« 横浜みなとみらい21地区 みなとみらいグランドセントラルタワー 2011年夏の状況 | トップページ | 江東区 「(仮称)昭和大学新豊洲病院」&「江東区立(仮称)豊洲西小学校」 2011年夏の状況  »

2011年11月 1日 (火)

江東区 「(仮称)豊洲五丁目計画」&「パークタワー豊洲」 2011年夏の状況

Tokyotoyosu11111
-(仮称)豊洲五丁目計画-
 
豊洲地区の再開発は、ゆりかもめの豊洲駅がある「東京都道319号環状三号線」より北側の「IHI(旧:石川島播磨重工業)」の工場跡地の豊洲一丁目・豊洲二丁目・豊洲三丁目みで行われているようなイメージがあります。
 
 でも実際には、道路南側の豊洲四丁目・豊洲五丁目でも盛んに再開発が行われています。あまり注目されない豊洲四丁目・豊洲五丁目の再開発を2回に分けてUPしたいと思います。
 
 ただ道路から南側は、航空法以外にもなんらかの高さ制限があるのか良く分かりませんが、超高層ビルがないので目立ちません。
 豊洲四丁目・豊洲五丁目地区で高さ100mを超えるのは、「豊洲シエルタワー(CIEL TOWER)」のみです。
 
 豊洲五丁目の「豊洲シエルタワー」のすぐ南側では、建設会社の「巴コーポレーション」が建築主となって地上12階、高さ63.29mのオフィスと店舗の複合ビル「(仮称)豊洲五丁目計画」を建設中です。
 
 
Tokyotoyosu11112
「(仮称)豊洲五丁目計画」の建築計画のお知らせです。
 
 
Tokyotoyosu11113
-パークタワー豊洲-

 豊洲四丁目のほぼ南端の「東雲橋」手前にあった「日本通運東雲倉庫」跡地には、三井不動産レジデンシャルにより「(仮称)江東区豊洲4丁目計画」が建設されます。
 
 地上19階、高さ74.15m、
総戸数185戸のタワーマンションで、正式名は「パークタワー豊洲」に決定しています。ところで何階以上が「パークタワー」という名称になるのでしょうね? 
 
 公式HP → パークタワー豊洲
 
 
Tokyotoyosu11114
撮影時は、「日本通運東雲倉庫」跡地が「(仮称)江東区豊洲4丁目計画 解体工事」という工事名で解体工事が行われていました。解体工事の工期は2011年1月24日~2011年9月30日までとなっていました。
 
 
Tokyotoyosu11115
撮影時は、重機を使ってバリバリ解体工事が行われていました。撮影から日数が経過しているので、現在は本体工事が行われていると思われます。
 
 
Tokyotoyosu11118
「(仮称)江東区豊洲4丁目計画」の建築計画のお知らせです。
 
 
Tokyotoyosu11116
-東雲橋-

 豊洲地区と東雲地区を結ぶ「東雲橋」では、橋の長寿命化事業が行われています。調べてみると「東雲橋」は、1954に完成して、1962年に改築工事が行われたようです。
 
 東京では、高度成長期に多くの橋が建設されましたが、多くの橋が大規模な改修が必要な時期を迎えています。
 インフラ施設は、建設よりも後のメンテナンスが大切です。メンテナンスにより寿命が全く変わってきます。
 
 
Tokyotoyosu11117
「東雲橋」の長寿命化事業の告知板です。

|

« 横浜みなとみらい21地区 みなとみらいグランドセントラルタワー 2011年夏の状況 | トップページ | 江東区 「(仮称)昭和大学新豊洲病院」&「江東区立(仮称)豊洲西小学校」 2011年夏の状況  »

127 東京都・江東区」カテゴリの記事