« 渋谷駅上空の空撮! 「東急文化会館跡地」など | トップページ | 大阪ミナミ 難波周辺の空撮! »

2008年6月 1日 (日)

臨海副都心 「青海Q区画」&「青海R区画」の空撮!

Tokyodaiba08061
-臨海副都心-
 
お台場の上空は、羽田空港の空路に当たるため特別の許可を得ないと飛行することはできません。そのため遠くから超望遠での撮影になります。実際、すぐ沖をひっきりなしに飛行機が飛んでいます。

 そのため高さ制限も厳しく「臨海副都心の青海区画」は高さ約100mに高さ制限されています。
 臨海副都心の青海区画は、バブル崩壊後長らく駐車場のままでした。しかし大規模開発の波はこの地域にも波及してきています。昨年12月に「青海Q区画」と「青海R区画」への進出事業予定者が決定しました。

青海Q区画(江東区青海一丁目1番1外6筆)の進出事業予定者
◆ 街区-青海Q区画
◆ 階数-地上22階、塔屋1階、地下2階
◆ 高さ-約102m
◆ 敷地面積-約32,904㎡
◆ 延床面積-約205,530㎡
◆ 用途-商業施設、イベント広場、賃貸オフィス
◆ 事業者名-三井不動産、大和ハウス工業、サンケイビル、フジテレビジョン
◆ 総事業費-約792億円(うち用地費約351億円)
◆ オープン-2012年01月予定
 
青海R区画(江東区青海一丁目1番16)の進出事業予定者
◆ 街区-青海R区画
◆ 階数-地上20階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-99.5m
◆ 敷地面積-約29,630㎡
◆ 建築面積-約15,000㎡
◆ 延床面積-約166,490㎡
◆ 用途-商業施設、イベント施設、賃貸オフィス
◆ 事業者名-東京建物
◆ 総事業費-約1076億円(うち用地費約491億円)
◆ オープン-2012年03月予定
 
 東京都・報道発表資料(2007/12/25)
 臨海副都心の進出事業予定者の決定について

 東京建物ニュースリリース(2007/12/25)
 東京建物、「臨海副都心青海R区画」の事業予定者に決定

 写真左側にあるのが「パレットタウン(palette town)」です。事業主体は森ビル、三井物産などです。この施設は暫定利用で、事業用借地権を使用して建設しています。借地権の契約期間は10年ですが、もうすぐ10年になり期限が切れるので、東京都は2008年夏に公募を開始する予定です。

概要
◆ 区画-青海ST区画
◆ 所在地-江東区青海一丁目9番、10番
◆ 敷地面積-79,295.76㎡
◆ 容積率-400%
◆ 高さ制限-AP+110m程度以下
(注意)APとは「Arakawa Peil」のことで明治6年に荒川の水位を測るために設置された基準です。TP(Tokyo Peil:東京湾平均海面)より約1.13m低くなります。そのためTPより高さ制限が厳しいです。


Tokyodaiba08062
地上から見た「青海Q区画」です。


Tokyodaiba08063
地上から見た「青海R区画」です。
 
 
Tokyodaiba08064
実は「青海Q区画」と「青海R区画」の間にある「シンボルプロムナード公園」は「菜の花」の名所です。空撮画像で黄色く見える部分が「菜の花」です。観光客もほとんどいないのでゆっくり撮影出来ます。

|

« 渋谷駅上空の空撮! 「東急文化会館跡地」など | トップページ | 大阪ミナミ 難波周辺の空撮! »

127 東京都・江東区」カテゴリの記事