201 神奈川県・横浜市

2019年1月13日 (日)

横浜市 地上29階、高さ約108m「中山駅南口地区第一種市街地再開発事業」の予定地

Yokohamanakayama191011
-中山駅南口地区第一種市街地再開発事業-

 横浜市の「中山駅は、JR横浜線の「中山駅」と横浜市営地下鉄グリーンラインの「中山駅」がT字型で交差する鉄道交通の要衝です。

 「中山駅南口地区市街地再開発準備組合」は、中山駅南口に地上29階、地下1階、高さ約約108m、総戸数約420戸の超高層タワーマンションを含む「中山駅南口地区第一種市街地再開発事業」を計画しています。

 引用資料 横浜市・公式HP(PDF:2018/06/15)
 中山駅南口地区第一種市街地再開発事業等都市計画市素案説明会

 事業協力者には「西松建設・東急不動産JV」、事業コンサルタントには「都市環境研究所」が参画しています。2021年に着工し、2024年に完成する予定です。

中山駅南口地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-神奈川県横浜市緑区台村町の一部、寺山町の一部、中山町の一部
◆ 交通-JR横浜線「中山」駅、横浜市営地下鉄グリーンライン「中山」駅すぐ
◆ 階数-地上29階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-最高部約108m、建築物約99m
◆ 施行区域面積-約28.000㎡(施設全体)
◆ 敷地面積-約14,800㎡(施設全体)
◆ 延床面積-約72,200㎡(施設全体)
◆ 容積対象面積-約55,500㎡(施設全体)
◆ 用途-共同住宅、商業施設、駐車場
◆ 総戸数-約420戸
◆ 建築主-中山駅南口地区市街地再開発組合(予定)
◆ 事業協力者-西松建設、東急不動産JV
◆ 事業コンサルタント-都市環境研究所
◆ 着工-2021年予定
◆ 竣工-2024年予定


Yokohamanakayama191012
「計画建物の配置」です。「A地区(商業棟)、B地区(住宅棟、商業・駐車場棟)、C地区(商業棟)」の3地区に分けて再開発され、A地区とB地区の間には駅前広場が整備されます。


Yokohamanakayama191013
「断面図」です。「都市型住宅」は建物高さ約99mですが、塔屋を含む最高部は約108mとなっています。


Yokohamanakayama191014
「航空写真」です。中小のビルや住宅が密集しています。


Yokohamanakayama191015
「広域図」です。JR横浜線と横浜市営地下鉄グリーンラインが「T字型」で交差する鉄道交通の要衝です。


Yokohamanakayama191016
現在の中山駅南口の駅前広場は非常に狭いです。


Yokohamanakayama191017
幹線道路の「山下長津田線」と交差する部分に「マルダイスクエア」があります。


Yokohamanakayama191018
再開発予定地を西側から見た様子です。このあたりに「住宅棟」が建設されます。


Yokohamanakayama191019
再開発予定地を北西側から見た様子です。このあたりに「商業・駐車場棟」が建設されます。


Yokohamanakayama191020
北側の道路沿いです。街区内の道路はこのように非常に狭いです。



|

2019年1月 9日 (水)

横浜みなとみらい21地区 「コーエーテクモゲームス」の新本社ビル (仮称)MM21地区47街区開発計画 2018年12月中旬の建設状況 

Yokohamamm21171151
-(仮称)MM21地区47街区開発計画-
 「安室ちゃん」の引退に続いて、「カナやん(西野カナ)」も活動を無期限休止することを発表しました。もうショック過ぎて言葉もありません・・・(涙)

 本題に戻って、「三菱地所」は、横浜市みなとみらい21地区に所有する「47街区」の一部で、「(仮称)MM21地区47街区開発計画」を進めています。

 「コーエーテクモゲームス」は、コーエーテクモグループ経営統合10周年の記念事業として、横浜みなとみらい21地区に計画しているオフィス及びライブハウス型ホールを 2017年12月1日に着工しました。

 引用資料 コーエーテクモゲームス(2017/11/27)
 コーエーテクモゲームスの新本社ビル、いよいよ着工! 2020年1月に竣工

 2020年1月の竣工後、「コーエーテクモゲームス」は、「(仮称)MM21地区47街区開発計画」のうち、オフィス及びライブハウス型ホールの物件取得を予定しています。

 ライブハウス型ホールについては、「Zeppホールネットワーク」と業務提携し、「(仮称)KT Zepp Yokohama」として運営することを基本合意しています。ホテルは、東急ホテルズが「東急REIホテル」の出店を予定しています。

コーエーテクモゲームス新本社ビルの概要
◆ 計画名-(仮称)MM21地区47街区開発計画
◆ 所在地-神奈川県横浜市西区みなとみらい四丁目3番2(地番)
◆ 交通-JR「横浜」駅徒歩10分、みなとみらい線「新高島」駅徒歩2分
◆ 階数-地上15階、塔屋あり、地下1階
◆ 高さ-最高部81.41m
◆ 敷地面積-8,670.00㎡
◆ 建築面積-5,892.42㎡
◆ 延床面積-36,713.60㎡
◆ 構造-鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
◆ 用途-オフィス、ホテル、ホール、店舗、駐車場
◆ 建築主-三菱地所
◆ 設計者・監理者-三菱地所設計
◆ 施工-清水建設
◆ 着工-2017年12月01日
◆ 竣工-2020年01月24日予定


Yokohamamm21190161
横浜ランドマークタワー」69階の展望フロア「スカイガーデン」から見た様子です。


Yokohamamm21190162
「47街区」の北側に「(仮称)MM21地区47街区開発計画」、南側に「株式会社村田製作所みなとみらいイノベーションセンター建設工事」が建設されています。


Yokohamamm21190163
「(仮称)MM21地区47街区開発計画」の建設現場です。地上部分の「鉄骨建方」を行っています。


Yokohamamm21190164
「(仮称)MM21地区47街区開発計画」の建設現場を北東側から見た様子です。


Yokohamamm21190165
南東側から見た様子です。


Yokohamamm21190166
「タワークレーン」が1基姿を現しています。


Yokohamamm21190167
「(仮称)MM21地区47街区開発計画」の建築計画のお知らせです。



|

2019年1月 8日 (火)

地上35階、高さ約135mの「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」 2019年9月20日(金)オープン!

Yokohamaapa170411
-アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉-

 アパグループは、横浜市中区海岸通五丁目に「(仮称)アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉新築工事」を建設します。2017年4月7日に起工式が行われました。 2019年9月20日(金)にオープンします。

 引用資料 公式ホームページ
 アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉

 「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」は、地上35階、塔屋2階、地下2階、客室数2,311室と1棟の建物として日本最大客室数のホテルとなります。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の概要
◆ 計画名-(仮称)アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉
◆ 所在地-神奈川県横浜市中区海岸通五丁目23番5
◆ 交通-みなとみらい線「馬車道」駅から徒歩3分、JR根岸線・京浜東北線、横浜市営地下鉄ブルーライン「桜木町」駅から徒歩9分
◆ 階数-地上35階、塔屋2階、地下2階
◆ 高さ-最高部135.04m
◆ 敷地面積-8,328.63㎡
◆ 建築面積-3,993.47㎡
◆ 延床面積-64,516.80㎡
◆ 構造-(地上)鉄骨造、(地下) 鉄骨鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 地震対策-制震構造
◆ 用途-ホテル、集会場、飲食、物販、自動車車庫
◆ 客室数-2,311室(1棟の建物として日本最大客室数のホテル)
◆ 建築主-アパマンション(アパグループ)
◆ 設計者-久米設計・新居千秋都市建築設計JV
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2017年4月07日(起工式)
◆ 竣工-2019年08月31日予定
◆ オープン-2019年09月20日予定


Yokohamakitanaka190112
「横浜ランドマークタワー」69階の展望フロア「スカイガーデン」から見た様子です。


Yokohamaapa191011
「(仮称)アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」の建設現場です。タワークレーン2基で建設しています。


Yokohamaapa191012
「(仮称)アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」は、2019年9月20日(金)にオープンします。


Yokohamaapa191013
「塔屋」も含め最高部に到達していますが、「塔屋」を囲う外壁はまだ取り付けられていません。



|

2019年1月 7日 (月)

横浜みなとみらい21地区  「(仮称)首都高速道路(株)神奈川局開発計画」の建設予定地

Yokohamamm21190131
-(仮称)首都高速道路(株)神奈川局開発計画-

 「ぴあ」が、「三菱地所」が所有する横浜みなとみらい21地区の「38街区」の土地を借り受け、収容客数1万人規模の大型コンサートアリーナ「(仮称)MMアリーナ」を建設中です。

 「(仮称)MMアリーナ」のすぐ南側に、「首都高速道路株式会社」が、オフィスビル「(仮称)首都高速道路(株)神奈川局開発計画」を建設予定です。2階部分で既存の歩行者デッキと直結します。

 引用資料 みなとみらいエリアマネジメント
 (仮称)首都高速道路(株)神奈川局開発計画

(仮称)首都高速道路(株)神奈川局開発計画の概要
◆ 所在地-神奈川県横浜市西区みなとみらい三丁目2番
◆ 階数-地上10階、地下0階
◆ 高さ-46.99m
◆ 敷地面積-2,500.00㎡
◆ 建築面積-1,630.78㎡
◆ 延床面積-13,488.41㎡
◆ 構造- 鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-オフィス、駐車場   
◆ 建築主-首都高速道路株式会社
◆ 設計者-首都高速道路株式会社
◆ 施工者-(未定)   
◆ 着工-2019年04月01日予定
◆ 竣工-2020年12月31日予定


Yokohamamm21190132
「横浜ランドマークタワー」69階の展望フロア「スカイガーデン」から見た様子です。者デッキと直結します。


Yokohamapia181212
「(仮称)首都高速道路(株)神奈川局開発計画」の建設予定地は、建設中の「(仮称)MMアリーナ計画」のすぐ南側です。


Yokohamamm21190133
「(仮称)首都高速道路(株)神奈川局開発計画は、2階部分で既存の歩行者デッキと直結します。


Yokohamamm21190134
「(仮称)首都高速道路(株)神奈川局開発計画」の建築計画のお知らせです。



|

2019年1月 6日 (日)

横浜みなとみらい21地区 神奈川大学みなとみらいキャンパス新築工事 2018年12月中旬の建設状況

Yokohamamm21180811
神奈川大学みなとみらいキャンパス
 開発ラッシュに沸く横浜みなとみらい21地区に「神奈川大学」が進出します。横浜市が「中央地区43街区」の発事業者の公募を実施し、「学校法人神奈川大学」からキャンパス新設の提案があり、事業予定者に決定しています。売却価額は88億6,074万円です。

 「神奈川大学」は、横浜神奈川区六角橋に本部を置く私立大学です。大学の略称は神大(じんだい)で、学部は「法学部、経済学部、経営学部、外国語学部、人間科学部、理学部、工学部」の7学部ある総合大学です。2018年5月1日現在の学生数は18,431人です。

 2018年7月30日、「神奈川大学みなとみらいキャンパス新築工事」の起工式が行われ、工事の無事安全を祈願しました。

 引用資料 神奈川大学(2018/07/30) 
 無事安全を祈願。「みなとみらいキャンパス新築工事起工式」が執り行われました 

 当初の発表では、高さは最高部105.35m、軒高98.85mとなっていましたが、高さ99.99mとなりました。横浜市は基本的に「建築物」の高さで発表するので、最高部は100mを超えていると思われます。
 
神奈川大学みなとみらいキャンパスの概要
◆ 計画名-神奈川大学みなとみらいキャンパス新築工事
◆ 所在地-神奈川県横浜市西区みなとみらい四丁目5番1、5番2、5番5
◆ 階数-地上22階、地下1階   *公式HPでは、地上21階、地下1階 
◆ 高さ-建築物99.99m
◆ 敷地面積-7,848.31㎡
◆ 建築面積-約5,496㎡
◆ 延床面積-約49,821㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
◆ 用途-大学、店舗、駐車場
◆ 主要施設-地上1階~3階(図書館、ラーニングコモンズ、多目的ホール、ワールドビュッフェ、各種ラウンジ等)、4階~21階(大学施設、研究施設、レセプションルーム等)
◆ 建築主-学校法人神奈川大学
◆ 設計者-(基本設計・実施設計)三菱地所設計、(コンストラクション・マネジメント)日建設計コンストラクション・マネジメント
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-2018年07月30日(起工式)、2018年10月01日(着工)
◆ 竣工-2020年11月30日予定
◆ 開校-2021年04月予定
◆ 総投資額-約350億円(土地88億6,074万円)


Yokohamamm21190151
学部や学科を再編

 「みなとみらいキャンパス」には、日本の文化と歴史に深い理解をもって国際交流をすすめるグローバルな人材を養成する国際日本学部(2020年4月設置を構想中)、外国語学部、経営学部(国際経営学部に名称変更を構想中)のグローバル系学部を集約する予定です。


Yokohamamm21190152
横浜ランドマークタワー」69階の展望フロア「スカイガーデン」から見た様子です。


Yokohamamm21190153
「神奈川大学みなとみらいキャンパス新築工事」の建設現場です。


Yokohamamm21190154
掘削工事が行われています。突き出しているたくさんの鉄骨は「乗入れ構台」を支える柱です。


Yokohamamm21190155
「神奈川大学みなとみらいキャンパス新築工事」の建設現場を西側から見た様子です。


Yokohamamm21190156
開いたゲートから見た様子です。


Yokohamamm21190157
「神奈川大学みなとみらいキャンパス」の建築計画のお知らせです。



|

2019年1月 5日 (土)

横浜の新たなランドマーク 地上58階、高さ約200mの「ザ・タワー横浜北仲」 2018年12月中旬の建設状況

Yokohamakitanaka16121
ザ・タワー横浜北仲
 
「三井不動産レジデンシャル、丸紅」は、横浜市中区で推進中の大規模開発事業「北仲通北再開発等促進地区地区計画(約7.5ha)」の中心に位置する「(仮称)横浜市中区北仲通5丁目計画」の建設に2016年11月1日着手しました。

 「国土交通省」は、都市再生特別措置法第20条第1項の規定に基づき、「三井不動産レジデンシャル、丸紅」から申請のあった民間都市再生事業計画「(仮称)横浜市中区北仲通5丁目計画」について、同法第21条第1項の規定により認定しています。

 引用資料 国土交通省(PDF:2016/11/30)
 三井不動産レジデンシャル株式会社、丸紅株式会社の民間都市再生事業計画を認定 -制度創設15 年、累計認定件数100 件達成!- 

 地上58階、塔屋2階、地下1階、高さ199.95m、延床面積168,285.63㎡、総戸数1,176戸(事業協力者住戸50戸含む、他に宿泊施設・店舗・事務所等)の巨大プロジェクトです。正式名称は「ザ・タワー横浜北仲」です。すでに全戸完売しています。

ザ・タワー横浜北仲の概要
◆ 計画名-(仮称)横浜市中区北仲通5丁目計画
◆ 所在地-神奈川県横浜市中区北仲通五丁目57-2他(地番)
◆ 交通-横浜高速鉄道みなとみらい線「馬車道」駅下車徒歩1分、JR京浜東北線・根岸線、横浜市営地下鉄ブルーライン「桜木町」駅下車徒歩8分
◆ 階数-地上58階、塔屋2階、地下1階
◆ 高さ-建築物199.95m (備考)最高部の高さは211.95mの可能性があります。
◆ 敷地面積-13,135.36㎡
◆ 建築面積-8,761.33㎡
◆ 延床面積-168,285.63㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 地震対策-制震構造(ハニカムダンパ)
◆ 用途-共同住宅、ホテル、店舗、駐車場
◆ 総戸数-1,176戸(事業協力者住戸50戸含む、他に宿泊施設・店舗・事務所等) 
◆ 建築主-三井不動産レジデンシャル、丸紅
◆ 設計者・監理者-鹿島建設
◆ 施工者-鹿島建設、パナソニックES建設エンジニアリング
◆ 着工-2016年11月01日
◆ 竣工-2020年02月下旬予定
◆ 入居開始-2020年04月下旬予定


Yokohamakitanaka16122
「概要図」です。5階~58階(46階~51階を除く)は総戸数1,179戸(事業協力者住戸50戸含む)の分譲マンションとなり、みなとみらいを借景とする眺望とインナーハーバーを遥か彼方まで見渡せる絶好のロケーションでの暮らしを実現します。

 46階~51階は、「オークウッド」のサービス付き長期・短期滞在型宿泊施設で、横浜エリアに初進出となります。「オークウッド」のロビーが46階に設けられ、51階までの各フロアに客室(計175室)を展開します。
 

Yokohamakitanaka190111
「横浜ランドマークタワー」69階の展望フロア「スカイガーデン」から見た様子です。


Yokohamakitanaka190112
周囲では「横浜市市庁舎移転新築工事」や「(仮称)アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉新築工事」など大規模プロジェクトが目白押しです。


Yokohamakitanaka190113
「ザ・タワー横浜北仲」の建設現場です。すでに全戸完売しています。最高部の高さは211.95mという資料がありますが、変更になっている可能性もあり、正確な事は分りません。


Yokohamakitanaka190114
最高部です。撮影時は53階部分の躯体を構築中でした。



|

2019年1月 4日 (金)

横浜みなとみらい21地区 「横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」 & 「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」 2018年12月中旬の建設状況

Yokohama21mice15081
-みなとみらい21中央地区20街区-
 横浜市は、「パシフィコ横浜」の隣接地に「新たなMICE施設整備事業」を計画しています。「MICE(マイス)」とは、Meeting(企業等の会議)、Incentive travel(報奨・研修旅行)、Convention(国際機関等が行う会議)、Exhibition(イベントや展示会)の総称です。

 横浜市は、「みなとみらい21中央地区20街区MICE施設整備事業」をPFI事業として実施する入札を行い、「竹中工務店グループ」を落札者として決定しています。

 また、「みなとみらい21中央地区20街区MICE施設整備事業」における民間収益施設としてホテル事業に「リゾートトラスト」が参画しています。


Yokohamamm21190121
みなとみらい21中央地区20街区ホテル施設
 
街区の北側「みなとみらい21中央地区20街区ホテル施設」は、民間収益施設としてホテル事業に「リゾートトラスト」が参画しています。「みなとみらい21中央地区20街区ホテル施設」は、2017年10月17日に着工しました。

 ホテルは、完全会員制リゾートホテル「横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」と、会員制ではないラグジュアリーホテルとして、ハワイ州オアフ島にある名門ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」のブランドを冠した「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」の2つのホテルを併設します。

 外観イメージ引用 リゾートトラスト(PDF:2017/12/15)
 完全会員制リゾート「横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」 会員権販売開始のお知らせ

 外観が非常に斬新なデザインになっています。 ”波が寄せては返す「汀(みぎわ)」をイメージした外観” となっています。

横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾートとザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜の概要
◆ 計画名-みなとみらい21中央地区20街区ホテル施設
◆ 所在地-神奈川県横浜市西区みなとみらい一丁目8番1、8番9(地番)
◆ 交通-みなとみらい線「新高島」駅より徒歩約8分、みなとみらい線「みなとみらい」駅より徒歩約8分
◆ 階数-地上14階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-最高部66.00m、建築物60.00m   
◆ 敷地面積-31,762.61㎡(施設全体の開発面積)、9,486.76㎡(ホテル施設)
◆ 建築面積-7,454.18㎡
◆ 延床面積-48,114.46㎡
◆ 構造-鉄骨造、 一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 用途-ホテル、自動車車庫
◆ 客室数-138室(横浜ベイコート倶楽部ホテル&スパリゾート)、146室(ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜) 
◆ 建築主-リゾートトラスト
◆ 設計者・監理者-観光企画設計社
◆ 施工者-鹿島建設
◆ 着工-2017年10月17日
◆ 竣工-2020年3月31日予定
◆ オープン-2020年07月予定
◆ 総事業費-458億円


Yokohamamm21190122
横浜ランドマークタワーの展望フロア「スカイガーデン」から見た「横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」と「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」の建設現場です。手前はMICE施設「パシフィコ横浜ノース」の建設現場です。


Yokohamamm21190123
「横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」と「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」の建設現場を北東側から見た様子です。


Yokohamamm21190124
横アングルです。 ”波が寄せては返す「汀(みぎわ)」をイメージした外観” となっています。


Yokohamamm21190125
東側の弧を描いてオーバーハングする部分です。


Yokohamamm21190126
北西側から見た様子です。「アルミカーテンウォール」の取り付けも進んでいます。


Yokohamamm21190127
北西側から引いて見た様子です。


Yokohamamm21190128
西側から見た様子です。


Yokohamamm21171135
「みなとみらい21中央地区20街区ホテル施設」の都市景観形成行為のお知らせです。


Yokohamamm21171136
「配置図」です。「横浜ベイコート倶楽部ホテル&スパリゾート」と「ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜」は、互い違いに配置されます。


Yokohamamm21190129
「みなとみらい21中央地区20街区ホテル施設」の建築計画のお知らせです。公式ホームページでは、建築面積7,454.18㎡となっています。



|

2019年1月 3日 (木)

みなとみらい21中央地区20街区MICE施設 パシフィコ横浜ノース 2018年12月中旬の建設状況

Yokohama21mice15081
-みなとみらい21中央地区20街区-

 新年あけましておめでとうございます。今年も頑張ってホームページやブログを更新する予定ですのでよろしくお願い致します。

 横浜市は、「パシフィコ横浜」の隣接地に「新たなMICE施設整備事業」を計画しています。「MICE(マイス)」とは、Meeting(企業等の会議)、Incentive travel(報奨・研修旅行)、Convention(国際機関等が行う会議)、Exhibition(イベントや展示会)の総称です。

 横浜市は、「みなとみらい21中央地区20街区MICE施設整備事業」をPFI事業として実施する入札を行い、「竹中工務店グループ」を落札者として決定しています。

 また、「みなとみらい21中央地区20街区MICE施設整備事業」における民間収益施設としてホテル事業に「リゾートトラスト」が参画しています。

 ホテルは、完全会員制リゾートホテル「横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」と、会員制ではないラグジュアリーホテルとして、ハワイ州オアフ島にある名門ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」のブランドを冠した「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」の2つのホテルを併設します。


Yokohamamm21190111
パシフィコ横浜ノース

 「みなとみらい21中央地区20街区MICE施設」は、2017年7月31日に「起工式」を行い着工しました。正式名称は「パシフィコ横浜ノース」に決定しています。

 引用資料 みなとみらいエリアマネジメント
 みなとみらい21中央地区20街区MICE施設整備事業

パシフィコ横浜ノースの概要
◆ 所在地-みなとみらい21中央地区20街区MICE施設
◆ 所在地-神奈川県横浜市西区みなとみらい一丁目9番他
◆ 階数-地上6階、地下1階
◆ 高さ- 36.2m
◆ 敷地面積-31,762.61㎡(施設全体の開発面積)、21,039.47㎡(MICE施設)
◆ 建築面積-20,438.11㎡
◆ 延床面積-46,590.92㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 基礎工法-既成コンクリート杭
◆ 用途-集会場、自動車車庫、店舗 
◆ 建築主-横浜グローバルMICE
◆ 設計者-佐藤総合計画・竹中工務店設計共同企業体
◆ 監理者-佐藤総合計画
◆ 施工者-竹中・小俣建設共同企業体(竹中工務店、小俣組JV)
◆ 着工-2017年07月31日(起工式)、2017年08月01日(着工)
◆ 竣工-2020年03月31日予定
◆ オープン-2020年04月予定
◆ PFI事業の事業終了-2040年03月31日予定


Yokohamamm21190112
横浜ランドマークタワーの展望フロア「スカイガーデン」から見た「パシフィコ横浜ノース」の建設現場です。


Yokohamamm21190113
「パシフィコ横浜ノース」の建設現場を南側から見た様子です。


Yokohamamm21190114
少しだけ西側に振った様子です。


Yokohamamm21190115
「パシフィコ横浜ノース」は、既存の「パシフィコ横浜」と直結します。


Yokohamamm21190116
北西側から見た様子です。


Yokohamamm21171128
「みなとみらい21中央地区20街区MICE施設」の都市景観形成行為のお知らせです。


Yokohamamm21171129
「配置図」です。


Yokohamamm21171130
「みなとみらい21中央地区20街区MICE施設」の建築計画のお知らせです。



|

2018年12月31日 (月)

地上32階、高さ約155mの「横浜市市庁舎移転新築工事」 & 横浜スタジアム増築・改修計画 2018年12月中旬の建設状況 

Yokohamayoko170711
-横浜市市庁舎移転新築工事-
 いろいろあった2018年もあっという間に過ぎ、今日は大晦日です。今年1年、ホームページやブログを応援して頂いて本当にありがとうございました。

 横浜市役所の新庁舎計画は、3案「(1)北仲通南地区に完全移転案、(2)現在地で建て替え案、(3)現在地と北仲通南地区に市役所機能を分割案」が検討され、「北仲通南地区に完全移転案」に決定しました。

 「横浜市市庁舎移転新築工事」は、「高度技術提案(設計・施工一括)型総合評価落札方式」による一般競争入札(WTO)が行われ、契約金額は629億円(税込679億3200万円)で、「竹中・西松建設共同企業体」を落札者として決定しています。

 横浜市は2017年7月12日に、「横浜市市庁舎移転新築工事」の起工式を行い、2017年8月1日に本体工事に着工しました。2020年5月29日に竣工する予定です。

 引用資料 横浜市・総務局(2017/06)
 横浜市新市庁舎管理計画

横浜市市庁舎移転新築工事の概要
◆ 計画名-横浜市庁舎
◆ 所在地-神奈川県横浜市中区本町六丁目50番地の10他
◆ 階数-地上32階、塔屋2階、地下2階
◆ 高さ-最高部155.4m
◆ 敷地面積-13,155.38㎡
◆ 建築面積-7,932.48㎡
◆ 延床面積-143,448.76㎡
◆ 構造-鉄骨造(CFT柱)、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-杭基礎、一部直接基礎
◆ 地震対策-中間免震構造(2階と3階の間に免震層)+制震構造
◆ 用途-オフィス、集会所、飲食店舗、物販店舗、駐車場
◆ 建築主-横浜市(横浜市総務局長)
◆ 設計者-竹中工務店
◆ 施工者-竹中・西松建設共同企業体(竹中工務店、西松建設JV)
◆ 着工-2017年07月12日(起工式)、2017年08月01日(着工)
◆ 竣工-2020年05月29日予定
◆ 新市庁舎供用開始-2020年06月末予定
◆ 契約金額(税込)-679億3200万円 *低層部内装工事費約30億円は別途


Yokohamayoko170712
「新市庁舎の外観イメージ」です。


Yokohamayoko170713
「フロア構成」です。

ハイブリッド免震
 地震対策として、「免震構造」と「制振構造」を組合せた「ハイブリッド免震」を採用します。震度6強から震度7程度の大地震や長周期地震動に対しても業務継続が可能となります。


Yokohamayoko181211
横浜ランドマークタワー」69階の展望フロア「スカイガーデン」から見た「横浜市市庁舎移転新築工事」の建設現場です。


Yokohamayoko181212
高さ約120mの「横浜アイランドタワー」よりかなり高くなっています。


Yokohamayoko181213
最高部です。


Yokohamayoko181214
「アトリウム」の鉄骨建方の様子です。


Yokohamastadium170311
横浜スタジアム増築・改修計画
 
「横浜DeNAベイスターズ」は画期的な球団経営戦略に挑戦して、大成功を収めています。「横浜スタジアム」の公開買い付けにより実現した球場と球団の一体経営が効果を上げています。

 引用資料 横浜スタジアム(PDF:2017/03/15)
 横浜スタジアムの増築・改修計画を横浜市に提出しました 

 「横浜スタジアム」は、1978年4月に開業し2018年には開業から40年を迎えました。開業当時はわが国でも最先端の多目的スタジアムでしたが、施設の老朽化と収容人数不足が大きな課題となっていました。

 また、2020東京オリンピックの正式種目として採用された野球およびソフトボールの主会場になることが決定しています。このような状況を踏まえ、2020年春に完成をむかえるよう「横浜スタジアム増築・改修計画」を行っています。

横浜スタジアム増築・改修計画の概要
◆ 工事期間-2017年11月頃~2020年02月頃まで予定(プロ野球の開催や市民・関係者の利用に支障が生じないよう、シーズンオフ及び球場内外の工事を実施)
◆ 改修概要- 収容人数を約35,000人に増席(従来29,000人)、市街地を一望できるデッキ席や個室観覧席等を新設、 公園との一体化・内外野間の回遊性を実現、 スロープ・エレベータなどの新設


Yokohamayoko181215
「横浜DeNAベイスターズ」及び「横浜スタジアム」は、横浜スタジアムの観客席の増設を主な内容とする増築・改修計画を行っています。増設された観客席が分かります。


Yokohamayoko181216
約7ヶ月前の2018年5月10日の状況です。



|

2018年12月30日 (日)

横浜みなとみらい21地区 地上18階、高さ約85mの「(仮称)京急グループ本社ビル」 2018年12月中旬の建設状況

Yokohamamm21181251
-(仮称)京急グループ本社ビル-

 「京浜急行電鉄」は、横浜みなとみらい21地区の「56-1街区」に、地上18階、地下1階、高さ85.55m、延床面積25,835.42㎡の「(仮称)京急グループ本社ビル」を建設中です。

 「56-1街区」は、横浜高速鉄道みなとみらい線「新高島駅」直上の好立地です。「京浜急行電鉄」は、東京都港区の「品川・高輪」から本社を移転し、グループ企業の本社機能を集約します。

 引用資料 みなとみらいエリアマネジメント
 (仮称)京急グループ本社ビル

(仮称)京急グループ本社ビルの概要
◆ 所在地-神奈川県横浜市西区高島一丁目2番51ほか11筆
◆ 交通-JR「横浜」駅徒歩7分、みなとみらい線「新高島」駅直上
◆ 階数-地上18階、地下1階
◆ 高さ-85.55m  *最高部かは不明
◆ 敷地面積-2,603.91㎡
◆ 建築面積-1,914.36㎡ 
◆ 延床面積-25,835.42㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭 
◆ 用途-オフィス(本社)、展示場、保育所 
◆ 建築主-京浜急行電鉄
◆ 設計者・監理者-大成建設
◆ 施工者-大成・京急建設共同企業体(大成建設、京急建設JV)   
◆ 着工-2017年07月01日
◆ 竣工-2019年06月30日予定


Yokohamamm21181252
水滴がビッシリ着いて見づらいですが、「歩道橋新設工事のお知らせ」です。「(仮称)京急グループ本社ビル」の2階と既存の歩道橋が直結します。


Yokohamamm21181253
「横浜ランドマークタワー」69階の展望フロア「スカイガーデン」から見た様子です。


Yokohamamm21181254
「(仮称)京急グループ本社ビル」の建設現場を東側から見た様子です。東面は少し弧を描いています。


Yokohamamm21181255
「建築面積」と「延床面積」が少し変更になっています。


Yokohamamm21181256
変更前の「(仮称)京急グループ本社ビル」の建築計画のお知らせです。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

101 テレビドラマ・映画ロケ地めぐり | 102 経済ニュース | 103 いろいろなランキング | 104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他) | 105 大学キャンパスめぐり | 106 巨大工場めぐり | 107 巨大スタジアム・ホール・展示場めぐり | 108 大規模商業施設めぐり | 121 東京都・千代田区① | 121 東京都・千代田区② | 122 東京都・港区① | 122 東京都・港区② | 123 東京都・中央区 | 124 東京都・新宿区 | 125 東京都・渋谷区 | 126 東京都・豊島区 | 127 東京都・江東区 | 128 東京都・品川区 | 129 東京都・目黒区 | 130 東京都・文京区 | 131 東京都・台東区 | 132 東京都・荒川区 | 133 東京都・墨田区(東京スカイツリー) | 134 東京都・中野区 | 135 東京都・世田谷区 | 136 東京都・大田区 | 137 東京都・練馬区 | 143 東京都・23区内その他 | 151 東京都・ 23区以外 | 201 神奈川県・横浜市 | 202 神奈川県・川崎市 | 203 神奈川県・その他 | 231 千葉県・千葉市 | 232 千葉県・浦安市 | 233 千葉県・成田市(成田空港) | 234 千葉県・湾岸部 | 235 千葉県・内陸部 | 251 埼玉県・さいたま市 | 252 埼玉県・川口市 | 253 埼玉県・所沢市 | 254 埼玉県・その他 | 271 茨城県 | 281 栃木県 | 282 群馬県 | 311 大阪市・北部 | 312 大阪市・中部 | 313 大阪市・南部 | 314 大阪市・湾岸部 | 321 大阪府・堺市 | 325 大阪府・その他 | 351 兵庫県・神戸市 | 355 兵庫県・尼崎市 | 356 兵庫県・西宮市 | 357 兵庫県・芦屋市 | 359 兵庫県・その他 | 401 空撮じゃないけれど 札幌市編 | 411 空撮じゃないけれど 仙台市編 | 501 空撮じゃないけれど 香港(ホンコン)編 | 511 空撮じゃないけれど 澳門(マカオ)編 | 601 ちょっとひと休み