« 中央区 「湊二丁目東地区第一種市街地再開発事業」の現状 | トップページ | 世田谷区 グランドオープンした「二子玉川ライズ・ショッピングセンター」 巨大な吹き抜け空間「ガレリア」など »

2011年12月19日 (月)

本格的に供用開始された「横須賀線・武蔵小杉駅」と「南武線・武蔵小杉駅」の乗り換え新連絡通路 傾斜のある動くスロープ他

Kawasakikosugi11121
-JR横須賀線・武蔵小杉新駅-
 JR横須賀線「武蔵小杉新駅」が、2010年3月13日に暫定開業しました。駅舎関連の工事が長引き、南武線との連絡通路やホーム下の工事を残して開業しました。
 
 暫定的に供用開始されていた「横須賀線・武蔵小杉駅」と「南武線・武蔵小杉駅」との乗り換えの連絡通路ですが、当初は2011春の新連絡通路の供用開始を予定していました。しかし、3月11日に発生した「東日本大震災」の影響により延期されていました。
 
 数ヶ月遅れの2011年6月25日から供用開始されました。約390mあった乗換距離が約100m短縮されました。
 また動くスロープを3ヶ所(計6台)設置、エレベーター2台を新設されました。また横須賀線ホーム北側に
エスカレーター2ヶ所(計3台)が新設されました。
 
 新連絡通路が完成したことに伴い、暫定連絡通路の間の暫定措置であった「改札外乗換(一旦出場して30分以内に乗換え)」が廃止になりました。
 
 今回、撮影の時間が一番込む時間帯でした。「横須賀線・武蔵小杉駅」のホームの込み様には驚きました。マンションの建設ラッシュでの人口急増+乗り換え客で混むんでしょうね。
 
 
Kawasakikosugi11122
ホーム南側から降りると「南武線・武蔵小杉駅」まで遠くなります。
 
 
Kawasakikosugi11123
「横須賀線・武蔵小杉駅」のホーム北側に新たにエスカレーター2ヶ所(計3台)が新設されました。
 
 
Kawasakikosugi11124
ここから降りると「南武線・武蔵小杉駅」はより近くなります。
 
 
Kawasakikosugi11125
スタートです。
 
 
Kawasakikosugi11126
1基目の動くスロープです。
 
 
Kawasakikosugi11127
この動くスロープは傾斜しているので選択しなかったら階段になります。
 
 
Kawasakikosugi11128
ほぼ90度曲がります。ここにはエレベーターも設置されています。
 
 
Kawasakikosugi11129
新連絡通路は、以前の暫定連絡通路と比べるとかなり広くなりましたが、それでも朝のラッシュ時にはこんな感じです。双方向通行、しかもみな早歩きなの気をつけないと人にぶつかります。
 
 
Kawasakikosugi111210
2基目の動くスロープです。駅利用者の利便性を図るため、最大10度の傾斜のある動くスロープを3ヶ所(計6台)設置していますが、傾斜のある動くスロープを設けるのはJR東日本の駅では初めてだそうです。
 
 
Kawasakikosugi111211
3基目の動くスロープです。
 
 
Kawasakikosugi111212
時計は午前8時19分でした。一番込む時間帯だったんですね。
 
 
Kawasakikosugi111213
南武線の2番線ホーム(立川方面)側に出ます。1番線ホーム(川崎方面)に向かうには上の陸橋を渡ります。
 
 
Kawasakikosugi111214
南武線の1番線ホーム(川崎方面)側に出ます。
 
 
Kawasakikosugi111215
「南武線・武蔵小杉駅」のホームに到着しました。

|

« 中央区 「湊二丁目東地区第一種市街地再開発事業」の現状 | トップページ | 世田谷区 グランドオープンした「二子玉川ライズ・ショッピングセンター」 巨大な吹き抜け空間「ガレリア」など »

104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他)」カテゴリの記事

202 神奈川県・川崎市」カテゴリの記事