« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

品川周辺上空2008年秋の空撮! 「シティタワー品川」などのタワーマンション群

Tokyoshinagawa08111
-シティタワー品川-

 「シティタワー品川」は、2008年04月21日に竣工し、2008年11月上旬から入居が開始された品川周辺では一番新しい超高層タワーマンションです。
 「定期借地権」を使用したタワーマンションで、価格が周辺より低く抑えられたため「シティタワー品川狂想曲」といってもいいくらいの人気になりました。
 その後、世界を金融危機が襲ったので、今だったらもっと倍率が低かったかも知れません。

 東京都から竣工後の概要がホームページで発表になったので数値を修正したいと思います。高さ、建築面積、延床面積等が少し変更になっています。

 
シティタワー品川の概要
計画名-(仮称)港南四丁目第3団地建替プロジェクト(民間施設ゾーン)
所在地-東京都港区港南四丁目4番13号
階数-地上43階、塔屋1階、地下0階
建物高さ-軒高136.05m
敷地面積-10,092.03㎡
建築面積-5,120.86㎡
延床面積-96,148.41㎡
構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
用途-共同住宅、店舗
総戸数-828戸(施設全体)、809戸(販売戸数) 
建築主-(港南四丁目開発株式会社) 住友不動産、住友不動産建物サービス、竹中工務店、東京ガス、日立ビルシステム
設計・監理-竹中工務店
施工者-竹中工務店
着工-2006年02月01日
竣工-2008年04月21日
入居開始-2008年11月上旬
(注意)軒高が136.3mから136.05mに変更になっているので、最高部の高さも140.90mから少し変更になっている可能性があります。
 
 
Tokyoshinagawa08112
「シティタワー品川」を南側から見た様子です。南側には広い公園があり絶好の撮影ポイントです。
 
 
Tokyoshinagawa08113
「シティタワー品川」を北東側から見た様子です。
 
 
Tokyoshinagawa08114
場所は少し離れていますが、品川つながりで「中日新聞社品川開発計画」の建設現場です。 2008年10月01日に本体工事に着手したようです。
 
 
Tokyoshinagawa08115_3
中日新聞社品川開発計画」の「建築計画のお知らせ」です。前回と比べ建築面積と延床面積が若干変更になっています。

|

キヤノン「EOS 5D MarkⅡ」を買いました!

Eos5d1
-EOS 5D MarkⅡ-
 昨日(11月29日)発売になったキヤノンのデジタル一眼レフカメラ「EOS 5D MarkⅡ」を買いました。
 早速使ってみましたが、今私が使っているニコン「D200」とはまるで次元が違いました。35ミリフルサイズ、約2110万画素、3.0インチ大型液晶モニターなど全く性能が違うので当然と言えば当然です。

 何よりもファインダーが大きいのが感激でした。「ファインダーが大きいと眼が疲れず、こんなに見やすいのか!」という感じです。それに視野率約98%も凄い!
 ただJPEGの最高画質で撮影すると1枚当たりの容量が物凄いので私の今の貧弱なパソコンではとても処理できません。

 本体と交換レンズを3本買ったので合計約55万円・・・ こんな大金を株式投資でかなりの損失こうむっている私に払える訳もなく、友人と共同購入になりました。
 私はお金を3分の1以下しか出していないので、カメラは当然友人の元にあります。必要な時に借りるパターンですね・・・(涙)

 そのため今後もニコン「D200」がメインのカメラになります。普通の撮影ならこれで充分です。高画質の撮影が必要な時は、今後キヤノンの「EOS 5D MarkⅡ」を出動させますので少しだけ期待して下さい。


Eos5d2
「落ち葉とEOS 5D MarkⅡ」のとりあわせ

|

2008年11月28日 (金)

「横浜北仲通北地区再開発計画」&「(仮称)MM21-28街区計画」 2008年秋の空撮!

Yokohamakitanaka08111
-横浜北仲通北地区再開発計画(A地区)-

 「横浜北仲通北地区再開発計画」は、みなとみらい線馬車道駅の北側のブロックの再開発計画です。総面積は約7.5haですが、A地区とB地区の2段階に分けて再開発を行います。先行のA地区は北西側の部分です。
 A地区は、合計4棟の建築物で構成され、「A4地区」に高さ約220mの超高層複合ビル「タワーA4」、「A2地区」に高さ約170mの超高層複合ビル「タワーA1」が建設される予定です。


 「横浜北仲通北地区」ではないですが、JR桜木町の駅前に「(仮称)MM21-28街区計画」が建設中です。地上19階、塔屋1階、地下1階、高さ86.705mのホテル、オフィス、店舗、シネマコンプレックスなどで構成される複合ビルになります。
 高さは「建築計画のお知らせ」の数値が数回変更されてよく分かりませんが、建築主の「テーオーシー」のホームページを見ると94mとなっているので、最高部は約94mのようです。
 高さはそれ程でもないですが、JR桜木町駅を降りると、北側に幅の広い巨大なビルが建設中なので圧倒されます。


 比較 → 2008年4月5日の状況
 
 
Yokohamakitanaka08112
「横浜北仲通北地区」を「横浜ランドマークタワー」の展望室から見た様子です。
 
 
Yokohamakitanaka08113
「横浜北仲通北地区再開発計画」の建設予定地を地上から見た様子です。
 
 
Yokohamakitanaka08114
「(仮称)MM21-28街区計画」の建設現場を「北仲橋」から見た様子です。横幅が広くて圧倒されます。

 
 
Yokohamakitanaka08115
「(仮称)MM21-28街区計画」の建設現場を「横浜ランドマークタワー」の展望室から見た様子です。

|

2008年11月27日 (木)

江東区 「清澄白河」周辺のタワーマンション群(2008年秋)の空撮!

Tokyokiyosumi08111
-清澄白河-
 
反政府勢力に、タイ・バンコク郊外の「スワンナプーム国際空港」が占拠されている状況をテレビニュースで見て、「タイは大変だなあ!」と他人事のように見ていました。
 タイは、政府側と反政府側の対立で国内政治が混乱していますが、「これに似た光景を極東の島国で見たことがある!」と思いました。

 首相が野党の党首を「信用できない」と言い、野党の党首が首相を「チンピラの言い掛かりみたいな話だ」と言う。
 未曾有の世界的な金融危機で大変な状況なのに、対立により政治が停滞しているのは日本もタイも似たようなものですね・・・

 本題に戻って、東京メトロ・半蔵門線、都営地下鉄・大江戸線の「清澄白河駅」の約500mくらい東側の「白河3」交差点周辺にタワーマンションが集まっています。
 「イーストコモンズ清澄白河・フロントタワー」と「イーストコモンズ清澄白河・セントラルタワー」に続き、2008年2月に「D’グラフォート清澄白河 Sparkling Tower」が竣工しました。

 現在、「(仮称)江東区白河4丁目プロジェクト」が建設中です。地上35階、地下1階、高さ116.90mのタワーマンションが建設される予定です。
 「建築計画のお知らせ」の数値が行くたびに変更になっていました。着工予定の年月も何度も修正されていましたが、2008年7月に着工したようです。

 比較 → 西方向からの空撮

(仮称)江東区白河4丁目プロジェクトの概要
◆ 所在地-東京都江東区白河四丁目1番2(地番)
◆ 階数-地上35階、地下1階
◆ 高さ-116.90m
◆ 敷地面積-4,893.93㎡
◆ 建築面積-1,745.85㎡
◆ 延床面積-38,832.26㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 用途-共同住宅、一部保育園
◆ 総戸数-378戸
◆ 建築主-三菱地所、NTT都市開発、JFE都市開発
◆ 設計・監理-三井住友建設
◆ 施工者-三井住友建設
◆ 竣工-2011年03月31日予定
  
 
 
Tokyokiyosumi08112
「(仮称)江東区白河4丁目プロジェクト」の建設予現場です。今回は間違いなく着工されていました。

|

2008年11月26日 (水)

江東区 「公務員宿舎東雲住宅(仮称)整備事業」&「(仮称)東雲2丁目タワーマンションプロジェクト」建設予定地の空撮!

Tokyoshinonome08111
-東雲地区-

 東雲地区では、2009年1月竣工予定の「BEACON Tower Residence」を含めるとすでに7棟の高さが100mを超えるタワーマンションが姿を現しています。現在さらに2棟のタワーマンションを建設する計画が進行しています。

 1棟目が、「公務員宿舎東雲住宅(仮称)整備事業」です。地上36階、地下0階、高さ約115m、総戸数約900戸の公務員宿舎が建設される予定です。
 「三菱製鋼」の工場跡地だった「東雲キャナルコート」ですが、7棟の超高層タワーマンションが計画されましたが、そのうち6棟が竣工もしくは具体化した事になります。

 ワイドショーなどでよく取り上げられるのでテレビでご覧になった方も多いと思います。この施設が贅沢なのか贅沢でないのかは私には分かりません。ただ超高層だからダメという意見には賛成できません。問題は費用対効果だと思います。


 もう1棟が、「東雲物流センター」跡地のの再開発プロジェクトです。「(仮称)東雲2丁目タワーマンションプロジェクト」もしくは「(仮称)東雲2丁目計画」と呼ばれているプロジェクトです。
  地上31階、地下1階、高さ 108.59m、総戸数466戸のタワーマンションが建設されます。
 建築主の「プロパスト」は「ガレリア」シリーズのマンションを販売しているデベロッパーです。近くの有明地区には、「
オリゾンマーレ」と「ガレリアグランデ」の2棟の超高層タワーマンションを分譲済みです。


Tokyoshinonome08112
「公務員宿舎東雲住宅(仮称)整備事業」の建設予定地を北西側から見た様子です。
 
 
Tokyoshinonome08113
「公務員宿舎東雲住宅(仮称)整備事業」の建設予定地を南西側から見た様子です。
 
 
Tokyoshinonome08115
「公務員宿舎東雲住宅(仮称)整備事業」の「建築計画のお知らせ」です。
 
 
Tokyoshinonome08116
「(仮称)東雲2丁目タワーマンションプロジェクト」の建設予定地を北東側から見た様子です。撮影は2008年10月上旬なので、現在はほぼ解体工事が終わっていると思われます。
 

 
Tokyoshinonome08117
「(仮称)東雲2丁目タワーマンションプロジェクト」の建設予定地を南東側から見た様子です。
 
 

Tokyoshinonome08118
「(仮称)東雲2丁目タワーマンションプロジェクト」の「建築計画のお知らせ」です。

|

2008年11月25日 (火)

「住友不動産西新宿ビル(プラティーヌ西新宿)」建設現場&新宿副都心(2008年秋)の空撮! 

Tokyoshinjuku081111
-住友不動産西新宿ビル(プラティーヌ西新宿)-

 今回は、新宿副都心をいつもと違うアングルから撮影した写真をアップしてみました。新宿駅側や新宿中央公園側からの空撮画像はよく見かけますが、北側から見るとまたちょっとイメージが違ってきます。

 一番手前に建設中の超高層ビルが、「住友不動産西新宿ビル」です。新宿副都心の「新宿野村ビル」の前あたりが地上から見る一番のウォッチングポイントですが、そこから見ると直方体のような外観に見えます。しかし実際は断面が四角でないことが分かります。

 「住友不動産西新宿ビル」は、地上33階、地下2階、高さ139.9mのオフィスと共同住宅の複合ビルです。オフィスと共同住宅の複合ビルの場合、眺望のいい上層階に共同住宅を設ける場合が多いのですが、「住友不動産西新宿ビル」は逆で、下層階の2階~14階までが共同住宅、上層階の15階~33階がオフィスになっています。

 私はてっきり、建築主が「住友不動産」なので賃貸マンション部分は、「ラ・トゥール西新宿」になるかと思っていましたが、「プラティーヌ西新宿」という名称になりました。
 「プラティーヌ西新宿」は、総戸数99戸です。家賃を公式ホームページで探しましたがまだ載っていないようです。ちなみに新宿駅西口には「住友不動産西新宿ビル5号館」に「プラティーヌ新宿新都心」があります。こちらの家賃は18.0万円~164.3万円です。どちらにしても私には逆立ちしても住めません・・・(涙)
 
 詳しくは → プラティーヌ西新宿・公式ホームページ
 
 
Tokyoshinjuku081112
「新宿野村ビル」の前から見た様子です。方向によりイメージがかなり異なります。

|

2008年11月24日 (月)

さいたま市 竣工した「プラウドタワー武蔵浦和」&武蔵浦和駅周辺(2008年秋)の空撮! 

Saitamamusashiurawa08110
-武蔵浦和駅周辺-

 武蔵浦和駅周辺は、最近世間を騒がせた大事件があったので、各テレビ局の空撮画像をご覧になったと思います。

 JR武蔵浦和駅は、埼京線と武蔵野線が交差する鉄道交通の要所となっています。駅周辺がドミノ式に再開発が行われているのでタワーマンションが次々と建設されています。神奈川県に当てはめると武蔵小杉駅周辺のような感じになっています。
 
 最近竣工したのが、「武蔵浦和駅第4街区第一種市街地再開発事業」の2棟のタワーマンションです。
 街区全体の名称は、「NALIA<ナリア>」となっており、北側のAブロックが「ナリア・テラス」、南側のBブロックが「ナリア・ガーデン」になっています。
 2008年10月下旬に竣工し、2008年11月下旬から入居開始となっています。商業施設のオープンはもう少し先のようです。
 
 北側の「ナリア・テラス」にあるタワーマンションが「プラウドタワー武蔵浦和テラス」、地上28階、地下1階、高さ103.11m、総戸数139戸(非分譲住戸12戸含む)です。
 
 南側の「ナリア・ガーデン」にあるタワーマンションが「
プラウドタワー武蔵浦和ガーデン」、
地上29階、地下1階、高さ105.98m、総戸数253戸(非分譲住戸11戸含む)です。「ナリア・ガーデン」には、ショッピングモールも併設されています。
 
 「NALIA<ナリア>」の東側には、「武蔵浦和駅第3街区第一種市街地再開発事業」という高さ約210mの日本一高いタワーマンションを建設する計画があります。
 ずっと動きはなく最近動き出しそうな雰囲気がありましたが、世界を襲った金融危機が去らない限り具体的に動き出すのは難しそうです。
 「NALIA<ナリア>」の北側にも、「武蔵浦和駅第1街区第一種市街地再開発事業」があります。共同住宅、公益施設、店舗で構成される複合の超高層ビルが建設される予定です。

 
 比較 → 2008年4月3日の空撮
 
 比較 → 2007年11月4日の空撮
 
 
Saitamamusashiurawa08112
北側の「ナリア・テラス(プラウドタワー武蔵浦和テラス)」を南東側から見た様子です。
 
 
Saitamamusashiurawa08113_2
プラウドタワー武蔵浦和テラス」を北側から見た様子ですが、北側から見るとイメージがかなり異なります。
 
 
Saitamamusashiurawa08114
「ナリア・ガーデン(プラウドタワー武蔵浦和ガーデン)」を北西側から見た様子です。
 
 
Saitamamusashiurawa08115
北東側から見た「プラウドタワー武蔵浦和ガーデン」です。


Saitamamusashiurawa08116
「武蔵浦和駅第3街区第一種市街地再開発事業」の予定地です。ずっと駐車場として使用されています。
 
 
Saitamamusashiurawa08117
「武蔵浦和駅第1街区第一種市街地再開発事業」の予定地です。

|

2008年11月23日 (日)

千葉県市川市 「ガレリア・サーラ」建設現場&本八幡駅周辺(2008年秋)の空撮!

Tibaichikawa081111
-JR本八幡駅周辺-
 JR本八幡駅と京成八幡駅の間で現在2つの再開発プロジェクトが進行しています。1つ目が「ガレリア・サーラ」で、地上34階、地下2階、高さ119.10m、総戸数250戸のタワーマンションです。
 竣工は2009年3月下旬、入居開始は2009年5月下旬を予定しています。

 2つ目が「本八幡A地区第一種市街地再開発事業」です。まだ着工されていませんが、地上39階、地下2階、高さ約137mのタワーマンションが建設される予定です

 比較 → 2008年4月3日の空撮

 比較 → 2007年11月4日の空撮
 
 
Tibaichikawa081112_2
「ガレリア・サーラ」の建設現場です。外観はほぼ完成しています。 
 
 
Tibaichikawa081113
本八幡A地区第一種市街地再開発事業」の予定地です。

|

2008年11月21日 (金)

千葉県柏市 「The Kashiwa Tower」の建設現場&柏駅周辺(2008年秋)の空撮!

Tibakashiwa08111
-柏駅周辺-
 
ニューヨーク株式市場の毎日の下落にはすっかり慣れっこになっていましたが、今朝WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物を見て驚きました。ついに1バーレル50ドルを割ったんですんですね。
 7月上旬に147ドル台まで暴騰していましたが、わずか4ヵ月で3分の1になってしまいました。原油価格が下がるのは日本の消費者にとってはいいことですが、中東やロシアは大変でしょうね。それに中東やロシアは日本企業の重要な輸出先なんですよね・・・

 柏駅上空は、海上自衛隊の「下総航空基地(しもふさこうくうきち)」の空域に当たるので、事前に許可を得ないと上空に入る事は出来ません。
 首都圏の空を飛んで驚くのは、羽田空港と成田空港以外にも空港がやたら多いことです。ほとんどがアメリカ軍や自衛隊の基地ですが、関西には基地がほとんどないので「こんなところにも基地があったんだ!」と驚かされます。
 そのため「羽田空港」と「成田空港」周辺以外にも上空を飛べないところが多く、事前に調べる必要があります。

 柏駅周辺は、千葉県北部の交通の要衝として急速に発展しました。鉄道は、JR常磐線の柏駅(地下鉄千代田線・JR成田線も一部乗り入れ)と東武野田線の駅があります。
 JR柏駅は、島式の2面4線の地上駅となっています。東武柏駅も2面4線の地上駅ですが、線路が直線ではなく行き止まりのような構造になっているため、大宮方面と船橋方面を直通する電車はスイッチバックします。柏駅で進行方向が変わるので面白いですよ!

 柏駅の駅東口と西口には大規模なペデストリアンデッキが整備されています。駅前には商業施設が集積しており「柏タカシマヤ」、「柏高島屋ステーションモール」、「スカイプラザ柏(ビックカメラ)」、「柏そごう」、「ファミリ柏(丸井柏店)」、「イトーヨーカドー」などの大規模店舗があります。

 柏駅前は超高層ビルとは無縁でしたが、東口の「イトーヨーカドー」北側に「The Kashiwa Tower」が建設中です。

The Kashiwa Towerの概要
◆ 計画名-柏駅東口A街区第二地区第一種市街地再開発事業
◆ 所在地-千葉県柏市二丁目830番(地番)
◆ 階数-地上29階、塔屋1階、地下2階
◆ 高さ-建築物99.99m
◆ 敷地面積-2,918.83㎡
◆ 建築面積-1,437.59㎡
◆ 延床面積-26,069.14㎡(法定述床面積)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造(住宅棟)
◆ 用途-共同住宅(3~30階)、店舗
◆ 総戸数-190戸(他に管理員室1戸、ゲストルーム1戸、展望ラウンジ1戸、集会室1戸、商業店舗区画数未定)
◆ 建築主-柏駅東口A街区第二地区市街地再開発組合(売主 大和ハウス工業)
◆ 設計・監理-日建ハウジングシステム
◆ 施工者-五洋建設
◆ 竣工-2010年04月中旬予定
◆ 入居開始-2010年06月下旬予定
 
 
Tibakashiwa08112
地上からの撮影(1)
 
 
Tibakashiwa08113
地上からの撮影(2)

|

2008年11月20日 (木)

「住友不動産神田ビル2号館」の建設現場など お茶の水駅&神田周辺 2008年秋の空撮!

Tokyokanda08110
-お茶の水駅&神田周辺-

 JRお茶の水駅南側から秋葉原駅南側の一帯は、「神田駿河台」、「神田淡路町」、「神田須田町」など住所の前に「神田」という名称が付きます。
 このあたりは千代田区でしかも交通至便な場所にありながら、最近まで大規模な再開発とはあまり縁のない場所でした。最近になって再開発計画が出てくるようになりました。

 第一弾が「住友不動産神田ビル2号館」です。地上19階、地下2階、高さ約99mのオフィスと共同住宅で構成される複合ビルが建設中です。
 第二弾が「(仮称)三井住友海上神田駿河台三丁目計画 新館」です。この計画は、三井住友海上火災の駿河台別館ビルの建て替えで、地上22階、塔屋1階、地下3階、高さ約105mのオフィスビルが建設される予定です。

 まだ予定地では外見上は具体的な動きはないですが、「淡路町二丁目西部地区  北街区」にも再開発計画があります。地上41階、塔屋1階、地下3階、高さ約165mの本体棟と地上15階、塔屋1階、地下2階、高さ約70mのアネックス棟が建設される予定です。
 ちなみに予定地の南側に「南街区」があります。南街区」は「北街区」と一体的に開発され地上7階、地下1階、高さ約40mのビルが建設されます。
 
 詳しくは → 東京都・報道発表資料(2008/06/13)
 
淡路町二丁目西部地区市街地再開発組合の設立認可について
 
 JR御茶ノ水駅のすぐ南側にある
地上18階の高層ビル御茶ノ水セントラルビル」も将来的には建て替えられる予定です。かつて「日立製作所」の本社があったビルで、現在は「森トラスト」が所有しています。
  
 

Tokyokanda08112
「住友不動産神田ビル2号館」です。「建築計画のお知らせ」以外は高さ96.50mという資料が多いです。多分軒高だと思いますが、最高部が変更になっている可能性もあります。共同住宅の部分は「ラトゥール神田」になるのでしょうか?
 
 

Tokyokanda08113
「(仮称)三井住友海上神田駿河台三丁目計画 新館」の建設予定地です。駿河台別館ビルの解体工事が始まっています。
 
 
Tokyokanda08114
「淡路町二丁目西部地区  北街区」です。外から見る限りまだ具体的な動きはないようです。

|

2008年11月19日 (水)

JR・京浜急行 「川崎駅周辺」再開発現場(2008年秋)の空撮!

Kawasakikawasaki08111
-川崎駅周辺-

 JRと京浜急行の川崎駅周辺は、川崎市の中心になります。このあたりは羽田空港の空域に当たるので特別の許可を得ないと上空に入る事は出来ません。そのため撮影は西側から望遠レンズで撮影する事になりました。

 川崎市と聞くと工業地帯のイメージがあります。実際に工場は非常に多いです。しかし川崎駅の駅前に行くとイメージを覆されます。
 JR川崎駅の広く立派な橋上駅舎や大規模なショッピングセンター「ラゾーナ川崎」など「ここは東京?」という感じがするくらいきれいに整備され、物凄いに人数の人々が歩いています。

 川崎駅周辺は、少し前まで超高層ビルとは無縁でしたが、最近はタワーマンションの建設ラッシュとなっています。
 高さ100m以上のタワーマンションに限ると、最初に完成した「アーベインビオ川崎 C街区・3号棟」に続き、 「ラゾーナ川崎レジデンス セントラルタワー」が完成、2008年10月には「ブリリアタワー川崎」も竣工し、現在は「クレッセント川崎タワー」が最終の工事を行っています。
 さらに「(仮称)中幸町3丁目再開発計画」も控えています。まだまだ周辺には再開発用地も多くタワーマンションの建設は続くと思われます。この5年間、半年ごとにウォッチングしてきましたが、行くたびに変化に驚かされます。

 あと忘れてはならないのが「キヤノン
川崎事業所」です。この土地は東芝の「柳町事業所」でした。キヤノンが東芝から240億円で取得し、生産技術部門の拠点として整備しています。
 一部完成していますが、敷地面積は113,255.39㎡と広大で、最終的には巨大な拠点施設になる予定です。
 キヤノンは、本社がある「東京都大田区下丸子」から多摩川を挟んだ対岸の川崎市を拠点にしています。「川崎事業所」の他にも「矢向事業所」、「玉川事業所」、「小杉事業所」などがあります。
 
 
Kawasakikawasaki08119
2008年10月28日に竣工し、2008年10月29日から入居開始された「ブリリアタワー川崎」です地上34階、塔屋1階、地下1階、高さ117.5m、総戸数395戸となっています。JR川崎駅からは直接ペデストリアンデッキで行くことが出来ます。
 
 
Kawasakikawasaki08113
2009年1月に竣工が予定されている「クレッセント川崎タワー」です。 地上38階、地下2階、高さ130.87m、総戸数365戸です。
 
 
Kawasakikawasaki08114
開発が予定されている「(仮称)中幸町3丁目再開発計画」の予定地です。地上33階、地下1階、高さ114.61m、総戸数295戸のタワーマンションが建設される予定です

 
 
Kawasakikawasaki08115
川崎駅周辺ではありませんが、京浜急行大師線の港町駅前の「コロムビアミュージックエンタテインメント」の工場跡も再開発されます。
 跡地には、「(仮称)港町プロジェクト」が建設されます。「A-1敷地」と「A-2敷地」に分けられ、 地上30階、地下1階、高さ99.9mの3棟のタワーマンションが建設される予定です。各約500戸で総戸数は約1500戸という大規模プロジェクトです。写真は、西側部分で駐車場棟が建設される予定です。

 ちなみに「京浜急行大師線」は、将来的には地下化される予定です。さらに建設が計画されている地下鉄と相互乗り入れも予定されています。
 
 
Kawasakikawasaki08116
「(仮称)港町プロジェクト A-1敷地」です。地上30階、地下1階、高さ99.9m、総戸数約500戸のタワーマンションが建設される予定です。
 
 
Kawasakikawasaki08117
「(仮称)港町プロジェクト A-2敷地」です。地上30階、地下1階、高さ99.9m、総戸数約500戸のタワーマンションが2棟と駐車場棟が建設される予定です。こちらはほとんど解体工事が終わっています。
 
 
Kawasakikawasaki08118
建設予定地にあった「(仮称)港町プロジェクト」の街区図を撮影しました。

|

2008年11月18日 (火)

中央区 地下鉄大江戸線勝どき駅周辺 再開発現場(2008年秋)の空撮!

Tokyokatidoki08111
-本屋さんで感じたこと-

 毎週月曜日に発売される有名な経済誌の2誌ですが、今週号は片方が「雇用大淘汰」、もう片方が「日本経済崩落」となんともセンセーショナルなタイトルでした。
 日本人のほとんど未曾有の経済危機であることを理解している現在、伝統ある2誌が夕刊紙のような不安を煽るタイトルを付ける事に疑問を感じます。

 特集の中に「日本の輸出立国モデルは崩壊した」というコーナーがありました。それでは資源を持たず、少子高齢化が進み、需要が縮小する日本は今後どうすればいいというのでしょうか? 逆に教えてほしいです。
 一貫して企業にマンセーすることなく警鐘を鳴らす姿勢を貫いているのは立派です。それに出版社も民間企業である以上、売上が大切で売ってなんぼだというのも理解できます。

 昔からの愛読者として伝統ある2誌には不安を煽るだけでなく、日本今後の指針を示すような雑誌になってほしいと願っています。
 
-勝どき駅周辺- 
 勝どき周辺は、橋1本渡ると東京都心に行くことが出来る非常に便利な場所にあります。しかし、少し前までは鉄道交通は有楽町線の月島駅しかありませんでした。
 地下鉄大江戸線が開通した事により「勝どき駅」周辺では急速に再開発の機運が盛り上がり次々とタワーマンションが建設されています。
 「プラザタワー勝どき」、「サンシティ銀座EAST」、「THE TOKYO TOWERS」に続き、現在2ヶ所で再開発計画が進行しています。

 1棟目が「 勝どき駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物」です。地上55階、地下2階、高さ192.20m、総戸数712戸を予定しています。
 「独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)」が建築主となっているため、賃貸マンションになると思われます。

 2棟目が「
(仮称)勝どき一丁目地区プロジェクト新築工事」です。地上45階、地下2階、高さ159.85m、総戸数535戸を予定しています。
 建築主は、「
かちどきGROWTH TOWN(東京建物、イヌイ建物、東急建設、東京建物アメニティサポート)」となっています。
 
 
Tokyokatidoki08112
「勝どき駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物」の建設現場です。
 
 
Tokyokatidoki08113
「(仮称)勝どき一丁目地区プロジェクト新築工事」の建設現場です。

|

2008年11月17日 (月)

「東池袋四丁目第2地区第一種市街地再開発事業」建設現場(2008年秋)の空撮!

Tokyoikebukuro08111東池袋四丁目第2地区(再)
  池袋駅周辺は他の地域と比べてスピードは遅いですが、それでも着実に開発が行われています。ややこしかった地下鉄の構造も副都心線の開通によりスッキリしました。

 Air Rise Tower(エアライズタワー)を含む「ライズシティ池袋」に続き「パークタワー池袋イーストプレイス」が完成し、開発の中心は「東池袋四丁目第2地区第一種市街地再開発事業」に移っています。
 池袋地区で2番目の高さになる地上52階、塔屋2階、地下2階、高さ189.20mのタワーマンションが建設されます。2基のタワークレーンが建ち本格的に工事が行われています。 

 比較 → 2008年4月1日の空撮
 

Tokyoikebukuro08112
「東池袋四丁目第2地区第一種市街地再開発事業」の建設現場を北東側から見た様子です。
 
 
Tokyoikebukuro08113
「東池袋四丁目第2地区第一種市街地再開発事業」の建設現場を南東側から見た様子です。
 
 
Tokyoikebukuro08114
「パークタワー池袋イーストプレイス」です。2008年3月下旬に竣工しました。
 
 
Tokyoikebukuro08115
池袋というには少し無理がありますが、山手通沿いの豊島区東高松一丁目に建設中の「シティタワー池袋ウエストゲート」です。
 地上34階、地下1階、高さ121.31m、総戸数173戸のタワーマンションで、計画名は「(仮称)高松1丁目計画」です。

|

2008年11月16日 (日)

さいたま市 「(仮称)大宮下町3丁目マンション計画」建設現場(2008年秋)の空撮!

Saitamaomiya08111
-(仮称)大宮下町3丁目マンション計画-
 
西口に比べて開発の遅れていた東口ですが、最近盛んに再開発が行われるようになってきています。

 一番規模が大きいのが、大宮駅の南東方向の「ハタプラザ(ハタシネマ)」という複合施設があった場所の再開発計画です。
 「(仮称)大宮下町3丁目マンション計画」で、地上30階、塔屋2階、地下1階、高さ109.50mのタワーマンション2棟を中心に、マンション群が建設されます。総戸数は941戸を予定しています。

 すぐ近くに「THE OMIYA TOWERS」が建設されています。地上22階、地下1階、高さ75.355m、総戸数238戸(他、防災センター(管理室)、スカイラウンジ、ゲストルーム等7戸)のツインタワーの高層マンションです。
 売主は「大和ハウス工業」で、竣工・入居開始共に2008年12月下旬を予定しています。道路をはさんで東側に「(仮称)大宮区下町三丁目計画新築工事」という計画もあります。
 
 
Saitamaomiya08112
(仮称)大宮下町3丁目マンション計画」の建設現場です。
 
 
Saitamaomiya08113
(仮称)大宮下町3丁目マンション計画」の建設現場です。たまたまゲートが開いていました。またまた「超雨男」ぶりを発揮して、大宮駅に着いた途端大雨が降ってきました。高島屋の前でしばらく雨宿りをしていました(涙)。

|

2008年11月15日 (土)

ヨコハマポートサイド地区 「横浜ダイヤビルディング」&「横浜ポートサイドプレイス タワーレジデンス」建設現場(2008年秋)の空撮!

Yokohamaportside08111
-ヨコハマポートサイド地区-

 年末が近づき、書店には来年のカレンダーのコーナーが出来て賑わっています。芸能人、動物、風景など見ているだけで癒されます。店頭の在庫数から見て今年も「エビちゃんカレンダー」がダントツの人気のようですね。
 その中に「NHK気象予報士カレンダー」というのがありました。「マニアックなカレンダーやなあ!」と思わず笑ってしまいました。まあ私的にはNHK午後7時のニュースの気象予報士「山本志織さん」が好みですね。

 私の好みなんかどうでもいいので話を本題に戻します(笑)。みなとみらい21地区の北側にある「横浜ポートサイド地区」には現在高さが100mを超える超高層ビルが2棟建設中です。

 1棟目が「横浜ダイヤビルディング」で、地上31階、地下2階、高さ156.50mの超高層オフィスビルです。隣にある竣工済みの「ナビューレ横浜 タワーレジデンス」と共に「三菱倉庫」が建設しています。

 2棟目が「横浜ポートサイドプレイス タワーレジデンス」です。地上29階、地下1階、高さ106.717m、総戸数179戸のタワーマンションです。
(注意)建築物の高さが
99.917mから99.982mに変更になっているようなので、最高部も106.717mから変更になっている可能性があります。
 
 
Yokohamaportside08112
「横浜ダイヤビルディング」の建設現場を東側のペデストリアンデッキから見た様子です。
 
 
Yokohamaportside08113
「横浜ダイヤビルディング」の建設現場を「横浜ベイクォーター」越しに見た様子です。
 
 
Yokohamaportside08114
「横浜ポートサイドプレイス タワーレジデンス」
の建設現場を南側から見た様子です。
 
 
Yokohamaportside08115
「横浜ポートサイドプレイス タワーレジデンス」
の建設現場を北側から見た様子です。

|

2008年11月13日 (木)

「平河町森タワー」&「(仮称)全共連ビル」建設現場(2008年秋)の空撮!

Tokyohirakawa08111
-平河町(ひらかわちょう)-

 「平河町」は「ひらかわちょう」と読みます。私はつい最近まで「ひらがちょう」かと思っていました(笑)。
 「平河町」は、皇居や官公庁の近くで、国会議事堂の北側、最高裁判所や国立劇場の西側の一帯です。

 「平河町二丁目」では、現在2棟の超高層ビル建設のプロジェクトが進行中です。1棟目が「森ビル」を中心とする「平河町二丁目東部南地区市街地再開発組合」が建設中の「平河町森タワー」で、2棟目が全共連(全国共済農業協同組合連合会)」が計画している「全共連ビル」の建て替え計画です。

 ちなみにあの有名な「砂防会館」は、「平河町二丁目」にあります。若い方は「砂防会館って何?」という感じだと思います。
 「砂防会館」は1970年代~1980年代にかけて日本の政治を動かしていた場所です。政界のドンであった田中角栄氏の個人事務所や自民党の最大派閥であった田中派の「木曜クラブ」の事務所があったビルだからです。

 比較 → 空撮 Live Search(マイクロソフト)
 ★ 半年くらい前の空撮写真と思われます。東西南北方向を変えてみる事が出来ます。
 
平河町森タワーの概要

◆ 計画名-(仮称)平河町二丁目東部南地区第一種市街地再開発事業ビル
◆ 所在地-東京都千代田区平河町二丁目9番地他
◆ 階数-地上24階、塔屋1階、地下2階
◆ 高さ-最高部約109m、軒高約105m
◆ 敷地面積-5,592.20㎡
◆ 建築面積-約2,500㎡
◆ 延床面積-51,701.11㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-オフィス(2~13階)、共同住宅(14~23階、127戸)、店舗(1階)
◆ 総戸数-127戸
◆ 建築主-平河町二丁目東部南地区市街地再開発組合
◆ 設計・監理-大成建設
◆ 施工者-大成建設
◆ 竣工-2009年12月31日予定
(注意)高さは、「建築計画のお知らせ」の数値を採用しています。森ビルの公式ホームページでは、最高部約105m、軒高約102mとなっています。
 
 
Tokyohirakawa08112
「平河町森タワー」の建設現場です。
 
 
Tokyohirakawa08113
「(仮称)全共連ビル」の建設予定地です。現在は旧:全共連ビルの解体工事が進められています。有名な「砂防会館」はすぐ南側にあります。
 
 
Tokyohirakawa08114
「(仮称)全共連ビル」の「建築計画のお知らせ」です。オフィス棟と住宅棟が建設されます。

|

2008年11月12日 (水)

「シティタワー麻布十番」&「パークコート麻布十番 ザ タワー」建設現場(2008年秋)の空撮!

Tokyomita08111
-麻布十番-

 かなり撮影ポイントのずれた写真になってしまいました。5枚ほど撮影しましたが、すべて失敗作でこの写真がいちばんマシでした(涙)。

 「港区三田一丁目」では、現在二つの再開発プロジェクトが進行しています。開発地域は「三田」ですが、物件は2棟とも「麻布十番」という名称がついています。
 「三田」も慶應義塾大学などがあるのでアカデミックないいイメージがありますが、「麻布十番」の響きにはかなわないのかも知れません。
 関西に住んでいる私にも「高級」、「セレブ」、「芸能人御用達」という言葉が頭に浮かびます。

 実際にテレビ番組などに登場する麻布十番は、写真の少し手前にある首都高速道路目黒線の西側で、地下鉄南北線と大江戸線の麻布十番駅の南西方向一帯を指します。

 比較 → 空撮 Live Search(マイクロソフト)
 ★ 半年くらい前の空撮写真と思われます。東西南北方向を変えてみる事が出来ます。

 比較 → 2007年11月4日の空撮


シティタワー麻布十番の概要
◆ 計画名-三田小山町東地区第一種市街地再開発事業施設建築物
◆ 所在地-東京都港区三田一丁目100番1(地番)
◆ 階数-地上38階、地下2階
◆ 高さ-129.92m
◆ 敷地面積-6,906.38㎡
◆ 建築面積-3,729.92㎡
◆ 延床面積-64,581.21㎡(容積率対象面積41,433.92㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 用途-共同住宅(分譲)
◆ 総戸数-500戸(非分譲住戸118戸含)
◆ 建築主-三田小山町東地区市街地再開発組合(売主 住友不動産)
◆ 設計・監理-INA新建築研究所、日建設計
◆ 施工者-清水建設、奥村建設JV
◆ 竣工-2009年05月末日予定
◆ 入居開始-2009年10月下旬予定

パークコート麻布十番 ザ タワーの概要
◆ 計画名-三田小山町地区第一種市街地再開発事業に係る施設建築物等新築工事
◆ 所在地-東京都港区三田一丁目1000番他(地番)
◆ 階数-地上36階、地下1階
◆ 高さ-129.08m
◆ 敷地面積-7,502.85㎡
◆ 建築面積-3,788.80㎡
◆ 延床面積-65,424.36㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-共同住宅(分譲)、店舗、オフィス
◆ 総戸数-440戸(事業協力者住戸80戸含む 他に店舗6区画、オフィス3区画、三田ガーデン棟58戸あり その他管理事務室、共用施設あり)
◆ 建築主-三田小山町地区市街地再開発組合(売主 三井不動産、新日鉄都市開発、藤和不動産)
◆ 設計・監理-アール・アイ・エー、久米設計
◆ 施工者-大成建設
◆ 竣工-2010年05月31日予定
◆ 入居開始-2010年06月30日予定
 
 
Tokyomita08112
「シティタワー麻布十番」の建設現場を東側から見た様子です。
 
 
Tokyomita08113
「シティタワー麻布十番」の建設現場を西側から見た様子です。
 
 
Tokyomita08114
「パークコート麻布十番 ザ タワー」の建設現場を東側から見た様子です。
 
 
Tokyomita08115
「パークコート麻布十番 ザ タワー」の建設現場を西側から見た様子です。

|

2008年11月11日 (火)

埼玉県三郷市 「IKEA(イケア)新三郷」2008年11月19日(水)10時にオープン!

Saitamamisato08111
-IKEA(イケア)新三郷-

 「IKEA(イケア)新三郷(しんみさと)」のオープンは、2008年11月19日(水)の予定です。埼玉県の「Shin-Misato-LaLa City(新三郷ららシティ)」の一部としてオープンします。
 「IKEA(イケア)新三郷」は、敷地面積約57,100㎡、延床面積88,100㎡です。イケア船橋(船橋市)、イケア港北(横浜市)、イケアポートアイランド(神戸市)、イケア鶴浜(大阪市)に次いで日本では5店舗目になります。

 「Shin-Misato-LaLa City(新三郷ららシティ)」は、「武蔵野操車場跡地」の大規模複合開発プロジェクトです。三井不動産をはじめとする民間事業者5社が、JR武蔵野線・新三郷駅前の約51.1万㎡を活用し、商業・住宅・物流施設など全12街区(総敷地面積約34ha)に分けて開発しています。

 IKEAの公式ホームページによるとIKEA(イケアグループ)の2008年会計年度(2007年9月1日~2008年8月31日)売上高は、212億ユーロでとなっています。1ユーロ=125円と仮定して約2兆6500億円です。2008年8月現在、世界24カ国に253店舗を展開しています。

場所はここです。

詳しい地図で見る

|

2008年11月10日 (月)

千葉県市川市 「I-linkタウンいちかわ」建設現場(2008年秋)の空撮!

Tibaichikawa08110
I-linkタウンいちかわ-
 「I-linkタウンいちかわ」は、JR市川駅南口の再開発プロジェクトです。2棟の超高層ビルと商業施設および駅前広場とペデストリアンデッキが整備されます。

 先に完成したのが、東側の「I-linkタウンいちかわ ザ タワーズ イースト」です。地上37階、地下2階、高さ約130mです。
 398戸の賃貸住宅を中心として店舗、有料老人ホーム、行政施設で構成される超高層ビルです。竣工しており、入居も2008年8月下旬から行われています。


  2009年1月下旬の完成を目指して工事が行われているのが、西側の「 I-linkタウンいちかわ ザ タワーズ ウエスト プレミアレジデンス」です。
 地上45階、塔屋2階、地下2階、高さ約160mです。 572戸(事業協力者住戸165戸含む)の分譲住宅と店舗、図書館、子育て支援施設で構成される超高層ビルになります。入居開始は2009年3月下旬を予定しています。


 比較 → 2008年4月3日の空撮

 比較 → 2007年11月4日の空撮

 空撮 → Live Search(マイクロソフト)
 ★ 半年くらい前の空撮写真と思われます。東西南北方向を変えてみる事が出来ます。
 
 
Tibaichikawa08111
先に完成した「I-linkタウンいちかわ ザ タワーズ イースト」を地上から見た様子です。手前の建築物が解体され駅前広場やペデストリアンデッキが整備されます。
 
 
Tibaichikawa08112
I-linkタウンいちかわ ザ タワーズ ウエスト プレミアレジデンス」を地上から見た様子です。手前の部分が商業施設になります。

|

2008年11月 9日 (日)

墨田区 「曳舟駅前地区第一種市街地再開発事業」建設現場(2008年秋)の空撮!

Tokyohikifune08111
-曳舟駅前地区第一種市街地再開発事業-

 「曳舟駅前地区第一種市街地再開発事業」は、東武・曳舟駅と京成曳舟駅の近くの東武・伊勢崎線と京成・押上線が並走する部分の少し手前のブロックの再開発計画です。S棟とN棟の2棟のタワーマンションと大型商業施設が建設される予定です。

 比較 → 2008年4月3日の空撮 

 空撮 → Live Search(マイクロソフト)
 
★ これは凄い 今朝初めて気がついたのですが、マイクロソフトの「Live Seach」に「概観図」という項目が追加されています。GoogleマップやYahoo!地図情報と比べイマイチと思っていた「Live Seach」ですが、これは凄いです。
 今までの航空写真と違い斜めから撮影しているので立体感があり、しかも鮮明で、その上東西南北見る方向を変更出来ます。もう私の航空写真は必要ないような気がしてきました(涙)。

 それでは 東京ディズニーランドホテルからスタート!(見る方向を東西南北変更できます)

 ただ防衛省・首相官邸・皇居などもぼかしもなくはっきり見えます。日本の防衛や治安の観点からこのような重要な場所を公開するのは少し問題があるような気がしますが・・・
 
-N棟の概要-
◆ 名称-アスコットパーク東京イーストコア曳舟
◆ 計画名-曳舟駅前地区第一種市街地再開発事業・Ⅰ街区住宅N棟(仮称)
◆ 階数-地上20階、塔屋2階、地下1階
◆ 高さ-71.395m
◆ 敷地面積-11,953.00㎡(施設全体)
◆ 建築面積-5,545.76㎡(N棟工区のみ)
◆ 延床面積-31,638.80㎡(N棟工区のみ)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造(住戸部分)、鉄骨造(人工地盤・戸割店舗部分)
◆ 総戸数-273戸(権利床214戸、販売対象住戸59戸)
◆ 竣工-2008年09月上旬
◆ 入居開始-2008年12月下旬予定
 
-S棟の概要-
◆ 計画名-曳舟駅前地区第一種市街地再開発事業・Ⅰ街区住宅S棟
◆ 階数-地上41階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-141.545m
◆ 敷地面積-11,953.00㎡(施設全体)
◆ 建築面積- 3,455.81㎡(S棟工区のみ)
◆ 延床面積- 55,916.04㎡(S棟工区のみ)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 総戸数-557戸(賃貸および地権者住戸)
◆ 竣工-2009年08月30日予定
 
 
Tokyohikifune08112
先に完成した「アスコットパーク東京イーストコア曳舟」の下層階は店舗となっています。写真は、2008年10月25日に撮影しましたが、すぐにでもオープン出来そうだったので、現時点ではオープンしているかも知れません。
 ちなみに「アスコットパーク東京イーストコア曳舟」の入居開始は2008年12月下旬の予定です。
 
 
Tokyohikifune08113
再開発地域の大型商業施設の建設が予定されている部分に「吉野家」があります。東武鉄道の曳舟駅前にあり、このあたりは撮影時がいつも昼頃になるので吉野家をよく利用していました。
 「なくなったら困る・・・」と思っていましたが、一番右側のテナントが「吉野家」になっていたたので移転するようです。移転と言っても少し西側に移動するだけですが良かった良かった(笑)。
 
 
Tokyohikifune08114
「アスコットパーク東京イーストコア曳舟」の前には広場もあります。再開発前の姿からは想像も出来ません。
 
 
Tokyohikifune08116
先に完成した「アスコットパーク東京イーストコア曳舟」です。地上20階、塔屋2階、地下1階、高さ71.395m、総戸数273戸の分譲マンションです。
 
 
Tokyohikifune08115
「住宅S棟」です。地上41階、塔屋1階、地下1階、高さ141.545m、総戸数557戸の賃貸マンションです。2009年08月末に竣工予定です。

|

2008年11月 8日 (土)

竣工して動き出した「モード学園コクーンタワー」

Tokyomode08110
-モード学園コクーンタワー-

 「モード学園コクーンタワー」は、地上50階、地下4階、高さ203.65mの超高層ビルです。2008年10月15日に完成し、2009年4月からファッションの「東京モード学園」、ITの「HAL東京」、医療・福祉の「メディカル総合学園 首都医校」の3校の専門学校が新校舎に移転および新規開校します。

 比較 → 竣工直前の様子(撮影日2009年10月9日)

 比較 → 2008年04月01日の空撮

 比較 → 2007年11月03日の空撮

 詳しくは → モード学園コクーンタワー公式ホームページ

 最大のテナントとなる「ブックファースト新宿店」も2008年11月6日(木)オープンしました。「ブックファースト新宿店」は、「モード学園コクーンタワー」の地下1階~地下2階および地上1階に総面積約1,090坪(約3,600㎡)、書籍雑誌数約90万冊と現時点で新宿駅西口では最大の書店となりました。
 新宿駅周辺には、巨大な「紀伊國屋書店」や「ジュンク堂」などがありますが、いずれも駅の東側でした。

 参考 → ブックファースト新宿店2008年11月6日(木)オープン

モード学園コクーンタワーの概要
◆ 計画名-西新宿一丁目7地区計画
所在地-東京都新宿区西新宿一丁目7番2
階数-地上50階、地下4階
◆ 高さ-最高部203.65m、軒高203.65m
◆ 敷地面積-5,172.27㎡
◆ 建築面積-3,509.86㎡
◆ 延床面積-80,903.43㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-専修学校、店舗、ホール
◆ 建築主-(学校法人)モード学園
◆ 設計・監理-丹下都市建築設計
◆ 施工者-清水建設
◆ 着工-2006年05月01日
◆ 竣工-2008年10月15日
◆ 開校-2009年04月予定
 
 
Tokyomode08111
新宿駅側から撮影した様子です。
 
 
Tokyomode08113
工学院大学側から撮影した様子です。
 
 
Tokyomode08114
見上げてみました。 
 
 
Tokyomode08115
東京都庁の展望台から撮影した下層階の様子です。
 
 
Tokyomode08116
小さいですが池もあります。
 
 
Tokyomode08117
卵型のホール棟です。
 
 
Tokyomode08118
「新宿エルタワー」から続くペデストリアンデッキです。
 
 
Tokyomode08119
ペデストリアンデッキは、新宿駅から「小田急ハルク」前を経由して「モード学園コクーンタワー」までつながっています。
 
 
Tokyomode081110
植栽(1)
 
 
Tokyomode081111
植栽(2)
 
 
Tokyomode081112
「iKO号?」です。「メディカル総合学園 首都医校」で使用すると思われます。外観が救急車に似ているので救急車に見立てて救急医療の学習をするのでしょうか?なんともお金をかけてますね!
 
 
Tokyomode081113
モード学園コクーンタワー」の外観の特徴である、昆虫の繭(まゆ)模様のアップです。
 
外側から見える繭(まゆ)模様のうち、Xの字の形で入っている模様以外で、ガラス部分にランダムに入っている模様は、ガラスに水玉模様のシールを貼って繭(まゆ)模様を作り出していますが拡大するとよく分かります。

|

2008年11月 7日 (金)

千葉県船橋市 「パークハウス プレシアタワー」建設現場(2008年秋)の空撮!

Tibafunabashi08111
-ドバイ経済-
 
今朝の日経新聞朝刊に載っていましたが、金融危機と原油価格下落により好調だったドバイ経済もついに変調の時期を迎えたようです。株価の下落に続き不動産価格の下落も始まったようです。
 日本のバブル崩壊やアメリカの住宅バブル崩壊を見ても分かりますが、1度逆に回りだすと猛烈な勢いでバブルは崩壊していきます。

 ドバイでは無謀とも思えるような需要をはるかに上回るプロジェクトが同時進行していました。不動産価格の上昇を前提にした開発はいつかは行き詰ります。壮絶なバブル崩壊を経験した日本から見ると危なっかしくてしかたがありませんでした。 

 ドバイは超高層ビルファンの夢を体現する憧れの都市です。風船が膨らみすていたのでかなりの調整が必要と思いますが、なんとかソフトランディングで調整が最小限に終わる事を祈ります。

-パークハウス プレシアタワー-
 「パークハウス プレシアタワー」の建設現場は、船橋市役所のすぐ西側で、「三田浜楽園跡」にあった場所です。JR船橋駅からは800mくらい南側になります。
 完成すると地上38階、地下1階、高さ131.98m、総戸数315戸の船橋市の中で一番高さが高い超高層タワーマンションになります。
 「パークハウス プレシアタワー」の隣には、先に完成した「パークハウス プレシア」があります。
 

 比較 → 2008年4月3日の空撮
 
パークハウス プレシアタワーの概要
◆ 計画名-(仮称)船橋市湊町二丁目計画
◆ 所在地-千葉県船橋市湊町二丁目2391-14(地番)
◆ 階数-地上38階、地下1階
◆ 高さ-最高部131.98m
◆ 敷地面積-7,442.83㎡
◆ 建築面積-3,759.46㎡
◆ 延床面積-41,304.08㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 用途-共同住宅(分譲)
◆ 総戸数-315戸
◆ 建築主-三菱地所
◆ 設計・監理-三菱地所設計
◆ 施工者-奥村組
◆ 着工-2006年11月
◆ 竣工-2009年07月下旬予定
◆ 入居開始-2009年10月下旬予定
 
 
Tibafunabashi08112
地上から見た「パークハウス プレシアタワー」の建設現場(1)
 
 
Tibafunabashi081131
地上から見た「パークハウス プレシアタワー」の建設現場(2)
 
 
Tibafunabashi08114
地上から見た「パークハウス プレシアタワー」の建設現場(3)

|

2008年11月 6日 (木)

「パークコート赤坂 ザ タワー」 建設現場(2008年秋)の空撮!

Tokyoakasaka08111
-パークコート赤坂 ザ タワー-

 「パークコート赤坂 ザ タワー」は、赤坂御用地の南側を走る「青山通」沿いから「薬研坂(やげんざか)」を少し南側に下った場所に建設中です。
 先に北側のブロックに
「赤坂四丁目薬研坂北地区第一種市街地再開発事業 1街区施設建築物」として「赤坂ガーデンシティ」が完成しています。

 「パークコート赤坂 ザ タワー」の計画名は、「赤坂四丁目薬研坂南地区 第一種市街地再開発事業 施設建築物」と大変長く、演歌などで有名な「日本コロムビア」の本社などがあった場所の再開発プロジェクトです。
 
 比較 → 2008年4月1日の空撮
 
概要

◆ 計画名-赤坂四丁目薬研坂南地区 第一種市街地再開発事業 施設建築物
◆ 所在地-東京都港区赤坂四丁目1400番1他(地番)
◆ 階数-地上43階、塔屋2階、地下2階
◆ 高さ-最高部157.25m
◆ 敷地面積-7,375.34㎡
◆ 建築面積-3,679.30㎡
◆ 延床面積-71,300.53㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 用途-共同住宅、オフィス、店舗
◆ 総戸数-518戸(事業協力者住戸55戸含む、他に店舗・事務所3区画開業予定)
◆ 建築主-赤坂四丁目薬研坂南地区市街地再開発組合(売主 三井不動産レジデンシャル、新日鉄都市開発)
◆ 設計・監理-大成建設
◆ 施工者-大成建設
◆ 着工-2006年07月01日
◆ 竣工-2009年06月下旬予定
◆ 入居開始-2009年07月下旬予定
 
 
Tokyoakasaka08112
赤坂サカス側から撮影した様子です。すでに高さが最高部分達している事が分かります。

 この日は朝は晴れていたのに急に雲が出てくるし、株価は日経平均株価がバブル崩壊後の最安値を更新するし・・・
 「晴れていたのになんで曇るの・・・」とか、10月に入って株価は底を打ったと思い再び株を始めたことを「俺って大バカ!」と後悔しながら歩いていたのでほとんどメゲそうな状態でした(涙)。 
 
 
Tokyoakasaka08113
南側から撮影した様子です。プリズムのような外観をしている事が分かります。
 
 
Tokyoakasaka08114
北側から撮影した様子です。東京の超高層ビルを撮影する場合で意外と苦労するのが「カラス」です。
 カラスは超高層ビルが大好きなようで、超高層ビルの高層階の周りを群れでよく乱舞しています。この写真もファインダーからカラスが消えるまで数分待っていました。

|

2008年11月 5日 (水)

西新宿六丁目西第6地区第一種市街地再開発事業 建設現場(2008年秋)の空撮!

Tokyoshinjuku08111
-西新宿六丁目西第6地区-

 「西新宿六丁目西第6地区第一種市街地再開発事業施設建築物」は、当初はオフィス主体の計画でしたが、巨大なタワーマンションが中心の計画に変更になり、オフィスビルは縮小されました。

概要
◆ 住宅棟 地上46階、塔屋1階、地下0階、高さ167.81m
◆ オフィス棟 地上18階、塔屋1階、地下2階、高さ93.08m
 
 
Tokyoshinjuku08112
同じ現場を東京都庁の展望台から見た様子です。住宅棟の形状が「ひし形」である事がよく分かります。
 
 
Tokyoshinjuku08113
住宅棟の建設現場を地上から見た様子です。
 
 
Tokyoshinjuku08114
住宅棟は、「プレキャストコンクリート工法」が採用されています。底面には鉄筋が入る穴が多数空いているのが分かります。まるで「レゴ」を組み立てるような感覚ですね。

 「プレキャストコンクリート工法」は、あらかじめ工場で成型してつくられたコンクリートのパネルやブロックを、現場で組み立てる工法のことです。
 「PC」もしくは「PCa」と略され、最近の大規模マンションの多くではこの工法が採用されています。
 現場でコンクリートを流し込む「現場打ち工法」に比べ、「プレキャストコンクリート」は専門の工場で生産されるため、工期の大幅な短縮や、品質の確保、安定した供給が可能となります。
 
 
Tokyoshinjuku08115
オフィス棟の建設現場を北側から見た様子です。全面に「ガラスカーテンウォール」を採用したガラス張りの高層ビルになるようです。
 
 
Tokyoshinjuku08116
オフィス棟の建設現場を南側から見た様子です。

|

2008年11月 4日 (火)

みなとみらい21地区 「日産自動車新本社ビル」&「CITY(富士ゼロックス研究開発拠点)」建設現場(2008年秋)の空撮!

Yokohamamm2108111
-みなとみらい21地区 Part1-

 みなとみらい21地区を北側から見た空撮です。「ランドマークタワー」の展望台から見る南側からの風景とはまた印象が違って見えます。

 みなとみらい21地区では複数のオフィスビルの建設が同時に行われています。現在建設されているのは高さが100m以下のクラスですが、来年くらいから150mクラスの超高層ビルが次々と着工される予定です。
 今回は「Part1」としてみなとみらい21地区の北側を中心にオフィスビルの建設状況を追ってみたいと思います。
 
 比較 → 2008年4月5日の建設状況
 
 
Yokohamamm2108112
「ランドマークタワー」の展望台から見た「(仮称)日産自動車株式会社 本社屋 建築計画」の建設現場です。地上22階、地下2階、高さ99.9mのオフィスビルが建設中です。外観はほぼ完成しています。
 
 
Yokohamamm2108119
「(仮称)日産自動車株式会社 本社屋 建築計画」と「横浜そごう」のあるブロックを結ぶペデストリアンデッキです。 
 
 
Yokohamamm2108113
「ランドマークタワー」の展望台から見た「CITY(富士ゼロックスの研究開発拠点)」です。2基のタワークレーンが建っています。かなり深く掘り下げている様子が分かります。
 地上20階、地下1階、高さ98.764mです。総投資金額約600億円、研究開発人員が最大約5200人働くことになります。
 
 
Yokohamamm2108114
「CITY(富士ゼロックスの研究開発拠点)」のタワークレーンはかなり巨大です。
 
 
Yokohamamm2108115
「ランドマークタワー」の展望台から見た「
(仮称)横浜三井ビルディング新築計画」の建設予定地です。地上31階、地下2階、高さ約155mの超高層オフィスビルが建設される予定です。
 
 
Yokohamamm2108116
「ランドマークタワー」の展望台から見た「パシフィックスクエア横浜みなとみらい」の建設現場です。計画名は「(仮称)ODビル新築工事」です。地上17階、塔屋2階、地下2階、高さ84.3mのオフィスビルが建設中です。
 
 
Yokohamamm2108117
「(仮称)モリモトMM21 43街区計画新築工事」の建設現場です。地上17階、地下2階、高さ85.05mのオフィスビルが建設中です。


Yokohamamm2108118
「ランドマークタワー」の展望台には10月末に行ったので「ハロウィン」の飾り付けがされていました。係の方も全員「ハロウィン」のコスプレをしていました。

 今回感じたのは首都圏では関西以上に「ハロウィン」が定着しているということです。ただ「本当にこれでいいのか?」と疑問を感じました。日本および日本人は外国(特にアメリカ)の文化を有り難がってどんどん導入します。
 「日本には素晴らしい伝統的文化があるのでもっと大切にしてほしい!」このように思うのは私がオッサンになった証拠でしょうか?

|

2008年11月 3日 (月)

大手町地区第一次再開発事業 「日経ビル・JAビル・経団連会館」建設現場(2008年秋)の空撮!

Tokyootemachi08111
-大手町地区第一次再開発事業-
 「(仮称)大手町地区第一次再開発事業」は、敷地面積13,339.08㎡に、合計3棟の超高層オフィスビルが建設されます。延床面積235,866.76㎡です。
 西側から「日経ビル」、「JAビル」、「経団連会館」という平凡な名称がついていますが、実際にオープンする時はもっとカッコいい名称になる可能性もあります。

 「第一次再開発事業」が完成すると「第二次再開発事業」が開始されます。「第二次再開発事業」は「第一次再開発事業」の東側の用地で、「第一次再開発事業」の施行者である経団連、日本経済新聞、JAの3棟のビルが解体され再開発されます。
 「第二次再開発事業」は間に道路があるため、道を挟んで北側のA棟が、地上30階、地下4階、高さ約157mの超高層オフィスビル、南側のB棟が、地上34階、地下4階、高さ約177mの超高層オフィスビルになる予定です。
 
 比較 → 2008年4月1日の空撮
 
概要(西側から)

◆ A工区:日経ビル 地上31階、塔屋1階、地下4階、高さ約150m
◆ B工区:JAビル 地上37階、塔屋2階、地下4階、高さ約180m
◆ C工区:経団連会館 地上23階、塔屋1階、地下4階、高さ約122m  
 
 
Tokyootemachi08112
一番西側の「日経ビル」です。地上31階、塔屋1階、地下4階、高さ約150mの超高層ビルです。タワークレーンの「ニュースくん」と「メディアくん」はすでに降ろされています。
 
 
Tokyootemachi08113
真ん中の「JAビル」です。地上37階、塔屋2階、地下4階、高さ約180mの超高層ビルです。 
 

 
Tokyootemachi08114
一番東側の「経団連会館」です。こちらは比較的ゆっくり伸びていましたが、すでに最上階まで到達しています。地上23階、塔屋1階、地下4階、高さ約122mの超高層ビルです。

|

2008年11月 2日 (日)

東急東横線・中目黒駅周辺 「中目黒アトラスタワー」建設現場(2008年秋)の空撮!

Tokyonakameguro08111
中目黒アトラスタワー
 東急東横線の中目黒駅の東側で「上目黒一丁目地区第一種市街地再開発事業」が進行中です。

 超高層棟は「上目黒一丁目地区第一種市街地再開発事業 施設建築物B棟」という計画名で、正式名は「中目黒アトラスタワー」という名称です。
 完成すると地上45階、地下2階、高さ164.32m、総戸数495戸(事業協力者取得住戸374戸含む)の共同住宅、オフィス、店舗で構成される超高層複合ビルになります。

 より中目黒駅に近い方で「上目黒一丁目地区第一種市街地再開発事業 施設建築物A棟」も建設されており、こちらは地上12階、地下1階、高さ47.80mの共同住宅、オフィス、店舗で構成されるビルになります。
 
 
Tokyonakameguro08112
「中目黒アトラスタワー」の建設現場です。タワーマンションとしては黄色っぽい(オレンジ?)珍しい色です。
 
 
Tokyonakameguro08113
「A棟」の建設現場です。

|

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »