« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

みなとみらい21地区 オフィスビルの建設状況

Yokohamamm2108041
-みなとみらい21地区 オフィスビルの建設状況-

 前回に続き、今回も空撮ではなく「ランドマークタワー」からの撮影です。みなとみらい21地区では複数のオフィスビルの建設が同時に行われています。現在建設されているのは高さが100m以下のクラスですが、来年くらいから150mクラスの超高層ビルが次々と着工される予定です。

 写真は「(仮称)日産自動車株式会社 本社屋 建築計画」の建設現場です。地上22階、地下2階、高さ99.9mのオフィスビルが建設中です。
 
 
Yokohamamm2108042
「(仮称)日産自動車株式会社 本社屋 建築計画」を別方向から見た写真です。ペデストリアンデッキもほぼ完成しています。
 
 
Yokohamamm2108043
「CITY」の建設現場です。富士ゼロックスの研究開発拠点ですが、「CITY」と言う名称は分かりにくいのでオープンまでにもっと分かりやすい名称にしてほしいです。
 地上20階、地下1階、高さ98.764mです。総投資金額約600億円、研究開発人員が最大約5200人働くことになります。高さが99.9mから微妙に変更になっています。
 
 
Yokohamamm2108044
(仮称)みなとみらいODKビル」の建設現場です。地上21階、塔屋1階、地下2階、高さ98.2mのオフィスビルが建設中です。高さが99.80mから微妙に変更になっています。
 
 
Yokohamamm2108045
「(仮称)ODビル新築工事」の建設現場です。地上17階、塔屋2階、地下2階、高さ84.3mのオフィスビルが建設中です。
 
 
Yokohamamm2108046
「(仮称)モリモトMM21 43街区計画新築工事」の建設現場です。地上17階、地下2階、高さ85.05mのオフィスビルが建設中です。
 
 
Yokohamamm2108047
新たに完成した「みなとみらい21地区」のタワーマンション群です。左側が「パシフィックロイヤルコートみなとみらい」の2棟、右側が「Brillia Grande みなとみらい」の2棟になります。
 「パシフィックロイヤルコートみなとみらい」は手前が「アーバンタワー」、奥が「オーシャンタワー」になります。共に大和ハウスグループが建設しました。竣工後「日本レジデンシャル投資法人」に建物が売却される事が決定しています(オーシャンタワーは売却済み)。

|

2008年4月29日 (火)

横浜市 コットンハーバー地区

Yokohamacotton08041
-コットンハーバー地区-

 昨夜NHKスペシャルで「日光・月光菩薩はじめての二人旅」を放送していました。上野公園にある「東京国立博物館」で、平城遷都1300年記念「国宝 薬師寺展」が開催されていますが、それに伴い薬師寺の金堂から搬出する様子などを放送していました。

 「月光菩薩立像」と「日光菩薩立像」は、日本仏教彫刻の最高傑作のひとつと言われている国宝「薬師三尊像」の中の2体です。
 今後ともこんな間近で見る事が出来るチャンスは二度とないと思います。私も4月8日に見に行ったのですが、あまりの神々しさに思わず合掌してしまいました。他にも合掌している人や感動して涙を流している方もいました。それほど素晴らしいです。

 詳しくは → 
東京国立博物館・公式ホームページ

 話を戻します。今回は空撮ではなく「ランドマークタワー」からの撮影です。「コットンハーバー地区」にはすでに3棟が完成していますが、2008年1月に新たに「コットンハーバータワーズ・ベイウエスト」が竣工したのでコットンハーバータワーズの4棟はすべて竣工したことになります。
 「コットンハーバー マリナゲートタワー」が竣工すると「コットンハーバー地区」の開発は一段落します。また「みなとみらい21地区」と「コットンハーバー地区」を結ぶ道路もかなり工事が進んでいます。

 あと「コットンハーバー地区」ではないですが、横浜つながりでJR鶴見駅と京浜鶴見駅前の
「鶴見駅東口地区第一種市街地再開発事業」に「建築計画のお知らせ」が掲示されていたので載せておきます。
 


Yokohamacotton08042
2008年1月に竣工した「コットンハーバータワーズ・ベイウエスト」です。地上38階、地下1階、高さ119.43m、総戸数360戸です。
 
 
Yokohamacotton08043
コットンハーバー マリナゲートタワー」です。地上38階、塔屋1階、地下1階、高さ126.65m、総戸数250戸です。
 
 
Yokohamacotton08044
「鶴見駅東口地区第一種市街地再開発事業 特定業務代行建設工事」の予定地です。
 
 
Yokohamacotton08045
「建築計画のお知らせ」です。

|

2008年4月28日 (月)

江東区 「清澄白河」周辺の空撮

Tokyokiyosumi08041
-清澄白河-

 タワーマンションは、群る傾向にあります。何故この場所に?と思う場所が結構ありますが「清澄白河」もその一つです。
 東京メトロ・半蔵門線、都営地下鉄・大江戸線の「清澄白河駅」周辺ではなく、東側に500m以上歩いた「白河3」交差点周辺に集中しています。

 先に完成していた「イーストコモンズ清澄白河・フロントタワー」と「イーストコモンズ清澄白河・セントラルタワー」に続き、2008年2月に「D’グラフォート清澄白河 Sparkling Tower」が竣工しました。
 次に「(仮称)江東区白河4丁目プロジェクト」が着工される予定です。地上26階、地下1階、高さ 99.50mで計画されていた「(仮称)清澄白河マンション」は、「建築計画のお知らせ」を見ると地上13階、高さ43.07mに変更されたようです。
 
 
Tokyokiyosumi08042
2008年2月に竣工した「D’グラフォート清澄白河 Sparkling Tower」です。地上32階、地下1階、113.94m、総戸数155戸です。
 
 
Tokyokiyosumi08043
「(仮称)江東区白河4丁目プロジェクト」の建設予定地です。地上35階、地下1階、高さ116.90mのタワーマンションが建設される予定です。


Tokyokiyosumi08044
「(仮称)江東区白河4丁目プロジェクト」の完成予想図です。建設予定地に掲示してあったものを撮影しました。

|

2008年4月27日 (日)

東京ディズニーリゾート&東京ディズニーランドホテル

Tibatdl08041
-東京ディズニーランドホテル-

 ゴールデンウィークということで人気スポット「東京ディズニーリゾート」を載せてみました。昨年の4月にも東京ディズニーリゾートを空撮しましたが、曇っていたので今回再度挑戦しました。2008年7月8日に開業する「東京ディズニーランドホテル」の全容を空から見たかったのも理由です。

 東京ディズニーリゾート周辺は、飛ぶのが非常に難しいです。浦安ヘリポートの管制空域のため許可を得ないと入る事ができません。それに「東京ディズニーリゾート」自体が上空を飛行する事を認めていません。
 何度行った方でも東京ディズニーリゾート上空をヘリコプター・セスナ・飛行船が飛行しているのを見たことがないと思います。
 そのため東京ディズニーリゾート上空を1周するにもかなり遠回りの飛行になります。たくさんの写真を撮影しましたが、東京ディズニーリゾートに関しては画像の権利関係が複雑で厳しいので、今回も遠くから引いて個別の建築物の詳細が分からない写真を選んで載せました。

 JRの京葉線に乗っていると旧江戸川を超えるあたりから巨大な宮殿のような建築物が見えてきます。建設中の「東京ディズニーランドホテル」です。電車から見るとその大きさに圧倒されます。
 概要は、地上9階、延床面積約89,000㎡、客室数705室、総投資額約440億円で、2008年7月8日グランドオープン予定です。オリエンタルランド(TDRを経営・運営する会社)の運営するホテルとしては「ディズニーアンバサダーホテル」、「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」に次いで3番目のホテルになります。

 東京ディズニーランドホテル 公式ホームページ

|

2008年4月26日 (土)

さいたま市 「武蔵浦和駅」周辺の空撮!

Saitamamusashiurawa08041
-武蔵浦和駅周辺-

 武蔵浦和駅周辺では、現在2棟の超高層タワーマンションが建設されています。「武蔵浦和駅第4街区第一種市街地再開発事業」の2棟のタワーマンションです。

 街全体の名称は、「NALIA<ナリア>」に決定しています。2つのタワーマンションは、北側の棟が「プラウドタワー武蔵浦和テラス」、地上28階、地下1階、高さ103.11m、総戸数139戸で、南側の棟が「プラウドタワー武蔵浦和ガーデン」、地上29階、地下1階、高さ105.98m、総戸数253戸です。

 「第4街区」が完成すると、次の開発は、ケーズデンキ北側の「第1街区」が開発されることになります。


Saitamamusashiurawa08042
北側の棟「プラウドタワー武蔵浦和テラス」です。


Saitamamusashiurawa08043
南側の棟「プラウドタワー武蔵浦和ガーデン」です。


Saitamamusashiurawa08044
南側の棟と商業施設です。街全体の名称は、「NALIA<ナリア>」に決定しています。

|

2008年4月25日 (金)

つくばエクスプレス 「柏の葉キャンパス駅」周辺の空撮!

Tibakashiwanoha08041
-柏の葉キャンパス駅周辺-

 空撮する場合、東京駅や豊洲地区などの重要な目標の場合は、ターゲットを360度1周しますが、経費がかさむので郊外の場合は余程の事がないと1周しません。今回は「柏の葉キャンパス駅」上空を1周してみました。

 つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス駅」の駅前では、現在「パークシティ柏の葉キャンパス一番街」が建設されています。A・B・C・D・Eの5棟(総戸数977戸)が建設中で、その中で3棟が高さ100mを超えるタワーマンションになります。
 
概要
◆ 名称-パークシティ柏の葉キャンパス一番街
◆ A棟-地上35階、地下1階、高さ114.5m、265戸(竣工済)
◆ B棟-地上18階、高さ59.3m、100戸(竣工済)
◆ C棟-地上34階、地下1階、高さ111.3m、258戸
◆ D棟-地上18階、高さ59.3m、105戸
◆ E棟-地上32階、地下1階、高さ104.9m、249戸
 

 さらに「
柏の葉キャンパス駅前147街区」と「柏の葉キャンパス駅前148街区」にも開発計画があり、商業施設、住宅、ホテル、業務ビル、京葉銀行柏の葉キャンパス支店、柏の葉辻仲病院等が建設されます。
 その中で最も高さが高いのが、148街区の分譲住宅です。ツインタワーのタワーマンションで、地上37階、高さ135m、総戸数704戸の予定です。2008年3月着工、2011年秋竣工の予定です。

 2007年11月4日にセスナから撮影した柏の葉キャンパス駅周辺
 
 
Tibakashiwanoha08042
反対側から見た様子です。

|

2008年4月24日 (木)

池袋「サンシャインシティ」上空の空撮!

Tokyoikebukuro08041
-池袋周辺の再開発状況-

  Air Rise Tower(エアライズタワー)を含む「ライズシティ池袋」が完成し、開発の中心は「東池袋四丁目第2地区第一種市街地再開発事業」に移っています。
 池袋地区で2番目の高さになる地上52階、塔屋2階、地下2階、高さ189.20mのタワーマンションが建設されます。

 サンシャインシティの北東側で建設されていた「パークタワー池袋イーストプレイス」は、2008年3月下旬に竣工し、現在入居が開始された頃だと思います。
 池袋というには少し無理がありますが、 山手通沿いの「豊島区東高松一丁目」でタワーマンションが建設されています。「(仮称)高松1丁目計画」で、地上34階、地下1階、高さ121.31mです。

 東京メトロ副都心線(和光市~渋谷間)が2008年6月14日(土)いよいよ開業します。渋谷・新宿・池袋の副都心の戦いがますます激烈になります。
 関西でニュースを見ていると、安藤忠雄氏が設計した巨大なタマゴのような地下空間のある渋谷駅ばかりが報道されています。

 圧倒的な集客力がある新宿、若者・先端の渋谷に比べ池袋はイマイチ特徴がありません。超高層ツインタワー建設などいろいろな構想があるようなので今後に期待します。
 個人的にはその前に、西口と東口が完全に分断されている現状をなんとかしないと総合力が発揮できず競争力が高まらないと思いますが・・・
 
 
Tokyoikebukuro08042
「東池袋四丁目第2地区第一種市街地再開発事業」が完成するとこんな感じになります。建設現場にある完成イメージパースを撮影しました。
 
 
Tokyoikebukuro08043
別の完成イメージパースを撮影しました。
 
 
Tokyoikebukuro08044
「東池袋四丁目第2地区第一種市街地再開発事業」の建設現場です。
 
 
Tokyoikebukuro08045
「パークタワー池袋イーストプレイス」です。2008年3月下旬に竣工しました。
 
 
Tokyoikebukuro08046
(仮称)高松1丁目計画」の建設現場です。 

|

2008年4月23日 (水)

荒川区 日暮里駅周辺の空撮!

Tokyonipori08041
-日暮里駅周辺-

  日暮里駅は、少し前まではJR内での乗換えもしくは、JR⇔京成間の乗り換えで利用するくらいで周辺住民以外は駅の外に出るような駅ではありませんでした。
 しかしその状況も近年急変しています。駅前の再開発計画がかなり進行し、この春には日暮里駅前で最も高い「ステーションガーデンタワー」も完成しました。

 
鉄道交通も急速に整備され、日暮里駅を起点として、足立区の見沼代親水公園駅に至る全長9.7Kmを13駅で結ぶ新交通システム「日暮里・舎人ライナー」も2008年3月30日に開業しました。

 現在、京成電鉄が日暮里駅の大改修工事を行っています。京成電鉄は、2010年度の開業を目指して「成田高速鉄道」への乗り入れを予定しています。
 スカイライナーを「北総線」および新たに建設する「印旛日本医大-土屋間」を経由させることで、本線とは別ルートで成田空港に直結させます。新敷設区間では時速160kmの高速運転の実施を予定しています。
 成田空港への玄関口になる京成・日暮里駅は、下り線を高架化して成田方面専用の相対式2面1線ホームに拡張します。線路を挟んで左右に「スカイライナー」用のホームと一般車輌用のホームを分離します。これにより1面2線から3面2線の2階建て構造となります。

 2007年11月3日にヘリコプターからの撮影した日暮里駅周辺
 
 
Tokyonipori08042
2008年2月に竣工し、春に入居が開始された日暮里駅前では一番高いタワーマンション「ステーションガーデンタワー」です。地上40階、地下2階、高さ153.00m、総戸数 340戸(販売戸数203戸、他に店舗等あり)です。
 
 
Tokyonipori08043
日暮里駅前では二番目の高さになる
「ステーションプラザタワー」です。完成すると地上36階、地下2階、高さ139.85m、総戸数285戸(販売戸数188戸、地権者住戸97戸、他に店舗等あり)です。
 
 
Tokyonipori08044
「日暮里・舎人ライナー」の日暮里駅です。
 
 
Tokyonipori08045
「日暮里・舎人ライナー」の日暮里駅内部の様子です。ホームドア式1面2線の非常にコンパクトな駅です。
 
 
Tokyonipori08046
「日暮里・舎人ライナー」の「300形」車両です。ホームドア式のため駅構内では車両の全体を見る事は出来ません。

|

2008年4月22日 (火)

江東区 「東雲地区」のタワーマンション群の空撮!

Tokyoshinonome08041
-東雲地区-

 ココログ(このブログ)は、メンテナンスが回数多すぎです。今朝もまた・・・ 話は変わりますが、日本テレビ系の「ごくせん」の視聴率が関東26.4%(瞬間最高29.8%)、関西27.7%(瞬間最高31.2%)もあったそうです。ヤンクミ(仲間由紀恵)恐るべしです。
 2000年頃までは、4月~7月クールのドラマは、野球中継の巨人戦が化け物のような視聴率を誇っていたので力を入れていませんでした。しかし巨人戦の視聴率が一桁台になったのでどの局もドラマに力を入れるようになりました。

 今クールも、キムタク主演の月9ドラマ「CHANGE」などの大作があります。いろいろ観てみましたが、初回で挫折するドラマが多い中「パズル」、「Around40」、「ラストフレンズ」など今回はなかなか期待できるドラマが多いです。もし首都圏に住んでいたとしたらかなりマニアックな「ロケ地探訪」みたいなホームページを作っていたと思います(笑)。

 また話が他にそれました。「東雲地区」のタワーマンション群が迫力を増してきました。「BEACON Tower Residence」が竣工すると辰巳運河沿いのタワーマンション計画は完了します。
 それ以外に、東雲地区で判明しているのは、「東雲キャナルコート」西側で、イオンの南側に2棟と東雲二丁目の「(仮称)東雲2丁目計画」です。これら計画中の3棟が完成すると東雲地区には10棟に高さ100mを超えるタワーマンションが林立することになります。


Tokyoshinonome08042
新辰巳橋から撮影しました。


Tokyoshinonome08043
2008年2月に竣工した「キャナルファーストタワー」です。地上42階、地下2階、高さ145.52m、総戸数415戸です。


Tokyoshinonome08044
建設中の「BEACON Tower Residence」です。地上41階、地下1階、高さ147.00m、総戸数440戸です。 

|

2008年4月21日 (月)

千葉市中心部の空撮

Tibatiba08041
-千葉市中心部-

 千葉市の中心部は「幕張新都心」のようなイメージがありますが、やはり都心となるとJR千葉駅周辺になります。

 ただ超高層ビルは、幕張新都心に集中していて千葉駅周辺にはあまりありません。唯一100mを超えているのが「センシティビルディング」で、地上23階、塔屋2階、地下2階、高さ106.65mです。
 手前にある「千葉県庁・本庁舎」は、地上20階、地下2階、高さ95.4mです。100mに少し足りません。

 建設中の「CHIBA CENTRAL TOWER」は地上43階、地下1階、151.5m、総戸数436戸の超高層タワーマンションです。完成すると千葉市都心部(幕張新都心除く)では最も高い超高層ビルになります。

 空撮は晴れでしたが、地上からの撮影は土砂降りの雨でした。おまけに風も強く傘が飛ばされそうで最悪でした。
 普通はこんな日は絶対に撮影しませんよね・・・ でも関西に住んでいる私には、日程が限られ、1日たりとも無駄に出来ないので、建設中のビルが雨で見えなくならない限り撮影に行きます。前にも書きましたが「超雨男」なので雨の撮影は「慣れっこ」になっています。

 でもさすがにこの日は、みじめな気分になりました。風が強かったので傘が意味をなさず、服も靴もリュックサックの中身もずぶ濡れになりました・・・ 
 「何がうれしくてこんな情けない事をしているんだろう・・・」と自問自答しながら歩いていました。でも悲しいかなやめられないんですよね(笑)。


Tibatiba08042
「CHIBA CENTRAL TOWER」の建設現場です。
 
 
Tibatiba08043
JR稲毛駅前の「プラウドタワー稲毛」の建設現場です。
地上37階、塔屋1階、地下2階、125.30m、総戸数354戸の超高層タワーマンションが建設されます。

|

2008年4月20日 (日)

「JR大崎駅」周辺の空撮! 大規模に行われている「ソニー旧大崎西テクノロジーセンター」の解体工事

Tokyoosaki08041
-JR大崎駅周辺-

 NHKが土曜日の午後9時から土曜ドラマで「トップセールス」を放送しています。夏川結衣のファンなので見始めたのですが、なかなか面白いです。このように「自分の実力と才覚」で昇り詰めていくドラマは好きです。

 主人公が24歳からスタートしていますが、さすがに夏川結衣に24歳の役は無理がありますが、美人で奇麗だからまあいいか・・・ 
 第1回・第2回は、1974年が舞台でした。1974年8月30日の三菱重工ビル爆破事件から始まった連続企業爆破事件や1974年9月はじめの台風16号による多摩川の堤防決壊が出てきました。
 当時の事を昨日のように思い出しました。特に狛江市猪方の多摩川の堤防決壊は、濁流により川岸が少しずつえぐられ家が一軒ずつ流されていく様子が連日テレビで中継されていました。衝撃的な映像だったので今でもはっきり覚えています。

 話を本題に戻します。ヘリコプターから空撮をしていると目の前のターゲットに集中しすぎて次の目標を撮り損ねることがよくあります。
 今回も品川方面に集中しすぎて、気がついたら大崎が目の前に迫っていました。そのためいい写真が撮影出来ず悔しい思いをしました。その中で唯一ましな写真がこれです。

 中心の超高層ビルが、2007年10月25日にグランドオープンした「ThinkPark Tower(シンクパーク タワー)」です。地上30階、塔屋2階、地下2階、高さ140.5mです。
 敷地内に「ダイワロイネットホテル東京大崎」、「ウエストレジデンス大崎」が整備されています。

 周辺では、数多くの再開発が行われています。1棟しか見えませんがタワークレーンが見えるのが、「大崎ウエストシティタワーズ」です。「大崎駅西口中地区第一種市街地再開発事業に係る建築物」と言われていたプロジェクトです。
 ツインタワーのタワーマンションで、地上39階、地下2階、高さ127.08m、総戸数1084戸です。

 「ソニー旧大崎西テクノロジーセンター」跡地も大規模に解体工事が行われています。跡地には地上24階、地下2階、高さ約140mの超高層ビルが建設れる予定です。
 五反田側(大崎駅北西側)でもたくさん再開発計画が進行していますが、空撮に写っていないので地上からの写真で紹介したいと思います。



Tokyoosaki08042
「ソニー旧大崎西テクノロジーセンター」跡地の解体工事現場です。3枚の写真を無理やりつないでパノラマ風にしてみました。当然のごとくきれいにつながりませんでしたが・・・
 
 
Tokyoosaki08043
別方向から見た「ソニー旧大崎西テクノロジーセンター」跡地の解体工事現場です。
 
 
Tokyoosaki08044
「大崎ウエストシティタワーズ」の東側の棟の建設現場です。
 
 
Tokyoosaki08045
「大崎ウエストシティタワーズ」の西側の棟の建設現場です。
 

Tokyoosaki08046
「パークタワーグランスカイ」の建設現場です。「東五反田二丁目第2地区第一種市街地再開発事業」と言われていたプロジェクトで、奥に見える地上に姿を現わしているのはオフィス棟です。
 地上44階、塔屋2階、地下2階、高さ152.90m、総戸数736戸(事業協力者住戸152戸含む)のタワーマンションが建設されます。


Tokyoosaki08047
東五反田二丁目第2地区第一種市街地再開発事業」のオフィス棟です。地上16階、塔屋1階、地下2階、高さ約74mです。街全体は「東京サザンガーデン」、オフィス棟は「東五反田スクエア」に名称が決定しています。

  東五反田二丁目第2地区第一種市街地再開発事業 公式ホームページ
 
 

Tokyoosaki08048
「プラウドタワー東五反田」です。「(仮称)東五反田二丁目計画」というプロジェクト名です。地上25階、塔屋1階、地下1階、高さ94.89mのタワーマンションです。


Tokyoosaki08049
「プラウドタワー東五反田」の南側の目黒川沿いには、「親水公園」が整備されます。


Tokyoosaki080410
「(仮称)大崎一丁目プロジェクト」の建設現場です。「アートヴィレッジ 大崎セントラルタワー」の東隣にあった「千代田グラビア印刷」跡地の再開発プロジェクトです。地上17階、地下2階、高さ82.5mの高層ビルが建設中です。


Tokyoosaki080411
目黒川沿いの桜です。

|

2008年4月19日 (土)

「二子玉川東地区第一種市街地再開発事業」が本格始動!

Tokyofutagotamagawa08041
-二子玉川東地区第一種市街地再開発事業-
 
天海祐希主演の、TBS系のテレビドラマ「Around 40~注文の多いオンナたち~」で昨夜放送された中に、聡子(天海祐希)と大島(寺脇康文)がみなとみらい21の夜景が見える場所でデートしていました。
 これは「横浜港大さん橋国際旅客ターミナル」でロケが行われています。というのも今回の東京ツアーで偶然このロケ現場に遭遇しました。ロケは、3月31日(月)の日暮れ直後から行われていました。

 友人と横浜の夜景を撮影に行ったのですが、この日は午前中は土砂降りの雨、午後から雨がやんだのですが、三脚が立たない程風が強かったです。そのせいかドラマの中でも聡子(天海祐希)の髪型がみだれていました。
 あと聡子(天海祐希)、瑞恵(松下由樹)、貞夫(筒井道隆)の3人が、奈央(大塚寧々)の住むタワーマンションを訪ねた時に、マンションを見上げていましたが、すぐ分かってしまいました。でもまだロケが続くようなので書かないでおきます。
 今回の東京(首都圏)ツアーで4度もテレビドラマのロケ現場に遭遇しました。どの場面に使われるのか今クールのドラマを見るのが今から楽しみです。

 話を本題に戻します。今回は空撮ではありませんが、4月17日に「二子玉川東地区第一種市街地再開発事業」が、「二子玉川東地区市街地再開発組合、東京急行電鉄、東急不動産」から大々的に発表になりました。
 今回は、前ふりの解説をあまりゴチャゴチャ書かないでおきます。というのも公式ホームページを見た方が良くわかるからです。ただ今回は写真を16枚も使った大作です。3月28日から始まった大井町線(二子玉川駅-大井町駅)
内での「6000系電車」を使った急行運転開始もレポートしたいと思います。

 2007年10月31日の建設現場の様子

 二子玉川東地区第一種市街地再開発事業 オフィシャルサイト

 二子玉川ライズ タワー&レジデンス 公式ホームページ
 
 
  
Tokyofutagotamagawa08042
建設現場にある街区図を撮影しました。
 
 
Tokyofutagotamagawa08043
今回、二子玉川駅を降りて驚きました。「駅前に何もない・・・」約5か月ぶりだったのですが、駅前にあった建築物がすべて解体されていました。この部分は、「Ⅰ-b街区」になります。
 
 
Tokyofutagotamagawa08044
「Ⅰ-a街区」、「Ⅰ-b街区」、「Ⅱ-a街区」の完成予想図です。建設現場にある完成予想図を撮影しました。
 
 
Tokyofutagotamagawa08045
「Ⅰ-a街区」の様子です。
 

 
Tokyofutagotamagawa08046
「Ⅰ-b街区」の様子です。


Tokyofutagotamagawa08047
「Ⅱ-a街区」の様子です。この部分は、2期事業用地のため当面開発は行わず、暫定施設が建設されています。
 
 
Tokyofutagotamagawa08048
「Ⅲ街区」の完成予想図です。建設現場にある完成予想図を撮影しました。マンション群は「二子玉川ライズ タワー&レジデンス」に名称が決定しました。
 
 
Tokyofutagotamagawa08049_2
「Ⅲ街区」を東側から見た様子です。
 
 
Tokyofutagotamagawa080410
「Ⅲ街区」を西側から見た様子です。


Tokyofutagotamagawa080411
「Ⅲ街区」の「建築計画のお知らせ」です。高さの表記が行くたびに151.1mと149.7mの間を往復していました。また表記場所によって違ったりしていました。
 上から何度も紙を貼って修正した跡があるので、修正していた紙が雨でとれたのか本当に修正されたのかよく分かりませんが、最新の「建築計画のお知らせ」は完了予定が今回発表された日程に修正されていたので、高さ151.1mが正しいのでしょうか?
 
 
Tokyofutagotamagawa080412
「Ⅲ街区」東側の公園になる部分の様子です。手前の道路部分は盛り土がされ道路はトンネル状になります。そのため公園は多摩川沿いの堤防と一体化します。道路の東側に「東急自動車学校」がありますが、その部分も公園になります。
 
 
Tokyofutagotamagawa080413
再開発現場の南側を多摩川が流れていますが、堤防沿いはこのように桜並木がきれいです。
 
 
Tokyofutagotamagawa080414
2008年3月28日から、大井町線(二子玉川駅-大井町駅)内で「6000系電車」を使った急行運転が開始されました。これにより二子玉川駅の拠点性がますます高まりました。
 
 
Tokyofutagotamagawa080415
「大井町駅」は、大井町線の急行運転開始のため大規模な改良工事が行われました。ホームの最大幅を9mから16mに広げ、6両運転に備えホームも延長されました。

 関西に住んでいる私には、都心に行くために何度も乗り換える必要がある「大井町線」の急行運転に意味があるのか?と工事中ずっと思っていました。しかし実際に急行に乗ってみて考え方が変わりました。凄く快適で「大井町駅」でのJRやりんかい線への乗り換えが便利です。
 現在の大井町線は、踏切がたくさんあったり、急行が停車する駅以外は物凄く貧弱ですが、線路や駅舎の改良を重ねていくと将来的に間違いなく「東横線」、「田園都市線」、「目黒線」に次ぐ東急のドル箱路線になると思います。地下鉄との相互乗り入れなどで、支線を幹線に次々変えていく東急には本当に脱帽します。


Tokyofutagotamagawa080416
6分の時間短縮をさかんに宣伝していました。

|

2008年4月18日 (金)

目黒区 池尻大橋周辺の空撮

Tokyoohashi08041
-池尻大橋駅周辺-

 東急田園都市線の「池尻大橋駅」は、渋谷駅の次の駅です。ちょっと頑張れば渋谷駅まで歩ける距離です。

 写真の右側(渋谷側)が、「(仮称)青葉台三丁目計画」です。完成すると 地上33階、地下3階、高さ144.50mのオフィスと共同住宅で構成される超高層ビルになります。

 池尻大橋周辺では、巨大な「首都高速中央環状新宿線大橋ジャンクション(仮称)」が建設中です。巨大なスタジアムのような楕円形のジャンクションで、完成後は上部が緑で覆われます。
 巨大なジャンクションの建設と同時進行で、「(仮称)大橋地区第二種市街地再開発事業」が進行中です。
 「(仮称)大橋地区第二種市街地再開発事業」は、首都高速中央環状線と首都高速3号線を結ぶジャンクションと周辺区域を一体的に整備する事業として行われています。

 2棟の超高層ビルが建設予定で、1棟はすでに建設中のタワーマンション「プリズムタワー(PRISM TOWER)」です。地上27階、地下2階、高さ98.18mです。
 もう1棟が「(仮称)大橋地区第二種市街地再開発事業 1-1棟」です。高さ約156mということは分っていましたが、東京都から4月8日に詳細が発表になっています。

概要
◆ 階数-地上42階、塔屋2階、地下2階(塔屋は図面から判断)
◆ 高さ-最高部155.950m、軒高148.360m(軒高は図面から判断)
◆ 敷地面積-7,199.72㎡
◆ 建築面積-3,682.76㎡
◆ 敷地面積-83,093.52㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 用途-共同住宅、店舗、事務所、公益施設
◆ 総戸数-689戸


 東京都都市整備局 大橋地区1-1棟の特定建築者を募集します!(2008/04/08)

 再開発と関係ないですが、「池尻大橋駅」の少し北側に東京大学の駒場キャンパスがあります。そのためか周辺には進学校が多くあります。
 国立の「筑波大学付属駒場高校(中学校)」は、卒業生に占める東大進学比率で毎年驚異的な実績を誇っています。サンデー毎日によると今年は東大合格者が74人(理科Ⅲ類13人)だったようです。私立の「駒場東邦高校(中学校)」も毎年東大合格者数ベスト10の常連です。
 
 
Tokyoohashi08042
「(仮称)青葉台三丁目計画」の建設現場です。地上33階、地下3階、高さ144.50mです。


Tokyoohashi08044
プリズムタワー(PRISM TOWER)」の建設現場です。地上27階、地下2階、高さ98.18mです。


Tokyoohashi08043
「(仮称)大橋地区第二種市街地再開発事業 1-1棟」の建設予定地です。
 
 
Tokyoohashi08045
「首都高速中央環状新宿線大橋ジャンクション(仮称)」の建設現場です。


Tokyoohashi08046
「首都高速道路渋谷線(3号線)」も「大橋ジャンクション」に接続するために支線を伸ばすために大規模に改修工事が行われています。


Tokyoohashi08047
「大橋ジャンクション」の建設現場のすぐ南が「が「目黒川」の始まりになります。それより上流は地下にもぐっていて見る事が出来ません。
 「目黒川」沿いはどこも桜がきれいです。「大橋ジャンクション」の建設現場のすぐ南でもこのような美しい桜を見る事が出来ます。

|

2008年4月17日 (木)

千葉県市川市 「I-linkタウンいちかわ」の空撮

Tibaichikawa08041
I-linkタウンいちかわ-
 「I-linkタウンいちかわ」は、JR市川駅南口の再開発プロジェクトです。東京のベットタウンとして人口が50万人近くに急増している市川市の玄関口としては、駅前は非常に貧弱で再開発が急務でした。

 2007年11月4日セスナからの空撮

I-linkタウンいちかわ ザ タワーズ ウエスト プレミアレジデンス
 写真左側が「I-linkタウンいちかわ ザ タワーズ ウエスト プレミアレジデンス」で、地上45階、塔屋2階、地下2階、高さ160mです。 573戸(事業協力者住戸166戸含む)の分譲住宅と店舗、図書館、子育て支援施設で構成される超高層ビルになります。諸事情により工事が一時ストップしていましたが、現在は再開しています。

 フロアを上から見ると、最上階の45階が展望フロア、4階~44階が分譲住宅、3階が図書館・保育施設等、地下1階・1階・2階が店舗となっています。45階の展望フロアは遠くまで望めそうで
オープンが楽しみです。
 

I-linkタウンいちかわ ザ タワーズ イースト
 写真右側が「I-linkタウンいちかわ ザ タワーズ イースト」で、地上37階、地下2階、高さ130mです。398戸の賃貸住宅を中心として店舗、有料老人ホーム、行政施設で構成される超高層ビルになります。すでにタワークレーンが下ろされています。

 フロアを上から見ると、10階~37階がUR都市機構の賃貸住宅、4階~9階が介護付有料老人ホーム、3階が行政サービスセンター、1階・2階が店舗となっています。
 UR都市機構のホームページはすでに開設されており、2008年6月から募集開始のようです、約400戸だった募集戸数は398戸に決定したようです。

 
UR都市機構 I-linkタウンいちかわ ザ タワーズ イースト・公式ホームページ
 
 
Tibaichikawa08042
I-linkタウンいちかわ ザ タワーズ ウエスト プレミアレジデンス」を地上から見た様子です。
 
 
Tibaichikawa08043
I-linkタウンいちかわ ザ タワーズ イースト」を地上から見た様子です。

|

2008年4月16日 (水)

(仮称)元赤坂Kプロジェクト 鹿島建設旧本社ビルの解体工事は「だるま落とし」工法!

Tokyokajima08041
-鹿島建設旧本社ビルの解体工事-

 港区元赤坂にある鹿島建設の旧本社ビルの解体工事は、非常にユニークな工法が使われています。「だるま落とし」工法とでもいうのでしょうか?

 通常ビルの解体は上から行われます。しかし鹿島建設の旧本社ビルは、地面近くで解体工事が行われ、下層階を抜くことによって、「だるま落とし」のように下に下がってきます。
 下を抜くと「倒れないの?」と心配になりますが、強力なジャッキで切断した柱を支えていくので問題はないようです。また解体中の耐震性低下を防ぐために基礎部分と地上階の床を支える「コアウォール」という特殊な構造物を設置しているそうです。

 新工法のメリットとして、解体工事中の粉じん飛散の抑制、解体廃材の分別作業の簡易化、解体廃材をクレーンで下ろす作業の不要などがあるようです。

(仮称)元赤坂Kプロジェクト-
 鹿島建設の旧本社ビル跡地には、「(仮称)元赤坂Kプロジェクト」が建設されます。地上30階、塔屋2階、地下3階、高さ160.00mの超高層ビルが建設されます。
 
 
Tokyokajima08042
元赤坂にある鹿島建設の本社です。手前が新本社で、奥の解体中の2棟の建築物が旧本社です。
 
 
Tokyokajima08043
アップです。通常の解体工事はビル一面をフェンスで覆いますが、下層階のみフェンスで覆われています。パッと見ると新築工事のように見えます。
 
 
Tokyokajima08044
別方向から見た解体工事の様子です。
 
 
Tokyokajima08045
旧本社ビル跡地に建設される「(仮称)元赤坂Kプロジェクト」の「建築計画のお知らせ」です。

|

2008年4月15日 (火)

横浜北仲通北地区再開発計画(A4地区)に「建築計画のお知らせ」掲示!

Yokohamakitanaka08041
横浜北仲通北地区再開発計画(A地区)-
 今回は、横浜上空を飛ばなかったので、ランドマークタワー展望台から撮影です。久しぶりに胸がワクワクするような巨大プロジェクトが具体的に動き出しましたね。

 「横浜北仲通北地区再開発計画」は、みなとみらい線馬車道駅の北側のブロックの再開発計画です。総面積は約7.5haですが、A地区とB地区の2段階に分けて再開発を行います。先行のA地区は北西側の部分です。

 A地区は、合計4棟の建築物で構成され、「A4地区」に地上220mの超高層複合ビル、「A2地区」に地上170mの超高層複合ビルが建設される予定です。
 今回、「A4地区」に「建築計画のお知らせ」が掲示されていました。周辺を何度もグルグル回りましたが「A2地区」の「建築計画のお知らせ」はまだ掲示されてないようでした。

 階数が少し変わっていますが、高さや延床面積は当初計画から変更はなく、高さ220mという久々に高い超高層ビルが具体的に建設されることになります。
 共同住宅の総戸数は当初計画では、「A4地区」は約730戸になっていましたが、「建築計画のお知らせ」では
500戸になっています。


Yokohamakitanaka08042
拡大写真です。A3地区とA4地区の解体工事が行われています。現場の告知板によると工期は、2008年2月1日~2008年9月30日までのようです。A1地区とA2地区はかなり前から更地になっており駐車場として使用されています。
 
 
Yokohamakitanaka08043
別の日に地上から撮影したものです。雨の中の解体工事は大変そうでした。
 
 
Yokohamakitanaka08044
「A4地区」の「建築計画のお知らせ」です。これが掲示されるといよいよという感じがしますね。

|

2008年4月14日 (月)

「モード学園コクーンタワー」建設現場の空撮!

Tokyomode1
-モード学院コクーンタワー-

 「モード学院コクーンタワー」は、完成すると地上50階、地下4階、高さ203.65mの超高層ビルになります。規模的にはかなり大きいのですが、新宿には巨大な超高層ビルがたくさんあるので1970年代に完成した諸先輩のビルに比べるとかなり小さく見えます。

 今年の4月に一足早く、名古屋に「モード学園スパイラルタワーズ」が開校しました。外観のユニークさではスパイラルタワーズの方に一歩譲りますが、高さはこちらの方が高いです。
 完成するとモード学園系列の3つの専門学校が入り、約1万人が通う国内最大級の専門学校になる予定です。 

 2007年11月3日の「モード学園コクーンタワー」の空撮


Tokyomode2
南西側(工学院大学前)から見た様子です。
  
 
Tokyomode3
少し東側に歩いて北東側から見上げた様子です。
 
 
Tokyomode4
新宿駅地下のロータリーから見た様子です。


Tokyomode5
完成予想図にあるオブジェの球のような外観の建築物はこのように隠されています。
  
 
Tokyomode6
遠目にはパターンがなく適当に模様を付けているように見える白い線ですが、近くで見ると考えてデザインされていることが分かります。
 ガラスの外側は菱形のパターンでガラスを支えています。ガラスの内側はいまいちパターンが分かりません。単なる飾りなのか構造学的に計算されたものなのか、私は専門家でないのでよく分かりません。

|

2008年4月13日 (日)

「丸の内パークビルディング」建設現場の空撮!

Tokyomarunouchi08041
-丸の内パークビルディング-

 「丸の内パークビルディング」は、丸の内二丁目の「三菱商事ビル」、「古河ビル」、「丸の内八重洲ビル」以上3棟の再開発プロジェクトです。
 地上34階、塔屋3階、地下4階、高さ170.09mと高さ的にはそれ程高くないのですが、延床面積が約206,000㎡と巨大です。完成後は巨大なため全景がカメラに収まらず撮影ポイントに苦労しそうです・・・

 4月11日の日経新聞に大家さんである三菱地所の木村社長のインタビューが掲載されていましたが、「丸の内パークビルディング」は、最も高い賃料が坪当たり月額7万円台だそうです。
 三菱地所は、丸の内地区でドミノ式に建替え計画しており、次はこの周辺のどれかのビルが建替えられると思われます。
 次の新築ビルは「坪当たり月額8万円台」の賃料を予定しているそうで、サブプライムローンの影響も超一等地の丸の内は全く関係ないようです。

 丸の内ではないですが、近くの「内幸町二丁目」で新たに超高層ビルの計画が持ち上がったので載せておきます。「飯野ビル(イイノホール含む)」の建替え計画です。
 「(仮称)新飯野ビル計画」は、地上26階、塔屋2階、地下5階、高さ約147mの超高層ビルに建替えられます。2011年春の完成を予定しています。
  
 
Tokyomarunouchi08042
地上からですが、この角度ではなかなか巨大さが伝わりません。
 
 
Tokyomarunouchi08043
荒々しい鉄骨です。
 
 
Tokyomarunouchi08044
現在の「飯野ビル(イイノホール含む)」です。
 
 
Tokyomarunouchi08045
「お知らせ標識」です。2009年1月より建設が開始されるようです。
 
 
Tokyomarunouchi08046
「(仮称)新飯野ビル計画」の外観図と配置図です。
 
 
「飯野ビル(イイノホール含む)」の場所はここです。

大きな地図で見る

|

2008年4月12日 (土)

江東区 豊洲運河沿い4棟のタワーマンション建設現場の空撮!

Tokyotoyosu08041
-豊洲のタワーマンション群-

 PCゲーム雑誌「LOGiN(ログイン)」が、5月24日発売号で休刊するそうです。LOGiNは、1982年5月アスキー(当時)から創刊し、翌年から月刊化しました。
 創刊当時から知っているので、また一つ歴史が終わったようで非常にさみしいです。と言っても買っていたのは、創刊から1992年頃までですが・・・

 そういえばパソコンの月刊誌はほとんど休刊してなくなってしまいました。大手家電量販店のパソコン売り場に行っても売り場は客数が少なくガラガラです。
 かつては売り場の一等地にあったパソコン売り場も今は端に追いやられています。私自身パソコン大好き人間でしたが、今は「速く高性能であればメーカーや機種なんてどうでもいい!」という状況で、数年前まではNECや富士通のラインナップをすべて覚えていましたが、今はさっぱり分かりません。 

 話を本題に戻します。豊洲地区の豊洲運河沿いには、高さが150mを超える4棟の超高層タワーマンションが建設中です。
 写真一番左側(南側)の「シティタワーズ豊洲 ザ・ツイン」は、ツインタワーの超高層タワーマンションになります。 地上48階、地下1階、高さ171.20m(建築計画のお知らせでは163.173m)、総戸数1063戸です。
 
 「THE TOYOSU TOWER」は、 地上43階、塔屋1階、地下1階、高さ155.00m、総戸数825戸のタワーマンションです。
 
(仮称)豊洲三丁目8-4街区計画」は、地上44階、地下1階、高さ約153mのタワーマンションです。
 
 
Tokyotoyosu08042
「シティタワーズ豊洲 ザ・ツイン」の南側の棟です。
 
 
Tokyotoyosu08043
「シティタワーズ豊洲 ザ・ツイン」の北側の棟です。
 
 
Tokyotoyosu08044
いろいろなマンションのホームページを見ると「シティタワーズ豊洲 ザ・ツイン」が正式名称のようですが、この看板を見ると「ザ・ツイン(THE TWIN)」は全体の名称ではなく、「THE TWIN」と「THE SYMBOL」がそれぞれの棟の名称のような気もします。公式ホームページを見ても載っていないのでよく分かりません。

(追記)その後、公式ホームページにN棟・S棟と記載されたので、北側がN棟、南側がS棟に決定したようです。
 

Tokyotoyosu08045
THE TOYOSU TOWER」です。


Tokyotoyosu08046
(仮称)豊洲三丁目8-4街区計画」です。空撮画像でも分かりますが、現在基礎工事を行っています。

|

2008年4月11日 (金)

タワークレーン6基林立! 「Brillia Mare 有明 TOWER&GARDEN」の建設現場

Tokyoariake08041
-Brillia Mare 有明 TOWER&GARDEN-

 「Brillia Mare 有明 TOWER&GARDEN」は、江東区有明一丁目に建設中の超高層タワーマンションです。
 地上33階、塔屋1階、地下1階、高さ119.170mと普通の数値ですが、なんと延床面積は126,144.63㎡、総戸数は1085戸(店舗4戸、保育園1戸、非分譲2戸を含む)もあります。
 完成するとサイコロのようなタワーマンションになると思います。みなとみらい21の「M.M.TOWERS FORESIS」も幅が広いのですが、有明の方は幅も奥行きも横綱級です。最上階の33階にはなんとプールまであります。

 これだけでも凄いのですが、「Brillia Mare 有明 TOWER&GARDEN」の西隣の敷地には、もう1棟同規模のタワーマンション「(仮称)有明TT計画」が建設予定です。こちらも地上33階、地下1階、高さ118.7m、延床面積約 129,000㎡の横綱級です。
 
 
Tokyoariake08042
南東側から見た建設現場です。
 
 
Tokyoariake08043
南西側から見た建設現場です。奥行きも広いです。どちらが幅でどちらか奥行きかこうなると区別がつきません(笑)。
 
 
Tokyoariake08044
建設現場には6基のタワークレーンが林立しています。タワーマンションでこんな凄まじい現場は初めて見ました。
 
 
Tokyoariake08045
(仮称)有明TT計画」の建設予定地です。「Brillia Mare 有明 TOWER&GARDEN」の西隣に建設が予定されています。


Tokyoariake08046
(仮称)有明TT計画」の建築計画のお知らせです。

|

2008年4月10日 (木)

「大手町地区第一次再開発事業」最新の空撮!

Tokyoootemachi08041
-大手町地区第一次再開発事業-

 「(仮称)大手町地区第一次再開発事業」は、敷地面積13,339.08㎡に、合計3棟の超高層オフィスビルが建設されます。延床面積235,866.76㎡です。ヘリコプターからの空撮は4月1日に、地上からは4月6日に撮影しています。

概要(西側から)

◆ A工区:日経新聞社棟 地上31階、塔屋1階、地下4階、高さ約150m
◆ B工区:JA棟 地上37階、塔屋2階、地下4階、高さ約180m
◆ C工区:経団連棟 地上23階、塔屋1階、地下4階、高さ約122m
  

Tokyoootemachi08042
一番西側の「日経新聞社棟」です。地上31階、塔屋1階、地下4階、高さ約150mの超高層ビルになります。


Tokyoootemachi08043
タワークレーンの「ニュースくん」ははるか上にいってしまいましたが、元気でした。「メディアくん」は角度的に名前を撮影出来ませんでした。
 
 
Tokyoootemachi08044
真ん中の「JA棟」です。猛烈な勢いで上に伸びています。地上37階、塔屋2階、地下4階、高さ約180mの超高層ビルになります。 
 


Tokyoootemachi08045
一番東側の「経団連棟」です。こちらは比較的ゆっくり伸びています。地上23階、塔屋1階、地下4階、高さ約122mの超高層ビルになります。

|

2008年4月 9日 (水)

東京都心ヘリコプター空撮第5弾 富士山が見えました!

Tokyofujisan0804
-富士山が見えました!-

 東京都心から富士山が見えることはめったにありません。東京都心のヘリコプターからの空撮はこれで5度目ですが、初めての経験でした。
 「富士山が見えるのに大気の透明度が低い!」と思われると思いますが、午後1時過ぎの状態なので「逆光」状態にあります。「逆光」の状態でここまで見える事はあまりありません。太陽がある方向と反対側は素晴らしい透明度でした。

 今回の東京(首都圏)ツアーは、途中で風邪をひいたらしく、咳とくしゃみがひどく、関節と筋肉が痛くてしかたがありませんでした。本当に苦しかった・・・
 それに「超雨男」ぶりをまた発揮し、初日は土砂降りの大雨、総武線沿いをビジョビショに濡れながら撮影しました。最終日の昨日は、大雨+暴風雨で傘を3本もダメにしてしまいました。我ながら本当に情けなくなりました。

 本来ならこんな日は撮影しないのですが、諸事情により長期に東京に行けるのは春と秋しか無理な上に、日数が限られているのでしかたがありません。
 それでも最初と最後を除くと、「春に3日の晴れなし」という言葉がある割には、意外と天気は良かったと思います。昨年の春に体験した「4日連続の雨」に比べれば・・・ 

 話を「ヘリコプター遊覧飛行」に戻します。この日は朝から素晴らしい快晴でした。ホテルの窓からは富士山が見え、期待に胸を膨らませました。
 しかし外に出るとも物凄い強風・・・ 歩けないくらいの強風で、武蔵野線も止まっていた程でした。心配になって遊覧飛行の会社に電話をしました。

 「大丈夫ですよ!」と軽く言っていました。意外と思われますが、ヘリコプターは風には比較的強いのです。旅客機もかなりの強風でも離陸しますよね。旅客機やヘリコプターは風には意外と強いようです。
 午後1時からの飛行でしたが、地上では強風が続いています。少し残念でしたが午後になると午前中の奇跡のような透明度は少し落ち、雲も出てきました。でも空撮にはかなりの好条件です。

 今までヘリコプターに乗るのが怖いと思ったことは1度もありませんでしたが、さすがに今回は乗るのが少し怖かったです。
 上空でもやはり凄い風でした。窓を開けているのでかなりの強風が機内に吹きこんできます。飛行中は何度もエアポケットに入った時のようにストーンと下にさがり、ちょっとした絶叫マシンでした。

 今回のヘリコプターとセスナの飛行で、ドバイに旅行に行けるくらいお金をつかってしまいました。燃料の大幅高騰も原因ですが、当分は超節約生活が続きそうです・・・

|

首都圏セスナ空撮第2弾 まず最初は「幕張新都心」の空撮から!

Tibamakuhari0804
-幕張新都心-

 今回の「セスナ遊覧飛行」は、千葉県北部、東京都北部、埼玉県南部を中心に飛んでみました。ちょっとめずらしい空撮写真もあるとおもいますので楽しみにしていて下さい。ただ晴れでしたが、あいにく上空の透明度がイマイチでした・・・

 この日は、ホテルを出るときは、雲ひとつない快晴で、透明度も抜群でした。しかしどんどん雲が出てきて、透明度も急速に落ちてきて、11時からの飛行でしたが、飛行場に着いた時は一面空が雲だらけでした(涙)・・・
 本当に天気を予想するのは難しいです。超高層ビルを撮影する時も「快晴だ!」と勇んで外出しても地下鉄から地上に出て目的地に着くと雲だらけ・・・ という経験を何度もします。

 ちなみに「快晴(かいせい)」とは、気象学的には空全体に占める雲の割合が1割以下の場合を指します。雲の割合が2割以上8割以下の場合の天気は「晴れ」になります。
 しかし私的には、雲が撮影方向1つでもあればもはや快晴ではなく、2割を超えていたら曇りです(笑)。
 このあたりのギャップでいつも悩んでしまいます。天気予報の3時間ごとの時間予報で「晴れ」マークが並んでいても、単に「晴れ」を意味するだけで、雲ひとつない快晴はまずありません・・・

|

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »