« 川崎市 「NEC 玉川ルネッサンスシティ」の空撮! | トップページ | 西新宿八丁目成子地区第一種市街地再開発事業施設建築物」&「(仮称)北新宿地区 再開発計画・業務棟」最新の建設状況(2010年4月) »

2010年4月19日 (月)

(仮称)JPタワー「丸の内二丁目7地区計画新築工事」 遂に鉄骨が登場!

Tokyojp10041
-(仮称)JPタワー「丸の内二丁目7地区計画新築工事」-

 昨年の2月下旬から3月上旬にかけての大騒動がウソだったかのように「(仮称)JPタワー」の工事が順調に進んでいます。遂に鉄骨が登場したようです。
 
 最新写真を「Audie-Gryph氏」より送って頂いたのでUPします。写真を見ると「(仮称)JPタワー」は、「逆打ち工法」で建設されている事が分かります。
 この後、1階床が構築され、1階床スラブを作業床として使用します。そして地上と地下に同時に伸びて行きます。
 
 地下には、地下4階分+αの長さの「構真柱(こうしんちゅう)」という仮設の柱が埋設されています。
 
(仮称)JPタワーの概要 
◆ 計画名-(仮称)丸の内二丁目7地区計画新築工事
◆ 所在地-東京都千代田区丸の内二丁目7番2号
◆ 階数-地上38階、塔屋3階、地下4階
◆ 高さ-最高部約200.00m
◆ 敷地面積-11,633.87㎡
◆ 建築面積-8,527.74㎡
◆ 延床面積-212,130.77㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-オフィス、郵便局(窓口)、店舗
◆ 建築主-郵便局株式会社(日本郵政グループ)
◆ 設計者-三菱地所設計(提携建築家:ヘルムート・ヤーン)
◆ 監理者-三菱地所設計
◆ 施工者-大成建設
◆ 竣工-2012年04月下旬予定
 
 
Tokyojp10042
「行幸通り」の内側に「歩道兼馬車道」が再整備され、2010年4月12日から開放されたそうです。4月13日(月)には「竣工を祝う会」も行われたそうです。
 「行幸通り」は、皇居前の和田倉門交差点と東京駅中央口交差点を結ぶ、「東京都道404号皇居前東京停車場線」の通称です。
 
 写真は、皇居側を見た様子です。約73m幅の「行幸通り」にヒートアイランド現象を緩和する「保水性舗装タイル」を敷いた広い歩道が完成しています。同時に4列のイチョウ並木も整備されています。
 写真では分かりませんが、地下にある駐車場(地下1階・地下2階)の地下1階部分を使用して大規模な歩行者通路も整備されています(写真提供Audie-Gryph氏)。
 
 

Tokyojp10043
「行幸通り」から東京駅を見た様子です。あまりの変わりようでちょっと感動ですね! 将来的には、「行幸通り」と連続して東京駅の前にも巨大な駅前広場が整備される予定です。
 
 工事中は、「丸ビル」から「新丸ビル」の移動は、地下か遠回りするしかありませんでしたが、信号が復活して東側からも行き来できるようになったそうです。
 ショートカットしてお巡りさんに怒られた事があったので助かります
(写真提供Audie-Gryph氏)。

|

« 川崎市 「NEC 玉川ルネッサンスシティ」の空撮! | トップページ | 西新宿八丁目成子地区第一種市街地再開発事業施設建築物」&「(仮称)北新宿地区 再開発計画・業務棟」最新の建設状況(2010年4月) »

121 東京都・千代田区②」カテゴリの記事