« 千葉県市川市 グランドターミナルタワー本八幡(Grand Terminal Tower) 2011年夏の建設状況 | トップページ | (仮称)三井住友海上神田駿河台三丁目計画 新館 2011年夏の建設状況 »

2011年10月27日 (木)

宇都宮線・高崎線・常磐線の東京駅乗入れ「東北縦貫線」 2011年夏の建設状況 Part1・「御徒町駅」周辺

Tokyojr11101
-東北縦貫線-

 「東北縦貫線」は、JR東日本の「上野駅」と「東京駅」を結び、「上野駅」止まりだった「宇都宮線・高崎線」と「常磐線」を「東京駅」まで乗り入れ、「東海道本線」と「直通運転」させるプロジェクトです。

 工事区間は約3.8kmで、2008年5月30日に着工し、2013年度の完成を予定しています。
 
「上野駅」~「秋葉原駅」あたりまでの1.6kmと「東京駅」の少し北側までの0.9kmは留置線や折り返し線があるので軌道の改良で済みます。
 
 問題は、「神田駅」あたりの約0.6kmです。この部分は、用地が無いため「東北新幹線」の更に上に高架橋を建設して2階建て構造にする必要があります。
 「秋葉原方アプローチ部」の約0.35km+「重層部」の約0.6km+「東京方アプローチ部」の約0.35km=約1.3kmで大規模な工事が必要になります。
 
 
Tokyojr11102
「御徒町駅」のホーム北端から南側を見た様子です。上の写真は、「御徒町駅」のホーム北端から北側(上野駅側)を見た様子です。
 

 
Tokyojr11103
見た事が無いコンクリート製の軌道です。「まくらぎ」が2本で1組になっています。まくらぎが「FFU(ガラス長繊維強化プラスチック発泡体)」の「合成まくらぎ」を使用しているため「分岐器」付近の特殊な軌道のようです。
 
 JR東日本の「宇都宮・高崎・常磐線の東京駅乗り入れ工事の着手について」を見ても「御徒町駅」周辺に複数の分岐器が設置される事が分かります。
 
 JR東日本 → 宇都宮・高崎・常磐線の東京駅乗り入れ工事の着手について 
 
 
Tokyojr11104
軽量化のためかでしょうか? 中空になっています。
 
 
Tokyojr11105
この部分の軌道は金属製となっています。この部分もまくらぎが「FFU」の「合成まくらぎ」を使用しているため「
分岐器」付近の特殊な軌道だと思われます。
 
 
Tokyojr11106
この軌道は?
 
 
Tokyojr11107
京浜東北線の車窓から見るとまだバラストを敷く前の「バラスト・ラダー軌道」のように見えましたが、見間違いかも知れません。
 
 参考 → バラスト・ラダー軌道(清田軌道工業)
 
 
Tokyojr11108
「御徒町駅」のホーム南端から北側を見た様子です。
 
 
Tokyojr11109
「御徒町駅」のホーム南端から南側(秋葉原駅側)を見た様子です。「東北縦貫線」は、秋葉原駅手前までは回送線を含め3線になる予定です。

|

« 千葉県市川市 グランドターミナルタワー本八幡(Grand Terminal Tower) 2011年夏の建設状況 | トップページ | (仮称)三井住友海上神田駿河台三丁目計画 新館 2011年夏の建設状況 »

104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他)」カテゴリの記事

131 東京都・台東区」カテゴリの記事