« 江東区 「パークハウス清澄白河タワー」建設現場(2009年春)の空撮! | トップページ | 「成田国際空港・B滑走路北側延伸工事」建設現場(2009年春)の空撮! Part1 「16L側進入灯」付近 »

2009年6月14日 (日)

「千葉駅西口地区第二種市街地再開発事業」建設現場(2009年春)の空撮!

Chibaeki09061
-千葉駅西口地区第二種市街地再開発事業-

 「JR千葉駅」は、島式のが5面10線+貨物用1線の駅です。千葉駅ビル「ペリエ」をはさんで3方向から線路が合流する「Y字型」の構造になっています。
 南側の1~6と北側の7~10番線の間に千葉駅ビル「ペリエ」があります。起伏のある土地に建設したため、駅の西側(東京側)は地上にありますが、駅の東側は高架になっています。そのため駅の西側では道路が線路の上を高架で走り、駅の東側では道路の上を線路が高架で走っています。
 
 「JR千葉駅」には、メインである「東口」の他に、駅西側の北側にある「北口」、「北口」の反対側にある「西口」の3つの玄関口があります。
 元同僚で、長年千葉県に住んでいる知人に聞いたことがありますが、「東口」以外は使ったことないと言っていました。このように忘れられているような駅の西側ですが、現在再開発工事が行われています。
 私的には、この再開発が駅周辺の大規模再開発の起爆剤になる事を期待しています。
 
 詳しくは → 千葉駅西口地区第二種市街地再開発事業
 
千葉駅西口地区第二種市街地再開発事業の内容
◆ A1棟、A2棟、A3棟、B棟の建設
◆ 駅前広場の大幅拡張
◆ 「千葉街道」からの連絡道路(千葉港黒砂台線)の大幅拡幅
◆ ペデストリアンデッキの整備
◆ 公園(新千葉公園)の整備
 
 空撮写真でも分かりますが、駅前広場に接続される拡幅工事中の「千葉港黒砂台線」が「京成千葉線」の地下に潜っている事が分かります。
 すぐ東側にある「京成千葉駅」の上をモノレールが走っているため、このあたりは高架化が不可能です。そのためにこのような構造になります。
 
 
Chibaeki09062
「JR千葉駅」のメインである「東口」です。「JR千葉駅」は、東側が低く西側が高い土地にあるため、このあたりは高架になっています。
 
 
Chibaeki09063
現在の西口の駅前広場です。写真右側(西側)に大幅に拡張されます。
 
 
Chibaeki09068
拡幅される駅前広場の用地です。掘り下げられている部分は、ペデストリアンデッキの支柱部分でしょうか? 奥に、B棟や新千葉公園の整備が計画されています。
 
 
Chibaeki09064
西側部分です。奥から「A1棟」、「A3棟」の用地です。このあたりは高架でない事が分かります。
 「A1棟」は、地上11階、地下1階のオフィスと店舗で構成されるビルが、「A3棟」は、地上10階、地下1階のオフィスと店舗で構成されるビルが建設される予定です。
 
 
Chibaeki09065
東側の「A2棟」用地です。なぜか西側から「A1棟」、「A3棟」、「A2棟」の順番になっています。「A2棟」は、地上12階、地下1階のホテルと店舗で構成されるビルが建設される予定です。
 
 
Chibaeki09066
「JR千葉駅の」構造がよく分かります。3方向から線路が合流する「Y字型」の構造になっていて、南側の1~6と北側の7~10番線の間に千葉駅ビル「ペリエ」があります。「ペリエ」は建て替えられる事が決まっています。
 北口や西口は忘れられた存在になっていますが、本当はこのあたりの方が駅の幅が狭く乗り換えも便利なんですが・・・
 
 
Chibaeki09067
「千葉駅構内西口自由通路整備工事」が行われています。工事前でも西口(南側)と北口は自由に往来できていたし、完成予想図を見てもアーチ部分以外は、前と何が違うのか私には良く分かりませんでした。

 詳しくは →  千葉駅西口自由通路のアーチトラスの色の投票結果について

|

« 江東区 「パークハウス清澄白河タワー」建設現場(2009年春)の空撮! | トップページ | 「成田国際空港・B滑走路北側延伸工事」建設現場(2009年春)の空撮! Part1 「16L側進入灯」付近 »

231 千葉県・千葉市」カテゴリの記事