« 「(仮称)JPタワー」&「(仮称)丸の内一丁目計画」&「パレスホテル建替計画」の最新状況 | トップページ | 「(仮称)西浅草3丁目計画」建設予定地 2009年春の空撮!   »

2009年7月14日 (火)

テレビドラマ「ブザー・ビート ~崖っぷちのヒーロー~」ロケ地 「霞が関ビルディング(霞が関ビル)」周辺

Tokyokasumigaseki09071
-ブザー・ビート ~崖っぷちのヒーロー~-
 
昨日(7月13日)は、衆議院の解散発表で大阪駅周辺で2紙の「号外」を受け取りました。でも私的には「キリンホールディングス」と「サントリーホールディングス」が経営統合に向けて交渉に入った事がはるかに衝撃的でした。
 全く予想もしていませんでいたが、世界で戦うためには勝ち組同士の経営統合がこれからどんどん起こってくるんでしょうね。でも企業文化が全く違うこの2社を束ねるのは大変そうです・・・ 次は「アサヒビール」+「サッポロホールディングス」だったりして・・・
 
 昨夜(7月13日)からフジテレビの”月9”ドラマで、「ブザー・ビート ~崖っぷちのヒーロー~」が始まりました。
 内容は、気弱だけどまっすぐなプロバスケットボール選手「上矢直輝(山下智久)」と前向きだけど素直になれないバイオリニストを目指す「白河莉子(北川景子)」が、恋と友情に悩みながら成長していく物語です。
 共演は他に、相武紗季、貫地谷しほり、溝端淳平、金子ノブアキ、青木崇高、はんにゃ、大政絢、永井大、真矢みき、伊藤英明らが出演しています。
 
 私的には、「七海菜月」役の「相武紗季」を楽しみに見ていましたが、いつもの「おっとりしたホワーン」とした役とは全く違い目つきもかなり怖かったです(笑)。タバコは吸う、一人の時は悪態をつく、彼氏以外の男とも・・・
 まあ彼女も24歳なので、いつまでも「おっとりしたホワーン」とした役ばかりやっている訳にはいかないのでしょうね。
 
 ロケ地ですが、「霞が関ビルディング(霞が関ビル)」周辺が何度も登場していました。プレイオフ進出の祝勝会を行っていた「DJ.Stone KASUMIGASEKI(ディージェーストーンカスミガセキ)、「上矢直輝(山下智久)」が契約更改の交渉に訪れたビル、「上矢直輝(山下智久)」と「七海菜月(相武紗季)」が会話をしていた場所もこのあたりです。
 ちなみに「霞が関ビル」は略称で正式名称は「霞が関ビルディング」です。ビル名は「霞ヶ関」ではなく「霞が関」です。
 
 
Tokyokasumigaseki09072
ビル前の広場は何度か登場していました。
 
 
Tokyokasumigaseki09073
プロバスケットボールチーム「JC ARCS」の親会社は、「霞が関ビルディング」にある設定になっていました。
 地上36階、塔屋2階、地下3階、高さ約156mの日本で最初の超高層ビルです。最近大規模なリニューアル工事が行われました。
 
 
Tokyokasumigaseki09074
プロバスケットボールチーム「JC ARCS」のプレイオフ進出の祝勝会が行われた「DJ.Stone KASUMIGASEKI(ディージェーストーンカスミガセキ)」は、「東京倶楽部ビルディング」の1階にあります。
 
 「霞が関ビルディング」と「東京倶楽部ビルディング」の下層階にある全28店舗のダイニングは「霞ダイニング」という名称です。「東京倶楽部ビルディング」は、地上14階 地下1階、高さ74.76mです。
 
 
Tokyokasumigaseki09075
「霞が関コモンゲート」です。見方によってはこちらが親会社の本社ビルの設定のようにも見えました。
 「霞が関コモンゲート」は、霞が関の官庁街を再開発して誕生しました。高さが逆に見えますが、左側が「西館」で、地上38階、塔屋1階、地下3階、高さ175.78m、右側が「東館」で、地上33階、塔屋1階、地下2階、高さ156,67mです。

|

« 「(仮称)JPタワー」&「(仮称)丸の内一丁目計画」&「パレスホテル建替計画」の最新状況 | トップページ | 「(仮称)西浅草3丁目計画」建設予定地 2009年春の空撮!   »

101 テレビドラマ・映画ロケ地めぐり」カテゴリの記事

121 東京都・千代田区②」カテゴリの記事