« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

「パレスホテル建替計画」の建築計画のお知らせ 「(仮称)丸の内1-4計画」&「(仮称)丸の内一丁目地区建替計画」最新状況

Tokyomarunouchi09031
-パレスホテル建替計画-

 「パレスホテル」は、「パレスホテルチェーン」の旗艦ホテルとして、1961年10月1日にオープンしました。しかし老朽化などにより2009年1月31日に一時休館し、建て替える事になりました。
 皇居に面する超一等地にありますが、このあたりは高さ100mの高さ制限があります。幾分緩和されていますが、高さ約115mに抑えたホテルとオフィスのツインタワーが建設される予定です。
 
 今回、「丸の内一丁目地区」の最新の再開発状況を
Audie-Gryph氏」より送って頂いたのでアップしたいと思います。
 空撮写真ですが、
パレスホテル」の全景が写ったいい写真がありませんでした。皇居上空は当たり前ですが、絶対に上空を飛ぶ事が出来ません。パレスホテル」上空は入れるギリギリ線上に建っているため撮影が非常に難しいです。逆に東側から撮影すると超高層ビル群に隠れて見えません。
 
 
Tokyomarunouchi09032
「パレスホテル立替計画」の建設予定地です。2008年10月27日の撮影です。現在は下層階のみがフェンスで囲まれているようです。

 
 
Tokyomarunouchi09033
「パレスホテル立替計画」の「建築計画のお知らせ」です(写真提供Audie-Gryph氏)
 
 
Tokyomarunouchi09034
-(仮称)丸の内1-4計画-

 「(仮称)丸の内1-4計画」は、「三菱UFJ信託銀行本店ビル」北側にある「東銀ビルヂング」、「住友信託銀行東京ビル」、「三菱UFJ信託銀行東京ビル」の3棟を一体的に建替えるプロジェクトです。
 地上27階、塔屋2階、地下4階、高さ約155m、敷地面積8,033.94㎡、延床面積約141,000㎡の超高層ビルが建設される予定です。

 写真は、「(仮称)丸の内1-4計画」の建設予定地を北東側から見た様子です。すっかりフェンスで覆われました(写真提供Audie-Gryph氏)
 
 
 
Tokyomarunouchi09035
2008年10月27日に撮影した「(仮称)丸の内1-4計画」の建設予定地です。
 
 
Tokyomarunouchi09036
(仮称)丸の内一丁目地区建替計画-

 「(仮称)丸の内一丁目地区建替計画」は、パレスホテル東隣にあった「JFEビル」の建替えプロジェクトです。ちなみにJFEビルは竣工1974年、地上18階のかなり立派なビルでした 。
 
地上23階、塔屋2階、地下4階、高さ117.1mのオフィスビルが建設されます。竣工後は、「三井住友銀行」の本店が入居する予定です。当初高さが120mでしたが、「Audie-Gryph氏」によると「建築計画のお知らせ」の高さが最高部117.1mに変更になっているそうです。
 
 写真は、「(仮称)丸の内一丁目地区建替計画」の建設現場です。やっとタワークレーンが建ったようです。昨年の秋に「建築計画のお知らせ」を見た時は、2010年06月30日竣工予定となっていましたが、間に合うのでしょうか? (写真提供Audie-Gryph氏) 
 
 
Tokyomarunouchi09037
2008年10月27日に撮影した
「(仮称)丸の内一丁目地区建替計画」の建設現場です。かなり長く基礎工事をやっていました。

|

2009年3月29日 (日)

高さ約200mの超高層ビル「東京プライムステージ」 遂に「みずほ銀行大手町本部ビル」に解体工事用のフェンスが設置される!

Tokyootemachi09031
-東京プライムステージ-

 遂に、地上39階、地下5階、高さ約200m、延床面積約204,000㎡の巨大な超高層ビル「東京プライムステージ(みずほ銀行大手町本部ビル等建替え事業)」が動き出しました。
 
 2009年から解体工事に着手する予定でしたので、計画通りに動き出したようです。「みずほ銀行大手町本部ビル」がフェンスで囲まれている様子を「Audie-Gryph氏」より送って頂いたのでアップしたいと思います。
 写真では、「大手町フィナンシャルセンター」はどうなっているのかまだ判断できませんが、こちらも近いうちに解体工事の準備に入ると思われます。
 
 「東京プライムステージは、大手町にある「みずほ銀行大手町本部ビル」と「大手町フィナンシャルセンター」の再開発プロジェクトです。
 「みずほ銀行大手町本部ビル」が、地上16階、地下1階、延床面積79,899.02㎡(登記面積)で、「大手町フィナンシャルセンター」が、地上24階、地下4階、高さ105.0m、延床面積51,530.34㎡(登記面積)です。
 
 高さが100m以上ある超高層ビルが解体されるのは、上野公園近くにあった「ソフィテル東京」に次いで2棟目です。「大手町フィナンシャルセンター」は、1992年6月竣工のまだまだ新しい超高層ビルです。なんかもったいない気がしますが、いかにも超効率都市「TOKYOモンスター」という感じです。
 
東京プライムステージの概要
◆ 計画名-みずほ銀行大手町ビル建替え事業
◆ 所在地-東京都千代田区大手町一丁目6番6他
◆ 階数-地上39階、地下5階
◆ 高さ-約200m
◆ 敷地面積-11,037.84㎡
◆ 延床面積-約204,000㎡
◆ 着工-2009年(解体工事着手)
◆ 竣工-2014年
 
 詳しくは → 東京建物ニュースリリース(2007/05/24:PDF)
 
 
Tokyootemachi09032
「みずほ銀行大手町本部ビル」がフェンスで囲まれています(写真提供Audie-Gryph氏)。

|

2009年3月28日 (土)

日本テレビゴルフガーデン跡地「(仮称)新宿六丁目N街区計画」に「建築計画のお知らせ」掲示!

大きな地図で見る

-日本テレビゴルフガーデン跡地-
 
今年の2月に”日本テレビゴルフガーデン跡地「(仮称)新宿六丁目S街区計画」に「建築計画のお知らせ」掲示!”をアップしましたが、北側の「N街区」にも「建築計画のお知らせ」が掲示されたそうです。「Audie-Gryph氏」より写真をに送って頂いたのでアップしたいと思います。
 基本的には、空撮写真とセットでアップするのですが、いい写真がありませんでしたので今回は「Google マップ」の衛星写真のリンクです。
 
 「日本テレビゴルフガーデン跡地」は、約37,000㎡あります。南側の「(仮称)新宿六丁目S街区計画」は、地上32階、地下1階、高さ約112mのタワーマンションを中心に3棟の建築物が建設されます。
 
 詳しくは → 「(仮称)新宿六丁目S街区計画」の建築計画のお知らせ
 
 今回、「建築計画のお知らせ」が掲示された北側の「(仮称)新宿六丁目N街区計画」ですが、当初は高さ120mと言われていましたが、地上20階、最高部の高さ96.00mになったようです。
 地上20階、塔屋2階、地下2階で、延床面積170,300㎡のオフィスビルということは、単純計算しても1フロア当たり「170,300㎡÷(20+2+2)=7,096㎡」になります。地下は別として塔屋に延床面積に組み入れる部分はあまりありませんので実際はもっと広いです。
 小さく見積もっても単純に考えて100m×71mで約7,096㎡になるので、サイコロ型を通り越して横幅と奥行が非常に広いオフィスビルになります。
 
 「日本テレビゴルフガーデン跡地」は厳しい高さ制限があります。「神宮外苑」に「聖徳記念絵画館」がありますが、「神宮外苑」のイチョウ並木南側を走る青山通(国道246号線)から見た場合、「聖徳記念絵画館」の高さを超えて上に見えてはならないという決まりがあります。
 
 確かに「聖徳記念絵画館」は非常に美しい建築物なのでこの景観は守るべきだと思います。でもそれなら「国会議事堂」を正面から見ると超高層ビルの角が生えているような景観は建設前になんとかならなかったのでしょうか? これこそ日本の守るべき景観だった思うのですが・・・
 
 
Tokyontv09031
「(仮称)新宿六丁目N街区計画」の、「建築計画のお知らせ」です(写真提供Audie-Gryph氏)。
 
 
Tokyontv09032
「神宮外苑」にある「聖徳記念絵画館」です。テレビドラマのロケにも頻繁に使われている美しい建築物です。
 「神宮外苑」のイチョウ並木南側を走る青山通(国道246号線)から見た場合、イチョウ並木越しに「聖徳記念絵画館」の高さを超えてはならない決まりがあります。「日本テレビゴルフガーデン跡地」は、「イチョウ並木」と「聖徳記念絵画館」を直線状に延長した正面にあります(2006年4月撮影)。
 
 
Tokyontv09033
青山通(国道246号線)からイチョウ並木越しに「聖徳記念絵画館」を見た様子です。イチョウ並木に葉がある時は、ほとんど隠れますが、落葉すると一気に見通しが良くなります(2007年11月撮影)。

|

2009年3月27日 (金)

渋谷区 「NHK放送センター・国立代々木競技場・代々木公園」の空撮!

Tokyonhk09032
-NHKスペシャル-

 2009年4月から「NHKスペシャル」が改編されるそうです。キャッチフレーズは「Nスペが細胞分裂」で3つに分割されます。1つ目が「追跡! A to Z」、2つ目が「ワンダー×ワンダー」、3つ目が「NHKスペシャル」です。
 
 公式ホームページ → 4月からNスペが細胞分裂
  
 「NHKスペシャル」は、ドキュメンタリー番組として、1976年4月に放送開始された「NHK特集」が名称を変更して1989年4月から放送開始されました。基本的には毎週日曜日の21:00~21:50ですが、時間を拡大したり、他の曜日や時間にも放送されています。
 まさに、NHKの存在意義そものものような番組で、利益を追求しないといけない民放では絶対に制作不可能です。
 
 私個人としても一番好きな番組で、NHKに受信料を支払っているのは「NHKスペシャル」があるからと言っても過言ではありません。
 1991年に放送された全6回の「電子立国日本の自叙伝」と1996年~1997年にかけて放送された全12集の「故宮~至宝が語る中華五千年~」は、私の中では「神番組」で、未だにこれを上回る番組に出会った事がありません。
 だから今回の改編はあまりうれしくありません。実際にまだ番組を見ていないので分かりませんが、内容が薄まるような事だけは絶対にしないようにお願いしたいです。

|

2009年3月26日 (木)

1973年にBCS賞を受賞した品川駅前の超高層ホテル「ホテルパシフィック東京」 2010年9月30日で営業休止

Tokyoshinagawa09031
-ホテルパシフィック東京-
 「京浜急行電鉄」は、3月25日にグループ会社の「ホテルパシフィック東京」の営業を2010年9年30日で休止すると発表しました。
 理由は、1971年7月の開業から約40年が経過して設備が老朽化している上に、東京都内で急増しているシティホテルに現在の施設では太刀打ちできないと判断したからだそうです。
 
 「ホテルパシフィック東京」は、JRや京浜急行のは品川駅前に立地する地上30階、客室数945室の超高層の大型ホテルです。新宿副都心の「京王プラザホテル」のすぐ後に竣工し、超高層ホテルの先駆けです。
 品川駅前では、明治時代からの老舗「京品ホテル」も2008年に廃業しています。寂しいですけれどこれも時代ですかね・・・ 
 確かに品川駅前の高輪周辺はホテル銀座になっています。「西武村」もしくは「プリンスホテル村」と言ってもいいくらい「西武グループ」のホテルが集積しています。
 
 参考 → 品川駅前 プリンスホテル村の空撮
 
 ただ品川駅前の超一等地に立地しているため立地には全く問題がありません。将来的には、品川駅には「リニアモーターカー」の駅も整備される予定です。
 現在のビルでは階高が低いのでオフィスビルへの改修は難しいと思います。新たなホテルの営業先を探すか、再開発される可能性が高いと思います。
 ちなみに「ホテルパシフィック東京」は、1973年に「BCS賞(Building Contractors Society)」を受賞しています。私はこのホテルに1992年夏に1度だけ泊まった事があります。
 
 京浜急行(PDF:2009/03/25)
 ホテルパシフィック東京の営業休止に関するお知らせ
 
ホテルパシフィック東京の概要
◆ 所在地-東京都港区高輪三丁目13番3号
◆ 階数-地上30階、塔屋3階、地下3階
◆ 高さ-112.5m
◆ 敷地面積-24,955㎡(開業時23,022㎡)
◆ 建築面積-7,616㎡(開業時)
◆ 延床面積-84,014㎡(開業時82,730㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造
◆ 建築主-京浜急行電鉄
◆ 設計者-坂倉建築研究所、東京建築研究所、桜井建築設備研究所、森村協同設計事務
◆ 施工者-鹿島建設、東急建設JV
◆ 竣工-1971年06月
◆ オープン-1971年07月27日
◆ 営業終了-2010年09月30日予定
(注意)階数は、上記のニュースリリースでは地上29階となっています。
 
 
Tokyoshinagawa09032
地上から見た様子です。

|

2009年3月25日 (水)

江東区 超高層タワーマンション「アーバンドック パークシティ豊洲 TOWER A」高層階からの眺望

Tokyotoyosu090311
-パークシティ豊洲-

 WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で日本が優勝しました。本当に素晴らしい決勝戦でした。試合前の自分自身の状態をイチローが「苦しくて心が痛かった」、岩隈が「プレッシャーで吐きそうだった」というニュアンスの発言を試合後にしていました。
 私たちには想像もつかない物凄いプレッシャーだったんでしょうね。何せ国を背負ってますから! この緊張感とプレッシャーを政治家も少しは見習ってほしいです。
 
 豊洲の超高層タワーマンション「アーバンドック パークシティ豊洲 TOWER A」の高層階にお住まいの「takkun氏」に写真を送って頂いたのでアップしたいと思います。こんな素晴らしい景観を毎日見る事が出来てうらやましい限りです。
 
 「アーバンドック パークシティ豊洲」は、IHI(旧:石川島播磨重工業)の工場跡地の再開発プロジェクトとして誕生しました。IHI(旧:石川島播磨重工業)と三井不動産レジデンシャルにより、総戸数1481戸の巨大なマンション群が建設されました。
 超高層棟は、「TOWER A(A棟)」が、地上52階、地下1階、高さ179.96m、「TOWER B(B棟)」が、地上32階、地下1階、高さ114.83mです。あと「COURT C(C棟)」があります。
 
 
Tokyotoyosu090312
北東方向です。「豊洲キャナルワーフタワーズ」と「芝浦工業大学」の間に見える「豊洲橋」の拡幅工事もかなり進んでいる事が分かります(写真提供takkun氏)。
 
 
Tokyotoyosu090313
東側方向です。「豊洲IHIビル」の向こうに見える「(仮称)豊洲三丁目8-4街区計画」もかなり高くなりました。このタワーマンションは約153mの高さになる予定です。
 隣の「THE TOYOSU TOWER」が高さ155mなのであと少しですね。 (仮称)豊洲三丁目8-4街区計画」は「シティタワーズ豊洲 ノースタワー」という名称になると言われていますがどうなるのでしょうか? (写真提供takkun氏)。
 
 
Tokyotoyosu090314
北西方向です。2009年3月22日に行われた「東京マラソン2009」の風景です。「アリの行列」ように見えたそうです(写真提供takkun氏)。

|

2009年3月24日 (火)

JR大崎駅北東側の「北品川五丁目第1地区第一種市街地再開発事業」 再開発組合に設立認可!

Tokyoosaki09031
-北品川五丁目第1地区第一種市街地再開発事業-

 昨日(2009年3月23日)、東京都から「北品川五丁目第1地区市街地再開発組合」の設立認可が下りました。
 ついでですが、昨日は「大手町一丁目第2地区第一種市街地再開発事業」の施行認可も下りています。
 
 詳しくは → 東京都報道発表資料(2009/03/23)
 
 完成予想図 → 品川五丁目第1地区第一種市街地再開発事業

 
 「北品川五丁目第1地区」は、「目黒川」北側のすでに再開発が終わった「オーバルコート」の南東側一帯約3.6haです。現在は住宅、工場、駐車場などが混在しています。
 再開計画自体はかなり前から発表されていました。最近新しい情報が入って来なかったので世界的な金融危機の影響により計画自体が停滞しているのかと心配していましたが、水面下で動いていたようです。
 
 JR大崎駅周辺では複数の再開発計画が同時進行しています。数年後には押しも押されぬ副都心としての景観になります。
 前にも書きましたが、私は東京の街で「大崎」が一番好きです。「目黒川」が流れていて静かで落ち着くからです。

 東京から関西に帰る時は、経費節減でスカイマークの航空機か夜間高速バスを使います。
 夜間高速バスの時は、「
ThinkPark Tower(シンクパーク タワー)」の前の広場でポケーっと時間をつぶして渋谷や新宿のバスターターミナルに行きます。大崎がどんどん発展しても、この落ち着いた静かな環境は残してほしいです。
 
北品川五丁目第1地区第一種市街地再開発事業の概要

◆ 所在地-東京都品川区北品川五丁目
◆ 階数-地上39階、地下2階(D:
超高層住宅棟)、地上30階、地下2階(A-1:超高層業務棟)、他合計7棟
◆ 高さ-約143m
◆ 地区面積-約36,000㎡
◆ 延床面積-約250,950㎡
◆ 用途-共同住宅(約860戸)、オフィス、店舗、作業所、産業支援交流施設、地域コミュニティ施設、子育て支援施設、駐車場
◆ 建築主-
北品川五丁目第1地区市街地再開発組合(日本土地建物、日本土地建物販売、三井不動産、三井不動産レジデンシャル、大成建設、大和ハウス工業、新日鉄都市開発)
◆ 着工-2010年10月予定
◆ 竣工-2013年10月予定

(追記)日本土地建物より3月24日のニュースリリースで1棟ごとの詳しい概要と街区図が発表になっています。
 
 7棟の概要 → 日本土地建物ニュースリリース(2009/03/24)

|

2009年3月22日 (日)

本日「東京マラソン2009」開催 スタート地点の東京都庁前の空撮!

Tokyomarathon09031
-東京マラソン2009-
 本日(3月22日)、「東京マラソン2009」が開催されます。東京マラソンは2007年に開始されたので、今回で第3回大会となります。公式ホームページをリンクしようと思いましたが重くてつながりませんでした。 
 
 「東京マラソン」は、男子の「東京国際マラソン」、「東京国際女子マラソン」、「東京シティロードレース」などを統合して誕生しました。第3回目の「東京マラソン2009」は参加人数が35000人と巨大なマラソン大会となっています。
 3回目にして、歴史は別として国際的に有名な「ニューヨークシティマラソン」、「ロンドンマラソン」、「ボストンマラソン」に匹敵するような大イベントとなりました。
 
 9時5分に車いすマラソンがスタートし、9時10分に42.195kmのフルマラソンと10kmマラソンがスタートします。コースは、「東京都庁前」を北側方向にスタートし、大雑把ですが、「靖国通り」→「飯田橋」→「皇居」→のルートで「品川」で折り返します。
 そして「日比谷交差点」→「銀座四丁目交差点」→「浅草寺雷門前」→「日本橋交差点」→「銀座四丁目交差点」→「豊洲」→「東雲」→「東京ビッグサイト」のゴール全長42.195kmです。1
0kmマラソンは日比谷がゴールとなっています。

|

2009年3月21日 (土)

横浜市 新幹線「新横浜駅」周辺の空撮!

Yokohamashinyokohama09031
-新横浜駅-

 写真の左上に窓枠が少し写って見ずらいですが、「新横浜駅」周辺の全景が分かりやすい写真だったので、カット(トリミング)せずにそのまま載せました。
 
 新横浜には3つの駅があります。1つ目は言わずと知れたとJR東海の「東海道新幹線・新横浜駅」です。島式の2面4線の高架駅となっています。新幹線の全列車が停車しますが、全列車停車する駅としては珍しく、「ホームドア」や「転落防止柵」が設置されています。
 これは過去にホームを猛スピードで通過する列車があったからです。現在は全列車が停車しますが、過去には多くの列車が通過していました。新横浜駅の拠点性アップと乗降客数の増加で、2008年3月14日のダイヤ改正からすべて列車が停止するようになりました。
 
 2つ目が、JR東日本の「横浜線・新横浜駅」です。島式1面2線の地上駅となっています。駅は橋上駅舎となっています。横浜線が地上を走っているため街が南北に分断されています。
 横浜線を高架にするのが一番いい方法ですが、新幹線の駅がかなり高いのでそれを超える高さの高架は現実的ではありません。もし「連続立体交差化」するなら地下に潜るのが現実的だと思われます。
 
 3つ目が、「横浜市営地下鉄ブルーライン・新横浜駅」です。島式1面2線1の地下駅です。「横浜市営地下鉄」は、路線の違いを分かりやすくするため、「
グリーンライン」が開業した2008年3月30日から、今までの路線を「ブルーライン」と呼ぶようになりました。
 
 更に4つ目の「新横浜駅」が建設されようとしています。
「相鉄・東急直通線事業」です。この事業は、相模鉄道と東急東横線を結ぶ大プロジェクトです。東急東横線と結ばれることで東京都心とも直結します。このプロジェクトが完成すると「新横浜駅」の拠点性は一気に高まります。
 
 詳しくは → 都心直通プロジェクト(相模鉄道)

 「新横浜駅」は、新幹線が斜めに走っているために分かりにくいですが、西口・東口といういい方をしないで、北西側が「北口」、南東側が「篠原口」となっています。
 「北口」は、大規模に区画整理されて大型ビルも次々に建設され、駅前も整備されたため横浜の玄関口という感じですが、「篠原口」は写真でも分かるようにローカル線の駅前の雰囲気を残しています。
 
 「新横浜駅」が名実ともに首都圏の玄関口の一つになるためには、街を分断するJR横浜線の連続立体交差化と「篠原口」側の区画整理および再開発が必要だと思います。

|

2009年3月19日 (木)

江東区有明 「(仮称)有明南プロジェクト」建設予定地の空撮!

Tokyoariake09031
-(仮称)有明南プロジェクト-

「(仮称)有明南プロジェクト」は、江東区有明三丁目の「東京ベイ有明ワシントンホテル」の南東側にあった駐車場「臨海副都心有明南A区画」の開発プロジェクトです。すぐ横を「ゆりかもめ」が走っています。
 2007年6月28日に、東京都港湾局により「臨海副都心有明南A区画」の事業予定者が決定し、日本土地建物・大和ハウス工業連合業が予定者となりました。当時発表された概要は、地上20階、塔屋1階、地下1階、高さ約100mでした。
 
 2009年3月6日に正式に着工されたとニュースリリースがありました。地上22階、塔屋3階、地下1階になって階数が増えていました。高さは具体的には載っていませんが、現地の「建築計画のお知らせ」では、最高部約102m、軒高約93mとなっています。
 
 日本土地建物ニュースリリース(完成予想図等)
 詳しくは → 有明南プロジェクトの着工について(2009/03/06)
 
 
(仮称)有明南プロジェクトの概要
◆ 所在地-東京都江東区有明三丁目1番30
◆ 階数-地上22階、塔屋3階、地下1階
◆ 高さ-最高部約102m、軒高約93m
◆ 敷地面積-10,147.86㎡
◆ 建築面積-5,771.32㎡
◆ 延床面積-71,284.99㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-オフィス、集会所、店舗
◆ 建築主-有明南A特定目的会社(日本土地建物、大和ハウス工業)
◆ 設計・監理-日建設計、戸田建設
◆ 施工者-戸田建設
◆ 着工-2009年03月06日
◆ 竣工-2010年12月末日予定
(注意)高さは、「建築計画のお知らせ」の数値です。
 
 
Tokyoariake09032
「建築計画のお知らせ」です。地上20階から地上22階に変更になっているので高さも変更になっている可能性があります。2008年10月7日に撮影したので数値が変更されている可能性があります。
 
 
Tokyoariake09033
2008年10月7日に撮影した「(仮称)有明南プロジェクト」の予定地です。すでに駐車場は閉鎖されていました。
 
 
Tokyoariake09034
2007年11月3日に撮影した「(仮称)有明南プロジェクト」の予定地です。進出事業者が決定してすでに4ヶ月以上経過していたのにまだ「進出事業者募集中」と書いてありました。「お役所はずいぶんのんびりしているなあ!」と当時思いました。

|

2009年3月18日 (水)

江東区 「東京港臨海大橋」の巨大な橋梁上部築造工事の様子

Tokyorinko09031
-東京港臨海大橋(仮称)-

 「東京港臨海大橋(仮称)」は、今年の2月25日に「長さが「横浜ベイブリッジ」の2倍 「東京港臨海大橋」の架設工事が始まる!」で一度特集しましたが、東京在住の「takkun氏」より東京湾の某場所で組み立て中の「東京港臨海大橋」の巨大な橋梁上部の写真を送って頂いたのでアップしたいと思います。

 なお工事名は「東京港南部地区臨海道路橋梁上部築造工事」だそうです。期間は2006年11月20日~2010年3月25日までです。来年の春過ぎには橋脚に載せられるのでしょうか?
 写真を見て驚きました。めちゃめちゃデカイ! トラス橋の一部分で大体どの部分か想像付きます。船で現地まで運び、クレーン船で橋脚に吊り上げると思いますが、クレーン船はとてつもなく巨大なんでしょうね!

 前回も書きましたが、「東京港臨海大橋(仮称)」は、「江東区若洲」と「中央防波堤外側埋立地」を結ぶ2,933m(うち海上区間1,618m)のトラス橋です。
 海上区間1,618mは、「レインボーブリッジ」や「横浜ベイブリッジ」の海上区間960mの約2倍となる巨大な橋です。
 
 詳しくは(概要、完成予想図等)
 東京港臨海道路II期事業着工式典の開催について 
 
 所在地
 
Googleマップ  Yahoo!地図情報  Live Search
 
 
Tokyorinko09032
とにかく巨大です(写真提供takkun氏)。
 
 
Tokyorinko09033
アップすると凄い迫力です(写真提供takkun氏)。
 
 
Tokyorinko09034
ここから現地まで船で運んで、クレーン船で橋脚に吊り上げるんでしょうね。距離が近いのでクレーン船で吊り上げてそのまま運ぶ可能性もあります。上記リンクの完成予想図を見ると大体どの部分か想像出来ますね(写真提供takkun氏)。

|

2009年3月17日 (火)

江東区 豊洲3-1街区・豊洲3-2街区・豊洲3-3街区の建設現場

Tokyotoyosu09031
-豊洲3-1街区・豊洲3-2街区・豊洲3-3街区-

 江東区の豊洲では、急ピッチでタワーマンションが建設されていましたが、ほとんど完成して現在は一段落しています。
 今後開発の中心となるのが、IHI(旧:石川島播磨重工業)工場跡地のほぼ中心部にある「豊洲3街区」です。豊洲3街区は「豊洲3-1街区」、「豊洲3-2街区」、「豊洲3-3街区」の3区画に分かれています。
 
 豊洲と言えば超高層ビルのイメージがありますが、「豊洲3街区」は超高層ビルではなく高さ約75mの高層ビルが3棟建設されます。
◆ 豊洲3-1街区-(仮称)豊洲3-1街区ビル計画
◆ 豊洲3-2街区-(仮称)豊洲3-2街区ビル計画
◆ 豊洲3-3街区-(仮称)TDプロジェクト
 
 昨日(3月16日)現在の建設状況の写真を、豊洲の某超高層タワーマンションにお住まいの「takkun氏」より送って頂きました。
 2008年11月1日が着工予定日となっていましたが、「豊洲3-1街区」と「豊洲3-3街区」は予定通り着工されているようです。
 
 ちなみに「(仮称)豊洲3-1街区ビル計画」のみ東京都より正確な概要が発表されています。
 地上15階、地下2階、高さ67.30m(軒高と思われます)、敷地面積13,700.00㎡、建築面積7,215.17㎡、延床面積107,016.85㎡、工期2008年11月01日~2010年09月01日となっています。「建築計画のお知らせ」と少し数値が違うようです。
  
 
Tokyotoyosu09032
某超高層タワーマンションから撮影した、「豊洲3街区」の様子です(2009年3月16日撮影、写真提供takkun氏)。
 
 
Tokyotoyosu09033
昨年の秋に撮影した、「豊洲3街区」の街区図です。
 
 
Tokyotoyosu09034
昨年の秋に撮影した、「豊洲3街区」の「建築計画のお知らせ」です。
 
 
Tokyotoyosu09035
2008年10月7日に撮影した「豊洲3街区」です。

|

2009年3月15日 (日)

千葉市 千葉ポートタワー&千葉ポートパークの空撮!

Tibatibaminato09031
-千葉ポートタワー&千葉ポートパーク-
 幕張海浜公園や稲毛海岸公園周辺は別として、千葉市の海岸はJFEスチールの製鉄所などの大規模な工業地帯になっているのでベイエリアには入る事が出来ないイメージがあります。実際にほとんど場所は立ち入り禁止となっています。しかし「千葉ポートパーク」周辺は、人工の砂浜も整備されており入る事が出来ます。
 
 「千葉ポートパーク」は、「千葉ポートタワー」と共に、千葉県の人口が500万人を突破したことを記念して整備されました。面積は28.3ha とかなり広いです。
 手元にある昭文社の「ニューエスト千葉県都市地図/1981年10月発売版」を見ると海岸は堤防ですが、すでに公園はあるので新たに公園を一から整備したのではなく、再整備したようです。
 「千葉ポートタワー」は、高さ125.1m(最高部132.9m)の展望施設のある塔です。1984年6月に着工して、1986年6月にオープンしました。展望室は3階にあり床面の高さは113mです。

 「千葉みなと駅」側の海岸も再整備が行われており、「千葉ポートタワー」近くに最初の施設である「グッドタイムリビング千葉みなと/海岸通」が建設されました。
 「グッドタイムリビング」は、オリックスグループが運営する有料老人ホームです。すぐ近くに同じような外観の「グッドタイムリビング千葉みなと/駅前通」もあります。
 海岸沿いにはかなり広い更地があるので今後も次々とマンション群が建設されると思われます。

|

2009年3月14日 (土)

聖路加ガーデン 「聖路加タワー」&「聖路加レジデンス」の空撮!

Tokyoseiroka09031
-聖路加ガーデン-
 「聖路加ガーデン」は、「聖路加国際病院」の再整備計画(聖路加ライフサイエンスセンター構想)により誕生しました。
 当初は全体が取り壊され再開発される予定でしたが、礼拝堂など旧病棟施設の一部は残されています。これらは「東京都選定歴史的建造物」に指定されています。
 「聖路加国際病院」3街区に分けて再開発されました。
2街区が新病院棟で、3街区がツインタワーの超高層ビルとなりました。
 
 比較 → 隅田川側(東側)からの空撮
 
 再開発の目玉となった3街区の「聖路加ガーデン」は、地上
47階、塔屋4階、地下4階、高さ220.63mのオフィスビル「聖路加タワー」と地上38階、塔屋1階、地下3階、高さ146.1mの共同住宅&ホテル「聖路加レジデンス」で構成されています。
 
 「聖路加タワー」は「セントルークスタワー」とも呼ばれていますが、公式ホームページを見ても「聖路加タワー」になっており、日本語では「セントルークスタワー」という表記はほとんど見かけません。
 ただ「聖路加」=「セントルークス」です。「聖路加国際病院」は英語で「St. Luke's International Hospital」と書くので英語では「セントルークスタワー」になりますね。

 ちなみに「聖路加ガーデン」の公式ホームページでは、「聖路加ガーデン」は英語で「セントルークスガーデン」に、「聖路加タワー」は「セントルークスガーデンタワー」に、「聖路加レジデンス」は、「セントルークスレジデンス」になっていました。

 「聖路加タワー」の塔屋4階の一部を地上階としてカウントしているデータもありますが、どちらが正しいかよく分かりません。
 地上3階~46階までがオフィス、地上47階が展望スカイレストランになっています。47階には無料展望台もあります。
 「聖路加レジデンス」は、地上1階~31階がシニア向け賃貸マンション、32階~38階が「東京新阪急ホテル築地」になっています。

 ちなみに病院名の「聖路加=St. Luke's 」は、「新約聖書」の「ルカによる福音書」の著者とされる人物「ルカ(Lukas)」からきているそうです。そのために正しくは「聖路加=せいるか」が正解らしいのですが、「せいろか」と読むのが一般的になっており、テレビのアナウンサーも「せいろか」と読んでいます。 
 
聖路加ガーデンの概要
◆ 名称-聖路加タワー(セントルークスタワー)、聖路加レジデンス
◆ 所在地-東京都中央区明石町8番1号
◆ 階数-地上47階、塔屋4階、地下4階(聖路加タワー)、地上38階、塔屋1階、地下3階(聖路加レジデンス)
◆ 高さ-最高部220.63m、軒高199.2m(聖路加タワー)、最高部146.1m(聖路加レジデンス)
◆ 敷地面積-13,033.19㎡(施設全体)
◆ 建築面積-9,290.70㎡(施設全体)
◆ 延床面積-170,781.40㎡(施設全体)、100,712.79㎡(聖路加タワー)
◆ 建築主-三井不動産、日本生命、東急不動産、松下興産、藤和不動産
◆ 設計・監理-日建設計、東急設計コンサルタント
◆ 施工者-鹿島建設、大成建設、清水建設、大林組 、前田建設工業JV
◆ 着工-1990年06月(聖路加タワー)、1990年08月(レジデンス棟)
◆ 竣工-1994年04月(聖路加タワー)、1994年06月(レジデンス棟)
◆ オープン-1994年05月(聖路加タワー)、1994年09月(レジデンス棟)
 
 
Tokyoseiroka09032
下から見上げた様子です。隅田川沿いは桜の名所となっています。

|

2009年3月13日 (金)

2009年東大合格者数発表 最難関校である神戸市「灘高校」の空撮!

Kobenada09031
-灘高等学校・灘中学校-
 
(追記:最終数値)
2009年東大合格者数ランキング(前・後期合計)
◎  開成(東京都)                   138人(理Ⅲ4人)
△ 筑波大学付属駒場              106人(理Ⅲ5
人)
◎  灘(兵庫県)                      103人(理Ⅲ15人)
◎  麻布(東京都)                    77人(理Ⅲ5人)
△ 東京学芸大学          74人(?)
◎  桜蔭(東京都)                    69
人(理Ⅲ3人)
◎  栄光学園(神奈川県)          59人(理Ⅲ4人)
◎  ラ・サール(鹿児島県)          53人(理Ⅲ2人)
◎  聖光学院(神奈川県)          49人(理Ⅲ1人)
◎  東大寺学園(奈良県)          44人(理Ⅲ1人)
△ 筑波大学付属                     43人(理Ⅲ2人)
◇  岡崎(愛知県)                    42人
◎  駒場東邦(東京都)              39人
◎  久留米大学附設(福岡県)    38人(理Ⅲ1人)
◇  県立浦和(埼玉県)              36人
◎  海城(東京都)                    34人(理Ⅲ1人)
◎  広島学院(広島県)              30人(理Ⅲ2人)

(注意) ◎は私立、△は国立、◇は公立です

 
(以下3月13日記)
 毎年この季節になると東大合格者数ランキングのタイトルが週刊誌の表紙を飾ります。今年も数誌で発表されていました。今年も1位は「開成高校」でした。「開成高校」は1982年から28年連続の1位なのでもはや定位置です。

 参考 → 開成高校の空撮

 各高校により生徒数が全く違うので単純に比較は出来ません。例えばトップを争う東西の両雄である関東の開成高校と関西の灘高の一学年の定員が開成高校が約400人、灘高が約215人と倍近い差があります。
 灘高は内容が凄まじく、前期試験で東大の理科Ⅲ類(主に医学部)に14人合格しておりトップです。また東大医学部と並ぶ超難関である京大医学部(医学科)に21人も合格しており凄まじい学力レベルです。

2009年東大合格者数ランキング(前期日程・サンデー毎日参照)
◎  開成(東京都)                   129人(理Ⅲ4人)
◎  灘(兵庫県)                       95人(理Ⅲ14人)
◎  麻布(東京都)                    71人(理Ⅲ5人)
◎  栄光学園(神奈川県)          55人(理Ⅲ4人)
◎  聖光学院(神奈川県)          46人(理Ⅲ1人)
◎  ラ・サール(鹿児島県)          46人(理Ⅲ2人)
◎  東大寺学園(奈良県)          43人(理Ⅲ1人)
◇  岡崎(愛知県)                    42人
◎  駒場東邦(東京都)              38人
◎  久留米大学附設(福岡県)    38人(理Ⅲ1人)
◇  県立浦和(埼玉県)              34人
◎  海城(東京都)                    30人(理Ⅲ1人)

(注意) ◎は私立、◇は公立です。毎年ベストテンの常連である「筑波大学付属駒場」、「東京学芸大学附属」、「桜蔭」の合格者数が判明していないため、今後順位は変動します。

2008年東大合格者数ランキング(前期・後期合計)
◎  開成(東京都)                   188人(理Ⅲ15人)
◎  灘(兵庫県)                      110人(理Ⅲ19人)
△ 筑波大学付属駒場               74人(理Ⅲ13人)
△ 東京学芸大学附属               74人(理Ⅲ1人)
◎  麻布(東京都)                    74人
◎  桜蔭(東京都)                    53人(理Ⅲ3人)
◎  海城(東京都)                    44人
◎  聖光学院(神奈川県)          44人
◎  東大寺学園(奈良県)          43人
◎  栄光学園(神奈川県)          42人(理Ⅲ1人)
◇  岡崎(愛知県)                    39人
◎  ラ・サール(鹿児島県)           39人(理Ⅲ2人)
◎  駒場東邦(東京都)              37人(理Ⅲ2人)
◎  渋谷教育学園幕張(千葉県) 35人(理Ⅲ1人)

(注意) ◎は私立、△は国立、◇は公立です。サンデー毎日を参照しました。「東京学芸大学附属」のみ「インターエデュ」を参照しました。

-オーキッドコート-
 空撮写真の左上に見えるのが「オーキッドコート」という超高級マンションです。「久原邸」跡の35,586.18㎡の広大な敷地を開発して誕生しました。
 周辺の建築物は、「オーキッドコート」に色彩やデザインを合わせており高級感がよりアップしています。

|

2009年3月12日 (木)

さいたま市 「浦和駅周辺鉄道高架化事業」が進行中のJR浦和駅周辺の空撮!

Saitamaurawa09031
-浦和駅周辺鉄道高架化事業-
 「JR浦和駅」は、埼玉県内に限れば、JR単体で大宮駅、川口駅に次いでに第3位の乗降客数を誇りながら、駅施設は貧弱で、おまけに線路のためにため慢性的な交通渋滞を引き起こしていました。
 駅自体も、地上にある島式の2面4線の構造でした。ホームも狭く駅舎はおせじにも近代的とは言えませでした。
 
 「浦和駅周辺鉄道高架化事業」は、これらの問題を解消すすために、浦和駅を中心に延長約1.3kmを連続立体交差高架化(高架化)するプロジェクトです。完成すると駅内には東西の連絡通路新設等も行われ、周辺市街地が一体化されます。
 高架工事だけではなく、東北貨物線に旅客ホームを新設し、「湘南新宿ライン」の浦和駅停車が可能となります。全面開業時には島式3面6線の立派な高架駅となります。

 面白いのが、「京浜東北線」と「都宮線・高崎線」のホームに比べ、「湘南新宿ライン」のホームが一段高くなる事です。
 下記の施工順序を見ると理由がよく分かります。6番線ホームは「東北貨物線」の高架をそのまま利用するためこのような構造になったようです。
 高架工事を行う最初の段階でなぜ「京浜東北線」と「都宮線・高崎線」ホームの高さを「東北貨物線」に合わせなかったのでしょうか? 勉強不足で分かりませんでした・・・
 
 詳しくは → さいたま市・浦和駅周辺鉄道高架化事業(完成予想図、施工順序等)

 最終の完成予定が当初計画より2年程遅れますが、すでに「京浜東北線」のホームが高架に移行して1面2線のホームとなっています。「宇都宮線・高崎線」の1面2線ホームはまだ地上にあります。
 2009年度中に、「宇都宮線・高崎線」の上りホームを高架化し、2010年度中に下りホームを高架化する予定です。
 更に2012年度中(当初計画では2010年度)には、「湘南新宿ライン」のホームが完成して、高架の島式3面6線の駅となる予定です。
 
完成後の浦和駅ホーム
◆ 1番線ホーム 京浜東北線(上り)
◆ 2番線ホーム 京浜東北線(下り)
◆ 3番線ホーム 宇都宮線・高崎線(上り)
◆ 4番線ホーム 宇都宮線・高崎線(下り)
◆ 5番線ホーム 湘南新宿ライン(上り)
◆ 6番線ホーム 湘南新宿ライン(下り)

 駅周辺の再開発を簡単に触れたいと思います。浦和駅の東口では「浦和駅東口駅前地区第二種市街地再開発事業」が行われ商業施設と公共施設が入居する複合型再開発ビルが完成しています。
 地上10階、地下4階、延床面積108,119㎡でメインのテナントとしてパルコやユナイテッドシネマなどが入居しています。

 浦和駅の西側には2棟のタワーマンションがあります。写真右側が「ライオンズマンション コスタ・タワー浦和」で、地上31階、地下1階、高さ107.5m、総戸数234戸(住戸216戸、共用施設3戸、店舗・事務所15戸)です。
 左側が「エイペックスタワー浦和」で、地上31階、塔屋2階、地下3階、高さ約104m、総戸数 212戸(他店舗等あり)です。

|

2009年3月11日 (水)

あの「阿修羅像(あしゅらぞう) 」が東京に! 「興福寺創建1300年記念 国宝 阿修羅展」が東京国立博物館で開催されます。

Tokyoueno09031
-興福寺創建1300年記念 国宝 阿修羅展-

 「興福寺創建1300年記念 国宝 阿修羅展」が「東京国立博物館 平成館」で開催されます。期間は2009年3月31日(火)~6月7日(日)です。
 毎週月曜日が休館日です(ただし5月4日(月・祝)は開館、5月7日(木)休館)。私は昨年、月曜日が休館日だと知らず「薬師寺展」に月曜日に行ってしまい、結局2回行くことになってしまいました。 上野駅から結構歩かないといけないので無駄足になるとめげてしまいます。
 
 詳しくは → 興福寺創建1300年記念 国宝 阿修羅展
 
 
東京国立博物館 → 興福寺創建1300年記念「国宝 阿修羅展」
 
 興福寺の
「阿修羅像(あしゅらぞう) 」は、日本で最も有名な仏像の一つではないでしょうか? 歴史教科書には必ず登場します。
 私は何度も見たことがありますが何度見ても素晴らしいです。像高153.4cmと意外と低く、想像していたよりはるかに小さかったので最初に見た時は驚いた記憶があります。しかしその存在感は圧倒的です。
 
「阿修羅像(あしゅらぞう)」は、通常は興福寺の「国宝館」の壁面のガラスケースに展示されています。そのため後姿を見る事は出来ません、しかし今回は「阿修羅像」を360度見る事が出来ます。「阿修羅像」以外にも多数の仏像が展示されますので首都圏在住の方は是非とも行ってみてください。
 
 最近、戦国武将や歴史にに興味を持つ女性「歴女(れきじょ)」や仏像のカリスマ女性「仏像ガール」など 男性主導とみられていた歴史や仏像の趣味に女性がどんどん進出してきています。一過性ではなくこの流れがずっと続いてほしいと願っています。
 
 
Tokyoueno09032
「興福寺」は奈良時代に創建された寺院です。「古都奈良の文化財」の一部として世界遺産にも登録されています。今でも敷地は広いですが、最盛期には奈良県庁あたりまで境内のあった大寺院でした。
 「興福寺」は、京都遷都、戦乱、火災など幾多の危難を乗り越えてきましたが、明治時代に出された「神仏分離令」でによる「廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)」により徹底的な打撃をこうむりました。子院はすべて廃止され、寺領は没収されました。
 
 「興福寺」は寺院では珍しく塀がほとんどありません。「奈良公園」と一体化した構造になっています。これも「廃仏毀釈」により境内は塀が取り払われ、多くの建造物が破壊され跡地に樹木が植えられたためです。
 「興福寺」と言えば「五重塔」ですが、「廃仏毀釈」の嵐はあまりにも凄まじく「五重塔」さえ売りに出る状態でした。明治時代初期には一時は廃寺同然となっていました。「興福寺」の再興が許されたのは1881年になってからです。
 
 
Tokyoueno09033
「興福寺」では、「中金堂」、「南大門」、「北円堂の回廊」の再建計画を進めています。その中で一番早く工事に取り掛かっているのが「中金堂」の再建工事です。2016年の完成を目指して工事が行われています(整備計画図では2010年になっていますが・・・)。
 今回の「興福寺創建1300年記念 国宝 阿修羅展」では、最新の高精細デジタル映像技術を駆使したバーチャルリアリティ映像により、新しい中金堂の外観や、仏像が安置された内部の様子を見る事が出来ます。
 
 
Tokyoueno09034
2009年3月現在の「中金堂」再建工事の様子です。基壇部分の工事が終わっています。奥に見えるのは興福寺の「講堂」です。
 
 
Tokyoueno09035
「中金堂」周囲の回廊の基壇部分はすでに再建が終わっています。この部分は基壇部分の再建のみで建築物は再建されません。
 
 
Tokyoueno09036
東京・京都・奈良などの国立博物館の展示会ではほとんどの場合に本が同時発売されます。少々高いですが立派な本で解説も詳しいので来館記念にぜひ購入をお勧めします。

|

2009年3月10日 (火)

(仮称)JPタワー 「東京中央郵便局」の再開発計画は双方痛み分けで最終決着しそうです。

Tokyojp09031
-(仮称)JPタワー-

 日本郵政は、「東京中央郵便局」の再開発計画を見直す方針を固めたそうです。当初は「登録文化財を望んでいるわけではない」とう方針でしたが、「登録有形文化財」としての登録をめざし、局舎の保存部分を拡大して再開発する方針に変更するようです。  
 
 「保存部分の面積は増やすが、超高層は堅持する」という双方痛み分けの最終決着になりそうです。
 1つずつ正式な過程を踏んで決められた事が覆るという今回の問題の経緯には、私個人としては納得出来ない部分もありますが、ここまでもめたらこの決着方法しかないと思います。もし「大岡越前」がいたらどんな仲裁をしたんでしょうかね・・・  
 
 この問題は「大阪中央郵便局」にも飛び火しそうな勢いだったし、東京都は逆に正式に都市計画を認めるという訳の分からない状態で、波紋がどんどん広がっていきました。
 昨日(3月9日)の「日経平均株価」の終値はバブル崩壊後の最安値である
7,086.03円まで下落してしまいました。雇用状況もどんどん悪化しています。
 その中で876億円の巨大プロジェクトを失うというのは大きな損失です。この絶望的とも言える不景気にこんな大金を出してくれる企業はありません。雇用に関しても大きな痛手です。
 
 衆議院の総選挙も近いです。建設業界は大きな票田でもあります。この点も決着を早める要因になると思います。双方ともメンツが立つように落とし所を探して歩み寄るのではないでしょうか?
 それに空撮写真でも分かりますが、この場所は日本の中の日本とも言える超一等地です。日本および東京の国際競争力の観点からもそのままにしておくのはあまりにもったいなと思います。
 
 
Tokyojp09032
「(仮称)JPタワー」のプロジェクト名である「(仮称)丸の内二丁目7地区計画新築工事」の建築計画のお知らせです。

|

2009年3月 8日 (日)

JR秋葉原駅周辺もすっかり変わりました!

Tokyoakiba09031
-JR秋葉原駅周辺-
 少し前に、私は野球ファンというよりも「阪神タイガース」ファンなので、「ワールドベースボールクラシック(WBC)やオリンピックの野球なんてどうでもいい!」というスタンス・・・ と書きましたが、予想通りというかやっぱりというか昨日の日韓戦を必死で応援していました・・・(笑) やっぱり「イチロー」は凄いですね! 恥ずかしながら「WBC」にコールドゲームがある事を知りませんでした・・・
 
 
JR秋葉原駅周辺は何度もアップしていますが、今回は駅周辺の少し規模の小さいビルの特集をしてみたいと思います。
 駅西側の「秋葉原クロスフィールド」に比べて目立ちませんが、駅東側のヨドバシカメラ「マルチメディアAkiba」周辺では、数ヶ所で再開発が行われていました。
 
 1つ目が「
秋葉原センタープレイスビル」です。地上16階、地下2階、高さ67.17m、延床面積13,822.21㎡のオフィスと店舗で構成されているビルです。「三菱地所」出資のSPCにより建設され、2007年4月27日に竣工しました。
 
 2つ目が
TX秋葉原阪急ビル」です。商業施設の「AKIBA TOLIM(アキバ・トリム)」の方が有名ですが、ビルの正式名称はTX秋葉原阪急ビル」です。
 地上18階、地下2階、高さ68.55m、延床面積14,213.31㎡です。2008年3に竣工し、2008年4月17日にオープンしました。
 地下1階~地上6階が商業施設の「AKIBA TOLIM(アキバ・トリム)」で、地上7階~18階が「阪急阪神第一ホテルグループ」が運営する総客室数260室のホテル「レム秋葉原」です。
 
 でも何と言っても話題は「chomp chomp AKIHABARA(チョムチョム秋葉原)」です。というのは「ジェイコム株大量誤発注」ですっかり有名になった「B・N・F氏」が90億円のキャッシュで購入したからです。
 昨年の秋にビルを購入した時、この話題はかなり騒がれましたのでご存知だと思います。ちなみに「B・N・F氏」は、100万円そこそこの元手で株式投資により数年で200億円以上に資産を増やした株の神様です。 
 
 詳しくは → あのジェイコム男、現金でポン! アキバで90億ビルオーナーに
 
 ところでみなさん200億円あったらどうしますか? 私は東京、大阪、ニューヨーク、香港、上海、シンガポール、ドバイにマンションを買って、世界中の都市や古代遺跡をヘリコプターから空撮したいです。
 あと高さが100mあったと言われている奈良「東大寺」の七重の塔(東塔と西塔)再建したい! 200億円で足りるかなあ・・・(笑)

|

2009年3月 7日 (土)

練馬区・板橋区 東京都23区最大「光が丘パークタウン」の空撮!

Tokyohikari09031
-光が丘パークタウン-

 「光が丘パークタウン」は、都心から北西方向に約15km離れた練馬区と板橋区にまたがるニュータウンです。ただ板橋区の部分はごくわずかでほとんど練馬区になります。
 開発総面積186ha、分譲戸数と賃貸戸数を合わせて約12,000戸、人口約36,000人は東京都23区内では最大のスケールです。
 
 敷地北側には広大な「光が丘公園」があり、運動施設も併設されています。敷地中心部には商業施設「IMA」があります。
 「光が丘パークタウン」は永らく鉄道交通に関しては近くに駅がなく不便な状態でしたが、1991年12月に都営地下鉄「12号線」の「光が丘駅」が開業し便利になりました。なお都営地下鉄「12号線」は、その後延伸され「大江戸線」に改称されています。
 
 「光が丘パークタウン」が建設された場所は、もともと日本陸軍(日本には空軍はなかった)が1942年に建設した「成増飛行場」があった場所です。
 日本の敗戦により、連合軍に接収され、アメリカ空軍の家族宿舎「グラントハイツ」として使用されます。この土地が日本に全面的に返還されたのは1973年9月になります。
 
 
Tokyohikari09032
「光が丘パークタウン」で一番高い「 J.CITY」です。 地上24階、地下3階、高さ100.72mのオフィスビルです。

|

2009年3月 6日 (金)

「西新宿八丁目成子地区第一種市街地再開発事業施設建築物」に「建築計画のお知らせ」が再掲示されました。

Tokyonaruko09031
-西新宿八丁目成子地区-
 
JR東京駅前の「旧:東京中央郵便局」の再開発がますます混沌としてきました。今回の議論が純粋に文化財を残すということで建設が中止になるのなら私も納得します。
 しかし新聞やテレビ等で見ると、「郵政民営推進派」 VS 「郵政民営反対派+郵政官僚」の壮絶な権力闘争の象徴にしか見えません。その点が非常に残念です・・・
 
 お隣韓国の首都ソウルでは、新たに「現代・起亜自動車グループ」が地上110階の超高層ビルの建設計画を発表しました。ソウルには他にも地上100階を超す超高層ビルの建設計画が3ヵ所あるそうです。
 世界的な金融危機によりすべてが完成するとは思えませんが、東京のライバル都市である上海、香港、シンガポール、ソウルは全速力で走っています。
 超高層ビルがあるからアジアの中心都市になれる訳ではないですが、見た目は非常に重要で、各都市とも戦略的に都市計画を立てています。今回の「旧:東京中央郵便局」の論議が東京をどのような都市にしたいのかという観点が完全に欠落しているのが問題です。
 
 話を本題に戻して、「Audie-Gryph氏」より「西新宿八丁目成子地区第一種市街地再開発事業施設建築物」の最新の写真を送って頂いたのでアップしたいと思います。
 実は、この現場は一時的に「建築計画のお知らせ」が撤去されていました。「もしかして世界的な金融危機による影響?」と心配しましたが、再掲示されました。単に「施工者」の名前を追加するために外してあっただけのようです。

(間違い&お願い) 空撮写真の「青梅街道」が正しい所を「青海街道」と間違って書いています。修正するパワーがありませんでした。
 このブログやホームページ等の写真が他のブログ等で無断転載されているのを見かけます。転載等は一切認めていないので絶対に行わないようお願いします。

 
 
Tokyonaruko09032
「西新宿八丁目成子地区」の高層棟建設予定地です(写真提供Audie-Gryph氏)。
 
 
Tokyonaruko09033
「西新宿八丁目成子地区」の中層住宅棟建設予定地です(写真提供Audie-Gryph氏)。


Tokyonaruko09034
「西新宿八丁目成子地区」の再掲示された「建築計画のお知らせ」です。数値等は一切変更はありません。施工者名が新たに追加されれました(写真提供Audie-Gryph氏)。
(注意)個人の氏名、会社の電話番号等は消去しました。

|

2009年3月 5日 (木)

第2回ワールドベースボールクラシック(WBC)開幕 東京ラウンド決戦の地「東京ドーム」の空撮!

Tokyodoom09031
-第2回ワールドベースボールクラシック(WBC)-

 私の場合は、野球ファンというよりも「阪神タイガース」ファンなので、「ワールドベースボールクラシック(WBC)やオリンピックの野球なんてどうでもいい!」というスタンスですが、いつも気がついたら毎回一生懸命応援しています・・・(笑)
 
 今日から第2回ワールドベースボールクラシック(WBC)の東京ラウンドが始まります。日程は下記のようになっています。上位2チームが本戦が行われるアメリカに行くことが出来ます。
 
東京ラウンド日程

◆ Game 1 3月5日(木) 中国 VS 日本
◆ Game 2 3月6日(金) C.T.   VS  韓国
◆ Game 3 3月7日(土) Game 1 敗者  VS  Game 2 敗者
◆ Game 4 3月7日(土) Game 1 勝者  VS  Game 2 勝者
◆ Game 5 3月8日(日) Game 3 勝者  VS  Game 4 敗者
◆ Game 6 3月9日(月) Game 4 勝者  VS Game 5 勝者
(注)C.T. = チャイニーズタイペイです。
 
 WBCは今回が2回目ですが、マスコミは「他にスポーツはないのか?」というくらいテレビでもスポーツ新聞でも特集しています。
 またお得意の思いっきり持ち上げて、負けたら徹底的に叩くパターンが繰り返されるのでしょうか? 
第1回に続きチャンピオンになってほしいですが、たとえチャンピオンになれなくても毎回繰り返す戦犯探しは見苦しいのでやめてほしいです。
 
-春日・後楽園駅前地区市街地再開発-
 
本題ではないですが、「春日・後楽園駅前地区市街地再開発」の予定地が写っているので少しコメントしたいと思います。
 少し前までは「春日町三丁目地区」というプロジェクト名で呼ばれていました。かなり前から再開発計画があったのでずっと現地を見ていましたが、全く変化がないので自然消滅したのかと思っていました。最近になり少し動き出しました。
 
 詳しくは → 春日・後楽園駅前地区市街地再開発・公式HP 
 
概要
◆ 所在地-東京都文京区小石川一丁目1番 外
◆ 階数-地上44階、地下3階(N棟)、地上20階程度(S棟)
◆ 高さ-約155m(N棟)、約105m(S棟)
◆ 構造-S造、一部SRC造
◆ 用途-オフィス、共同住宅、店舗
◆ 敷地面積-約16,020㎡
◆ 建築面積-約11,650㎡
◆ 延床面積-約183,000㎡(容積対象面積141,000㎡)
◆ 工期-2010年12月~2013年度末予定
 
 
Tokyodoom09032
4年前に撮影した「文京シビックセンター」の展望台から撮影した「春日・後楽園駅前地区市街地再開発」の予定地です。ほとんど変化がない事が分かります。

|

2009年3月 4日 (水)

千葉県印西市(いんざいし) 千葉ニュータウン中央駅周辺「三井住友海上千葉ニュータウンセンター」他の空撮!

Tibatibant09031_2
-千葉ニュータウン中央駅-

 「千葉ニュータウン」は、日本の高度成長期の1960年代に東京のベッドタウンとして計画された大規模プロジェクトです。
 当初は、約2,912haの広大な敷地に人口34万人の巨大なニュータウンを造成するという壮大な計画でした。しかし人口は思うように伸びず、現在の計画人口は14万3,300人、開発面積は約1,933haと大幅に縮小されています。

 「千葉ニュータウン」の中心的な場所が、中央エリア(千葉ニュータウン中央駅周辺)です。北総地区最大級のイオンのショッピングセンターやオフィスビル、事務センター、研究所などが集積しています。
 「千葉ニュータウン中央駅」は、島式1面2線の駅で、保有は「千葉ニュータウン鉄道」、駅の保守・管理は「北総鉄道」が行っています。
 この鉄道は成田空港まで延長され(別会社)、東京都心から成田空港へのアクセス鉄道として一部時速160kmの高速運転が行われます。

 駅前にある一番高いビルが、「三井住友海上千葉ニュータウンセンター(旧:三井海上千葉ニュータウン本社)」です。

三井住友海上千葉ニュータウンセンターの概要
◆ 所在地-千葉県印西市大塚二丁目2-1
◆ 階数-地上20階、塔屋1階、地下2階
◆ 高さ-100.0m
◆ 敷地面積-約50,000㎡
◆ 建築面積-約15,388㎡
◆ 延床面積-約81,011㎡
◆ 構造-鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-オフィス、コンピュータセンター
◆ 建築主-三井海上火災
◆ 設計・監理-日建設計
◆ 施工者-(AⅠ区)鹿島建設、大成建設、竹中工務店JV
◆ 着工-1992年03月
◆ 竣工-1994年12月

|

2009年3月 3日 (火)

港区 「芝浦水再生センター再構築に伴う上部利用事業」地上32階、高さ約153mの超高層ビル建設へ!

Tokyoshibaura09031
-芝浦水再生センター再構築-

 JR東京駅前の「旧:東京中央郵便局」の再開発が本格的に見直されそうです。なんでこうなんるんでしょうか? 私のような超高層ビル好きの人間は「日本に生まれるべきではなかった・・・」と最近特に思うようになりました。日本が大好きなだけに今の状況は本当に悔しいです。
 誤解されるといやなので書きますが、私は京都や奈良の神社仏閣も大好きです。「マチュピチュ」や「アンコールワット」などの古代遺跡も大好きで決して超高層ビル至上主義者ではありません。
 
 ニューヨークのDOWが約11年4ヶ月ぶりに7000ド$を切りました。299.64$安の6763.29$で引けました。「ポジティブシンキング」で行こうと努力していますが、「旧:東京中央郵便局」の件といい何で世の中うまいこと行かないんでしょうね・・・
 
 気分を変えて、「東京都下水道局」が「芝浦水再生センター」で実施する雨天時貯留池の建設にあわせ、上部空間を利用し業務・商業系ビルを建設・運営する事業者を公開募集していましたが落札者が決定しました。
 
 落札者は「エヌ・ティ・ティ都市開発」を代表企業とするグループで、代表企業の「エヌ・ティ・ティ都市開発」以外に「大成建設」、「ヒューリック」、「東京都市開発」、「NTTTファシリティーズ」、「日本水工設計」で構成されています。
 完成予想図を見ると隣に「NTT ドコモ品川ビル」が見えるので、敷地南側に建設すると思われます。
 
 詳しくは(東京都・報道発表資料:2009/03/02)
 芝浦水再生センター再構築に伴う上部利用事業の落札者決定について

 
概要
◆ 計画名-芝浦水再生センター再構築に伴う上部利用事業
◆ 所在地-東京都港区港南一丁目2番1
◆ 階数-地上32階、地下2階
◆ 高さ-153.35m(最高部) 航空法での高さ制限と同じ
◆ 建築面積-8,266.56㎡
◆ 延床面積-179,980㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-オフィス、店舗
◆ 落札者-エヌ・ティ・ティ都市開発、大成建設、ヒューリック、東京都市開発、NTTTファシリティーズ、日本水工設計

|

2009年3月 1日 (日)

渋谷区神南 「NHK放送センター・NHKホール」の空撮!

Tokyonhk09031
-NHK放送センター・NHKホール-
 「JOAK-TV(教育テレビはJOAB-TV)」のコールサインで有名な「NHK放送センター」です。NHKで放送する全国ネットのほとんどは、渋谷区神南の「NHK放送センター」で製作されて発信されています。
 BS放送や国際放送およびラジオもここで製作されて発信されています。NHKの関東ローカルも同様です。
 
 東京に行ったときホテルのテレビでニュースを見ているとNHKおよび民放のニュースが全国から関東ローカルに変わってもそのまま同じアナウンサーが続けているので最初は違和感がありました。関東に住んでいる方には当たり前だと思いますが・・・
 個人的な事ですが、関西ではNHKの「もうすぐ8時!プレマップ」くらいでしか見る事がない「鈴木奈穂子アナウンサー」が、NHKの関東ローカルでニュース原稿を読んだり頻繁に登場していたのでちょっとした感動でした(笑)。
 
 NHKホールは、紅白歌合戦で使用されている超有名な多目的ホールです。1972年11月竣工し、1973年6月から使用開始されました。総座席数は3601席あります。
 
NHK放送センター・NHKホールの概要
◆ 所在地-東京都渋谷区神南二丁目2-1
◆ 階数-地上8階(一部23階)、塔屋3階、地下1階
◆ 高さ-101.8m(最高部)
◆ 敷地面積-82,650㎡(施設全体)
◆ 建築面積-47,500㎡(施設全体)
◆ 延床面積-218,500㎡(施設全体)
◆ 建築主-日本放送協会
◆ 設計者-佐藤武夫、山下寿郎設計事務所、武藤構造力学研究所、日本技術開発、梓設計、日建設計
◆ 施工者-大林組、鹿島建設、清水建設、大成建設、竹中工務店、戸田建設、間組JV
◆ 竣工-1973年03月
(注意)1973年の竣工時の数値です。設備増強等が何度も行われているので面積等の数値は変わっています。

|

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »