆ 敷地面積-26,000.02㎡(街区全体)
◆ 建築面積-11,507.67㎡(増築後の街区全体)
◆ 延床面積-222,196.72㎡(増築後の街区全体)

そしてセンチュリーパークタワーは
◆ 高さ-180.00m(最高部)、170.95m(軒高)
と判明しました。


 写真中央に見える橋は美しい斜長橋の「中央大橋」です。川の右側に見えるのが左から、「リバーシティ21・新川」、「住友ツインビル」、「東京ダイヤビル」です。
 リバーシティ21・新川はリバーシティ21という名称がついていますが、大川端リバーシティ21ではありません。  

|

2007年6月25日 (月)

甲子園球場・デーゲーム編

Kosien1








 甲子園球場は西宮市にあります。めちゃめちゃ有名な球場なのに、大阪にあると思っている人が時々います。すぐ横を阪神高速道路神戸線が走っています。

Kosien2








 6月23日(土)の阪神-日本ハム戦の様子です。ダルビッシュに負けてしまいました(涙)・・・

Kosien3








 7回の表の相手側の攻撃の時に一斉にジェット風船を膨らませます。
 試合そっちのけで脹らますため、7回の裏はよく阪神はピンチを迎えてしまいます(笑)。

 360度阪神ファンという壮観な風景です。ジェット風船がまるでガーデンイール(海底に集団で住むヒモのような生物)みたいです。



Kosien4

Kosien5











 7回裏のラッキーセブンの攻撃の前にジェット風船を上げます。これが楽しくて阪神ファンをやっている人もいるそうで、すっかり観光名所になっています。最近は外人さんもよく見かけるようになりました。 

|

2007年6月23日 (土)

テーオーシー VS ダヴィンチ・アドバイザーズ

-テーオーシーにダヴィンチ・アドバイザーズがTOB-
 先月の5月29日からテーオーシー対しにダヴィンチ・アドバイザーズがTOB(株式公開買付け)を行っています。

 テーオーシーは東証一部上場の不動産会社です。大株主にホテルニューオータニや大谷興産などの大谷一族の企業が名を連ねています。

 ダヴィンチ・アドバイザーズは、大証ヘラクレスに上場し、不動産投資ファンドの組成・運用・管理を行っている不動産投資顧問会社です。本社は東京の銀座にあります。

 テーオーシーは、ダヴィンチ・アドバイザーズのTOBに反対しており、現在すさまじい攻防が繰り広げられています。日本でも普通に敵対的TOBが行われる時代になりました。

 ダヴィンチ・アドバイザーズの目的はテーオーシーの持つ優良な不動産だと言われています。テーオーシーの優良不動産を空から見てみたいと思います。


Tokyotoc1











-TOC有明
 「TOC有明」です。地上21階、塔屋1階、地下1階、高さ97.6mのツインビルです。延床面積は111,593.85㎡あり、2006年8月に竣工しました。

 TOC有明 公式ホームページ

 

Tokyotoc2













-大崎ニューシティ-

 中央にあるビル群で、1号館から4号館まであります。「大崎再開発ビル(株)」の所有で、主要株主はテーオーシー、日本土地建物、日本精工などです。1987年1月にオープンしました。

 大崎ニューシティ 公式ホームページ



Tokyotoc3











-TOCビル

 品川区西五反田にある巨大ビルです。地上13階、地下3階、延床面積174,013.32㎡で、1970年3月にオープンしました。
 写真中央の巨大なビルが「TOCビル」です。隣接して第2TOCビル、第3TOCビル、第5TOCビル、TOCフロントビルなどの関連ビルがあります。

場所はここ → Yahoo!地図情報


 その他、「浅草ROX」などもテーオーシーの所有です。企業の価値を表す時価総額は2007年6月22日の終値でテーオーシーが1669億円、ダヴィンチ・アドバイザーズが1848億円とほぼ拮抗しています。TOBの行方はどうなるのでしょうか?

|

2007年6月21日 (木)

舞洲・プロロジスパーク

Osakamaishima1











-外資が舞洲を救う-
 舞洲(まいしま)をメイン会場としたオリンピック誘致に失敗し、無駄使い大阪の象徴のようにマスコミに叩かれている大阪市の湾岸部にある舞洲です。

 多分多くの方が荒地に草ボウボウのイメージがあると思います。しかし実際はイメージとかなり違います。
 比較的順調に分譲地が売れています。今や舞洲は大阪の物流拠点です。その立役者が「プロロジス」です。

 プロロジスは、米国コロラド州デンバーに本社がある世界最大級の物流施設専門の不動産開発会社です。

 プロロジスは、大阪市内には現在4棟の巨大倉庫を竣工させており、更に1棟が建設中、1棟が計画中です。南港にある「プロロジスパーク大阪」以外はすべて舞洲にあります。

プロロジスパーク舞洲Ⅰ(アスクル専用施設)
◆ 敷地面積-25,835㎡
◆ 延床面積-93,021㎡
◆ 工期-2005年07月01日~2006年08月01日

プロロジスパーク舞洲Ⅱ(日立物流専用施設)
◆ 敷地面積-24,783㎡
◆ 延床面積-56,511㎡
◆ 工期-2006年03月06日~2006年11月02日

プロロジスパーク大阪Ⅱ
◆ 敷地面積-33,092㎡
◆ 延床面積-168,829㎡
◆ 工期-2006年01月17日~2007年05月31日

プロロジスパーク舞洲Ⅲ(工事中)
◆ 敷地面積-28,164㎡
◆ 延床面積-100,463㎡
◆ 工期-2007年03月~2008年02月予定

プロロジスパーク大阪Ⅲ(計画中)
◆ 敷地面積-30,424㎡
◆ 延床面積-155,000㎡
◆ 工期-2008年~2009年予定


 写真左側にあるテーマパークみたいな建物は、ゴミ処理場です。大阪市の無駄遣いを批判する番組には必ず登場する有名な建物です。確かにこれは弁護できないですね・・・

 写真下の方に「舞洲ヘリポート」があります。ここからは小川航空がヘリコプター遊覧飛行を行っています。ゴリモン氏のブログ「ゴリモンな日々-空からの梅田ウォッチング」に詳しい体験レポートがあります。 

|

2007年6月20日 (水)

大崎駅周辺(2)

Tokyoosaki1











-航空法の高さ制限によりビルは低め-
 ヘリコプターの足が写っていますがご愛嬌(笑)。JR大崎駅周辺は品川駅周辺よりも高さ制限が厳しいです。

 ただ高さ制限とは関係なく90m~110mくらいのビルが多いです。JR山手線と目黒川に囲まれた三角地帯にビルが集中しています。

 三角地帯の奥から、サイコロのような2棟が「ゲートシティ大崎」、その隣の白いビル群が「大崎ニューシティ」、三角地帯の先の3棟が「アートビレッジ大崎」のビル群です。

 写真左中央にある茶色のマンション群で一番高いのが、「ザ・パークタワー東京サウス」です。その先の目黒川に2本の橋がかかっていますが、「阿部寛と夏川結衣」主演のテレビドラマ「結婚できない男」でよく登場していた橋です。

 手前の土がむき出している部分が、「東五反田二丁目第2地区第一種市街地再開発事業」で、地上44階、塔屋2階、地下2階、高さ152.90mの住宅棟と地上16階、地下2階の業務棟が建設される予定です。

|

2007年6月18日 (月)

空港建設で活躍する建設機械たち

Kansaiairport1












 少し前の話ですが、2006年3月と2007年3月に「関空 第2滑走路ウォーク」に参加してきました。

 遊覧飛行とは直接関係ないですが、空つながりということで、「ちょっとひと休み」のコーナーをつくってみました。

 実は、私は旅客機・戦闘機・ヘリコプターなどの航空機大好き人間なんです。だから空港も大好きです。今回は空港建設で大活躍する建設機械を紹介したいと思います。

Kansaiairport2












 「ロードローラー(振動ローラー)」です。重量が重く、接地面積の大きな車輪を持ち、その重量によって路面に圧力をかけながら軟らかい地面を固めます。
 アスファルト舗装前の整地とアスファルト舗装時の両方で使用します。



Kansaiairport3











  「タイヤローラー」です。路面を固めるために用いる、数多くのゴムタイヤ状のローラーを並べた車両です。
 アスファルト舗装前の整地とアスファルト舗装時の両方で使用します。最終の仕上時によく使われます。



Kansaiairport4











 「アスファルトフィニッシャー」です。高速道路や空港など大規模な舗装工事を行う場合に活躍します。広い幅に、均一の厚さにアスファルトを敷き詰めていきます。



Kansaiairport5











 「モーターグレーダー」です。アスファルトで舗装する前に、滑走路など精度の高い場所の整形や仕上げ用に使います。
 建設機械の中では操作が難しく、高度なテクニックが必要だそうです。



Kansaiairport6











  別のタイプの「モーターグレーダー」です。



Kansaiairport7






 海外の鉄鉱石や銅の露天掘りの鉱山で見かけるような巨大なダンプカーやブルドーザーです。

 参考になるHP 小松製作所 建設機械大図鑑

|

2007年6月17日 (日)

松下電器・尼崎工場

Amagasaki1_1













-松下電器・尼崎工場-

 プラズマディスプレイパネルの生産高世界一を誇るの松下電器の基幹工場です。

 正確には松下電器産業(75%)と東レ(25%)の合弁会社「松下プラズマディスプレイ(株)」の工場になります。

■尼崎第1工場(第3工場)
 奥にある小さいほうの工場が、第3工場になります。第1と第2工場は大阪府茨木市にあります。

 関西電力の発電所跡に約950億円を投入して、2005年9月に稼動しました。松下電器がプラズマパネル世界一のシェアを確保するための復活の狼煙を上げた工場です。

■尼崎第2工場(第4工場)
 手前に見えるのが尼崎第2工場です。かなり前から稼動しているように見えますが、撮影時(6月12日)とほぼ同時に本格的に稼動しました。約1800億円を投じた尼崎第2工場の完成により松下電器のシェアトップはますます磐石なものとなります。

■尼崎第3工場(第5工場)
 松下電器は、さらに尼崎第3工場の計画をしています。写真の阪神高速道路湾岸線の手前の敷地に、総額2800億円の巨費を投じて新工場の建設を行います。
 2007年11月に着工し、2009年5月に第一期の稼動を開始する予定です。月産100万台(42型換算)を生産する世界最大のプラズマディスプレイパネルの量産工場となる予定です。

 尼崎第1・第2工場の場所はここ → Googleマップ

|

2007年6月15日 (金)

なんばパークス(1)

Osakananbapa1











-なんばCITY・なんばパークス-
 左から「スイスホテル南海大阪」、地上36階、地下3階、高さ147.0m

 「なんばパークスタワー」、地上30階、塔屋2階、地下3階、高さ149.65m

 「ザ・なんばタワー レジデンス・イン・なんばパークス」、 地上46階、塔屋1階、高さ155.7m

■左側に見える商業施設がなんばCITYです。南海難波駅の大規模な増床・改良工事とともに開発され、1978年11月に第1次部分が開業し、1980年3月には全館が開業しました。

 「スイスホテル南海大阪」の少し北側には、大阪人ならだれでも知っている待ち合わせ場所「ロケット広場」があります。「N-1ロケット」と等身大の約33mのロケットが聳え立っています。
 しかし2009年の竣工を目指して、南海ターミナルビルが約30年ぶりの大改修を行うためロケットは撤去されます。同時に高島屋の新館建設も行われ、「ロケット広場の」跡地には「ウェルカムロビー」が設置される予定です。

■大阪球場跡地には、「なんばパークス」がオープンしました。2003年10月7日に第1期部分が開業し、2007年4月19日に第2期部分が開業しました。
 屋上には「パークスガーデン」が設けられていてたくさんの植物が植えられています。なんば周辺は緑が少ないので都心のオアシスになっています。

 なんばパークスの完成によりなんば地区の再開発は、南海電鉄が所有している土地に関しては再開発が一段落しました。
 バブル期には地上60階、高さ250mのインテリジェントビルを棟建設するような構想もありました。規模は大幅に縮小されましたが、素晴らしい街が完成したと個人的には思っています。 

|

2007年6月14日 (木)

大阪ビジネスパーク(1)

Osakaobp1











-大阪市初の大規模再開発-

 大阪駅前の再開発などありましたが、ここまで大規模な再開発は大阪市では初めてでした。

 1983年9月のTWIN21の着工により本格的な工事が始まります。そして1990年代初めにはほぼ今にような景観になりました。

 大阪ビジネスパークの開発が比較的順調にいったのは開発がほぼバブル期に終わっていた事です。バブル崩壊時にはほぼ現在の姿になっていました。

 しかし大阪でも一極集中が進み、梅田・中之島周辺にすべてが集積するような状態になっています。大阪ビジネスパーク内にはまだ数ヶ所更地が残っていますが、開発する機運は一向に盛り上がりません。



Osakaobp2











 1983年11月29日に大阪城天守閣から撮影したものです。写真を普通にスキャナで読込んだだけなので画質はかなり荒いです。思えばこの頃はすでに超高層ビルヲタだったんですね(笑)・・・

 建物といえば、松下電工の大阪京橋ショールームがあるのみでした。
 ショールームはTWIN21完成時に改装されてきれいになり現在でも使用されています。ヘリからの写真ではクリスタルタワーの左側にある小さな建物がそうです。

 松下電器と松下電工は兄弟会社と呼ばれていました。しかし松下電器の経営改革より独立心旺盛な松下電工に対し、松下電器が出資比率を50%以上に高め子会社にしました。
 ショールームも長年「ナイスプラザ」という名称で親しまれていましたが、「ナショナルセンター大阪」に変更になっています。 

|

2007年6月13日 (水)

阪神タイガースヘリコプター

Osakatigers1











 これが「阪神タイガースヘリコプター」です。タイガースのキャラクターのトラッキーとラッキーが画かれています。

 阪神タイガースヘリコプターは、阪急航空(株)が阪急電鉄と阪神電鉄の経営統合を記念して期間限定で運航しています。

 詳しくは
 阪急航空 公式ホームページ



Osakatigers2








 大阪のシンボル大阪城です。



Osakatigers3











 一度見て見たかった梅田上空!サンケイビルの「西梅田プロジェクト」もかなり高くなっています。



Osakatigers4











 我らが阪神タイガースの聖地「甲子園球場」です。シーズン終了後に約200億円かけた大規模な改修工事が始まります。



Osakatigers5











 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンです。ため息が出るほどの絶景でした!



Osakatigers6











  約20分の飛行で八尾空港に帰還!

|

2007年6月11日 (月)

秋葉原駅周辺

Tokyoakihabara4













-鉄道交通の要所・秋葉原駅-

 秋葉原駅上空から北側を撮影した様子です。

 東北新幹線の線路が地下から地上に姿を現す様子がよくわかります。奥に見えるのが御徒町駅です。

 将来的には上野止まりの常磐線・東北線・高崎線が「東北縦貫線」として東京駅まで乗り入れる計画があります。

 空から見ると留置線があるのでこのあたりの工事は比較的簡単に行われると思われますが、秋葉原駅以南は留置線がないので2階建て構造になります。特に神田駅周辺はかなりの難工事が予想されます。


-日本最大の電気街・秋葉原-
 写真の左側を南北に貫く道路が秋葉原の電気街のメインストリートです。昔は純粋な電気街だったのですが、1980年代中ごろからパソコン街に変貌していきました。そして最近はアニメやフィギアの街に変貌しています。2005年の映画やテレビドラマの「電車男」により日本中から「萌え系」「ヲタク系」の街として認知されました。

 日曜日は一部の時間帯が歩行者天国になりますが、メイドさんのパフォーマンスなんかが行われており、カメラを持った人たちが取り囲んでいます。その光景がめずらしいのか外人さんが盛んにカメラのシャッターを切っています。
 海外の旅行客のパンフレットには秋葉原は名所として載っており、「ジャパニーズ・クール」としてすっかり有名だそうです。


-ヨドバシカメラマルチメディアAkiba-
 つくばエクスプレスの開通の少し後の2005年9月16日にヨドバシカメラマルチメディアAkibaがオープンしました。それまで「昭和通り口」は「電気街口」比べ何もなく言葉は悪いですが薄気味悪い裏通りでした。

 しかしつくばエクスプレスの開通、JR秋葉原駅の大規模リニューアル、ヨドバシカメラのオープンにより激変します。いまではすっかり駅前の一等地になりました。
 ヨドバシカメラマルチメディアAkibaは年間1000億円近い売り上げを上げ、マルチメディア梅田店と並びヨドバシカメラの旗艦店になっています。



Tokyoakihabara7












 年間1000億円近い売り上げを上げるヨドバシカメラマルチメディアAkibaです。



Tokyoakihabara9











 ヨドバシカメラ前の駅前広場ではよくイベントが行われています。



Tokyoakihabara10











  秋葉原電気街のメインストリートです。 

|

2007年6月10日 (日)

秋葉原クロスフィールド

Tokyoakihabara1













-秋葉原クロスフィールド-

 現在に状況からは信じられませんが、1989年5月まで「中央卸売神田市場」がありました。

 その後ずっと駐車場として使用されていましたが、2003年に入って大規模再開発に着手しました。

(1) TOKYO TIMES TOWER、地上40階、 塔屋1階、地下1階、高さ 138.45m

(2) 秋葉原UDX、地上22階、塔屋1階、地下3階、高さ107.000m

(3) 秋葉原ダイビル、地上31階、塔屋1階、地下2階、高さ 147.473m

(4) 富士ソフト秋葉原ビル、地上31階、塔屋2階、地下2階、高さ約148m

 正確には秋葉原クロスフィールドは、秋葉原ダイビルと秋葉原UDXを合わせた施設の総称で、TOKYO TIMES TOWERや富士ソフト秋葉原ビルは含みません。



Tokyoakihabara2












 秋葉原UDX前のペデストリアンデッキです。



Tokyoakihabara3











 JR秋葉原駅の電気街口前の広場です。

|

2007年6月 9日 (土)

TOWER RESIDENCE TOKYO

Tokyotaito1











  東京都台東区に建設中の「TOWER RESIDENCE TOKYO(タワー レジデンス トーキョー)」です。場所的には秋葉原駅の500mくらい東側になります。

 場所はここ → Yahoo!地図情報

 地上37階、地下1階、高さ 124.80mのタワーマンションで、2008年1月竣工予定です。


 写真中央に見えるのが「CSタワー」で、写真左下に見えるのが「三井記念病院」です。少しだけ工事現場が見えますが、高層病棟の建設現場です。

|

2007年6月 8日 (金)

WORLD CITY TOWERS

Tokyowct1











-総戸数2090戸の巨大マンション-
 港区港南四丁目に建設されたWORLD CITY TOWERS(ワールド シティ タワーズ)は、アクアタワー(A棟)1038戸、ブルーズタワー(B棟)459戸、キャピタルタワー(C棟)593戸の合計2090戸の巨大なタワーマンションです。

 一番奥がアクアタワーで、地上40階、塔屋1階、地下2階、高さ 138.65mです。
 

  一番左がブルーズタワーで、地上42階、塔屋1階、地下2階、高さ139.85mです。

 一番手前がキャピタルタワーで、地上41階、塔屋1階、地下2階、高さ139.85mです。

 3棟とも高さはほぼ同じですが、階数が1階ずつ違います。規模的にはアクアタワー(A棟)が群を抜いて大きいです。
(注意)高さはいろいろ違う数値がありますが、東京都の「工事完了届出書」を参考にしています。


-2007年3月街開き-
 WORLD CITY TOWERSは、アクアタワーが2006年3月に一足早く竣工しています。ブリーズタワーとキャピタルタワーは2007年2月28日に竣工し、3月8日のマルエツ港南ワールドシティ店を皮切りにテナントがオープンしました。
 4月上旬にはすべてのテナントがオープンし街が動き出しました。規模が大きいだけあって保育園もあります。

 東側の運河沿いにはWORLD CITY TOWERSの住民用の専用桟橋まであります。専用のマリーナを持つマリンクラブと提携し、クルーザーをチャーターして運航するそうです。なんともリッチな・・・


 Tokyowct2












 地上から見たらこんな感じです。

|

2007年6月 7日 (木)

東京工業大学・大岡山キャンパス

Tokyotech1











-日本の誇る理工系総合大学-
 東京工業大学・大岡山キャンパスの全景です。東急目黒線と大井町線の大岡山駅を挟んで北側と南側にあります。

 場所的には目黒区と大田区の境あたりにくらいです。

 場所はここ → Yahoo!地図情報

 東京工業大学・大岡山キャンパスマップ

 東京工業大学は今更説明の必要もありませんが、理工系では東大・京大と並ぶ日本では最難関の理工系の殿堂です。

 キャンパスは大岡山キャンパス、すずかけ台キャンパス(横浜市緑区長津田町)、田町キャンパス(附属科学技術高等学校)を含め3つあります。
 大岡山キャンパスの敷地面積はかなり広く、244,643㎡で、学部では理学部、工学部があります。生命理工学部はすずかけ台キャンパスにあります。

 理工系の最高峰だけあって非常に勉強熱心で、大学院進学率は昨年実績で理学部・工学部・生命理工学部の3学部とも86%を超えています。


-日本最速のスーパーコンピュータ-
 東京工業大学は2006年4月3日から、日本国内最速となるスーパーコンピュータ「TSUBAME」を稼動させています。なぜ名称が「TSUBAME」かというと東京工業大学のシンボルマークが鳥の「ツバメ」だからです。

 「TSUBAME」の説明を見ると”AMDのデュアルコアOpteronを搭載したサンマイクロシステムズ製サーバが採用された。ノード数は655で、合計1万480個というCPUコアの数は、クラスタ型スパコンとしては世界でも類を見ない・・・ ”とよく分かりませんがとにかく凄いんですね(笑)。

 それまでの日本最速は横浜にある地球シュミレータでした。でも「TSUBAME」も神戸ポートアイランドに計画中の次世代スーパーコンピュータに抜かれることになっています。


-ワカケホンセイインコのねぐら-
 実は大岡山キャンパスは、オウムや大型インコのファンには有名なスポットなんです。熱帯・亜熱帯産の「ワカケホンセイインコ」の集団ねぐらがあることで有名です。夕方になるとものすごい数のワカケホンセイインコが集まってきます。

 ペットとして飼われていたワカケホンセイインコが脱走したり、飼えなくなって放鳥されたりして繁殖したものですが、熱帯・亜熱帯産のインコが冬場も問題なくすごせるのはそれだけ東京が冬が暖かくなった証拠でしょうか?

 幸島研究室/ワカケホンセイインコのページ

|

2007年6月 5日 (火)

六本木ヒルズの全景

Tokyoroppongi1












 六本木ヒルズの全景です。こうやって見ると、よく都心でこんな大規模な再開発が出来たものだと感心します。

 左から六本木ヒルズ・レジデンスC棟、地上43階、塔屋2階、地下2階、高さ159.18m

 六本木ヒルズ・レジデンスB棟、地上43階、塔屋2階、地下2階、高さ159.18m

 六本木ヒルズ森タワー、地上54階、塔屋2階、地下6階、高さ238.06mです。

 手前の低層の前方後円墳のような建築物が、「テレビ朝日放送センター」です。このあたりを歩いていると、時々芸能人やテレビ朝日のアナウンサーを見かけることがあります。

 テレビ朝日の奥の公園のような所が、「毛利庭園」です。面積が約4,300㎡と結構広く、池を中心として、滝、渓流、小川などが整備されています。桜やイチョウなどの木々も多く、春の桜は特に綺麗です。昼ごろ行くとベンチでお弁当を食べている光景をよく見かけます。



Tokyoroppongi2












 屋上の超アップです。ヘリポートがカッコイイ!

|

2007年6月 3日 (日)

有楽町周辺

Yurakucho1











 JR有楽町駅前の様子です。中央の建設中のビルは名称が長いですが、「有楽町駅前第1地区第一種市街地再開発事業施設建築物」です。

 地上21階、塔屋1階、地下4階、高さ107.78mです。下層階にテナントとして丸井が入る予定です。


 写真右側の建築物が有名な有楽町マリオンです。ただし有楽町マリオンは通称で、正式名は「有楽町センタービル」です。

 有楽町マリオンが建設される前は、旧朝日新聞東京本社、旧日本劇場(日劇)、旧ピカデリーがありました。1984年10月6日に一期工事の部分がオープンしました。

 主要テナントは手前から阪急百貨店、西武百貨店、西武百貨店別館となっており、上層階は映画館となっています。
 当時を思い出して書いているので間違っているかも知れませんが、確か阪急百貨店、西武百貨店とも「銀座店」の名称の使用を希望していましたが、銀座地区から猛反発を浴びて「有楽町店」になった経緯があったと思います。まあ確かに「銀座」の名称を使用するのは少し無理がありますね・・・


 写真左上のグレーのビルが読売銀座2丁目ビルです。その右側の一部がつながって建築物が、「プランタン銀座」です。
 プランタン銀座は、オープン時はダイエーとフランスの百貨店オ・プランタンの合弁会社「オ・プランタン・ジャポン」の店舗としてオープンしました。その後ダイエーが経営危機に陥り2002年中ごろ株式のほとんどを家主の読売新聞社に売却しました。
 現在は「株式会社プランタン銀座」の店舗として運営され、主要株主は読売新聞社と三越になっています。

 プランタン銀座がオープンしたのは1984年4月27日です。当時私は関西のダイエーグループの店舗でアルバイトをしていたのでプランタン銀座のオープンは鮮明に覚えています。
 なにせ当時ダイエーグループは百貨店事業に社運をかけていました。高島屋株の一部を取得して提携を迫り大騒動になったこともありました。なつかしいなあ・・・



Yurakucho2











  地上から見た有楽町マリオンです。

|

2007年6月 1日 (金)

東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテル

Tdr3


 オフィシャルホテル(6ホテル)はすべて東京ディズニーリゾートと同じ埋立地の南西角にあり海に面しています。△は旧:東京ベイNKホールです。

(1) サンルートプラザ東京
(2) 東京ベイ舞浜ホテル(2007年3月3日オープン)
(3) 東京ベイホテル東急
(4) ヒルトン東京ベイ
(5) ホテルオークラ東京ベイ
(6) シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル

 ディズニーリゾートのゲストホテルは、本日6月1日にオープンした「三井ガーデンホテル プラナ東京ベイ」も含め2007年6月1日現在で27ホテルあります。ただし全く同じ条件ではなく下記の4段階に分かれていて上に行くほど条件がいいです。

★ ディズニーホテル(2ホテル:オリエンタルランド直営)
★ オフィシャルホテル(6ホテル)
★ パートナーホテル(5ホテル)
★ グッドネイバーホテル(14ホテル)

 6つのオフィシャルホテルはディズニーホテルに次いで条件がよくてショッピングデリバリーサービスがないのとモノレールのディズニーリゾートラインが有料(一部のホテルは無料)なくらいです。

オフィシャルホテルの特典
★ ホテル内でのディズニーランド・ディズニーシーのチケット販売
★ 混雑時でも入場できる入場保障
★ JR舞浜駅近くで荷物を預かって無料でホテルに届けてもらえるバゲッジデリバリーサービス
★ ホテル内でディズニーオリジナルグッズをショッピング
★ 東京ディズニーリゾートの最新情報のチェック

 ちなみに、ショッピングデリバリーサービスとはパーク内で買ったグッズを直接ホテルまで届けてくれるサービスの事で、買い物をしても手ぶらでパーク内を楽しむことの出来るディズニーホテルのみの特典です。

 オリエンタルランドは東京ディズニーランド入り口付近に、現在巨大なホテルを建設中です。その名も「東京ディズニーランドホテル」で、2008年のオープンを目指して現在急ピッチで工事が行われています。
 東京ディズニーランドホテルがオープンすると直営ホテルは東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ、ディズニーアンバサダーホテルに次いで3ホテル目になります。



Tdr4



 写真は建設中の東京ディズニーランドホテル(テーマパークの部分は肖像権の問題があるかも知れないのでカットしています) 

|

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »