« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

大手町連鎖型再開発第二弾!

Tokyoootemachi0802
-大手町連鎖型再開発第二弾-

 大手町の連鎖型再開発の第二弾が明らかになりました。計画地は、現在「(仮称)大手町地区第一次再開発事業」が行われている東側のブロックになります。
 計画では、日本経団連会館、日本経済新聞社ビル、JAビルの3棟の敷地面積約14,100㎡に「A棟」と「B棟」の高層ツインタワーを建設する予定です。

 現状での最高限度は、容積率が1470%、最高高さが150mになっていますが、特区制度などの活用によって、容積率などが上乗せされる可能性もあるそうです。延床面積は200,000㎡以上、2010年の着工、2012年の竣工を予定しています。

 1棟当たり、高さ125m程度、床面積100,000㎡を想定しているようです。ちなみに先に再開発が行われている「(仮称)大手町地区第一次再開発事業」は、敷地面積13,339.08㎡で延床面積235,866.76㎡です。
◆ A工区:日経新聞社棟 地上31階、塔屋1階、地下4階、高さ約150m
◆ B工区:JA棟 地上37階、塔屋2階、地下4階、高さ約180m
◆ C工区:経団連棟 地上23階、塔屋1階、地下4階、高さ約122m

|

2008年2月28日 (木)

霞が関コモンゲートの空撮

Tokyokasumigaseki0802
-霞が関コモンゲート-

 今まで、首相官邸や防衛省の写っている写真は、自己判断で載せない方がいいと思い載せていませんでした。しかしGoogleアースやマップの衛星写真の解像度が大幅にアップし、詳細に見る事が出来るため、自己規制は何の意味もなくなったのでこれからは載せていきます。

 「霞が関コモンゲート」は、旧:文部科学省庁舎及び旧:会計監査院庁舎の建て替えプロジェクトです。これからはビルは国がPFI事業として行う「中央合同庁舎第7号館整備等事業」の一般競争入札で、新日本製鐵グループが落札し建設されました。
 プロジェクトの名称は「霞が関R7プロジェクト」と呼ばれていました。計画名は「霞が関三丁目南地区第一種市街地再開発事業」です。
 東館(霞が関コモンゲート・東館)には、文部科学省、会計検査院が入居しています。 西館(霞が関コモンゲート・西館)には、金融庁、霞山会館、民間のオフィスが入居しています。

 私は、「超高層ビル」の写真は、お見合い写真に例えると、バックが雲ひとつない快晴で、ビルを斜めから見上げるのが一番ハンサムもしくは美人に撮影出来ると思っています。
 「霞が関ビル」をなんとか奇麗に撮影したかったのですが、アメリカ大使館に近く、外堀通沿いの警備が非常に厳しいためいつもタイミングを逃していました。そして昨年の9月に、「東京倶楽部ビルディング」が竣工したため、「霞が関ビル」の地上から斜め見上げの全景を撮影するのが不可能になってしまいました。その事が物凄く心残りです。 

概要
◆ JTビル 地上35階、塔屋2階、地下3階、高さ169.7m
◆ 特許庁総合庁舎 地上16階、塔屋2階、地下3階、高さ80.95m
◆ 東京倶楽部ビルディング 地上14階 地下1階、高さ74.76m
◆ 霞が関ビル 地上36階、塔屋2階、地下3階、高さ約156m
◆ 霞が関コモンゲート 西館 地上38階、塔屋1階、地下3階、高さ175.78m
◆ 霞が関コモンゲート 東館 地上33階、塔屋1階、地下2階、高さ156,67m

|

2008年2月27日 (水)

JR代々木駅周辺 「代ゼミ新タワー校舎」が2008年4月に開校!

Tokyoyoyogi0802
-JR代々木駅周辺&代ゼミ新タワー校舎-

 写真では、「JR・代々木駅」の構造が良く分ります。JR代々木駅は、3面4線の高架駅です。真ん中の1面2線の島式ホームを両側の1面1線の相対式ホームが挟む形になっています。写真でも分るように代々木駅には埼京線のホームはありません。

 新宿の超高層ビル群は新宿区のイメージがありますが、写真の中で名称を書いているものはすべて渋谷区に属します。今回は2008年4月開校予定の「代ゼミ新タワー校舎」を中心に紹介したいと思います。
 「代ゼミ新タワー校舎」は、新宿マインズタワーの南側の「代ゼミ造形学校」のあった場所に「代々木ゼミナール代々木2丁目プロジェクト」として建設されました。地上26階、塔屋1階、地下3階、高さ134.0mです。

 正式名称が「代ゼミ新タワー校舎」かどうかは分かりませんが、代々木ゼミナールの公式ホームぺージを見るとそのように書かれているので使用しました。
 ホームページによると、タワー棟は、3階までが、吹き抜けのエントランスホールで、真ん中の空中庭園がある場所から下が教室などの「学習空間」で、真ん中に空中庭園やレストラン等がある場所が「リフレッシュ空間」で、その上が「住居空間」のようです。

 住居空間は、賃貸マンションかと想像していましたが、そうではないようで、難関大学志望者専用の「学生用レジデンス」のようです。食事付きのようで、さぞかし家賃は高いんでしょうね!
 別棟には、医学部合格をサポートする「医学館」や代々木ライブラリーも設けられるようです。一流大学にはもはや金持ちしかいけない時代になったのでしょうか?

 代々木ゼミナール公式ホームページ・代ゼミ新タワー校舎

 「代ゼミ新タワー校舎」の手前にあるのが、「M・YAMANO TOWER」です。地上27階、地下3階、高さ97.35mです。「山野美容専門学校」で有名な山野学苑のビルで、専門学校と賃貸マンションになっています。上層階が、総戸数144戸の賃貸マンションです。
 「M・YAMANO TOWER」の前には、小田急・小田原線が走っています。なんと踏切があり新宿駅近くのこんな大都会に踏切があるのを見た時、最初は驚きました。朝のラッシュ時は「開かずの踏切」になるんでしょうね・・・

|

2008年2月26日 (火)

汐留シオサイト北部の空撮

Tokyoshiodome0802
-汐留シオサイト-

 昨日発売された、「週刊・東洋経済」と「週刊・ダイヤモンド」を見て、「何もそこまで書かなくても!」と軽くめまいがしました。
 私もどちらかというとネガティブな方です。でも「だから危機感を持たないと!だから改革をしないと!だから頑張らないと!」とプラス思考の部分もあるつもりです。それにやる気のある企業や自治体は積極的に応援しています。

 今の日本全体を覆う総悲観論には本当に滅入ってしまいます。日本が少しでも元気になるように微力ですが、ホームページとブログで「日本の元気!」を発信していきたいと思っています。
 というかテレビや雑誌などのマスコミの方々に言いたいのは、不安を煽るのは結構ですが、不況になって一番困るのは「広告収入が減るあなた方ではないのですか?」と聞いてみたいです。

 話を本題にも戻して「汐留シオサイト」の超高層ビルを左側から紹介をしたいと思います。
◆ 松下電工東京本社ビル 地上24階、地下4階、高さ119.85m
◆ 汐留シティセンター 地上43階、塔屋1階、地下4階、高さ215.75m
◆ 電通本社ビル 地上48階、塔屋1階、地下5階、高さ213.337m
◆ 日本テレビタワー 地上32階、塔屋2階、地下4階、高さ192.8m
◆ 東京汐留ビルディング 地上37階、塔屋2階、地下4階、高さ172.54m
◆ 汐留メディアタワー(共同通信社本社) 地上34階、塔屋2階、地下4階、高さ172.545m
◆ 汐留住友ビル 地上27階、塔屋2階、地下3階、高さ126.41m 
◆ 日本通運本社ビル 地上28階、地下4階、高さ136.51m
(注意)高さには多少誤差がある可能性があります。
 
 
Tokyoshiodome08022
春の汐留シオサイトです。
 
 
Tokyoshiodome08023
秋の汐留シオサイトです。

|

2008年2月25日 (月)

千代田区 J-city TOKYO(ジェイシティ東京)の空撮

Tokyokanda0802
-J-city TOKYO(ジェイシティ東京)-
 
「J-city TOKYO(ジェイシティ東京)」は、「神保町一丁目南部地区第一種市街地再開発事業」として完成しました。
 建築主は「神保町一丁目南部地区市街地再開発組合」で、三井不動産が権利者および保留床を取得する参加組合員として参加しており、総合企画も三井不動産が行っています。

 「東街区」、「西街区」、「北街区」の3つの街区で構成されています。東街区の「神保町三井ビルディング」と北街区の「神保町101ビル」はオフィスビルになっています。
 西街区の「東京パークタワー」は、住戸数324戸(店舗・事務所22区画含む)の超高層マタワーマンションで、三井不動産が251戸を保留床として取得し、分譲しました。
 
J-city TOKYOの概要
◆ 敷地面積 約14,020㎡
◆ 神保町三井ビルディング 地上23階、塔屋2階、地下3階、高さ108.3m、延床面積88,648.82㎡
◆ 東京パークタワー 地上29階、塔屋2階、地下3階、高さ104.79m、総戸数324戸、延床面積48,243.12㎡
◆ 神保町101ビル 地上12階、塔屋1階、延床面積4,516.58㎡

-靖国通- 
 写真は上が南側ですが、「靖国通」沿いの「神保町交差点」から「駿河台下交差点」までの間が有名な「古書店街」です。
 基本的に古書店街は靖国通りの南側だけに集まっています。店が道に対して北向きにあると太陽光が当たらないため、本が痛みにくいからです。小学館や集英社の本社も近くの白山通沿いにあります。

 「駿河台下交差点」から左側(東側)の一帯が、世界有数のスポーツ用品店が集まるエリアです。ビクトリア、ミズノ、ミナミスポーツなどの巨大店舗が集中して立地しています。これらの本店も靖国通沿いもしくは周辺にあります。スポーツ用品に関して揃わないものはまずありません。

 写真ではほとんど見えませんが、写真左下に明治大学リバティタワーが見えます。その前の「明大通」沿いが、ミュージシャンの聖地「お茶の水楽器街」です。JR・御茶ノ水駅まで、道路の東側を中心に楽器店が並んでいます。

|

2008年2月24日 (日)

品川周辺 タワーマンション群&芝浦水再生センターの巨大なイラスト

Tokyoshinagawa0802
-品川周辺のタワーマンション群-


 まず最初にブログの変更点のお知らせが2つあります。
★ カテゴリーの東京都の部分を細分化しました。今まで「東京都・その他」に分類していたものを「目黒区、文京区、台東区、荒川区、墨田区、中野区、世田谷区、大田区、その他」に9分割しました。

★ 画面の左上にGoogleの検索窓を設けました。ご存知のように検索エンジンは同一アドレスから通常最大2つまでしか表示できません。例えば「東京ミッドタウン」の記事を5回更新しても3回分は検索できません。
 ココログはアクセスを細かく解析出来るのですが、ページ別のアクセスを見ると、新しく記事を追加しても、昔にアップしたものが検索されて「せっかく更新したのに・・・」と残念に思っていました。
 Googleの「サイト内検索」は、指定されたホームページやブログだけの記事を検索する事が出来ます。更新時に更新情報をGoogleの「pingサーバー」に送信しているので過去にアップした分もほぼすべて検索できると思います。良かったら使ってみてください。

 話を本題に戻します。JR品川駅東側の港南三丁目・四丁目は、タワーマンション銀座と言っていいくらい超高層タワーマンションが林立しています。さすがにもう土地がほとんど残っていなくて、「(仮称)港南四丁目第3団地建替プロジェクト(民間施設ゾーン)」で当面は打ち止めのようです。この物件は「シティタワー品川」という名称になるようです。
 規模的には、地上43階、高さ 140.90mのタワーマンションです。東京都から70年の定期借地権付きで、分譲価格は東京都との契約で周辺の価格よりかなり低く抑えられるようです。いろいろなマンションの掲示板を見ても、たくさんの人が虎視眈々と狙っているようです。 

 「芝浦水再生センター」には巨大なイラストが描かれています。前から撮影したいと思っていました。「芝浦水再生センター」の周囲には、水処理施設の上に「芝浦中央公園」が整備され樹木が植えられています。テニスコートなどの運動施設もあります。
 公式ホームページを見ると、敷地面積は199,127㎡もあるそうです。処理区域は、千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区の大部分と品川区、文京区、目黒区、世田谷区、豊島区の一部で、総面積は6,440haだそうです。これは、山手線の内側の広さに相当する面積だそうです。
  
 
「芝浦水再生センター」の巨大なイラストはここです。
大きな地図で見る

|

2008年2月23日 (土)

東京ドーム周辺の空撮

Tokyodome0802
-東京ドーム-

 「東京ドーム」は、老朽化した後楽園球場を建て替えて1988年にオープンしました。屋根は内部の空気圧を外部よりも高くして持ち上げる「空気膜構造」を採用しています。
 両翼100メートル、センター122メートルと国際基準を満たしていますが、グラウンドが扇型ではなく正方形のような形をしているため左中間と右中間が極端に狭くホームランがよく出る球場になっています。よく東京ドームのホームランの事を「ドームラン」と皮肉を込めて言うのはそのためです。

 このような構造になったのは、後楽園球場を営業しながら東京ドームを建設したため敷地に制限があったのと、西側に隣接する小石川後楽園の樹木が日照不足の影響を受けるのを最小限にするために、屋根の高さを小石川後楽園に向かって低く設計したためです。

 私の中での東京ドームの思い出は、1987年に「マドンナ」が初来日した時の事です。当時の「マドンナ」は日本でも超スーパースターで、三菱電機のビデオデッキのテレビCMなどもあり物凄い人気でした。
 後楽園球場で3日間、大阪球場で2日間コンサートを予定していました。チケットの確保をめぐって凄まじい争奪戦が展開されました。
 大阪の分が確保出来ず、東京の分をなんとか確保しましたが、東京の3日の内の1日が台風だったか何か忘れましたが、中止になりました。隣に建設中の東京ドームを眺めながら「東京ドームがもう1年早く完成していたら!」と物凄い悔しい思いをして眺めたのを思い出します。

 写真右側にあるのが、「桜蔭学園(おういんがくえん)」が運営している桜蔭中学校・高等学校です。毎年、東京大学への合格者数が、全国でベストテンに入る超進学校です。もちろん女子高の中ではダントツ1位です。

高層ビルの概要
◆ 東京ドームホテル 地上43階、塔屋2階、地下3階、高さ約155m
◆ 文京シビックセンター 地上28階、地下3階、高さ145.70m
◆ JR貨物本社・大和ハウス東京ビル 地上23階、塔屋2階、地下2階、高さ107.55m
◆ トッパン小石川ビル 地上21階、塔屋1階、地下3階、高さ95.8m
◆ トヨタ自動車東京本社ビル 地上19階、 高さ約89m
(注)JR貨物本社・大和ハウス東京ビルの名称は他にも呼び方があるようで、正しいかどうかわかりません。

 飯田橋ファーストビルの裏で、「後楽二丁目西地区第一種市街地再開発事業施設建築物新築工事」が進行しています。 概要は、地上34階、地下3階、高さ149.60mで共同住宅、オフィス、店舗で構成される複合タイプの超高層ビルになる予定です。
 
 
Tokyodome08022
東京に行った時に、阪神戦がある場合はなるべく見に行くようにしています。

|

2008年2月22日 (金)

江東区 深川ギャザリアの空撮

Tokyofukagawa0802
-深川ギャザリア-
 
「深川ギャザリア」は、電線で有名なフジクラ(旧:藤倉電線)のフジクラ深川工場跡地の再開発プロジェクトで誕生しました。「深川ギャザリア」は、再開発を目的に設立した「フジクラ開発」により運営されています。
 オフィスビルやイトーヨーカドーを中心とする大規模なショッピングセンターにより構成されています。

オフィスビルの概要

◆ 深川ギャザリア タワーN棟-地上22階、地下2階、高さ98.9m、延床面積43,080.72㎡
◆ 深川ギャザリア タワーS棟-地上21階、塔屋2階、地下1階、高さ98.9m、延床面積45,730.17㎡ 
◆ 深川ギャザリア ウエスト1棟-地上9階、塔屋1階、高さ41.46m、延床面積約18,000㎡

 2007年1月に竣工した「深川ギャザリア タワーN棟」は、「野村不動産」が「フジクラ開発」から土地を賃借し建設しました。野村総合研究所が全フロアに入居しています。
 
 
場所はここです。

大きな地図で見る

|

2008年2月21日 (木)

六本木ヒルズの全景

Tokyoroppongi0802
-六本木ヒルズ-

 六本木ヒルズの計画名は、「六本木六丁目地区第一種市街地再開発事業」で、「森ビル」と「六本木六丁目地区市街地再開発組合」が約17年と総事業費約2,864億円をかけて完成させました。
 2003年4月25日(金)にグランドオープンしましたが、特に中心となる「六本木ヒルズ森タワー」が巨大で、延床面積が380,105.09㎡もあります。東京駅前の丸の内ビルディング(丸ビル)が159,907.74㎡なのでいかに大きいか分かります。 

概要
◆ 区域面積-約116,000㎡
◆ 敷地面積-約89,400㎡
◆ 延床面積-約759,100㎡
◆ 主要用途-オフィス、共同住宅、ホテル、店舗、美術館、映画館、テレビスタジオ、学校、寺院、備蓄倉庫
◆ 六本木ヒルズ森タワー-地上54階、塔屋2階、地下6階、高さ238.06m
◆ 六本木ヒルズ・レジデンスB棟-地上43階、塔屋2階、地下2階、高さ159.18m
◆ 六本木ヒルズ・レジデンスC棟-地上43階、塔屋2階、地下2階、高さ159.18m

 写真の「第二六本木ヒルズ」と書いてある場所は、週刊ダイヤモンドに、森ビルが「第二六本木ヒルズ」を計画中と掲載された一帯です。真偽のほどはわかりませんがどうなるのでしょうか?

|

2008年2月20日 (水)

JR池袋駅西口の空撮

Tokyoikebukuro08021
-池袋駅-

 JR池袋駅は写真でも分かりますが、島式4面8線の駅です。JRの池袋駅を挟むようにして、西側に東武鉄道、東側に西武鉄道の池袋駅があります。

 東武鉄道の池袋駅は、東武百貨店の1階部分にあり、3面3線の駅です。ホームは1番~5番までありますが、乗降客数に比べ駅が極端に狭いため朝のラッシュ時は凄まじい光景が展開されます。
 西武鉄道の池袋店は、西武百貨店の下にあります。4面4線の地上駅で、1番~7番までのホームと特急専用のホームがあります。西武池袋駅も朝のラッシュ時は凄まじい光景が展開されます。
 埼玉県の人口急増により、私鉄2社の乗降客数は許容量をはるかにオーバーした状態になっています。上に百貨店があるため2階建てにすることも出来ず、地下も地下鉄があるため掘ることが出来ません。

 朝夕のラッシュは問題ですが、池袋駅自体は非常に良く出来た造りになっています。駅が南北方向にあるので分かりやすく、東西自由通路が南・中央・北の3本あります。東西自由通路が南北ともうまく結ばれ極端に言えば「田」のような構造になっています。そのため地図を見ず直感的に歩いてもまず迷いません。私も池袋駅では迷ったことがありません。
 ただ、人間には歩きやすいのですが、車にとっては非常に使いにくい構造になっていて、西口から東口まで行くのに一苦労します。

 少し前までは、池袋駅西口には100mを超える高層ビルはなかったのですが、最近建設されるようになりました。トップバッターが「The Tower Grandia」で、地上38階、塔屋2階、地下2階、高さ 138.68mのタワーマンションです。
 2番目が「マイアトリア池袋 トーキョー・プレイシャス・タワー」で、地上32階、地下2階、高さ116.15mの賃貸タイプのタワーマンションです。

 「ホテルメトロポリタン」の正確な概要を調べていましたが、最近やっと分かりました。現在増築工事が行われており「建築計画のお知らせ」に既存施設の正確な概要が掲示されていたからです。
 このように思いがけなく、正確な概要が分るとうれしくなります。私にとって、新しい「建築計画のお知らせ」に出会うのが、東京の街を歩く大きな楽しみの一つです。


Tokyoikebukuro08022
「ホテルメトロポリタン」の正確な概要です。

|

2008年2月19日 (火)

東京オペラシティビルの空撮

Tokyooperacity0802
-東京オペラシティビル-

 新宿副都心の空撮は何枚も行いましたが、いつも「東京オペラシティビル」だけが欠けてしまいます。場所がちょっと離れていて京王・初台駅前にあるからです。新国立劇場の多くの敷地は渋谷区側ですが、超高層棟は、ギリギリ新宿区になります。

 アップルジャパンの本社があるのでかなり前ですが、iMacやiBookの研修で何度かビルに入った事があります。なんとか「東京オペラシティ」を中心にした上空からの写真を撮影したいと思っていましがやっと成功しました。
 ただ残念なのは、地上からの「東京オペラシティ」の全景を唯一撮影出来るポイントが「NTT東日本本社ビル」側にあったのですが、巨大な「西新宿ジャンクション」が出来てしまったので撮影ポイントがなくなりました。

 再開発前は、東京工業試験所、小田急百貨店配送センター、京王バスの操車場などがありました。
東京オペラシティビルの概要
◆ 所在地-東京都新宿区西新三丁目20-2
◆ 階数-地上54階、塔屋2階、地下4階
◆ 高さ-最高部234.37m、軒高222.37m
◆ 敷地面積-15,426㎡(街区全体:44,091㎡)
◆ 建築面積-13,795㎡(街区全体:33,338㎡)
◆ 延床面積-242,544㎡(街区全体:311,140㎡)
◆ 用途-オフィス、コンサートホール、アートミュージアム
◆ 設計・監理-(東京オペラシティ設計共同企業体)NTTファシリティーズ、都市計画設計研究所、TAK建築・都市計画研究所
◆ 施工-(東京オペラシティ建設工事共同企業体)竹中工務店、大林組、鹿島建設、清水建設、大成建設、フジタ、小田急建設、共立建設、京王建設、戸田建設、昭石エンジニアリング
◆ オープン-1996年08月08日

|

2008年2月18日 (月)

荒川区 三河島駅前地区再開発

Tokyomikawajima0802
-三河島駅前地区再開発-

 荒川区のJR三河島駅前周辺には2つの再開発計画があります。駅の北側の「「三河島駅北地区第一種市街地再開発事業」と駅南側の「三河島駅南地区第一種市街地再開発事業」です。

 今回、駅南側「三河島駅南地区第一種市街地再開発事業」の東京都の原案がまとまったようです。駅北側は、開発面積約15,000㎡と広いのですが、まだ詳細は発表されていません。
概要
◆ 事業名-三河島駅南地区第一種市街地再開発事業
◆ 所在地-荒川区東日暮里六丁目1番地他
◆ 施行者-三河島駅南地区市街地再開発組合
◆ 階数-地上33階
◆ 高さ-約120m
◆ 開発面積-約5,000㎡
◆ 建築面積-約1,760㎡
◆ 延床面積-約34,200㎡
◆ 用途-店舗(1階・2階)、オフィス(3階)、共同住宅(3階以上)
◆ 総戸数-約300戸
◆ 総事業費-約138億円
◆ 着工-2009年10月予定
◆ 竣工-2012年度予定

 荒川区・公式ホームページ
 三河島駅前地区再開発施行区域図
 
 
場所時はここです。

大きな地図で見る

|

2008年2月16日 (土)

墨田区 「olinas(オリナス)」&JR錦糸町駅周辺の空撮

Tokyokinshicho0802
-olinas(オリナス)&JR錦糸町駅周辺-

 JR錦糸町駅周辺は、業務機能の分散の観点から、東京都が選定した整備すべき7地域の副都心の一つとして選定されています。現在副都心として指定されているのは、「(1)新宿副都心、(2)渋谷副都心、(3)池袋副都心、(4)上野・浅草副都心、(5)錦糸町・亀戸副都心、(6)大崎副都心、(7)臨海副都心」の7地域です。

 JR錦糸町駅は、島式の2面4線のです。ホームの北側には、快速線の留置線があり電車が留置されているため、高架の幅はかなり広いです。そのため駅がより大きく感じます。
  錦糸町駅で各駅停車の中央線・総武線と快速の横須賀線・総武線が分岐または合流するので、各駅停車と快速を乗り換える人は多いです。朝のラッシュ時には駅のコンコースを駆け足で走り、乗り換えている通勤風景を見かけます。
 私も秋葉原から千葉方面に行く時に何度もここで乗り換えましたが、この光景に圧倒されて、いつも快速に1列車乗り遅れてしまいます(涙)。
 何故こうなるかというと、ホームが線路別複々線だからです。山手線と京浜東北線のように同一ホームで乗り換えられたらはるかに便利だと思いますが・・・

 錦糸町駅の北口は、旧:国鉄用地を中心として再開発されています。西側から「アルカウエスト」、「東武ホテルレバント東京」、「アルカセントラル」、「アルカイースト」と高さ90m台の高層ビルが並んでします。

 詳しくは → アルカタワーズ錦糸町 建物のご紹介

 錦糸町駅北東側にある金糸公園の北側の旧:精工舎跡(セイコーグループ)工場跡に「olinas(オリナス)」が2006年4月にオープンしました。「(仮称)[TOKYOリ・デザイン]プロジェクト」として再開発されました。
 オフィス棟の「オリナスタワー」は、地上31階、塔屋1階、地下2階、高さ139.264mです。住宅棟の「Brilliaタワー東京」は、地上45階、塔屋1階、地下2階、高さ158.864mです。
 
  
Tokyokinshicho08022
現在、「アルカイースト」の道を挟んで東側にあったロッテプラザ跡地が建替え中です。「(仮称)新ロッテプラザ計画」で、地上19階、地下2階、高さ84.5mのホテルを中心とした複合ビルが建設されます。
 
 
Tokyokinshicho08023
「(仮称)新ロッテプラザ計画」の建築計画のお知らせです。

|

2008年2月15日 (金)

さいたま新都心の空撮

Saitamashintoshin0802
-さいたま新都心-

 「さいたま新都心」は、旧:国鉄大宮操車場の再開発プロジェクトです。首都圏の機能分散の一環として中央省庁の関東甲信越を管轄する出先機関が多く進出しました。
 旧:大宮市、旧:浦和市、旧:与野市の境界上に立地していましたが、政令指定都市を目指すため3都市は合併しました。3都市が合併した大きな要因の1つにさいたま新都心の建設があります。

 さいたま新都心には、新東京タワーを誘致しようとしていた広大な更地があります。新東京タワーが東京都墨田区に正式決定したため、新たに埼玉県・さいたま市・UR都市再生機構は「さいたま新都心第8-1A街区整備事業」公募しました。
 5グループの応募があり、三菱地所を代表とするグループが優先交渉権を手にしました。

概要(変動する可能性があります)
◆ 優先交渉権者-MNDさいたま(三菱地所、新日鉄都市開発、大栄不動産)
◆ 階数-地上36階、地下1階
◆ 高さ-170.97m
◆ 敷地面積-24,022.08㎡
◆ 建築面積-21,713㎡ 
◆ 延床面積-201,097㎡(民間施設178,435㎡、埼玉県施設17,939㎡、さいたま市施設4,723㎡)
◆ 用途-民間施設(業務施設、商業施設、駐車場等)、埼玉県施設(中規模展示場、会議室、イベントホール、多目的室、駐車場等)、さいたま市施設(サッカーミュージアム、駐車場等)

 さいたま新都心・公式ホームページ
 さいたま新都心第8-1A街区整備事業開発事業者

|

2008年2月14日 (木)

「ホテルニューオータニ」&「グランドプリンスホテル赤坂」の空撮

Tokyokioicho0802
-ホテルニューオータニ-

 この2つのホテルの2ショットは何度も挑戦しましたが、ピンボケだったり天気が悪かったりして4度目でやっと成功しました。
 ホテルニューオータニには、3つのホテルがあります。昔からある1964年の東京オリンピック前にオープンした「ザ・メイン」、1974年にオープンした「ガーデンタワー」、1991年にオープンした「ガーデンコート」です。

 「ザ・メイン」は、最近オープン以来の大改修工事が行われました。外観はあまり変化がありませんが、内部は大幅に変わっています。
 最上階の17階「VIEW & DINING THE Sky」は360度を約1時間かけて回転するレストランとして有名ですです。回転するのは同じですが、改修されてかなり変わっています。改修前の「回る展望台レストラン」はジェームズ・ボンドが大活躍するスパイ映画007シリーズ「007は二度死ぬ」のロケでも使用されています。

 「ガーデンタワー」は、地上40階、塔屋3階、地下1階、高さ144.5mで、「ガーデンコート」は、地上30階、地下3階、高さ134.7mです。

-グランドプリンスホテル赤坂-
 「グランドプリンスホテル赤坂」は、2007年4月1日に「赤坂プリンスホテル」から名称が変更になりました。「赤坂プリンスホテル」は1955年にオープンしています。「グランドプリンスホテル赤坂・新館」は、地上39階、塔屋1階、地下2階、高さ138.90㎡です。

 プリンスホテルは、今までどのランクのホテルも「プリンスホテル」の名称を使用していましたが、2007年4月1日より3つのカテゴリーに分類されました。
 最上級が「ザ・プリンス」で、「ザ・プリンス パークタワー東京」、「ザ・プリンス さくらタワー東京」、「ザ・プリンス箱根」、「ザ・プリンス軽井沢」の4ホテルのみが使用を許されています。
 その次が「グランドプリンスホテル」で、「グランドプリンスホテル赤坂」、「グランドプリンスホテル高輪」、「グランドプリンスホテル新高輪」、「グランドプリンスホテル京都」、「グランドプリンスホテル広島」が使用しています。
 それ以外が「プリンスホテル」で今までと同じ名称を使用しています。「グランドプリンスホテル赤坂」は2番目のランクになります。

|

2008年2月13日 (水)

港区 「愛宕グリーンヒルズ」の空撮

Tokyoatago08021
-愛宕グリーンヒルズ-

 人気アイドルの「中川翔子」のブログ「しょこたん ぶろぐ」の総アクセス数が、2004年11の開設以来10億件に達したそうです。NHK「紅白歌合戦」に初出場した12月31日には、自身最高となる1日450万件を突破したそうです。
 じゅうおく・・・ この数字がいかに凄いか、自分がホームページやブログを運営しているのでよく分かります。なんかもう雲の上の遙か彼方の異次元の世界ですね・・・

 話を本題に戻して・・・ 「愛宕グリーンヒルズ」は再開発プロジェクト「愛宕二丁目計画」として誕生しました。再開発は建て替えを計画していた「青松寺」から森ビルに相談があったことから始まります。
 「青松寺」としては、 江戸時代から桜の名所として有名な愛宕山周辺の景観を守りたいため、一角に自社寮のあった森ビルに相談しました。そこで森ビルがプロジェクトのまとめ役になり「豊かな緑と近代的建築の融合を目指した開発を行う」ことで話がまとまりました。再開発区域内には他にも清岸院など2つ寺院、NHK放送博物館などがあります。

 「愛宕グリーンヒルズ」の魅力は愛宕山の緑の美しさと2棟の超高層ビルのユニークな外観です。デザインは、世界的な建築家であるシーザー・ペリ氏が手がけました。
 圧迫感を少なくするために、MORIタワーは花の「つぼみ」を、フォレストタワーは「咲きかけた花」をイメージしたデザインになっています。上部に行くほど狭くなる日本ではめずらしいデザインです。

 「愛宕グリーンヒルズ ・MORIタワー」は、地上42階、地下2階、高さ186.75mのオフィスビルで、「愛宕グリーンヒルズ ・フォレストタワー」は、地上42階、地下4階、高さ157.21m、総戸数 353戸(354戸という情報もあります)の高級賃貸タワーマンションです。
 
 
Tokyoatago08022
愛宕山は桜の名所です。

|

2008年2月12日 (火)

赤坂Bizタワー 「akasaka Sacas(赤坂サカス)」が2008年3月20日にグランドオープン!

Tokyoakasaka0802_2
-赤坂Bizタワー-

 写真は、逆光がきつくて見づらいですが・・・  「赤坂Bizタワー」は、TBS(東京放送)の敷地の再開発プロジェクトで「赤坂五丁目TBS開発計画」により誕生しました。
 
 2008年1月31日に、オフィス・商業施設棟の「赤坂Bizタワー」と文化施設棟「赤坂ACTシアター」、「赤坂BLITZ」、賃貸住宅棟「Akasaka The Residence」が竣工しました。
 三井不動産が、開発計画の立案、許認可取得などのプロジェクトマネジメント業務をTBS(東京放送)から受託し、開発を推進しました。三井不動産は、竣工後も運営管理業務を受託しています。

 2008年3月6日には「赤坂Bizzタワー SHOPS & DINING」がオープンし、2008年3月20日には「akasaka Sacas(赤坂サカス)」グランドオープンします。
 「赤坂Bizzタワー SHOPS & DINING」は、「赤坂Bizタワー」の地下1階から地上3階の商業施設です。「akasaka Sacas(赤坂サカス)」は、TBS放送センター(既存の施設)と「赤坂五丁目TBS開発計画」を合わせたエリア全体の総称です。

 「赤坂Bizタワー」は、地上39階、塔屋1階、地下3階、高さ179.25mの超高層オフィスビルです。
 写真では見えませんが、敷地内に「Akasaka The Residence」も建設されています。地上21階、塔屋1階、地下1階、高さ79.58m、総戸数133戸の高級賃貸住宅です。
 
 
場所はここです。

大きな地図で見る

|

2008年2月11日 (月)

中央区 「トルナーレ日本橋浜町」の空撮

Tokyonihonbashihama0802
-トルナーレ日本橋浜町-

 「トルナーレ日本橋浜町」は「日本橋浜町三丁目西部地区第一種市街地再開発事業」として誕生しました。賃貸の超高層タワーマンションとオフィス棟により構成されています。

 住宅棟である「トルナーレタワー」は、地上47階、塔屋1階、地下2階、高さ159.67m(軒高もしくは建築物156.07m)、総戸数558戸(内369戸がUR都市機構の賃貸住宅)です。
 オフィス棟である「トルナーレオフィス」は、地上18階、塔屋2階、地下2階、高さ約81m(軒高74.32m)です。
  「トルナーレ日本橋浜町」から約500mくらい地下鉄「水天宮前駅」方向に戻ると、同じくUR都市機構の賃貸タワーマンション「リガーレ日本橋人形町」があります。
 
 
Tokyonihonbashihama08022
北西角から見たらこんな感じです。
 
 
Tokyonihonbashihama08023
南西角から見たらこんな感じです。

|

2008年2月10日 (日)

ちょっと珍しいアングル! 泉ガーデンタワーの空撮

Tokyoizumi0802
-泉ガーデンタワー-

 逆光気味ですが、なかなかめずらしいアングルで自分でも気に入っています。上空では時間との戦いで必死で撮影しているので感傷にふけっている余裕はないですが、家でじっくり見ると「泉ガーデンタワーの屋上はこんなになっているんだ!」とちょっと感激しました。Googleマップの衛星写真と比べると面白いです。

 「泉ガーデンタワー」は、「六本木一丁目西地区第一種市街地再開発事業」により誕生しました。地上45階、塔屋1階、地下2階の超高層オフィスビルです。
 
傾斜地に建設されているため西側(高速道路側)と東側(泉屋博古館側)では全く高さが違います。高さ216mという資料もありますが、設計者の日建設計のホームページを見ると最高部はGL(平均地盤面)+201.00mになっているので、建築基準法では最高部は201.00mで間違いないと思います。

 このあたりは再開発銀座と言っても過言ではありません。写真左側から(東側)
虎ノ門・六本木地区第一種市街地再開発事業
 
超高層複合棟と住宅棟で構成され、超高層棟は、地上46階、塔屋2階、地下4階、高さ約200mの超高層ビルが建設予定です。用途は、オフィス(25~46階)、住宅(3~24階)、および店舗で構成され、街区全体では約300戸の共同住宅が設けられる予定です。

六本木一丁目南地区第一種市街地再開発事業
 
地上28階、塔屋1階、地下3階、高さ約123m、総戸数191戸の共同住宅と店舗で構成される再開発ビルが建設される予定です。
 

◆ 「六本木プリンスホテル」跡地と
「日本IBM本社ビル」
 「本木プリンスホテル」
黒川紀章氏の設計でオープンした「六本木プリンスホテル」ですが、老朽化と採算性悪化のため2006年12月25日で約22年間の営業を終了しました。跡地は住友不動産に407億円で売却されています。住友不動産は隣接する「日本IBM本社ビル」も買収しており、両施設を一体化した大規模再開発を目指す予定です。
 現在「六本木プリンスホテル」跡は、住友不動産系の「ホテルヴィラ フォンテーヌ」の「ヴィラ フォンテーヌ六本木」として再開発まで期間限定で営業を行っています。本格的な再開発が決まるとホテルの営業は中止され「日本IBM本社ビル」と共に解体される予定です。
 
(仮称)六本木三丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物
 建設予定地は、東京ミッドタウンの少し東側で、六本木通沿いにあります。地上39階、塔屋2階、地下1階、高さ149.93m、総戸数約620戸で、共同住宅・店舗・オフィスで構成される複合ビルが建設される予定です。
 
 
泉ガーデンタワーの場所はここです。

大きな地図で見る

|

2008年2月 9日 (土)

新横浜駅周辺の空撮 「キュービックプラザ新横浜」が2008年3月26日(水)にオープン!

Yokohamashinyokohama0802
-新横浜駅周辺-

 経済産業省の次官が講演で、インターネットで短期的に株売買を繰り返すデイトレーダーや投資ファンドについて「最も堕落した株主」「バカで浮気で無責任」などと発言したそうです。
 日本の株式市場が海外の投資家から見向きもされないようになっていて「ジャパンパッシング(日本素通りもしくは眼中にない)」といような状況に陥っている時に、なんという現状認識のなさでしょうか・・・ 
 霞が関のお役人にはもう何も期待しませんが、「お願いですから国も発展の邪魔だけはしないで下さい!

 話を新横浜周辺の話題に戻します。2008年3月26日(水)に「キュービックプラザ新横浜」オープンします。「キュービックプラザ新横浜」は、JR東海が新幹線・新横浜駅前に建設中の「新横浜中央ビル」の商業施設の名称です。

新横浜中央ビルの概要
◆ 所在地-横浜市港北区新横浜二丁目100番地45
◆ 階数-地上19階、地下4階
◆ 高さ-約75m
◆ 延床面積-約90,000㎡
◆ 用途-駅施設、店舗、オフィス、ホテル(ホテルアソシア新横浜203室)
◆ オープン-キュービックプラザ新横浜」2008年3月26日(水)、「ホテルアソシア新横浜」2008年4月1日(火)

名称の由来(以下公式ホームページを引用)
 駅ビルの外観フォルム(六面体)から、「Cubic」をイメージ。1日約22万人が利用するターミナル・新横浜駅。駅利用者や、周辺にお住まいの方々、オフィスワーカー等、駅ビルを利用される方々の毎日の生活を豊かに彩る存在として、 「Casual(気軽な)」、「Usual(いつもの)」、「Brilliant(輝いている)」、「Interesting(おもしろい、興味深い)」、「Convenient(便利)」な「PLAZA(広場)」でありたいという願いが込められています。

 キュービックプラザ新横浜 公式ホームページ

|

2008年2月 8日 (金)

大田区 キヤノン本社の空撮

Tokyocanon0802
-キヤノン本社-
 
キヤノンの本社は「東京都大田区下丸子三丁目30-2」にあります。業績が絶好調の超一流企業の本社にしては地味な場所にあります。キヤノンは技術で勝負する会社なので「製造業には一等地に立派な本社は必要ない」そうです。下丸子には研究開発部門、本社管理部門、事業部ほかがあります。

 超一流企業にしては地味な本社ですが、1つ1つの建築物を見るとかなり豪華な造りになっています。それに敷地面積は109,423.10㎡と広大です。 
 ちなみに品川駅前の品川グランドコモンズにある超高層ビルは子会社の「キヤノンマーケティングジャパン(旧:キヤノン販売)」の本社でキヤノンの本社ではありません。

 日本の企業は3月決算が多いのですが、キヤノンは欧米の企業に合わせているのか、日本では珍しい12月が本決算です。業績は絶好調で、2007年12月の決算で売上高4兆4813億円(連結)、経常利益7683億円(連結)と驚異的な内容です。
 経常利益は電機・精密などのエレクトロニクス業界ではダントツの1位で、株式の時価総額もサブプライムローン問題で各企業ともかなり減らし、キヤノンも大幅に減少していますが、日本の製造業ではトヨタ自動車、任天堂に次いで3位です(2008年2月7日終値)。
 
 
場所はここです。
大きな地図で見る

|

2008年2月 7日 (木)

大阪市 桜宮(桜之宮・桜ノ宮)周辺の空撮

Osakasakuranomiya0802
-桜宮(桜之宮・桜ノ宮)周辺-

 さくらのみやの表記には桜宮・桜之宮・桜ノ宮がありややこしいです。JRの駅は「桜ノ宮駅」、公園は「桜之宮公園」、マンションは「桜宮リバーシティ」となっています。ややこしいのでどれか1つに統一してほしいです。

 このあたりは大阪都心の梅田に近く、交通の便もいいのでマンション銀座になっています。写真で見える範囲だけでも100mを超えるものが4棟あります。
 ベルパークシティのJ棟とG棟は外観がそっくりですが、塔屋の形が違っていて面白いです。ちなみに「桜宮リバーシティNAC1号棟」は高さが約90mです。

 現在「セントプレイス大阪」隣の日本製紙の工場跡地に「セントプレイスシティ」が建設中です。3棟のマンションで構成される予定です。当初計画では2007年中にすべて着工予定でしたが、現在着工されているのはA棟のみです。
 
概要(建築計画のお知らせより)
◆ 階数-15階(A棟)、19階(B棟)、38階(C棟)
◆ 高さ-44.90m階(A棟)、62.50m(B棟)、133.53m(C棟)
◆ 敷地面積-35,861.32㎡
◆ 建築面積-13,550.03㎡
◆ 延床面積-141,393.43㎡

 写真では見えませんが、「桜宮リバーシティ・ウォーター タワープラザ」の左側(西側)で大川を渡ってすぐの場所に「(仮称)シティタワー天満」が建設中です。地上45階、地下1階、高さ155.5m、総戸数650戸の大規模なタワーマンションになる予定です。

|

2008年2月 6日 (水)

埼玉スタジアム2002の空撮 2010年ワールドカップ予選開始!

Saitamastadium0802
-埼玉スタジアム2002-

 2008年2月6日(水)に、サッカー日本代表が2010年のワールドカップ・南アフリカ大会への出場に向けてタイ代表と予選初戦を戦います。会場は「埼玉スタジアム2002」です。

 「埼玉スタジアム2002」は、2001年10月完成しました。初試合は2001年10月13日に行われました。 収容人員の63,700人は国内の球技専用スタジアムでは最大級です。
 2002年のFIFAワールドカップでは、大会前に屋根が大きいため太陽が芝生に当たりにくく、芝生の育ちが悪いので芝生が剝がれるという難題にぶつかりましたが、見事に解決し、準決勝戦を含む試合の運営を見事に成功させました。

 現在では、Jリーグ「浦和レッズ」の本拠地(さいたま市浦和駒場スタジアム兼用)として使用されています。浦和レッズの試合はスタンドが真っ赤になるほど浦和レッズのファンで埋め尽くされ凄まじい光景が展開されます。
 この応援スタイルは、甲子園球場での阪神タイガースの応援と通ずるところがありますが、阪神ファンの私から見ても、浦和レッズの応援の方がはるかに迫力があります。
 
 
場所はここです。
大きな地図で見る

|

2008年2月 5日 (火)

恵比寿ガーデンプレイスの全景

Tokyoebisu0802
-恵比寿ガーデンプレイス-

 「恵比寿ガーデンプレイス」は、サッポロビール(現:サッポロビールホールディングス)の工場跡の再開発により誕生しました。
 サッポロビールは、郊外への工場移転が進んだことにより、1988年7月20日工場を閉鎖しました。1991年8月26日に再開発事業が着手され、1994年に入ってタワーマンション等が少しずつ竣工していきます。
 そしてメインの「恵比寿ガーデンプレイスタワー」が竣工したことにより、1994年10月8日の「恵比寿ガーデンプレイス」はグランドオープンしました。

 恵比寿と言ってもJR恵比寿駅からは少し離れています。 距離的には、JR恵比寿駅から約500mくらい南南東方向あります。距離的には少し遠いですが、スカイウォーク(ムービングウォーク)があるのでほとんど歩く必要がなため楽に移動できます。

 「恵比寿ガーデンプレイス」はJR山手線・埼京線の東側にあるので渋谷区のイメージがあります。でも実際は「恵比寿ガーデンプレイス」のかなりの面積は目黒区に属します。鳥のクチバシのように目黒区がJR山手線・埼京線を超えて渋谷区に食い込んでいるからです。

 余談ですが、「恵比寿ガーデンプレイス」の少し南側で、大崎駅から目黒駅まで埼京線の内側を走っていた山手線が埼京線の外側を走るようになります。「恵比寿ガーデンプレイス」の少し手前で2つの線路がクロスしているからです。注意していないと気が付きませんが、じっくり見ていると面白いですよ!

超高層ビルの概要
◆ 恵比寿ガーデンプレイスタワー 地上40階、塔屋1階、地下5階、高さ約167m
◆ 恵比寿ビュータワー  地上32階、地下3階、101.9m
◆ 恵比寿ガーデンテラス壱番館 地上32階、塔屋3階、地下4階、高さ107.97m
◆ ウェスティンホテル東京 地上23階、塔屋1階、地下5階、高さ89.9m

|

2008年2月 4日 (月)

慶應義塾大学 日吉キャンパスの空撮

Yokohamakeiounv
-慶應義塾大学・日吉キャンパス-

 横浜市港北区日吉にある慶應義塾大学の日吉キャンパスです。全景を撮影したかったのですが、ギリギリを飛行したため、東側にある野球場やアメフト場などの多くのグラウンドや体育施設が入りませんでした。でも校舎関係はほぼ撮影出来ています。

 慶應義塾大学は超有名なので今更説明の必要もないと思いますが、一応簡単な説明を・・・ 慶應義塾大学のキャンパスは、三田キャンパス(港区)、日吉キャンパス(横浜市)、矢上キャンパス(横浜市)、信濃町キャンパス(新宿区)、湘南藤沢キャンパス(通称SFC:藤沢市)の合計5ヶ所あります。
 日吉キャンパスは、1年生(文学部、医学部)と1~2年生(法学部、経済学部、商学部、理工学部)が使用しています。2008年4月の共立薬科大学との統合後は、慶應義塾大学薬学部として1年生が新たに使用します。

 同敷地内には、男子校の「慶應義塾高等学校」があります。入学者は外部受験者と内部進学者が約半分ずつで首都圏難関校の一つです。東急・日吉駅を挟んだ西側に「慶應義塾普通部(中学校)」があります。こちらも男子校です。

 慶應義塾大学は、2008年に創立150年の節目迎えるため、「創立150年記念事業」をいろいろ実施しています。その一環として日吉キャンパスでも校舎の建替えや再配置が行われています。

 慶應義塾大学・公式ホームページ
 事業プログラム・新しい拠点


場所はここです。
大きな地図で見る

|

2008年2月 3日 (日)

レインボーブリッジ周辺の空撮

Tokyoshibaura0802
-レインボーブリッジ-

 「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ」で有名なレインボーブリッジは、芝浦とお台場を結ぶ吊橋で、1993年8月26日に開通しました。橋長798mです。上下2層構造になっていて、上層は首都高速道路・台場線、下層には中央部にゆりかもめ、ゆりかもめの両側に一般国道、その両側に歩道があります。

 歩道から見る景色は絶景です。ただ車道と歩道は分離されていますが、横を車がビュンビュン走りちょっと怖いのと排気ガスで息苦しくなります。またフェンスの網目が小さくデジタル一眼レフカメラでは網が写ってしまい撮影が難しいです。コンパクトデジカメならなんとかなると思います。
 余談ですが、「ゆりかもめ」に乗ると2007年10月18日~2008年3月31日(予定)まで、フジテレビ女性アナウンサー16名の「車内アナウンス」が聴けます。昨年の11月に乗りましたが、なかなか面白い企画だと思いました。

 レインボーブリッジの手前に「ヨコソーレインボータワー」があります。地上23階、塔屋1階、地下2階、高さ94.60mのオフィスビルです。1995年2月に竣工しました。
 なぜヨコソーかというと「横浜倉庫」が建築主だからです。5年くらい前にやっと気が付きましたが、それまで「ようこそ!」の「ヨウコソレインボータワー」かと思っていました(笑)。上層階が賃貸マンションになっていますが、景色は絶景でしょうね!

 「臨海副都心」と書いたあたりに新たに2棟の高さ約100mの超高層ビルが建設されます。完成予想図を見ましたが、まるでサイコロのような立方体です。
 
青海Q区画(江東区青海一丁目1番1外6筆)
◆ 階数-地上22階、塔屋1階、地下2階
◆ 高さ-約102m
◆ 敷地面積-約32,904㎡
◆ 延床面積-約205,530㎡
◆ 用途-商業施設、イベント広場、賃貸オフィス
◆ 事業者名-三井不動産株、大和ハウス工業、サンケイビル、フジテレビジョン
◆ 総事業費-約792億円(うち用地費約351億円)
◆ オープン-2012年01月予定
 
青海R区画(江東区青海一丁目1番16)
◆ 階数-地上20階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-約100m(東京建物のHPによると99.5m)
◆ 敷地面積-約29,630㎡
◆ 延床面積-約166,490㎡
◆ 用途-商業施設、イベント施設、賃貸オフィス
◆ 事業者名-東京建物
◆ 総事業費-約1076億円(うち用地費約491億円)
◆ オープン-2012年03月予定

|

2008年2月 2日 (土)

ちょっと珍しい? 中野坂上・超高層ビル群の空撮

Tokyonakanosakaue0802
-中野坂上-

  昨日、ソニーから新型デジタル一眼レフカメラ「α350」が発表されました。有効1420万画素CCDを搭載して店頭予想価格はボディ単体でなんと9万円前後!安すぎ・・・なんとも凄い時代がやってきたものです・・・

 話を本題に戻します。新宿副都心の超高層ビル群の空撮は頻繁に見ると思いますが、「中野坂上」の空撮はあまり見たことがありません。撮影した自分自身も「上空から見たらこんなになっているんだ!」と新鮮な感動がありました。
 ちなみに「中野坂上」は「なかのさかうえ」と読みますが、頻繁に東京に撮影に行くようになる前は「なかのさかがみ」かと思っていました(笑)。方角が分かりにくいですが、写真上が東側で新宿副都心や新宿駅の方向です。

4棟の概要
◆ 中野坂上サンブライトツインビル-地上30階、塔屋2階、地下2階、高さ134.195m
◆ ハーモニースクエア-地上28階、塔屋2階、地下2階、高さ125.85m
◆ 住友中野坂上ビル- 地上24階、塔屋1階、地下2階、103.10m
◆ 中野坂上セントラルビル-地上18階、塔屋1階、地下2階、高さ約82m
(注)階数は間違いないと思いますが、高さは違う資料もあり正確でない可能性があります。 

 山手通りの地下には「首都高速道路中央環状線」が走っていいます。2007年12月22日に、池袋側の熊野町ジャンクション~から新宿側の西新宿ジャンクションの区間が開通しました。現在、西新宿ジャンクションの更に南側が工事中です。

|

2008年2月 1日 (金)

江東区北部の空撮

Tokyokiyosumi0801
-江東区北部-
 
江東区は、中央区の東側に広がる区ですが、思った以上に広く、東西の幅は西側が隅田川まで東側は荒川までとかなり東西に広いです。東西以上に南北に広く、北側がJR総武線くらいまで、南側は東京湾の埋立地の先で、埋立地のかなりの部分を占めています。現在も埋め立て中で少しずつ面積が増えている珍しい区です。

 江東区と言えば、「豊洲」というくらい湾岸部が注目を浴びていますが、北側はどうなっているのでしょうか?このあたりは昔からの下町ですが、関東大震災や東京大空襲で甚大な被害を受けた場所であり、東京では珍しく南北に整然と道路が走っています。
 住宅街なので超高層ビルとは無縁の場所でしたが、写真で見ても分るように東京の都心である千代田区や中央区に近く交通の便がいいため、近年マンションの建設が盛んです。

 特に地下鉄「清澄白河」駅から500mくら東側の「白河3丁目」交差点にはタワーマンションが集中しています。すでに写真で見える「イーストコモンズ清澄白河・フロントタワー」、「イーストコモンズ清澄白河・セントラルタワー」の2棟が竣工しており、現在「D’グラフォート清澄白河 Sparkling Tower」が建設中です。

 さらに「(仮称)江東区白河4丁目プロジェクト」と「(仮称)清澄白河マンション」が建設予定で「白河3丁目」交差点を中心に現在判明しているだけでも5棟の100mクラスのタワーマンションが竣工および建設される予定です。

|

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »