« 札幌市 タワーマンション「(仮称)ブランズタワー札幌 新築工事」の建設予定地 | トップページ | 札幌市 琴似4・2地区第一種市街地再開発事業施設建築物新築工事(住宅棟・空中歩廊3) 2011年5月中旬の建設状況 »

2011年5月20日 (金)

「グランドプリンスホテル赤坂」の解体工事は、大成建設が開発した新解体工法「テコレップシステム」が採用される!

Tokyoakasaka11051
-超高層建物の新解体工法「テコレップシステム」-

 2011年3月31日に営業を終了した東京・紀尾井町の「グランドプリンスホテル赤坂(旧:赤坂プリンスホテル)」の解体工事を、「大成建設」が受注したそうです。
 
 「グランドプリンスホテル赤坂」は営業終了後、「東日本大震災」で被災した避難者を6月30日まで受け入れています。
 避難者の退去後の7月から内装撤去などの準備作業を始め、2012年5月から約1年かけて解体します。解体工事は「大成建設」と西武HD傘下の「西武建設」により行われます。
 
 解体工事は、2010年2月に「大成建設」が開発した新解体工法「テコレップシステム」が採用されます。
 この技術は、既存の建物の最上階の屋根を「蓋(ふた)」代わりに使い、各フロアをジャッキで支えながらビルを上から解体する仕組です。
 密閉状態の中で1階ずつ解体でき、分解されたパーツはクレーンで保護しながらビル内から荷降ろしするため、粉塵や部材の飛散や落下をゼロにするほか、騒音や振動も減らせるそうです。
 
 大成建設・プレスリリース(2010/02/23)
 超高層建物の新解体工法「テコレップシステム」を開発
 
 「大成建設」の技術は屋根内で作業できるため、天候や風に左右されることなく連日の作業が可能で、工期を従来工法より約15%短くする効果も期待できるそうです。
 「鹿島建設」のビルを下から解体するだるま落としのような「鹿島カットアンドダウン工法」と最後まで受注を争ったそうです。
 
 
Tokyoakasaka11052
春の
「グランドプリンスホテル赤坂」です。 「グランドプリンスホテル赤坂(旧:赤坂プリンスホテル)」は、故・丹下健三氏の設計で1983年3月7日にオープンしました。「新館」は、地上39階、塔屋1階、地下2階、高さ138.90mです。
 
 東京で高さ100m以上の超高層ビルの解体が決まったのは「ソフィテル東京(解体済)」、「大手町フィナンシャルセンター(解体中)」に次いで3棟目になります。

 
 
Tokyoakasaka11053
秋の「グランドプリンスホテル赤坂」です。

|

« 札幌市 タワーマンション「(仮称)ブランズタワー札幌 新築工事」の建設予定地 | トップページ | 札幌市 琴似4・2地区第一種市街地再開発事業施設建築物新築工事(住宅棟・空中歩廊3) 2011年5月中旬の建設状況 »

121 東京都・千代田区②」カテゴリの記事