« 地上に姿を現した「(仮称)大手町1-6計画」& 解体工事が進み低くなった「大手町フィナンシャルセンター」 2011年10月6日の状況 | トップページ | 東京都が「臨海副都心」に大型集客拠点の整備構想! »

2011年10月10日 (月)

大手町一丁目第2地区第一種市街地再開発事業 2011年10月6日の建設状況

Tokyootemachi111011
-大手町一丁目第2地区第一種市街地再開発事業-
 昨日、鈴鹿でF1GPが行われました。自画自賛するわけでは無いですが、鈴鹿はスパ・フランコルシャンと並び世界最高のコースですね!
 
 F1と言えば、マクラーレンが高級スポーツカー「MP4―12C」を発売しました。価格は税込2790万円もするのにすでに55台の注文が入っているそうです。
 ランボルギーニの最新型スポーツカー「アヴェンタドール」も税込み4100万もするのに多くの予約注文があり、納車まで1年半待ちだそうです。日本は不景気ですが、大金持ちには関係ないんですね・・・
 
 本題に戻って、「大手町一丁目地区第一種市街地再開発事業」が竣工し、引き続き連鎖的再開発の第二弾「大手町一丁目第2地区第一種市街地再開発事業」が行われています。
 「大手町一丁目第2地区第一種市街地再開発事業」は、「経団連会館」、「日経ビル」、「JAビル」の3棟を解体し、2棟の超高層オフィスビルを建設するプロジェクトです。
 
 北側のA棟が、地上31階、塔屋2階、地下4階、高さ154.0m(軒高約142m)、南側のB棟が、地上35階、塔屋3階、地下4階、高さ177.0m(軒高約165m)となっています。
  施設全体で、敷地面積14,108.16㎡、建築面積9,393.57㎡、延床面積242,669.73㎡の巨大なオフィスビルになります。
 
 
Tokyootemachi111012
南側のB棟です。隣接する超高層オフィスビルの建設現場ですが、北側のA棟が「順打ち工法」、南側のB棟が「逆打ち工法」で工事が行われています(写真提供Audie-Gryph氏)
 
 
Tokyootemachi111016_2
オフィスフロアは、東西67.000m(内側)×南北52.000m(内側)、1フロア2,421.60㎡(732.53坪)、天井高2,950mmとなっています(写真提供Audie-Gryph氏)
 
 
Tokyootemachi111013
B棟は、地上35階、塔屋3階、地下4階です。写真で数えてみるとカーテンウォールを取り付けている部分から上だけでも31階あります。
 
 下層階の見えない部分が3階と思われるので31階+3階=34階に到達していると思われます。あと少しですね!(写真提供Audie-Gryph氏)
 
 
Tokyootemachi111014
北側のA棟です。A棟は「順打ち工法」で工事が行われているのでなかなか地上に姿を現しませんでした(写真提供Audie-Gryph氏)
 
 
Tokyootemachi111017
オフィスフロアは、東西66.000m(内側)×南北48.200m(内側)、1フロア2,370.00㎡(716.93坪)、天井高2,800mmとなっています(写真提供Audie-Gryph氏)
 
 
Tokyootemachi111015
A棟の下層階の様子です。カーテンウォールは、東側と西側が
「柱・梁カバー形式」、北側と南側が「ガラスカーテンウォール」のようです。
 
 A棟は「順打ち工法」で工事が行われているので、地下躯体の工事は、地上部分の鉄骨建方前に終わっています。
 
 見かけは、B棟が圧倒的に進んでいるように見えますが、先に地下躯体を建設するのか、後から建設するのかの違いで、同時期に竣工します(写真提供Audie-Gryph氏)

|

« 地上に姿を現した「(仮称)大手町1-6計画」& 解体工事が進み低くなった「大手町フィナンシャルセンター」 2011年10月6日の状況 | トップページ | 東京都が「臨海副都心」に大型集客拠点の整備構想! »

121 東京都・千代田区②」カテゴリの記事