« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

埼玉県三郷市(みさとし) Shin-Misato-LaLa City(新三郷ららシティ)建設現場の空撮!

Saitamamisato0806
-Shin-Misato-LaLa City(新三郷ららシティ)-

 この間テレビを見ていたら、お笑い芸人の「なだぎ武」がダムファンだと言っていました。なんか物凄く親近感を持ってしまいました。ダムの「萌ポイント」を説明していましたが、いろいろな趣味の方がいるんですね。
 
 「Shin-Misato-LaLa City(新三郷ららシティ)」は、埼玉県の「武蔵野操車場跡地」の大規模複合開発プロジェクトです。
 三郷市(みさとし)側は、三井不動産をはじめとする民間事業者5社が、JR武蔵野線・新三郷駅前の「武蔵野操車場跡地」約51.1万㎡を活用し、商業・住宅・物流施設など全12街区(総敷地面積約34ha)に分けて開発します。
 2007年11月6日より順次着手しています。全街区を総称するタウンネームは「Shin-Misato-LaLa City(新三郷ららシティ)」です。

 吉川市側の約30万㎡は、跡地の売却に向けて準備を行っています。吉川市側には具体的には決まっていませんが、「(仮称)古川新駅」が設置される予定です。

 比較 → 2007年11月4日セスナからの空撮

 三郷市側 → 三井不動産・ニュースリリース(2007/11/01)
  
 古川市側 → 武蔵野操車場跡地および周辺地域のまちづくり計画について
 
各街区の施設
◆ 1街区-大和ハウス工業(物流施設)
◆ 2街区-プロロジス(物流施設)
◆ 3街区-三井不動産(ららぽーと新三郷)、コストコホールセールジャパン(三郷店)
◆ 4街区-三井不動産(商業、事務所)
◆ 5街区-三井不動産(商業、事務所)
◆ 6街区-IKEA(IKEA新三郷店)
◆ 7街区-三井不動産(事務所、物流、商業等)
◆ 8街区-三井不動産レジデンシャル(戸建住宅)
◆ 9街区-三井不動産レジデンシャル(戸建住宅)
◆ 10街区-三井不動産レジデンシャル(戸建住宅)
◆ 11街区-三井不動産レジデンシャル(戸建住宅)
◆ 12街区-三井不動産レジデンシャル(戸建住宅)

|

2008年6月29日 (日)

大阪市・大国町駅 「(仮称)ZEUS(ゼウス)サウスタワー」建設予定地の空撮!

Osakananba080611
-「(仮称)ZEUS(ゼウス)サウスタワー」-

 ホームページの読者の方から「大国町で超高層マンションの建築計画お知らせの看板を発見しました。42階建てのタワーマンションのようです。」というメールを頂いたので早速見てきました。

 全くノーマークの場所だったのでメールを見た時は「えっ?大国町?」と驚いてしまいました。地下鉄(御堂筋線・四つ橋線)の大国町駅を降りて現地に向かいました。ありました!地上42階、塔屋2階、高さ144.0mの立派なタワーマンションの「建築計画のお知らせ」が!
 建設予定地は、まさに「大国町駅」直結と言っていい場所です。大国町駅は、地下鉄の駅では珍しい島式2面4線の駅で、御堂筋線と四つ橋線の兼用になっていて、ホーム上で乗り換える事の出来る大変便利な構造になっています。
 
 
Osakananba080612
北西側から見た様子です。「アローズ」があった場所ですが、現在は解体されて駐車場になっています。
 
 
Osakananba080613
南西側から見た様子です。
 
 
Osakananba080614
「建築計画のお知らせ」です。(注意)画像処理ソフトで一部文字を消去しています。
 
 
Osakananba080615
少し東側では、「(仮称)難波タワープロジェクト」が建設中です。地上33階、地下1階、高さ106.51m、総戸数321戸のタワーマンションです。計画名は「(仮称)ルネ難波Ⅱ新築工事」です。


場所はここです。

大きな地図で見る

|

2008年6月28日 (土)

横浜市保土ヶ谷区 横浜ビジネスパークの空撮!

Yokohamaybp08061
-横浜ビジネスパーク-

 遂に原油価格が1バーレル140$を突破しました。本当にいい加減にしてほしいです。アメリカが世界に広めた市場ルールによって皮肉にもアメリカ自身が市場をコントロール出来なくなり、ニューヨークの株式市場が暴落し、逃避した資金が原油・資源・穀物に向かい高騰し、世界中がインフレや食糧不足に悩まされています。
 このまま原油価格が1バーレル140ドルが続くと日本から産油国にGPDの約5%に当たる24兆円が毎年所得流出する事になるそうです。過去2度の石油ショックを日本は乗り切ってきました。今はお先真っ暗に見えますが、日本及び日本企業は日本人の英知によって必ず乗りきってくれると信じています。

 話を本題に戻して「横浜ビジネスパーク」は、野村不動産が旧:日本硝子工場跡地の広大な敷地約130,000㎡を開発したビッグプロジェクトです。当初はマンションが建設されるはずでしたが、計画段階において、東京都心の業務を補佐する機能を持った「バックオフィス」としてオフィスビルに変更になりました。

 現在のオフィス需要は東京都心一極集中の状況にありますが、「横浜ビジネスパーク」が完成したバブル期は、東京都心の地価高騰や都心一極集中による都市災害対策などの観点から横浜市・みなとみらい21、千葉市・幕張新都心、JR新川崎駅周辺など郊外にオフィスが次々と建設されました。

主な建築物
◆ 野村タワーズ・NRIタワー 地上21階、塔屋1階、地下2階、高さ100.0m、延床面積99,901㎡
◆ 野村タワーズ・イーストタワー 地上15階、塔屋1階、地下2階、高さ70.7m、延床面積38,628㎡
◆ 野村タワーズ・ウエストタワー 地上12階、塔屋1階、地下2階、高さ58.9m、延床面積32,134㎡


場所はここです。
大きな地図で見る

|

2008年6月27日 (金)

中之島を西側から撮影してみました!

Osakanakanoshima08061
-中之島-

 中之島周辺は、大阪で一番熱いスポットかもかも知れません。古くから大阪の中心でありながら鉄道交通の過疎地だった中之島に、2008年10月19日(日)に京阪電鉄「中之島線」が開業します。
 「中之島線」は、路線総延長約3.0kmの新線で、総事業費1,503億円です。写真の「グランキューブ大阪(大阪国際会議場)」の前あたりに終点の「中之島駅」が設けられます。

 開業後もダイヤの中心は在来の淀屋橋駅で、日中ダイヤでは1時間あたり淀屋橋駅発着が16本、中之島駅発着が8本のパターンで運転されます。
 2階建て電車で有名な「京阪特急」ですが、当面「中之島線」での運転予定はありません。その代り新型車両の快速急行「3000系(二代目)」が登場します。停車駅は従来の特急の停車駅に守口市・寝屋川市・香里園をプラスしたものです。
 快速急行と言っても、座席はクロスシートのうえ、京阪初のLCD表示器付きのすぐれものです。まだ京阪電車は「中之島線」開業に合わせるように従来の車両もカラーデザインを一新します。すでに5月23日から一部が変更されています。一気に変更にはなりませんが、徐々に新しいカラーデザインに変更される予定です。

 京阪電鉄(2008/04/15) 新型車両3000系デビュー

 京阪電鉄(2008/04/15) 京阪線車両のカラーデザインを一新します

 京阪電鉄は、2008年7月26日(土)に最後の「京阪中之島線トンネルウォーク」を実施します。往復はがき6月30日(月)必着です。ただ抽選のためかなりの倍率が予想されます。私も毎年応募していますが、今まで1度も当たった事がありません(涙)・・・

 京阪中之島線トンネルウォーク 募集要領

 中之島線の開業に合わせるように、朝日新聞社のツインタワー、京阪電鉄の再開発計画、リーガロイヤルホテルの一部建て替えなど次々と大規模プロジェクトが動き出そうとしています。中之島西部にはまだ再開発可能な土地も多く今後が期待できます。

 中之島の西側は東西に水平ではなく斜めに傾いています。西側に行くほど南側になるので高さ制限が緩そうに見えますが、伊丹空港が中之島の北西(北北西)方向にあるため伊丹空港の「標点」からの距離はほぼ同じになります。そのため航空法での高さ制限は、「四つ橋筋」以西はほぼ200m程度になります。

|

2008年6月26日 (木)

(仮称)JPタワー 「東京中央郵便局の再整備計画」予定地の空撮!

Tokyojptower0806
-(仮称)JPタワー「東京中央郵便局の再整備計画」-

 ドバイで、80階建ての各フロアが別々に回転し、時間とともに変形する超高層ビルが建設されるそうです。総事業費は7億ドル(約750億円)程度だそうですが、そんなに安く本当に建設出来るの? という疑問とともに、超高層ビルファンの私でさえ「そんなビル本当に必要なの?」と思ってしまいます。

 昨日(2008年6月25日)、日本郵政グループから東京駅前の東京中央郵便局の再整備計画が正式に発表されました。概要は以前発表されていた規模とほぼ同じです。
 保存運動が高まっていた東京中央郵便局ですが、日本郵政グループは外壁などを一部保存したうえで建て替える事に決定しました。地上5階までの低層部は現在の外観を残したまま、地上38階の超高層ビルに建て替えられます。
 現在の東京中央郵便局は地上5階なので、東京中央郵便局の上にガラス張りの超高層ビルが乗っかるような外観になります。

概要
◆ 所在地-東京都千代田区丸の内二丁目7-2
◆ 計画名-(仮称)JPタワー
◆ 階数-地上38階、塔屋3階、地下4階
◆ 敷地面積-約11,780㎡
◆ 延床面積-約215,000㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-郵便局(窓口)、オフィス、店舗
◆ 設計-三菱地所設計(提携建築家:ヘルムート・ヤーン)
◆ 入札-2008年10月頃予定
◆ 竣工-2011年度予定

詳しくは → 日本郵政グループのプレスリリース(PDF:2008/06/25)
  
 
Tokyojptower08062
地上から見た様子です。現在の外観はほぼそのまま残されるので、この上にガラス張りの超高層ビルが乗っかるような外観になります。

|

2008年6月25日 (水)

羽田空港を超望遠で撮影してみました!

Tokyohaneda0806
-羽田空港-
 
羽田空港の正式名称は、「東京国際空港(Tokyo International Airport)」です。今回はちょっとだけオタッキーな内容にしてみたいと思います(笑)。

 「東京国際空港」は第一種空港で、空港コードは「HND/RJTT」です。航空法での高さ制限に直接関係する「標点」は、「北緯35°33' 12"39°、東経139°46' 52" 、標高6.4m」になります。滑走路は、現時点でA・B・C滑走路の3本あり、1本建設中です。

◆ A滑走路(16R/34L) 3000m×60m 
◆ B滑走路(04/22) 2500m×60m
◆ C滑走路(16L/34R) 3000m×60m 

 マニアックな話になりますが、「A滑走路」の「16R/34L」は、滑走路の番号です。この16Rとか34Lの数字は滑走路の方位を表します。数字は16は160度の角度ということです。
 少し誤差はありますが×10で滑走路の方位になります。同じ滑走路になぜ2つの数字があるかというと滑走路は風向きなどによりどちらからも離着陸するからです。基本的には番号の付け方は世界中のどの空港にも当てはまります。

 具体的に海側のC滑走路(16L/34R)で見ると、16Lはパイロットが空港を北側から見ると0度(真北)から160度(16×10)滑走路が時計回りに傾いているということです。C滑走路は北側から見ると左側にあるので「left」の「L」が付きます。つまり北側から見るとC滑走路は、真北に対して時計回りに160度傾いた左側にある滑走路だということです。
 逆に南側からC滑走路を見ると「34R」になります。真北に対して340度傾いた右側(R:right)にあるの滑走路ということです。

 「B滑走路(04/22)」に「R・L」がないのは平行滑走路がないためです。左右の区別をする必要がないた「R・L」が必要ありません。現在D滑走路が建設中ですが、D滑走路が完成すると左右を区別する必要が出てくるためB滑走路とD滑走路にも数字の後のRとLが付きます。

◆ B滑走路は、「04/22」が「
04L/22R」に変更になると予想されます。
◆ D滑走路は、完成後に「04R/22L」になると予想されます。

(訂正:2008/07/13)2008年8月号の月刊「AIR LINE」が羽田空港の「航空管制」の特集でしたが、その中にD滑走路は「05-23」と書いてありました。方位がB滑走路と約10度ずれているのでB滑走路とD滑走路は「L/R」で区別しないようです。お詫びと共に訂正いたします。

 羽田空港を利用する場合、駐機場から誘導路を通って滑走路まで行くのにかなり時間がかか
ります。誘導路にはたくさんの表記があり、これらの記号の意味が分っているとどこから離陸するのか分って面白いですし、時間つぶしになります(笑)。

 この図が分かりやすいです。 → 羽田空港の滑走路 

新滑走路(D滑走路)-
 現在、多摩川河口に付近に人口島と桟橋形式(海上構造物)を組み合わせた「D滑走路」が建設中です。B
滑走路とほぼ平行に近い2500mの滑走路になる予定です。すべてを人口島にしないのは、多摩川の川の流れを考慮に入れているからです。
 D滑走路は、高さ制限が非常に厳しい場所で建設工事が行われているため、高さの高い大型クレーンの使用は、離着陸が行われない夜間の時間帯に行っています。「D滑走路」が完成すると、「年間発着能力」は29.6万回から40.7万回までと大幅にアップします。

 超高層ビルファンにとっての「D滑走路」ですが、D滑走路が完成すると空港の重心がかなり南に移動します。通常なら「標点」も移動するので「東京都心の高さ制限がかなり緩和される?」と期待してしまいます。1000m南に「標点」が移動するだけで20m分高さ制限が緩和されます。
 しかし、残念ながらそのようにはならないようです。D滑走路完成後の「制限表面」の想定エリアをちらっと見たことがありますが、既存の「制限表面」+「D滑走路の制限表面」の2つを合成した瓢箪(ひょうたん)のような形になっていました・・・

|

2008年6月24日 (火)

東京都港区 「白金アエルシティ」の空撮!

Tokyoshirokane08061
-白金アエルシティ-

 昨夜NHKスペシャルで「マネーの暴走が止まらない~サブプライムから原油へ~」が放送されていました。
 「サブプライム問題はなぜ起きたのか?危機はいつまで続くのか?そして次にどんな時代が訪れるのか?」という内容でした。大雑把には「サブプライム問題」のことは理解していたつもりでしたが、非常に分かりやすい内容でより知識を深める事が出来ました。

 日本のバブル崩壊から学んだはずのアメリカが、日本と全く同じ過ちを犯した事に「人間の学習能力の無さと愚かさ」を感じます。バブルって本当に渦中にいると盲目になって分らなくなるんですよね・・・ 
 私も、1999年~2000年のIT株バブルと2004年のIPO(新規上場)バブルに参加しましたが、いつまでも続くような錯覚に襲われました。でも突然風船が破裂するように爆発し、崩壊しました。崩壊後の下落は本当に凄まじかったです。

 現在、マネーの暴走が、原油や穀物に向かっています。今の異常な価格上昇を見ていると「マネーの暴走」を通り越して「マネーの暴力」という感じがします。
 原油価格や穀物価格の高騰により消費国だけではなく、「マネーの暴走」を発信地であるアメリカ自身の国民が困っている状況を見ると「いったいこの状況はなんなんだ!」と怒りがこみ上げてきます。
 私はどちらかというと市場開放・自由化・規制緩和主義ですが、この考えは本当に正しいのか?自分でも最近分らなくなり自問自答している状態です。

 話を本題に戻して、白金(しとかね)といえば「シロガネーゼ」というくらいハイソでセレブないイメージがあります。でも実際歩いてみると昔からの街並も結構多いです。
 最近は、東京メトロ南北線・都営三田線が開通した後は、盛んにマンションの建設が行われています。その中で最大の規模が「白金アエルシティ(しろかねアエルシティ)」です。

 再開発は、オフィス棟と住宅棟の組み合わせパターンが多いですが、「白金アエルシティ」は、下町の中小工場・商店・住宅が混在する街区を再開発したため、地権者の工場群を「工場街区(テクノスクエア)」として再生しています。工場棟もある珍しい再開発です。
 街区内には、約20の工場があったそうですが、約10の工場が転出・廃業を選択し、10工場が残ったそうです。写真では分りにくいですが、住宅棟の「白金タワー」の南側が「工場街区(テクノスクエア)」です。

参加企業
◆ 建築主-白金一丁目東地区第一種市街地再開発組合(組合員数約190名:権利変換計画認可時点))
◆ 参加企業-中央三井信託銀行、三井物産、住友商事、鹿島建設、オリックスリアルエステート(現:オリックス不動産)
◆ 設計者・監理者-梓設計
◆ 施工者- 鹿島建設、長谷工コーポレーション、新日本製鐵

大規模建築物
◆ 白金タワー 地上42階、地下3階、高さ141.90m、総戸数
NBFプラチナタワー 地上26階、塔屋2階、地下2階、高さ 116.35m

|

2008年6月23日 (月)

新横浜駅周辺 「新横浜駅・北口周辺地区総合再整備事業」

Yokohamashin08061
-新横浜駅・北口周辺地区総合再整備事業-

 新横浜駅前は大規模に改修されています。第一弾がJR東海が新幹線・新横浜駅前に建設し、2008年3月26日(水)にオープンした「新横浜中央ビル」です。このビルには大規模商業施設「キュービックプラザ新横浜」があります。

新横浜中央ビルの概要
◆ 所在地-横浜市港北区新横浜二丁目100番地45
◆ 階数-地上19階、地下4階
◆ 高さ-約75m
◆ 延床面積-約90,000㎡
◆ 用途-駅施設、店舗、オフィス、ホテル(ホテルアソシア新横浜203室)
◆ オープン-キュービックプラザ新横浜」2008年3月26日(水)、「ホテルアソシア新横浜」2008年4月1日(火) 

 キュービックプラザ新横浜 公式ホームページ

 引き続き駅前は横浜市とJR東海により大規模に改修工事が行われています。駅前広場・歩行者デッキ・交通広場・連絡通路・都市計画駐車場等の整備です。
 特に歩行者デッキは大規模でループ状の部分もある巨大なものです。完成すると「新横浜中央ビル」2階にある巨大な広場と駅前に新設される歩行者デッキが一体化され2階部分のみで駅前を移動出来るようになります。

 これまで新横浜駅前の地上での移動は反対側に行くのに環状2号線を渡るのが物凄く不便だったり、在来線のJR新横浜駅の移動がややこしかったりしましたが、これらが完成すると2階のみの移動でほぼすべての場所に行けるようになり大変便利になります。

 横浜市都市整備局 新横浜駅・北口周辺地区総合再整備事業
 
 横浜市道路局 新横浜駅・北口周辺地区総合再整備事業
 
 
Yokohamashin08062
「新横浜中央ビル」を地上から見た様子です。
 
 
Yokohamashin08063
商業施設「新横浜プリンスぺぺ」と新横浜駅周辺で一番高さが高い「新横浜プリンスホテル」です。

|

2008年6月22日 (日)

大阪ミナミ namBa HIPS(ナンバヒップス)周辺の空撮!

Kobenamba08061
-namBa HIPS(ナンバヒップス)-
 
「namBa HIPS(ナンバヒップス)」は、2007年12月13日にオープンしました。パチンコ・アミューズメント・リゾート・不動産事業などを展開する平川商事により総事業費約180億円で建設されました。

 ビルは、アミューズメント・ゴルフ・スパ・飲食店等で構成される商業ビルです。御堂筋沿いの壁面には日本初のビル壁面設置型フリーフォール「ヤバフォ」が設置されています。
 なお「ヤバフォ」は、公式ホームページによると2008年6月22日時点で、安全が確認できるまで運転を休止しているようです。

 ビルの概要ですが、地上11階、塔屋2階。地下2階、高さは最高部86.8m(建築物51.6m)と書いてある資料が手元にありますが、公式ホームページには「"namBa HIPS(ナンバヒップス)"は地上12階建ての複合レジャー施設として・・・」と書いてあるので変更になったのかも知れません。
 なお「namBa HIPS(ナンバヒップス)」の「NAMBA」は、「B」を大文字にして、それ以外を小文字にするロゴが正しいようです。

|

2008年6月21日 (土)

大川端リバーシティ21の空撮!

Tokyotsukuda08061
-大川端リバーシティ21-

 現在放送されているNHK総合の「栄倉奈々(えいくらなな)」主演の連続テレビ小説「瞳」の舞台はこのあたりです。実際にはもう少し南(写真左側)にある月島の下町が舞台なのですが、このあたりの風景はよくドラマの中に登場します。

 「大川端リバーシティ21」は、IHI(旧:石川島播磨重工業)の工場跡に誕生しました。少し北側の「永代橋」から見る風景は、私の中では東京で一番好きな風景です。
 地上からの撮影に何度も挑戦しましたが、超雨男なのでなかなか快晴に恵まれず、今年の4月にやっと快晴をバックに撮影することが出来ました。
 有名な景色の割に観光客はあまりいないので夜景の撮影は比較的簡単ですが、昼間は被写体がほぼ南になってしまうので朝の早い時間でないと逆光になってしまいきれいに撮影出来ません。

概要(見えている範囲で高さ順)
◆ センチュリーパークタワー 地上54階、塔屋2階、地下3階、高さ180.00m
◆ イーストタワーⅡ 地上43階、塔屋2階、地下2階、高さ144.87m
◆ スカイライトタワー 地上40階、塔屋2階、地下2階、高さ139.2m
◆ リバーポイントタワー 地上40階、塔屋2階、地下2階、高さ約132m
◆ イーストタワーズ 地上37階、塔屋2階、地下2階、高さ127.9m
◆ コーシャタワー佃 地上37階、地下2階、高さ118.8m
◆ シティフロントタワー」、 地上31階、地下2階、高さ118.84m


Tokyotsukuda08062
「永代橋」からの「大川端リバーシティ21」です。


Tokyotsukuda08063
「越中島公園」から見た桜越しの「大川端リバーシティ21」です。

|

2008年6月20日 (金)

千葉県佐倉市 「ユーカリが丘」の空撮!

Tibasakura08061
-ユーカリが丘-

 「ユーカリが丘」は、不動産会社「山万」によって千葉県佐倉市に開発されたニュータウンです。山万株式会社は、1951年2月に大阪で繊維卸売業者として設立されました。東京オリンピックを控えた1964年9月に東京に本社を移転し、1965年3月から不動産事業に進出しました。

 「ユーカリが丘ニュータウン」の開発は、1971年5月から開始されました。そして1979年4月には分譲が開始されました。通常大規模ニュータウンは自治体主導で行われますが、「ユーカリが丘」は計画の立案から開発・販売まで会社主導で行われています。

 「山万」は不動産開発だけではなく、ニュータウン内を走る新交通システム「ユーカリが丘線」も建設しています。京成電鉄のユーカリが丘駅を始発駅とする路線距離4.1kmの路線です。
 線路は単線で駅は6駅あります。路線は「ラケット」や「しゃもじ」のような形の環状線コースで、ユーカリが丘駅をスタートして1周して戻ってきます。

 「ユーカリが丘ニュータウン」は広大なため1戸建てが多いですが、駅前には4棟のタワーマンションがあります。南側(写真左側)から

◆ スカイプラザ・ステーションタワー  地上31階、塔屋1階、地下1階、高さ117.95m、総戸数253戸(施設全体で、内タワー棟217戸)
◆ スカイプラザ・ユーカリが丘 サウスタワー 地上29階、地下2階、高さ約93m、総戸数244戸
スカイプラザ・ユーカリが丘 イーストタワー レノヴァレジデンス  地上31階、地下1階、高さ約101m、総戸数263戸
◆ スカイプラザ・ユーカリが丘 ウエストタワー レノヴァレジデンス  地上31階、地下1階、高さ約101m、総戸数263戸


場所はここです。

大きな地図で見る

|

2008年6月19日 (木)

大阪市 ユニバーサルシティ駅周辺の空撮!

Osakausj08061
-ユニバーサルシティ駅-

 ユニバーサルシティ駅は、JR西日本の桜島線(ゆめ咲線)に「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の最寄り駅として建設されました。

 駅前には現在4つのホテルがあります。「ホテル京阪 ユニバーサル・タワー」、「ホテル近鉄ユニバーサル・シティ 」、「ホテル京阪ユニバーサル・シティ」、「ホテルユニバーサルポート」です。その中で3つのホテルがタワー型です。

◆ ホテル京阪 ユニバーサル・タワー 地上33階、塔屋2階、高さ135.75m(高さ137.85mという情報もあります)
◆ ホテル近鉄ユニバーサル・シティ 地上25階、塔屋1階、高さ93.6m
◆ ホテル京阪ユニバーサル・シティ 地上20階、高さ83.3m

 京阪電鉄系のホテルが2つありますが、「ホテル京阪 ユニバーサル・タワー」は、2008年5月21日に改称されて再オープンしたもので、2008年3月31日までは「ホテル日航ベイサイド大阪」として営業していました。

 駅前にはマンションも建設されています。1つ目が「創建」が建設した「ルナタワー・ハリウッドプレイス」で、総戸数246戸です。
 2つ目が「リバーガーデンシティ」です。総戸数927戸(1期街区279戸、2期街区190戸、3・4期街区458戸)の大規模マンションです。1期街区がリバー産業とアーバネックスが、2・3・4期街区がリバー産業が建築主となっています。

|

2008年6月18日 (水)

臨海副都心 お台場上空の空撮!

Tokyodaiba080611
-お台場-
 
空地が多いイメージがあるお台場ですが、上空から見るとかなり埋まってきているのが分かります。
 「フジテレビ本社ビル」の奥一帯はまだ更地が多いですが、徐々に埋まりつつあります。「フジテレビ本社ビル」と「フジテレビ湾岸スタジオ」の間に3区画の更地が見えますが、「フジテレビ本社ビル」側が「青海Q区画」で、真ん中が「青海R区画」です。共に高さ約100mの複合ビルが建設されます。
 このあたりはビルの高さが厳しく制限されています。写真にも羽田空港と飛行機が写っていますが、この距離ならしかたがないような気がします。

-フジテレビ湾岸スタジオ-
 「フジテレビ湾岸スタジオ」は、「(仮称)フジテレビ臨海副都心スタジオ」として計画され、2007年9月14日にグランドオープンしました。
 「湾岸スタジオ」の名称は一般から公募されて決定しました。総工費約580億円で、都内に分散していたフジテレビ系列の番組収録スタジオを集約しました。建物の中には8つのスタジオ、5つの編集室があり収録から編集まで対応しています。
 現在放送中のフジテレビ系列のテレビドラマ「CHANGE(チェンジ)」、「ラスト・フレンズ」、「絶対彼氏~完全無欠の恋人ロボット~」もここで収録・編集されています。ちなみに「無理な恋愛」は、関西テレビ制作のため別です。

フジテレビ湾岸スタジオの概要
◆ 階数-地上7階、塔屋3階、地下1階
◆ 高さ-最高部64.522m(軒高57.722m) 
◆ 敷地面積-19,373.41㎡
◆ 建築面積-15,180.64㎡ 
◆ 延床面積-71,060.65㎡

-パレットタウン(palette town)-
 写真左側にあるのが「パレットタウン(palette town)」です。事業主体は森ビル、三井物産などです。この施設は暫定利用で、事業用借地権を使用して建設しています。借地権の契約期間は10年ですが、もうすぐ10年になり期限が切れるので、東京都は2008年夏に公募を開始する予定です。

公募概要
◆ 区画-青海ST区画
◆ 所在地-江東区青海一丁目9番、10番
◆ 敷地面積-79,295.76㎡
◆ 容積率-400%
◆ 高さ制限-AP+110m程度以下
(注意)APとは「Arakawa Peil」のことで明治6年に荒川の水位を測るために設置された基準です。TP(Tokyo Peil:東京湾平均海面)より約1.13m低くなります。


Tokyodaiba080612
「フジテレビ湾岸スタジオ」を地上から見た様子です。

|

2008年6月17日 (火)

大阪府堺市 「シャープの液晶パネル工場」建設現場の空撮 Part2

Sakaisharp08061
-シャープの液晶パネル工場-

 「このブログで今まで一番アクセス数が多かったページは?」、そんなこと興味もないと思いますが、答えは「シャープの液晶パネル工場の空撮」でした。

 大阪府堺市 「シャープの液晶パネル工場」建設現場の空撮

 写真をアップしたあと「売国奴&非国民」と言われないか少し心配していましたが、関西のニュースでは頻繁にヘリコプターからの建設現場の空撮映像が流れているので心配のしすぎでした(笑)。飛行船の係留地は写真右端にありましたが、考えたら凄い場所から離発着していたんですね・・・

 先週MBS毎日放送(TBS系)の夕方のニュース番組「VOICE」で。「1兆円ビジネスに湧く地元」というタイトルでシャープの液晶パネル工場の特集をやっていました。ヘリコプターからの工場真上の空撮もありました。空撮時のバックに流れる音楽が「鹿男あをによし」の勇ましいテーマソングだったので笑ってしまいました。TBS系なのに・・・
 飛行船からの撮影から1ヶ月ちょっと経過していましたが、テレビの空撮映像を見ると工事はかなり進行していました。わずか1ヶ月ですが怒涛の勢いという感じです。

 大阪の堺で大阪湾をめぐる約1時間のヨットクルーズが大人気だそうです。目玉はシャープの液晶工場の建設現場を海から見る事だそうです。テレビでもバッチリ見えていました。
 私も一度「ヨットクルーズ」に参加してみようと思っています。ヨットは太平洋も航海できるアメリカ製のヨットだそうです。サンドイッチ&ドリンクのサービスもあるそうですよ!

概要(シャープ液晶パネル工場第一期のみ)-
◆ 液晶パネルは第10世代(285cm×305cm)
敷地面積-127万㎡(38.5万坪)
投資額-約3,800億円(新工場の全土地代含む)
着工-2007年11月
◆ 稼動開始-2010年03月まで

 ● シャープ・ニュースリリース(2007/07/31) シャープ「21世紀型コンビナート」を展開

 ● ここが一番詳しく載っています。 → Impress Watch(2007/07/31)

|

2008年6月16日 (月)

よくわかる 東京・大手町再開発(大手町連鎖型都市再生プロジェクト)

Tokyoootemachi080611
-大手町再開発-

 今朝の日経新聞(6月16日朝刊)に、3面を使って「東京・大手町再開発」の広告特集が載っていました。街区の図面もあったので大変わかりやすかったです。
 ということで、今朝は急遽予定を変えて「よくわかる 東京・大手町再開発」にしてみました。なんかどっかのパソコンソフトの書籍みたいなタイトルですが(笑)・・・

 私は、今まで複数ある大手町の再開発地区の境目がイマイチちゃんと理解出来ていませんでしたが、載っていた街区図ではっきり分りました。
 三菱総研(三菱総合研究所)ビルも、大手町の再開発用地に入っていたんですね。あと「2-1街区」の区割りも分りました。

 現在、「(仮称)大手町地区第一次再開発事業」で、高さ約180m、約150m、約122mの3棟の超高層ビルが建設中です。このプロジェクトが完成すると「第二次再開発」予定地にある「日本経済新聞」、「JA」、「経団連」が移転してきます。

現在計画中のプロジェクト 

(1)第二次再開発
◆ 敷地面積-約14,100㎡
◆ 概要-2棟の超高層ビル(A棟・B棟)
◆ 延床面積-200,000㎡超
◆ 解体されるビル-日経ビル、JAビル、経団連会館
◆ 地権者-三菱地所、財務省、日本政策投資銀行、国民生活金融公庫、中小企業金融公庫、農林漁業金融公庫の6者

 このプロジェクトが完成すると日本政策投資銀行、国民生活金融公庫、中小企業金融公庫、農林漁業金融公庫が移転してきます。三菱総研(三菱総合研究所)ビルも「「第二次再開発」の移転先に入っています。

(2)第三次街区
◆ 解体されるビル-公庫ビル、新公庫ビル、日本政策投資銀行本店

 「第二次再開発」への移転が完了すると「第三次街区」の解体に着手します。具体的な概要は発表されていませんが、敷地の形および敷地面積から推定すると1棟もしくは2棟の超高層ビルが建設されると思われます。
 「第二次再開発」への移転完了後に三菱総研(三菱総合研究所)ビルも解体されるようですが、大きな道路があるので一体的な再開発は不可能です。「第二次再開発」もしくは「第三次街区」へ容積率の移転を行うと思われます(管理人の推定)。

(3)大手町1-6計画(東京プライムステージ)
 「みずほ銀行大手町本部ビル」との「大手町フィナンシャルセンター」が解体されて「東京プライムステージ」が建設されます。
 みずほ銀行大手町本部ビルが地上16階、地下1階、延床面積79,899.02㎡(登記面積)で、大手町フィナンシャルセンターが、地上24階、地下4階、高さ105.0m、延床面積51,530.34㎡(登記面積)です。

建築計画の概要
◆ 敷地面積-11,037.84㎡
◆ 延床面積-約204,000㎡
◆ 階数-地上39階、地下5階
◆ 高さ-約200m
◆ 建築主-東京建物、大成建設
◆ 着工-2009年(解体工事着手予定)
◆ 竣工-2014年予定

(4)2-1街区
◆ 延床面積-300,000㎡級
◆ 地権者-国立印刷局、日本郵政グループ、NTT、NHKの4社共同

 敷地北側にある「NTT大手町ビル」と「NTT大手町ビル別館」は、「2-1街区」の対象外のようです。出来れば一体的に再開発してほしいのですが・・・

|

2008年6月15日 (日)

東京は広ーい! 東京駅周辺の空撮

Tokyotokyo08061
-東京駅周辺-

 (最初に)このブログを運営する上でのポリシーとして、日本の治安に関係するものや皇室に関係する建築物の詳細が分る空撮写真は載せないようにしています。
 ただ一切禁止してしまうとこのブログが成り立たないので、風景の一部として写っている場合で、なおかつ建物の詳細が分らなければ載せる場合があります。

 ということで皇居越しの東京駅周辺の空撮です。写真左上にヘリコプターが飛んでいます。こうやって見るとヘリコプターはかなり高い所を飛行しているのが分かります。
 このブログの空撮写真はズームレンズで撮影しているので分りにくいですが、湾岸部以外は約700mくらいの高さから撮影しています。飛行船は300m~400mくらいの高さを飛行するので約2倍の高さになります。

 東京駅周辺の超高層ビル群ですが、大手町や丸の内北部に集中しているのが分かります。丸の内南部や有楽町は空白地帯になっています。
 ただ丸の内南部のビルの大家さんを調べてみると、ほとんどのビルが「三菱地所」の所有であったり、何らかの形で関係しています。将来的にはドミノ式に超高層ビルに建替えられていく予定です。
 

|

2008年6月14日 (土)

本日(2008年6月14日)副都心線開業 池袋駅の空撮!

Tokyoikebukuro08061
-副都心線-
 
本日、2008年6月14日(土)に東京メトロ(東京地下鉄)の「副都心線」が開通しました。鉄道大好き人間なので本当はすぐにでも乗りに行きたいのですが、秋まで行けそうにありません。
 「副都心線(ふくとしんせん)」は、埼玉県和光市の和光駅から東京都渋谷区の渋谷駅までを結ぶ全長約20.2kの地下鉄で、正式名称は「13号線副都心線」といいます。

 池袋の地下鉄は「有楽町線」と「丸ノ内線」があったのですが、「有楽町線(有楽町新線を含む)」には2つ駅があってややこしい構造になっていました。「池袋駅」と「新池袋駅」の2駅でしたが、ややこしくて分かりにくかったのですが、これは「副都心線」に接続するための暫定的な処置でした。

 「副都心線」の開通により、「新池袋駅」は「池袋駅」と改称され、丸ノ内線、有楽町線、副都心線と目的地ごとに3つの駅に別れたのですっきりします。
 盲腸のようだった「有楽町新線」は、「副都心線」と接続されて、「副都心線」の一部となります。「小竹向原駅間」~「和光市駅」の間は新線を建設するのではなく、有楽町線と共有する形になります。この区間は1つの路線を2つの名称で呼ぶことになります。

 また、東武東上線や西武有楽町線・池袋線と相互乗り入れされ、埼玉県西部と渋谷が直接結ばれることになります。
 2012年度には、東急渋谷駅が地下にもぐり、東急東横線・横浜高速鉄道みなとみらい線と相互乗りが予定されているので、横浜とも結ばれるようになります。

 現在、東京メトロ(東京地下鉄)には新線の構想はありません。東京メトロは「現段階では、副都心線池袋~渋谷をもって地下鉄建設を終了する」と公式に発表しているので、「副都心線」が、東京メトロとしては最後の路線になるかも知れません。
 もし東京にオリンピックが誘致されたら、メインスタジアムまでの地下鉄建設が必要になりますが、東京メトロではなく都営地下鉄になる可能性が高いです。ちなみに東京メトロ(東京地下鉄)の株主構成は財務大臣53.4%、東京都46.6%です。

|

2008年6月13日 (金)

外資が日本を救う! 神戸市の医療特区にアブダビ政府系ファンドが投資

Kobeportisland08061
-神戸国際フロンティアメディカルセンター-

 日本は、外資を極端に恐れる傾向がありますが、恐れるだけではなく上手く付き合えば日本の発展のため非常に有益だと思います。ロンドンのようにすべてを開放するのは問題があると思いますが、今のように閉ざしすぎるのも問題です。

 民間病院「神戸国際フロンティアメディカルセンター」へアラブ首長国連邦のアブダビ政府系ファンド「ムバダラ開発」が投資するのも、外資が日本の発展に貢献する好例だと思います。
 「神戸国際フロンティアメディカルセンター」の計画はかなり前からあったのですが、約100億円の資金調達がネックでした。今回アブダビ政府系ファンドが大半を出資することによって計画は一気に進みます。
 
 もちろんアブダビ政府側もメリットがないと投資しません。病院からの収益はもちろんですが、最大の目的は研修医を派遣して日本の最先端医療技術を吸収することです。まさにWin-Win(自分も勝ち、相手も勝つ)の関係です。
 
◆ 神戸国際フロンティアメディカルセンターとは
 生体肝移植の世界的権威で知られる田中紘一氏(先端医療センター長:京大医学部卒)が中心となり、建設を計画している民間病院です。臓器移植や再生医療などを手掛ける高度医療機関で、外国人研修医の拠点も設けます。
 建設予定地は、2010年度に神戸・ポートアイランド2期に移転する「市立医療センター中央市民病院」の東側で、当初は医師、研修医計100人、看護師150人、ベッド数100床の規模で2010年春の開業を目指します。

 神戸市はポートアイランドⅡ期に「神戸医療産業都市構想」を進めていますが、「市立医療センター中央市民病院」と「神戸国際フロンティアメディカルセンター」の2病院が新たに進出することにより国内では圧倒的な集積を誇る「医療特区」となります。
 タイやシンガポールのようにアラブの大富豪が自家用ビジネスジェット機で神戸空港にやってきて病気を治療して帰るような時代が将来やってくるかも知れません。

(注意)空撮写真での「神戸国際フロンティアメディカルセンター」の位置は管理人が推定した場所で実際とは異なる可能性があります。

|

2008年6月12日 (木)

梅田&中之島方面の空撮! 2008年版

Osakaumeda08061
-梅田&中之島-
 
梅田・中之島周辺は大阪の中心なのでオフィスビルやタワーマンションがどんどん建設されています。この写真は飛行船から2008年5月初旬に撮影したものですが、下記のリンクにある約11ヶ月前の空撮写真と比べても増えているのが分かります。
 数えきれないくらいの数になっていますが、私が高知から大阪に来た当時は写真の中の10棟らいしかありませんでした。こうやって見ると感慨無量です。ただ今後10年間は今までとは比較にならないペースで超高層ビルが建設されるのでこの景観も激変することでしょう!

 比較 → 2007年6月12日・ヘリコプターから空撮
 
 写真左下の「江之子島地区(大阪市西区江之子島二丁目)」は、1874年から1926年まで初代の大阪府庁舎が置かれていた場所です。その後は旧:大阪府立産業技術総合研究所として使用されていました。この用地は地下鉄阿波座駅に直結する好立地です。
 大阪府は民間の持つ創造力と活力を導入した事業コンペによるまちづくりを進めるため、公募を行い「長谷工コーポレーション」を代表とする企業グループを事業予定者に決定しています。

「長谷工コーポレーション」を代表とする案の概要
◆ 規模-地上56階、地下1階、高さ198m(最高部かは不明)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 敷地面積-15,157.72㎡
◆ 建築面積-6,802.01㎡
◆ 延床面積-134,924,83㎡
◆ 総戸数-1088戸(分譲住宅)
◆ 竣工-2012年度予定

 詳しくは → 大阪府ホームページ・事業企画審査の概要

|

2008年6月11日 (水)

さいたま市 JR浦和駅周辺の空撮!

Saitamaurawa08061
-JR浦和駅周辺-

 以前は近畿圏しか超高層ビルの撮影をしていませんでしたが、5年くらい前に首都圏の超高層ビルも撮影するようになってはじめてJR浦和駅を降りて驚きました。東口は「何もない・・・」
 鉄道交通の要所は大宮駅の方なのでしかたがないですが、それでも「ちょっとこれは・・・」と衝撃を受けました。

 そのJR浦和駅周辺も急速に変わりつつあります。その中で最大のものが浦和駅周辺の連続立体交差化事業です。埼玉県内に限れば浦和駅は、JR単体で大宮駅、川口駅に次いでに第3位の乗降客数です。
 その割には、地上の島式の2面4線の構造で施設は貧弱です。ホームや駅舎はおせじにも近代的とは言えません。周辺道路は、さいたま市では大宮駅周辺と並び中心街なのに浦和駅周辺が高架でないため慢性的な交通渋滞を引き起こしていました。

 それらを解消すすために、浦和駅を中心に延長約1.3kmを連続立体交差高架化(高架化)することになりました。完成すると駅内には東西の連絡通路新設等も行われ、周辺市街地が一体化されます。
 2010年に全面開業予定ですが、高架工事だけではなく、東北貨物線に旅客ホームを新設し、湘南新宿ラインの浦和駅停車が可能となります。全面開業時には島式3面6線の立派な高架駅となります。

 何もなかった浦和駅東口ですが、「浦和駅東口駅前地区第二種市街地再開発事業」として再開発され商業施設と公共施設が入居する複合型再開発ビルが完成しています。
 地上10階、地下4階、延床面積108,119㎡でメインのテナントとしてパルコやユナイテッドシネマなどが入居しています。このビルは昨年の「綾瀬はるか」主演のテレビドラマ「ホタルノヒカリ」でロケに使われていたのでご存知の方も多いと思います。
 「晴れた日は映画館に行こう」のコピーで「シネマライブラリーカフェ」として設定されていました。

 浦和駅の西側には2棟のタワーマンションがあります。写真右側が「ライオンズマンション コスタ・タワー浦和」で、地上31階、地下1階、高さ107.5m、総戸数234戸(住戸216戸、共用施設3戸、店舗・事務所15戸)です。
 左側が「エイペックスタワー浦和」で、地上31階、塔屋2階、地下3階、高さ約104m、総戸数 212戸(他店舗等あり)です。
(注意)1枚目の写真を基準にしています。
 
 
Saitamaurawa08062
反対側(西側)上空から見た様子です。

|

2008年6月10日 (火)

西武鉄道 練馬駅周辺の空撮!

Tokyonerima08061
-西武・練馬駅周辺-

 練馬区というと関西人の私には「練馬大根」のイメージがあります(練馬区の方ゴメンナサイ!)。練馬区自体には超高層ビルの数は少なく、100mを超えるビルは現在3棟ですが、2棟が西武鉄道沿線にあります。

 その一つが、西武鉄道の練馬駅前です。すぐ南側には都営大江戸線の練馬駅もあります。私は鉄道大好き人間なので電車にはよく乗るのですが、首都圏の鉄道会社の中では西武鉄道は線路や駅舎の近代化が遅れた部類に入ります。

 しかし西武池袋線と西武有楽町線(地下)が合流する練馬駅周辺あたりは立派な高架の複々線になっています。複々線は練馬駅から練馬高野台駅まで続きます。
 東京メトロ副都心線が開通すると相互乗り入れも開始され、西武鉄道近代化の象徴のような路線です。将来的には東急東横線が地下にもぐると横浜とも直接つながります。

 ビルの説明をしたいと思います。「ディアマークスキャピタルタワー」は、地上35階、塔屋2階、地下1階、高さ115.7m(116.10mという情報もあります)、総戸数286の超高層タワーマンションです。

 「練馬区役所・本庁舎(新館)」は、地上21階、塔屋2階、地下3階、高さ93.82mです。20階が展望ロビー&展望レストランとなっています。練馬区役所には西庁舎と東庁舎もあります。空撮の「練馬区役所庁舎・本庁舎(新館)」という表記はおかしいですね。でも修正するパワーがありませんでした・・・

 写真には写っていませんが、少し西側(写真右側)の目白通沿いに「プラウドタワー練馬(正式名称・計画名ともに同じ)」が建設中です。地上29階、地下1階、高さ98.95m、総戸数257戸のタワーマンションです。


場所はここです。
大きな地図で見る

|

2008年6月 9日 (月)

(仮称)大手町地区第一次再開発事業 2008年6月7日の建設状況

Tokyoootemachi08061
-(仮称)大手町地区第一次再開発事業-

 「(仮称)大手町地区第一次再開発事業」の2008年6月7日の建設状況を「Audie-Gryph氏」より写真を送っていただいたので掲載したいと思います。
 「(仮称)大手町地区第一次再開発事業」は、敷地面積13,339.08㎡に、3棟の超高層オフィスビルが建設されます。延床面積235,866.76㎡です。空撮写真は2008年4月1日にヘリコプターから撮影したものです。約2ヶ月間の変化を比べてください。

概要

◆ A工区:日経新聞社棟 地上31階、塔屋1階、地下4階、高さ約150m
◆ B工区:JA棟 地上37階、塔屋2階、地下4階、高さ約180m
◆ C工区:経団連棟 地上23階、塔屋1階、地下4階、高さ約122m
 
 
Tokyoootemachi08063
一番西側の「日経新聞社棟」です。ほぼ最高部に到達しています。
  
 
Tokyoootemachi08062
真ん中の「JA棟」です。ほぼ最高部に到達しています。

 
Tokyoootemachi08064
一番東側の「経団連棟」です。のんびりペースで上に伸びています。

|

2008年6月 8日 (日)

大阪南港 コスモスクエア駅周辺の空撮!

Osakacosumo08061
-コスモスクエア地区北部-
 このあたりの北側に三角に尖った場所は、バブル期に大阪南港を追加的に埋め立てた用地です。計画では超高層オフィスビルが林立する予定だったのですが、バブル崩壊により計画が頓挫しました。

 長らく更地のままでしたが、大阪市が規制緩和して一部地域に居住施設の建設を認めたため急速にマンションが建設されるようになりました。第一弾が「リバーガーデンコスモスクエア」で、次に「ローレルスクエア大阪ベイタワー」が完成しました。

 「ローレルスクエア大阪ベイタワー」は、地上32階、塔屋2階、高さ106.057m、総戸数204戸(住宅202戸、店舗2戸)です。最近建設された大阪の超高層タワーマンションはすべて本格的なヘリポートがあると思っていましたが、ここは「H」でなく「R」なのでホバリングスペースになります。「航空法・消防法・建築基準法」の本をいろいろ読んでみましたがヘリポートの設置基準がイマイチ良く分かりません・・・

 「アーバンビュー咲洲」は、約2.2haの敷地(北敷地と南敷地の合計)を開発するプロジェクトです。東西に流れる人工運河「咲洲キャナル」によって、北敷地(約14,800㎡)と南敷地(約7,200㎡)に分かれます。
 先行して北敷地に4棟の分譲マンション600戸と生鮮食品スーパーや飲食などの商業施設数区画を2007年3月に着工しました。竣工は2009年1月予定です。一番高い棟は、地上23階、地下1階、高さ71.94mです。

|

2008年6月 7日 (土)

第3回「飛行船遊覧クルーズ in TOKYO」が2008年7月24日より開始されます!

Tokyonac08061
-飛行船遊覧クルーズ in TOKYO-
 第3回「飛行船遊覧クルーズ in TOKYO」が2008年7月24日(木)~2008年8月31日(日)の期間で運航されます。埼玉県の桶川運航基地発で、飛行コースは第1回と同じようです。

料金は飛行時間約90分で
◆ デイフライト・トワイライトフライト(月~金)-148,000円
◆ デイフライト・トワイライトフライト(土・日)-158,000円
◆ ナイトフライト(日~木)-158,000円
◆ ナイトフライト(金・土)-168,000円

 今回は、特別に東京で行われる5回の花火大会に合わせて4回の「プレミアムナイトフライト」が行われるようです。飛行時間は約105分で料金は210,000円です。花火観賞は約20分が予定されています。

自宅に郵送されてきた資料によると
◆ A 7月24日(木) 第30回足立の花火大会
◆ B 7月26日(土) 第31回隅田川花火大会
◆ C  8月02日(土) 第50回いたばし花火大会&第56回戸田橋花火大会 
◆ D 8月07日(木) 2008神宮外苑花火大会

 昨年夏に「綾瀬はるか」主演で「ホタルノヒカリ」というドラマがあったのですが、その中で花火大会をヘリコプターから遊覧飛行するシーンがありました。上空から見る花火は夢のような美しさでしたが、それに近い感覚が味わえるんでしょうね!

 飛行船の遊覧飛行は、ちょっと高いですが、それ以上の感動が味わえます。私も東京ではなく関西で乗りましたが、大満足でした。是非ともお勧めします。

 日本飛行船 第3回「飛行船遊覧クルーズ in TOKYO」

 飛行船遊覧クルーズ 「ベイエリアクルーズ~大阪・神戸~」に乗ってきました!

(注意)写真はイメージで、飛行船から撮影したものではなくヘリコプターから撮影したものです。また飛行コースもこのアングルが見えるコースで飛行する訳ではありません。

|

2008年6月 6日 (金)

「阪神なんば線」建設現場空撮 Part2 安治川~阪神高速・大阪港線

Osakahanshin080611
-阪神なんば線-
 「阪神なんば線」の建設現場の空撮です。2009年春開業予定まで1年を切ったのでかなり工事が進んでいます。地上部分はほぼ完成した姿を想像できるようになりました。今回は「Part2」として安治川~阪神高速・大阪港線あたりまでの様子です。

 「阪神なんば線」の工事の様子は、もうひとつのブログ「陽は西から昇る! 関西のプロジェクト探訪」の方で追ってますので過去の写真との比較はそちらの方を見てください。

プロジェクト探訪・鉄道編
 
 
Osakahanshin080612
安治川を渡ってすぐの場所です。
 
 
Osakahanshin080613
徐々に高架が低くなっていきます。
 
 
Osakahanshin080614
このあたりの交差点の高架はかなり低いです。


Osakahanshin080615
高架部分が終了する部分です。傾斜が終了している部分から地下に入っていきます。
 
 
Osakahanshin080616
安治川方面を見た様子です。このあたりは線路自体はほぼ地下です。
 
 
Osakahanshin080617
このように阪神高速道路大阪港線の手前あたりで地上部分は終了します。セミシェルター(防音壁)に車が衝突しないかちょっと心配な構造ですが・・・

|

2008年6月 5日 (木)

「阪神なんば線」建設現場空撮 Part1 西九条駅~安治川

Osakahanshin08061
-阪神なんば線-
 「阪神なんば線」の建設現場の空撮です。2009年春開業予定まで1年を切ったのでかなり工事が進んでいます。地上部分はほぼ完成した姿を想像できるようになりました。今回は「Part1」として西九条駅~安治川までの様子です。

 「阪神なんば線」の工事の様子は、もうひとつのブログ「陽は西から昇る! 関西のプロジェクト探訪」の方で追ってますので過去の写真との比較はそちらの方を見てください。

阪神なんば線 西九条駅周辺 2008年3月3日の建設状況

プロジェクト探訪・鉄道編

 
 
Osakahanshin08062
阪神西九条駅南端の様子です。工事前は2番線(西側)が使用されていましたが、現在は1番線(東側)が使用されています。
 
 
Osakahanshin08063
歩道橋からJR西九条駅北側を見た様子です。
 
 
Osakahanshin08064
地上からJR西九条駅南側を見た様子です。
 
 

Osakahanshin08065
西九条駅側から安治川方面を見た様子です。
 
 
Osakahanshin08066
安治川手前から
西九条駅方面を見た様子です。セミシェルター(防音壁)の様子がよく分かります。

|

2008年6月 4日 (水)

所沢市 西武鉄道・所沢駅周辺のタワーマンション群

Saitamatokorozawa08061
-所沢市-

 所沢市中心部上空は、航空自衛隊「入間基地(いるまきち)」の進入空路のため事前に許可を得ないと入る事が出来ません。所沢に近づくと再度航空無線のやりとりで上空に入る許可を得ます。無線のやりとりは専門用語が乱れ飛んでいましたが、航空機ファンなので大体分かりました。

 「入間基地」は航空自衛隊の航空ショーで航空機ファンには有名です。航空ショーでは「ブルーインパルス」のアクロバット飛行や「F-15Jイーグル」なども見る事が出来ます。
 航空機ファンにとって入間基地の「入間基地航空祭」はあこがれですが、私は関西に住んでいるので、浜松基地の航空祭に行くのがギリギリで、入間には1度も行ったことがありません。
 首都圏に住んでいる方は1度行くことをお勧めします。目の前で見る「F-15Jイーグル」は究極の美しさです。まさに機能美の極致! でも「F-22ラプター」はさらに美しいんですよね!いつか目の前で見る日がやってくるのでしょうか・・・

 話を超高層ビルに戻します。所沢市の西武鉄道所沢駅西口には5棟のタワーマンションがあります。多くの塔屋が「とんがり帽子」のような同じ外観をしていますが、これは同じ設計事務所が設計しているためです。

左から
◆ フォーラスタワー所沢  地上31階、地下2階、高さ113.585m
◆ グレーシアタワーズ所沢  地上31階、塔屋2階、地下1階、高さ112.98m
◆ コンセールタワー所沢  地上25階、高さ82.5m
◆ 所沢スカイライズタワー  地上31階、地下2階、高さ111.090m
◆ グラシスタワー所沢 地上27階、地下2階、高さ約110m

|

2008年6月 3日 (火)

2008年夏公募予定 広大な「有明北3-1地区(11街区)」の空撮!

Tokyoariake08061
-有明北3-1地区(11街区)-

 ずっと更地のままだった「有明北3-1地区(11街区)」が2008年夏に公募されるようです。敷地面積は110,188㎡です。内訳は港湾局用地74,038㎡、都市整備局用地24,885㎡、機構用地11,265㎡です。3区画合わせて申し込むのが条件のようです。

 詳しくは → 公募要綱(東京都港湾局公式ホームページ)

PDFデータから概要および公募条件を抜粋すると
◆ 敷地面積-110,188㎡
◆ 建ぺい率-60%
◆ 容積率-300%
◆ 高さ制限-AP(荒川工事基準面)+120m以下
◆ 住・商・業複合用地とする
◆ 住宅戸数は、1500戸以上1800戸以内

 となっています。いくら平均地盤面が高くてもAP(荒川工事基準面)+10mくらいでしょうから高さ110mの超高層ビルは建設可能だと思われます。容積率は300%なので延床面積は約330,000㎡まで確保出来ます。

 現在は「パレットタウン(palette town)」がある「青海ST区画」の用地(敷地面積79,295.76㎡)もこの夏に公募が開始されます。この夏は東京の湾岸部から目が離せません!
 
 
場所はここです。
大きな地図で見る

|

2008年6月 2日 (月)

大阪ミナミ 難波周辺の空撮!

Osakananba08061
-難波周辺-

 こうやって空から見ると難波周辺も超高層ビルが増えてきました。難波周辺の超高層ビル街は2つの核があります。南海難波駅を中心とするブロックとJR難波駅を中心とするブロックです。
 これら2つのブロックが合体すると迫力を増すと思いますが、間に雑居ビルが多く地権者の利害関係の調整が難しいので一体的な開発は難しそうです。

 阪神高速道路以南の難波周辺では、現在3棟の超高層ビルが建設中もしくは計画中です。奥から
◆ (仮称)マルイト難波ビル新築工事-地上31階、塔屋2階、地下1階、高さ144.0m
◆ (仮称)ルネ難波Ⅱ新築工事-地上33階、地下1階、高さ106.51m
◆ (仮称)難波Tower-地上31階、高さ不明

 「難波Tower」は、不動産関連企業の「リプラス」により建設される予定です。この土地は大阪の某不動産会社に売却されていましたが、現在は「リプラス」が所有しています。
 建設される超高層ビルは地上31階で、オフィス・住宅・店舗で構成される複合ビルになるようです。延床面積は約60,000㎡で投資総額は330億円を予定しています。

 「リプラス」は、賃貸住宅を対象とした不動産ファンドの管理事業と滞納家賃保証システム事業が2本柱の不動産関連企業です。会社は非常に若く2002年9月設立です。
 2004年12月に東証マザーズに上場しましたが、私はこの会社に少し思い出があります。IPO(新規株式公開)時に株の初値買いに参戦し、ちょっとだけ儲けさせてもらいました。

|

2008年6月 1日 (日)

臨海副都心 「青海Q区画」&「青海R区画」の空撮!

Tokyodaiba08061
-臨海副都心-
 
お台場の上空は、羽田空港の空路に当たるため特別の許可を得ないと飛行することはできません。そのため遠くから超望遠での撮影になります。実際、すぐ沖をひっきりなしに飛行機が飛んでいます。

 そのため高さ制限も厳しく「臨海副都心の青海区画」は高さ約100mに高さ制限されています。
 臨海副都心の青海区画は、バブル崩壊後長らく駐車場のままでした。しかし大規模開発の波はこの地域にも波及してきています。昨年12月に「青海Q区画」と「青海R区画」への進出事業予定者が決定しました。

青海Q区画(江東区青海一丁目1番1外6筆)の進出事業予定者
◆ 街区-青海Q区画
◆ 階数-地上22階、塔屋1階、地下2階
◆ 高さ-約102m
◆ 敷地面積-約32,904㎡
◆ 延床面積-約205,530㎡
◆ 用途-商業施設、イベント広場、賃貸オフィス
◆ 事業者名-三井不動産、大和ハウス工業、サンケイビル、フジテレビジョン
◆ 総事業費-約792億円(うち用地費約351億円)
◆ オープン-2012年01月予定
 
青海R区画(江東区青海一丁目1番16)の進出事業予定者
◆ 街区-青海R区画
◆ 階数-地上20階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-99.5m
◆ 敷地面積-約29,630㎡
◆ 建築面積-約15,000㎡
◆ 延床面積-約166,490㎡
◆ 用途-商業施設、イベント施設、賃貸オフィス
◆ 事業者名-東京建物
◆ 総事業費-約1076億円(うち用地費約491億円)
◆ オープン-2012年03月予定
 
 東京都・報道発表資料(2007/12/25)
 臨海副都心の進出事業予定者の決定について

 東京建物ニュースリリース(2007/12/25)
 東京建物、「臨海副都心青海R区画」の事業予定者に決定

 写真左側にあるのが「パレットタウン(palette town)」です。事業主体は森ビル、三井物産などです。この施設は暫定利用で、事業用借地権を使用して建設しています。借地権の契約期間は10年ですが、もうすぐ10年になり期限が切れるので、東京都は2008年夏に公募を開始する予定です。

概要
◆ 区画-青海ST区画
◆ 所在地-江東区青海一丁目9番、10番
◆ 敷地面積-79,295.76㎡
◆ 容積率-400%
◆ 高さ制限-AP+110m程度以下
(注意)APとは「Arakawa Peil」のことで明治6年に荒川の水位を測るために設置された基準です。TP(Tokyo Peil:東京湾平均海面)より約1.13m低くなります。そのためTPより高さ制限が厳しいです。


Tokyodaiba08062
地上から見た「青海Q区画」です。


Tokyodaiba08063
地上から見た「青海R区画」です。
 
 
Tokyodaiba08064
実は「青海Q区画」と「青海R区画」の間にある「シンボルプロムナード公園」は「菜の花」の名所です。空撮画像で黄色く見える部分が「菜の花」です。観光客もほとんどいないのでゆっくり撮影出来ます。

|

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »