« 新赤坂センタービル(仮称) 2011年夏の建設状況 | トップページ | 地上に姿を現した「(仮称)大手町1-6計画」& 解体工事が進み低くなった「大手町フィナンシャルセンター」 2011年10月6日の状況 »

2011年10月 8日 (土)

埼玉県戸田市 北戸田駅東1街区第一種市街地再開発事業 2011年夏の建設状況

Saitamatoda11101
-北戸田駅東1街区第一種市街地再開発事業-

 「北戸田駅東1街区第一種市街地再開発事業」は、JR埼京線北戸田駅の東口の再開発プロジェクトです。
   
 2004
年11月に都市計画決定され、2006年6月には「建築計画のお知らせ」も掲示されました。工期は2007年4月~2009年7月の予定でした。
 
しかし一向に着工されず、敷地の草は伸び放題で、「建築計画のお知らせ」にも落書きをされている状態で放置されていました。
 
 その後、事業成立性の高い身の丈に合った商業計画及び住戸計画を再構築し、円滑な推進を図るため、2010年9月3日に市街地再開発事業の都市計画について変更しました。
 「建築計画のお知らせ」も2010年9月に修正ではなく、新規として新たに掲示されました。そして2011年5月10日に本体工事に着工しました。
 
  地上30階、地下1階、高約99m、総戸数220戸の超高層タワーマンションと地上4階の駐車場棟で構成されます。下層階には店舗が入ります。
 売主は「近鉄不動産、大京」の予定なので、「ローレルタワー」もしくは「ライオンズタワー」の名称が付く可能性があります。
 
 
Saitamatoda11102
南東側に超高層棟が建設されます。
 
 
Saitamatoda11103
本格的に工事が行われています。
 
 
Saitamatoda11104
撮影時は、「アースドリル掘削機」で「場所打ちコンクリート杭」を構築していました。
 
 JR埼京線の「北戸田駅」は見上げるような高い位置にある事が分かります。埼京線で最も地上から高い位置にある駅です。
 
 すぐ北側の高架の「東京外環自動車道」を更にオーバーパスするため高くする必要がありました。そのためにホームまでは延々と続くエスカレーターで昇る必要があります。 
 
 
Saitamatoda11105
北西側に地上4階の駐車場棟が建設されると思われます。

|

« 新赤坂センタービル(仮称) 2011年夏の建設状況 | トップページ | 地上に姿を現した「(仮称)大手町1-6計画」& 解体工事が進み低くなった「大手町フィナンシャルセンター」 2011年10月6日の状況 »

254 埼玉県・その他」カテゴリの記事