« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

茨城県守谷市 「つくばエクスプレス・守谷駅」&「ロックシティ守谷ショッピングセンター」の空撮!

Ibarakimoriya09081
-守谷駅-
 
昨日(8月30日)、衆議院選挙が行われました。報道各社の事前の予想通り「民主党」が300議席を超え圧勝しました。
 私的には、「高速道路無料化」など到底支持できない部分もありますが、閉そく状態の日本を変えてほしいと思っています。何より明確な国家ビジョンを示してほしいです。
 
 ただ「小泉改革がすべて悪だった!」いう今の風潮には危惧します。今の不景気は、100年に1度と言われている金融危機のためです。
 すべて「小泉改革」のせいにするのは攻める側からすると楽だと思いますが、すべてを否定するのではなく、冷静に分析しないと方針を誤る可能性があります。
 
 「守谷駅」は「つくばエクスプレス」と「関東鉄道常総線」がクロスする接点になっています。構造的には、1階が関東鉄道常総線ホーム、2階が関東鉄道常総線とつくばエクスプレスの改札口、3階がつくばエクスプレスのホームとなっています。
 「つくばエクスプレス」の守谷駅は、島式2面4線の高架駅です。「関東鉄道常総線」の守谷駅は、島式2面4線の地上駅となっています。
 
 「つくばエクスプレス」の開通により、周辺が大規模に区画整理されマンション等が建設されています。写真には写っていませんが、高さ100mを超える「ブランズシティ守谷」も建設されました。
 周辺で一番大きい施設は、「イオングループ」のショッピングセンターで「ロックシティ守谷ショッピングセンター」です。2007年6月28日にオープンしました。この部分は、区画整理ではなく工場跡地に誕生しました。
 核テナントは、スーパーの「カスミ」、家電量販店の「エディオン」、シネマコンプレックスの「ワーナーマイカルシネマズ守谷」となっています。

|

2009年8月30日 (日)

今日(8月30日)は衆議院選挙の投票日! 国会議事堂の空撮

Tokyokokai09081
-国会議事堂-

 今日(8月30日は衆議院選挙の投票日です。みなさん絶対に投票に行きましょう! よく報道など片方の党には「不満」があり、片方の党には「不安」があると言われています。私個人もかなり悩みました。
 
 今回は政権選択選挙と言われています。1993年夏にも似たような事がありましたが、この時も政権選択選挙と言われましたが、連立で過半数を確保しました。
 あれから16年も過ぎたんですね。あの頃の日本はバブルが崩壊したとはいえまだ経済大国で余裕がありました。
 
 16年の歳月は環境をを激変させました。日本は失われた10年(20年とも言われている)ですっかり普通の国になってしまいました。
 その間、中国、インド、ブラジルなどの新興国は急成長を遂げ、どんどん日本の存在感は希薄になっています。
 どちらが政権を取るにしても、次の政権には「どんな国にするのか!もしくはしたいのか」明確な国家ビジョンを示してほしいです。私的には財政を疲弊する「ばらまき合戦」にはうんざりしています。
 
 現在、国会議事堂の西側に衆議院も参議院も立派な議員会館を建設しています。当選した議員さんにはこの立派な議員会館が「無駄遣い!」と言われないよう全力で仕事をしてほしいと思います。

|

2009年8月29日 (土)

墨田区 「olinas(オリナス)」&「錦糸公園再整備工事」の空撮!

Tokyokinshicho090811
-olinas(オリナス)&錦糸公園再整備工事

 JR錦糸町駅周辺は、業務機能の分散の観点から、東京都が選定した整備すべき7地域の副都心の一つとして選定されています。
 
 錦糸町駅北東側にある金糸公園の北側の旧:精工舎跡(セイコーグループ)工場跡に「olinas(オリナス)」が2006年4月にオープンしました。「(仮称)[TOKYOリ・デザイン]プロジェクト」として再開発されました。
 オフィス棟の「オリナスタワー」は、地上31階、塔屋1階、地下2階、高さ139.264mです。住宅棟の「Brilliaタワー東京」は、地上45階、塔屋1階、地下2階、高さ158.864mです。
 
 現在「錦糸公園が、
「錦糸公園再整備基本設計」をもとに「錦糸公園再整備工事」が行われています。北東側の野球場があった部分に「総合体育館」が建設されます。
 現在の「区体育館」は、「総合体育館」が完成後に解体され「新野球場」が整備されます。北側にあった「テニスコート」は、新しく建設される「「総合体育館」」の西側に移動します。それに伴い公園の配置やデザインも大幅に変更されます。
 
 「錦糸公園は桜の名所です。完成予想図や平面図を見ると、公園自体は少し狭くなるようですが、木の配置にはあまり変化がないようなので、桜の木は基本的には移動しないでそのまま残すみたいです。 
 
 墨田区公式ホームページ → 
錦糸公園再整備工事を実施します
 
 
Tokyokinshicho090812
「olinas(オリナス)」を地上から見た様子です。
 
 
Tokyokinshicho090813
「錦糸公園は桜の季節には、このように花見客で大変にぎわいます。

|

2009年8月28日 (金)

渋谷地区 「(仮称)渋谷東1丁目計画 (ラ・トゥール渋谷) 」&「(仮称)渋谷二丁目21地区開発計画 」 2009年夏・最新状況

Tokyoshibuya09081
-(仮称)渋谷東1丁目計画-

 「(仮称)渋谷東1丁目計画」は、渋谷駅の少し東側のフランスの保険大手「AXA(アクサ)グループ本社跡地」の再開発計画です。
 東京都の資料では地上25階、地下3階、高さ122.37mになっています。「建築計画のお知らせ」では、地上26階、塔屋1階、地下3階、高さ約130mとなっています。
 「建築計画のお知らせ」は、計画が変更になっても修正されない事はよくあるので、どちらが正しいかは分かりません。 
 
 現在は、17階まで組み上がってるようです。4月17日時点で3階だったので、14階分伸びています。1ヶ月で約3.5階のペースなので「鉄骨造(S造)」では、平均的なスピードです。
 上層階は、163戸(予定)の高級賃貸住宅「ラ・トゥール渋谷」になる予定です。外観は「住友不動産」お得意のブルー系の「ガラスカーテンウォール」で覆われるようです(写真提供Audie-Gryph氏/撮影日2009/08/27)。
 
 
Tokyoshibuya09082
2009年4月17日の様子です。
 
 
Tokyoshibuya09083
-(仮称)渋谷二丁目21地区開発計画-

 「(仮称)渋谷二丁目21地区開発計画」は、渋谷駅の東側にあった「東急文化会館跡地」を再開発する計画です。地上34階、地下4階、高さ182.5mの高層複合ビルが建設される予定です。
 建築主は東京急行電鉄、東京地下鉄(東京メトロ)、設計は日建設計、東急設計コンサルタント、メトロ開発、施工は東急建設、大成建設JV(地下鉄銀座線駅舎部分の施工者は未定)となっています。
 
 すでに着工されていますが、今年の4月と比べても違いがほとんど分かりません。基礎工事は、横から見ても何をしているのかよく分からない場合が多く、上から見るとよく分かります。
 しかし実際に、上から見る事が出来る現場はほとんどありません
(写真提供Audie-Gryph氏/撮影日2009/08/27)。
 
 
Tokyoshibuya09084
着工前の2009年4月17日の様子です。何を基準にして着工というのかよく分からない現場です。

|

2009年8月27日 (木)

テレビドラマ「救命病棟24時(第4シリーズ)」 病院の屋上のロケ地は「日本郵政・横浜神奈川支店」

Yokohamakanagawa09081
-救命病棟24時(第4シリーズ)-

 2009年8月11日(火)からフジテレビ系列で救命病棟24時(第4シリーズ)」が始まりました。当初は、7月7日から放送予定でしたが、主演の「江口洋介」が、バイク事故で負傷したため1ヶ月延期されました。その間は「緊急スペシャル 救命病棟24時~救命医・小島楓」が放送されていました。
 
 「第4シリーズ」は、救急現場の窮状を描いています。心身の疲労のため救急専門医全員が一斉辞職した現場を、徐々に立て直す様子を描いています。
 「第3シリーズ」が、東京が大震災に見舞われるという内容だったので、どうやってストーリーを継続させるのか心配していましたが、無難にまとめられていました。
 ただドラマの回数が、1ヶ月分削られるため人間模様の描き方が浅いです。救急現場を離れた医師や看護師が簡単に現場に戻り過ぎです。どうせなら2クールにしてもっと深く描いて欲しいです。
 
 と言っても「救命病棟24時」は人気ドラマのためテレビドラマ全体の視聴率が低調な中でも、Episode1が20.3%、Episode2が18.3%、Episode3が19.3%と夏クールの中ではダントツの視聴率を誇っています。
 ちなみに1999年の「第1シリーズ」の平均視聴率は20.0%、2001年の「第2シリーズ」の平均視聴率は20.2%、2005年の「第3シリーズ」の平均視聴率は19.1%です。
 
 フジテレビは、医療ドラマに非常に強く、「スタジオのセットで本当に手術が出来るのではないか?」と言われている程です。
 そのため「Dr.コトー診療所」、「医龍 Team Medical Dragon」、「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」などの人気医療ドラマが制作出来るのだと思います。
 よくドラマ好き友人と「救命病棟24時」、「Dr.コトー診療所」、「医龍 Team Medical Dragon」、「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」をローテーションで春夏秋冬で回せばいいのにと言っています(笑)。
 
 「救命病棟24時(第4シリーズ)」の舞台は横浜市ですが、よく病院の屋上が登場します。遠目に「コットンハーバー地区」のタワーマンション群が見えます。
 病院の屋上のロケ地は、横浜市神奈川区新浦島町二丁目の日本郵政「横浜神奈川支店」の屋上です。病院の外観は、埼玉県日高市の「埼玉医科大学国際医療センター」です。
 
 場所はここです → 日本郵政・横浜神奈川支店
 
 最後に、「ブザービート~崖っぷちのヒーロー」のロケ地で、「上矢直輝(山下智久)」が、バスケットの練習をしたり、「白河莉子(北川景子)」がバイオリンの練習をしたりしている「SOUTH PARK」はどこですか? というメールを時々頂きます。
 
 検索エンジンからも「SOUTH PARK」とか「ブザービート 公園」とかのキーワードで間違ってこのブログにたくさん入ってきています。
 場所も分かっており、空撮写真もありますが、まだロケが行われており迷惑がかかる可能性があるので「クランクアップ」の後でアップしたいと思っています。 

|

丸の内地区 「(仮称)丸の内1-4計画 」&「パレスホテル建替計画 」 2009年夏・最新状況

Tokyomarunouchi090811
(追記) 2009年8月24日に「パレスホテル建替計画」が着工されたとパレスホテルから正式に発表されました。当初計画通り、地上23階、塔屋2階、地下4階、高さ最高部約115mのオフィス棟とホテル棟のツインビルです。
 
 完成予想図を見るとオフィス棟もホテル棟も重厚なデザインです。ホテル棟の客室のほとんどが南側を向いているようです。皇居を上から見るようになる事を避けたのだと思われます。

 
 パレスホテル・ニュースリリース(PDF:2009/08/24)
 
(以下は2009年8月23日記) 
-(仮称)丸の内1-4計画-
 「(仮称)丸の内1-4計画」は、「三菱UFJ信託銀行本店ビル」北側にある「東銀ビルヂング」、「住友信託銀行東京ビル」、「三菱UFJ信託銀行東京ビル」の3棟を一体的に建替えるプロジェクトです。
 地上27階、塔屋2階、地下4階、高さ約150m、敷地面積8,033.94㎡、延床面積 139,728.09㎡の超高層ビルが建設される予定です。

 空撮写真は2009年4月に撮影したもので、最新の写真は「Audie-Gryph氏」より提供して頂きました。
 
 
Tokyomarunouchi090812
「(仮称)丸の内1-4計画」の建設予定地を北西側から見た様子です。「東銀ビルヂング」がほとんど姿を消しました(写真提供Audie-Gryph氏)
 
  
 
Tokyomarunouchi090813
同じ部分を2009年4月19日に撮影したものです。
 
 
Tokyomarunouchi090814
「(仮称)丸の内1-4計画」の建設予定地を北東側から見た様子です。「三菱UFJ信託銀行本店ビル」もかなり低くなり、「住友信託銀行東京ビル」は姿を消しています(写真提供Audie-Gryph氏)。 
  
 
Tokyomarunouchi090815
同じ部分を2009年4月19日に撮影したものです。
 
 
Tokyomarunouchi090816
「(仮称)丸の内1-4計画」の修正された「建築計画のお知らせ」です。修正前は高さ(最高部約155m、軒高約150m)、着工予定2009月6月、完了予定2011年9月でした。
 階数は変わっていませんが、155mの部分が消去されています。解体工事は、当初2008年11月17日~2009年5月31日となっていましたが、少し遅れているようです。それに伴い 着工予定と完了予定も少しずれています(写真提供Audie-Gryph氏)
 
 

Tokyomarunouchi090817
-パレスホテル立替計画-

 「パレスホテル」は、
パレスホテルチェーン」の旗艦ホテルとして、1961年10月1日にオープンしました。しかし老朽化などにより2009年1月31日に一時休館し、建て替える事になりました。すっかり解体されて地上部分が見えなくなりました(写真提供Audie-Gryph氏)

|

2009年8月26日 (水)

千葉県八千代市「八千代緑が丘駅」前 地上31階、高さ約101mのタワーマンション「(仮称)八千代緑が丘計画」

Chibayachiyo09081
-(仮称)八千代緑が丘計画-
 「八千代緑が丘駅」は、島式の2面4線の高架駅です。「東葉高速鉄道東葉高速線」は、第三セクターの「東葉高速鉄道(株)」により運営されている鉄道です。路線は「西船橋駅」~「東葉勝田台駅」までの約16.2kmです。
 当初、営団地下鉄「東西線」の延伸区間として計画されたこともあり、現在でも東京メトロ「東西線」の延伸区間のような運行体系をとっています。
 
 駅の北側には、「カムザ・スクエア八千代緑が丘」があります。タワー棟は、地上26階、地下1階で、野村不動産により1997年1月に建設されました。
 駅の南側には「イオン八千代緑が丘ショッピングセンター」があります。規模は、延床面積は144,220㎡(店舗面積63,228㎡)で、核店舗の「ジャスコ」を中心として122の専門店で構成されています。2005年4月にオープンしました。
 
 駅の北側に、地上31階、地下1階、高さ101.3mの超高層タワーマンション「(仮称)八千代緑が丘計画」が「三井不動産レジデンシャル」により建設されます。最新の写真を「bgds氏」より送って頂いたのでアップしたいと思います。
 「八千代緑が丘駅」前に高さ100mを超えるタワーマンションの建設計画があるのは知っていましたが、正直こんなに具体的に進んでいるとは思っていませんでした。
 場所は、「スーパー銭湯 八千代みどりの湯」があった場所です。スーパー銭湯は解体されています。空撮写真は、逆光で非常に見づらいですがご容赦下さい。
 
 
Chibayachiyo09082
「(仮称)八千代緑が丘計画」の建設予定地です。「スーパー銭湯 八千代みどりの湯」の解体工事中のようです。
 
 
Chibayachiyo09083
少し手前に引いた写真です(写真提供bgds氏)。
 
 
Chibayachiyo09084
「スーパー銭湯 八千代みどりの湯」解体前の写真です(写真提供bgds氏)。
 
 
Chibayachiyo09085
「(仮称)八千代緑が丘計画」の告知板です(写真提供bgds氏)。

|

2009年8月25日 (火)

成田国際空港 B滑走路「への字」誘導路が緩和へ! 

Chibanaritaair09081
-成田国際空港 B滑走路「への字」誘導路-

 2009年7月30日に「成田国際空港」の東側の新誘導路が供用開始された時とほぼ同じ時期に「成田国際空港」に関してあまり大きく扱われませんでしたが、もうひとつニュースがありました。
 
 「成田国際空港」のB滑走路は、誘導路に関して滑走路からターミナルビルに向う誘導路以外にもうひとつ大きな問題を抱えています。
 B滑走路と平行に走る誘導路が、「への字」型に滑走路側に大きくせり出して曲がっている事です。「34R側」の「接地点標識」にも近く、離着陸機に合わせて一時待機を強いられ、誘導路上では渋滞が頻発しています。
 「B滑走路」の1時間あたりの発着可能回数14回が、「A滑走路」の32回を大きく下回り運用効率が悪いのは、滑走路の長さが短いせいもありますが、「への字」型の誘導路も大きく影響しています。
 
 空撮写真を見ても、「B滑走路」の離着陸時に、誘導路の「への字」型の部分を通過するのは、大型機の場合には主翼がが接触するくらい近づくので無理な事が分かります。
 厳密には、接触しないように間隔が保たれていますが、多数の人命を預かる航空機は、最悪の場合を想定して最高度の安全を保ち運行します。
 
 
昨年1月に最高裁判決により、「一坪共有地」の所有地の引き渡しが命じられました。空港会社は改修の妨げとなっていた用地約85㎡を取得しました。
 改修しても直線にはならないようですが、誘導路を改修出来ればカーブが緩み、「B滑走路」から十分な距離がとれ、一時待機はなくなるようです。工期は設計に1年、工事に3年を見込んでいます。

(注意) 「接地点標識」は、「目標点標識(Aiming point marking)」に名称が変更になっています。

|

2009年8月24日 (月)

大手町地区 「大手町一丁目第2地区第一種市街地再開発事業」&「(仮称)大手町1-6計画」 2009年夏・最新状況

Tokyootemachi09081
-大手町一丁目第2地区第一種市街地再開発事業-

 「大手町一丁目地区第一種市街地再開発事業」が2009年4月1日に竣工し、いよいよ連鎖的再開発の第二弾「大手町一丁目第2地区第一種市街地再開発事業」が動き出しました。
 
 「大手町一丁目第2地区第一種市街地再開発事業」は、「経団連会館」、「日経ビル」、「JAビル」の3棟を解体し、2棟の超高層オフィスビルを建設する計画です。
 北側のA棟が、
地上31階、地下4階、高さ約154m(軒高約142m)、南側のB棟が、地上35階、地下4階、高さ約177m(軒高約165m)となっています。
 
 今回も 空撮写真は2009年4月に撮影したもので、最新の写真は「Audie-Gryph氏」より提供して頂きました。
  
 大手町一丁目第2地区第一種市街地再開発事業 特定建築者内定について
 三菱地所・ニュースリリース(PDF:2009/06/15)
 
 
Tokyootemachi09082
再開発現場を南東側から見た様子です。手前が「JAビル」で、鉄塔のあるビルが「「日経ビル」です。解体工事が本格的に始まっています。「日経ビル」の鉄塔にも覆いがかけられています。
 
 間の道路もすでに封鎖されているそうです。「大手町一丁目第2地区第一種市街地再開発事業」は一体的に整備されるため、完成後には間にあった道路は無くなります。(写真提供Audie-Gryph氏)
 
 
Tokyootemachi09083
2009年4月19日に撮影した解体工事前の「経団連会館」です。
 
 
Tokyootemachi09084
2009年4月19日に撮影した解体工事前の「日経ビル」です。
 
 
Tokyootemachi09085
2009年4月19日に撮影した解体工事前の「JAビル」です。
 
 
Tokyootemachi09086
-(仮称)大手町1-6計画-

 「(仮称)大手町1-6計画」は、「「東京プライムステージ」と呼ばれていたプロジェクトです。 
 「(仮称)大手町1-6計画」は、大手町にある「みずほ銀行大手町本部ビル」と「大手町フィナンシャルセンター」の再開発プロジェクトです。
 
 
 新ビルは、地上38階、地下6階、高さ199.70m、延床面積198,390.13㎡と大手町では一番高い超高層ビルになります。「大手町フィナンシャルセンター」の部分は公開緑地になります。
 「みずほ銀行大手町本部ビル」の本体部分も本格的に解体工事が始まったようです(写真提供Audie-Gryph氏)
 
 詳しくは → 東京建物ニュースリリース(2007/05/24:PDF)
 
 
Tokyootemachi09087
2009年4月19日に撮影した再開発予定地です。

|

2009年8月22日 (土)

丸の内地区 「(仮称)JPタワー」&「(仮称)丸の内一丁目計画」 2009年夏・最新状況

Tokyomarunouchi09081
-(仮称)JPタワー「丸の内二丁目7地区計画新築工事」-

 「(仮称)JPタワー」と「(仮称)丸の内一丁目計画」の最新の写真を「Audie-Gryph氏」より送って頂いたのでアップしたいと思います。なお空撮写真は2009年4月に撮影したものです。
 
 「(仮称)JPタワー」もしくは「丸の内二丁目7地区計画新築工事」と言われているプロジェクトは、日本郵政グループの「東京中央郵便局」の再整備計画です。下層階の一部は旧局舎の外壁付近を保存・活用し雰囲気を残します。
 
地上38階、塔屋3階、地下4階、高さ最高部200.00m、延床面積213,323.72㎡の巨大なオフィスビルになる予定です。2012年3月竣工予定です。
  
 
Tokyomarunouchi09082
(仮称)JPタワー「丸の内二丁目7地区計画新築工事」です。手前にも奥にも杭打機の「パイルドライバ」などが姿を現しているので解体工事がほぼ終わり、本格的に基礎工事が始まっていると思われます(写真提供Audie-Gryph氏
 
 
Tokyomarunouchi09083
「へ」の字型に保存された「旧:東京中央郵便局」が東西のブロックに分断されています。
 この部分に超高層オフィス棟への北側からの出入口が設けられると思われます。外壁は元通りに復元されると思います(写真提供Audie-Gryph氏
 
 
Tokyomarunouchi09084
(仮称)丸の内一丁目計画-
 「(仮称)丸の内一丁目計画」は、パレスホテル東隣にあった「JFEビル」の建替えプロジェクトです。
 
地上23階、塔屋2階、地下4階、高さ
117.1mのオフィスビルが建設されます。竣工後は、「三井住友銀行」の本店が入居する予定です。
 
 3階づつの猛スピード上に伸びているので、一部分は最高部にすでに到達しています。地上に姿を現して半年足らずのスピードでこの姿になりました(写真提供Audie-Gryph氏

|

2009年8月21日 (金)

東京駅丸の内駅舎保存・復原工事 2009年夏・最新の建設状況

Tokyotokyo09081
-東京駅丸の内駅舎保存・復原工事-

 陸上の第12回世界選手権の男子二百メートル決勝で、「ウサイン・ボルト」が19秒19の世界新記録で優勝しました。百メートルに次いで2冠です。まさに神様が与えた奇跡のような肉体ですね!
 
 東京駅では、世紀の大工事が進行しています。「東京駅丸の内駅舎保存・復原工事」ですが、最新の建設状況の写真をを「Audie-Gryph氏)」に送って頂いたのでアップしたいと思います。
 「東京駅丸の内駅舎保存・復原工事」は、現存する丸の内駅舎を可能な限り保存しつつ、戦災により損失した部分を復原し、創建当初の3階建ての建物に復原するビッグプロジェクトです。
 復元するだけではなく、今ある駅舎の下に「地下躯体(地下1階・2階)」を作り、駅舎と地下躯体の間に免震装置を設置するというかなりの難工事も同時に行われます。そのため工費は約500億円もかかります。
 
 鹿島建設のホームページを見ると見るからに難しそうな工事です。工事は2007年5月30日に着工され、2012年6月頃に完成予定です。なお空撮写真は2009年4月に撮影したものです。
 
 鹿島建設 東京駅丸の内駅舎保存・復原工事
 
 JR東日本 プレスリリース(2007/05/08:PDF)
 東京駅丸の内駅舎保存・復元工事の着工について
 
 
Tokyotokyo09082
「北ドーム部」です(写真提供Audie-Gryph氏)。
 
 
Tokyotokyo09083
「北切妻部」と「中央部」です。この部分はまだフェンスで覆われていないようです。奥に見える「大丸」が入っていた建物もかなり解体されて低くなっています(写真提供Audie-Gryph氏)。
 
 
Tokyotokyo09084
東京駅前が大変な事になっています! 「南切妻部」・「南ドーム部」・「南ウィング部」です。
 「南切妻部」の屋根が撤去され、「南ウィング部」にタワークレーンが建ちました(写真提供Audie-Gryph氏)。

|

2009年8月19日 (水)

JR錦糸町駅周辺 「アルカタワーズ錦糸町」&「パークタワー錦糸町」の空撮

Tokyokinshicho09081
-JR錦糸町駅周辺-

 JR錦糸町駅周辺は、業務機能の分散の観点から、東京都が選定した整備すべき7地域の副都心の一つとして選定されています。
 
 錦糸町駅周辺で一番に大きな施設は、写真には写っていませんが「錦糸公園」の北側にある「olinas(オリナス)」です。
 それ以外にも錦糸町駅の北口は、旧:国鉄用地を中心として再開発された「アルカタワーズ錦糸町」の高層ビル群があります。
 いずれも100mは超えていませんが、西側から「アルカウエスト」、「東武ホテルレバント東京」、「アルカセントラル」、「アルカイースト」と高さ90m台の高層ビルが並んでします。
 
 詳しくは → アルカタワーズ錦糸町 建物のご紹介
 
 「アルカタワーズ錦糸町」の東側には、「(仮称)新ロッテプラザ計画」が建設中です。 地上19階、地下2階、高さ84.50mのホテルと店舗で構成される高層ビルになる予定です。
 
 駅の南西側には、今年の3月「パークタワー錦糸町」が竣工しました。錦糸町駅周辺では、「olinas(オリナス)」の2棟に次ぐ高さの超高層ビルになります。
 
パークタワー錦糸町の概要
◆ 計画名-(仮称)墨田区江東橋二丁目計画
◆ 所在地-東京都墨田区江東橋二丁目9番5号
◆ 階数-地上28階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-最高部99.97m、軒高94.385m
◆ 敷地面積-3,157.21㎡
◆ 建築面積-1,572.90㎡
◆ 延床面積-26,992.71㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、鉄骨造
◆ 用途-共同住宅(分譲、賃貸)
◆ 総戸数-297戸
◆ 建築主-三井不動産レジデンシャル
◆ 設計・監理-清水建設
◆ 施工者-清水建設
◆ 竣工-2009月03月下旬
◆ 入居開始-2009月03月下旬

|

2009年8月18日 (火)

「淡路町二丁目西部地区第一種市街地再開発事業 施設建築物 (北街区)」に「建築計画のお知らせ」が掲示される!

Tokyoawaji09081
-淡路町二丁目西部地区-

 千代田区にある「JR御茶ノ水駅」の少し南東側に計画されていた「淡路町二丁目西部地区」の再開発計画に「建築計画のお知らせ」が掲示されたそうです。写真を「Audie-Gryph氏」より送って頂いたのでアップしたいと思います。
 
 東京都・報道発表資料(2008/06/13)
 淡路町二丁目西部地区市街地再開発組合の設立認可について 
 
 一番上の完成予想図は現地に掲示されているものです。完成予想図を見ると当初計画とほとんど変更がないようです。数値もほとんど違いがありません(写真提供Audie-Gryph氏)。
 
報道発表資料の概要との違い 
◆ 階数-地上41階、塔屋1階、地下3階(本体棟)、地上15階、塔屋1階、地下2階(アネックス棟)
◆ 高さ-約165m(本体棟)→164.80m(本体棟)約70m(アネックス棟)
◆ 敷地面積-約21,600㎡(西部地区全体)、約10,390㎡(北街区全体)10,416.85㎡(北街区全体)
◆ 建築面積-約7,270㎡(北街区全体)→7,185.90㎡(北街区全体)
◆ 延床面積-約130,200㎡(北街区全体)→129,229.59㎡(北街区全体)
総事業費-約611億円
◆ 着工-2009年10月予定2010年03月予定
◆ 竣工-2012年10月予定2013年02月予定
 
 

Tokyoawaji09082
2009年4月16日に撮影した再開発予定地です。公園や結構大きなビルがあります。
 
 
Tokyoawaji09083
街区図です(写真提供Audie-Gryph氏)。
 
 
Tokyoawaji09084
建築計画のお知らせです(写真提供Audie-Gryph氏)。

|

2009年8月16日 (日)

大崎駅・五反田駅周辺の大規模開発 北品川五丁目第1地区&東五反田地区(B地区)開発計画&4-1街区

Tokyoosaki09081
-大崎駅・五反田駅周辺の大規模再開発-

 JR大崎駅と五反田駅周辺では怒涛の勢いで大規模開発が続いています。その中で五反田駅の東側でなおかつ大崎駅の北側にある「東五反田」と「北品川」地区では大規模な3プロジェクトが進行しようとしています。
 
 その中で一番早く着工されるのが 「(仮称)東五反田地区(B地区)開発計画」です。地上21階、高さ約110mのオフィスビル「東洋製罐」の本社ビルが建設されます。すでに「建築計画のお知らせ」が掲示されているようです。
 
 この敷地は、暫定的にミュージカルの専用劇場「キャッツ・シアター」として使用されていました。2004年11月11日から使用されていましたが、2009年5月3日に千秋楽を迎え、現在は閉館しています。
 土地の借用期間が満了(再開発のため)を迎え、新しい劇場は「横浜みなとみらい地区」に新設中です。「
CANON CATS THEATER(キヤノンキャッツシアター)」として2009年11月11日オープン予定です。
 
 2番目が、「北品川五丁目第1地区第一種市街地再開発事業」です。この再開発が一番規模が大きいです。
 下記の日本土地建物のニュースリリースに詳しい概要・街区図・完成予想図等が載っています。
 
 詳しくは → 日本土地建物ニュースリリース(2009/03/24)
 
概要

◆ 所在地-東京都品川区北品川五丁目
◆ 階数-地上39階、地下2階(D:
超高層住宅棟)、地上30階、地下2階(A-1:超高層業務棟)、他合計7棟
◆ 高さ-約143m(一番高い棟)
◆ 地区面積-約36,000㎡
◆ 延床面積-約250,950㎡
◆ 用途-共同住宅(約860戸)、オフィス、店舗、作業所、産業支援交流施設、地域コミュニティ施設、子育て支援施設、駐車場
◆ 建築主-
北品川五丁目第1地区市街地再開発組合(日本土地建物、日本土地建物販売、三井不動産、三井不動産レジデンシャル、大成建設、大和ハウス工業、新日鉄都市開発)
◆ 着工-2010年10月予定
◆ 竣工-2013年10月予定
 
 3番目が、「4-1街区」です。まだ正式な概要は発表されていませんが、約4,900㎡の敷地に超高層住宅を建設するようです。下記の「三井不動産」のリンク先の一番下に少し載っています。
 
 三井不動産のプロジェクト → 大崎・五反田地区再開発プロジェクト
 
 
Tokyoosaki09082
予定地にあった街区図を撮影して新たに文字を書き込んでみました。
 
 
Tokyoosaki09083
① 「東洋製罐」の本社ビルが建設される
「(仮称)東五反田地区(B地区)開発計画」の予定地です。
 
 
Tokyoosaki09084
② 「北品川五丁目第1地区第一種市街地再開発事業」の予定地です。
 
 
Tokyoosaki09085
③ 「4-1街区」の予定地です。かなりの部分がすでに更地になっています。

|

2009年8月15日 (土)

東急東横線・目黒線&東急多摩川線 「田園調布駅」&「多摩川駅」の立体交差がよく分かります!

Tokyodenen09081
-田園調布周辺-

 今更説明の必要もありませんが、西の芦屋市六麓荘、東の田園調布と言われる程の高級住宅地です。
 特に東急「田園調布駅」の西側に広がる、扇状に整備された区画は見事で、銀杏の並木道もありいかにも「超高級住宅地!」という感じです。地元自治会は住環境を守るために、住宅の新築・改築に際しては厳しい制限を設けて街並を守っています。
 
 田園調布の最寄駅は、「田園調布駅」と「多摩川駅」ですが、周辺の線路が「東京急行電鉄」お得意の「立体交差」になっています。「東京急行電鉄」は自社線同士で交差する駅が多く、「立体交差」している場所がたくさんあります。
 
-田園調布駅-
 北側から見ると「田園調布駅」手前で「東横線」の地下に「目黒線」が潜るように合流します。駅構内では「目黒線」が上に出てきて「東横線」と同じ高さになっています。
 「田園調布駅」は、島式の2面4線の地下駅です。外側の2線が「東横線」で内側2線が「目黒線」となっています。内側の「目黒線」は相互乗り入れする地下鉄に合わせて「ホームドア」が設置されています。

 「田園調布駅」は、地下駅ですが、かなりの傾斜地にあるため半地下駅の構造になっています。駅の東側は水平ですが、西側はかなりの高低差があります。
 
-多摩川駅-
 「田園調布駅」を出ると線路は6本になります。東側から①東横線、②東急多摩川線への連絡線、③目黒線、④目黒線、⑤東急多摩川線への連絡線、⑥東横線となっています。
 そのうち①、③、④、⑥が地上で「多摩川駅」に向かい、②、⑤が地下に潜って「多摩川駅」に向かいます。
 
 「多摩川駅」は、島式2面4線の高架駅と島式1面2線の地下駅に分かれています。高架駅は、「田園調布駅」と同じく外側の2線が「東横線」で内側2線が「目黒線」となっています。内側の「目黒線」は相互乗り入れする地下鉄に合わせて「ホームドア」が設置されています。
 
 地下駅は、「東急多摩川線」の「多摩川駅」となっています。「田園調布駅」とも直接つながっているのですが、「東急多摩川線」の運行体系は、「多摩川駅」と「蒲田駅」の折り返し運行となっています。
 
-大田区東西鉄道蒲蒲線- 
 実現する可能性は、極めて低いと思いますが、「大田区東西鉄道蒲蒲線」という構想があります。
 
「東急多摩川線」と「京急空港線」をつないで「羽田空港」のアクセスとする構想です。
 「JR蒲田駅」の構造や東急線と京急線は「軌間(線路幅)」が異なるので「乗換え」が必要など問題山積みですが、「東京急行電鉄」は都市ローカル線を次々と幹線に変えてきた実績があるので奇跡が起きるかも知れません。
 そうなると「東急多摩川線」は幹線に変身し「東京急行電鉄」の凄まじい鉄道ネットワークが完成するのですが・・・
 
 詳しくは → 大田区東西鉄道「蒲蒲線」整備計画素案

|

2009年8月13日 (木)

2008年度百貨店店舗別売上高ランキング発表 第2位「伊勢丹・新宿本店」の空撮!

Tokyoisetan09081
-百貨店店舗別売上高ランキング-

 毎年8月中旬になると「日経MJ(日経流通新聞)」から百貨店の「店舗別売上高ランキング」が発表されます。この号だけは、楽しみなので必ず買うようにしています。
 
 でも最近はあまりワクワクしなくなりました。バブル崩壊以来百貨店の売上高は右肩下がりですが、特に2008年度は世界的な金融危機の影響で目を覆うばかりの惨状です。
 1000億円を超えていた「ジェイアール名古屋タカシマヤ」、「高島屋京都店」、「阪神百貨店梅田本店」が、1000億円を切ってしまいました。
 
 「百貨店の時代は終わり!」だと言われていますが、私はそうは思いません。確かに売上高はもう伸びる事はないと思います。
 しかし繁華街の一等地にそびえ立つ大型百貨店は、その街シンボルであり、あこがれであり、象徴です。いくら大型専門店が伸びていると言ってもその地位を取って代わることは出来ません。
 
2008年度百貨店店舗別売上高ランキング
① 三越本店(日本橋)        253,109(▲ 6.1%)
② 伊勢丹新宿本店          246,003(▲ 6.6%)
③ 阪急百貨店うめだ本店  172,887(▲ 0.1%)
④ 池袋西武                    169,173(▲ 3.1%)
⑤ 高島屋横浜店              161,313(▲ 6.5%)
⑥ 高島屋東京店              146,473(▲ 7.9%)
⑦ 高島屋大阪店              142,127(▲10.0%)
⑧ 東急百貨店本店(渋谷)  124,336(▲ 3.6%)
⑨ 松坂屋名古屋店           123,188(▲ 9.6%)
⑩ 東武百貨店池袋本店     122,356(▲ 4.4%)
⑪ 近鉄百貨店阿倍野本店  120,569(▲11.8%)
⑫ そごう横浜店                111,654(▲ 3.0%)
⑬ 小田急百貨店新宿店    104,784(▲ 7.6%)
⑭ ジェイアール名古屋タカシマヤ 99,409(▲ 0.8%)
⑮ 高島屋京都店         98,236(▲ 5.7%)
⑯ 阪神百貨店梅田本店    94,289(▲14.0%)
⑰ 京王百貨店新宿店      92,634(▲ 5.2%)
⑱ 大丸神戸店          91,859(▲ 7.9%)
⑲ 岩田屋本店(福岡市)    82,129(▲ 5.7%)
⑳ 大丸京都店          78,707(▲ 6.4%)

(参考) 大丸大阪・心斎橋店 77,050(▲9.6%)+そごう心斎橋本店 35,861(▲18,7%)=112.911になるので、「そごう心斎橋本店」買収後の単純合計では、12位相当になります。

(注意) 単位は百万円です。カッコは前年比です。各店舗の売上高は周辺店や外商その他を含む場合が多いため単純に店舗別の売上高にはなりません。

|

2009年8月12日 (水)

品川区 西五反田周辺 超高層ビル群の空撮!

Tokyogitanda09081
-西五反田周辺-
 「西五反田」は、JR山手線の「五反田駅」から「目黒駅」の間で、山手線と埼京線の南側一帯で、「目黒川」を挟むように一丁目から八丁目まであります。
 このあたりには、超高層ビルがほとんどありませんでしたが、最近になって「首都高速2号目黒線」を挟むように高さ90m以上の高層ビルが4棟建設されました。
 
 大崎駅や五反田駅周辺は、超高層ビルの建設ラッシュです。目黒駅前にも大規模再開発計画があるので将来的には、超高層ビルが連続する光景が見られると思います。
 
 JR東日本の「目黒変電所」周辺の更地は、JR東日本の社宅跡です。かなり前に解体され、現在はフェンスで囲まれています。
 「ひょっとして!」と期待して、東京に行くたびに寄っているのですが、ずっと変化がありません。「目黒変電所」と合わせるとかなりの敷地面積になるのですが・・・
 
ビル群の概要
◆ 学習研究社 五反田新本社ビル-地上24階、地下3階、高さ119.30m
◆ DNP五反田ビル-地上25階、地下2階、高さ118.04m 
◆ ファミーユ西五反田・東館-地上31階、塔屋2階、地下2階、高さ109.0m
◆ パシフィックタワー目黒不動前-地上30階、塔屋1階、地下3階、高さ98.950m

|

2009年8月11日 (火)

埼玉県三郷市(みさとし) 「Shin-Misato-LaLa City(新三郷ららシティ)」建設現場(2009年春)の空撮!

Saitamamisato09081
-Shin-Misato-LaLa City(新三郷ららシティ)-
 「Shin-Misato-LaLa City(新三郷ららシティ)」は、埼玉県の「武蔵野操車場跡地」の大規模複合開発プロジェクトです。
 三郷市(みさとし)側は、三井不動産をはじめとする民間事業者5社が、JR武蔵野線・新三郷駅前の「武蔵野操車場跡地」約51.1万㎡を活用し、商業・住宅・物流施設など全12街区(総敷地面積約34ha)に分けて開発します。
 2007年11月6日より順次着手しています。全街区を総称するタウンネームは「Shin-Misato-LaLa City(新三郷ららシティ)」です。

 商業施設では、「IKEA(イケア)新三郷(しんみさと)」が2008年11月19日オープン、「コストコ新三郷倉庫店」が2009年7月7日オープン、「ららぽーと新三郷」が2009年9月17日オープン予定です。
 物流施設では、「プロロジスパーク三郷Ⅱ」が2008年10月1日竣工、三菱倉庫の「三郷配送センター」が2008年12月15日に稼働しています。
 
 比較 → 2008年秋の空撮
 
 比較 → 2008年春の空撮
 
 比較 → 2007年秋の空撮
 
各街区の施設
◆ 1街区-大和ハウス工業(三菱倉庫・三郷配送センター) 2008年12月15日稼働
◆ 2街区-プロロジス(プロロジスパーク三郷Ⅱ) 2008年10月1日竣工
◆ 3街区-三井不動産(ららぽーと新三郷) 2009年9月17日オープン予定、コストコホールセールジャパン(コストコ新三郷倉庫店) 2009年7月7日オープン
◆ 4街区-三井不動産(商業施設、事務所)
◆ 5街区-三井不動産(商業施設、事務所)
◆ 6街区-IKEA(IKEA新三郷) 2008年11月19日オープン
◆ 7街区-大和ハウス工業、三井不動産(事務所、作業所、倉庫等)
◆ 8街区-三井不動産レジデンシャル(ファインコートららシティ:戸建住宅)
◆ 9街区-三井不動産レジデンシャル(ファインコートららシティ:戸建住宅)
◆ 10街区-三井不動産レジデンシャル(ファインコートららシティ:戸建住宅)
◆ 11街区-三井不動産レジデンシャル(ファインコートららシティ:戸建住宅)
◆ 12街区-三井不動産レジデンシャル(ファインコートららシティ:戸建住宅)

|

2009年8月10日 (月)

旧:朝日放送跡地の「大阪タワー」が、「だるま落とし工法」で解体されます!

Osakatower09081
-大阪タワー-
 「大阪タワー」は、大阪市北区にあった朝日放送の電波塔でした。高さは約160mで、1966年に完成しました。朝日放送の移転により役目を終え、解体工事が始まりました。
 
 少し前に”「大阪タワー」が、「だるま落とし」のような感じで下部から解体し、縮んでいくような非常にユニークな工法で解体工事がはじまります。”とメールを頂いていました。
 具体化するまで公開しないでほしいと言われていましたが、昨日相互リンクしている「ゴリモン氏」がスクープ? していましたのでアップしたいと思います。
 
 詳しくは → ゴリモンな日々(消えゆくタワー)
 
 「鹿島建設」が、鹿島建設旧本社ビルを下から解体する「鹿島カット&ダウン工法」という非常にユニーク工法を採用していました。
 今回は「「竹中グリップダウン工法」という名称だそうですが、「竹中工務店」バージョンでしょうか? ゼネコンは次々と凄い工法を開発しますね。
 
  参考 → 解体される鹿島建設旧本社ビルの空撮(2008年4月)

|

2009年8月 9日 (日)

板橋区 浮間舟渡駅前「アイ・タワー」の空撮!

Tokyofunado09081
-浮間舟渡駅&アイ・タワー-

 JR埼京線の「浮間舟渡駅」ですが、首都圏に住んでいなかったら「うきまふなど」なんて読めないと思います。島式の1面2線の高架駅ですが、かなり高い高架になっています。
 「浮間舟渡」という地名はなく、北区の「浮間」と板橋区の「舟渡」のにまたがって駅を設置したため、「浮間」+「舟渡」で「浮間舟渡駅」になりました。
 
 アイ・タワーは、「浮間舟渡駅前地区第一種市街地再開発事業」として誕生しました。共同住宅、オフィス、店舗で構成されるタワーマンションです。
 北区と板橋区の境目付近にありますが、「アイ・タワー」はギリギリ板橋区に入ります。現時点では、板橋区で一番高さが高いビルです。
 
アイ・タワーの概要
◆ 計画名-浮間舟渡駅前地区第一種市街地再開発事業
◆ 所在地-東京都板橋区舟渡一丁目13番10号
◆ 階数-地上30階、搭屋2階、地下1階
◆ 高さ-最高部約107m
◆ 敷地面積-4,054.46㎡
◆ 延床面積-23,280.15㎡
◆ 総戸数-153戸
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 建築主-浮間舟渡駅前地区市街地再開発組合(新日鉄都市開発、他)
◆ 設計者-日本再開発マネジメント、日本設計
◆ 施工者-大林組、安藤建設、富山建設JV
◆ 竣工-2002年07月31日
 
 
Tokyofunado09082
地上から見た様子です。

|

2009年8月 8日 (土)

千葉県流山市 つくばエクスプレス「流山おおたかの森駅」周辺の空撮!

Chibanagareyama09081
-流山おおたかの森駅-
 
世の中は本当に思いもかけない出来事が起きます。昨日は「びわ湖大花火大会」行く前に京都や滋賀県を撮影していたのですが、速報を聞いた時は思わず「エー!」と声を出してしまいました。本当に信じられませんでした。私の知人にも「のりピー」のファンがたくさんいたのに・・・
 
 「流山おおたかの森駅」は、「つくばエクスプレス」と「東武野田線」が交差する場所に設けられた駅です。駅名の由来は、近くの森に「絶滅危惧種」の巨大な猛禽類「オオタカ」が生息することから採用されました。
 
 つくばエクスプレスの「流山おおたかの森駅」は、島式の2面4線の高架駅です。東武野田線との乗り換え駅のため、乗降客数は「秋葉原駅」、「北千住駅」に次いで3位です。そのため快速、区間快速、普通のすべて停車します。
 東武野田線の「流山おおたかの森駅」は、相対式の2面2線の地上駅です。駅舎は「橋上駅舎」となっています。「つくばエクスプレス」の開業と同時の2005年8月24日に開業した新しい駅です。
 
 駅周辺は、つくばエクスプレスの開業により区画整理が行われ、大型商業施設やマンションなどが建設されています。
 一番大きな施設が、「流山おおたかの森 S・C 」です。「タカシマヤフードメゾン」、「食品館イトーヨーカドーおおたかの森店」、シネマコンプレックスの「TOHOシネマズ」、その他が入っています。
 
 大型マンションも建設されました。「ザ・フォレスト レジデンス」で、総戸数524戸です。「オリックス不動産」と「東京建物」により建設され、2008年03月24日に竣工しています。一番高い棟は地上22階、高さ約70mです。

|

2009年8月 6日 (木)

東京都武蔵野市 「吉祥寺駅」周辺の空撮!

Tokyomusashino09081
-吉祥寺駅-
 「吉祥寺駅」は、JRと京王電鉄の「吉祥寺駅」周辺に広がる街です。「武蔵野市」に属しますが、すぐ南側は「三鷹市」になります。おしゃれな街として人気がありますが、住宅街としても非常に人気が高いです。

 駅周辺には、商業施設が集積しています。駅の北側には「パルコ」、「東急百貨店」、「ロフト」、「伊勢丹」、「西友」、「ヨドバシカメラ」などが集積しています。駅の南側にも「丸井」、「ユザワヤ」などがあります。

 当然ながら競争は非常に激しく、「ヨドバシカメラ マルチメディア吉祥寺」が入っているビルは、もともとは「近鉄百貨店東京店」でした。
 その後、「三越」と「IDC大塚家具」が入っていましたが、現在は「ヨドバシカメラ」が入っています。これも時代の流れですかね。
 「ヨドバシカメラ マルチメディア吉祥寺」はかなりの巨大店舗で、東京都内では「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」の次に売場面積が広いです。

 
 JR「吉祥寺駅」は、2面4線の高架駅です。23区以外(東京都内)では、「立川駅」に次いで乗降客数が多いです。
 京王電鉄「吉祥寺駅」は、2面2線の高架駅です。「井の頭線」の始発駅のため「頭端式ホーム」となっています。
 京王電鉄「吉祥寺駅」も乗降客数が多く、京王電鉄の中では「新宿駅」、「渋谷駅」に次ぐ3位です。多くがJR「吉祥寺駅」からの乗り換え客です。
 
 余談ですが、ほとんどの鉄道会社は「1067mmの狭軌」もしくは「1435mmの標準軌」を採用しています。その中で京王電鉄(井の頭線以外)は、非常に珍しい「1,372mm」を採用しています。
 なぜこの幅になったかというと「地方鉄道法」ではなく「軌道法」で建設されたためです。分かりやすく言えば「路面電車」の規格ですね。「都電荒川線」と「東急世田谷線」も1,372mmです。

|

2009年8月 5日 (水)

鉄道交通の要衝となる東京急行「日吉駅」+慶應義塾大学「日吉キャンパス」の空撮!

Yokohamahiyoshi09081
-東京急行電鉄-

 東京急行電鉄の「日吉駅」は、島式の2面4線の地上駅です。駅自体は半地下のような構造になっており、電車に乗っているとトンネルに入ったような感じになるので地下駅のイメージがありますが、上を覆っているのは大規模な駅改良工事により1991年に完成した「人工地盤」です。
 
 東急東横線と東急目黒線は、「田園調布駅」から「日吉駅」の間は複々線化により一体的に運行されています。
 「日吉駅」より南側(横浜寄り)は複線ですが、ここから先で大規模なプロジェクトが進行しています。「相鉄・東急直通線事業」です。この事業は、相模鉄道と東急東横線を結ぶ大プロジェクトです。
 相模鉄道が「相鉄・JR直通線」と「相鉄・東急直通線」を経由して東急「日吉駅」と結ばれます。途中駅には新幹線の「新横浜駅」もあります。
 
 これらのプロジェクトがすべて完成すると東急東横線のちょっと大きな駅に過ぎなかった「日吉駅」が鉄道交通の要衝に変身します。
 

 詳しくは → 相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線とは?
 
-横浜市交通局(横浜市営地下鉄)-
 横浜市営地下鉄の「日吉駅」は、島式の1面2線の地下駅です。東急東横線・目黒線の「日吉駅」とは「T字型」に直交しています。ホームはかなり深い地下4階にあります。
 横浜市営地下鉄には、1号線と3号線と4号線があります。1号線と3号線は一体的に運行していて「ブルーライン」という愛称で呼ばれています。
 「日吉駅」のある4号線は、「グリーンライン」という愛称で呼ばれています。「日吉駅」の開業は2008年3月30日です。
 
-慶應義塾大学・日吉キャンパス-

 「慶應義塾大学」の主なキャンパスは、三田キャンパス(東京都港区)、日吉キャンパス(横浜市港北区)、矢上キャンパス(横浜市港北区)、信濃町キャンパス(東京都新宿区)、 湘南藤沢キャンパス(通称SFC:藤沢市)、芝共立キャンパス(東京都港区:共立薬科大学との統合により誕生)の合計6ヶ所あります。
 「慶應義塾大学」の学生は、「湘南藤沢キャンパス」にある学部以外は、「日吉キャンパス」で1年もしくは1~2年を過ごします。そのため卒業までには2ヶ所のキャンパスに通学する事になります。
 
 慶應義塾大学は、2008年に創立150年の節目を迎えたため、全キャンパスで「創立150年記念事業」を実施しています。その一環として「日吉キャンパス」でも校舎の建替えや再配置が行われています。
 「協生館」の建設、「独立館」の建設、陸上競技場の整備、「日吉記念館」の建て替え、その他いろいろ行われています。
 
 比較 → 反対側から見た「日吉キャンパス」の空撮

|

2009年8月 4日 (火)

レーザー光線やサーチライトが舞う光と音のショー「神戸スウィング・オブ・ライツ(KOBE SWING OF LIGHT)」に行ってきました!

Kobeswing09081
-神戸スウィング・オブ・ライツ(KOBE SWING OF LIGHT)-

 昨夜(8月3日)から始まったジャズのリズムに合わせ、7色のレーザー光線やサーチライトが舞う音と光のイベント「神戸スウィング・オブ・ライツ(KOBE SWING OF LIGHT)に行ってきました。
 本家香港の光と音楽のショー「シンフォニー・オブ・ライツ」に比べるとい規模は小さいですが、距離が非常に近いので想像していた以上に美しく迫力がありました。
 
 期間は8月23日まで、
場所は「神戸ポートタワー」から「神戸メリケンパークオリエンタルホテル」にかけてです。
 ショーは、毎日午後8時と午後9時の2回の各約10分間で、観覧は無料です。1回目と2回目の間にはジャズの生演奏もあり、初日と週末には花火なども行われます。
 
 花火は、昨日は午後8時のバージョンの1回目だけでした。週末も1回目だけの可能性があります。
 カメラの三脚はOKのようで、邪魔にならないように使用すれば問題ないと思います。昨日もたくさんの方が三脚を立てて撮影していました。
  
 You Tube →  神戸スウィング・オブ・ライツ
 
 
Kobeswing09082
KOBE SWING OF LIGHTS ②
 
 
Kobeswing09083
KOBE SWING OF LIGHTS ③
 
 
Kobeswing09084
KOBE SWING OF LIGHTS ④
 
 
Kobeswing09085
KOBE SWING OF LIGHTS ⑤
 
 
Kobeswing09086
KOBE SWING OF LIGHTS ⑥
 
 
Kobeswing09087
KOBE SWING OF LIGHTS ⑦
 
 
Kobeswing09088
KOBE SWING OF LIGHTS ⑧
 
 
Kobeswing09089
KOBE SWING OF LIGHTS ⑨
 
 
Kobeswing090810
KOBE SWING OF LIGHTS ⑩
 
 
Kobeswing090811
KOBE SWING OF LIGHTS ⑪
 
 
Kobeswing090812
KOBE SWING OF LIGHTS ⑫

|

2009年8月 2日 (日)

第39回「みなとこうべ海上花火大会」に行ってきました!

Kobefireworks09081
-みなとこうべ海上花火大会-

 「みなとこうべ海上花火大会」は、毎年8月はじめに行われる花火大会です。今年は8月1日(土)に行われました。打ち上げポイントは神戸港(新港突堤~メリケンパーク沖)で、19:30~20:20分の約50分の間に行われました。
 
 昨年は約6,200発でしたが、今年は約10,000発でした。いつもはポートアイランド側から見ていますが、今年は市街地側のホテルに宿泊して撮影してみました。
 
-神戸スウィング・オブ・ライツ- 
 ジャズのリズムに合わせ、7色のレーザー光線やサーチライトが神戸港を照らす音と光のイベント「神戸スウィング・オブ・ライツ」も8月3日から23日まで、神戸市中央区、神戸ハーバーランド・モザイク周辺で開催されます。全国のみなさん神戸に来て下さいね!
 
 詳しくは → 神戸スウィング・オブ・ライツ(動画あり)
 
 
Kobefireworks09082
Fireworks(KOBE 2009) ① オープニング
 
 
Kobefireworks09083
Fireworks
(KOBE 2009) ②
 
 
Kobefireworks09084
Fireworks
(KOBE 2009) ③ やがて周辺の照明が消されます。
 
 
Kobefireworks09085
Fireworks
(KOBE 2009) ④
 
 
Kobefireworks09086
Fireworks
(KOBE 2009) ⑤
 
 
Kobefireworks09087
Fireworks
(KOBE 2009) ⑥ フィナーレ

|

2009年8月 1日 (土)

「新宿駅南口地区基盤整備事業」建設現場(2009年春)の空撮!

Tokyoshinjuku09081
-新宿駅南口地区基盤整備事業-

 新宿駅は、1日あたりの乗降客が約320万人以上もあります。そのうち約43万人が新宿駅南口地区を利用しています。
 
 「新宿駅南口地区基盤整備事業」は、「甲州街道」の「新宿跨線橋(新宿陸橋)」の延長約271mの架け替えに伴い周辺を再整備するプロジェクトです。
 プロジェクトは、「新宿交通結節点整備」、「新宿跨線橋架け替え」、「地下歩道の延伸」の3つにより構成されています。
 
 詳しくは → 新宿駅南口地区基盤整備事業
 
新宿交通結節点整備
 JR東日本の線路上に東西約127m×南北約120m、面積約1.47haの人工地盤を創出し、駅施設、歩行者広場、タクシーや一般車の乗降場、高速路線バス関連施設などの機能を持った建物を建設するプロジェクトです。
 このあたりは「新宿区」と「渋谷区」の境目にあり「新宿交通結節点整備」のほとんどの分が「渋谷区」に入ります。
 
◆ 4階-高速バス関連施設
◆ 3階-タクシー乗降場、一般車乗降場
◆ 2階-駅施設、歩行者広場(サザンテラスと一体化)
 
 2階部分は、西側が「サザンテラス」一体化し、南側は植栽され緑化等行われます。完成予想図を見ると南側からは発着する電車を見る事が出来るようです。
 
 空撮写真を見ると、「サザンテラス」側の西側半分が先に工事が行われています。新宿駅は、約120m~130mの幅に無理に多くのホームを設置しているため、西側が「北宿駅駅」、東側が「南新宿駅」と言っていいような構造になっています。
 西側半分は、下にホームがないので工事がやりやすいと思います。東側半分は、下にホームがあるので工事が大変です。東側半分の上には中層の「駅ビル」を設ける構想があります。

 「タカシマヤタイムズスクエア」の北側の「新南口」があるビルを建て替えて超高層オフィスビルを建設する構想もあります。
 概要は、地上33階、地下2階、高さ約180mで、2016年春の開業予定だそうです。「新宿交通結節点整備」の東側半分の上に建設する駅ビルと一体的に建設されるようです。

 下記のブログに図面や予想図等が詳しく載っています。
 歌舞伎町るねっさんすBlog by てらたにこういち

新宿跨線橋の架け替え
 
「新宿跨(こ)線橋」もしくは「新宿陸橋」は、新宿駅の南口に隣接した、延長271mの道路橋です。現在の橋りょうは、上り車線が大正14年に、下り車線が昭和38年に架けられたものです。老朽化や耐震性に問題があり、架け替え工事が行われています。
 
 現在の道路幅員約30m(歩道5m+車道20m+歩道5m)から約50m(歩道8m+車道30m+歩道8m)に拡幅されます。
 車道は、6車線で変更はありませんが、両側に「停車帯」が設けられるので実質8車線の広さになります。
 
地下歩道の延伸
 
「新宿跨線橋」の架け替えに伴い、地下道がJR新宿駅まで延伸されます。これにより地下鉄副都心線「新宿三丁目駅」とJR「新宿駅」が地下歩道で結ばれます。

|

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »