« 千葉市の都心「JR千葉駅」周辺の空撮! | トップページ | 皇居外苑お濠沿いの「千鳥ヶ淵」の桜が満開だそうです! »

2009年4月 4日 (土)

朝日生命が、JR東京駅前の本社「朝日生命大手町ビル」を三菱地所に売却 将来的には再開発の可能性大!

Tokyoasahi09041
-朝日生命大手町ビル売却-
 「朝日生命保険」は、東京都千代田区大手町二丁目のJR東京駅前にある本社ビルを土地も含め約800億円で2009年3月末に売却したことを明らかにしました。
 「朝日生命保険」は、金融危機の影響で業績不振に陥っており、リストラで収益を改善する狙いです。2002年の当時の本社ビル(東京都新宿区)に続き2度目の本社売却です。
 
 売却先は、三菱地所の関連会社で、「朝日生命保険」は、当面は賃貸で本社として利用しますが、三菱地所が再開発する場合は移転も検討します。
 「朝日生命大手町ビル」は、「朝日・東海ビル」として朝日生命と東海銀行により建設され、1971年7月に竣工しています。
 地上29階、地下4階、高さ119.6m、敷地面積3,327㎡、建築面積2,783㎡、延床面積50,618㎡です。1973年には「BCS賞(Building Contractors Society)」を受賞しています。
 
 このビルがいかに超一等地にあるのか空撮写真を見たらよく分かると思います。今回買収した三菱地所(正確にはグループ会社)にとっては、金額以上に大きい意味があります。
 それは、すぐ北側に「朝日生命大手町ビル」を取り囲むように建っている「日本ビル」を「三菱地所」が保有しているからです。三菱地所は丸の内や大手町に所有するビルを今後もドミノ式に建て替えていく予定ですが、「日本ビル」を再開発する場合、入口側に「朝日生命大手町ビル」があるのがネックでした。
 
 しかし今回の買収で一体的に再開発する事が可能になります。ちなみに「日本ビル」は、1962年7月に竣工し、1965年11月に増築が行われています。地上14階、地下4階で、敷地面積15,484.89㎡、延床面積173,016.21㎡という巨大なオフィスビルです。
 仮に一体的に再開発行われた場合に敷地面積は、3,327㎡+15,484㎡=18,811㎡となります。大雑把に容積率が1500%として計算した場合約28万㎡の超高層ビルが建設可能です。皇居側と違って高さ制限も比較的緩いので高さも期待出来ます。
 
 
Tokyoasahi09042
「朝日生命大手町ビル」を地上から見た様子です。地上29階、地下4階、高さ119.6mです。

|

« 千葉市の都心「JR千葉駅」周辺の空撮! | トップページ | 皇居外苑お濠沿いの「千鳥ヶ淵」の桜が満開だそうです! »

121 東京都・千代田区②」カテゴリの記事