« (仮称)中央区晴海二丁目マンション計画 2011年2月中旬の建設状況 「第2期/C2街区」にも建築計画のお知らせ掲示! | トップページ | (仮称)京橋3-1プロジェクト 2011年2月中旬の建設状況  »

2011年3月11日 (金)

(仮称)21・25森ビル建替計画  新築工事  2011年2月中旬(解体工事)の状況

Tokyomori2511031
-(仮称)21・25森ビル建替計画 新築工事-
 赤坂の「アークヒルズ」と六本木の「泉ガーデン」の間に挟まれた「六本木25森ビル」と「六本木21森ビル」を一体的に建て替える計画が進んでいます。
 
 比較 → 2010年秋の状況
  
 建て替え後は、地上20階、地下4階、高さ約110m、延床面積
56,016.55㎡の超高層オフィスビルに生まれ変わる予定です。
  
 現在、「六本木25森ビル」と「六本木21森ビル」の解体工事が「清水建設」によって行われています。
 解体工事の工期は、
2010年5月17日~2011年3月31日を予定しています。順調に行けば2011年4月1日に本体工事に着工予定です。
 
 
Tokyomori2511032
南西側から見た様子です。手前が「六本木25森ビル」、奥が「六本木21森ビル」の解体現場です。約3週間前の撮影なので現在は地上部分の解体工事は終わっていると思われます。
 
 
Tokyomori2511033
解体撤去工事の専門メーカー「ナベカヰ(ナベカイと読みます)」が所有する「コベルコ建機」の解体専用機「SK1600D」だと思われますが、間違っていたらゴメンナサイ・・・
 
 
Tokyomori2511034
オペレータの上方視界確保のため、キャブ全体が30度まで傾斜できる「チルトキャブ」を採用しています。
 
 当然ですが、目視だけでなくアタッチメント先端の状況を確認出来る「作業先端確認カメラ」も装備されています。
 
 
Tokyomori2511035
バリバリ解体しています。
 
 
Tokyomori2511036  
敷地は東側と南側が高くかなりの高低差があります。
 
 
Tokyomori2511037
思いっきり逆光ですが、北側から見た「泉ガーデンタワー」です。「六本木25森ビル」と「六本木21森ビル」が解体された今だけ見る事が出来るアングルです。
 
 「泉ガーデンタワー」もかなりの傾斜地に建てられているので、この角度が一番高さが高く見る事が出来ます。
 ただ撮影ポイントの歩道橋の南側になるので日中は逆光状態になります。午前中の早い時間か午後の遅い時間ならきれいに撮影できるかも知れません。

|

« (仮称)中央区晴海二丁目マンション計画 2011年2月中旬の建設状況 「第2期/C2街区」にも建築計画のお知らせ掲示! | トップページ | (仮称)京橋3-1プロジェクト 2011年2月中旬の建設状況  »

122 東京都・港区②」カテゴリの記事