« 松下電器・尼崎工場 | トップページ | 大崎駅周辺(2) »

2007年6月18日 (月)

空港建設で活躍する建設機械たち

Kansaiairport1












 少し前の話ですが、2006年3月と2007年3月に「関空 第2滑走路ウォーク」に参加してきました。

 遊覧飛行とは直接関係ないですが、空つながりということで、「ちょっとひと休み」のコーナーをつくってみました。

 実は、私は旅客機・戦闘機・ヘリコプターなどの航空機大好き人間なんです。だから空港も大好きです。今回は空港建設で大活躍する建設機械を紹介したいと思います。

Kansaiairport2












 「ロードローラー(振動ローラー)」です。重量が重く、接地面積の大きな車輪を持ち、その重量によって路面に圧力をかけながら軟らかい地面を固めます。
 アスファルト舗装前の整地とアスファルト舗装時の両方で使用します。



Kansaiairport3











  「タイヤローラー」です。路面を固めるために用いる、数多くのゴムタイヤ状のローラーを並べた車両です。
 アスファルト舗装前の整地とアスファルト舗装時の両方で使用します。最終の仕上時によく使われます。



Kansaiairport4











 「アスファルトフィニッシャー」です。高速道路や空港など大規模な舗装工事を行う場合に活躍します。広い幅に、均一の厚さにアスファルトを敷き詰めていきます。



Kansaiairport5











 「モーターグレーダー」です。アスファルトで舗装する前に、滑走路など精度の高い場所の整形や仕上げ用に使います。
 建設機械の中では操作が難しく、高度なテクニックが必要だそうです。



Kansaiairport6











  別のタイプの「モーターグレーダー」です。



Kansaiairport7






 海外の鉄鉱石や銅の露天掘りの鉱山で見かけるような巨大なダンプカーやブルドーザーです。

 参考になるHP 小松製作所 建設機械大図鑑

|

« 松下電器・尼崎工場 | トップページ | 大崎駅周辺(2) »

601 ちょっとひと休み」カテゴリの記事