« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月30日 (木)

東京スカイツリー(新東京タワー) 2008年秋の建設現場の空撮!

Tokyoskytree08101
-東京スカイツリー(新東京タワー)-

 東京都墨田区で、地上600mを超す「東京スカイツリー(新東京タワー)」の工事が本格的に行われています。
 計画では、高さ610.58mの電波塔、地上32階、高さ約160mのオフィス棟、商業施設、展示場、ミュージアム、多目的ホール、各種学校等の巨大な複合施設が建設されます。

 比較 → 2008年4月3日の空撮

 比較 → 2007年11月02日の現場

 比較 → 2007年04月16日の現場

 詳しくは → 東京スカイツリー・公式ホームページ

 大林組 → 東京スカイツリー建設プロジェクト

東京スカイツリーの概要
◆ 計画名-(仮称)業平橋押上地区開発計画(新タワー計画)
◆ 所在地-東京都墨田区押上一丁目1-13他
◆ 階数-地上32階、地下3階(オフィス棟)
◆ 高さ-610.58m(電波塔)、約160m(オフィス棟)
◆ 敷地面積-36,844.41㎡(施設全体)
◆ 建築面積-31,507.42㎡(施設全体)
◆ 延床面積-229,812.47㎡(施設全体)
◆ 構造-鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
◆ 用途-電波塔、展示場、ミュージアム、オフィス、多目的ホール、各種学校、ホテル他
◆ 建築主-東武鉄道、東武タワースカイツリー(旧:新東京タワー)
◆ 設計・監理-日建設計
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2008年07月14日
◆ 竣工-2011年12月末日予定オープン日は未定)
 
 
Tokyoskytree08102
(撮影日2008年10月25日) 南東側の京成橋から見た様子です。
 
 
Tokyoskytree08103
(撮影日2008年10月25日) 敷地東側に残っていた
生コン工場もついに解体工事が始まりました。
 
 
Tokyoskytree08104
(撮影日2008年10月25日) 南東側から見た様子です。
 
 
Tokyoskytree08105
(撮影日2008年10月25日) 南側から見た様子です。ゲートが開いていました。
 
 
Tokyoskytree08106
(撮影日2008年10月25日) 南西側の
東武橋から見た様子です。多数のクレーンが林立しています。
 
 
Tokyoskytree08107
(撮影日2008年10月25日) 東武橋から見た様子です。残っている東武鉄道の本社は、現在建設中の新本社ビル完成後に解体されます。
 
 
Tokyoskytree08108
(撮影日2008年10月25日) 線路を挟んだ北側に建設中の東武鉄道の新本社ビルです。
 
 
Tokyoskytree08109
(撮影日2008年10月25日) 絶好のウオッチングポイントであった「北十間川」の北側の道路は、2008年11月1日から閉鎖されるようです(涙)。「北十間川」の南側にも道路があるのですが、堤防が高くて見づらいんですよね・・・

|

2008年10月29日 (水)

世田谷区 二子玉川東地区第一種市街地再開発事業(2008年秋)の空撮! 

Tokyotamagawa08101
-二子玉川東地区第一種市街地再開発事業-

 東急田園都市線と大井町線の「二子玉川駅」の東側で大規模な再開発事業が進行しています。「二子玉川東地区市街地再開発組合、東京急行電鉄、東急不動産」が進めている「二子玉川東地区第一種市街地再開発事業」です。

 かなりプロジェクトは進行しており、「Ⅲ街区」には3棟の高さが100mを超えるタワーマンションが建設中ですが、6基のタワークレーンが姿を現しています。
 「Ⅰ-b街区」も東急大井町線の車窓からは深く掘り下げられている様子を見ることが出来ます。
 
 比較 → 2008年4月2日の建設状況
 
 ◆ 二子玉川東地区第一種市街地再開発事業 オフィシャルサイト

 ◆ 二子玉川ライズ タワー&レジデンス 公式ホームページ
 
 
Tokyotamagawa08106
「Ⅲ街区」の建設現場の様子です。6基のタワークレーンが姿を現しています。
  
 
Tokyotamagawa08107
「Ⅲ街区」の「二子玉川ライズ ワー&レジデンス タワーイースト」の建設現場です。地上42階、塔屋2階、地下1階、高さ151.1m、総戸数395戸になります。
 
 
Tokyotamagawa08108
「Ⅲ街区」の「
二子玉川ライズ ワー&レジデンス タワーウエスト」の建設現場です。地上28階、塔屋2階、地下1階、高さ約102m、総戸数283戸になります。
 
 
Tokyotamagawa08109
「Ⅲ街区」の「
二子玉川ライズ ワー&レジデンス タワーセントラル」の建設現場です。地上28階、塔屋2階、地下1階、高さ約102m、総戸数292戸になります。
 
 
Tokyotamagawa081010
「Ⅲ街区」の東側の公園に掘り出した土が積み上げられています。通常は建設現場から出る残土は他の場所に運ばれますが、ここではそのまま使用されるようです。
 手前の道路部分はトンネル構造になり、その上は公園になるようなので丘のある公園になるのでしょうか?

 
 
Tokyotamagawa08102
「Ⅰ-a街区」の建設現場です。
  
 
Tokyotamagawa08103  
「Ⅰ-b街区」の建設現場です。
 
 
Tokyotamagawa08104
「Ⅱ-a街区」の様子です。この部分は、2期事業用地のため当面開発は行わず、暫定施設が建設されています。
 
 

Tokyotamagawa08105
「Ⅱ-b街区」の建設現場です。

|

2008年10月28日 (火)

「丸の内パークビルディング」の空撮&「(仮称)丸の内二丁目7地区計画新築工事」の建築計画のお知らせ

Tokyomarunouchi08101
-丸の内パークビルディング-

 今年の秋、2回目の東京(首都圏)撮影ツアーが終わりました。2回のツアーで晴れと呼べるのは1日だけでその他は雨と曇りだけでした。
 その唯一の晴れだった昨日(10月27日)も夕方から突然雷が鳴り出し大雨が降ってきました。我ながら「超雨男」ぶりに本当に情けなくなります(涙)。

 おまけに日経平均株価は、バルブ崩壊後の最安値を更新し、底が見えない状況になってきました。世界の株式市場も悲惨な状態です。
 世界各国は次々と対策を打っていますが、株式市場は無反応です。なんとか世界恐慌にだけは突入しないよう持ちこたえてほしいのですが、もう神様に祈るしかない状況になりつつあります。

 元気を出して話を超高層ビルの話題に戻します。「丸の内パークビルディング」は、三菱商事ビル、古河ビル、丸の内八重洲ビルの3棟を解体して一体的に再開発して建設されています。
 超高層棟の外観はほぼ完成しています。非常に巨大なビルのため地上からはビル全体が写真に収まりません。
 
 比較 → 2008年4月1日の空撮
 
丸の内パークビルディングの概要
◆ 計画名-丸の内SF計画
◆ 所在地-東京都千代田区丸の内二丁目6番1号他
◆ 階数-地上34階、塔屋3階、地下4階
◆ 高さ-最高部170.09m
◆ 敷地面積-11,931.79㎡
◆ 建築面積-8,467.89㎡
◆ 延床面積-206.212.06㎡
◆ 構造-鉄骨造(地上)、鉄骨鉄筋コンクリート造(地下)
◆ 用途-オフィス、店舗、美術館
◆ 建築主-三菱地所
◆ 設計・監理-三菱地所設計
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-2007月02月05日
◆ 竣工-2009年04月予定
 
 
Tokyomarunouchi08105
「丸の内パークビルディング」を地上から見た様子です。
 
 
Tokyomarunouchi08103
-(仮称)丸の内二丁目7地区計画新築工事-

 日本郵政グループの東京中央郵便局の再整備計画です。「(仮称)JPタワー」と言われているプロジェクトです。
 正式な計画名は「
(仮称)丸の内二丁目7地区計画新築工事」のようで、「建築計画のお知らせ」は10月20日に掲示されたようです。 
 
 詳しくは →  日本郵政グループ・プレスリリース(PDF:2008/06/25)
 
 
Tokyomarunouchi08104
2008年10月27日(月)に撮影しましたが、まだ解体工事は始まっていません。

|

2008年10月23日 (木)

中央区 晴海三丁目西地区A1・A2・A3街区(2008年秋)の空撮!

Tokyoharumi08101
-晴海三丁目西地区A1・A2・A3街区-

 「晴海三丁目西地区」の「A街区(朝潮運河沿い)」には3棟の超高層タワーマンションが建設される予定です。先に着工してどんどん高くなっている「A1街区」に続き「A2街区」と「A3街区」も計画では2008年12月に着工される予定です。

 先に着工された「晴海三丁目西地区(再)A1街区住宅建設その他工事」は建築主が「UR都市機構」になっているので賃貸マンションになりますが、「A2街区」と「A3街区」は建築主が「住友不動産」となっており、超高層ツインタワーの分譲マンションになります。

 豊洲地区と晴海地区を結ぶ橋は、「春海橋」と2006年3月25日に開通した「晴海大橋」があります。
 現在、3番目の橋である「(仮称)晴豊2号橋」が建設中です。将来的には「有明地区」と現在の築地中央卸売市場がある場所の南端が直線で結ばれます。
 
概要
◆ A1街区-地上49階、塔屋1階、地下1階、高さ168.95m
A2街区-地上51階、地下1階、高さ177.3m 
◆ A3街区-地上51階、地下1階、高さ177.3m

 
 比較 → 2008年4月1日の空撮
 
 
Tokyoharumi08102
晴海三丁目西地区(再)A1街区住宅建設その他工事」です。かなり高くなってきました。 
 

 
Tokyoharumi08103
A2街区」の予定地です。
 
 
Tokyoharumi08104
A3街区」の予定地です。
 
 
Tokyoharumi08105
「ゆりかもめ」から撮影した「(仮称)晴豊2号橋」の建設現場です。

|

2008年10月22日 (水)

仙台市 「アップルタワーズ<仙台>」、「ミッドプレイス仙台タワー&レジデンス」、「ライオンズタワー勾当台通」の建設現場

Sendai081021
-アップルタワーズ<仙台>-

 JR仙台駅から少し南側に歩いた場所に建設中です。街区にはL字型に4棟の建築物が配置されています。なかなか迫力があります。仙台駅に近い北側から
◆ アパヴィラホテル<仙台駅五橋> 地上20階、全610室(竣工済)
◆ カトレアタワー 地上19階、66戸(竣工済)
◆ ブローディアタワー 地上30階、288戸
◆ アベリアタワー 地上18階、98戸(写真では見えません) 
 
 
Sendai081022
最高層の地上30階、高さ106.50mの「アップルタワーズ<仙台> ブローディアタワー」です。写真の右側に見える棟が「アベリアタワー」です。
 
 
Sendai081023
「アップルタワーズ<仙台>」の「建築計画のお知らせ」です。建築物はすでに完成しており、撮影時には周辺の最終整備をしていました。
 通常ならこの頃になると「建築計画のお知らせ」は撤去している場合が多いのですが、まだ掲示していました。

 
 
Sendai081024
-ミッドプレイス仙台タワー&レジデンス-

  「アップルタワーズ<仙台>」から線路を挟んで東側に建設中です。JR仙台駅からは南東方向に少し歩いた場所にあります。
 地上31階のタワー棟と地上12階のレジデンス棟で構成されています。レジデンス棟は一足早い2009年3月に竣工します。
 
 
Sendai081025
「ミッドプレイス仙台タワー&レジデンス」の「建築計画のお知らせ」です。
 
 
Sendai081026
-ライオンズタワー勾当台通-

 仙台駅からは直線距離で約2.5kmくらい北東方向にJRと地下鉄の「北仙台駅」がありますが、「ライオンズタワー勾当台通」は、「北仙台駅」近くの「勾当台通」に面した西側に建設中です。
 勾当台通は「こうとうだいどおり」と読みますが、私もついに老化現象が始まったのかなかなか地名と読み方を覚える事が出来ませんでした(笑)。
 
 
Sendai081027
「ライオンズタワー勾当台通」の「建築計画のお知らせ」です。

|

2008年10月21日 (火)

JR大崎駅西口 大崎ウエストシティタワーズ&ソニー街区等再開発地区(2008年秋)の空撮!

Tokyoosaki08101
-JR大崎駅西口-

 第一段階の「(仮称)大崎西口開発計画」として、2007年10月25日にグランドオープンした「ThinkPark Tower(シンクパーク タワー)」、地上30階、塔屋2階、地下2階、高さ140.5mを中心に、「ダイワロイネットホテル東京大崎」、「ウエストレジデンス大崎」が整備されました。

 第二段階の「大崎駅西口中地区第一種市街地再開発事業」として「大崎ウエストシティタワーズ」が建設されています。
 ツインタワーのタワーマンションで、地上39階、地下2階、高さ127.08m、総戸数1084戸(施設全体:再開発組合員等取得住戸236戸含)です。

 第三段階として、空撮写真では「ThinkPark Tower」等に隠れてほとんど見えませんが、
「ソニー旧大崎西テクノロジーセンター」跡地も大規模に再開発工事が行われています。跡地には地上24階、地下2階、高さ約140mの超高層オフィスビルが建設れる予定です。

 比較 → 2008年4月1日の空撮
 

 
Tokyoosaki08102
「大崎ウエストシティタワーズ」の建設現場です。写真左側が東棟(WEST棟)、写真右側が(EAST棟)です。
(注意)東棟(EAST棟)と西棟(WEST棟)は管理人が便宜上付けた名称です。
 
 
Tokyoosaki08103
東棟の建設現場です。
 
 
Tokyoosaki08104
西棟の建設現場です。
 
 
Tokyoosaki08105
「ソニー旧大崎西テクノロジーセンター」跡地の再開発の工事現場です。3枚の写真を無理やりつないだ毎度おなじみの簡易パノラマ写真です(笑)。
 本体工事の着工は、2009年2月を予定しています。写真で見る限り解体工事はほとんど終わっているようです。

|

2008年10月20日 (月)

「アエル(AER)」展望台から見た「(仮称)仙台中央広瀬通ビル」と「花京院一丁目第一地区」の建設現場

Sendai081011
-(仮称)仙台中央広瀬通ビル-

 仙台駅前にある超高層ビル「アエル(AER)」には展望室があります。ビルの東側と西側に展望室がありますが、双方の展望室ともドアがあり隔離された区画になっていて少しさびしい雰囲気があります。
 入らないでほしいというオーラを感じたので、「本当に入っていいの?」と少しとまどってしまいました(笑)。展望室へのエレベーターの場所も少し分かりにくく、「せっかくの駅前の一等地にあるので、もっと宣伝して積極的に活用したらいいのに!」と感じました。

 西側の展望室から「(仮称)仙台中央広瀬通ビル」の建設現場を見ることが出来ます。ほぼ真下にあるような雰囲気に見えます。
 「(仮称)仙台中央広瀬通ビル」は、「東京建物」が仙台市で手がける初の大規模オフィスビルです。完成時には仙台駅とペデストリアンデッキで直結されます。

 詳しくは → 東京建物ニュースリリース(PDF:2008/05/08)
 
 
 
Sendai081012
「(仮称)仙台中央広瀬通ビル」の「建築計画のお知らせ」です。

 
 
Sendai081013
-花京院一丁目第一地区-
 「アエル(AER)」の北側では「花京院一丁目第一地区」の再開発計画が進行しています。正式な計画名は「花京院一丁目第一地区第一種市街地再開発事業施設建築物新築工事」ととても長いです。
 再開発地区の真ん中に「ホテルJALシティ仙台」があり、「街区1(西ブロック)」がホテル・店舗棟、「街区2(東ブロック)」が超高層住宅棟になります。花京院は「かきょういん」と読みます。
 
 
Sendai081014
「アエル(AER)」東側の展望室から撮影した「街区2(東ブロック)」の超高層住宅棟の建設現場です。角度的にギリギリで窓ガラスにへばりついて撮影しました。
 
 
Sendai081015
建設現場に掲示してあった完成予想図を撮影しました。
 
 
Sendai081016
建設現場に掲示してあった街区図を撮影しました。分かりにくいですが、北が下になっています。
 
 
Sendai081017
「街区1(西ブロック)」の「建築計画のお知らせ」です。
 
 
Sendai081018
「街区2(東ブロック)」の「建築計画のお知らせ」です。
 
 
Sendai081019
「アエル(AER)」の西側を走り、仙台駅に一番近い北側に伸びる「駅前通」です。拡幅工事が行われています。
 仙台の幹線道路は広く街路樹も見事に大きく育っていますが、「駅前通」は整備中のため街路樹はまだあまり育っていません。

|

2008年10月19日 (日)

目黒区 「東京急行・池尻大橋駅」周辺(2008年秋)の空撮!

Tokyoikejiri08100
-池尻大橋駅周辺-

 東京急行田園都市線の「池尻大橋駅」周辺では、「首都高速中央環状新宿線大橋ジャンクション(仮称)」の建設現場を中心にして3棟の超高層ビルが建設中もしくは計画中です。

 一番東側(空撮写真では上)が、「(仮称)青葉台三丁目計画」です。完成すると 地上33階、地下3階、高さ144.50mのオフィスと共同住宅で構成される超高層ビルになります。
 建設現場のフェンスには「ラ・トゥール青葉台」の広告が大きく掲げられています。上層階の21階~33階が、総戸数130戸の高級賃貸マンション「ラ・トゥール青葉台」になります。

 
巨大な「首都高速中央環状新宿線大橋ジャンクション(仮称)」の建設現場を挟むように2棟のタワーマンションが建設もしくは計画されています。
 東側が、「(仮称)大橋地区第二種市街地再開発事業」です。地上42階、塔屋2階、地下2階、高さ155.950m、総戸数689戸の共同住宅、店舗、事務所、公益施設で構成される複合ビルが建設される予定ですが、計画は大幅に遅れています。

 一番西側が、
プリズムタワー(PRISM TOWER)」です。地上27階、地下2階、高さ98.18m、総戸数219戸(事業協力者住戸82戸・店舗事務所6戸を含む)です。名称の通り「プリズム」のような外観をしています。
 
  
Tokyoikejiri08101
「(仮称)青葉台三丁目計画」の建設現場です。地上33階、地下3階、高さ144.50mです。上層階の21階~33階が、総戸数130戸の高級賃貸マンション「ラ・トゥール青葉台」になります。


Tokyoikejiri08104
「(仮称)大橋地区第二種市街地再開発事業」の建設予定地です。地上42階、塔屋2階、地下2階、高さ155.950m、総戸数689戸の共同住宅、店舗、事務所、公益施設で構成される複合ビルが建設される予定です。
 まだ既存建築物の解体工事がほとんど終わっていません。スケジュールは当初計画より大幅に遅れています。

 
 
Tokyoikejiri08103
プリズムタワー(PRISM TOWER)」の建設現場です。地上27階、地下2階、高さ98.18m、総戸数219戸(事業協力者住戸82戸・店舗事務所6戸を含む)です。外観がほぼ完成したので「プリズム」のような外観がよく分かります。

|

2008年10月18日 (土)

仙台市 東北一高い超高層ビル「仙台トラストシティ」の建設現場!

Sendai08101
-仙台トラストシティ (SENDAI TRUST CITY)
 
「空撮じゃないじゃんか!」と言われそうですが、飛行機を使って行ったということでご容赦下さい。
 飛行機と言えば、全日空(ANA)の搭乗手続きは二次元バーコードをセンサーにタッチして行うんですね。いつから変ったんでしょうか?全く知りませんでした。2年くらいANAに乗ったこと無かったので一瞬「浦島太郎」状態になてしまいました(笑)。

 仙台で巨大なプロジェクトが進行しています。「森トラスト」が、仙台駅の西側にあった「東北学院中学・高校」跡地に建設している「仙台トラストシティ」です。
 地上37階、塔屋3階、地下2階、高さ約180mの超高層オフィスビルと地上29階、地下1階、高さ99.9m、総戸数220戸のタワーマンションで構成される大規模複合施設です。

 超高層オフィスビルである「仙台トラストタワー」には、東北初のラグジュアリーホテル「ウェスティンホテル仙台」の進出が決定しています。
 「ウェスティンホテル仙台」は、「仙台トラストタワー」の1階~3階および25階~37階を使用、客室数約300室、2010年8月のオープンを予定しています。

 詳しくは → 仙台トラストシティ・公式ホームページ

 ホテル → 森トラストプレスリリース(PDF:2008/10/16)

(追記)住宅棟の名称が「ザ・レジデンス一番町(THE RESIDENCE ICHIBANCHO)」に決定しました。

 詳しくは → 森トラストプレスリリース(PDF:2008/10/20)
 
 
Sendai08102
(撮影日2008年10月17日) 「仙台トラストタワー」のアップです。SS30(住友生命仙台中央ビル)から撮影しました。タワークレーンに続き鉄骨が姿を現しています。
 正式の計画名は「仙台一番町プロジェクト新築工事(ホテル事務所棟)」と長い名称です。
  
 
Sendai08103
(撮影日2008年10月17日) 「ザ・レジデンス一番町(THE RESIDENCE ICHIBANCHO)」のアップです。
 網目が見えますが、SS30(住友生命仙台中央ビル)のシースルーエレベーターから撮影したためです。正式な計画名は「仙台一番町プロジェクト新築工事(住宅棟)」です。
 
 
Sendai08104
「仙台トラストタワー」の「建築計画のお知らせ」です。建築主は「森トラスト」、設計者は「大成建設」と「松田平田設計」、施工者は「大成建設」となっています。
 
 
Sendai08105
「仙台トラストシティ 住宅棟」の「建築計画のお知らせ」です。建築主は「森トラスト」、設計者は「戸田建設」、施工者は「戸田建設」となっています。

|

2008年10月15日 (水)

越谷レイクタウン 2008年10月2日にグランドオープンした日本最大規模「イオンレイクタウン」の空撮!

Saitamalaketown08101
-越谷レイクタウン-

 「越谷レイクタウン」はUR都市機構が開発している施行面積約225.6h、計画人口約22,400人の大規模開発プロジェクトです。周辺は、荒川水系の中川や元荒川などに囲まれた低地で長年にわたって洪水被害に悩まされてきた地域です。

 近年、広大な土地を開発する計画がスタートし、最初にの中心を走るJR武蔵野線に「越谷レイクタウン駅」が2008年3月15日に開業しました。
 そして治水対策として中心部に面積39.5haの広大な調節池(大相模調節池)を設置し、その周辺を区画整理して巨大なショッピングセンター、共同住宅、戸建住宅を整備することになりました。
 「レイクタウン」の名称は、区画整理地区の中心にある広大な調節池から由来しています。

 UR都市機構「越谷レイクタウン」公式ホームページ

 越谷市・越谷レイクタウン特集

 大和ハウス工業「D’グラフォート レイクタウン」 

-イオンレイクタウン-
 
「越谷レイクタウン」の中で最大の施設は、 2008年10月2日(木)にグランドオープンした「イオンレイクタウン」です。大規模な施設が多いイオン系列のショッピングセンターの中でも桁違いの大きさです。
 核テナントは「ジャスコ」、「ビブレ」、「マルエツ」の3つのスーパーで構成され、専門店数も565店と桁違いの多さです。

イオンレイクタウンの概要
◆ 所在地-埼玉県越谷市(こしがやし)東町四丁目21番地1(kaze)
◆ 所在地-埼玉県越谷市(こしがやし)東町二丁目8番地(mori)
◆ 敷地面積-264,161㎡
◆ 延床面積-364,843㎡
◆ 商業施設面積-218,483㎡(kaze:80,736㎡、mori:137,747㎡)
◆ 階数-地上3階
◆ 構造-鉄骨鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 専門店数-565店
◆ 駐車場-8,200台
◆ 駐輪場-6,200台
◆ グランドオープン-2008年10月2日

 詳しくは → イオンレイクタウン公式ホームページ
 
 
Saitamalaketown08102
「イオンレイクタウン mori」の全景です。
 
 
Saitamalaketown08103
「イオンレイクタウン kaze」の全景です。

|

2008年10月14日 (火)

さようなら! 甲子園球場の大屋根「銀傘」

Nishinomiyakosen1
-甲子園球場の大屋根(銀傘)-

 空撮写真は、第1期目の改修工事が終わった2008年5月上旬に撮影したものです。甲子園球場は2007年のオフシーズンから3期に分け約200億円をかけた大規模な改修工事を行っています。
 
 2008年10月からは第2期目の工事が行われます。10月11日から、内野席を覆うシンボルの大屋根(銀傘)の解体作業が開始されました。
 今回の第2期改修工事では大屋根(銀傘)の架け替えのほか、アルプス席、外野席の改修などが行われ、2009年3月の高校野球の選抜大会では新しい甲子園が披露されます。
  
 甲子園球場のリニューアル
 
 甲子園球場リニューアルスペシャルサイト
 
 速報!甲子園リニューアルへの道(担当者ブログ)
 
 大屋根(銀傘)の解体は、ピザのように銀傘全体を14分割し、1つずつ大型のクローラークレーンで支えながら柱、梁部分から切り離した後、ゆっくりとつり上げて地上に降ろされます。10月20日頃ごろには銀傘すべてが取り外さます。
 来年の春には4代目の新たな大屋根(銀傘)を見る事になります。新しい大屋根(銀傘)はさらに覆う面積が広くなり、アルプス席を除く内野席全体を覆います。また大屋根の支柱が内野席上段に移動することで死角がなくなりグラウンドも見やすくなります。
 
 甲子園リニューアル 銀傘の取り外し工事始まる(朝日新聞)
 
 「銀傘」しばしの別れ 甲子園の解体始まる(読売新聞)
 
 
Nishinomiyakosen2
この巨大なジブ付きクローラークレーンで大屋根(銀傘)は解体され地上に降ろされます。
 
 
Nishinomiyakosen3
かなり巨大なジブ付きクローラークレーンの本体です。
 
 
Nishinomiyakosen4
大屋根(銀傘)のない部分にも「クローラークレーン」や「ホイールクレーン」など10基以上が集結していました。シャープ堺液晶コンビナート建設現場のミニ版という感じです。
 
(お詫び)せっかくの快晴なのに画質がザラザラで申し訳ございません。前日の夜にISO3200に設定したまま直さずにそのまま撮影してしまいました(涙)・・・

|

横浜市戸塚区 JR東戸塚駅周辺(2008年秋)の空撮!

Yokohamahigashitotsuka08101
-JR東戸塚駅周辺-

 横浜市戸塚区の中心は、東海道本線と横須賀線が停車し、地下鉄の駅もある戸塚駅前のようなイメージがありますが、実際はJR東戸塚駅前の方が発展しています。
 ただしJR戸塚駅の西口も大規模に再開発されており今後はお互いに発展していくと思われます。

 JR東戸塚駅は、横須賀線のみの駅があり東海道本線の駅はないので停車しません。しかし湘南新宿ラインも停車し、横須賀線を使って東京駅、湘南新宿ラインを使って新宿駅に乗り換えなしに行くことが出来ます。
 駅東口の高台が大規模に開発されており、西武百貨店やダイエーなのど大規模商業施設や4棟の超高層タワーマンションが整備されています。

 東側(駅から遠い側)から「ニューシティ東戸塚タワーズシティファースト」、「ニューシティ東戸塚ル・パルクシエル」、「ニューシティ東戸塚BeTOWER」、「ニューシティ東戸塚タワーズシティ」となっています。
 「ニューシティ東戸塚タワーズシティファースト」以外の3棟は最高部の高さが100mを超えています。

 駅西口はあまり開発されていませんでしたが、現在超高層タワーマンションが建設されています。「BELISTAタワー東戸塚(ベリスタタワー東戸塚)」です。地上26階、塔屋1階、地下1階、高さ106.1m、総戸数187戸のタワーマンションになります。

BELISTAタワー東戸塚の概要
◆ 計画名-(仮称)東戸塚西口駅前計画
◆ 所在地-神奈川県横浜市戸塚区川上町91番1他
◆ 階数-地上26階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-最高部106.1m
◆ 敷地面積-8,422.59㎡(施設全体)
◆ 建築面積-5,759.60㎡(施設全体)
◆ 延床面積-41,616.38㎡(容積率対象外面積10,381.52㎡含む)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 用途-共同住宅、オフィス、店舗
◆ 総戸数-187戸(事業協力者住戸2戸含む)
◆ 建築主-藤和不動産、大和システム
◆ 設計・監理-類設計室
◆ 施工者-熊谷組
◆ 着工-2006年11月末日
◆ 竣工-2009年02月下旬予定
◆ 入居開始-2009年03月下旬予定
 
 
Yokohamahigashitotsuka08102
「BELISTAタワー東戸塚(ベリスタタワー東戸塚)」の建設現場です。
 
 
Yokohamahigashitotsuka08103
-鶴見駅東口地区第一種市街地再開発事業-

 東戸塚とは場所も離れていて全く関係ないですが、横浜つながりということで載せたいと思います。
 JRと京浜急行の鶴見駅前でも大規模な再開発が行われています。地上31階、地下1階、高さ108.86m(建築物もしくは軒高の可能性があり)のタワーマンションです。ホテル、店舗、公益施設等も設けられる予定です。
 
 
Yokohamahigashitotsuka08105
建設現場にある完成予想図を撮影しました。
 
 
Yokohamahigashitotsuka08104
「建築計画のお知らせ」です。前回と比べ高さや面積等が微妙に変更になっていました。

|

2008年10月13日 (月)

江東区 「シティタワーズ豊洲」&「THE TOYOSU TOWER」建設現場(2008年秋)の空撮!

Tokyotoyosu08101
-豊洲のタワーマンション群-

 豊洲地区はタワーマンションの建設ラッシュになっています。豊洲地区には現在建設中の物件を含めると高さが100mを超えるタワーマンションが9棟建設されています。

 先に完成した西側の晴海運河沿いの「パークシティ豊洲(正確にはアーバンドック パークシティ豊洲)」、そして東側の豊洲運河沿いには、先に完成した「豊洲キャナルワーフタワーズ」に続き4棟の超高層タワーマンションが建設されています。

 比較 → 2008年04月01日の空撮
 
 比較 → 2007年11月03日の空撮

 比較 → 2007年04月18日の空撮 

 南側にツインタワーの「シティタワーズ豊洲 ザ・ツイン」が建設されています。住友不動産の物件ホームページには建築面積と延床面積が書かれていない場合が多くデータ収集にいつも苦労します。
 現場にある「建築計画のお知らせ」は参考にはなりますが、その後の数値変更が反映されない場合がほとんどです。だから現地に行くとフェンスにある物件パンフレットを必ず持って帰ります。
 あと一番有難いのがリクルートの「マンションズ」です。東京に行った時は必ずもらって帰ります。今回の首都圏版は厚さが2センチ近くあって驚きました。

 最新の資料によると概要は下記のように少し面積等が変更になっています。売主に「阪急不動産」がありますが、最初は住友不動産の単独事業だったような気がしますが、私の勘違いかも知れません。

シティタワーズ豊洲 ザ・ツインの概要
◆ 計画名-(仮称)豊洲三丁目9-2街区計画
◆ 所在地-東京都江東区豊洲三丁目8番30他
◆ 階数-地上48階、地下1階(S棟・N棟)
◆ 高さ-最高部171.20m(S棟・N棟)
◆ 敷地面積-13,826.52㎡(施設全体)
◆ 建築面積-6,040.89㎡(施設全体)
◆ 延床面積-126,619.72㎡(施設全体)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 用途-共同住宅(分譲)
◆ 総戸数-1063戸(施設全体)
◆ 建築主-住友不動産、阪急不動産
◆ 設計・監理-日建設計、鹿島建設
◆ 施工者-鹿島建設
◆ 着工-2006年08月21日(施設全体)
◆ 竣工-2009年03月下旬予定(S棟・N棟)
◆ 入居開始-2009年03月下旬予定(S棟)、2009年07月下旬予定(N棟)

(注意)高さは東京都の「建築物環境計画書」を参考にしています。

★ 真ん中がTHE TOYOSU TOWER」です。 地上43階、塔屋1階、地下1階、高さ155.00m、総戸数825戸になります。

★ 北側が「シティタワーズ豊洲 ノースタワー」です。地上44階、地下1階、高さ約153mで、
計画名は(仮称)豊洲三丁目8-4街区計画」です。
 
 
Tokyotoyosu08102
「シティタワーズ豊洲 ザ・ツイン」のサウスタワー(南側の棟)です。
 
 
Tokyotoyosu08103
「シティタワーズ豊洲 ザ・ツイン」のセンタータワー(北側の棟)です。
 
 
Tokyotoyosu08104
「シティタワーズ豊洲 ザ・ツイン」は、下層階が一体化されているため「建築基準法」では、1棟の扱いになります。 
 
 
Tokyotoyosu08105
THE TOYOSU TOWER」です。
 
 
Tokyotoyosu08106
「シティタワーズ豊洲 ノースタワー」です。

|

2008年10月12日 (日)

大崎・五反田エリア 東京サザンガーデン「パークタワーグランスカイ」&「東五反田スクエア」建設現場(2008年秋)の空撮!

Tokyogotanda08101
-東京サザンガーデン-

 JR大崎駅の北側(JR五反田駅の東側)で、3棟のビルで構成される「東五反田二丁目第2地区第一種市街地再開発事業」が進行しています。街区の名称は「東京サザンガーデン」に決定しています。
 
 中心となる施設が超高層タワーマンションの「
パークタワーグランスカイ」です。地上44階、塔屋2階、地下2階、高さ152.90m、総戸数736戸(事業協力者住戸152戸含む)です。
 オフィス棟の「東五反田スクエア」は、地上16階、塔屋1階、地下2階、高さ74.1m、延床面積28,142.84㎡です。地上5階、総戸数18戸の中層住宅棟「東五反田レジデンス」も建設されています。
 
  東五反田二丁目第2地区第一種市街地再開発事業 公式ホームページ
 
  三井不動産ニュースリリース(2008/09/30)


パークタワーグランスカイの概要
◆ 計画名-東五反田二丁目第2地区第一種市街地再開発事業
◆ 所在地-東京都品川区東五反田二丁目255番1(地番)
◆ 階数-地上44階、塔屋2階、地下2階
◆ 高さ-最高部152.90m、軒高146.25m
◆ 敷地面積-6,288.63

◆ 建築面積-3,959.23㎡
◆ 延床面積-93,231.47㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 用途-共同住宅、店舗
◆ 総戸数-736戸(事業協力者住戸152戸含む)
◆ 建築主-東五反田二丁目第2地区市街地再開発組合(売主:三井不動産レジデンシャル)
◆ 設計・監理-日本設計
◆ 施工者-鹿島建設、奥村組JV
◆ 竣工-2010年06月下旬予定
◆ 入居開始-2010年07月下旬予定

(注意)

 高さは「建築計画お知らせ」の数値を採用しています。三井不動産の2008年9月30日のニュースリリースでは152.7mとなっています。
 建築面積と延床面積は物件公式ホームページの数値を採用しています。延床面積は「建築計画のお知らせ」および三井不動産の2008年9月30日のニュースリリースでは93,918.91㎡となっています。
 
 
Tokyogotanda08102
超高層住宅棟「パークタワーグランスカイ」の建設現場です。
 
 
Tokyogotanda08103
オフィス棟「東五反田スクエア」の建設現場です。
 
 
Tokyogotanda08104
「プラウドタワー東五反田」の建設現場です。「(仮称)東五反田二丁目計画」というプロジェクト名です。地上25階、塔屋1階、地下1階、高さ94.89mのタワーマンションです。
 
 
Tokyogotanda08105
「プラウドタワー東五反田」の南側の目黒川沿いには、「親水公園」が整備されます。
 
 
Tokyogotanda08106
「(仮称)大崎一丁目プロジェクト」の建設現場です。「アートヴィレッジ 大崎セントラルタワー」の東隣にあった「千代田グラビア印刷」跡地の再開発プロジェクトです。地上17階、地下2階、高さ82.5mの高層ビルが建設中です。

|

2008年10月11日 (土)

荒川区 2008年秋「日暮里駅」周辺の空撮!

Tokyonipori08101
-日暮里駅周辺-

  日暮里駅前は、大規模な再開発計画が進行しています。3棟の再開発ビルが建設され、2007年5月に「ステーションポートタワー(地上25階、地下2階、87.7m、総戸数145戸)」が竣工、2008年2月に「ステーションガーデンタワー(地上40階、地下2階、高さ153.00m、総戸数340戸)が竣工しました。

 現在は、3棟目の「ステーションプラザタワー」の建設が行われています。概要は地上36階、地下2階、高さ139.85m、総戸数285戸のタワーマンションです。

ステーションプラザタワーの概要
◆ 計画名-ひぐらしの里北地区第一種市街地再開発事業 施設建築物
◆ 所在地-東京都荒川区日暮里二丁目411番他(地番)
◆ 階数-地上36階、地下2階
◆ 高さ-最高部139.85m、軒高132.05m
◆ 敷地面積-3,093.00㎡
◆ 建築面積-2,253.83㎡
◆ 延床面積-42,595.51㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 用途-共同住宅、店舗、オフィス
◆ 総戸数-285戸(販売戸数188戸、地権者住戸97戸、他に店舗等あり)
◆ 建築主-ひぐらしの里北地区市街地再開発組合
◆ 設計・監理-日本設計
◆ 日本設計-西松建設、三芳建設JV
◆ 着工-2006年08月01日
◆ 竣工-2009年10月下旬予定
◆ 入居開始-2009年11月下旬予定
 
 
Tokyonipori08102
「ステーションプラザタワー」の建設現場です。完成すると地上36階、地下2階、高さ139.85m、総戸数285戸のタワーマンションになります。
 
 
Tokyonipori08103
-京成電鉄日暮里駅総合改善事業-

 空撮写真でも分かりますが、「京成電鉄」が日暮里駅の大改修工事を行っています。京成電鉄は、2010年度の開業を目指して「成田高速鉄道」への乗り入れを予定しています。
 スカイライナーを「北総線」および新たに建設する「印旛日本医大-土屋間」を経由させることで、本線とは別ルートで成田空港に直結させます。新敷設区間では時速160kmの高速運転の実施を予定しています。

 成田空港への玄関口になる京成・日暮里駅は、下り線を高架化して成田方面専用の相対式2面1線ホームに拡張します。線路を挟んで左右に「スカイライナー」用のホームと一般車輌用のホームを分離します。
 3階が下り線、2階がコンコース、1階が上り線になります。従来の1面2線から3面2線の3階建て構造へと大幅に機能が強化されます。
 
 
Tokyonipori08104
-JR日暮里駅改良工事-
 
JR日暮里駅は、山手線・京浜東北線・常磐線および京成電鉄からの乗換があるJR東日本の主要駅で、1日約46万人(自駅乗降16万人、乗換30万人)が利用します。
 しかし、大規模な駅にも関わらず、お世辞にも使いやすい駅ではありませんでした。狭い・汚い・構造が分かりにくいの状態だったので、私もずっと「なんなんだこの駅は!」と思っていました(笑)。

 そのJR日暮里駅ですが、「日暮里・舎人ライナー」の開業、成田空港アクセス駅となる「京成電鉄日暮里駅総合計全事業」に合わせ、大規模な拡張・改修工事が行われています。
 線路上に人工地盤を構築し、日暮里駅北部のコンコースを拡幅し、混雑の緩和やバリアフリー設備を行います。

 写真は、新しくなったコンコースです。昔のJR日暮里駅からは想像も出来ません。まだ工事中ですが、素晴らしい駅になりそうです。

|

2008年10月10日 (金)

2008年10月15日(水)完成 「モード学園コクーンタワー」2008年秋の空撮!

Tokyomode08101
-モード学園コクーンタワー-

 2008年秋の東京(首都圏)の超高層ビル撮影ツアーは日程の調整がつかず2分割になってしまいました。まだ撮影していない場所がかなり残っているので、この秋にもう一度行く予定です。

 2008年秋の空撮写真第一弾は「モード学園コクーンタワー」です。完成すると地上50階、地下4階、高さ203.65mの超高層ビルになります。上空から見ると確かに、昆虫の繭(まゆ)の雰囲気が出ています。
 10月9日の
朝と夜に前を歩いたのですが、ビル本体の工事は完成し、周辺の植栽もすでに終わっていて、あとは周辺の歩道を整備するのみです。
 2008年10月15日に完成予定で、2009年4月からファッションの「東京モード学園」、ITの「HAL東京」、医療・福祉の「メディカル総合学園 首都医校」の3校の専門学校
が新校舎に移転および新規開校します。

 比較 → 2008年04月01日の空撮

 比較 → 2007年11月03日の空撮

 詳しくは → モード学園コクーンタワー公式ホームページ

モード学園コクーンタワーの概要
◆ 計画名-西新宿一丁目7地区計画
所在地-東京都新宿区西新宿一丁目7番2
階数-地上50階、地下4階
◆ 高さ-最高部203.65m、軒高203.65m
◆ 敷地面積-5,172.27㎡
◆ 建築面積-3,509.86㎡
◆ 延床面積-80,903.43㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-専修学校、店舗、ホール
◆ 建築主-(学校法人)モード学園
◆ 設計・監理-丹下都市建築設計
◆ 施工者-清水建設
◆ 着工-2006年05月01日
◆ 竣工-2008年10月15日
◆ 開校-2009年04月予定
(注意)最大のテナントである「ブックファースト」では、2008年11月6日(木)にオープンします。

 
 
Tokyomode08102
朝、新宿駅側から見た様子です。
 
 
Tokyomode08103
夜、新宿駅側から見た様子です。三脚を持って行かなかったので、ISO1600に設定してして手持ちで撮影しました。最近のカメラは凄いですね。
 
 
Tokyomode08104
朝、工学院大学側から見た様子です。
 
 
Tokyomode08105
夜、工学院大学側から見た様子です。
 
 
Tokyomode08106
卵型のホール棟です(撮影日2008年10月9日朝)。
 
 
Tokyomode08107
卵型のホール棟です(撮影日2008年10月9日夜)。
 
 
Tokyomode08108
植栽も終わっています(撮影日2008年10月9日夜)。
 
 
Tokyomode08109
モード学園コクーンタワー」の外観は、昆虫の繭(まゆ)をイメージしていますが、外側から見える繭(まゆ)模様のうち、Xの字の形で入っている模様以外で、ガラス部分にランダムに入っている模様は、ガラスに水玉模様のシールを貼って繭(まゆ)模様を作り出しています。外側からでもよく見ると分かります。
 
 
Tokyomode081010
夜は中から光が出ているので、ガラスに水玉模様のシールを貼っている事がよく分かります。
 
 
Tokyomode081011
「東京モード学園」、「HAL東京」、「メディカル総合学園 首都医校」の3校が入る事が分かります。
 
 
Tokyomode081012
東京モード学園の「MODE」、HAL東京の「HAL」、メディカル総合学園 首都医校「iKO」の文字が描かれています。

|

2008年10月 4日 (土)

港区 「(仮称)三田ベルジュビル建設計画」建設予定地の空撮!

Tokyoshiba08101
-(仮称)三田ベルジュビル建設計画-

 東京都港区の「三田自動車練習場」跡地の敷地面積約6,145㎡に地上33階、地下4階、高さ約165m、延床面積約56,500㎡の複合ビルが建設されます。
 基本的にはオフィスビルですが、下層階に約4,000㎡の商業施設、上層階には32戸の共同住宅、地下部分には約240台の駐車場を設ける予定です。

 「住友不動産三田ツインビル西館(ラ・トゥール三田)」の建設中に周辺の道をよく歩きましたが、「こんなところに自動車学校があるんだ!」と思って眺めていた記憶があります。

 詳しくは → PDFデータ:(仮称)三田ベルジュビル建設計画

概要
◆ 計画名-(仮称)三田ベルジュビル建設計画
◆ 所在地-東京都港区芝五丁目606番3他
◆ 階数-地上33階、地下4階
◆ 高さ-約165m
◆ 構造-鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
◆ 用途-オフィス、店舗、共同住宅
◆ 建築主-ベルジュ
◆ 設計者-竹中工務店
◆ 施工者-未定
◆ 敷地面積-約6,145㎡
◆ 建築面積-約2,500㎡
◆ 延床面積-約56,500㎡(容積率対象面積約43,000㎡)
◆ 解体工事着手-2009年01月以降
◆ 工期-約31ヵ月を予定
 
 
場所はここです。

詳しい地図で見る

|

2008年10月 3日 (金)

本当?三菱UFJ証券とモルガン・スタンレーの日本法人の合併? MSの日本法人がある「恵比寿ガーデンプレイスタワー」の空撮

Tokyoebisu08101
-三菱UFJ証券とM・スタンレーの日本法人の合併?-

 今朝からNHKがトップニュースで「三菱UFJ証券と「モルガン・スタンレー」の日本法人の合併合意」を伝えています。もしもこの情報が正しければ、野村証券(證券)クラスの日本最大級の証券会社が誕生する事になります。

 NHKによると、「三菱UFJフィナンシャル・グループ」は、「モルガン・スタンレー」の株式の21%をおよそ9500億円で取得することで合意していますが、この出資の他に傘下の「三菱UFJ証券」と日本の「モルガン・スタンレー証券」を合併させることでも基本合意したということです。
 この合併が実現すると、企業買収の仲介業務や債券の引き受け業務の取り引き額が国内では首位になるなど、法人向けビジネスで、「野村ホールディングス」に匹敵する国内トップクラスの証券会社が誕生することになります。

 2008年10月3日朝の時点では、NHKしか伝えていないので真偽の程は分かりません。もし事実なら凄いことです。
 ここ最近のニュースは、バブル崩壊以降ずっと眠っていた日本の金融機関が攻勢に出たことを如実に現しています。
 私は、「三菱UFJフィナンシャル・グループ」が「モルガン・スタンレー」に影響力を行使できず9500億円がとられ損になる事を心配していましたが、この報道が事実なら「日本の金融機関もしたたかになったなあ!」と感じます。

 空撮写真は、「モルガン・スタンレー」の日本法人がある「恵比寿ガーデンプレイス」です。その中の「恵比寿ガーデンプレイスタワー」に拠点を設けています。

恵比寿ガーデンプレイスの概要
◆ 恵比寿ガーデンプレイスタワー 地上40階、塔屋1階、地下5階、高さ約167m
◆ 恵比寿ビュータワー  地上32階、地下3階、101.9m
◆ 恵比寿ガーデンテラス壱番館 地上32階、塔屋3階、地下4階、高さ107.97m
◆ ウェスティンホテル東京 地上23階、塔屋1階、地下5階、高さ89.9m

|

2008年10月 2日 (木)

すっかり秋になりましたね! そろそろ「浜離宮恩賜庭園」のコスモスの花が見頃

Tokyoshiodome08101
-浜離宮恩賜庭園-

 少し前までクソ暑かったのにすっかし涼しくなり秋っぽくなりましたね。秋の花と言えばコスモスです。東京では9月~11月くらいまで咲きますが、9月はつぼみが多く、11月は散った花が多いので10月が見頃です。
 コスモスの名所はたくさんありますが、超高層ビル群とのマッチングが一番いいのは「浜離宮恩賜庭園」のお花畑です。春は菜の花、秋はコスモスが咲き乱れます。

 「浜離宮恩賜庭園」は東京都が管理する公園です。汐留の超高層ビル群が港区なので港区にあるのか思ってしまいますが、公園全域が中央区です。公園の広さは、250,165.81㎡とかなり広大です。
 江戸時代は甲州藩の下屋敷の庭園でしたが、明治時代になると明治政府の宮内省の管理になり、現在は東京都が管理しています。

 汐留の超高層ビル群は、「浜離宮恩賜庭園」の西側にあるので朝の早い時間帯に行くとベストです。
 昼を過ぎると逆光気味になってしまう上に、春は菜の花と秋はコスモスの季節には観光客がたくさんいるので撮影には向きません。時々、芸能人が撮影している時があり、私も2回ほどグラビアアイドルの撮影風景に遭遇したことがあります。
 
 
Tokyoshiodome08102
お花畑越しの超高層ビル群です。

|

2008年10月 1日 (水)

2008年10月1日 今日から「松下電器産業」が「Panasonic(パナソニック)」に! TWIN21の空撮

Osakatwin2108100
-Panasonic(パナソニック)-

 日本を代表する企業である「松下電器産業」が、2008年10月1日(水)から「Panasonic(パナソニック)」に社名変更します。
 創業者の名前を外すというタブーに挑戦するのは、「グローバルエクセレンスカンパニーへの挑戦」のためです。

 変更の最大の理由は、社名、ブランドが複数あるグローバル企業は珍しく非常に分かりにくいからです。私の知人にも稀に「松下電器」、「National」、「Panasonic」が同じ会社でないと思っている人がいます。
 特に海外では、ニュースリリースを「Matsushita」で発表しても「Panasonic」となかなか結び付かなかったと思います。このことによりサムソンやソニーに比べブランド力が大幅に劣るという弊害を招いています。
 確かに社名やブランドが複数あると分かりにくいですよね。最近、鉄鉱石値上のニュースでブラジルの「ヴァーレ」と「リオドセ」の名称が頻繁に登場しますが、最近でこそ社名が変わったのだと理解できるようになりましたが、昔は別々の会社だと思っていました。

 ちなみに「
ナショナル」のブランドは創業10年目の1927年(昭和2年)から使用しています。海外ではアメリカなどの企業が「National」を商標登録していたため、1955年から「Panasonic」を採用しています。
 「Panasonic」は、「Pan(あまねく)」+「a」+「Sonic(音)」の合成語です。スピーカーを輸出するのに採用したのが始まりで、「松下電器の音をあまねく世界へ」という意味が込められています。

 空撮写真は、パナソニックグループの象徴のような場所である大阪ビジネスパークです。パナソニック関連のビルがショールームを含めると4棟あります。
 「松下IMPビル」は、2008年10月1日から当然のごとく変更になっているはずですが、名称が分からないのでそのままにしています。 パナソニックIMPビルかな?

◆ 「OBPパナソニックタワー」、地上38階、塔屋1階、地下1階、高さ157.0m
◆ 「MIDタワー」、地上38階、塔屋1階、地下1階、高さ157.0m 
◆ 「松下IMPビル」、地上26階、塔屋3階、地下2階、高さ125.0m

|

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »