« 中央区 解体工事が進む「(仮称)室町東地区開発計画」建設予定地 2011年夏の状況 | トップページ | シティタワー芝浦 2011年夏の建設状況 »

2011年9月28日 (水)

港区 「(仮称)21・25森ビル建替計画  新築工事」2011年夏の建設状況 「山留め壁」はこのように構築します!

Tokyomori11091
-(仮称)21・25森ビル建替計画 新築工事-

 今朝(9月28日)、全日空が次世代主力機と位置づける「ボーイング787(ドリームライナー)」の全世界での納入1番機がボーイング社のある米ワシントン州エバレットから羽田空港に到着したそうです。早く乗って見たいです!
  
 本題に戻って、「東日本大震災と原発事故で日本経済が崩壊するのではないか?」と多くの国民が不安に襲われていた2011年4月5日(火)に「(仮称)21・25森ビル建替計画  新築工事」は安全祈願祭を行い本体工事に着手しました。
 
 当時、私は「森ビル」の英断に大変大きな勇気を与えられました。あの頃の日本を覆っていた重苦しい空気は、今思い出してもゾッとします。
 
 森ビル・ニュースリリース(2011/04/05)
 「(仮称)21・25森ビル建替計画」着工へ
 
 「(仮称)21・25森ビル建替計画 新築工事」は、の概要地上20階、塔屋1階地下4階、高さ109.9mのオフィスと店舗で構成される超高層ビルなります。 
 
 
Tokyomori11092
「(仮称)21・25森ビル建替計画 新築工事」は、
傾斜地に建設されています。傾斜部分を「親杭横矢板工法」の「山留め壁」で支えています。「山留め壁」を支える「アースアンカー」も見えます。
 
 
Tokyomori11093
この現場は、周囲から非常によく見えるのでもし東京に住んでいたら地下工事大好き人間の私は毎週通っていたと思います。
 
 日本車輌製造の「三点式パイルドライバ(DH658-135M)」です。「ソイルセメント柱列壁工法」で。「山留め壁」を構築しています。
 
 
Tokyomori11094
「三点式パイルドライバ」には1軸の「アースオーガ」が装着され攪拌(かくはん)作業が行われています。
 
 
Tokyomori11095
「アースオーガ」による攪拌(かくはん)が終わり、ガイドがセットされました。
 
 
Tokyomori11096
クローラークレーンで芯材の「H形鋼」が吊り上げられます。
 
 
Tokyomori11097
建込み場所までクローラークレーンで移動します。
 
 
Tokyomori11098
芯材の「H形鋼」を建込み場所に合わせます。
 
 
Tokyomori11099
「H形鋼」は、「H形鋼」自体の重量でどんどん入って行きます。
 
 
Tokyomori110910
あと少しです。
 
 
Tokyomori110911
所定の深さまで入らなかった場合は、このよう再度吊り上げて勢いを付けて落とします。この作業を所定の深さに入るまで何度も繰り返します。
 
 
Tokyomori110912
所定の深さに入ったのか計測しています。
 
 
Tokyomori110913
建込みが完了すると芯材の「H形鋼」からクレーンのフックを外します。
 
 
Tokyomori110914
「オールケーシング掘削機」です。地下障害物の破砕を行っています。
 
 
Tokyomori110915
「ハンマークラブ」が入って行きます。
 
 
Tokyomori110916
北側から見た様子です。
 
 
Tokyomori110917
最新の「建築計画のお知らせ」です。高さや面積等が大雑把な数値から正確な数値に書き換えられています。高さは約110mから最高部109.9mに変更になっています。

|

« 中央区 解体工事が進む「(仮称)室町東地区開発計画」建設予定地 2011年夏の状況 | トップページ | シティタワー芝浦 2011年夏の建設状況 »

122 東京都・港区②」カテゴリの記事