« JR錦糸町駅周辺 「アルカタワーズ錦糸町」&「パークタワー錦糸町」の空撮 | トップページ | 丸の内地区 「(仮称)JPタワー」&「(仮称)丸の内一丁目計画」 2009年夏・最新状況 »

2009年8月21日 (金)

東京駅丸の内駅舎保存・復原工事 2009年夏・最新の建設状況

Tokyotokyo09081
-東京駅丸の内駅舎保存・復原工事-

 陸上の第12回世界選手権の男子二百メートル決勝で、「ウサイン・ボルト」が19秒19の世界新記録で優勝しました。百メートルに次いで2冠です。まさに神様が与えた奇跡のような肉体ですね!
 
 東京駅では、世紀の大工事が進行しています。「東京駅丸の内駅舎保存・復原工事」ですが、最新の建設状況の写真をを「Audie-Gryph氏)」に送って頂いたのでアップしたいと思います。
 「東京駅丸の内駅舎保存・復原工事」は、現存する丸の内駅舎を可能な限り保存しつつ、戦災により損失した部分を復原し、創建当初の3階建ての建物に復原するビッグプロジェクトです。
 復元するだけではなく、今ある駅舎の下に「地下躯体(地下1階・2階)」を作り、駅舎と地下躯体の間に免震装置を設置するというかなりの難工事も同時に行われます。そのため工費は約500億円もかかります。
 
 鹿島建設のホームページを見ると見るからに難しそうな工事です。工事は2007年5月30日に着工され、2012年6月頃に完成予定です。なお空撮写真は2009年4月に撮影したものです。
 
 鹿島建設 東京駅丸の内駅舎保存・復原工事
 
 JR東日本 プレスリリース(2007/05/08:PDF)
 東京駅丸の内駅舎保存・復元工事の着工について
 
 
Tokyotokyo09082
「北ドーム部」です(写真提供Audie-Gryph氏)。
 
 
Tokyotokyo09083
「北切妻部」と「中央部」です。この部分はまだフェンスで覆われていないようです。奥に見える「大丸」が入っていた建物もかなり解体されて低くなっています(写真提供Audie-Gryph氏)。
 
 
Tokyotokyo09084
東京駅前が大変な事になっています! 「南切妻部」・「南ドーム部」・「南ウィング部」です。
 「南切妻部」の屋根が撤去され、「南ウィング部」にタワークレーンが建ちました(写真提供Audie-Gryph氏)。

|

« JR錦糸町駅周辺 「アルカタワーズ錦糸町」&「パークタワー錦糸町」の空撮 | トップページ | 丸の内地区 「(仮称)JPタワー」&「(仮称)丸の内一丁目計画」 2009年夏・最新状況 »

121 東京都・千代田区②」カテゴリの記事