« シティタワー西梅田のヘリポート | トップページ | 大阪ガーデンシティ »

2007年7月 1日 (日)

パークタワー芝浦ベイワードの謎

Tokyoshibaura1











一卵性双生児ではなかった2棟-
 パークタワー芝浦ベイワードは、オーシャンウィングが分譲で、アーバンウィングが賃貸という違いがあっても、小さい仕様の違いは別として、2棟がほとんど同じ「一卵性双生児」かと思っていました。

 実際、東京都がホームページで公開している「建築物環境計画書」では、高さや面積等はほとんど同じでした。
 しかし竣工した後の「工事完了届出書」では高さが異なっていました。計測する基準の違いもしくは単なる誤記?かと思っていましたが、写真をよく見ると実際違うことがわかりました。

パークタワー芝浦ベイワード オーシャンウイング
◆ 階数-地上29階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-最高部104.74m、軒高97.64m
◆ 延床面積-20,679.37㎡

パークタワー芝浦ベイワード アーバンウイング
◆ 階数-地上29階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-最高部102.79m、軒高97.54m
◆ 延床面積-20,662.73㎡

 上空から見る限りオーシャンウィングにはヘリポートがありますが、アーバンウィングにはありません。これが約2mの高さの違いだと思われます。
 インターネット、図書館、書店いろいろ調べてみましたが、超高層ビルにおける「ヘリポートの設置基準」は結局わかりませんでした。

|

« シティタワー西梅田のヘリポート | トップページ | 大阪ガーデンシティ »

122 東京都・港区①」カテゴリの記事