« 武蔵小杉地区 大規模再開発「東京機械製作所玉川製造所再開発計画」 詳細な概要が判明! | トップページ | 宇都宮線・高崎線・常磐線の東京駅乗入れ「東北縦貫線」 2011年夏の建設状況 Part4・「神田駅」周辺 »

2011年12月 7日 (水)

「(仮称)横浜駅西口駅ビル計画」に伴うJR横浜駅のホーム増設は無し? 

Yokohamajr11121
-(仮称)横浜駅西口駅ビル計画-
 「JR東日本」と「東京急行電鉄」は、西口の「横浜シァル」と「横浜エクセルホテル東急」跡地に超高層複合ビルの建設を計画しています。
 既存建物を解体して跡地に地上33階、地下3階、最高高さ約180m、延床面積約182,000㎡の超高層ビルを建設します。
 
 2011年12月5日~2012年1月4日までの期間で、「(仮称)横浜駅西口駅ビル計画」に係る審査書の縦覧が行われています。
 それに伴って2011年8月15日~9月13日まで縦覧された環境評価書をもう一度じっくり見てみました。
 
 詳しくは → (仮称)横浜駅西口駅ビル計画に係る環境影響評価書
 
 横浜駅は、日本一多くの6鉄道事業者(JR東日本、東京急行電鉄、京浜急行電鉄、相模鉄道、横浜市交通局、横浜高速鉄道)が乗り入れている巨大ターミナルです。
 
 JR横浜駅は、島式の4面8線の地上駅です。横須賀線ホーム拡幅工事でが行われましたが、横浜駅の乗降客数を考えるとホームの増設が必要な程ラッシュ時にはホームが大混雑します。
  
 私は、横須賀線ホームの西側には、ホームの増設が可能なスペースがあるように感じたので、「(仮称)横浜駅西口駅ビル計画」の建設では、ビルに食い込む形で将来に備えて1面2線もしくは相対式の1面1線のホーム増設スペースを確保すると妄想していました。
 
 
Yokohamajr11122
新ビルはホームがビルに食い込むように建設されますが、ホーム増設スペースは設けられていません。
 
 更に、現在のホームの上にもビルが建てられ橋上駅舎が設けられます。これで東京駅の中央線のような2階建ての増設も不可能になります。
 
 地下は東西自由通路などもあり元々不可能です。JR横浜駅は島式の4面8線からもうホームを増やす事が出来ないという事ですね。 

|

« 武蔵小杉地区 大規模再開発「東京機械製作所玉川製造所再開発計画」 詳細な概要が判明! | トップページ | 宇都宮線・高崎線・常磐線の東京駅乗入れ「東北縦貫線」 2011年夏の建設状況 Part4・「神田駅」周辺 »

104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他)」カテゴリの記事

201 神奈川県・横浜市」カテゴリの記事