« 第3回「飛行船遊覧クルーズ in TOKYO」が2008年7月24日より開始されます! | トップページ | (仮称)大手町地区第一次再開発事業 2008年6月7日の建設状況 »

2008年6月 8日 (日)

大阪南港 コスモスクエア駅周辺の空撮!

Osakacosumo08061
-コスモスクエア地区北部-
 このあたりの北側に三角に尖った場所は、バブル期に大阪南港を追加的に埋め立てた用地です。計画では超高層オフィスビルが林立する予定だったのですが、バブル崩壊により計画が頓挫しました。

 長らく更地のままでしたが、大阪市が規制緩和して一部地域に居住施設の建設を認めたため急速にマンションが建設されるようになりました。第一弾が「リバーガーデンコスモスクエア」で、次に「ローレルスクエア大阪ベイタワー」が完成しました。

 「ローレルスクエア大阪ベイタワー」は、地上32階、塔屋2階、高さ106.057m、総戸数204戸(住宅202戸、店舗2戸)です。最近建設された大阪の超高層タワーマンションはすべて本格的なヘリポートがあると思っていましたが、ここは「H」でなく「R」なのでホバリングスペースになります。「航空法・消防法・建築基準法」の本をいろいろ読んでみましたがヘリポートの設置基準がイマイチ良く分かりません・・・

 「アーバンビュー咲洲」は、約2.2haの敷地(北敷地と南敷地の合計)を開発するプロジェクトです。東西に流れる人工運河「咲洲キャナル」によって、北敷地(約14,800㎡)と南敷地(約7,200㎡)に分かれます。
 先行して北敷地に4棟の分譲マンション600戸と生鮮食品スーパーや飲食などの商業施設数区画を2007年3月に着工しました。竣工は2009年1月予定です。一番高い棟は、地上23階、地下1階、高さ71.94mです。

|

« 第3回「飛行船遊覧クルーズ in TOKYO」が2008年7月24日より開始されます! | トップページ | (仮称)大手町地区第一次再開発事業 2008年6月7日の建設状況 »

314 大阪市・湾岸部」カテゴリの記事