« 東洋製罐本社ビル「(仮称)東五反田地区(B地区)開発計画 2010年10月2日の建設状況  | トップページ | 品川区 竣工した東京サザンガーデン(パークタワーグランスカイ)&目黒川の親水公園(区立五反田ふれあい水辺広場) »

2010年10月 7日 (木)

成田国際空港 「第3旅客ターミナル」建設構想&「第1旅客ターミナル・北ウイング」拡張構想

Chibanarita10101
-第3旅客ターミナル構想-

 「成田国際空港」を運営する「成田国際空港株式会社」が、成田国際空港の「第3旅客ターミナル」の建設を計画しているそうです。「第3旅客ターミナル」は、「C誘導路」の北側に沿った一帯になる予定で、「第1旅客ターミナル」と「第2旅客ターミナル」をつなぐ位置になります。
 
 私は前から「第3旅客ターミナルを建設するならここしかない!」と思っていました。ただ問題があるとすれば、着工のメドさえ立っていない横風用の「C滑走路(第3滑走路)」との間隔が狭い事と鉄道の駅から遠い事です。
 
 ちなみに「第3旅客ターミナル」の構想がある場所近くでは、誘導路を1本つぶして「エプロン(駐機場)」化する工事が行われています。
 「エプロン」化のため「アスファルト舗装」から「コンクリート舗装」に変更する工事が行われています。
 「エプロン(駐機場)」とは、滑走路のそばに併設され、乗員・乗客の乗降、貨物の積み下ろし、燃料の補給、簡易な点検整備などが行われる場所です。
  
 横風用の「C滑走路(第3滑走路)」は、長さ3200m×幅60mで計画されています。最近は大人の事情もあって話題にもなりませんが、計画が消えた訳ではありません。
 
 
Chibanarita10102
-第1旅客ターミナル・北ウイング拡張構想-

 同時に手狭になっている「第1旅客ターミナル・北ウイング」の拡張も計画しているそうです。場所は「管制塔」近くの機内食工場とホテル「成田エアポートレストハウス」の敷地約17,000㎡を利用するそうです。
 
 機内食工場とホテルの移転を前提に、第1ターミナルの「北ウイング」を「南ウイング」と同規模となるように改築し拡張する方針だそうです。
 「北ウイング」は、国際航空連合「スカイチーム」加盟の世界の航空会社が利用しており、拡張により「スカイチーム」の利便性が大幅に向上します。

|

« 東洋製罐本社ビル「(仮称)東五反田地区(B地区)開発計画 2010年10月2日の建設状況  | トップページ | 品川区 竣工した東京サザンガーデン(パークタワーグランスカイ)&目黒川の親水公園(区立五反田ふれあい水辺広場) »

233 千葉県・成田市(成田空港)」カテゴリの記事