« ソフトバンク 「スプリント・ネクステル」の買収を正式発表 世界3位の移動体通信事業者に! | トップページ | 3度目の正直 地上52階、高さ約177mのツインタワーマンション「(仮称)晴海三丁目西地区A2・A3街区計画」は、2012年12月に着工? »

2012年10月17日 (水)

港区 環状第二号線新橋・虎ノ門地区第二種市街地再開発事業III街区 2012年秋の建設状況

Tokyotoranomon12101
-環状第二号線新橋・虎ノ門地区-

 約半年ぶりに東京(首都圏)を撮影してきました。今日からまた更新を再開しますのでよろしくお願いします。
 
 「環状第二号線新橋・虎ノ門地区第二種市街地再開発事業III街区(略称:環二・III街区)」は、地上52階、塔屋1階、地下5階、高さ(最高部255.5m、建築物約247m)の大規模プロジェクトです。
 
 フロア構成は、駐車場(地下3~地下1階)、店舗(1~4階)、カンファレンス(4・5階)、オフィス(6~35階)、 共同住宅(37~46階)、ホテル(47~52階)となります。共同住宅の戸数は172戸、ホテルの客室数は168室となっています。
 
 
Tokyotoranomon12102
東京タワーの特別展望台(250m)から見た全景です。撮影時は、国際通貨基金(IMF)世界銀行の年次総会の期間中だったので、東京タワーは、外国人観光客が多かったです。
  
 
Tokyotoranomon12103
展望台はガラス面に保護フィルムが貼られているためボケボケですが、最高部のアップです。
 
 3階ずつ鉄骨建方が行われているので、猛烈な速度で上に伸びています。撮影時は42階まで到達していました。
 
 オフィス(6~35階)と共同住宅(37~46階)の間の36階は、トラス構造の構造切替階となっています。
 
 
Tokyotoranomon12104
東側から見た様子です。下の部分は「環状第二号線」の工事です。
 
 
Tokyotoranomon12105
36階のトラス構造の構造切替階です。
 
 
Tokyotoranomon12106
構造が複雑なので柱が斜めだったり、枝分かれしたりしています。
 
 
Tokyotoranomon12107_2
カーテンウォールの取り付けが行われています。壁面にブルーのラインの「横行レール」が取り付けられています。「横行レール」には「テルハクレーン」が取り付けられています。
 
 
Tokyotoranomon12108
カーテンウォールのアップです。ガラスを多用した「ACW(アルミカーテンウォール)」となっています。
 
 
Tokyotoranomon12109
南東側から見た下層階の様子です。
 
 
Tokyotoranomon121010
図面を見ると南側は4層の吹き抜けになるようです。下に「環状第二号線」が走るので実際は3.5層くらいになります。
 
 
Tokyotoranomon121011
北東側から見た下層階の様子です。「逆打ち工法」で工事が行われています。「逆打ち工法」は、地上躯体と地下躯体を同時に建設します。
 
 
Tokyotoranomon121012
西側から見た様子です。
 
 
Tokyotoranomon121013
北東角と南西角はR曲線になっていますが、南東角と北西角は複雑な構造になっています。
 
 
Tokyotoranomon121014
カーテンウォールの取り付けが行われています。
 
 
Tokyotoranomon121015
ワイヤーが2本見えるので、「テルハクレーン」とその上のマシンの2台で連携して吊り上げているようです。
 
 
Tokyotoranomon121016
南西側から見た下層階の様子です。
 
 
Tokyotoranomon121017
建物南側の「環状第二号線」の上に構台を設置しています。1階は掘削や地下部分の建物工事に使い、2階は鉄骨材料をさばくスペースとしているようです。

|

« ソフトバンク 「スプリント・ネクステル」の買収を正式発表 世界3位の移動体通信事業者に! | トップページ | 3度目の正直 地上52階、高さ約177mのツインタワーマンション「(仮称)晴海三丁目西地区A2・A3街区計画」は、2012年12月に着工? »

122 東京都・港区②」カテゴリの記事