« なんばパークス(1) | トップページ | 空港建設で活躍する建設機械たち »

2007年6月17日 (日)

松下電器・尼崎工場

Amagasaki1_1













-松下電器・尼崎工場-

 プラズマディスプレイパネルの生産高世界一を誇るの松下電器の基幹工場です。

 正確には松下電器産業(75%)と東レ(25%)の合弁会社「松下プラズマディスプレイ(株)」の工場になります。

■尼崎第1工場(第3工場)
 奥にある小さいほうの工場が、第3工場になります。第1と第2工場は大阪府茨木市にあります。

 関西電力の発電所跡に約950億円を投入して、2005年9月に稼動しました。松下電器がプラズマパネル世界一のシェアを確保するための復活の狼煙を上げた工場です。

■尼崎第2工場(第4工場)
 手前に見えるのが尼崎第2工場です。かなり前から稼動しているように見えますが、撮影時(6月12日)とほぼ同時に本格的に稼動しました。約1800億円を投じた尼崎第2工場の完成により松下電器のシェアトップはますます磐石なものとなります。

■尼崎第3工場(第5工場)
 松下電器は、さらに尼崎第3工場の計画をしています。写真の阪神高速道路湾岸線の手前の敷地に、総額2800億円の巨費を投じて新工場の建設を行います。
 2007年11月に着工し、2009年5月に第一期の稼動を開始する予定です。月産100万台(42型換算)を生産する世界最大のプラズマディスプレイパネルの量産工場となる予定です。

 尼崎第1・第2工場の場所はここ → Googleマップ

|

« なんばパークス(1) | トップページ | 空港建設で活躍する建設機械たち »

106 巨大工場めぐり」カテゴリの記事

355 兵庫県・尼崎市」カテゴリの記事