201 神奈川県・横浜市

2019年5月18日 (土)

JR東日本 桜木町駅新改札に隣接 本格着工した「桜木町駅前複合ビル開発計画」

Yokohamasakuragicho181011
-桜木町駅前複合ビル開発計画-

 「JR東日本、日本ホテル、横浜ステーシヨンビル」は2018年10月4日に、「桜木町駅前複合ビル開発計画」の本体工事の起工式を現地で執り行いました。概要は、地上12階、地下1階、高さ44.8m、延床面積9,994.74㎡です。JR桜木町駅新改札に隣接しています。

 引用資料 JR東日本・横浜支社(PDF:2018/09/27)
 桜木町駅前複合ビルの新築工事に着手します 

 宿泊施設については、「日本ホテル」が宿泊特化型ホテル「JR東日本ホテルメッツ桜木町(仮称)」を運営します。店舗及び子育て支援施設等については、「横浜ステーシヨンビル」が「CIAL桜木町 別館(仮称)」として運営します。

桜木町駅前複合ビル開発計画の概要
◆ 所在地-神奈川県横浜市中区桜木町一丁目1-93他
◆ 交通-JR「桜木町」駅の新改札に隣接
◆ 階数-地上12階、地下1階
◆ 高さ-44.8m
◆ 敷地面積-1,987.65㎡
◆ 建築面積-1,103.31㎡
◆ 延床面積-9,994.74㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-1階~2階(店舗、子育て支援施設等)、3階~12階(ホテル)
◆ 客室数-274室(シングル209室、ツイン55室、ダブル10室)
◆ 建築主-JR東日本
◆ 設計者・監理者-ジェイアール東日本建築設計事務所
◆ 施工者-東急建設
◆ 着工-2018年10月04日(起工式)
◆ 竣工-2020年05月31日予定(労災保険関係成立票より)


Yokohamasakuragicho181012
「位置図」です。「新改札(予定)」を新設します。


Yokohamasakuragicho190511
「横浜ランドマークタワー」69階の展望フロア「スカイガーデン」から見たJR桜木町駅周辺です。

 
Yokohamasakuragicho190512
「桜木町駅前複合ビル開発計画」の建設現場です。


Yokohamasakuragicho190513
南側から見た様子です。


Yokohamasakuragicho190514
JR桜木町駅新改札に隣接しています。


Yokohamasakuragicho190515
南東側から見た様子です。「乗入れ構台」が見えます。


Yokohamasakuragicho190516
「桜木町駅前複合ビル開発計画」の建築計画のお知らせです。



|

2019年4月19日 (金)

JR東日本 「京浜東北線」で7番目にホームドアが使用開始された「桜木町駅」 JR東日本で初めて「多段式ホームドア」を導入!

Yokohamasakuragicho190411
-京浜東北線のホームドア-

 「JR東海」は4月18日に、2020年春のダイヤ改正で、東京―新大阪間の東海道新幹線「のぞみ」の運転本数を現在の1時間に最大10本から12本に拡大すると発表しました。「ひかり」と「こだま」を合わせると1時間に最大17本に拡大します。「1時間に17本って山手線かよ!」と思わずツッコミを入れてしまいました(笑)。

 本題に戻って、JR東日本は、ホームドアの整備を進めています。「山手線」の整備にはほぼメドが立ったため、「京浜東北線」での整備が本格化しています。

 2017年3月25日の初電から、「JR赤羽駅」に「京浜東北線」では初めてのホームドアが使用開始されました。2018年8月10日から「JR桜木町駅」で、京浜東北線・根岸線の中で7番目にホームドアが使用開始されました。

● JR東日本で初めて多段式ホー ムドアを導入!
 JR桜木町駅には、京浜東北線・根岸線の10両編成と横浜線から直通してくる8両編成の車両が停車するため 、一部の車両でドア位置が異なります。そのため、8号車(横浜方)付近に従来よりも広い開口幅に対応したホー ムドア(多段式)を、「JR東日本」で初めて導入しました。

 引用資料 JR東日本・横浜支社(PDF:2018/07/26)
 桜木町駅のホームドア使用開始日について

 「JR桜木町駅」のホームドアは、2018年8月10日から使用開始していますが、2018年12月27日から使用開始した「JR東神奈川駅」も同様の事象が起こるので、一部に多段式が採用されています。 

● 京浜東北線ホームドア整備のスケジュール
(01) 赤羽駅(2017年03月25日使用開始)
(02) さいたま新都心駅(2017年09月23日使用開始)
(03) 浦和駅(2017年10月21日使用開始)
(04) 上野駅(2017年12月20日使用開始)
(05) 大井町駅(2018年02月14日使用開始)
(06) 鶴見駅(2018年03月03日使用開始)
(07) 桜木町駅(2018年08月10日使用開始)
(08) 有楽町駅(2018年09月26日使用開始)
(09) 御徒町駅(2018年12月12日使用開始)
(10) 品川駅南行(2018年12月15日使用開始)
(11) 東神奈川駅(2018年12月27日使用開始)
(12) 秋葉原駅(2019年02月13日使用開始)
(13) 王子駅(2019年02月20日使用開始)
(14) 南浦和駅南行(2019年02月23日使用開始)
(15) 西日暮里駅(2019年04月12日使用開始)


Yokohamasakuragicho190412
桜木町駅のホームドアは、1番線の「根岸線下り(南行 )」と4番線の「根岸線上り(北行)」に導入されています。


Yokohamasakuragicho190413
多段式ホー ムドア

 桜木町駅では、JR東日本で初めて「ホー ムドア(多段式)」を導入しました。イメージを見るなぜ「多段式」の導入が必要だったのかよく分かりますね。


Yokohamasakuragicho190414
「JR桜木町駅」の1番線・2番線ホームです。


Yokohamasakuragicho190415
1番線ホームのホームドア(根岸線下り・南行)
 
1番線ホームのホームドアです。1番線は「根岸線下り(南行 )」のホームとなっています。2018年8月10日から使用開始しました。


Yokohamasakuragicho190416
桜木町駅では、JR東日本で初めて「多段式ホームドア」を導入しました。

● 一般的になりつつある二重引戸式(多段式)
 
東京メトロ東西線で最初に「二重引戸式」の大開口ホームドアの実証実験が行われた時には、「これは凄い!夢にような技術だ!」と思いましたが、鉄道各社の採用により一般的になりつつあります。

 私が把握している限りですが、JRの在来線・私鉄・地下鉄では、2019年4月19日現在で、「東京メトロ、JR西日本、JR東日本、京成電鉄、南海電鉄(採用順)」の5社が採用して、実際に稼働しています。


Yokohamasakuragicho190417
「多段式」ですが、動きはスムーズです。


Yokohamasakuragicho190418
「JR桜木町駅」の3番線・4番線ホームです。


Yokohamasakuragicho190419
4番線ホームのホームドア(根岸線上り・北行)

 4番線ホームのホームドアです。4番線は「根岸線上り(北行)」のホームとなっています。2018年8月10日から使用開始しました。


Yokohamasakuragicho190420
ドアが開いた状態です。



|

2019年4月 5日 (金)

横浜みなとみらい21地区 地上21階、高さ約112mの「横濱ゲートタワー」 2019年4月3日に着工!

Yokohamamm21190451
-横濱ゲートタワー

 「横浜市」は2017年10月20日に、「みなとみらい21地区58街区」の市有地で公募していた開発事業予定者を、「鹿島建設」を代表企業とする企業グループに決定しました。

 地上21階、塔屋1階、地下1階、高さ約112m、延床面積約約84,000㎡の超高層オフィスビルが建設されます。「鹿島建設」が、建物の設計・施工を行い、「三井住友海上火災保険、住友生命保険相互会社」の2社が土地・建物を共有します。

● 横濱ゲートタワーが2019年4月3日に着工!
 「鹿島建設、住友生命保険相互会社、三井住友海上火災保険」は、3社共同で開発する「みなとみらい21中央地区58街区」について、ビル名を「横濱ゲートタワー」とし、2019年4月3日に着工しました。

 引用資料 鹿島建設(2019/04/03)
 みなとみらい21中央地区58街区本格始動 2021年の竣工に向け「横濱ゲートタワー」が着工

 本社機能、研究開発施設にも対応する高機能な賃貸オフィス(一部を事業者の1社が自社利用)と、貸会議室、クリニック、保育所など、オフィスワーカーが快適に働ける環境を提供するほか、横浜の新たな名所として併設する「プラネタリウム」は、にぎわいを創出する場として期待されています。

横濱ゲートタワーの概要
◆ 計画名-(仮称)横濱ゲートタワープロジェクト
◆ 所在地-横浜市西区高島一丁目2番50ほか12筆(みなとみらい21地区58街区)
◆ 交通-JR・私鉄等「横浜駅」徒歩6分、みなとみらい線「新高島駅」徒歩1分
◆ 階数-地上21階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-最高部約112m
◆ 敷地面積-9,308.92㎡
◆ 建築面積-約6,200㎡
◆ 延床面積-約84,000㎡
◆ 構造-(地上)鉄骨造、(地下)鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 地震対策-制震構造
◆ 用途-オフィス、飲食・物販店舗、集会所、プラネタリウム
◆ 事業予定者-(代表企業)鹿島建設、(構成企業)三井住友海上火災保険、住友生命保険相互会社
◆ 設計者・監理者-鹿島建設
◆ 施工者-鹿島・鉄建・小俣建設共同企業体(鹿島建設、鉄建建設、小俣建設工業JV)
◆ 着工-2019年04月03日
◆ 竣工-2021年秋頃予定
◆ 開業-2021年冬頃予定


Yokohamamm21190452
「位置図」です。


Yokohamamm21190453
「横濱ゲートタワー」の建設予定地を北東側から見た様子です。


Yokohamamm21190454
撮影時は準備工事が行われていました。


Yokohamamm21190455
南西側から見た様子です。


Yokohamamm21190456
「土地利用計画図」です。


Yokohamamm21190457
「(仮称)横濱ゲートタワープロジェクト」の建築計画のお知らせです。高さが約114mから約112mに変更になっています。



|

2019年4月 4日 (木)

横浜みなとみらい21地区 大規模な研究開発(R&D)拠点 地上18階、高さ約100mの「株式会社村田製作所みなとみらいイノベーションセンター建設工事」

Yokohamamm21171211
-みなとみらいイノベーションセンター-

 「村田製作所」が、横浜みなとみらい21地区に新たに研究開発拠点を建設します。進出予定地は「47街区」の敷地面積7,414.88㎡です。

 概要は、地上18階、塔屋1階、地下2階 、延床面積65,607.71㎡で、投資総額約400億円(土地・建物費用)となります。戸田建設の設計施工で、2018年5月18日に着工しました。

 引用資料 村田製作所(2017/11/29)
 新たな研究開発拠点「みなとみらいイノベーションセンター」を横浜みなとみらい21地区に設立

 フロア構成は、高層階が「厚生施設」、中層階が「開発エリア」、低層階が「開発エリア、にぎわい施設」、地下階が「電波暗室、駐車場、機械室」となります。

 「みなとみらいイノベーションセンター」では、通信市場を中心とした既存事業に加え、自動車、エネルギー、ヘルスケアといった注力市場向け製品やIoTなど新規市場向け製品の基礎研究、企画、デザイン、設計力の強化を図ります。

みなとみらいイノベーションセンターの概要
◆ 計画名-株式会社村田製作所みなとみらいイノベーションセンター建設工事
◆ 所在地-神奈川県横浜市西区みなとみらい四丁目3-11(地番)
◆ 階数-地上18階、塔屋1階、地下2階
◆ 高さ-99.95m
◆ 敷地面積-7,414.88㎡
◆ 建築面積-5,490.71㎡
◆ 延床面積-65,432.53㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎-直接基礎
◆ 用途-研究開発拠点(高層階が「厚生施設」、中層階が「開発エリア」、低層階が「開発エリア、にぎわい施設」、地下階が「電波暗室、駐車場、機械室」)
◆ 建築主-村田製作所
◆ 設計者・監理者-戸田建設
◆ 施工者-戸田建設
◆ 着工-2018年05月18日、2018年06月05日(安全祈願祭)
◆ 竣工-2020年09月15日予定
◆ 投資総額-約400億円(土地・建物費用)


Yokohamamm21190411
「横浜ランドマークタワー」69階の展望フロア「スカイガーデン」から見た様子です。


Yokohamamurata190411
「横浜みなとみらい21地区」には凄まじい勢いで、企業の「研究開発部門(R&D部門)」が集積しています。


Yokohamamurata190412
「株式会社村田製作所みなとみらいイノベーションセンター建設工事」の建設現場です。


Yokohamamurata190413
大規模な「山留め壁」が見えます。工事は「順打ち工法」で行われており、かなり深く掘削しています。


Yokohamamurata190414
「鉄筋」の「配筋」を行っています。ビルの重量を支える「鉄筋コンクリート造」の分厚い板である「耐圧盤」を構築しているので、基礎工法は「直接基礎」です。


Yokohamamurata190415
地上から見た様子です。



|

2019年4月 3日 (水)

横浜みなとみらい21地区 既存のペデストリアンデッキと直結 地上18階、高さ約85mの「(仮称)京急グループ本社ビル」

Yokohamamm21181251
-(仮称)京急グループ本社ビル-

 「京浜急行電鉄」は、横浜みなとみらい21地区の「56-1街区」に、地上18階、地下1階、高さ85.55m、延床面積25,831.99㎡の「(仮称)京急グループ本社ビル」を建設中です。

 「56-1街区」は、横浜高速鉄道みなとみらい線「新高島駅」直上の好立地です。「京浜急行電鉄」は、東京都港区の「品川・高輪」から本社を移転し、グループ企業の本社機能を集約します。

 引用資料 みなとみらいエリアマネジメント
 (仮称)京急グループ本社ビル

(仮称)京急グループ本社ビルの概要
◆ 所在地-神奈川県横浜市西区高島一丁目2番51ほか11筆
◆ 交通-JR「横浜」駅徒歩7分、みなとみらい線「新高島」駅直上
◆ 階数-地上18階、地下1階
◆ 高さ-85.55m  *最高部かは不明
◆ 敷地面積-2,603.91㎡
◆ 建築面積-1,914.36㎡
◆ 延床面積-25,831.99㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-オフィス(本社)、展示場、保育所
◆ 建築主-京浜急行電鉄
◆ 設計者・監理者-大成建設
◆ 施工者-大成・京急建設共同企業体(大成建設、京急建設JV)
◆ 着工-2017年07月01日
◆ 竣工-2019年08月31日予定


Yokohamamm21190411
「横浜ランドマークタワー」69階の展望フロア「スカイガーデン」から見た様子です。


Yokohamamm21190431
空地だらけだった「横浜みなとみらい21地区」ですが、急速に埋まりつつあります。


Yokohamamm21190432
「(仮称)京急グループ本社ビル」の建設現場です。東面は少し弧を描いています。


Yokohamamm21190433
南東側から見た様子です。


Yokohamamm21190434
北東側から見た様子です。


Yokohamamm21190435
北東側から見た下層階の様子です。


Yokohamamm21190436
南西側から見た様子です。


Yokohamamm21190437
「歩道橋新設工事のお知らせ」です。「(仮称)京急グループ本社ビル」の2階と既存の「ペデストリアンデッキ」が直結します。


Yokohamamm21190438
「ペデストリアンデッキ」は、この部分に接続されます。


Yokohamamm21190439
「ペデストリアンデッキ」は、 この部分から伸びます。



|

2019年4月 2日 (火)

SONYが1棟借り 横浜みなとみらい21地区 地上19階、高さ約100mの「横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)」

Yokohamamm2121
横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)
 横浜みなとみらい21地区の「54街区」に、「清水建設」が、地上19階、地下0階、高さ99.5m、延床面積約約109,000㎡、「免震構造」の超高層賃貸オフィスビル「(仮称)MM21-54街区プロジェクト」を建設します。

 「清水建設」は2017年8月1日に、投資開発事業の一環として、横浜みなとみらい21地区における大規模賃貸オフィスビル開発の第2弾となる「(仮称)MM21-54街区プロジェクト」の建設工事に着手しました。正式名称は「横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)」となっています。

 引用資料 清水建設・ニュースリリース(2017/08/01)
 延床10万㎡超の大規模賃貸オフィスビル建設に着手

 建設地は、横浜高速鉄道みなとみらい線新高島駅の直上に位置し、利便性の極めて高い場所に立地しています。総投資額は約550億円で、清水建設単独の開発プロジェクトとしては最大です。竣工は2020年2月末を予定しています。

 内部はフレキシビリティーを追求し、最大約4,600㎡の大空間のフロアを確保し柔軟なレイアウトが出来ます。さらに、研究開発施設やショールーム等の多様なニーズに対応するため、最高天井高3,500mmの広々とした空間を確保します。

● SONYが横浜グランゲートを1棟借り
 「ソニー」は、2020年10月をめどにカメラ事業の開発拠点を横浜市のみなとみらい地区に新設します。東京都内や神奈川県厚木市でカメラ開発に携わる社員を1カ所に集約し、技術の共有などをしやすくします。

 日本経済新聞(2018/11/27)
 ソニー、みなとみらい地区にカメラ事業の拠点

 ソニー子会社でカメラ開発の「ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ」が本社を現在の東京都港区から横浜市に移します。同社はミラーレスカメラや企業向けの放送用カメラ、内視鏡検査機などを企画開発しています。

 本社移転に合わせ、都内2カ所と厚木市の厚木テクノロジーセンターに分散している社員を集約します。「横浜グランゲート」を1棟借りて、計3000~4000人が入居する予定です。

 「横浜みなとみらい21地区」には凄まじい勢いで、企業の「研究開発部門(R&D部門)」が集積しています。集積が更に集積を呼ぶ状態になっています。正に「勝利の方程式」です。かつては開発に失敗した街と言われた事もあった「横浜みなとみらい21地区」ですが、恐ろしいまでに成功した街になりつつあります。

横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)の概要
◆ 計画名-(仮称)MM21-54街区プロジェクト
◆ 所在地-神奈川県横浜市西区みなとみらい五丁目1番16、他19筆
◆ 交通-JR「横浜」駅徒歩7分、みなとみらい線「新高島」駅直上
◆ 階数-地上19階、地下0階
◆ 高さ-99.5m  *最高部かは不明
◆ 敷地面積-11,491.11㎡
◆ 建築面積-約7,700㎡
◆ 延床面積-約109,000㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-中間階免震構造(2階と3階の間に免震装置を設置)
◆ 用途-オフィス、店舗、託児施設、カンファレンス施設、駐車場
◆ 建築主-清水建設
◆ 設計者・監理者-清水建設
◆ 施工者-清水建設
◆ 着工-2017年08月01日
◆ 竣工-2020年02月末日予定
◆ 総投資額-約550億円


Yokohamamm21190411
「横浜ランドマークタワー」69階の展望フロア「スカイガーデン」から見た様子です。


Yokohamamm21190412
「横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)」の建設現場です。


Yokohamamm21190413
タワークレーン4基で建設しています。


Yokohamamm21190414
南西側から見た様子です。


Yokohamamm21190415
南側から見た様子です。地震対策として、2階と3階の間に免震装置を設置する「中間階(層)免震構造」を採用しています。


Yokohamamm21190416
南東側から見た様子です。


Yokohamamm21190417
南東側から引いて見た様子です。


Yokohamamm21190418
東側から見た様子です。


Yokohamamm21190419
北東側から見た様子です。


Yokohamamm21190420
北東側から引いて見た様子です。



|

2019年3月30日 (土)

横浜みなとみらい21地区 「ぴあ」の1万人規模の新音楽アリーナ「ぴあアリーナMM」 2019年2月中旬の建設状況

Yokohamapia170711
-ぴあアリーナMM
 「ぴあ」は、「三菱地所」が所有する横浜みなとみらい21地区の「38街区」の土地を借り受け、収容客数1万人規模の大型コンサートアリーナを建設し、ホール・劇場の運営事業に着手します。

 2017年12月7日に現地で「地鎮祭」を執り行いました。2017年12月15日に着工したようです。アリーナの開業は2020年春を予定しています。

 引用資料 ぴあ(2017/11/09)
 ぴあがオープンする横浜・みなとみらい地区の新音楽アリーナ、いよいよ12月着工!/新アリーナNEWS vol.1

 「音楽アリーナ」と称してオープンする会場は、地上4階の縦に長いハコ型構造により観客席とステージの距離を縮め、アーティストとの一体感を重視したつくりになっています。正式名称は「ぴあアリーナMM」に決定しています。

ぴあアリーナMMの概要
◆ 計画名-(仮称)MMアリーナ計画
◆ 所在地-神奈川県横浜市西区みなとみらい3-2-1、32(38街区)
◆ 交通-みなとみらい線「みなとみらい」駅徒歩7分、JR「桜木町」駅徒歩9分
◆ 階数-地上4階、地下1階
◆ 高さ-32.78m
◆ 敷地面積-12,000.00㎡
◆ 建築面積-10,831.00㎡
◆ 延床面積-23,016.20㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 用途-興行場(音楽コンサートアリーナ)、一部飲食店舗・販売店舗
◆ 収容客数-約10,000人(着席時)
◆ 建築主-ぴあ
◆ 設計者・監理者-佐藤工業・とお共同企業体(佐藤工業、[とお]一級建築士事務所)
◆ 施工者-佐藤工業
◆ 着工-2017年12月07日(地鎮祭)、2017年12月15日(着工) 
◆ 竣工-2020年03月31日予定
◆ 開業-2020年春予定
◆ 初期投資費用-約100億円


Yokohamapia171111
「ステージからみた客席のイメージ」です。


Yokohamapia171112
「4階スタンドからみたステージのイメージ」です。スタンド席は3層になっています。


Yokohamapia171113
「4階スタンドからみたコンサート中のイメージ」です。多層にするとステージとの距離が近く、建築面積を小さく出来るメリットがあります。ただ、スタンド席が分断されるので一体感に欠けるデメリットもあります。


Yokohamamm21190351
「横浜ランドマークタワー」69階の展望フロア「スカイガーデン」から見た様子です。


Yokohamamm21190352
「ぴあアリーナMM」の建設現場です。アリーナの開業は2020年春を予定しています。


Yokohamamm21190353
北西側が「ステージ」で、南東側が「スタンド」です。


Yokohamamm21190354
北側から見た様子です。


Yokohamamm21190131
(仮称)首都高速道路(株)神奈川局開発計画

 「ぴあアリーナMM」のすぐ南側に、「首都高速道路株式会社」が、オフィスビル「(仮称)首都高速道路(株)神奈川局開発計画」を建設予定です。2階部分で既存の歩行者デッキと直結します。

 引用資料 みなとみらいエリアマネジメント
 (仮称)首都高速道路(株)神奈川局開発計画

(仮称)首都高速道路(株)神奈川局開発計画の概要
◆ 所在地-神奈川県横浜市西区みなとみらい三丁目2番
◆ 階数-地上10階、地下0階
◆ 高さ-46.99m
◆ 敷地面積-2,500.00㎡
◆ 建築面積-1,630.78㎡
◆ 延床面積-13,488.41㎡
◆ 構造- 鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-オフィス、駐車場
◆ 建築主-首都高速道路株式会社
◆ 設計者-首都高速道路株式会社
◆ 施工者-戸田建設
◆ 着工-2019年04月01日予定
◆ 竣工-2020年12月31日予定


Yokohamamm21190355
「(仮称)首都高速道路(株)神奈川局開発計画」の建設予定地です。着工しているように見えますが、着工は2019年4月1日(予定)なので準備工事のようです。2階部分で既存の歩行者デッキと直結します。


Yokohamamm21190356
2階部分で、JR桜木町駅側から続く既存の歩行者デッキと直結します。歩行者デッキは「ぴあアリーナMM」まで伸び、将来的には他の開発街区とも結ばれる予定です。



|

2019年3月29日 (金)

4度目正直 横浜みなとみらい21地区「最後の重要街区」 みなとみらい21中央地区53街区 総延床面積182,825㎡の超高層複合ビルに決定!

Yokohamamm21190321
-みなとみらい21中央地区53街区-

 「横浜市」が、「みなとみらい21中央地区53街区」の開発事業者を公募しています。横浜高速鉄道みなとみらい線「新高島駅」に直結する好立地です。
 
 「横浜市」は、「最後の重要街区」と位置付けていますが、敷地面積が20,620.33㎡と広大なため、2015年、2016年、2017年とこれまで3度の公募を行いましたが、決まりませんでした。

 「横浜みなとみらい21地区」は、景観を守るために「横浜ランドマークタワー」を頂点として、なだらかな山形の高さ制限をかけています。「中央地区53街区」は、例外的に「横浜ランドマークタワー」とほぼ同じ300mまでの超高層ビルが建設可能です。

 土地の価格は、約216億円(21,663,718,698円)です。用途は「業務、商業、文化施設等(住宅等の居住機能は不可)」となっています。審査は、2018年12月(予定)~2019年3月(予定)、事業予定者の決定は、2019年3月予定です。

 私は、このブログに ”さすがに高さ制限の300mは無理としても200m超を期待したいです。2019年3月に「ドッカーン!」とビッグプロジェクトが発表される事を期待しています!” と書きました。

 2018年8月22日 (水)のブログ
 横浜みなとみらい21地区「最後の重要街区」 最高高さ300mまで可能な「みなとみらい21中央地区53街区」 横浜市が 開発事業者を公募中!

● 4度目正直!
 「大林組、京浜急行電鉄、新日鉄興和不動産、ヤマハ」の4社で構成する企業グループが、横浜市による開発事業者公募「みなとみらい21中央地区53街区」の事業予定者に選定されました。

 「大林組、京浜急行電鉄、新日鉄興和不動産、ヤマハ」および「横浜市」の5者がそれぞれ違うフォーマットでニュースリリースを発表していますが、 「大林組」の完成イメージが一番鮮明だったので、「大林組」 のイメージを引用させて頂きました。

 引用資料 大林組(2019/ 03/ 28)
 「みなとみらい21中央地区53街区」の事業予定者に選定されました

 総延床面積約182,825㎡と今の「横浜みなとみらい21地区」の疾風怒濤の勢いを象徴するような大規模複合ビルを開発となりました。ただ残念ながら高さ200m超とはならず約153mとなりました。「横浜みなとみらい21地区」は、何故か高さ約150mと約100mのビルが多いですね。

みなとみらい21中央地区53街区 の概要
◆ 所在地-神奈川県横浜市西区みなとみらい五丁目1番1 他
◆ 交通-みなとみらい線「新高島」駅徒歩1分、JR・京急・東急・相鉄・みなとみらい線・市営地下鉄「横浜」駅徒歩7分
◆ 階数-(WEST棟) 地上28階、塔屋2階、(EAST棟) 地上15階、塔屋2階
◆ 高さ-(WEST棟) 約153m、(EAST棟) 85.5m
◆ 敷地面積-20,620.33㎡(施設全体)
◆ 延床面積-約182,825㎡(施設全体)
◆ フロア構成-(WEST棟)25~28階が「ホテル」、9階~24階が「賃貸オフィス」、5階~ 8階が「自社オフィス」、4階が「全体共用」、3階が「カンファレンス、小ホール等にぎわい施設」、2階が「店舗、オープンアトリウム」、1階が「駐車場、店舗、オープンアトリウム」、、(EAST棟)4階~15階が「オフィス」、3階が「オープンイノベーションスペース、オフィス、店舗」、2階が「店舗」、1階が「駐車場、店舗」
◆ 事業予定者 - 大林組、京浜急行電鉄、新日鉄興和不動産、ヤマハ
◆ 着工-2020年12月予定
◆ 竣工-2023年11月予定
◆ 総投資額-約1,100億円


Yokohamamm21190322
「完成イメージ」です。

Yokohamamm21190323
「完成イメージ」です。


Yokohamamm21190324
「位置図」です。


Yokohamamm21190325
「みなとみらい21中央地区53街区」を南西側 から見た様子です。北側の54街区 には清水建設により「横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)」が建設中です。

● スーパーゼネコン3社の三つ巴の戦い
 54街区には清水建設により「横浜グランゲート(YOKOHAMA GRANGATE)」が建設中です。58街区の「(仮称)横濱ゲートタワープロジェクト」は、鹿島建設を代表企業とするグループが建設予定です。今回の「みなとみらい21中央地区53街区 」の大林組を合わせて スーパーゼネコン3社の三つ巴の戦いが見られそうです。


Yokohamamm21190326
「みなとみらい21中央地区53街区」 の西側を南東側から見た様子です。


Yokohamamm21190327
「みなとみらい21中央地区53街区」 の中央を南側から見た様子です。


Yokohamamm21190328
「みなとみらい21中央地区53街区」 の東側を南西側から見た様子です。


Yokohamamm21190329
「みなとみらい21中央地区53街区」を北東側 から見た様子です。


Yokohamamm21190330
少し引いて見た様子です。手前は「52街区」です。


Yokohamamm21190331
52街区( Perfumeのミュージックビデオのロケ地?)

 「52街区」です。「52街区」はまだ公募が行われていません。現地の看板では「国有地」となっています。地下に「みなとみらい線」が走っている難しい立地です。

● Perfumeのミュージックビデオ「FAKE IT」のロケ地?
  「52街区」は、「Perfume(パフューム)」のミュージックビデオ「FAKE IT」のロケ地だと思われます。 ロケが行われた2012年夏には「みなとみらい21中央地区53街区」にはまだ暫定施設が建っていたので、「52街区」に間違いないと思います。

 YouTube(ミュージックビデオ)
 Official Music Video] Perfume 「FAKE IT」

 YouTube(ライブ)
 FAKE IT Live ver. (with words).HD  

 「FAKE IT」は、「Perfume(パフューム)」のライブで一番盛り上がると言っていいノリノリの曲です。私も大好きな曲の1つです。



|

2019年3月28日 (木)

横浜みなとみらい21地区の「新港地区客船ターミナル(仮称)整備」 YOKOHAMA HAMMERHEAD PROJECT 2019年2月中旬の建設状況

Yokohamamm21180611
新港地区客船ターミナル(仮称)等整備事業
 「横浜市港湾局」は、横浜みなとみらい21地区で「新港9号岸壁」を客船バースとして改修を進めています。その背後には、CIQ(税関・出入国審査・検疫)施設とサービス・商業施設からなる「新港地区客船ターミナル(仮称)」の整備を行います。

 整備に当たっては、民間の資金やノウハウを積極的に活用するため、公民連携事業による事業提案方式で公募を実施ました。「(仮称)Yokohama Pier9」からの提案を選考し、事業予定者に決定しました。

 「新港地区客船ターミナル(仮称)等整備事業」は、2018年6月4日に起工式を執り行い建築工事に着手しました。着工に合わせて事業名を「YOKOHAMA HAMMERHEAD PROJECT(ヨコハマ ハンマーヘッド プロジェクト)」へと改称しました。

 引用資料 野村不動産(PDF:2018/06/04)
 ~新港地区客船ターミナル(仮称)等整備事業~「YOKOHAMA HAMMERHEAD PROJECT」着工のお知らせ

新港地区客船ターミナル(仮称)等整備事業の概要
◆ 所在地-神奈川県横浜市中区新港二丁目14番1
◆ 交通-みなとみらい線「馬車道」駅徒歩10分
◆ 階数-地上5階
◆ 敷地面積-約17,400㎡
◆ 延床面積-約30,290㎡
◆ 主要施設-CIQ(税関・出入国審査・検疫)施設、商業施設、ホテル
◆ 客室数-約200室(1階~5階)
◆ 事業予定者-(仮称)Yokohama Pier9
◆ 構成企業-(代表企業)横浜岡田屋、(構成企業)小此木、藤木企業、川本工業、T・Yホールディングス、横浜グランドインターコンチネンタルホテル、野村不動産、京浜港ワッチマン業協同組合
◆ 設計者-梓設計
◆ 施工者-五洋建設
◆ 着工-2018年06月04日(起工式)
◆ 供用開始-2019年予定


Yokohamamm21180612
「完成予想パース」です。


Yokohamamm21171012
「位置図」です。


Yokohamamm21190311
横浜ランドマークタワー」69階の展望フロア「スカイガーデン」から見た様子です。


Yokohamamm21190312
「YOKOHAMA HAMMERHEAD PROJECT」の建設現場です。


Yokohamamm21190313
建物の形状がほぼ分かるようになってきました。


Yokohamamm21190314
アップです。


Yokohamamm21190315
「新港9号岸壁」を客船バースとして改修を進めています。


Yokohamamm21190316
土砂を投入して嵩上げしているようです。


Yokohamamm21190317
ジャケット式桟橋

 「ジャケット式桟橋」が採用されています。「ジャケット式桟橋」とは、基礎杭に、鋼管で組み立てた立体トラスを被せた桟橋です。



|

2019年2月23日 (土)

横浜みなとみらい21地区 世界最大級の音楽アリーナ 民間都市再生事業計画(Kアリーナプロジェクト)を認定!

Yokohamanamm21190251
-Kアリーナプロジェクト-

 「横浜市」は2017年11月8日に、「みなとみらい21地区60・61街区(一部)」の市有地で公募していた開発事業予定者を、「ケン・コーポレーション」に決定していました。

 「国土交通省」は、2019年2月22日に、都市再生特別措置法の規定に基づき、「ケン・コーポレーション」から申請のあった民間都市再生事業計画(Kアリーナプロジェクト)について認定しました。

 引用資料 国土交通省(PDF:2019/02/22)
 民間都市再生事業計画(Kアリーナプロジェクト)を認定 ~横浜みなとみらい21地区に『ミュージック・パーク』が誕生~

 世界最大級の音楽アリーナとインターナショナルブランドホテル、オフィスの整備を通じて、上質なエンターテイメントを提供する「ミュージック・パーク」を形成し、国内外から多くの人が訪れる国際的な交流拠点として相応しい、地域の賑わいの核となる施設を創出します。

 また、沿道に緑化施設を配置するとともに、水辺に隣接したペデストリアンデッキを整備することで、みなとみらい21 地区の歩行者ネットワークと連携しながら地区全体に賑わいを届けます。

● 横浜みなとみらい21地区3ヶ所目のライブ会場!
 横浜みなとみらい21地区には、47街区にライブハウス型ホール「(仮称)KT Zepp Yokohama」を建設、「ぴあ」が38街区に収容1万人規模の大型音楽アリーナを建設しています。

 「Kアリーナプロジェクト」は、世界最大級の音楽アリーナとなっています。2017年11月8日の報道では2万人規模の国内最大級の音楽専用アリーナと伝えられていました。私はよくライブに行くので、横浜市の会場の充実ぶりが本当にうらやましいです。
 
Kアリーナプロジェクトの概要
◆ 所在地-神奈川県横浜市西区みなとみらい六丁目2番2他(60・61街区の一部区画)
◆ 敷地面積-31,793.97㎡(施設全体)
◆ 建築面積-27,695.58㎡(施設全体)
◆ 延床面積-112,107.65㎡(施設全体)
◆ 容積対象面積-95,056.02㎡(施設全体)
◆ 事業予定者-ケン・コーポレーション
◆ 着工-2020年08月01日予定
◆ 竣工-2023年10月31日予定

音楽専用アリーナの概要
◆ 階数-地上7階、地下0階
◆ 延床面積-48,982.13㎡
◆ 容積対象面積-40,958.07㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造+鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造(屋根)
◆ 用途-観覧場(音楽アリーナ)

(備考) 2017年11月8日の発表では、 「音楽専用アリーナ」は、地上5階、高さ約40m、延床面積約33,055㎡でした。

ホテル棟の概要
◆ 階数-地上25階、塔屋1階、地下1階
◆ 延床面積-35,272.40㎡
◆ 容積対象面積-28,813.12㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-ホテル

(備考) 2017年11月8日の発表では、 「ホテル棟」は、地上21階、高さ約90m、延床面積約19,232㎡でした。

オフィス棟の概要
◆ 階数-地上21階、塔屋1階、地下0階
◆ 延床面積-27,853.12㎡
◆ 容積対象面積-25,284.83㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-オフィス

(備考) 2017年11月8日の発表では、 「オフィス棟」は、地上20階、高さ約90m、延床面積約14,352㎡でした。


Yokohamanamm21190252
「イメージ」です。


Yokohamanamm21190253
「概要図」です。


Yokohamanamm21190254
「周辺状況」です。


Yokohamanamm21190255
横浜ランドマークタワー」69階の展望フロア「スカイガーデン」から見た様子です。


Yokohamanamm21190256
「Kアリーナプロジェクト」にの建設予定地です。一部は隠れますが、定点観測が出来そうです。


Yokohamanamm21190257
「Kアリーナプロジェクト」の建設予定地の西側です。街区の南西角では、「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール移転プロジェクト」が行われています。


Yokohamanamm21190258
「Kアリーナプロジェクト」の建設予定地の中央です。盛土が行われて整地されています。


Yokohamanamm21190259
「Kアリーナプロジェクト」の建設予定地の東側です。盛土が行われて整地されています。


Yokohamanamm21190260
撮影時には、複数の「ボーリングマシン」が稼働していました。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

101 テレビドラマ・映画ロケ地めぐり 102 経済ニュース 103 いろいろなランキング 104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他) 105 大学キャンパスめぐり 106 巨大工場めぐり 107 巨大スタジアム・ホール・展示場めぐり 108 大規模商業施設めぐり 121 東京都・千代田区① 121 東京都・千代田区② 122 東京都・港区① 122 東京都・港区② 123 東京都・中央区 124 東京都・新宿区 125 東京都・渋谷区 126 東京都・豊島区 127 東京都・江東区 128 東京都・品川区 129 東京都・目黒区 130 東京都・文京区 131 東京都・台東区 132 東京都・荒川区 133 東京都・墨田区(東京スカイツリー) 134 東京都・中野区 135 東京都・世田谷区 136 東京都・大田区 137 東京都・練馬区 143 東京都・23区内その他 151 東京都・ 23区以外 201 神奈川県・横浜市 202 神奈川県・川崎市 203 神奈川県・その他 231 千葉県・千葉市 232 千葉県・浦安市 233 千葉県・成田市(成田空港) 234 千葉県・湾岸部 235 千葉県・内陸部 251 埼玉県・さいたま市 252 埼玉県・川口市 253 埼玉県・所沢市 254 埼玉県・その他 271 茨城県 281 栃木県 282 群馬県 311 大阪市・北部 312 大阪市・中部 313 大阪市・南部 314 大阪市・湾岸部 321 大阪府・堺市 325 大阪府・その他 351 兵庫県・神戸市 355 兵庫県・尼崎市 356 兵庫県・西宮市 357 兵庫県・芦屋市 359 兵庫県・その他 401 空撮じゃないけれど 札幌市編 411 空撮じゃないけれど 仙台市編 501 空撮じゃないけれど 香港(ホンコン)編 511 空撮じゃないけれど 澳門(マカオ)編 601 ちょっとひと休み