« 米証券会社「リーマン・ブラザーズ」の経営破綻で思うこと | トップページ | 神戸市はなぜ超高層ビルの高さ制限をするの(涙)・・・ そんなに超高層ビルは悪者? »

2008年9月17日 (水)

所沢市 西武鉄道・所沢駅周辺のタワーマンション群 Part2

Saitamatokorozawa08091
-所沢市-

 昨日は、「リーマン・ブラザーズ」ショックが世界を駆け巡りました。日本のテレビニュースもセンセーショナルに伝えていました。中には「今回の値下がりは、1987年の10月のブラックマンデーに匹敵!」というのがありました。

 この表現には正直カチンときました。ニューヨーク市場で1987年10月19日に発生したブラックマンデーでの値下がりは約508ドル、2008年9月15日は約504ドルで確かに金額は匹敵します。
 でも当時のDOWは、現在の4分の1以下でした。率に直すと1987年は約22.6%、今回は約4.4%で全く比較の対象になりません。金額だけ比べて何の意味があるのでしょうか?

 ブラックマンデーをきっかけに、暴落あるいは暴騰した際に一時的に取引を停止させる「サーキットブレーカー(売買遮断システム)」が導入がされたほどのすさまじい暴落でした(ちなみに日経平均株価も3,836.48円安(14.90%)の大暴落でした)。
 当時の事をはっきり覚えていますが、衝撃の大きさは今回とは比較になりません。正確に情報を伝えるのがマスコミの仕事です。ちょっと情けなくなりました。

 所沢のタワーマンションの特徴は、写真では分かりにくいですが、とんがり帽子のような塔屋があることです。
 「コンセールタワー所沢」はとんがり帽子という程ではありませんが、他の4棟はまさにとんがり帽子という感じです。
 このような外観は埼玉県周辺のタワーマンションに多いです。設計事務所が同じのためこのような似た外観になっています。

 ちなみに「建築基準法」での高さは、「水平投影面積の合計が建築面積の8分の1以下の場合には、高さ12m以下であれば高さに算入しなくていい」ことになっています。所沢のタワーマンションはかなり当てはまりそうです。
(注意)絶対高さ制限、日陰による高さ制限がある場合は。12m以下が5m以下になります。

左から
◆ フォーラスタワー所沢  地上31階、地下2階、高さ113.585m
◆ コンセールタワー所沢  地上25階、高さ82.5m

◆ グレーシアタワーズ所沢  地上31階、塔屋2階、地下1階、高さ112.98m
◆ 所沢スカイライズタワー  地上31階、地下2階、高さ111.090m
◆ グラシスタワー所沢 地上27階、地下2階、高さ約110m

|

« 米証券会社「リーマン・ブラザーズ」の経営破綻で思うこと | トップページ | 神戸市はなぜ超高層ビルの高さ制限をするの(涙)・・・ そんなに超高層ビルは悪者? »

253 埼玉県・所沢市」カテゴリの記事