201 神奈川県・横浜市

2021年9月 5日 (日)

横浜市 「北仲通北地区」の最後の1棟 地上42階、高さ約170mの「(仮称)北仲通北地区B-1地区新築工事」 計画段階配慮書の縦覧!

Yokohamakitanaka210911
-(仮称)北仲通北地区B-1地区新築工事-
 「北仲通北地区」は、2000年代に高さ約220m×1棟、高さ約170m×3棟の超高層ビルが合計4棟林立する開発イメージが公開されました。「リーマンショック」の影響もあり、2010年代中頃に入ってから本格的に開発が始まりました。

 「A-4地区」は「ザ・タワー横浜北仲」、「B-2地区」は「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」として竣工済みです。「A-1・2地区」には、「大和地所、住友不動産」が、地上41階、地下3階、高さ約162mの再開発ビルを建設予定です。詳細が不明なのは「B-1地区」のみとなっていました。

● 計画段階配慮書の縦覧
 「横浜市」は、 横浜市環境影響評価条例に基づき、(仮称)北仲通北地区B-1地区新築工事 計画段階配慮書の縦覧を行っています。縦覧期間は2021年9月3日(金)~9月17日(金)までです。

 引用資料 横浜市(2021/09/03)
 (仮称)北仲通北地区B-1地区新築工事に係る計画段階配慮書の縦覧について

 これで「北仲通北地区」の4棟の超高層ビルの概要が判明しました。当初計画通り4棟の超高層ビルが建設される事になりました。全国の再開発を見てきましたが、経済状況で再開発に内容は大幅に変わります。その事を考えると「初志貫徹」は凄い事だと思います。

(仮称)北仲通北地区B-1地区新築工事の概要
◆ 所在地-神奈川県横浜市中区北仲通五丁目25番1
◆ 交通-横浜高速鉄道みなとみらい線「馬車道」駅、JR京浜東北線・根岸線、横浜市営地下鉄ブルーライン「桜木町」駅
◆ 階数-地上42階、塔屋2階、地下1階
◆ 高さ-最高部約170m、建築物約150m
◆ 計画区域面積-約13,000㎡(歩行者デッキ部分含む)
◆ 敷地面積-約12,345㎡
◆ 建築面積-約9,000㎡
◆ 延床面積-約110,000㎡
◆ 容積対象面積-約74,100㎡(容積率約600%)
◆ 地震対策-中間免震構造
◆ 用途-共同住宅、事務所、店舗
◆ 事業者-東急不動産、京浜急行電鉄、第一生命保険
◆ 着工-2023年度予定
◆ 竣工-2027年度予定
◆ 供用開始-2027年度予定


Yokohamakitanaka210912
「施設断面図」です。5階が「免震層」になっています。地震対策として「中間免震構造」を採用するようです。


Yokohamakitanaka210913
「施設配置図」です。


Yokohamakitanaka210914
 「北仲通北再開発等促進地区地区計画図」です。


Yokohamakitanaka210915
「計画区域位置図」です。



|

2021年9月 2日 (木)

横浜市 地上29階、高さ約108mの「中山駅南口地区第一種市街地再開発事業」 特定業務代行者の募集要項を配布で開発事業が動き出す!

Yokohamanakayama210911
-中山駅南口地区第一種市街地再開発事業-

 横浜市の「中山駅」は、JR横浜線の「中山駅」と横浜市営地下鉄グリーンラインの「中山駅」がT字型で交差する鉄道交通の要衝です。

 「中山駅南口地区市街地再開発準備組合」は、中山駅南口に地上29階、地下1階、高さ約108mの超高層タワーマンションを含む「中山駅南口地区第一種市街地再開発事業」を計画しています。

 引用資料 横浜市・公式HP(2019/02/05) リンク切れ
 中山駅南口地区第一種市街地再開発事業等の都市計画決定及び変更を行いました

● 特定業務代行者の募集要項を配布!
 「中山駅南口地区市街地再開発準備組合」は、2021年9月3日~9月17日まで特定業務代行者の募集要項を選定事務局で配布します。2021年度中に業務代行者を特定する予定です。再開発事業がいよいよ動き出します。

 建設通信新聞(2021/09/02)
 中山駅南口地区再開発準備組合/8万㎡の特定業務代行募集/9月17日まで要項配布

 「B地区」には、地上29階、地下1階、高さ約108m、延床面積約65,000㎡、総戸数約470戸の超高層タワーマンションを建設します。「A地区」には、地上6階、地下1階、高さ約25m、延床面積約16,000㎡の商業施設を建設します。

 A地区とB地区の間には「連絡デッキ」を新設し、歩行者の安全性と回遊性を創出します。「C地区」には、地上3階、高さ約16m、延床面積約1,000㎡の商業施設を建設します。
 
中山駅南口地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-神奈川県横浜市緑区台村町の一部、寺山町の一部、中山町の一部
◆ 交通-JR横浜線「中山」駅、横浜市営地下鉄グリーンライン「中山」駅すぐ
◆ 階数-(B地区)地上29階、塔屋1階、地下1階、(A地区)地上6階、地下1階、(C地区)地上3階、地下0階
◆ 高さ-(B地区)最高部約108m、建築物約99m、(A地区)約25m、(C地区)約16m
◆ 施行区域面積-約28.000㎡(施設全体)
◆ 敷地面積-約14,800㎡(施設全体)
◆ 延床面積-(B地区)約65,000㎡、(A地区)約16,000㎡、(C地区)約1,000㎡
◆ 用途-(B地区)共同住宅、商業施設、駐車場、(A地区)商業施設、(C地区)商業施設
◆ 総戸数-約470戸
◆ 建築主-中山駅南口地区市街地再開発組合(予定)
◆ 事業協力者-西松建設、東急不動産JV
◆ 事業コンサルタント-都市環境研究所
◆ 再開発組合設立-2022年予定
◆ 権利変換計画認可-2023年予定
◆ 着工-2023年度予定(解体・建築工事着手)
◆ 竣工-2029年度予定(工事完了)
◆ 事業費-約450億円


Yokohamanakayama191012
「計画建物の配置」です。「A地区(商業棟)、B地区(住宅棟、商業・駐車場棟)、C地区(商業棟)」の3地区に分けて再開発され、A地区とB地区の間には駅前広場が整備されます(引用:横浜市)。


Yokohamanakayama191013
「断面図」です。「都市型住宅」は建物高さ約99mですが、塔屋を含む最高部は約108mとなっています(引用:横浜市)。


Yokohamanakayama191016
現在の中山駅南口の駅前広場は非常に狭いです。


Yokohamanakayama191018
再開発予定地を西側から見た様子です。このあたりに「住宅棟」が建設されます。



|

2021年8月29日 (日)

川崎市 JR南武線(尻手駅~武蔵小杉駅間)連続立体交差化 都市計画決定と用地取得を前に、計画がなかなか進まない・・・

Kawasakinanbu210811
-JR南武線-
 「JR南武線」は、川崎駅から立川駅を結び、首都圏において環状方向の鉄道輸送の一翼を担う鉄道路線であり、川崎市域を縦断し市内の各拠点を結ぶ、川崎市において重要な交通基盤となっています。

 JR南武線は、昔はローカル線のような雰囲気でしたが、周辺人口の急増で急速に幹線化しています。それに伴い高架化も行われ、川崎市は「武蔵小杉駅付近~第3京浜道路交差部間」の約3.9km、東京都は「稲田堤駅~府中本町間」の約4.3kmを高架化しています。「東京メガループ」の幹線として2014年10月4日から「E233系電車」の導入も行われました。

JR南武線連続立体交差事業
 「川崎市」は、JR南武線の尻手駅~武蔵小杉駅間約5.5kmの連続立体交差事業の具体化に向けて、2014年6月上旬に地質調査と基本設計の作業に着手しました。対象区間は、尻手駅から武蔵小杉駅間の延長約5.5kmです。このうち、川崎市域は矢向駅から武蔵小杉駅間の延長約4.5kmとなっています。

 JR南武線の尻手駅~武蔵小杉駅の途中には「矢向駅、鹿島田駅、平間駅、向河原駅」の4駅があります。川崎市は、区間内にある13ヶ所の踏切をすべて撤去し、交通渋滞の緩和を目指します。区間の一部に横浜市域(尻手駅~矢向駅の約1km)が含まれますが、川崎市・横浜両市は連立交差事業の連携・協力に関する覚書を交わしています。
 
 引用資料 川崎市・ホームページ
 JR南武線(尻手駅~武蔵小杉駅間)連続立体交差化に向けて

 構造工法が「仮線高架」に決まったようです。他の工法と比較し、(1)概算事業費が最も安価となる、(2)横浜市域を含めて尻手駅~武蔵小杉駅間にある13の踏切を全て除却できる、(3)移転が必要となる買収対象建物が約400戸と最も少ないなどが理由です。

 しかし、最近は新しいニュースをほとんど目にしなくなりました。2020年度には「都市計画決定」が行われる予定でしたが、残念ながら見送られました。都市計画決定と用地取得を前にして、計画が止まっているように見えます。


Kawasakinanbu210812
「JR南武線連続立体交差事業区域図」です。


Kawasakinanbu210813
「尻手駅」を過ぎたあたりからスタートします。「尻手駅~矢向駅間」の約1kmは横浜市域となります。


Kawasakinanbu210814
「JR横須賀線」の手前で終わります。JR南武線の「武蔵小杉駅」は高架になりません。


Kawasakinanbu210815
E233系電車(8000番台)

 JR東日本は、「E231系電車」の後継として「E233系電車」を首都圏に大量投入しました。「E233系電車」は、2006年12月26日の中央快速線を皮切りに、京浜東北線、常磐緩行線、東海道線、京葉線、東北本線、埼京線、横浜線などに大量投入されてきました。

 2014年10月4日から南武線向け車両「8000番台」が営業運転を開始しました。その後急ピッチで「205系電車、209系電車」から「E233系電車」に置き換えが行われました。



|

2021年8月26日 (木)

地上33階、高さ約170mの「横浜市現市庁舎街区等活用事業」 横浜市現市庁舎街区活用事業に係る環境影響評価書の縦覧!

Yokohamacity210811
-横浜市現市庁舎街区等活用事業-

 横浜市が2019年1月から公募を実施していた「現市庁舎街区活用事業」について3件の応募があり、横浜市現市庁舎街区等活用事業審査委員会において審査が行われ、答申を受領しました。

 この答申を踏まえ、「国際的な産学連携」「観光・集客」というテーマに沿った地区の賑わいと活性化の核づくり等の観点から、最も優れた提案を行った「三井不動産」を代表者とするグループを事業予定者として決定しました。

 「三井不動産」を代表者とする計8社のグループは、「(代表者)三井不動産、(構成員)鹿島建設、京浜急行、第一生命、竹中工務店、ディー・エヌ・エー、東急、関内ホテルマネジメント(星野リゾートの全額出資子会社)」で構成されています。

 「MINATO-MACHI LIVE(ミナト マチ ライブ)」を事業コンセプトに、地上30階、地下1階、高さ160.7m、延床面積約117,017㎡の超高層複合施設を提案しました。その後、何度も概要が変更になっています。

● 環境影響評価準備書の縦覧
 横浜市環境影響評価条例に基づき、横浜市現市庁舎街区活用事業 環境影響評価書の縦覧が行われています。縦覧期間は、2021年8月25日(水)~9月24日(金)までです。

 横浜市 公式ホームページ(2021/08/25)
 横浜市現市庁舎街区活用事業に係る環境影響評価書の縦覧

 2021年1月25日の「横浜市現市庁舎街区活用事業 に係る環境影響評価準備書の縦覧」と比べると「タワー棟」が、地上32階から地上33階に変更になっています。高さは約170mで変更はありません。

横浜市現市庁舎街区等活用事業の概要
◆ 所在地-神奈川県横浜市中区港町一丁目1番地
◆ 階数-(タワー棟)地上33階(地上32階階から変更)、塔屋2階、地下1階、(行政棟)地上8階、地下1階、(LVA棟)地上2階、地下0階
◆ 高さ-(タワー棟)最高部約170m、建築物約170m、(行政棟)最高部約55m、建築物約37m、(LVA棟)最高部約17m(最高部約15mから変更)
◆ 敷地面積-16,522.87㎡
◆ 建築面積-約11,100㎡
◆ 延床面積-約130,200㎡
◆ 容積対象床面積-約120,000㎡
◆ 用途-オフィス、教育施設、観光・集客施設、商業施設、宿泊施設ほか
◆ 事業予定者-(代表者)三井不動産、(構成員)、鹿島建設、京浜急行、第一生命、竹中工務店、ディー・エヌ・エー、東急、関内ホテルマネジメント(星野リゾートの全額出資子会社)
◆ 着工-2021年予定
◆ 竣工-2025年予定
◆ 開業-2025年下期予定


Yokohamacity200511
「施設概要図」です。


Yokohamacity210812
「主なフロア構成等」です。


Yokohamacity210813
「施設断面図」です。


Yokohamacity210814
3回目の変更
 2021年8月25日の「横浜市現市庁舎街区活用事業に係る環境影響評価書の縦覧」では、「タワー棟」は、地上33階、高さは最高部約170m、建築物約170mに変更になりました。


Yokohamacity210113
2回目の変更
 2021年1月25日の「横浜市現市庁舎街区活用事業 に係る環境影響評価準備書の縦覧」では、「タワー棟」は、地上32階、高さは最高部約170m、建築物約170mに変更になりました。


Yokohamacity200514
1回目の変更
 2020年5月15日の「横浜市現市庁舎街区活用事業 環境影響評価方法書の縦覧」では、「タワー棟」は、地上34階、高さは最高部約180m、建築物約170mに変更になりました。


Yokohamacity210114
「施設配置図」です。


Yokohamacity200516
「対象事業実施区域位置図」です。


Yokohamacity190815
「横浜市現市庁舎街区等活用事業」の予定地です。



|

2021年8月15日 (日)

時価総額約2兆円 新横浜に本社がある世界唯一のオンリーワン企業「レーザーテック」  2021年6月期の連結業績は驚異的な好決算!

Yokohamalasertec200711
レーザーテック-
 新横浜駅近くの神奈川県横浜市港北区新横浜二丁目10-1に「レーザーテック」という会社があるのをご存知でしょうか? 「レーザーテック」は投資家から熱い視線を浴びていて、2021年8月13日終値時点の時価総額は1,924,385百万円と2兆円弱となっています。

 半導体セクターは5Gインフラの本格化に加え、テレワーク市場の拡大に伴うデータセンター増設など構造的な需要拡大局面への移行が見込まれています。更に高集積化の流れが加速するなか、EUV(極端紫外線)技術を活用した露光装置の市場拡大も顕著です。「レーザーテック」は、EUV向けマスクブランクス検査装置を供給する世界唯一のオンリーワン企業として注目されています。

 最先端半導体を量産するために「EUV露光装置」の製造ラインへ導入が本格化しています。7ナノ以降(5ナノや3ナノ)の線幅に対応するには「EUV(Extreme Ultraviolet:極端紫外線)露光装置」が必要です。

 「EUV露光装置」の開発には、現在のところオランダの大手半導体製造装置メーカー「ASML」のみが成功しています。そのため「ASML」が市場シェア100%を獲得しています。しかし、「露光装置」だけでは半導体は製造出来ません。

● グローバルニッチ戦略
 「レーザーテック」は、「グローバルニッチ戦略」を採用しています。グローバルニッチ市場とは、世界市場の中で高い技術力が必要ですが大企業が参入するほど市場は大きくなく、一方で中小企業には経験や技術の点で参入が極めて困難な市場です。

 「レーザーテック」は、半導体製造装置の中でも「マスク」と「マスクブランクス」の検査装置に特化して、EUV向けマスクブランクス検査装置を供給する世界唯一のオンリーワン企業となっています。

● ジャイアントキリング(弱者が強者を倒す)
 日本の投資家が「レーザーテック」に夢中にになるのは「ジャイアントキリング(弱者が強者を倒す)」を地で行くような会社だからです。「レーザーテック」の最大のライバルは、アメリカに本社を置く半導体検査装置メーカーで世界シェアNo.1の「KLA-Tencor(ケーエルエー・テンコール)」です。

 遥かに巨大な「KLA-Tencor」が開発出来ていないEUV向けマスクブランクス検査装置を遥かに規模の小さな「レーザーテック」が開発に成功したのです。日本の投資家が応援したくなるのも当然です。

 「KLA-Tencor」がEUV向けマスクブランクス検査装置に参入するのは時間の問題だと思います。ただ超高度な技術のためすぐには参入出来ません。それまでに「レーザーテック」は企業規模を大きくして、「KLA-Tencor」が参入しても資金力で対抗できる企業規模にしておく必要があります。


Yokohamalasertec210811
レーザーテック(Lasertec)

 「レーザーテック」は日本の企業では珍しい6月決算を採用しています。2021年6月期(2020年7月1日~2021年6月30日)の連結決算では、売上高70,248百万円(前年比65.0%増)、営業利益26,074百万円(前年比73.1%増)となりました。

 売上高が遂に700億円を突破しました。これは企業予想の620億円を大幅に上回り、アナリスト予想(コンセンサス)の667.65億円も上回るサプライズの好決算でした。

 レーザーテック 決算短信(PDF:2021/08/06)
 2021年6月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

● 2022年6月期の連結業績予想
 2022年6月期の連結業績予想(2021年7月1日~2022年6月30日)は、売上高83,000百万円、営業利益27,000百万円と、売上高・営業利益共に過去最高の業績予想をしています。しかし、あまりにも保守的な予想だったので、空前の好決算にも関わらず、決算発表後に失望売りにより株価は下落しました。

 ちなみにアナリスト予想(コンセンサス)では、売上高97,780百万円、営業利益36,566百万円と遥かに高い予想をしています。積み上がった「受注高・受注残高」などから推計すると、半導体市場に大きなの変調が無い限り、アナリスト予想(コンセンサス)に近い決算になると思われます。

レーザーテックの連結決算(売上高/営業利益)
-----------------------------------------
2002年6月      6,524百万円    1,271百万円
2003年6月      6,156百万円    1,005百万円)
2004年6月      7,504百万円    1,169百万円
2005年6月      9,972百万円    1,911百万円
2006年6月    12,033百万円    2,963百万円
2007年6月    15,874百万円    3,895百万円
2008年6月    14,136百万円    3,100百万円
2009年6月      9,266百万円    △657百万円
2010年6月      8,931百万円       746百万円
-----------------------------------------
2011年6月    12,722百万円     2,441百万円
2012年6月    12,337百万円     3,088百万円
2013年6月    11,397百万円     2,149百万円
2014年6月    13,607百万円     3,097百万円
2015年6月    15,187百万円     4,722百万円
2016年6月    15,291百万円     4,428百万円
2017年6月    17,369百万円     4,960百万円
2018年6月    21,252百万円     5,685百万円
2019年6月    28,769百万円     7,941百万円
2020年6月    42,572百万円   15,062百万円
-----------------------------------------
2021年6月    70,248百万円   26,074百万円

2022年6月期予想
2022年6月     83,000百万円   27,000百万円(会)
2022年6月     97,780百万円   36,566百万円(コ)

(備考) (会)は会社予想、(コ)はアナリスト予想(コンセンサス)です。


Yokohamalasertec210812
2022年6月期製品別予想

 「2022年6月期 製品別予想(売上/受注/受注残)」です。アナリスト予想(コンセンサス)が会社予想より遥かに売上高を高く予想しているのは、「受注高・受注残高」が大きく積み上がっているためです。

 引用資料 レーザーテック(PDF:2021/08/10)
 2021年6月期 決算説明会資料


Yokohamalasertec210813
EUV関連装置

 EUV関連の半導体製造装置は非常に高価で、「ASML」の「EUV露光装置」は1台が200億円を超えると言われています。「レーザーテック」の検査装置はそこまで高くありませんが、それでもかなり高価です。

 「レーザーテック」は価格を非公表ですが、1台数億円から十数億円でと言われています。中でも高額なのが、EUVマスクプランクス欠陥検査装置「ABICS E120」が1台約40億円、EUVマスク欠陥検査装置「ACTIS A150」が1台推定50~80億円と言われています。



|

2021年8月 8日 (日)

みなとみらいに本格アウトドアテーマパーク 「DREAM DOOR YOKOHAMA HAMMERHEAD(ドリームドアヨコハマハンマーヘッド)」をオープン!

Yokohamadreamdoor210811
-みなとみらいに都市型アウトドアテーマパーク-

 「SOULPLANET」は、みなとみらい臨海エリアの新たな賑わい創出を目的としたプロジェクトとして、「カップヌードルミュージアムパーク」の敷地内に2021年8月24日(火)に、カフェを併設した本格 BBQ施設「DREAM DOOR YOKOHAMA HAMMERHEAD(ドリームドアヨコハマハンマーヘッド)」をオープンします。

 引用資料 SOULPLANET(2021/07/15)
 本格アウトドアテーマパーク「DREAM DOOR YOKOHAMA HAMMERHEAD」が2021年8月24日(火)に横浜・みなとみらいにGRAND OPEN !!

 公式ホームページ
 DREAM DOOR YOKOHAMA HAMMERHEAD

 本格的なアウトドアへの入口となるような体験型テーマパークの敷地内は、 横浜ハンマーヘッドサイドの象徴的な円型プロムナードデッキの「ツリーランドサークル」、 女神橋サイドの森林を活かしたグランピング体験エリア「ファイヤーフォレスト」、両エリアに挟まれた多目的フィールドの「ワンダーフィールド」という3つのエリアに分かれており、それぞれ特色の違う楽しみ方を提案しています。


Yokohamadreamdoor210812
TREE LAND CIRCLE

 「TREE LAND CIRCLE(ツリーランドサークル)」は、受付やBAR、パークレンジャーズロッジを備えたパークの中心施設です。2階デッキからの横浜港の眺望は圧巻です。


Yokohamadreamdoor210813
「TREE LAND CIRCLE(ツリーランドサークル)」のイメージです。


Yokohamadreamdoor210814
「TREE LAND CIRCLE(ツリーランドサークル)」のイメージです。


Yokohamadreamdoor210815
「FIRE FOREST(ファイヤーフォレスト)」のイメージです。



|

2021年8月 3日 (火)

横浜市 山下ふ頭に「IR(カジノを含む統合型リゾート施設)」 民間2グループが提案した施設の完成イメージを公開!

Yokohamayamashita210811
-山下ふ頭(山下埠頭)-
 政府は、「IR(カジノを含む統合型リゾート施設)」を国内に3ヶ所整備する方針を打ち出しています。「横浜市」は、「IR(カジノを含む統合型リゾート施設)」を誘致する方針を固めています。

 立地場所は、「山下ふ頭」の47.1haを想定しています。「広大でシンボル性の高い敷地。横浜都心部、羽田空港からの距離も近く、航空、鉄道、道路による各方面からのアクセスの利便性が高い。中心市街地や住宅地から、高速道路等により分離されている上、海上に隔離された立地になっている。」などの理由に挙げています。

● 横浜イノベーションIR企画展示
 「横浜市」は7月27日に、「山下ふ頭」への誘致を目指す「IR(カジノを含む統合型リゾート施設)」に関連し民間2グループが提案した施設の完成イメージを公開しました。

 展示期間は、2021年7月27日(火)~8月7日(土)まで、横浜市役所2階の展示スペースで、IRで体験できることをイメージした動画や大きな床面展示、施設のパース図などを展示しています。

 引用資料 横浜市・公式HP(2021/07/29)
 「横浜イノベーションIR企画展示」について

 引用資料 日刊建設工業新聞(2021/07/28)
 横浜市/IR施設、2グループからの提案イメージ公表/8月7日まで市役所2階で展示

 IR事業者を決める公募型プロポーザルには、2グループから提案がありました。グループの一つは代表企業がゲンティン・シンガポール・リミテッド(シンガポール)です。大林組と鹿島建設、セガサミーホールディングス、綜合警備保障、竹中工務店の5社が構成員として参画しています。もうひとつのグループの社名は非公表です。代表1社、構成員2社の3社グループとなっています。


Yokohamayamashita210812
施設イメージです。


Yokohamayamashita210813
施設イメージです。


Yokohamayamashita190512
「山下ふ頭」です。面積は約47.1haです。



|

2021年6月30日 (水)

キオクシア(旧:東芝メモリ) 横浜市に最先端の研究開発拠点 「(仮称)キオクシア横浜テクノロジーキャンパス技術開発新棟計画」を新設!

Yokohamakioxia210611
-キオクシア(旧:東芝メモリ)

 すっかり影が薄くなった日本の半導体産業ですが、頑張っている企業もあります。NAND型フラッシュメモリーの「キオクシアホールディングス(旧:東芝メモリホールディングス)」、CMOSイメージセンサーの「ソニーグループ」、車載用マイコンの「ルネサスエレクトロニクス」などです。

 「キオクシア」は、フラッシュメモリ、SSDの研究・技術開発を強化し、新たな価値を提供する「記憶」技術の創造を目指し、横浜テクノロジーキャンパス(横浜市栄区)に技術開発新棟(仮称)を建設し、横浜市神奈川区にクリーンルームを備えた研究開発拠点(新子安研究拠点(仮称))を新設します。

 日刊建設工業新聞(2021/06/29)
 キオクシア/横浜市栄区に延べ4・3万平米の新棟/清水建設で12月着工

 引用資料 キオクシア(2021/05/13)
 横浜テクノロジーキャンパス技術開発新棟と新子安研究拠点の新設について

 技術開発新棟の建設と新子安研究拠点の整備で約200億円を投資し、稼働は2023年の予定です。両施設の稼働に伴い、横浜市・川崎市内に分散していた部門を集結させ、効率を高め、コラボレーションの活性化によるイノベーションの創出につながる働きやすい環境を整備することで、研究・技術開発を強化します。

横浜テクノロジーキャンパス 技術開発新棟の概要
◆ 計画名-(仮称)キオクシア横浜テクノロジーキャンパス技術開発新棟計画
◆ 所在地-神奈川県横浜市栄区笠間二丁目、鎌倉市岩瀬一丁目
◆ 階数-地上6階、地下0階
◆ 高さ-約30m
◆ 敷地面積-約53,633㎡
◆ 建築面積-約7,717㎡
◆ 延床面積-約43,093㎡(容積対象外面積約5,672㎡)
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
◆ 建築主-キオクシア
◆ 設計者-清水建設
◆ 施工者-清水建設
◆ 着工-2021年12月初旬予定
◆ 竣工-2023年09月末予定


Yokohamakioxia210612
新子安研究拠点(仮称)

 「新子安研究拠点の完成イメージ図」です。所在地は横浜市神奈川区守屋町三丁目、概要は地上4階、地下0階、延床面積約13,000㎡、2023年夏の稼働予定です。


Kioxia210511
四日市工場の第7製造棟(Y7棟)

 「キオクシアホールディングス」は、NAND型フラッシュメモリーを生産する四日市工場の新製造棟建設のための土地の造成工事を2020年5月27日に着手しました。2021年2月25日には、3次元フラッシュメモリ「BiCS FLASH」の生産能力の増強を目的とした「第7製造棟(Y7棟)」の起工式を行いました。

 引用資料 キオクシア(2021/02/25)
 四日市工場にて第6世代3次元フラッシュメモリの生産にも対応する新製造棟(Y7棟)の建設を開始

 「第7製造棟(Y7棟)」は、2期に分けて建設し、市場ニーズに応じて最先端フラッシュメモリ製品を柔軟に生産・出荷する体制を確立します。建屋面積は合計で約4万㎡(1期は約2万㎡)と「キオクシアホールディングス」の工場棟では最大の規模になります。

 地震の揺れを吸収する「免震構造」を採用するとともに、最新の省エネ製造設備を導入するなど環境面にも配慮した工場となる予定です。設備投資は総額で1兆円規模になる見通しで、第1期分の竣工は、2022年春の予定です。

 「キオクシア」とアメリカの「ウエスタンデジタル」は20年にわたるパートナーシップを継続し、製造棟の運営で協力し、「第7製造棟(Y7棟)」においても第6世代3次元フラッシュメモリ向け等の共同投資を今後進める予定です。

 「キオクシア」は、岩手県北上市の「北上工場」に隣接する約13.6万㎡の工場用地も取得しています。2021年春に土地の造成工事を開始し、2022年春メドに完了させます。今後の需要増に合わせて機動的な増産投資ができる体制を整えています。



|

2021年6月26日 (土)

「FAKE IT」のロケ地にPerfumeタワー! 地上28階、高さ約171mの「みなとみらい21中央地区52街区」 開発事業者が「大和ハウス工業、光優」に決定!

Yokohamamm21210611
-みなとみらい21中央地区52街区-
 
空地だらけだった「横浜みなとみらい21地区」ですが、開発が急速に進み、開発が可能な用地が残り少なくなりました。「みなとみらい21中央地区52街区」は、残された最後の一等地とも言えます。

 「みなとみらい21中央地区52街区」は、横浜市の市有地と財務省所管の国有地で街区が形成されており、街区全体を一体的に開発するためには、横浜市と国が連携して開発事業者の公募を実施する必要があります。

 敷地面積は、市有地5,618.47㎡(市有地)+6,199.97㎡(国有地)=11,818.44㎡です。建物高さの最高限度は300m、 建ぺい率80%、容積率800%です。

 建物高さの最高限度は300mですが、国有地側の地下に「みなとみらい線」が走っているのと、11,818.44㎡(敷地面積)×800%(容積率)=94,547.52㎡(容積対象面積の最大値)なので、大幅な容積率の緩和を行わない限り、高さ300mのビルを建設するのは不可能です。

● 開発事業者が決定!
 「みなとみらい21中央地区52街区」の開発事業者が「大和ハウス工業、光優(2社でSPCを組成)」に決定しました。52街区は、国の所有地(国有地)及び横浜市の所有地(市有地)で構成されています。

 国で実施する二段階一般競争入札において、52街区全体としての土地利用に関する企画提案を審査し、国有地の落札者を決定しました。市有地は、国有地の落札者に売却することとし、国有地の落札者を市有地の事業予定者としました。

 引用資料 みなとみらいエリアマネジメント(2021/06/25)
 みなとみらい21地区52街区開発事業予定者決定

みなとみらい21中央地区52街区の概要
◆ 所在地-神奈川県横浜市西区みなとみらい五丁目1番2ほか
◆ 交通-みなとみらい線「新高島」駅、JR・京急・東急・相鉄・みなとみらい線・市営地下鉄「横浜」駅
◆ 階数-地上28階、地下1階
◆ 高さ-171.35m
◆ 敷地面積-11,818.44㎡(市有地5,618.47㎡+国有地6,199.97㎡)
◆ 延床面積-約110,142㎡
◆ 用途-市有地側「オフィス(4階~28階)、イノベーションプラットホーム等(2階・3階)、店舗、駐車場(1階)、地域冷暖房プラント(地下1階)」、国有地側「ゲームアートミュージアム、店舗(1階・2階)、地域冷暖房プラント(地下1階)」
◆ 事業予定者-大和ハウス工業、光優(2社でSPCを組成)
◆ 着工-2023年01月予定 
◆ 供用開始-2026年07月までに供用開始予定


Yokohamamm21210612
市有地(北側)
 北側の市有地(敷地面積地5,618.47㎡)側には、地上28階、地下1階、高さ171.35mの超高層ビルが建設されます。用途は、「オフィス(4階~28階)、イノベーションプラットホーム等(2階・3階)、店舗、駐車場(1階)、地域冷暖房プラント(地下1階)」となっています。


Yokohamamm21210613
国有地(南側)
 南側の国有地(敷地面積地6,199.97㎡)側には、「バベルの塔」のような低層の建物が建設されます。用途は、「ゲームアートミュージアム、店舗(1階・2階)、地域冷暖房プラント(地下1階)」となっています。

● 敷地の地下にはみなとみらい線
 国有地側の地下には、「みなとみらい線」が走っているので超高層ビルの建設が極めて難しいです。そのためこのように多くの部分を緑地にしたのだと思われます。


Yokohamamm21210614
「キング軸から海側を望む」です。


Yokohamamm21210615
「キング軸 3街区全体」です。キング軸に沿って、竣工済みの「54街区」、工事中の「53街区」を配置しています。


Yokohamamm21210616
「位置図」です。敷地面積11,818.44㎡です。北側の市有地5,618.47㎡と南側の国有地6,199.97㎡で構成されています。南側の国有地側の地下には、「みなとみらい線」が敷地中央を走っているのが分かります。


Yokohamamm21191121
みなとみらい21中央地区52街区
 「みなとみらい21中央地区52街区」です。写真左側奥(北側)が「市有地」、写真右側奥(南側)が「国有地」です。国有地側の地下には、「みなとみらい線」が走っているので開発が難しい立地です。


Yokohamamm21210617
Perfumeのミュージックビデオ「FAKE IT」のロケ地
 
「52街区(国有地)」は、「Perfume(パフューム)」のミュージックビデオ「FAKE IT」のロケ地だと思われます。 ロケが行われた2012年夏には「みなとみらい21中央地区53街区」にはまだ暫定施設が建っていたので、位置的に「52街区(国有地)」に間違いないと思います。

 静止画引用 YouTube(ミュージックビデオ)
 Official Music Video] Perfume 「FAKE IT」

 「TOKYO GIRL」のミュージックビデオでは、「Perfumeタワー」は渋谷に描かれていました。Perfumeの聖地だった「サンストリート亀戸」の跡地には超高層タワーマンションは建設されませんでした。

 Perfumeの聖地の1つだった「みなとみらい21中央地区52街区」に超高層ビルが建設されます。Perfumeの3人(あ〜ちゃん、のっち、かしゆか)に感想を聞いて見たいです(笑)。



|

2021年5月17日 (月)

歴史的建造物の「横浜郵船ビル」を保全・活用して建て替え 地上22階、高さ約112mの「(仮称)横浜市中区海岸通計画」  計画段階配慮書の縦覧!

Yokohamakaigan210511
-(仮称)横浜市中区海岸通計画-

 「神奈川県警察本部」の西側に歴史的建造物の「横浜郵船ビル」があります。「日本郵船」と「三菱地所」は、歴史的建造物の「 横浜郵船ビル」の大部分を、保全・活用して建て替えます。

 計画名は「(仮称)横浜市中区海岸通計画」で、地上22階、塔屋2階、地下2階、高さ約112m(正確には111,100m)、延床面積約88,600㎡の超高層ビルを建設します。

 「横浜市」は、横浜市環境影響評価条例に基づき、(仮称)横浜市中区海岸通計画 計画段階配慮書の縦覧を行っています。縦覧期間は、2021年5月14日(金)~5月28日(金)までです。

 引用資料 横浜市・公式HP(2021/05/14)
 97.(仮称)横浜市中区海岸通計画に係る計画段階配慮書の縦覧について

 2023年から既存建物の解体工事に着手、2024年に着工、2027年に竣工、2028年の供用開始を目指します。1階・2階が「商業店舗」、1階~3階が「教育施設」、4階以上が「オフィス」となります。

(仮称)横浜市中区海岸通計画の概要
◆ 所在地-横浜市中区海岸通三丁目9番
◆ 交通-横浜高速鉄道みなとみらい線「馬車道」駅徒歩3分、JR「桜木町」駅徒歩10分、JR「関内」駅徒歩10分
◆ 階数-地上22階、塔屋2階、地下2階
◆ 高さ-最高部111,100m、建築物99,100m
◆ 敷地面積-約10,550㎡
◆ 建築面積-約8,600㎡
◆ 延床面積-約88,600㎡(容積対象床面積約73,850㎡) 
◆ 用途-オフィス、商業、教育施設等
◆ 建築主-日本郵船、三菱地所
◆ 設計者-三菱地所設計
◆ 施工者-(未定)
◆ 解体工事-2023年予定
◆ 着工-2024年予定
◆ 竣工-2027年予定
◆ 供用開始-2028年予定


Yokohamakaigan210512
「施設断面図(東西)」です。正確な高さは、最高部111,100m、建築物99,100mです。


Yokohamakaigan210513
「施設断面図(南北)」です。


Yokohamakaigan210514
「施設配置図」です。再開発予定地は、西側の「横浜郵船ビル」と東側「横浜ビル」です。2棟共に「日本郵船」が100%出資する「郵船不動産」が所有しています。「三菱地所」はもちろんですが、「日本郵船」も「三菱金曜会」の有力企業です。


Yokohamakaigan210515
「計画区域位置図」です。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

101 テレビドラマ・映画ロケ地めぐり 102 経済ニュース 103 いろいろなランキング 104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他) 105 大学キャンパスめぐり 106 巨大工場めぐり 107 巨大スタジアム・ホール・展示場めぐり 108 大規模商業施設めぐり 121 東京都・千代田区① 121 東京都・千代田区② 122 東京都・港区① 122 東京都・港区② 123 東京都・中央区 124 東京都・新宿区 125 東京都・渋谷区 126 東京都・豊島区 127 東京都・江東区 128 東京都・品川区 129 東京都・目黒区 130 東京都・文京区 131 東京都・台東区 132 東京都・荒川区 133 東京都・墨田区(東京スカイツリー) 134 東京都・中野区 135 東京都・世田谷区 136 東京都・大田区 137 東京都・練馬区 143 東京都・23区内その他 151 東京都・ 23区以外 201 神奈川県・横浜市 202 神奈川県・川崎市 203 神奈川県・その他 231 千葉県・千葉市 232 千葉県・浦安市 233 千葉県・成田市(成田空港) 234 千葉県・湾岸部 235 千葉県・内陸部 251 埼玉県・さいたま市 252 埼玉県・川口市 253 埼玉県・所沢市 254 埼玉県・その他 271 茨城県 281 栃木県 282 群馬県 311 大阪市・北部 312 大阪市・中部 313 大阪市・南部 314 大阪市・湾岸部 321 大阪府・堺市 325 大阪府・その他 351 兵庫県・神戸市 355 兵庫県・尼崎市 356 兵庫県・西宮市 357 兵庫県・芦屋市 359 兵庫県・その他 401 北海道 411 宮城県 412 福島県 415 青森県 501 香港(ホンコン) 511 海外 601 ちょっとひと休み