« 「国立競技場」の改築 開閉式の全天候型ドームも視野に検討? | トップページ | 地上42階、高さ約250mの「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業」 「日本IBM本社ビル&ヴィラフォンテーヌ六本木アネックス」の解体工事がいよいよ始まる! »

2012年2月29日 (水)

中央区 地上35階、高さ約180mの「(仮称)日本橋二丁目地区北地区新築工事」に建築計画のお知らせ掲示! 

Tokyonihonbashi12021
-(仮称)日本橋二丁目地区北地区新築工事-
 
約半年ぶりに東京(首都圏)を撮影してきました。東京ドームの「世界らん展日本大賞2012」、「東京ゲートブリッジ」の開通後、「東京マラソン2012」の3点も見たかったので2月下旬にしました。
 
 ただ残念ながら時間が足りず「東京ゲートブリッジ」は現地に行く事が出来ませんでした。また日程と予算の都合で今回も空撮は行いませんでした。
 
 本題に戻って、大規模な再開発が計画されている「日本橋二丁目地区」ですが、一番北側の「(仮称)日本橋二丁目地区北地区新築工事」に建築計画のお知らせが掲示されていました。2012年2月2日に掲示されたようです。
  
 公開されていた計画書を元に約1ヶ月前に、このブログにA~F街区の階数、高さ、敷地面積、延床面積を書きましたが、大きな変更は無いようです。
 計画書では、A~F街区となっていましたが、現地の告知板では北地区は「7番街区」と「8番街区」になっています。番地表記になるようです。
  
 当初計画では、地上36階、地下4階、高さ約180mとなっていましたが、地上35階、地下4階、高さ約180mに変更になったようです。
 面積等にはほとんど変更はありませんが、工期が2012年7月中旬予定~2017年11月下旬予定と5年間以上に伸びているのがよく分かりません・・・
 
 
Tokyonihonbashi12022
現場の告知板です。「住友不動産」が中心となって再開発する「北地区」と「三井不動産」が中心となって再開発する「南地区」に分かれるようです。
 
 
Tokyonihonbashi12023
「(仮称)日本橋二丁目地区北地区新築工事」は、「7番街区(E街区)」と「8番街区(F街区)」に分かれます。
 
 
Tokyonihonbashi12024
「(仮称)日本橋二丁目地区北地区新築工事」の建築計画のお知らせです。2012年2月2日に掲示されたようです。
 
 建築計画のお知らせの数値は、「7番街区」と「8番街区」の合算された数値になっています。
 建築主は「住友不動産」、設計者は「日建設計」、施工者は「未定」となっていました。ただ地下躯体の解体工事を「大林組」が行っているので、本体工事も「大林組」が行う可能性が高いですね。
 
 
Tokyonihonbashi12025
「(仮称)日本橋二丁目地区北地区新築工事」の予定地を北西側から見た様子です。北西角の「赤木屋証券ビル」と「日本橋交叉点ビル」も上記の図面を見ると解体されるようです。
 
 昨年の夏に見た時に「赤木屋証券ビル」の1階テナントの改修工事を行っていたので解体されないのかと思っていました。
 「赤木屋証券ビル」と「日本橋交叉点ビル」の跡地には、地上2階、高さ約15mのビルが建設されるようです。
 
 
Tokyonihonbashi12026
「(仮称)日本橋二丁目地区北地区新築工事」の予定地を南西側から見た様子です。地上躯体の解体工事は昨年に終わっています。
 
 2012年1月31日~2012年8月31日までの工期で、「大林組」により「(仮称)日本橋二丁目計画既存建物地下解体工事」が行われいています。地下躯体は地下3階まであるようです。 
 

Tokyonihonbashi12027
「(仮称)日本橋二丁目地区北地区新築工事」の「8番街区(F街区)」の予定地を東側の「昭和通り」から見た様子です。
 
 解体されるのは、一番北側の「横浜銀行ビル」で、南側にあるビル群は今回の再開発には含まれません。
 
 
Tokyonihonbashi12028
現地に掲示してあった地図です。「7番街区」と「8番街区」は番地の番号のようです。こんなに地権者が多かったら合意形成がさぞかし大変だったと思います。
 
 
Tokyonihonbashi12029
-A街区(11番街区?)-

 現在は、北側の「高島屋新館」と南側の「太陽生命ビル」がある場所です。「三井不動産」が2018年度までに、地上29階のオフィス中心の超高層ビルを建設します。
 
A街区の概要
◆ 階数-地上29階、地下5階
◆ 高さ-最高部約160m
◆ 敷地面積-約3,000㎡
◆ 延床面積-約59,000㎡(容積対象床面積45,900㎡)
◆ 工期-2013年度~2018年度予定
 
 
Tokyonihonbashi120210
-B街区(4番街区?)-

 「高島屋東京店(日本橋タカシマヤ)」です。既存店舗の外観をそのまま残します。「C街区」と空中廊下でつなげます。
 
B街区の概要(既存の高島屋東京店)
◆ 階数-地上8階、地下3階
◆ 高さ-最高部約43m
◆ 敷地面積-約8,360㎡
◆ 延床面積-約80,900㎡(容積対象床面積80,300㎡)

  
 
Tokyonihonbashi120211
-C街区(5番街区・6番街区?)-

 「高島屋東京店」の北隣に「三井不動産」などが2018年度までに、地上35階の超高層ビルを建設します。
 
 低層階には「高島屋東京店」の新店舗が入居します。既存店舗と合わせた総売場面積は約25%増の約62,000万㎡になります。「高島屋東京店」と
は空中廊下でつなげます。
 
C街区の概要
◆ 階数-地上35階、地下6階
◆ 高さ-最高部約180m
◆ 敷地面積-約6,030㎡
◆ 延床面積-約144,000㎡(容積対象床面積119,800㎡)
◆ 工期-2013年度~2018年度予定

 
  
Tokyonihonbashi120212
-D街区-
 
「7番街区(E街区)」の南東側の「区道281号線」に面する細長い敷地です。低層の小規模な開発になります。
 
D街区の概要
◆ 階数-地上2階
◆ 高さ-最高部約12m
◆ 敷地面積-約260㎡
◆ 延床面積-約320㎡(容積対象床面積320㎡)
◆ 工期-2013年度~2018年度予定

|

« 「国立競技場」の改築 開閉式の全天候型ドームも視野に検討? | トップページ | 地上42階、高さ約250mの「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業」 「日本IBM本社ビル&ヴィラフォンテーヌ六本木アネックス」の解体工事がいよいよ始まる! »

123 東京都・中央区」カテゴリの記事