« 中央区 箱崎周辺の空撮! | トップページ | 千葉県柏市 「東京大学・柏キャンパス」の空撮! »

2008年8月11日 (月)

神戸市 JR六甲道駅前のツインタワー「ウェルブ六甲道」の空撮!

Koberokomichi08081
-ウェルブ六甲道-
 JR六甲道駅周辺は、1995年1月17日に発生した「阪神淡路大震災」で特に甚大な被害を受けました。私もその惨状を目の当たりにした時はあまりの光景に絶句した事を今でもはっきり覚えています。
 
 神戸市は、特に被害の大きかった地区の復興のため、再開発事業を実施しましたが、「新長田駅南地区」と並んで「六甲道駅南地区」も対象になりました。
 震災2ヶ月後の1995年3月17日に都市計画を決定し、約59,000㎡の再開発区域に2004年3月末までに合計14棟(総戸数915戸)の再開発ビルが完成しました。2005年度には、六甲道南公園等の整備も完了し、2005年9月にすべての事業が完了しました。

◆ ウェルブ六甲道1番街  地上33階、塔屋2階、地下2階、高さ122.4m、総戸数266戸
◆ ウェルブ六甲道2番街  地上30階、地下2階、高さ111.38m、総戸数170戸

JR六甲道駅-
 「JR六甲道駅」も高架線もろとも駅舎が落下して倒壊するという甚大な被害を受けました。新たに高架線を建設するには約2年かかる言われていました。
 しかし派遣されたJR東日本の技術者が診断した結果、「高架線」の梁や床は崩れていなかったため、これらを再利用することになりました。崩壊した橋脚のみを新たに建設し、高架線をジャッキで持ち上げる難工事が行われ、約3ヶ月という短期間で完了しました。

 この模様は、2005年1月11日放送のNHKの「プロジェクトX~挑戦者たち~」でも取り上げられていました。「鉄道分断 突貫作戦 奇跡の74日間」というタイトルでした。JRグループと工事を行った「奥村組」の苦闘と周辺住民の協力を描いています。
 工事完了後に耐久試験をのためJRの貨物列車が複々線を4連でゆっくり並走するシーンがありましたが、今でも思い出すと感動的で涙が出そうになります。この場面は「鉄ちゃん」の間でも語り草のシーンらしいです。
 
 
Koberokomichi08082
地上から見た様子です。
 
 
場所はここです。「ストリートビュー」で周辺を探索してください。

大きな地図で見る

|

« 中央区 箱崎周辺の空撮! | トップページ | 千葉県柏市 「東京大学・柏キャンパス」の空撮! »

351 兵庫県・神戸市」カテゴリの記事