« 新建築別冊「NTTファシリティーズ」 | トップページ | 甲子園球場・ナイター編 »

2007年7月16日 (月)

芝浦アイランド

Tokyoshibaura2











-芝浦アイランド-

 東京都交通局用地(北側)と三井製糖(南側)の再開発プロジェクトです。

 2007年初めから春にかけて街開きされました。すでに3棟のタワーマンションが完成しています。

 左端が「芝浦アイランド<エアタワー>」、地上48階、地下1階、高さ 169.9mです。<エアタワー>は賃貸マンションになっています。

 真中が「芝浦アイランド グローヴタワー」、地上49階、塔屋2階、地下1階、高さ168.8mです。グローヴタワーは分譲マンションです。

 右端が「 芝浦アイランド ケープタワー」、地上48階、塔屋2階、地下1階、高さ 161.00m(160mという情報もあります)です。ケープタワーは分譲マンションです。

 写真ではグローヴタワーに隠れて見えませんが、現在「 (仮称)芝浦アイランドA3街区プロジェクト新築工事」が、2008年秋の入居開始を目指して工事が行われています。
 完成すると地上48階、地下0階、高さ167.415mになる予定です。A3棟は賃貸マンションになる予定です。
 
 
 
Tokyoshibaura3











-バブル期初期のイメージ図-
 芝浦アイランドの再開発は、最近動き出したようなイメージがありますが、実はバブル期前から構想はありました。

 完成イメージ図は1987年頃のものです。現在は、一部商業棟を除きほとんどが住宅棟になっていますが、当時はオフィスや教育・文化の諸施設も整備される予定でした。

 しかし、芝浦アイランドの再開発は具体化せず、バブル崩壊をむかえます。

 その後、東京都主催の港区・芝浦アイランド地区を対象とした 「都心居住推進アイディアコンペ」でUG都市建築の提案が最優秀賞を受賞します。
 50階~78階の超高層タワーマンションが4棟あるイメージ図になっています。でも実際は羽田空港の航空法による高さ制限でこんなに高い建築物は建てられないのですが・・・

 高さや外観は現在の姿とは違いますが、建物の配置等は現在の姿と変わりがありません。

 UG都市建築(芝浦アイランド都心居住推進コンペ最優秀賞)

|

« 新建築別冊「NTTファシリティーズ」 | トップページ | 甲子園球場・ナイター編 »

122 東京都・港区①」カテゴリの記事