« 練馬区 地上27階、高さ約100mの「大泉学園駅北口地区第一種市街地再開発事業」 再開発組合の設立認可! | トップページ | 地上42階、高さ約250mの超高層ビル 「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業」の街区はこんな感じ? »

2012年2月 5日 (日)

札幌市 地上20階、高さ約100mの「(仮称)北2条西4丁目計画」がいよいよ動き出す!

Sapporokita212021
(仮称)北2条西4丁目計画-

 「北海道庁」の東隣に有名な赤レンガの「道庁旧本庁舎」があります。道を挟んで東側にあった「札幌三井ビル」の建て替えが計画されていました。
 
 当初計画では、地上36階、地下4階、高さ約185m、延床面積約82,800㎡の札幌で一番高い超高層ビルになる予定で、「帝国ホテル」の高層階への入居も有力視されていました。
 
 しかし、「札幌三井ビル」の解体工事が終わった後も一向に着工されませんでした。20115月に現地を見た時は、「(仮称)北2条西4丁目計画 新築準備工事」が「鹿島建設」により行われていましたが、ほとんど開店休業状態でした。
 
 その「
(仮称)北2条西4丁目計画」に
「建築計画のお知らせ」が遂に掲示されたそうです。読者の方からメールで教えて頂きました。
 概要は、地上20階、地下3階、高さ(建築物99.95m、軒高99.15m)、延床面積68,162.86㎡となっています。建築物の高さが99.95mなので、最高部は100mを超える可能性もあります。
 
 着工は、201241日頃予定となっています。札幌市の「建築計画のお知らせ」は、「着工予定時期」の欄はありますが、竣工予定時期の欄が無いので、正確な竣工予定日は不明です。
 
 敷地は「A地区」と「B地区」に分かれています。「三井不動産」か開発するのは、北側の「A地区」になります。

  
(仮称)北2条西4丁目計画の概要
◆ 所在地-
札幌市中央区北2条西四丁目13、他
◆ 階数-地上20階、地下3
◆ 高さ-建築物
99.95m、軒高99.15m
◆ 敷地面積-
5,517.63

◆ 建築面積-
4,540.21
◆ 延床面積-
68,162.86
◆ 用途-オフィス、店舗
◆ 着工-20120401日頃予定
  
 
Sapporokita212022
20115月中旬の様子です。

 
 
Sapporokita212023
2011
5月中旬の様子です。「(仮称)北2条西4丁目計画 新築準備工事」が「鹿島建設」により行われていました。

|

« 練馬区 地上27階、高さ約100mの「大泉学園駅北口地区第一種市街地再開発事業」 再開発組合の設立認可! | トップページ | 地上42階、高さ約250mの超高層ビル 「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業」の街区はこんな感じ? »

401 空撮じゃないけれど 札幌市編」カテゴリの記事