« ニコライ堂と湯島聖堂もビックリ! 「淡路町二丁目西部地区第一種市街地再開発事業」&「(仮称)神田駿河台4-6計画新築ビル」 | トップページ | 開業したJR横須賀線「武蔵小杉駅」の空撮 Part1 横須賀線の駅ホーム編 »

2010年6月20日 (日)

中央区 「(仮称)京橋3-1プロジェクト」の解体現場 & 「(仮称)京橋二丁目16地区 A棟」の建設現場 2010年春の空撮!

Tokyokyobashi10061
-京橋地区-

 東京駅の南東側の京橋地区では、2棟の超高層ビルが建設中もしくは建設前の解体工事中です。
 
 1棟目の「(仮称)京橋3-1プロジェクト」は、「片倉工業」の旧本社ビル建替え中心とした再開発プロジェクトです。
  地上24階、地下4階、高さ124.90m(軒高114.35m)の超高層ビルが建設される予定です。現在解体工事が行われています。

 
 比較 → 2009年秋の状況
 
 
詳しくは → 片倉工業旧本社ビルの建替えについて(PDF:2009/10/06)
 

 2棟目が、「(仮称)京橋二丁目16地区 A棟」です。 地上22階、塔屋1階、地下3階、高さ106.26mです。
 「清水建設」の新本社ビルになります。高層棟は2011年9月、低層棟は2013年2月の完成予定です。2011年秋を目処に「シーバンスS館」から本社が移転してきます。
 
 空撮写真を見ると「乗入れ構台」や赤い鉄骨の「切梁」が見えます。
(仮称)京橋二丁目16地区 A棟」は「順打ち工法」で建設されているようです。
 
 
(仮称)京橋二丁目16地区 A棟」は、超高層オフィスビルとしては珍しく、「鉄筋コンクリート造(RC造)」で建設されます。
 中心部のコアウォールと外周フレームで建物を内と外から支える構造で、柱の全くない居室空間を創出し、有効室内面積を拡大するそうです。
 詳しく知りたい方は、「新建築」の今月号(2010年6月号)に特集がありますので見て下さい。
 
 「清水建設」も「鹿島建設」も最新の「鉄筋コンクリート造(RC造)」の技術を採用した自社ビルを建設中です。新技術を売り込む正にショールームですね。
 
 
Tokyokyobashi10062
「(仮称)京橋3-1プロジェクト」の建設予定地を南東側から見た様子です。右奥から東京大栄ビル、片倉工業の旧本社ビル、第一生命のビルとなっています。ガンガン解体工事が行われています。
 
 
Tokyokyobashi10063
「(仮称)京橋3-1プロジェクト」の建設予定地を南西側から見た様子です。
 
 
Tokyokyobashi10064
新たに「(仮称)京橋3-1プロジェクト」の「建築計画のお知らせ」が掲示されていました。2010年4月9日に掲示されたようです。 
 
 
Tokyokyobashi10065
「京橋三丁目1地区」から「中央通」挟んで東側の「第一生命相互館」も解体工事が行われています。跡地には地上13階、地下3階、高さ67.95mのオフィスビルが建設されます。
  
 
Tokyokyobashi10066
「(仮称)京橋二丁目16地区 A棟」の建設現場です。
 
 
Tokyokyobashi10067
「テレスコピック クラムシェル」です。撮影日は休日で工事が休みでしたが、地下の掘削が行われているようです。
 
 
Tokyokyobashi10068
手前から「乗入れ構台」、赤い鉄骨の「切梁」、「山留め壁」が見えます。

|

« ニコライ堂と湯島聖堂もビックリ! 「淡路町二丁目西部地区第一種市街地再開発事業」&「(仮称)神田駿河台4-6計画新築ビル」 | トップページ | 開業したJR横須賀線「武蔵小杉駅」の空撮 Part1 横須賀線の駅ホーム編 »

123 東京都・中央区」カテゴリの記事