« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月31日 (火)

ルネッサなんば

Osakananbaru1













-ルネッサなんば-

 開発前は地上にあったJR湊町駅(現在は難波駅)および貨物駅の再開発プロジェクトです。

 再開発面積は17.5haと広大です。当初は関西空港の玄関口をとして大規模な超高層オフィスビ群を整備する計画でした。

 しかしバブルは崩壊し、土地は塩漬けになります。最近まで中心施設の「OCAT」以外は更地の状態でした。

 しかし関西でも景気回復が鮮明になり、次々と着工されていきました。現在高さが100m以上あるのは、ルネッサなんばタワーとローレルタワー難波の2棟のタワーマンションのみですが、高さ144.0mの「マルイト難波ビル(仮称)」が現在建設中で、ルネッサなんばタワーの北側(現在は駐車場)にも超高層タワーマンションが計画されています。

 写真右側奥にあるユニークな建築物は「ナンバ・ヒップス(NAMBA HIPS)」です。地上11階、塔屋2階。地下2階、高さは最高部86.8m(建築物51.6m)の商業ビルです。

 NAMBA HIPS(難波ビル) 公式ブログ
 
 
 

Osakananbaru2













バブル期に発表された完成イメージ図です。 中央の「OCAT」以外は現在と全く違う姿になりました。

|

2007年7月29日 (日)

今日は参議院選挙の投票日! 国会議事堂

Tokyorikkokai1











-国会議事堂-
 今日7月29日は参議院選挙の投票日です。みなさん絶対に投票に行きましょう!

 現在の国会議事堂は、1920年(大正9年)の着工後、17年もの歳月をかけて、1936年(昭和11年)に完成しました。正面から見て左側が衆議院、右側が参議院になっています。

 気軽に外観を撮影したかったのですが、機動隊の車が何台も取り囲んでおり、大きな一眼レフを構えると過激派やテロリストと間違えられたら困るので撮影も出来ませんでした(泣)。一応内部も許可さえ得られば見学できるらしいのですが、怖くとてもて行けません(笑)・・・


-国会議事堂概要(国会議事堂ホームページより)-
 国会議事堂はSRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)で、地上3階建て、中央塔の部分が4階建て、最上部は9階建てです。
◆ 全幅-206.36m
◆ 高さ-両翼部分20.91m、中央塔部分65.45m(最高部)
◆ 奥行-88.63m
◆ 延床面積-53,466m

|

2007年7月28日 (土)

花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~ ロケ地:品川セントラルガーデン

Shinagawa1













-品川セントラルガーデン-

 品川セントラルガーデンは、品川グランドコモンズと品川インターシティの間の遊歩道です。
 超高層ビルの間を南北に縦貫しています。幅45m、長さ400mで緑が大変豊かです。

 フジテレビ系のテレビドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~」の第3話に登場しました。

 芦屋瑞稀(堀北真希)と芦屋静稀(岡田義徳)が腕を組んで歩いていたところです。

 日本テレビ系列のテレビドラマ「ホタルノヒカリ」の第3話にも登場していました。

 夜のロケでしたが、三枝優華(国仲涼子)が、手嶋マコト(加藤和樹)から好きなのは雨宮蛍(綾瀬はるか)であることを告白されてショックを受けた場所です。そのあと傷心気味の三枝優華(国仲涼子)が歩いていた場所もここです。

品川セントラルガーデン(品川グランドコモンズ)公式ホームページ
  
 
 
Shinagawa2











 地上から見たらこんな感じです。
  


Shinagawa3
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~」の第3話で、芦屋瑞稀(堀北真希)と芦屋静稀(岡田義徳)が待ち合わせてをしていた場所は、JRの品川駅港南口です。

 写真の超高層ビルは、「JR品川イーストビル」で、 地上20階、塔屋1階、地下3階、高さ 99.82mです。その前がJRの品川駅港南口になります。

|

2007年7月27日 (金)

ホタルノヒカリ (ロケ地:大崎セントラルタワーの屋上)

Osaki1













-ホタルノヒカリ-

 7月~9月のテレビドラマの中では視聴率が好調なようです。ただし第3話は裏番組にハリーポッターやサッカーの試合があったため苦戦していました。私的にはこのクール一番のお気に入りドラマです。

 綾瀬はるかの干物っぷりが面白くて、そこまでやるか!という感じです。綾瀬はるかに対するイメージが良い意味ですっかり変わってしまいました(笑)。

 国仲涼子も久しぶりにおしとやかな役で、第3話の「弱虫!いくじなし!ダンゴ虫!」という台詞はなんとも雰囲気がかわいくて素敵でした。
 
 

Osaki2












 雨宮蛍(綾瀬はるか)と手嶋マコト(加藤和樹)が屋上の階段で会話するシーンや雨宮蛍(綾瀬はるか)が屋上の階段で缶ビールを飲むシーンが出てきました。

 周辺のビルの見え方や、屋上の形状からロケ地は「アートビレッジ大崎セントラルタワー」の屋上の階段に間違いないと思われます。地上のロケもこのビルで行われています。
 
 
 
Osaki3











-結婚できない男-
 ホタルノヒカリとは関係ないですが、大崎周辺はテレビドラマ「結婚できない男」でもロケ地の中心でした。
 この橋は目黒川に架かる「御成橋」で、主人公の桑野信介(阿倍寛)頻繁に歩いて渡っていました。場所は一番上の航空写真で確認してください。



Osaki4











 こちらもテレビドラマ「結婚できない男」のによく登場した目黒川に架かる「鈴懸歩道橋」です。
 早坂夏美(夏川結衣)がよく歩いて渡っていたのがこの橋です。 場所は一番上の航空写真で確認してください。   

|

2007年7月26日 (木)

三越と伊勢丹が統合交渉開始!

-三越と伊勢丹が統合交渉-
 7月25日に各マスコミが一斉に、三越と伊勢丹が統合交渉を開始したことを報じました。経営統合が実現すると、2007年3月決算で連結売上高8041億円の三越と7818億円の伊勢丹の売上高が合算されるので、1兆5859億円の巨大百貨店グループが誕生することになります。

 1兆5859億円という売上高は、大丸と松坂屋が経営統合したことにより誕生した「J.フロントリテイリング」の1兆1737億円や高島屋の1兆494億円を売上高で大幅に上回り、ダントツの1位になります。

 三越は、今でこそ普通の百貨店ですが、1980年代初めまではブランド力が圧倒的に高く、業界では圧倒的なナンバーワンでした。
 少し大げさですが他の百貨店が束になっても利益ではかなわない状態でした。私の母や祖母はよく三越の包装紙を有り難がってきれいにとって残していました。

 それが1982秋の通称「岡田事件」で状況が一変します。当時三越の超ワンマン社長だった岡田茂社長が愛人と共謀して会社を私物化し大損害を与えたとして「特別背任罪」で逮捕されました。
 テレビ・新聞・雑誌は毎日のようにこのニュースを取り上げ、そのことにより三越のイメージは地に落ちました。岡田社長は解任され三越はイメージアップに取り組みますが、1度傷ついたイメージはなかなか回復しませんでした。

 三越は、バブル期に本業以外のゴルフ場開発に乗り出し、バブル崩壊により大きな火傷を負います。阪急百貨店と並び優良な財務体質を誇っていた三越はここでも大きく傷つきます。


 方や伊勢丹は、1980年代ごろまでは、新宿の本店以外は大したこともなく大手の中では下位の方でした。言葉は悪いですが「新宿の地方百貨店」という感じでした。

 しかし本業に徹し、人材を育て地道に経営してきたおかげで、今や「ファッションの伊勢丹」といわれファッションに関しては伊勢丹の右に出るものはいません。また百貨店の「人材供給基地」といわれるくらい優秀な人材もそろっています。

 1980年代初めの会社四季報や会社情報を取り出してみると、当時の三越の素晴らしい決算を見て時代の流れを感じます。
 
 
 
Tokyomitsukoshi1











-三越・日本橋本店-

 三越の基幹店である東京日本橋の本店です。日本橋店の売上高は2005年度で2906億円になっています。
 これは日本の全百貨店でNo1ですが、恵比寿店、吉祥寺店、多摩センター、新宿アルタ店、サンシャインシティアルタ店ほかの小型店含んだ数値です。
 
 
 
Tokyoisetan1











-伊勢丹・新宿本店-
 伊勢丹の基幹店の中の基幹店です。 伊勢丹だけではなくすべての百貨店の目標で、百貨店の中の百貨店という感じです。
 特にファッションには圧倒的の強く「ファッションの伊勢丹」の象徴です。

 2005年度の売上高は、2522億円(売場面積64,296㎡)で、店売りベースでは実質の店舗別売上No1と言われています。

|

2007年7月24日 (火)

品川周辺遠景

Tokyoshinagawa1











-羽田空港による厳しい制限
 このあたりは羽田空港に近いためいろいろ制限があります。

 ヘリコプターやセスナ機もこれより羽田空港に近い場所を飛ぶ時は事前に許可が必要です。

 ビルの高さも揃えたように同じになっています。だだ写真の左側(北側)に行くほど高さ制限が緩和されるのでビルは高くなります。


-品川駅-
 写真下部に3つの駅が見えます。一番手前が京浜急行の品川駅です。JRからの乗り換えや乗りつぎなどで乗降客数も多いですが、ホームは3つしかありません。

 中央の巨大な駅が、JR東日本の品川駅です。山手線・京浜東北線・東海道線・横須賀線などの駅が集中しています。特に横須賀線は品川駅から地上に出るので乗り換えは品川駅を使う場合が多いです。
 朝のラッシュ時は、膨大な数のサラリーマンやOLが無言でひたすら橋上駅舎の東西自由通路を品川グランドコモンズや品川インターシティ方向に歩いていて壮観な眺めです。

 一番奥の南北に長い建物が、JR東海の東海道新幹線の品川駅です。地上に新幹線の駅があり、駅の上はビルになっておりJR東海の東京本社になっています。

|

2007年7月22日 (日)

大阪市臨海部「中島地区」

Osakanakajima1











-大阪マンハッタン構想-
 関西在住の方でもほとんど覚えていないと思いますが、「中島地区」はバブル期に「大阪マンハッタン構想」が計画されていた場所です。

 バブル期に、関西新空港の開港をにらみ、阪急グループがゼネコンと共同で土地を取得しました。

 面積は約21万㎡と広大で、構想では超高層ビル、超高層マンション、大型商業施設などを整備する計画でした。
 当時のことを思い出して書いているので間違っているかも知れませんが、確か阪急電車(阪神ではない)の延伸も計画されていたと思います。

 しかしバブルが崩壊し、阪急グループの「負の遺産」の象徴になりました。阪急グループが、阪神グループと比べ梅田周辺をつい最近までずっと眠ったように新規開発を行わなかったのは、この「負の遺産」の後遺症だった言われています。


-動き出した「中島地区」-
 バブル崩壊から約16年経過しました。景気回復が遅れていた関西も回復が鮮明になり「中島地区」もついに動き出しました。

 日経新聞によると、工期を2期に分けて、第1期となる東側の97,000㎡は今年中に宅地造成に入り、残りの西半分は2009年度に着工し2011年度にすべて開発を終えるそうです。
 基本的には阪急グループが大型マンションを阪神グループが戸建て住宅を建設し、一部は複数の開発業者に売却予定です。

 「中島地区」が動き出したのは景気回復も大きいと思いますが、阪神電気鉄道の西大阪線延伸も大きいです。最寄りの駅である阪神西大阪線の・出来島駅は支線の小さい駅でしたが、延伸により一気に利便性高くなります。

 阪神百貨店の立替え計画もそうですが、「中島地区」の開発も阪急と阪神の統合のプラスの面が出た結果です。

 場所はここ → Yahoo!地図情報

|

2007年7月20日 (金)

テレビドラマ 「ファースト・キス」 ロケ地

Tokyokiss1











-スタジオキャナル-
 井上真央主演で現在放送されているフジテレビ系の月9ドラマ「ファースト・キス」によく写真の撮影スタジオが登場します。

 撮影スタジオのロケは江東区の「スタジオキャナル」で行われています。
 スタジオキャナルのホームページで確認しても正確な場所はわかりませんでしたが、写真左端の運河沿いの緑色の建物が多分そうだと思います(間違っていたらゴメンナサイ・・・)。

 写真右にあるタワーマンションは、「都営住宅潮見一丁目アパート」で、地上36階、塔屋1階、地下2階、高さ124mです。
 
 

Tokyokiss2









Tokyokiss3











-クリスタルヨットクラブ-
 1話には「クリスタルヨットクラブ」も登場していました。

 クリスタルヨットクラブは、天王洲アイルから京浜運河をはさんで東側にあります。テレビのロケによく登場します。

 下の写真はクリスタルヨットクラブが所有し、東京湾クルーズに使われている「レディクリスタル」号です。

 電車男の1話冒頭で、エルメス(伊東美咲)が会社のパーティで船の上から花火を眺めていたのがこのクルーズ船です。 

|

2007年7月18日 (水)

甲子園球場・ナイター編

Kosien6













-2007年秋からの大改修工事-

 甲子園球場というと外壁のツタのイメージがありますが、現在は今年の秋から始まる200億円の大改修工事の準備にそなえて半分撤去されています。
 そのあとにはツタ風の絵を描いたフェンスで覆われていますが、なんとも味気ないです。

 写真上部にある商業施設は「ららぽーと甲子園」です。甲子園阪神パークの跡地に完成しました。

 写真下にある四角い建物は、新しく建設された「阪神タイガース室内練習場」です。球場から直接空中の通路で結ばれているので、ファンは練習場に向かう選手を見ることは出来ません。
 その横にあるのが「阪神タイガースクラブハウス」です。前で試合前にトラッキーとラッキーの撮影会がよく行われています。
 
 

Kosien7













-あとひとり!あとひとり!-

 ジェット風船はラッキーセブンの7回裏に上げますが、9回表(延長戦の場合は別)に勝利が濃厚な場合も膨らませます。

 そのときは「あとひとり!あとひとり!」、「あと1球!、あと1球」と絶叫しながら風船を上下させます。
 
 
 

Kosien8













-勝利のジェット風船-

 2007年7月17日の阪神-巨人戦です。4-0で勝ちました。

 勝った時のジェット風船は、昔は数が少なかったのですが、最近は7回の裏のラッキーセブンと同じくらい上げるようになりました。
 
 
 

Kosien9











-1か月ぶりの六甲颪-
 ヒーローインタビューは、赤星選手でしたが「甲子園球場で阪神が勝利するのは1カ月ぶりです!」とアナウンサーが言っていました。

 そんなに勝ってなかったのか・・・ 1か月ぶりの六甲颪(ろっこうおろし)です。

 ♪ 六甲颪に颯爽と. 蒼天翔ける日輪の. 青春の覇気美しく. 輝く我が名ぞ阪神タイガース・・・ ♪

|

2007年7月16日 (月)

芝浦アイランド

Tokyoshibaura2











-芝浦アイランド-

 東京都交通局用地(北側)と三井製糖(南側)の再開発プロジェクトです。

 2007年初めから春にかけて街開きされました。すでに3棟のタワーマンションが完成しています。

 左端が「芝浦アイランド<エアタワー>」、地上48階、地下1階、高さ 169.9mです。<エアタワー>は賃貸マンションになっています。

 真中が「芝浦アイランド グローヴタワー」、地上49階、塔屋2階、地下1階、高さ168.8mです。グローヴタワーは分譲マンションです。

 右端が「 芝浦アイランド ケープタワー」、地上48階、塔屋2階、地下1階、高さ 161.00m(160mという情報もあります)です。ケープタワーは分譲マンションです。

 写真ではグローヴタワーに隠れて見えませんが、現在「 (仮称)芝浦アイランドA3街区プロジェクト新築工事」が、2008年秋の入居開始を目指して工事が行われています。
 完成すると地上48階、地下0階、高さ167.415mになる予定です。A3棟は賃貸マンションになる予定です。
 
 
 
Tokyoshibaura3











-バブル期初期のイメージ図-
 芝浦アイランドの再開発は、最近動き出したようなイメージがありますが、実はバブル期前から構想はありました。

 完成イメージ図は1987年頃のものです。現在は、一部商業棟を除きほとんどが住宅棟になっていますが、当時はオフィスや教育・文化の諸施設も整備される予定でした。

 しかし、芝浦アイランドの再開発は具体化せず、バブル崩壊をむかえます。

 その後、東京都主催の港区・芝浦アイランド地区を対象とした 「都心居住推進アイディアコンペ」でUG都市建築の提案が最優秀賞を受賞します。
 50階~78階の超高層タワーマンションが4棟あるイメージ図になっています。でも実際は羽田空港の航空法による高さ制限でこんなに高い建築物は建てられないのですが・・・

 高さや外観は現在の姿とは違いますが、建物の配置等は現在の姿と変わりがありません。

 UG都市建築(芝浦アイランド都心居住推進コンペ最優秀賞)

|

2007年7月15日 (日)

新建築別冊「NTTファシリティーズ」

Book2











 ちょっと一休みして本の紹介をしたいと思います。

 先日、新建築社から新建築の2007年7月別冊「まもりぬくデザイン NTTファシリティーズ」が発売されました。

 A4サイズで230ページ(プラス広告54ページ)、定価は3800円(税込)です。

 NTTファシリティーズが設計したビルの高さ、面積等の貴重な情報がたくさん掲載されています。

 NTTファシリティーズが設計するビルは、当然のごとくNTT関連企業の超高層ビルも多く、通信塔を備えたビルがたくさんあります。図を見ていると何をもってビルの高さとするのか、また悩みが増えてしまいました。
 残念なのは最高部の高さは載っているのですが、ビル本体の高さが載っていないところです。本当はそこが一番知りたかったのですが・・・

 新建築は月刊誌として毎月1日に発売されます。税込2000円と月刊誌にしてはかなり高めなので毎月買うのは苦しいですが、時々発売される別冊や臨時増刊号は内容が凝縮されているので買う価値があります。

|

2007年7月14日 (土)

ORC200(オーク200)

Osakaorc2001











-ORC200-

 公有地信託制度を導入によるコンペを実施して、当時の大和銀行、三菱信託銀行、三井信託銀行の3行連合案と住友信託銀行案の2つが最優秀提案として1987年6月に採用されました。
 
 2つの案を元に両案を合わせた最終計画案が1987年12月にまとまりました。
 結果的には大和銀行、三菱信託銀行、三井信託銀行の3行連合の案が色濃く反映されたデザインになりました。

 左端が「ORC200 プリオタワー」で、地上50階、地下2階、高さ167.4mです。2~7階がオフィスで、8~50階までがマンションになっています。

 真中が「ORC200 1番街」で、地上51階、塔屋2階、地下3階、高さ200.05mです。複合ビルですが、基本的には上層階がホテル、下層階がオフィスになっています。

 右端が「 クロスタワー大阪ベイ」で、地上54階、地下2階、200.375mです。現時点では日本一高さが高いタワーマンションです。
 
 
 
Osakaorc2002 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
計画が発表された直後の、1987年6月12日に撮影したものです。開発前は広いグランドでした。この頃はもうかなりの超高層ビルヲタになっていました(笑)。
 
 
 Osakaorc2003
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 1987年6月に発表された2案です。上が大和銀行、三菱信託銀行、三井信託銀行の3行連合案で、下が住友信託銀行案です。 

|

2007年7月12日 (木)

ホタルノヒカリ (アートヴィレッジ大崎セントラルタワー)

Tokyoosaki2











-ホタルノヒカリ-

 2007年7月11日(水)から日本テレビ系列で「ホタルノヒカリ」が始まりました。

 物語は、「S.Wビルドコーポレーション」のインテリア事業部で働く雨宮蛍(綾瀬はるか)を中心に進んでいきます。

 会社ではテキパキと働き、社内での評判もいいようです。一見華やかなOLを装っている彼女ですが、実は「干物女(ひものおんな)」だったのです。

 家では1日中ジャージ姿、前髪はちょんまげ、おまけに尻をポリポリかく始末・・・ 合コンには全く興味がなく、男っ気が全くありません。

 そこにロンドンからイケメンデザイナー・手嶋マコト(加藤和樹)が帰って来ます。ある出来事をきっかけに雨宮蛍は手嶋マコトに恋をしてしまいます。はたして干物女の恋の行方は?


-アートヴィレッジ大崎セントラルタワー-
 「S.Wビルドコーポレーション」のオフィスはアートヴィレッジ大崎セントラルタワーでロケが行われています。

 写真中央の大きなサイコロのようなビルがアートヴィレッジ大崎セントラルタワーです。地上22階、塔屋1階、地下1階、高さ98.71mです。当初計画では高さが99.0mでしたが、東京都の「工事完了届出書」を見ると98.71mのようです。

 JR大崎駅からは屋根付きのペデストリアンデッキが整備されていて、雨の心配なしに行くことが出来ます。

|

2007年7月11日 (水)

牛に願いを Love&Farm (芝浦工業大学豊洲キャンパス)

Tokyotoyosu1











-牛に願いを Love&Farm-

 フジテレビ系(制作は関西テレビ)で、2007年7月3日から「牛に願いを Love&Farm」が始まりました。物語は東京にある関東農業大学に在籍する学生たちが、北海道での実習に3ヶ月間参加して、動物や村の人たちとのふれあいにより精神的に成長していく物語です。

 彼ら・彼女らは勉学に燃えて、あるいは動物が好きだからという理由で北海道に来たわけではなく「必修だから、単位が足りないから、旅行気分」という軽い気分で実習に参加します。当然のことながらハプニングが連続します。はたして彼ら・彼女の行方は・・・

 出演は、玉山鉄二、小出恵介、相武紗季、香里奈、戸田恵梨香などです。まあ私の場合は「相武紗季」がカワイイから見ているだけですが(笑)・・・

 当然のことながら「関東農業大学」という大学は存在しません。ロケは「芝浦工業大学豊洲キャンパス」で行われています。


-芝浦工業大学豊洲キャンパス-
 現在、芝浦工業大学には「豊洲キャンパス」、「大宮キャンパス」があります。ずっと「芝浦キャンパス」がメインキャンパスでしたが、2006年4月に「豊洲キャンパス」がオープンして現在は本部も豊洲にあります。

 豊洲キャンパスの概要は、敷地面積30,000.26㎡、延床面積61,934.86㎡です。メインの研究棟は地上14階、塔屋1階、地下1階、高さ 67.5m(軒高 67.3m)です。


-芝浦RENASITE(ルネサイト)-
 「芝浦キャンパス」があった跡地は現在再開発が行われています。日本初の「大学」「オフィス」「ホテル」連携による再開発で、名称は「芝浦RENASITE(ルネサイト)」に決定しています。

 当初は2棟の超高層ビルと低層棟の合計3棟が計画されていましたが、超高層棟は1棟になり高さも少し低くなっています。A街区は芝浦工業大学が土地の所有を継続し、新キャンパスを建設します。開校は2009年4月を予定しています。

 新日鉄都市開発ニュースリリース(2007/07/05)
 「芝浦三丁目再開発プロジェクト」が本格着工

|

2007年7月10日 (火)

大川端リバーシティ21の全景

Tokyoriver212











-大川端リバーシティ21-

 IHI(7月1日より石川島播磨重工業から社名変更)の工場跡に誕生しました。

 手前の4棟が左から、「 コーシャタワー佃」、 地上37階、地下2階、高さ118.8m

 「イーストタワーズ」、地上37階、塔屋2階、地下2階、高さ127.9m

 「イーストタワーⅡ」、地上43階、塔屋2階、地下2階、高さ144.87m

 右端が「センチュリーパークタワー」、地上54階、塔屋2階、地下3階、高さ180.00mです。

 奥に見える2棟が左から、「 シティフロントタワー」、 地上31階、地下2階、高さ118.84m

 少し見えるのが「リバーポイントタワー」、地上40階、塔屋2階、地下2階、高さ約132mです。リバーポイントタワーが大川端リバーシティで一番最初に竣工しました。

 一番高く大きいセンチュリーパークタワーに隠れて全く見えませんが、「スカイライトタワー」、地上40階、塔屋2階、地下2階、高さ139.2mがあります。



Tokyoriver213











 永代橋から撮影した「大川端リバーシティ21」です。
 
 
 
Tokyoriver214











 隅田川大橋から撮影した「大川端リバーシティ21」です。手前に見える橋が「永代橋」で、大正15年12月に完成しました。

 永代橋は、2007年6月に勝鬨(かちどき)橋、清洲橋と共に国の重要文化財に指定されました。

|

2007年7月 8日 (日)

北浜・本町周辺

Osakakitahama1











 北浜・本町周辺のアップです。遠くに見えるのは天王寺・阿倍野周辺です。
 2棟の高いビルは、左側が「シティタワーグラン天王寺」、右側が「あべのグラントゥール」です。

 写真中央の3棟は左から「シティタワー大阪」、地上50階、塔屋1階、地下1階、高さ 169.80mです。

 中央が「りそなホールディングス本部」、地上25階、塔屋1階、地下4階、高さ121.00mです。

 右側が「大阪国際ビルディング」、地上32階、棟屋1階、地下3階、125.11mです。このビルは大阪市では最古参の超高層ビルです。

 写真左下に「The Kitahama(ザ・キタハマ)」の建設現場が見えます。 完成すると地上54階、塔屋2階、地下1階、高さ209.35mの日本一高い超高層タワーマンションになります。

|

2007年7月 6日 (金)

山おんな壁おんな (銀座三越)

Tokyoginza1













-山おんな壁おんな-

 7月5日(木)夜10時からフジテレビで「山おんな壁おんな」が始まりました。

 物語は、銀座・丸越デパート本店1階のバッグ売り場の主任である青柳恵美(伊東美咲)を中心として展開していきます。

 彼女は、モデルのような美貌の持ち主のですが、唯一のコンプレックスが、「壁」のようにバストが小さいこと・・・  ある日、1階のバッグ売り場に巨乳の毬谷まりえ(深田恭子)が配属されます。

 感想ですが、面白かったです。伊東美咲主演のドラマでは一番面白いかも知れません。 それにしても売り場に、伊東美咲や深田恭子がいるようなデパートがあったら毎日でも行きそうです(笑)。


-銀座三越-
 当然ながら「丸越デパート」という名称のデパートは銀座にはありません。ロケは「銀座三越」で行われているようで、買物袋も三越の紙袋をそのまま使っていました。

 日経MJ紙によると銀座三越(三越銀座店)はの売上は、2005年度で約602億円です。全国のランキングでは33位で、三越の中では日本橋本店、名古屋栄店に次いで3位の売上高になります。

 売場面積は、24,056㎡とかなり小さいです。フロアは地下3階~地上8階+屋上までありますが、売場面積が狭いのでファッション関係と食品に特化しています。
 
 
 
Tokyoginza2











地上から見た「銀座三越」です。 

|

2007年7月 5日 (木)

都市再生・千フィート今昔

Book1











  ちょっと一休みして本の紹介をしたいと思います。

 題して「都市再生・千フィート今昔」、今年の4月15に発売された「空からの定点撮影写真集」です。

 超高層ビルファンなら喉から手が出るような写真がたくさん掲載されています。ちなみにICOCAカードとSUICAカードは本の大きさを比較するためで本の付属品ではありません(笑)。

 札幌市から福岡市まで、代表的な都心の航空写真が掲載されています。基本的には1970年代もしくは1980年代と現在の写真が載っていて比較することが出来ます。
 価格はちょっと高めの4000円+消費税です。最初に見た時に衝動買いしようと思いましたが。財布がピンチだったので今まで我慢していました。


 写真はプロカメラマンの渡部文(わたなべまなぶ)氏が撮影しています。美しい航空写真を撮影するには「視程40km以上」の条件が必要だそうです。「視程40km」になるまで何日も待ち続けるそうです。
 私のような素人にはとても、真似できない不可能な条件ですが、そのため透明度抜群の素晴らしい写真が撮影できるのですね。

 本の最後に、なぜ大阪市は透明度の悪い日が多く、撮影が難しいのか理由を書いていました。渡部氏も大阪の撮影はいつも苦労するそうです。
 確かに私の経験でも、年に2回しか行かない東京より、ほぼ毎週行っている地元大阪の方がいい写真が撮影できていません。大気が「どよーん」とした日が多いからです。地形が原因とはおぼろげに分ってましたが、納得できました。 

|

2007年7月 4日 (水)

スティール・パートナーズ VS サッポロビール

Tokyosteel1











-スティール・パートナーズ・ジャパン-
 
スティール・パートナーズ(Steel Partners)はアメリカに本社をおくヘッジファンドです。

 ウォレン・リヒテンシュタイン氏によって1993年に設立されました。「スティール」の名前は最初に投資した先が鉄鋼メーカーの株だったことに由来します。

 「スティール・パートナーズ・ジャパン」は日本法人として2001年11月に設立されました。本社は東京都千代田区丸の内二丁目2-1岸本ビル9Fにあります。

 現在、日本の数々のメーカーにTOB(株式公開買付)を行ったり、行うと発表しています。その中で最大規模の会社がサッポロホールディングス(サッポロビールの持株会社)です。

 6月12日にウォレン・リヒテンシュタイン氏が東京で記者会見を開きました。「我々は日本企業の経営陣を助けにきた!」と熱弁を振るっていましたが、強引に株を買い占めて「助けにきた!」と言われても・・・
 
 

Tokyosteel2











-サッポロホールディングス-
 サッポロホールディングスはサッポロビールの持株会社です。本社は、東京都渋谷区恵比寿四丁目20-1にあります。

 日本のビール業界は、現在アサヒビールとキリンビールがトップのシェアを争っており、サッポロビールは大幅に遅れて3位です。

 ビールでは苦戦していますが、恵比寿の一等地に「恵比寿ガーデンプレイス」という優良不動産を所有しており、別名「サッポロビール不動産」と言われるほどです。スティール・パートナーズは、この不動産が目的だとも言われています。 

|

2007年7月 3日 (火)

大阪ガーデンシティ

Osakaumeda1











-大阪ガーデンシティ-
 もともとは国鉄の「西梅田貨物駅」でした。1982年11月に「西梅田貨物駅」は役目を終え、再開発する機運が盛り上がります。

 しかしなかなか着工されず、バブル経済突入、そしてバブル経済崩壊を迎えます。

 最初に「毎日新聞ビル」が竣工しましたが、超高層ビル群が本格的に着工されたのは、1993年12月の「ハービス大阪」からです。

 ハービス大阪も順調ではありませんでした。1995年1月17日に阪神淡路大震災があったからです。阪神電鉄自身も数百億円の損害を受けたため、工事継続が危ぶまれました。しかしなんとか危機を乗り越え1997年3月の無事竣工しました。

 数が多いので具体的な概要は「超高層ビルとパソコンの歴史」のデーターベースでご覧ください。分りにくいのでビル名を写真に入れておきます。
 
 
 
Osakaumeda2  






















 バブル期に発表された完成イメージ模型の写真です。

|

2007年7月 1日 (日)

パークタワー芝浦ベイワードの謎

Tokyoshibaura1











一卵性双生児ではなかった2棟-
 パークタワー芝浦ベイワードは、オーシャンウィングが分譲で、アーバンウィングが賃貸という違いがあっても、小さい仕様の違いは別として、2棟がほとんど同じ「一卵性双生児」かと思っていました。

 実際、東京都がホームページで公開している「建築物環境計画書」では、高さや面積等はほとんど同じでした。
 しかし竣工した後の「工事完了届出書」では高さが異なっていました。計測する基準の違いもしくは単なる誤記?かと思っていましたが、写真をよく見ると実際違うことがわかりました。

パークタワー芝浦ベイワード オーシャンウイング
◆ 階数-地上29階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-最高部104.74m、軒高97.64m
◆ 延床面積-20,679.37㎡

パークタワー芝浦ベイワード アーバンウイング
◆ 階数-地上29階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-最高部102.79m、軒高97.54m
◆ 延床面積-20,662.73㎡

 上空から見る限りオーシャンウィングにはヘリポートがありますが、アーバンウィングにはありません。これが約2mの高さの違いだと思われます。
 インターネット、図書館、書店いろいろ調べてみましたが、超高層ビルにおける「ヘリポートの設置基準」は結局わかりませんでした。

|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »