« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月30日 (日)

地上からですが、豊洲のタワーマンション群の最新建設状況!

Tokyotoyosu080310
-豊洲のタワーマンション群-

 「Audie-Gryph氏」より、2008年3月27日時点の建設状況の写真を送って頂いたので、掲載したいと思います。かなり高くなっています。
 空撮画像は、2007年11月3日に撮影したものです。約5ヶ月間の変化が分かります。

 「シティタワーズ豊洲」は、ツインタワーの超高層タワーマンションになります。 地上48階、地下1階、高さ171.20m(建築計画のお知らせでは163.173m)、総戸数1063戸です(公式ホームページを見ても2棟をどのように呼ぶのか載っていないので、便宜上このブログとホームページではA棟・B棟と呼ぶことにします)。

 「THE TOYOSU TOWER」は、 地上43階、塔屋1階、地下1階、高さ155.00m、総戸数 825戸のタワーマンションです。この北側の敷地にも、高さ153mのタワーマンションが建設中です。
 
 
Tokyotoyosu080311
「シティタワーズ豊洲」です。南側の棟の方が先に伸びています。
 
 
Tokyotoyosu080312
THE TOYOSU TOWER」です。

|

2008年3月29日 (土)

みなとみらい21地区 「セガサミーHD」の用地はどこの企業に?

Yokohamasega0803
-みなとみらい21 中央地区55・56・57・58街区-

 「セガサミーホールディングス」は、昨日(3月28日)に、横浜みなとみらい21地区に建設予定だったエンターテインメント複合施設の開発中止を正式に発表しました。すでに公式ホームページのリリース情報にも載っています。

 セガサミーHDの用地は、みなとみらい線「新高島駅」西側の敷地面積約41,000㎡の広大な用地です。ここに高さ180mの超高層ビルを中心として、延床面積 約340,000㎡の巨大なエンターテインメント複合施設の建設を計画していました。
 すでに55・56・57街区の約28,000㎡は、226億円を投じて取得しており、58街区の約13,000㎡も104億円で取得予定でした。

 しかしここにきて経営環境が一変しました。セガ側は任天堂WiiやDS等の爆発的人気で、ゲームユーザーがゲームセンターに行かなくなりました。おまけにサミー側もパチスロ等の規制強化も重なり、2007年3月で765億円の黒字だった決算が、今期の2008年3月では60億円の赤字に転落する見通しです。
 「セガサミーホールディングス」が決算の大幅下方修正を発表した時、いずれこういう時が来るのではないかと思っていました。

-用地は争奪戦?-  
 用地は「横浜市都市開発公社」が買い戻すことになるそうです。でも横浜市は心配していないと思います。このエリアは猛烈な勢いで超高層オフィスビル建設が進んでおり、今後も次々と超高層オフィスビルが着工されます。
 みなとみらい線「新高島駅」直結の好立地のたのため、新たに4区画別々に売却された場合は、高さ100mを超える超高層ビルが4棟建設される可能性もあります。
 
 
Yokohamasega08032
ランドマークタワー展望台から見た街区の様子です。

|

2008年3月28日 (金)

江東区 豊洲3街区の「建築計画のお知らせ」

Tokyotoyosu08037
-豊洲3街区-

 少し前に、「豊洲3街区」は、高さ約75mのトリプルタワーが建設されることが発表になっていましたが、正式に「建築計画のお知らせ」が掲示されたようです。写真は「Audie-Gryph氏」に送って頂きました。

 3街区は北から「豊洲3-3街区」、「豊洲3-2街区」、「豊洲3-1街区」の3ブロックに分けられ、3ブロックとも地上16階、地下2階、高さ約75mの高層ビルが建設されます。高さ約75mで1棟あたりの床面積が約10万㎡なのでかなり太いビルになります。
 「配置図」や「建築計画のお知らせ」の数値を見ても敷地のかなりの面積を使い、建ぺい率が50%を超えるビルのようです。個人的には、建ぺい率を低くして高さを150m超にしてほしかったのですが・・・

 建築主は、一番北側の「豊洲3-3街区」が第一生命保険で、真ん中の「豊洲3-2街区」と一番南側の「豊洲3-1街区」がIHI(旧:石川島播磨重工業)になっています。「3-1街区」は建設のために特定目的会社を設立しているようです。
 
 
Tokyotoyosu08035
「建築計画のお知らせ」です。


Tokyotoyosu08036
「配置図」です。

|

2008年3月27日 (木)

千葉県船橋市 中山競馬場の空撮

Tibafunabashi0803
-中山競馬場-
 
昨日は、ココログ(ブログサービス)が21時間もメンテナンスを行っていたので更新できませんでした。いくらなんでも時間が長すぎ・・・

 ここでクイズです。「JRAが運営している競馬場をすべて答えてください!」すべて答えられる方はかなりの競馬ファンですね(笑)。
 答えは(1)札幌競馬場、(2)函館競馬場、(3)福島競馬場、(4)新潟競馬場、(5)東京競馬場、 (6)中山競馬場、(7)中京競馬場、(8)京都競馬場、(9)阪神競馬場、(10)小倉競馬場です。

 それでは、「東京競馬場と中山競馬場の場所は、どの市にありますか?」競馬ファンなら、すぐ分かると思いますが、競馬に興味なかったら普通は答えられませんよね・・・ 答えは、東京競馬場は東京都府中市、中山競馬場は千葉県船橋市(一部市川市)です。
 ちなみに私は、地図オタクなので場所は答えられますが、競馬のことは全くわかりません。

 でもなんで「中山競馬場」なのでしょうか?調べてみると、建設された当時、施設の大部分が「千葉県東葛飾郡中山村」にあったからだそうです。

 コース図は → JRA公式ホームページ・中山競馬場コース図
 
 
場所はここです。
大きな地図で見る

|

2008年3月25日 (火)

中央区・晴海地区は宝の山!

Tokyoharumi0803
-中央区・晴海地区-

 昨日、公示地価が発表されました、全国平均で2年連続上昇だそうです。昨年後半からアメリカ発のサブプライムローンの影響で伸び率が鈍化しているそうです。
 雑誌等で「マンションバブル崩壊」などと盛んに書かれていますが、景気がいい時もあれば、悪い時もあります。単に今までが良すぎただけだと思います。

 都市計画は、こんなサイクルに振り回されて行うべきではありません。上がったものは下がるし、下がったものは上がります。今はお先真っ暗に見えますが、いつかは回復します。

 話は変わりますが、東京湾岸部では、豊洲の開発が話題をさらっていますが、私には「晴海地区」が宝の山に見えます。
 地下鉄が走っていないという欠点がありますが、(1)民家がない、(2)道路が碁盤の目のように整備されている、(3)区画当たりの面積が広い、(4)都市高速道路等の連絡道路が計画中 と有利な条件がそろっています。ここに超高層ビルが林立する姿を見てみたいですね!

|

2008年3月24日 (月)

上野公園の空撮 東京国立博物館 平城遷都1300年記念「国宝 薬師寺展」

Tokyoyakushiji08031
-国宝 薬師寺展-

 明日(2008年3月25(火))から上野公園にある「東京国立博物館」で、平城遷都1300年記念「国宝 薬師寺展」が始まります。私も東京に行った時に見に行こうと思っています。

 詳しくは → 東京国立博物館・公式ホームページ

 目玉は、日本仏教彫刻の最高傑作のひとつと言われている国宝「薬師三尊像」の中の2体「月光菩薩立像」と「日光菩薩立像」です。そろって薬師寺以外で公開されるのは初めてです。
 今後ともこんな間近で見る事が出来るチャンスは当分ないと思います。なにせ薬師寺の金堂から運び出す時に薬師寺の僧侶の方々も、「後ろ姿は初めて見た!」と感動していましたから・・・

 私も3年くらい前までは「お寺なんて・・・仏像なんて・・・」と思っていました。でも1度見て考えが180度変わりました。超高層ビルと同じで「美しいものは美しい!」ということです。
 
  
Tokyoyakushiji08032
上野にある「東京国立美術館」の「平成館」です。「国宝 薬師寺展」は「平成館」で行われます。
 
 
Tokyoyakushiji08033
薬師寺の金堂です。1976年に再建されました。「月光菩薩立像」と「日光菩薩立像」は、通常は「薬師三尊像」として金堂の中にあります。
 日本仏教彫刻の最高傑作と言われている「薬師三尊像」は、左側が「月光菩薩立像」、真ん中が「薬師如来坐像」、右側が「日光菩薩立像」の配置になっています。
 
 
Tokyoyakushiji08034
アメリカの東洋美術史家「フェノロサ」が「凍れる音楽」と評した美しい薬師寺の姿です。左から1976年に再建された「金堂」、1981年に再建された「西塔」、730年(天平2年)から現在まで奇跡的に残っている「東塔」です。

|

2008年3月23日 (日)

第二六本木ヒルズに向けた「六本木5丁目西地区市街地再開発準備組合」が来週発足!

Tokyomori20803
-六本木5丁目西地区市街地再開発準備組合-

 以前、週刊ダイヤモンドが報じていた「第二六本木ヒルズ」ですが、少しずつ実現に向けて動き出したようです。再開発を検討する「六本木5丁目西地区市街地再開発準備組合」が来週設立されるそうです。

 場所は、「六本木ヒルズ」の東側の隣接地で、六本木交差点付近から南側の鳥居坂までの約81,000㎡です。敷地内には、ロアビル、東洋英和学院(幼稚園・小学校)、国際文化会館などがあります。
 オフィス、商業施設、住宅、教育、文化の複合開発を目指すそうです。周辺では、「六本木ヒルズ」、「東京ミッドタウン」、「赤坂サカス」などのオフィス・店舗・住宅がミックスした大規模開発が続いています。

 地権者が多いので今後も紆余曲折があると思いますが、苦難の末に「六本木ヒルズ」の地権者をまとめ、建設にした「森ビル」も地権者として準備組合に参画するそうなので、時間はかると思いますが、少しずつ前に進んでいくのではないでしょうか。
 
 
場所はここです。
大きな地図で見る

|

2008年3月21日 (金)

鹿男あをによし ロケ地:港区・三田国際ビル・東京タワー周辺の空撮

Tokyomita08032
-鹿男あをによし-

 毎クール、テレビドラマのドラマの空撮をアップしていましたが、今クールはこれがはじめてです。というのも一部を除き今クールは郊外ばかりでロケを行っているのでネタがありませんでした。

 大好きなドラマが終わるといつも虚脱感に襲われます。今クールでは「鹿男あをによし」にすっかりはまっていました。
 視聴率はさっぱりでしたけど、私個人としてはめちゃめちゃ好きでした。まあ「綾瀬はるか」が出演しているのと奈良が舞台だったからからだと思いますが(笑)・・・

 ストーリーは、東京の大学の研究所内でのトラブルで奈良の女子高にしかたなく赴任した教師が奈良公園の鹿に命を受け、日本の滅亡を防ぐために奮闘するというハチャメチャな内容です。主役が「玉木宏」、準主役が「綾瀬はるか」と「多部未華子」でした。

 最終話の最後に東京タワーが見える場所を歩いていましたが、場所は「三田国際ビル」近くの桜田通り(国道1号線)沿いです。

 今回はもうひとつの方のブログでロケ地ウォッチングをやっていました。良かったら見てください。 

 テレビドラマ「鹿男あをによし」のロケ地めぐり Part1

 テレビドラマ「鹿男あをによし」のロケ地めぐり Part2

 テレビドラマ「鹿男あをによし」のロケ地めぐり Part3

 テレビドラマ「鹿男あをによし」のロケ地めぐり Part4
 
 
追記(2008年4月14日)
Tokyomita08033_2
4月に東京の行った時に撮影してきました。最終話の最後に歩いていた場所です。東京タワーが見えるこの場所は、「三田国際ビル」横の桜田通り(国道1号線)沿いです。
 繁華街ではないので、通常はドラマの中のようにたくさんの人が歩いている場所ではありません。エキストラを大量に募集して撮影したようです。

|

2008年3月20日 (木)

東京大学 本郷地区キャンパスの空撮 Part1

Tokyounv0803
-東京大学 本郷キャンパス-

 空撮画像は、東京大学「本郷地区キャンパス」の「本郷地区」部分です。東京大学については何も説明する必要がありませんので、キャンパスの説明だけしたいと思います。
 東京大学の施設は全国各地にありますが、主要キャンパスは、「本郷地区キャンパス(本郷キャンパスとも呼ばれている)」、「駒場地区キャンパス(駒場キャンパスとも呼ばれている)」、「柏地区キャンパス(柏キャンパスとも呼ばれている」の3ヶ所です。

 「本郷地区キャンパス」は上野公園の西側にあり、江戸時代は「加賀藩上屋敷」があった場所です。敷地は広大で、「本郷地区」、「弥生地区」、「浅野地区」の3ブロックに分かれています。
 後期課程のほとんどをこの「本郷地区キャンパス」で履修します。また巨大な大学病院があるのと安田講堂や三四郎池が観光地化しているので大学関係者以外の一般の方の出入りもかなり多いです。


Tokyounv08032
「本郷キャンパス」北側にある「正門」です。恐る恐る入ってみることにしました(笑)。


Tokyounv08033
有名なイチョウ並木をまっすぐ歩いていくと・・・


Tokyounv08034
あの有名な「安田講堂」が登場します!安田講堂の正式名称は「東京大学大講堂」です。「安田財閥」の創始者「安田善次郎氏の寄付により建設されました。
 安田財閥は、今ではなじみがないですが、現在の芙蓉グループの元になった財閥です。金融再編で芙蓉グループのカラーはどんどん薄くなっていきますが、1990年代までは富士銀行・安田信託銀行・安田生命・安田火災海上などを中心とした6大財閥グループの一つでした。
 でも安田講堂といえばやはり学生運動の「東大紛争」ですよね・・・ 最終的には機動隊に排除されましたが、今でも過去1960年代の話題になると象徴的な映像として登場します。あまりに学生運動が激しかったため1969年は東大の入学試験は中止になりました。
 
  
Tokyounv08035
入口のアップです。
 
 
Tokyounv08036
「安田講堂」前から「正門」側を見てみました。重厚感のある校舎が並んでいます。さすが東大という感じがします。
 
 
Tokyounv08037
東京大学のキャンパス内にあるローソンです。東大のローソンは外見まで違う・・・

|

2008年3月19日 (水)

東京電力が「豊洲六丁目」を大規模開発 超高層ビル4棟!

Tokyotoyosu08032
-豊洲六丁目の大規模開発-

 株安、超円高、超原油高で日本経済が非常事態の状況で、このまま次期日銀総裁が決まらず日銀総裁が空席という事態を明日を迎えるのでしょうか? 何なんだこの国は! 書きたいことは山のようにありますが・・・ これ以上書くとブルーになるのでやめておきます。

 明るいニュースです。大規模な開発計画が明らかになりました。民間企業は頑張ってますね!
 東京電力が東京都江東区「豊洲六丁目」の大規模開発を行います。超高層オフィスビルや超高層タワーマンション、生活利便施設などからなる約280,000㎡(容積対象床面積)からなる大規模開発です。
 2008年10月にも都市計画決定され、2009年秋以降オフィス棟から順次整備が進められる予定で、全体が完成するのは2015年を予定しています。

 開発が計画されているのは、豊洲六丁目の「3-2街区(約85,000㎡)」です。新交通ゆりかもめの新豊洲駅東側に位置します。すでに「3-1街区」には東京電力の「テプコ豊洲ビル」が完成しています。

概要(中心施設のみ)
◆ A1街区-(オフィスビル)地上22階、地下2階、高さ約100m、敷地面積約14,400㎡、容積対象床面積約72,000㎡
◆ A2街区-(コンピューターセンター)地上6階、敷地面積約15,800㎡、積対象床面積約40,000㎡
◆ B1街区-(複合ビル)地上14階、地下2階、敷地面積約8,800㎡、積対象床面積約33,600㎡
◆ B2街区-(住宅棟)地上33階、地下2階、高さ約120m、敷地面積約11,200㎡、積対象床面積約41,000㎡
◆ B3街区-(ツインタワーの住宅棟)地上42階、地下2階、高さ約150m×2棟、敷地面積約21,300㎡、積対象床面積約94,800㎡
 
 
Tokyotoyosu08033
2006年11月4日に撮影したヘリコプターからの空撮です。この場所はいずれ絶対に大規模開発されると予想して撮影しましたが、想像していたより規模が大きくて驚きました。
 現在は更地になっていますが、この頃は護岸工事と共に土地の整地が行われていました。
 
 
場所はここです。
大きな地図で見る

|

2008年3月18日 (火)

東大合格者数 27年連続日本一 開成高校の空撮

Tokyokaisei0803
-開成学園(開成高等学校・開成中学校)-
 
今朝の日経新聞の朝刊に「電子地図の規制検討」と載っていました。インターネットなどで流通している地図や航空写真の公開規制の検討に入るそうです。
 治安上の理由で、警察、自衛隊、米軍施設・・・等が対象らしいです。どのように決定されるかわかりませんが、実施されれば方針に従いたいと思います。

 こんな弱小ブログになんの影響力もないと思いますが、都心上空の空撮が禁止になったら困るので、当初行っていたように首相官邸、警察、自衛隊等が大きく写っている写真の公開は控えます。
 すでに2枚写っている写真がありますが、詳細な写真ではないので問題はないと思います。自己規制していて助かりました・・・

 毎年この季節になると東大合格者数ランキングのタイトルが週刊誌の表紙を飾ります。今年も数誌で発表されていました。今年の1位は開成高校でした。
 というより開成高校は1982年から27年連続の1位なのでもはやて定位置です。東大合格者数で、トップを争う東西の両雄である関東の開成高校と関西の灘高の一学年の定員が開成高校が約400人、灘高が約215人と倍近い差があるため、開成高校の合格者数No1は余程の事がない限り当分続くと思われます。

2008年東大合格者数ランキング(前期日程・サンデー毎日参照)
◎  開成(東京都)                   183人(理Ⅲ13人)
◎  灘(兵庫県)                      107人(理Ⅲ19人)
◎  麻布(東京都)                    68人
◎  聖光学院(神奈川県)          44人
◎  海城(東京都)                    43人
◎  東大寺学園(奈良県)          42人
◎  栄光学園(神奈川県)          40人(理Ⅲ1人)
◇  岡崎(愛知県)                    38人
◎  渋谷教育学園幕張(千葉県) 36人(理Ⅲ1人)
◎  駒場東邦(東京都)              36人(理Ⅲ2人)

(注意) ◎は私立、◇は公立です。毎年ベストテンの常連である「筑波大学付属駒場」、「東京学芸大学附属」、「桜蔭」の合格者数が判明していないため、今後ベストテンの順位は変動します。

追記
2008年東大合格者数ランキング(前期・後期合計・サンデー毎日参照)
◎  開成(東京都)                   188人(理Ⅲ15人)
◎  灘(兵庫県)                      110人(理Ⅲ19人)
△ 筑波大学付属駒場               74人(理Ⅲ13人)
△ 東京学芸大学附属               74人(理Ⅲ1人)
◎  麻布(東京都)                    74人
◎  桜蔭(東京都)                    53人(理Ⅲ3人)
◎  海城(東京都)                    44人
◎  聖光学院(神奈川県)          44人
◎  東大寺学園(
奈良県)          43人
◎  栄光学園(神奈川県)          42人(理Ⅲ1人)
◇  岡崎(愛知県)                    39人
◎  ラサール(鹿児島県)            39人(理Ⅲ2人)
◎  駒場東邦(東京都)              37人(理Ⅲ2人)
◎  渋谷教育学園幕張(千葉県) 35人(理Ⅲ1人)
(注意) ◎は私立、△は国立、◇は公立です。「東京学芸大学附属」は、「インターエデュ」を参照しました。

 
 写真の上部に横に走っているのが日暮里・舎人ライナー(にっぽり・とねりライナー)です。東京都交通局が運営する新交通システムで、日暮里駅と足立区の見沼代親水公園駅を結びます。
 全長9.7Kmで13駅が設けられます。開業は、2008年3月30日を予定しています。
 
 
開成学園の場所はここです。
大きな地図で見る

|

2008年3月17日 (月)

「(仮称)北新宿地区 再開発計画」の「建築計画のお知らせ」

Tokyoshinjuku0802 
-(仮称)北新宿地区 再開発計画-
 この写真と記事は、1ヶ月前の2月17日に1度投稿していますが、いつも写真を送っていただいている「Audie-Gryph氏」より「(仮称)北新宿地区 再開発計画」の「建築計画のお知らせ」の写真が届いたので再投稿したいと思います。

 基本的に大きな変更はないようです。塔屋2階が1階になっていますが、これは私が図面を見て勝手に塔屋2階と判断しただけなので変更でない思います。
 動きのなかった「西新宿8丁目成子地区」も一部で解体工事が始まったようです。いよいよ「青海街道」北側にも超高層ビル建設の波がやってきました。
 
 
Tokyoshinjuku0803
建築計画のお知らせです。
◆ 建築主-三菱地所、平和和不動産
◆ 設計者-三菱地所設計、鹿島建設
◆ 施工者-鹿島建設
   
(以下は2008年2月17日投稿)
-北新宿地区1街区・西新宿8丁目成子地区-
 東芝がブルーレイとの規格争いに敗れHD-DVDから事実上撤退するそうです。やっと決断したか!と言う感じです。規格争いで体力を消耗するより、得意な半導体や原子力分野に集中投資してほしいと前から思っていたの正直ほっとしています。

 写真では、青梅街道と税務署通の拡幅工事の様子がよく分かります。「北新宿地区1街区」ですが、最近やっと動き出しました。当初は地上39階、地下2階、高さ180mのオフィスビルが計画されていました。
 しかし計画が変更になり、
地上35階、塔屋2階、地下2階、高さ166.500mのオフィスビル「1-2棟」と地上20階、地下1階の住宅棟「1-1棟」に変更になりました。
 2007年9月に「特定建築者予定者」として三菱地所・平和不動産連合が選ばれました。金額はなんと1154億 1千万円でした。着工予定は2008年07月で、竣工予定は2011年08月です。

 「西新宿8丁目成子地区」はよく分かりません。当初計画では今年くらいに竣工予定でしたが、再開発予定地には普通にビルが建っています。計画では、地上42階、地下3階、高さ約190mのオフィスビルが建設予定なのですがどうなるのでしょうか?
   

 
場所はここです。

大きな地図で見る

|

2008年3月16日 (日)

池袋 サンシャインシティの空撮

Tokyoikebukuro0803
-サンシャインシティ-
 「サンシャインシティ」は、巣鴨刑務所跡(その後東京拘置所)に建設された巨大な都市型複合施設です。1978年4月6日にグランドオープンしました。
 
サンシャイン60を中心として、超高層のホテル、複数のビルや地下街・専門店街で構成されています。

 最近では、六本木ヒルズや東京ミッドタウンなど巨大な都市型複合施設が増えましたが、「サンシャインシティ」はその先駆けとなります。現在でも池袋周辺では圧倒的な存在感があります。

|

2008年3月15日 (土)

「休むも相場」と言いますが・・・ 株の街「兜町」の空撮

Tokyokabuto0803
-休むも相場-

 株の格言に「休むも相場」というのがあります。「四六時中、株式売買を繰り返していると、冷静に相場が判断できなくなり、大きな損失を被る事があるので、少しは休んで、冷静に相場を見つめるように」と戒めた格言です。

 でも実際はなかなか難しいです。株の売買にはまると一種の中毒のように売却するとすぐ別の株を買ってしまいます。私自身も1999年からいくら値下がりしようがずっと売買を続けていました。
 しかし今年の初めに、外国人投資家の怒涛の日本株売りに対し、日本政府と官僚の無策ぶりに我慢の限界に達しすべて売却しました。
 格言通りで、客観的に日本の株式市場を見る事が出来るようになりました。冷静に考えると次期日銀総裁も決める事の出来ないような国の株はとても怖くて買えませんよね・・・

 かと言って経済成長の著しい「BRICs」などの新興国はどうでしょうか?こちらも米国発の「サブプライムローン」の影響をもろに受け悲惨な状態になっています。

各国株式市場の比較(昨年の最高値-3月14日の終値-暴落律)
日経平均株価(東京) 18,300.39-12,241.60-33.1%
DOW(ニューヨーク) 14,280.00-11,951.09-16.3%
ハンセン指数(香港)  31,958.40-22,237.11-30.4%
SSE(上海)        6,124.04 - 3,962.67-35.2%

BSE(ムンバイ)    21,206.80-15,760.52-25.6%  

 皮肉なことに震源地のアメリカが一番値下がりしていません。「日本がだめなら新興国があるさ!」は今回の相場に関しては当てはまりませんでした。
 空売り等をしない限り、この相場では余程の達人でない限り利益を出すのはほぼ不可能です。「休むも相場」を実感する今日この頃です。

|

2008年3月14日 (金)

書籍化「単行本化」の話があったのですが・・・

Tokyobook0803
-本を出版するって大変なんですね・・・-

 失敗写真なんですが、窓枠が写っているので東京上空を飛んでいる気分が味わえると思い載せてみました。上空では必死で撮影しているので気になりませんが、窓を開けているのでこうやって見るとちょっと怖いですね・・・

 話を本題に戻しますが、先月ある出版社からメインのホームページ「超高層ビルとパソコンの歴史」の超高層ビルの部分を書籍化(単行本化)したいというお話がありました。結局の所はお流れになりましたが・・・・

 ホームページやブログを運営していて書籍化するのはある意味夢でもあると思います。正直すごくうれしかったのですが、今の現状では・・・
(1)超高層ビルのデータがとても信頼できるレベルに達していない
(2)何よりも写真がダメダメ

 写真のダメダメは「ヘタクソだなあ!」で済まされますが、超高層ビルのデータは書籍化するとなると今の状態ではとても世に出せません。
 出版社の方は「データを追及するとキリがないし、続けると永遠に完成しない。多くは諦めて、空白にするとか・・・」と言ってくれました。
 また実際データが空白であったり、間違っていてもクレームが来ることはほとんどないそうです。

 でも私としては、出版するからには多くの超高層ビルファンが納得できる本が出版したいです。
 しかし出版社は営利を目的としている以上、必ず納期があり、スケジュールも決まらず、いつ完成するかも分からないデータベースを待つことは出来ません。以上の理由によりお流れになりました。

 もっとホームページを充実させていつかまたそのようなお話があった時は書籍化したいと思います。ブログ等がたくさん書籍化されていますが、多くの方にこのような葛藤があったんでしょうね・・・

 それにしても書籍化とか テレビ出演とか 実際そのチャンスがやってきてもいろいろ悩んで躊躇してしまい、私って本当に根性がないですね・・・

|

2008年3月13日 (木)

豊洲の南側の空撮

Tokyotoyosu0803
-豊洲の南側-

 以前、豊洲の南半分の空撮を投稿した事がありますが、今回は別の方角からの写真です。「百聞は一見にしかず」なので今回は長々と書きません(笑)。
 春の東京ツアーのヘリコプターを貸切予約したら、燃料費の大高騰で大幅値上げになっていました。15万円(30分ごとに)を超えました。30分だけでニューヨークにツアー旅行で行ける金額です(号泣・・・)。

 豊洲地区の南半分はどうなっているの?
 
 
場所はここです。
大きな地図で見る

|

2008年3月12日 (水)

(仮称)業平橋押上地区開発計画(新タワー計画) 新東京タワーの「建築計画のお知らせ」

大きな地図で見る
-(仮称)業平橋押上地区開発計画(新タワー計画)-

 空撮ではないですが、「Audie-Gryph氏」より新東京タワーの「建築計画のお知らせ」の写真を送って頂いたので掲載したいと思います。
 「建築計画のお知らせ」は、基本的に同一地区の開発の場合1枚で済ませる場合が多いです。今回も新東京タワー、地上32階の超高層ビル、周辺の施設の合計の数値で書かれているため非常に分かりにくいです。

概要 
◆ 名称-(仮称)業平橋押上地区開発計画(新タワー計画)
◆ 階数-地上32階、地下3階(オフィス棟)
◆ 高さ-最高部610.58m(新東京タワー)
◆ 敷地面積-36,844.41㎡
◆ 建築面積-31,507.42㎡
◆ 延床面積-229,812.47㎡
◆ 建築主-東武鉄道、新東京タワー(株)
◆ 設計者-日建設計
◆ 施工者-(全体施工調整)大林組、(東街区)未定、(西街区)未定
◆ 着工-2008年07月01日予定
◆ 竣工-2011年12月末予定

 

 2007年11月2日の現地の様子 

 新東京タワー公式ホームページ
  
 
Tokyotower0803
「建築計画のお知らせ」です。

|

2008年3月11日 (火)

新宿区 市ヶ谷周辺の空撮

Tokyoichigaya0803
-市ヶ谷周辺-
 
市ヶ谷といえば防衛省という感じです。以前は赤坂にありましが、老朽化および敷地が狭かったため市ヶ谷に引っ越しました。引っ越した跡地は「東京ミッドタウン」として再開発されました。

 市ヶ谷に防衛省が移転する前、このような広大な敷地が何に使われていたのか?なかなか思い出せないのですが、古い地図を見ると「陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地」になっていました。すっかり忘れていましたが、そういえば市ヶ谷に陸上自衛隊の駐屯地がありましたね。
 あと以前は、防衛省や首相官邸の写真は載せないようにしていましたが、GoogleアースやGoogleマップの衛星写真が非常に詳細になったため、規制の意味がないので先月くらいから解禁しています。

 手前に見える非常に細いビルは、「タワーレジデンス四谷」です。バブル期に計画され、建設中に建築主の企業が倒産したため工事がストップして、長い間風雨にさらされていました。
 「バブルの塔」と呼ばれ、ちょっとした名所になっていたので結構有名です。現在は、タワーマンションになっています。地上23階、地下2階、高さ96.4mです。階高が高いのはもともとはオフィスビルだったのでしょうか?

 タワーマンションが2棟見えますが、左側が「河田町コンフォガーデン C棟」です。地上41階、塔屋2階、地下2階、高さ138.020mです。
 基本的には、UR都市機構の賃貸住宅ですが、東急不動産が31階~41階の上層階をスケルトン賃貸住宅としてUR都市機構から賃借し、高級賃貸マンション「東急ビューレジデンス市ヶ谷河田町」として運営管理しています。

 真ん中にあるのが「THE CENTER TOKYO(ザ・センター東京)」です。地上38階、塔屋1階、地下2階、高さ129.98m、総戸数426戸(他に管理事務室1戸)のタワーマンションです。当初は153mの高さで計画されていました。

|

2008年3月10日 (月)

地上からですが、「(仮称)大手町地区第一次再開発事業」の最新建設状況!

大きな地図で見る
-(仮称)大手町地区第一次再開発事業-
 空撮ではありませんが、「Audie-Gryph氏」より「(仮称)大手町地区第一次再開発事業」の最新の写真を送っていただいたので掲載したいと思います。
 「(仮称)大手町地区第一次再開発事業」は、敷地面積13,339.08㎡に、3棟の超高層オフィスビルが建設されます。延床面積235,866.76㎡です。
概要

◆ A工区:日経新聞社棟 地上31階、塔屋1階、地下4階、高さ約150m
◆ B工区:JA棟 地上37階、塔屋2階、地下4階、高さ約180m
◆ C工区:経団連棟 地上23階、塔屋1階、地下4階、高さ約122m
 
 
Tokyootemachi08031
一番西側の「日経新聞社棟」です。タワークレーンの「ニュースくん」と「メディアくん」は、バリバリ元気なようです(笑)。
 
 
Tokyootemachi08032
真ん中の「JA棟」です。すでに100mを超えていると思われます。怒涛のスピードで上に伸びています。
 
 
Tokyootemachi08033
一番東側の「経団連棟」です。こちらは少しスピードが遅いようです。
 
 
Tokyootemachi08034
全景です。3連の超高層ビルは迫力があります。
 
 
Tokyootemachi08035
こちらは、2007年11月4日に撮影したものです。上の写真と比べると、わずか4ヶ月でここまで伸びるとは驚きです。

|

2008年3月 9日 (日)

2008年Jリーグ開幕! 日産スタジアム(旧:横浜国際総合競技場)の空撮

Yokohamanissan0803
-日産スタジアム(旧:横浜国際総合競技場)-

 「ハチミツとクローバー」の「山田あゆみ」役とNHK連続テレビ小説「わかば」の主人公「高原若葉」役が、同じ女優さんだったと最近やっと気が付きました。女優さんの顔は、物語により全く変わるのでいつも驚かされます。

 横浜国際総合競技場は、ネーミングライツにより2005年3月1日から「日産スタジアム」と呼ばれています。
 4月8日(土)よりJリーグは、16年目となるシーズンが開幕しました。「日産スタジアム」は、Jリーグの横浜F・マリノスがホームスタジアムとして使用しており、2008年シーズン開幕戦では、「横浜F・マリノス」VS「浦和レッズ」の戦いが行われ、横浜F・マリノスが1-0で勝ちました。
 横浜FCもホームスタジアムのひとつとして使用しています。忘れられないのは、2002年に行われたFIFAワールドカップ(日韓共催)では、決勝戦が行われたことです。

概要(公式ホームページ参照)
◆ 階数-地上7階
◆ 高さ-最高51.96m、軒高43.86m
◆ 敷地面積-164,054㎡
◆ 建築面積-68,313㎡
◆ 延床面積-172,758㎡
◆ 構造-プレキャストプレストレストコンクリート造
◆ 屋根-鉄骨造(鋼管立体トラス構造:全観客席の3/4を覆う)
◆ 観客席-二層式72,327席(すべて個席)、1階席(4,5階)34,371席、2階席(6,7階)37,956席
◆ 着工-1994年01月
◆ 竣工-1997年10月
◆ オープン-1998年03月01日
◆ 総工費-603億円
 
 
場所はここです。
大きな地図で見る

|

2008年3月 8日 (土)

東京駅南側から有楽町あたり

Tokyoyurakucho08031
-東京駅南側から有楽町-

 こうやってみると皇居の緑がいかに重要かよく分かります。東京は緑が多いという印象を受けますが、皇居の緑の印象が強いからだと思います。
 このあたりは2000年までは、高さ100mを超える超高層ビルは「DNタワー21」だけでした。しかし2000年を過ぎると次々と建設されすっかり超高層ビル街になりました。

 このあたりの大家さんである三菱地所は、ドミノ式に再開発を行っています。まだまだ旧:建築基準法で建設された高さ31mのビルが多いので次々に建替えられていくと思われます。
 このあたりの、航空法での高さ制限は大雑把ですが約220m~230mくらいです。ただし皇居との景観の兼ね合いでJR山手線の内側はおおむね高さ200m以下に規制されています。
 
 
Tokyoyurakucho08032
-ザ・ペニンシュラ東京-

 日比谷公園の近くに、2007年9月1日にオープンした「ザ・ペニンシュラ東京」です。都内最大級の広さを誇る47のスイートルームを含む314室があります。建物の規模は、地上24階、塔屋3階、地下4階、高さ111.870mです。
 
 
 
Tokyoyurakucho08033
-ザ・ペニンシュラ香港-

 「ザ・ペニンシュラ」をアメリカもしくはヨーロッパ起源のホテルと思っている方が私のまわりにも結構います。
 「ザ・ペニンシュラ」は、1928年に香港の尖沙咀側にオープンした「ザ・ペンシュラ香港」がルーツで、運営会社は「香港&上海ホテルズ(The Hongkong and Shanghai Hotels, Limited)」です。香港随一の超高級ホテルで、下層階には高級ブランドショップが数えきれないくらいあります。
 私たちが香港に行った時は、このホテルの裏のホテルに泊まりました(笑)。

|

2008年3月 7日 (金)

江戸川区 葛西臨海公園&葛西海浜公園の空撮

Tokyokasai0803
-葛西臨海公園&葛西海浜公園-

 昨日からココログ(このブログ)のアクセス解析がPCと携帯電話に分離されました。3つのブログに携帯電話から300人くらいアクセスがありました。過去のデータを見ると毎日200人~500人くらい入ってきているようです。
 携帯電話の小さい画面でこのブログがちゃんと見えるのかな?とちょっと不思議な気分でした。ただPCと違い複数ページを見ていないようなので、多くの方が検索エンジンから間違って入ってきているのかも知れません。
 私は携帯電話を通話とメールと株価チャックと阪神タイガースの試合結果を調べるのにしか使っていません。機能の1000分の1も使っていないので、携帯電話の事はほとんど分りません(笑)。

 「葛西臨海公園」には、大観覧車、葛西臨海水族館、鳥類園、クリスタルビューなど園内にはたくさんの施設が整備されています。

 葛西臨海公園内の施設

 沖にあるのが「葛西海浜公園」です。「東なぎさ」は立入禁止ですが、「西なぎさ」では磯あそびが出来ます。写真でも分かりますが、橋があるので歩いて渡ることが出来ます。

 この日は、透明度が抜群に良かったので東京ディズニーリゾートもはっきり見えます。遠くに幕張新都心のビル群も見えます。超雨男の私にしては正に奇跡でした(笑)。
 
 
衛星写真がつぎはぎだらけですが、場所はここです。
大きな地図で見る

|

2008年3月 6日 (木)

みなとみらい21地区を南側から空撮

Tokyoyokohama0803
-みなとみらい21-

 ふと気がつく香港で見た「シンフォニー・オブ・ライツ」の音楽を歩きながら口ずさんでいる時があります。「シンフォニー・オブ・ライツ」はギネスブックに「世界で最も長期間継続されている、大規模な光と音のショー」としても認定されている、超高層ビルファンが見たら泣いて喜ぶような光と音のショーです。

 シンフォニー・オブ・ライツ 公式ホームページ

 空撮じゃないけれど 香港(ホンコン)編

 「口ずさむ」ということは、余程頭の中に強烈に印象に残ったのでしょうね! これを日本で出来るとしたら「みなとみらい21」くらいしかないと思います。
条件としては
(1)レーザー光線やサーチライトを照射するので空港から離れている必要がある。
(2)美しい超高層ビル群がある。
(3)海がある。
(4)超高層ビル群の全景を反対側から見る事が出来る。

 みとなとみらい21地区のビル群は、100mに揃えたタワーマンション群はイマイチですが、全体の景観としてはたいへん美しいです。今後も150mクラスの超高層オフィスビルもたくさん建設されます。北仲通北地区にも大規模な再開発計画があります。
 香港のマネになってしまいますが、日本でも出来ないものでしょうか? まあなんでも規制規制の日本ではお役所の許可が絶対下りないでしょうね・・・ 

|

2008年3月 5日 (水)

品川駅前 プリンスホテル村の空撮

Tokyoprince0803
-プリンスホテル村-
 
JR品川駅の西口には「プリンスホテル村」と言っていいくらいプリンスホテル系列のホテルがあります。

 北側のブロックには、最高級の「ザ・プリンス さくらタワー東京」、次のランクの「グランドプリンスホテル高輪」と「グランドプリンスホテル新高輪」があります。それらの敷地内には、「大宴会場 飛天」や「国際館パミール」などの巨大な宴会場や庭園を配置しています。

 南側のブロックには「品川プリンスホテル」があります。品川プリンスホテルは、客数が3680室(2008年3月5日現在)という超巨大ホテルです。
 各棟の客室数は、超高層棟の「メインタワー」が1736室、品川駅側にある横長の「イーストタワー」が1015室、円筒形の「アネックスタワー」が672室、「ノースタワー」が257室です。
 名称変更になる前は、メインタワーが「新館」、イーストタワーが「本館」、アネックスタワーが「エグゼクティブタワー」、ノースタワーが「別館」と呼ばれていました。

 敷地内には、都市型水族館「エプソン品川アクアスタジアム」、シネマコンプレックス「品川プリンスシネマ」、高級賃貸住宅「品川プリンス・レジデンス」などもあります。

-プリンスホテルのカテゴリー-
 
2007年4月1日より、プリンスホテルは、ランク別に3つのカテゴリーに分類されました。 最上級が「ザ・プリンス」で、「ザ・プリンス パークタワー東京」、「ザ・プリンス さくらタワー東京」、「ザ・プリンス箱根」、「ザ・プリンス軽井沢」の4ホテルのみが使用を許されています。

 その次が「グランドプリンスホテル」で、「グランドプリンスホテル赤坂」、「グランドプリンスホテル高輪」、「グランドプリンスホテル新高輪」、「グランドプリンスホテル京都」、「グランドプリンスホテル広島」が使用しています。それ以外は「プリンスホテル」で今までと同じ名称を使用しています。

|

2008年3月 4日 (火)

丸の内ビルディング&新丸の内ビルディング

Tokyomarunouchi08031
-丸の内ビルディング&新丸の内ビルディング-

 東京駅中央口交差点の両側にある「丸の内ビルディング」と「新丸の内ビルディング」は、まさに日本の中心と言っても過言ではないでしょう。
 行幸通を境に北側(写真右側)が丸の内一丁目、南側(写真南側)が丸の内二丁目になります。

三菱商事ビルディング-地上21階、塔屋2階、地下3階、高さ114.836m
◆ 丸の内ビルディング-地上37階、塔屋2階、地下4階、高さ179.02m
◆ 東京海上日動ビル本館- 地上25階、塔屋2階、地下4階、高さ108.1m
◆ 新丸の内ビルディング-地上38階、塔屋1階、地下4階、高さ197.600m
◆ 三菱UFJ信託銀行本店ビル-地上30階、塔屋2階、地下4階、高さ148.36m
◆ 日本生命丸の内ビル-地上28階、塔屋1階、地下4階、高さ158.85m
 
 
Tokyomarunouchi08032
在りし日の「新丸ノ内ビル」です。

|

2008年3月 3日 (月)

首都高速道路・晴海線 Part2 豊洲出入口の建設予定地

Tokyotoyosu0803
-首都高速道路・晴海線-

 首都高速道路・晴海線は、「有明東ジャンクション(仮称)」から北方向に分岐して、豊洲地区を経由して中央区晴海までを結ぶ都市高速道路です。
 開通時期は、「有明東ジャンクション」~「豊洲出入口」の延長約1.5kmが2008年度、さらに先の「豊洲出入口」~「晴海出入口」の延長約1.2kmが2012年度の開通を目指して工事を進めています。

 「有明東ジャンクション(仮称)」から北北西方向に進み、東雲運河を渡ります。東雲運河には「木遣り橋(きやりばし)」がすでに架かっていますが、高速道路が建設されると2階層構造になります。すでに橋の上に一部高架橋の支柱が見えます。

 「豊洲出入口」は新豊洲変電所(テプコ豊洲ビル)のすぐ西側に建設されますが、交差点部分の南北に用地確保されているのが分かります。

 首都高速道路・晴海線 Part1 有明東ジャンクション(仮称)の建設現場

-新豊洲変電所(テプコ豊洲ビル)-
 ゆりかもめに乗っていると「あれは何?」と不思議に思うのがこのビルです。直径約140m、高さ約60メートルの巨大な円筒形で巨大スタジアムがすっぽり入る巨大なビルです。
 このビルの地下には、50万ボルトの地下変電所があります。「新京葉変電所」から約40kmの距離を50万ボルトの「新豊洲線」という地中送電線で送られて来ています。地上部分はオフィスになっています。「ビッグドラム」という通称でも呼ばれています。

 首都圏以外ではなじみがないですが、東京電力はブランドに「TEPCO(テプコ)」を使用します。東京電力の英名である「Tokyo Electric Power Company」の頭文字からこのような名称になっています。

概要
◆ 階数-地上10階、塔屋1階、地下4階
◆ 高さ-約60m
◆ 直径-約140m
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
◆ 延床面積-186,829㎡
◆ 建築主-東京電力、アット東京
◆ 基本設計者-日建設計、東電設計
◆ 実施設計者-清水建設、日建設計、東電設計
◆ 監理者-東京電力
◆ 施工者-清水建設
◆ 竣工-2003年4月

場所はここです。

大きな地図で見る

|

2008年3月 2日 (日)

港区 住友不動産三田ツインビルの空撮

Tokyomita0803_2
-住友不動産三田ツインビル-

 JR田町駅南側の陸橋を挟んで東西にあるのが「住友不動産三田ツインビル」です。ビルの色はマルーンカラー?(阪急電車の色)に統一され、手前(西側)にある高い方が「住友不動産三田ツインビル西館」で、奥(東側)にある低い方が「住友不動産三田ツインビル東館」です。

 「住友不動産三田ツインビル西館」は、地上43階、地下2階、高さ 179.30mです。基本的にはオフィスビルですが、上層階の32階~43階までが、総戸数109戸の高級賃貸住宅「ラ・トゥール三田」になっています。
 ほとんど第一京浜側からしか見る事がないですが、反対側から見るとビルが台形なのが分かります。

 「住友不動産三田ツインビル東館」は、地上17階、地下1階、高さ85.50mです。オフィスとホテル「ホテルヴィラフォンテーヌ東京三田」になっています。
 ちなみに道を挟んで左側(北側)にあるのが「グランパークタワー」です。地上34階、塔屋2階、地下4階、高さ約150mです。同じ街区に地上28階、地下4階、高さ約97mの高級賃貸住宅「グランパークハイツ」があります。

 東海道新幹線と東海道線・山手線・京浜東北線の間に広大な空間がありますが、この部分は将来的には再開発される予定です。横須賀線はこの部分ではまだ地下を走っており、品川駅手前で地上に出ます。

 途中で分岐しているのがJR東海の「
新幹線引込線」で、新幹線大井車両基地(東京第一車両所・東京第二車両所)まで向かいます。
 このような構造になっているため、東京駅から新幹線大井車両基地に出入する回送列車と通常の新幹線が競合するため、新幹線の本数を増やすことが出来ませんでした。JR東海が新幹線の品川駅を開業したのはこの問題を解消する理由もあります。品川駅の開業により毎時4本の増発が可能になりました。

|

2008年3月 1日 (土)

リバーサイド隅田・セントラルタワーの空撮

Tokyosumida0803
-リバーサイド隅田・セントラルタワー-

 隅田川の手前が墨田区で向こう側が荒川区になっています。隅田川沿いに1994年に「リバーサイド墨田」が建設されました。

 オフィスと共同住宅で構成される「セントラルタワー」と低層のレストラン等が入っている「ガーデンプラザ」で構成されています。「セントラルタワー」は、17階~33階まで総戸数183戸の共同住宅になっています。

 オフィス部分の多くは「NECインフロンティア株式会社」が入居しています。約1000人が働く大所帯です。正式名称は「NECインフロンティア墨田事業所」ですが、NEC内では、「テクノタワー墨田」と呼ばれているようです。

 「 リバーサイド隅田・セントラルタワー」は、日本では珍し2階建てエレベーターがあります。かごを上下2層に重ねた2階建で、上下のかごで隣接する2階分を同時に開閉することが出来ます。
 それを更にバージョンアップさせたのが、六本木ヒルズにある「スーパーダブルデッキ・エレベーター」です。これは2階分の階高まで調整できるすぐれものです。

◆ リバーサイド隅田・セントラルタワー 地上33階、地下2階、高さ134.40m 

|

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »