« 江東区 超高層タワーマンション「アーバンドック パークシティ豊洲 TOWER A」高層階からの眺望 | トップページ | 渋谷区 「NHK放送センター・国立代々木競技場・代々木公園」の空撮! »

2009年3月26日 (木)

1973年にBCS賞を受賞した品川駅前の超高層ホテル「ホテルパシフィック東京」 2010年9月30日で営業休止

Tokyoshinagawa09031
-ホテルパシフィック東京-
 「京浜急行電鉄」は、3月25日にグループ会社の「ホテルパシフィック東京」の営業を2010年9年30日で休止すると発表しました。
 理由は、1971年7月の開業から約40年が経過して設備が老朽化している上に、東京都内で急増しているシティホテルに現在の施設では太刀打ちできないと判断したからだそうです。
 
 「ホテルパシフィック東京」は、JRや京浜急行のは品川駅前に立地する地上30階、客室数945室の超高層の大型ホテルです。新宿副都心の「京王プラザホテル」のすぐ後に竣工し、超高層ホテルの先駆けです。
 品川駅前では、明治時代からの老舗「京品ホテル」も2008年に廃業しています。寂しいですけれどこれも時代ですかね・・・ 
 確かに品川駅前の高輪周辺はホテル銀座になっています。「西武村」もしくは「プリンスホテル村」と言ってもいいくらい「西武グループ」のホテルが集積しています。
 
 参考 → 品川駅前 プリンスホテル村の空撮
 
 ただ品川駅前の超一等地に立地しているため立地には全く問題がありません。将来的には、品川駅には「リニアモーターカー」の駅も整備される予定です。
 現在のビルでは階高が低いのでオフィスビルへの改修は難しいと思います。新たなホテルの営業先を探すか、再開発される可能性が高いと思います。
 ちなみに「ホテルパシフィック東京」は、1973年に「BCS賞(Building Contractors Society)」を受賞しています。私はこのホテルに1992年夏に1度だけ泊まった事があります。
 
 京浜急行(PDF:2009/03/25)
 ホテルパシフィック東京の営業休止に関するお知らせ
 
ホテルパシフィック東京の概要
◆ 所在地-東京都港区高輪三丁目13番3号
◆ 階数-地上30階、塔屋3階、地下3階
◆ 高さ-112.5m
◆ 敷地面積-24,955㎡(開業時23,022㎡)
◆ 建築面積-7,616㎡(開業時)
◆ 延床面積-84,014㎡(開業時82,730㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造
◆ 建築主-京浜急行電鉄
◆ 設計者-坂倉建築研究所、東京建築研究所、桜井建築設備研究所、森村協同設計事務
◆ 施工者-鹿島建設、東急建設JV
◆ 竣工-1971年06月
◆ オープン-1971年07月27日
◆ 営業終了-2010年09月30日予定
(注意)階数は、上記のニュースリリースでは地上29階となっています。
 
 
Tokyoshinagawa09032
地上から見た様子です。

|

« 江東区 超高層タワーマンション「アーバンドック パークシティ豊洲 TOWER A」高層階からの眺望 | トップページ | 渋谷区 「NHK放送センター・国立代々木競技場・代々木公園」の空撮! »

122 東京都・港区②」カテゴリの記事