« 大規模に開発が行われている 二子玉川東地区第一種市街地再開発事業(2009年春)の空撮! | トップページ | 千葉市 竣工した「千葉セントラルタワー(CHIBA CENTRAL TOWER)」の空撮! »

2009年5月 2日 (土)

東京都武蔵野市 「武蔵野タワーズ」建設現場(2009年春)の空撮!

Tokyomusashino09051
-1970年代のノスタルジー-

 今朝、6時台にNHKを見ていたら明日の5月3日(日)に、茨城県神栖市に「池沢早人師 サーキットの狼ミュージアム」がオープンするそうです。
 「ランボルギーニカウンタック」、「ランボルギーニミウラ」、「ロータスヨーロッパ」、「フェラーリディーノ」など1970年代の「スーパーカーブーム」の時に走っていたスーパーカーが多数勢ぞろいしていました。
 私と同じ40代の男性は、1970年代の「池沢さとし」氏の漫画「サーキットの狼」およびスーパーカーにハマった方が多いと思います。
 「池沢さとし」氏が直接運営している訳ではなく、スーパーカーファンが運営しているようですが、ぜひ1度行ってみたいと思います。
 
 オッサンのノスタルジーと言われそうですが、私は「1970年代はある意味デザインが頂点を極めた時代!」だと思っています。
 私の中では、今でも一番素晴らしいスーパーカーは「ランボルギーニカウンタックLP500」です。F1マシンも1978年に登場した「ロータス79」を超えるデザインのマシンを未だに見たことがありません。
 
 「ロータス79」は、当時許されていたウィングカーでした。デザインやブラックにゴールドの「JPS」および日本の「OLYMPUS」のスポンサーの文字などあらゆるデザインが美しく完璧でした。
 「マリオ・アンドレッティ」と「ロニー・ピーターソン」がよく1・2フィニッシュをしていましが、残念ながらの「ロニー・ピーターソン」はこの年のイタリアカGP(モンツァ)でレース中の事故で亡くなってしまいました。
 
 世界中の空を守っている主力戦闘機の「F-15」、「F-16」、「F/A-18」も基本設計は1970年代です。
 30年以上経過した未だにアメリカをはじめ世界各国で主力戦闘機の地位にあるのは、当時の設計がいかに素晴らしかったかを如実に表していると思います。
 
-武蔵野タワーズ-
 
「武蔵野タワーズ」は、「JR三鷹駅」北口の再開発により建設中です。ややこしいのが、「JR三鷹駅」が武蔵野市と三鷹市の境目にあり、「武蔵野タワーズ」は、武蔵野市側にあることです。
 このあたりは「玉川上水」が市の境になっており、「JR三鷹駅」を斜めに横切っています。
 空から見ると「井の頭自然文化園(井の頭公園)」や「玉川上水」沿いの緑などこのあたりは緑が多く、住環境としては抜群です。ちなみに有名な「神田川」は、「井の頭公園」の「井の頭池」が源流となっています。
 
 「武蔵野タワーズ」は、北側の「スカイクロスタワー」と南側の「スカイゲートタワー」および「タワーズモール(商業フロア)」で構成されています。
 階数は、北棟が地上31階、地下3階、南棟が地上28階、地下3階ですが、共に高さは 103.70mとなっています。

武蔵野タワーズの概要
◆ 計画名-(仮称)武蔵野市中町一丁目計画 北棟、南棟
◆ 所在地-東京都武蔵野市中町一丁目3088番1(北棟)、3088番2(南棟)
◆ 階数-地上31階、地下3階(北棟)、地上28階、地下3階(南棟)
◆ 高さ-最高部103.70m(北棟)、最高部103.70m(南棟)
◆ 敷地面積-7,365.64㎡(施設全体)、3,666.25㎡(北棟)、3,699.39㎡(南棟)
◆ 建築面積-1,481.87㎡(北棟)、2,087.02㎡(南棟)
◆ 延床面積-38,508.16㎡(北棟)、38,983.22㎡(南棟)
◆ 構造-鉄筋コンクリ-ト造
◆ 用途-共同住宅、店舗
◆ 総戸数-570戸(南棟:243戸、北棟:327戸、他管理事務室各棟1戸)
◆ 建築主-野村不動産、三菱地所、NTT都市開発、ランド、オリックス不動産
◆ 設計・監理-三井住友建設
◆ 施工者-三井住友建設
◆ 着工-2007年12月15日(施設全体)
◆ 竣工-2010年02月下旬予定(施設全体)
◆ 入居開始-2010年03月下旬予定(施設全体)

|

« 大規模に開発が行われている 二子玉川東地区第一種市街地再開発事業(2009年春)の空撮! | トップページ | 千葉市 竣工した「千葉セントラルタワー(CHIBA CENTRAL TOWER)」の空撮! »

151 東京都・ 23区以外」カテゴリの記事