« 中央区 2010年6月15日に着工した「(仮称)中央区晴海二丁目マンション計画(C1街区)」 | トップページ | 豊島区 竣工した「シティタワー池袋ウエストゲート」の空撮! »

2010年8月14日 (土)

大井町線改良・田園都市線複々線化工事 Part1:綺麗になった東急田園都市線・二子新地駅

Kawasakifutago10081
-二子新地駅(ふたこしんちえき)-
 「東京急行電鉄」では、私鉄とは思えないような大規模な輸送力増強の設備投資を継続して実施しています。「大井町線改良・田園都市線複々線化工事」もその一つです。
  
大井町線改良・田園都市線複々線化工事
① 各駅停車のみの運行だった「大井町線」を、急行列車が運行できるように改良
② 「田園都市線」の「二子玉川駅」~「溝の口間駅」間を複々線化して、「大井町駅」~「溝の口駅」間で急行運転を実施
 
 このプロジェクトは、1993年10月着工の二子玉川駅改良工事から始まりました。2008年3月28日に「大井町線」の「大井町駅」~「二子玉川駅」間で急行運転を開始、2009年7月11日の「大井町線」の延伸により「大井町駅」~「溝の口駅」間での急行運転が開始されました。

 それに伴い「二子新地駅(ふたこしんちえき)」も大規模に改良されました。相対式2面4線(内2線は通過線)の綺麗な駅に生まれ変わりました。
 相対式2面2線と言ってもいいと思いますが、ホームは1番のりばと4番のりばになっていて、2番・3番は欠番となっています。
 
 
Kawasakifutago10082
ホームの北東端から北東側(二子玉川側)を見た様子です。
 
 
Kawasakifutago10083
ホーム北東端から南西側を見た様子です。ホームは緩くカーブしています。
 
 
Kawasakifutago10084
中の2線は通過線となっています。大規模改良工事前は、上り線と下り線の間の中央部分に下りホームがありました。
 
 現在の下り線2線分が新たに複々線化のため新設され、その外側に下りホームが移動し新設されました。上りホームも新しく見えるのは、1度解体されて新設されたためです。
 
 
Kawasakifutago10085
首都圏の線路では、最近このような小粒の「バラスト」をよく見かけます。このよう小粒の「バラスト」は、「消音バラスト」と言って軌道のコンクリートだけでは音の吸収性が悪いため、コンクリートの上に消音用としてまかれています。
 
 多くの線路で見かける大粒のゴツゴツした
「バラスト」は、レールやまくらぎへの荷重を受けるクッションの役割があります。また隙間が音を吸収したり振動を軽減させる役割もあります。
 そのため
角の取れていないごつごつの「バラスト」が望ましいので、角がとれると交換される場合が多いです。
 
 
Kawasakifutago10086
ホームの南西端から北東側を見た様子です。

|

« 中央区 2010年6月15日に着工した「(仮称)中央区晴海二丁目マンション計画(C1街区)」 | トップページ | 豊島区 竣工した「シティタワー池袋ウエストゲート」の空撮! »

202 神奈川県・川崎市」カテゴリの記事

104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他)」カテゴリの記事