« 品川区 「大崎駅西口南地区第一種市街地再開発事業施設建築物」の建設予定地 | トップページ | 豊島区 タワーマンション「(仮称)池袋二丁目計画新築工事」の建設予定地 »

2010年8月17日 (火)

京急蒲田駅付近連続立体交差事業 Part4 京急本線「梅屋敷駅(うめやしきえき)」2010年春の建設状況

Tokyoumeyashiki10081
-梅屋敷駅(うめやしきえき)-

 京浜急行では、「京急蒲田駅付近連続立体交差事業」を行っています。京急本線「梅屋敷駅(うめやしきえき)」も2010年5月16日から2番のりば(上り線ホーム)が高架化されました。
  
 「京急蒲田駅付近連続立体交差事業」は、蒲田駅付近という名称が付いていますが、実際は「京急蒲田駅」を中心に、「ト」の字型に京急本線の「平和島駅」~「六郷土手駅」間約4.7km(都市計画区間約5.4km)と空港線の「京急蒲田駅」~「大鳥居駅」間約1.3km(都市計画区間約2.1km)の合計約6kmを連続立体交差化(高架化)する大規模プロジェクトです。
 
 京急本線は、「平和島駅」~「六郷土手駅」間が高架になりますが、駅自体が新たに高架になるのは、北側から「大森町駅」、「梅屋敷駅」、「京急蒲田駅」、「雑色駅」の4駅です。
 
 比較 → Part1・京急蒲田駅編
 
 比較 → Part2・空港線:糀谷駅(こうじやえき)編

 比較 → Part3・京急本線「雑色駅(ぞうしきえき)」編
  
  
Tokyoumeyashiki10082
「梅屋敷駅」のホーム南西端から南西側(京急蒲田駅側)を見た様子です。下り線が「京急蒲田駅」の3階に上って行く様子が分かります。
 
 まだ当分使用出来ませんが、下り線も「京急蒲田駅」までの軌道敷設が完了してます。「消音バラスト」を敷く前の「フローティング・ラダー軌道」の構造が良く分かります。
 
 
Tokyoumeyashiki10083
「梅屋敷駅」のホーム南西端です。
 
 
Tokyoumeyashiki10084
「梅屋敷駅」のホーム南西端から北東側を見た様子です。
 
 
Tokyoumeyashiki10085
ホームも「フローティング・ラダー軌道」を採用しています。駅の構造上、本来の下り線(東側)の上に仮設床を設置して上り線ホーム(2番線)として使用しています。
 
 下り線ホーム(1番線)は1階にあります。「梅屋敷駅」の地上ホームは、ホーム両端が踏切になっているため4両分(横浜寄り2両はドアが開かない)しか長さが確保出来ていません。しかし高架になり上り線はこの不便が解消されています。
 
 
Tokyoumeyashiki10086_2
「梅屋敷駅」のホーム北東端から南西側を見た様子です。
 
 
Tokyoumeyashiki10087
「梅屋敷駅」のホーム北東端です。
 
 
Tokyoumeyashiki10088
「梅屋敷駅」のホーム北東端から北東側(大森町駅側)を見た様子です。まだ当分使用出来ませんが、下り線も「大森町駅」までの軌道敷設が完了してます。
 
 「大森町駅」~「梅屋敷駅」間の下り線は軌道敷設が完了ている上に、「消音バラスト」も敷かれているので、電車に乗っているとすでに完成していると勘違いしそうになります。なんかもったいないですね・・・

|

« 品川区 「大崎駅西口南地区第一種市街地再開発事業施設建築物」の建設予定地 | トップページ | 豊島区 タワーマンション「(仮称)池袋二丁目計画新築工事」の建設予定地 »

104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他)」カテゴリの記事

136 東京都・大田区」カテゴリの記事